入院費用・医療費用・手術費用が払えないときの対処法まとめ!

健康保険に入っていれば、ある一定額以上の医療費用はすべて返ってきます。

大体の人は、保険制度を利用するだけで医療費用は払えます。でも、なかには、どうにもならないこともあるんですよね…

今日は医療費用の支払いについて悩んでいる方のために、対処法を伝授しちゃいます!!

日本人はみんな保険に加入している!

日本国民は、誰でもみんな健康保険に加入しています。このことを国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)と言います。

もし保険に入っていないと風邪の治療だけでも6000円ほど取られてしまいますし、虫歯の治療なら1万円以上掛かるかもしれません。

このように普段意識しないところで、私達は健康保険の恩恵を受けているんです。

①会社員の人とその扶養者は保険に加入済

会社勤めの方は、保険料について気にする必要はありません
これは、自動的に給料から保険料が支払われているから。

奥さんやお子さんなど、会社員の方に扶養されている方も、自動的に健康保険に入っているのでお金を払う必要はありません

月収25万円の東京都に住む、20代の一人暮らしの方の場合、月々の保険料は1万5000円前後です。 

保険証の種類は「社会保険証」。会社を辞めるときには、保険証も返却します。

②自営業の人などは?

会社勤めでない方は、「国民健康保険」に加入することになります。
会社を退職した場合でもそうでなくても、社会保険に入っていない方は自動的に加入となりますので、加入自体に手続きの必要はありません

ただし会社を退職した場合は、保険証を受け取るために役所で切り替え手続きを行うことになるので注意。
離職票など、退職したことがわかる書類と印鑑を持って、市役所や区役所の窓口に向かいましょう。

保険料の計算方法は自治体によって異なりますが、「社会保険」と「国民健康保険」の毎月の保険料に、そこまで大きな違いはありません。
ですが、社会保険の場合は会社が半額を負担してくれるので、会社を辞めて国民健康保険に切り替えると、急に保険料が高くなったように感じる方もいらっしゃるようですね。

③入院や手術にあたっては、必ず保険が適用される

もしあなたが病気や怪我のため、入院や手術が必要になったときには必ず保険が適用されます。

サラリーマンの方であれば、給料から天引きされているので保険料を払い忘れている心配はほぼありません。

でも、自営業や扶養を外れたフリーターなどで、もし、毎月の保険料を納めていなかったら2年間分をさかのぼって請求されます。20代ひとりぐらし、月収25万円の方であれば、約35万円

こんなことにならないように、毎月きちんと保険料を納めましょう。

例外的に返済能力が認められなかった場合のみ、支払いが免除・減額されることもあります。
市町村によって大きく基準が違うので、利用したい方は役所に電話で尋ねてみましょう。

新宿区の一人暮らしの方の場合は、年収81万円以下の方のみ、健康保険料が減額されます。

使える医療費用補助制度はこちら!

★医療費用補助制度まとめ(70歳以下で住民税が非課税でなく、年収が600万円以下の方の場合)

給付額 概要と給付条件
高額療養費制度 医療費総額-{80100+(医療費の総額-267000)×0.01}
  • 医療費が自己負担限度額を上回ることが条件
  • 領収書が必要
  • 支給までに3ヶ月以上必要
  • 高額療養費貸付制度 高額医療費制度支給額の8割
  • 高額医療費制度を利用する方に、当座の返済に充てるための費用を無利息で貸付
  • 返済は高額医療費制度の支給額でまかなえる
  • 支給までは2~3週間くらい
  • 傷病手当金制度 1日あたり
    (支給開始日以前12ヶ月の収入平均額)÷30×2/3
  • 怪我や病気を原因として満足に給料をもらえなかった場合の保証
  • 社会保険に加入している方のみ
  • 医療費控除 (医療費の合計額)-(保険金などで補填される金額)-10万円
    ※最高200万円
  • 確定申告を行う必要あり
  • 領収書などを確定申告書に添付し、税務署長に提出
  • ①高額療養費制度

