東日本銀行に聞く!4つのカードローンの違いと選び方、契約の流れ

銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

東日本銀行に聞く!4つのカードローンの違いと選び方、契約の流れ

「お金関係で頼るなら、やっぱりいつも使っている東日本銀行が良い」

そういった需要に応え、個人向けカードローン商品を複数取り扱っている「東日本銀行」
この銀行のカードローンの特徴は、比較的小規模な銀行ならではの好条件にあるでしょう。
特にあなたが居住用の住宅を所有しているなら(東日本銀行で住宅ローンを組んでいなくとも構いません)、普通の銀行カードローンの2分の1以下の金利で借入が可能です。

今回はそんな東日本銀行が取り扱う3つのカードローンについて、その特色や選び方、問い合わせに基づく契約の流れ等を簡単にまとめました。
読み終えていただければ、あなたの状況に合った申込先を選択できるかと思います。

★申し込みのできる方が医療従事者に限られるカードローン「ザ・ドクター」は、このページで取り扱いません。公式HP情報をご覧ください。

★1分でチェック!このページと東日本銀行カードローンの概要
こんなときにおすすめ 申込先ローン
住宅を保有しており、2度の来店が可能 貸付条件の良い「ホームカードⅡ」
住宅の保有なし、1度の来店が可能※ スタンダードな「ゆあぽけっとⅡ」
住宅の保有なし、「お江戸日本橋支店」の口座を持っている スタンダードな「お江戸日本橋カードローン」
個人事業主または法人代表者である プライベートでも事業でも使える「BIZポケット」
※来店を避けたいのなら他行ローンの選択推奨
 東日本銀行口座を使って返済できるところなら「楽天銀行スーパーローン」


東日本銀行4つのカードローンの違いとそれぞれのメリット・デメリット

東日本銀行4つのカードローンの違いとそれぞれのメリット・デメリット

それでは早速、東日本銀行が取り扱うカードローン商品(医療従業者限定の「ザ・ドクター」除く)について見ていきましょう。

①4つのカードローンの簡易比較

医療従業者以外も申し込みのできる、東日本銀行のカードローンは4種類。
それぞれの特徴をかんたんにまとめると、以下のようになります。

★東日本銀行カードローンの簡易比較
金利 特徴
ホームカードⅡ 6.975%
  • 居住用住宅をお持ちの方限定
  • (東日本銀行の住宅ローンを利用している必要なし/住宅ローン返済中OK)

  • 勤続年数制限あり(1年または2年、職業による)
  • ゆあぽけっとⅡ 2.9%~14.5%
  • 広い層から申し込める、普通のカードローン(一般窓口取り扱い)
  • お江戸日本橋カードローン 2.9%~14.5%
  • 広い層から申し込める、普通のカードローン(インターネット支店取り扱い)
  • BIZポケット 7.5%、13.5%
  • 個人事業主または法人代表者限定
  • 事業資金としても利用可
  • ※いずれも東日本銀行の口座開設必須

    やはり条件が良いのは「ホームカードⅡ」ですね。

    とは言え「住宅所有」という条件を満たしていないと、このローンへ申し込むことはできません。
    あなたが自己名義の住宅を所有していない、一般的な給与所得者(あるいは専業主婦)であるのなら、申込先は「ゆあぽけっとⅡ」「お江戸日本橋カードローン」に限られてくることでしょう。

    それではそれぞれのローン商品について、もう少し詳しく解説していきます。

    ②「自宅所有」と勤続・営業年数条件を満たすなら「ホームカードⅡ」が断然好条件

    申込条件さえ満たしているのなら、最優先で検討したいのが「ホームカードⅡ」
    理由は簡単で、他のローンに比べ圧倒的に低金利だからですね。

    ★東日本銀行「ホームカードⅡ」
    金利 6.975% 限度額 10万円~300万円
    審査日数 数営業日 申し込み~借入可能になるまでの日数 2週間程度
    申込条件
    (公式HPより)
    1. お申込時の年齢が満20歳以上満60歳以下の方。
    2. 住宅を所有している方。※住宅ローン返済中の方含む
    3. お住まいが東京都、茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、神奈川県にある方。またはお勤め先が当行本支店の営業エリア内の方。
    4. 現在のお勤め先に1年以上勤務されている方。
    5. 開業医・弁護士・公認会計士・税理士の国家資格をもって開業されている場合は1年以上営業されている方。
    6. 自営業の場合は2年以上営業されている方。
    7. 当行の指定する保証会社の保証を受けられる方。

