電話直撃!ご融資どっとこむは紹介屋?気になる口コミ・黒い噂

「多重債務者だけど、とにかくお金が必要!」

そんな時にはついつい、実態の知れない会社へ申し込みを行ってしまう方が多いもの。
とは言え、「ご融資どっとこむ」、あるいは同社の運営する「マンモスローン」への申し込みは、結論から言うとおすすめできません
と言うのもこの会社、「紹介屋」としての悪評が少なくないだけでなく、貸金業者としての許可を取り消された業者との深い関係が指摘されているんです。
さらに「ご融資どっとこむ」自身も短期間ではありますが営業停止処分を受けたことがあり、どうやっても「クリーンな会社」と言い切ることは難しそう……。

今回はそんな「ご融資どっとこむ」という会社について、電話での問い合わせ結果をもとにその実態を調査してみました。
読み終えていただければ、あなたがこの会社へ申込むべきでない理由が分かります。

「ご融資どっとこむ」に電話直撃!その対応と実態は?

ブラックOKだという街金の中でも、黒い噂の多い「ご融資どっとこむ」
その実態を少しでも掴むために、公式HPに記載の番号に電話を掛け、いくつか質問を行ってみました。

【管理人】山本
申し込みは国保でも大丈夫ですか?
ご融資どっとこむの回答
はい、大丈夫ですよ。
【管理人】山本
契約の際には、必ず来店する必要がありますか?
ご融資どっとこむの回答
お住まいはどちらで?
【管理人】山本
北関東です。
ご融資どっとこむの回答
でしたら郵送で大丈夫ですよ。
近場で、お急ぎの方は来店していただいてますけれど、1週間くらい見ていただければ(郵送で)大丈夫です。※
【管理人】山本
審査に落ちてしまった場合、弁護士さんなどを紹介されることはありますか?
ご融資どっとこむの回答
なんでですか?(笑)
【管理人】山本
ネットで見たので……。
ご融資どっとこむの回答
いや、自分で探せばいいんじゃないんでしょうか(笑)じゃあ。

※ただし口コミでは「仮審査には通ったが、契約に東京への来店が必要と言われた」という内容が多い

ご覧の通り、最初は比較的丁寧な対応だったのに対し「紹介屋」の疑いを向けると一気に冷淡・高圧的な声に。これが店頭契約時、一対一の情況であればかなり怖かっただろうと思います。

申し込むつもりのない電話だと判断されてしまったのかは分かりませんが……。
そういった事実がないのならキッパリと否定すれば良いのに、そうはせず嘲笑するような対応を取られただけでも不信感が抱かれます。
少なくとも「安心できる気持ちで借りたい」という場合、この業者への申し込みは避けた方が良いでしょう。

CHECKブラック対応の中小消費者金融会社(街金)について

「ご融資どっとこむ」にまつわる不安な点

一応東京都の許可を取っていながら、何かと良くない噂の多い「ご融資どっとこむ」。
ここからはその噂の内容や、この会社に対する懸念について触れていきます。

①貸金業者としての許可をはく奪された会社と深い関連あり?業務停止処分の過去も

「ご融資どっとこむ」について調べていると、何度も目にする「共済クレジット」という名前。
実はこちら、悪質な運営で貸金業者としての営業許可を平成23年に剥奪済みの、完全なる悪徳業者でした。

そして、「ご融資どっとこむ」はこの共済クレジットの子会社、あるいは兄弟会社(悪い言い方をすると隠れ蓑とも)であった模様。
残念ながら現在では共済クレジットの公式HPが消滅しており、確かな証拠を提示できないのが惜しいのですが……。
共済クレジットが運営を行っていた当時に書き込まれた、掲示板などの情報は今でも閲覧可能。そして具体的には、以下のような書き込みを複数見ることができます。

  • 共済クレジットとご融資どっとこむに同じ職員がおり(あるいはよく入れ替わっており)、HPでも確認できる
  • ご融資どっとこむの個人情報に関する同意事項に<共済クレジット>の文字が残っている箇所がある
  • 共済クレジットに電話を掛けたはずなのに、「ご融資どっとこむです」と対応された
  • 審査通過→マンションや団地の一室の店舗に来店させる(遠方でも同様)→やっぱり無理だと言われ、債務整理を提案される、といった流れが2社で一致する

こういった当時の証言を裏付けるように、実はご融資どっとこむ自体も一度、平成24年に東京都からの業務停止処分を受けています。

一度業務停止処分を受けたことがあるのは大手「アイフル」も同様ですが……。
クリーン化を推し進め、現在では大手消費者金融として体制を立て直したアイフルと異なり、「ご融資どっとこむ」は問い合わせの対応や現在まで続く悪評を見ても、大きく状況が改善されているわけではないように思えます。

★その他、「ご融資どっとこむを名乗る業者から突然電話が掛かってきた」という報告も数件ありますが、こちらは「ご融資どっとこむ」をうたう別の悪徳業者、という可能性もあります。
本当に電話を掛けたのが同社であったにしろそうでなかったにしろ、情報を伝えていない業者と金銭の契約を結ぶのは絶対にやめてください