    銀行カードローンの一般的な上限金利(適用されうる最高の金利)は14.5%くらいですから、「ホームカードⅡ」を選べば標準の半分以下の金利で借りられる計算となります。

    ただし好条件の一方、「住宅の所有を証明する書類の提出が必要」「インターネット申し込み未対応」など、契約手続きに手間が掛かりやすいというデメリットも。
    基本的には「手軽さより金利の低さを重視したい」という場面におすすめのローン商品となります。

    ★「お江戸日本橋支店」での「ホームカードⅡ」取り扱いはありません。

    ③「ゆあポケットⅡ」「お江戸日本橋カードローン」は広い層から申し込めるスタンダードなカードローン

    何かと利用条件の付いた商品の多い中、広い層からの申し込みを受け付けているのが「ゆあポケットⅡ」「お江戸日本橋カードローン」

    見たところこの2つのカードローン、金利や利用方法、保証会社(審査の一部を代行する会社)に至るまで全く同じものとなっているようですね。

    唯一の違いは「どの支店がカードローンを取り扱っているか」という点ですが、これに関しては「どの口座を使って毎月の引き落としをするか」とお考えいただいた方が分かりやすいかと思います。
    「お江戸日本橋カードローン」の引き落とし口座は東日本銀行のインターネット支店「お江戸日本橋支店」に限定されるのに対し、「ゆあポケットⅡ」の方は一般的な東日本銀行口座(新宿支店など)を使い毎月の返済を行います。

    要は、あなたが「お江戸日本橋支店」の口座をお持ちなら「お江戸日本橋カードローン」を、その他の一般的な東日本銀行口座をお持ちなら「ゆあポケットⅡ」を選ぶという形でまず問題ないでしょう。

    ★東日本銀行「ゆあポケットⅡ」「お江戸日本橋カードローン」
    金利 2.9%~14.5%
    ※審査結果に応じ決定
    限度額 10万円~500万円
    審査日数 数営業日 申し込み~借入可能になるまでの日数 2週間程度
    (ゆあポケットⅡ)
    2週間~
    (お江戸日本橋)
    申込条件
    (公式HPより)
    • お申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方。
    • 定期収入がある方または専業主婦の方。
      ※専業主婦の方は配偶者の安定収入が継続して見込まれること。
    • 電話連絡が可能な方。
    • 当行の指定する保証会社の保証が得られる方。
    • その他当行所定の基準を満たしていること。

    【お江戸日本橋カードローンのみ】

    • お江戸日本橋支店以外の当行の店舗にてご融資取引がないこと。
    その他 「ゆあポケットⅡ」のみ、顔写真付きの本人確認書類が必要
    (お江戸日本橋カードローンは健康保険証で代用可)

    金利に関しては「ごく一般的な銀行カードローン」と言ったところ。
    よりおトクな借入先を探そうと思えば他にいくらでもありますが(きらやか銀行のパーソナルカードローンなど)、損をすると言うほどのことでもありません。
    (大口借入を希望している場合は他社も併せて検討したいところですが)

    ちなみに専業主婦であっても申し込み可能、という記載ははあるものの……。
    毎月の返済額が1万円と高い(=1万円の返済ができることを前提としている)ため、いわゆる「低難易度銀行カードローン」に比べると審査難易度はやや高い…というより世帯収入重視の審査を行っているのかもしれません。パート・アルバイトの方に対する案内も見受けられませんしね。

    具体的な収入・勤続年数制限は設けられていないため、「審査が厳しい」と言い切るほどでは無いと思われますが……。
    あなたが独身のアルバイターである場合など、審査上の不安点があるのなら低負担型他行ローンを選ぶのが無難かと思います。

    CHECK比較的審査難易度低めの銀行カードローン
    CHECK口座開設不要で利用できるカードローンについて
    CHECK東京都から申し込めるカードローンの金利・審査難易度比較

    ★ちなみに「お江戸日本橋カードローン」は契約と同時に口座を開設することもできますが、他に優秀な口座開設不要のカードローンが多くある中、わざわざこのローンのために口座を開設する意味はありません。
    (もちろん「お江戸日本橋支店」に口座を持つことを主目的とし、ついでにカードローン契約を結ぶ場合は別です)

    ④個人事業主または法人代表者なら「BIZポケット」も候補に

    あなたが個人事業主、または法人代表者であるのなら「BIZポケット」も申し込み先候補となります。

    ★東日本銀行「BIZポケット」
    金利 7.5%、13.5%
    ※審査結果に応じ決定
    限度額 10万円~500万円
    審査日数 数営業日 申し込み~借入可能になるまでの日数 2週間程度
    申込条件
    (公式HPより)
    以下の条件を満たす法人の代表者または個人事業主のお客さまを対象とさせていただきます。

    1. お住まいまたはお勤め先が東京都、茨城県、栃木県、千葉県、埼玉県または神奈川県にある方。
    2. 原則として2年以上営業されていること。
    3. お申込時年齢が満20歳以上65歳以下であること。
    4. 当行所定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が得られる方。
    その他 事業利用可

    最大の特徴は「事業性資金の借入可」(公式HPより)ということ。銀行カードローンに関して言えば、全国的に見てもかなり珍しいです。

    あくまでベースは個人向けカードローンですから、事業目的で積極的に使っていけるようなお金を借りるのは難しいと思われますが……。
    プライベート・事業のどちらにでも使えるお守りとして、持っておいても損はないでしょう。

    ★「お江戸日本橋支店」での「BIZポケット」取り扱いはありません。

    東日本銀行に聞いた!カードローン契約の流れと必要日数

    東日本銀行に聞いた!カードローン契約の流れと必要日数

    ここからは、「東日本銀行カードローン」それぞれの契約の流れについて見ていきましょう。
    まずは公式HPに掲載の無かった情報について、実際に同銀行へ問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    「ホームカードⅡ」の場合、申し込みから借入ができるようになるまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?

    オペレーターの回答
    こちらは支店窓口でお申込みいただきまして、審査結果が出た後ふたたびご来店いただき必要事項の記入、ご捺印などしていただくローンとなります。
    そこからカードを郵送させていただくことになりますので、そうですね、2週間くらい見ていただければ。
    【管理人】山本
    それは「ゆあポケットⅡ」でも共通ですか?

    オペレーターの回答
    はい、同じです。ただ「ゆあポケットⅡ」ですとインターネットでお申込みが可能です。

    比較的小規模な地銀の例に漏れず、借入にはそれなりの時間が掛かりますのでご承知おきください。

    ①おおまかな契約の流れ

    それでは各カードローンのおおまかな契約の流れについて見ていきましょう。
    一般支店窓口が取り扱う「ホームカードⅡ」「ゆあポケットⅡ」「BIZポケット」と、インターネット支店「お江戸日本橋カードローン」では契約の流れが若干異なります。

    CHECK「ホームカードⅡ」「ゆあポケットⅡ」「BIZポケット」契約の流れ
    CHECK「お江戸日本橋カードローン」契約の流れ

    (1)「ホームカードⅡ」「ゆあポケットⅡ」「BIZポケット」の場合

    「ホームカードⅡ」「ゆあポケットⅡ」「BIZポケット」は、以下のように一般支店窓口で契約を行います。

    東日本銀行カードローン
    契約の流れ
    (店頭契約型)

    東日本銀行窓口から申し込み
    (ゆあポケットⅡはインターネット申込み可)