②年収6000万円の方向け?やたらと高い限度額もなんだか不審

「ご融資どっとこむ」のHPを見ると、目に付くのが「最大2,000万円」というびっくりするような融資額。
一般銀行カードローンで確認できている、最大限度額が1200万円(住信SBIネット銀行)であることを考えると、この金額が特異であることが良く分かりますが……。

ご融資どっとこむHPより
▲ご融資どっとこむHPより

「ご融資どっとこむ」は言うまでもなく貸金業者ですから、総量規制を含む貸金業法の対象となります。
借り換えローンは総量規制の対象外と言っても「ご融資どっとこむ」の場合は貸金業者からの借り入れしかおまとめに使えない(公式HPより)ため、法律改正前ならいざ知らず、現在「ご融資どっとこむ」で2000万円を借りるためには最低でも6000万円の年収が必要だというわけですね。
そもそも年収6000万円の方が街金、それも悪い評判の多い会社を利用せざるを得ない状況に置かれるものでしょうか……。

さらに、公式HPの会社概要を見てみると「ご融資どっとこむ」の資本金は8600万円(2018年3月現在)とのこと。
資本金とは出資者(主に銀行)が会社に出したお金で、主に事業の元手となるものを指しますが、この資本金の4分の1に近いお金を果たして個人に、それも無担保で貸すことができるのかは甚だ疑問です。
(ちなみにカードローンの限度額が最高1200万円である住信SBIネット銀行の資本金は310億円)

自社にできる限りでまっとうな貸し付けを行う小規模の金融機関は、融資額を低めに設定していることが多いもの。
それならその逆を行く「ご融資どっとこむ」の場合は何かというと、何としてもお金を手に入れたい人に対する「餌」としか思えません。

「紹介屋」であることを前提にすると……。
大きな限度額で申し込み者を釣って申し込ませ、「契約には来店が必要」と誘い出した上で債務整理を勧める、というのがスタンダードな手口であると予測されます。

ちなみに、同社の住宅ローン・不動産担保ローン商品は、フリーローンや借換ローン(おまとめローン)に比べてもさらに怪しいですね。

ご融資どっとこむ公式HPより1
ご融資どっとこむ公式HPより3
▲▼ご融資どっとこむ公式HPより
ご融資どっとこむ公式HPより2
ご融資どっとこむ公式HPより4
担保が必要とは言え、資本金を超える現金を個人に貸し付ける力は果たして存在しているのでしょうか……。

<東京都の許可を取っているのなら、安心して使えるんじゃないの?>

クリーンな取引を行っているとは言い難い「ご融資どっとこむ」。とは言え同社や貸金業協会のHPを見ても分かる通り、「ご融資どっとこむ」は東京都の許可を得た、正規の金融業者です。
そのため、「悪い噂はすべて同社をかたる闇金のせい」「許可を得ているのなら安心して使える」と断言しているサイトもいくつか見られますが……。
悪質な営業を行っていて取り消し処分を受けた「共済クレジット」も、もともとは許可を得た正規の業者だったこともあり、許可を得ているからと言って100%安心して使えるとは限りません

そもそも、「<個人>が<自分が良いと思う>弁護士を、困っている人に紹介する」ことは違法でもなんでも無いこと。裏で法律事務所から「ご融資どっとこむ」へお金が渡っているとしても、利用者が知る余地はありません。
というわけで、「紹介屋」だからといってそれすなわち違法業者だとか、貸金業者としての資格を剥奪するべきだと言うことはできないわけです。

一応は公の許可を受けていても、なんとなく黒い噂のある業者は「ご融資どっとこむ」以外にも多数存在します。
貸金業協会への登録・都道府県からの営業許可は「あからさまな闇金ではない」証拠にこそなるものの、「優良業者である」根拠とはなり得ない点にお気をつけください。

まとめ

「ご融資どっとこむ」(または同社が取り扱うマンモスローン)は電話対応について高圧的になる場面も。安心して利用したい場合にはまず向かない
営業許可を取り消された「共済クレジット」という会社との深い関わりが指摘されている
一応「ご融資どっとこむ」は正規の業者ではあるものの、だからと言って100%信頼できるわけではない
★「全国から契約可」というスタンスながら、実際申し込みを行うと「審査に通ったが、契約のためには東京での契約が必要」と伝えられることが多い模様。
このまま借りられれば良いものの、実際のところはお金を借りられず、法律事務所を紹介されることになりやすい

一応、営業許可を得ていることから「借りられる可能性がないわけではない」はずなのですが、だからと言って積極的に申し込みを勧めることはできません。
どうしてもこの会社を利用したい、という場合にはすべて自己責任で、東京の店舗(マンションの一室)への来店を前提としてください。

ちなみに債務整理を検討するにしても、街金から紹介される事務所より法テラス(行政による法律相談所)を利用した方が費用は安く済みます。
結局のところ、ブラック対応の街金は他にも存在しますので、わざわざ黒い噂の多い会社を選ぶ必要はないでしょう。

CHECKブラック対応の中小消費者金融会社(街金)について
CHECK債務整理・自己破産の費用をできるだけ安く抑える方法
CHECK街角法律相談所で、債務整理に強い法律事務所を探す

【完全無料&匿名】
借金減額ツールを試す!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。