    審査
    ※インターネット申込時、確認の電話あり

    電話で審査結果連絡
    (ここまで数営業日)
    契約日時の取り決めなど

    必要書類を持ってお近くの東日本銀行店舗へ
    契約手続き

    ローンカードの送付
    (ここまで2週間程度)

    3商品のうち、インターネット申し込みに対応しているのは「ゆあポケットⅡ」のみとなっています。

    またこの「ゆあポケットⅡ」においても契約時の来店は必須。これらのカードローンを利用する場合には、何とかして銀行窓口営業時間中(平日9時~15時)に都合をつける必要がありますね。

    (2)「お江戸日本橋カードローン」の場合

    実店舗を持たない「お江戸日本橋支店」と契約を結ぶ「お江戸日本橋カードローン」の場合、契約の流れが少し他とは異なります。

    「お江戸日本橋カードローン」
    契約の流れ

    インターネットから申し込み

    審査開始
    ※申し込み確認の電話あり

    FAXで必要書類提出

    電話で審査結果連絡
    (ここまで数営業日)

    「お江戸日本橋支店」から契約書類の郵送

    記入して返送

    ローンカードの送付
    (ここまで2週間~)

    契約方法が「郵送」一択となることから、ローンカード受け取りまでには店頭契約型のローンに比べ時間が掛かります(目安3週間程度)。あらかじめご承知おきください。

    ②各カードローンの契約に必要な書類

    「東日本銀行カードローン」契約に必要な書類は、申込先ローンごとに少々異なります。

    ★東日本銀行カードローンの必要書類
    ホームカードⅡ
  • 顔写真付きの公的な本人確認書類1点(運転免許証など)
  • 健康保険証など、勤続年数の確認できる書類
  • 自宅の土地、建物の不動産登記簿謄本
  • 年収確認書類(限度額50万円超の場合のみ)
  • ゆあポケットⅡ
  • 顔写真付きの公的な本人確認書類1点(運転免許証など)
  • 年収確認書類(限度額50万円超の場合のみ)
  • お江戸日本橋カードローン
  • 本人確認書類1点(健康保険証OK)
  • 年収確認書類(限度額50万円超の場合のみ)
  • BIZポケット 非公開、審査結果連絡時に通達
    (おそらく本人確認書類+営業実態を確認できる書類+α)

    審査の状況によっては、その他の書類の提出を求められる可能性も。
    これに関しては銀行の指示に従ってください、と言う他ありませんね。

    CHECK年収証明書類(収入証明書類)の種類と入手(再入手)方法

    ③在籍確認の電話はナシ

    カードローン契約の際に気になる在籍確認(簡単に言うと勤務先への電話確認)について、東日本銀行窓口に問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    審査のとき、勤務先に電話が掛かってくることはありますか?

    オペレーターの回答
    特にそういった確認などはしておりません。ただ、申込み内容に不明点がある場合などには個別に連絡を取らせていただく可能性もあります。

    というわけで在籍確認の心配は要らない模様(2019年1月現在)。

    「申込み内容に不明点がある場合などには…」とは仰っていますが、連絡先電話番号は「携帯電話」「自宅」「勤務先」の3つからお選びいただけます。
    あえて連絡先に勤務先を指定しない限り、こちらに連絡が入ることは無いでしょう。

    【全ローン共通】契約後の借入は「ATM」で

    【全ローン共通】契約後の借入は「ATM」で

    東日本銀行カードローンの借入・返済方法は全商品共通です。

    東日本銀行カードローンの借入方法は「ATM出金」のみ。使えるATMはキャッシュカードのそれと変わりありませんので、普段から東日本銀行口座を利用されているのなら特に困ることも無いでしょう。

    ★東日本銀行のキャッシュカード・ローンカードを利用できるATM

  • 東日本銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM(ファミリーマート等)
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • きらぼし銀行ATM
  • VIEW ALTTE(JR東日本の駅に設置してあるATM)
  • その他多くの地方銀行ATMなど
  • 主なATMの利用手数料は以下の通り。

    ★東日本銀行ATMの利用手数料(出金)
    平日 8:00~8:45 108円
    8:45~18:00 無料
    18:00~21:00 108円
    土日、祝日 8:00~21:00 108円
    ★セブン銀行ATMの利用手数料(出金)
    平日 7:00~8:45 108円
    8:45~18:00 無料
    18:00~23:00 108円
    土日、祝日 8:00~21:00 108円
    ★ローソン銀行ATM/E-netATMの利用手数料(出金)
    平日 7:00~8:45 216円
    8:45~18:00 108円
    18:00~23:00 216円
    土日、祝日 8:00~21:00 216円

    コンビニATMを使うのなら、ローソン銀行やE-netよりも手数料の安い「セブン銀行」のものを優先できると良いですね。
    24時間営業のコンビニエンスストアであっても、深夜(土日祝日は21時~)の出金ができない点についてはご注意ください。

    その他のATM利用手数料に関しては、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK東日本銀行公式HP「提携ATM・手数料のご案内」

    【全ローン共通】東日本銀行カードローンの返済方法とその金額

    【全ローン共通】東日本銀行カードローンの返済方法とその金額

    東日本銀行カードローンの基本の返済は「毎月10日、東日本銀行口座からの自動引き落とし」にて行われます。(全商品共通/10日が土日祝日の場合は翌平日に持ち越し)
    毎月の返済額は以下のように、「返済日前日の借入残高」に応じ決定するとのことでした。

    ★東日本銀行カードローン、毎月の引き落とし額
    返済日前日の借入残高 引き落とし額(約定返済額)
    50万円以下 10,000円
    50万円超~100万円 20,000円
    100万円超~200万円 30,000円
    以後借入額100万円ごとに+10,000円

    引き落とし額の決まり方は至ってシンプルですね。
    どのカードローンも元利方式、つまり引き落とし額の中から勝手に利息が徴収される点についてはあらかじめご承知おきください。

    ★金利ごとの利息額目安
    1ヶ月あたりの利息目安 10万円/1ヶ月借入時の利息目安
    金利14.5% 1.208%前後 1,208円前後
    金利13.5% 1.125%前後 1,125円前後
    金利6.975% 0.58125%前後 581円前後

    つまり金利14.5%のとき、30万円を1ヶ月間借りたらおよその利息は3,624円(実際は前後します)。
    引き落とし額「1万円」のうち3,624円が自動的に徴収されるから、借入額はその差額(6,376円前後)分だけ減る、というわけです。

    ★各ATMを使った追加返済(任意返済/繰上返済)も可能です。余裕のある月にはぜひこちらもご利用ください。

    まとめ

    まとめ

    ★東日本銀行カードローンのまとめ
    ホームカードⅡ ゆあポケットⅡ
    お江戸日本橋カードローン
    BIZポケット
    金利 6.975% 2.9%~14.5% 7.5%、13.5%
    限度額 10万円~300万円 10万円~500万円 10万円~500万円
    ローンタイプ 専用ローンカードの発行
    審査スピード 数営業日
    申込みから借入までの日数目安 2週間程度
    (お江戸日本橋カードローンは2週間~)
    契約の流れ 店頭申込、店頭契約 ネット申込、店頭契約
    (ゆあポケットⅡ)
    ネット申込、郵送契約
    (お江戸日本橋)
    店頭申込、店頭契約
    借入方法 東日本銀行ATM・提携ATMからの出金
    返済方法 毎月10日、東日本銀行口座からの自動引き落とし
    ローン概要 住宅所有者専用
    低金利が魅力
    専業主婦OK
    ローン間の違いは取り扱い支店
    個人事業主・法人代表者専用
    事業利用可

    東日本銀行は複数種類のカードローンを取り扱っていますが、それぞれに特徴があるため申し込み先選びに迷うことはほとんどないでしょう。
    申込先ローンの特性を把握した上で、上手に使いこなしていけると良いですね。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。