    入院などのため医療費が高くなってしまったとき、利用できる制度です。
    70歳以下で住民税が非課税でなく、年収が600万円以下の方の場合、医療費が総額80,100円を超えると利用可能

    つまり、たとえ入院して手術して100万かかったとしても、自分の負担は8万円くらいで済むんです。 

    支給までには3ヶ月以上が掛かりますが、実際は②の「高額療養費貸付制度」を利用できるので、病院窓口での支払いに困ることはありません

    必要書類は、以下の通り。

    社会保険加入者の方は会社の健康保険組合担当窓口に、
    国民健康保険加入者の方は市町村の担当窓口(保険年金担当課など)に申請しましょう。

    ちなみに治療後2年間しか申請できませんので、早めに申請しましょうね!

    ②高額療養費貸付制度

    簡単に言えば、高額療養費制度の支給額の8割を前借りできる制度です。無利息なのでデメリットもありません

    支給までに掛かる時間は、平均で2~3週間。もっとも自治体によって異なりますのでちゃんと確認しておきましょう。

    申請する場合は、高額医療費制度の書類に加え、以下の書類を用意しましょう。

    ③傷病手当金制度

    傷病手当金制度とは、怪我や病気で働けなかった分のお金を補償する制度のこと。

    • 会社を3日間続けて休んでいる
    • 4日目の分から傷病手当が支給

    という形になります。

    去年と今年の収入が同じなら、1日ごとにもらえたはずの収入の2/3が支給されます。

    例えば、協会けんぽの場合月収30万円の方であれば、1日ごとに「もらえたはずの」収入は10000円。なので傷病手当金制度により、3分の2に当たる6667円が1日ごとに支給されることになります。

    ※利用できるのは、社会保険に加入している方のみ。
    国民健康保険に加入している方は、傷病手当金制度を利用できません

    必要書類は以下の通り。

    その他の書類は会社が用意しますので、申請書に記入したら会社の健康保険担当窓口に持って行きましょう。

    ④医療費控除

    諸々の手当を利用しても、年間の医療費が10万円を超えた場合確定申告を行うことで、医療費分の税金を控除してくれる制度です。 

    必要書類は以下の通り。

    • 医療費の領収書
    • 確定申告書
    • 源泉徴収票

    1年分の医療費を、きっちり整理しておきましょう。

    補助制度が使えない場合は?

    ①病院に分割払いを申請してみる

    高額療養費貸付制度のお金が振り込まれるまで待ってほしい、などの要望にも柔軟に対応してもらえることが多いので、医療費に困ったことがあればとりあえず病院に相談してみましょう。

    また、事前に分割払いについて相談しておけば、多くの病院は対応してくれます
    (自己負担分の8万円を半年で支払い、など)
    分割手数料の金利については、無金利から10%まで様々。事前に病院に電話で聞いてみるのも良いですね。

    ②クレジットカードで支払う

    大きな病院であれば、支払いにクレジットカードを利用できます

    限度額いっぱいまでクレジットカードを使い、残りは現金で……という利用方法もOKなので、現金を用意できない!という方にはおすすめです。

    自己負担限度額をチェック!

    医療費がこの金額を超えると、高額療養費制度を利用できます。 

    ★それぞれの場合の自己負担限度額(対象が70歳未満)

    基礎控除後の年収600万円以上
    もしくは月収53万円以上
    150,000円+(医療費-500,000)×0.01
    住民税が非課税 35,400円
    以上のどちらでもない 80,100円

    ★それぞれの場合の自己負担限度額(対象が70歳以上)

    住民税課税所得※が145万円以上の
    人が世帯にいる
    80,100円
    住民税が非課税
    世帯収入(年金含む)が80万円以上
    24,600円
    住民税が非課税
    世帯収入(年金含む)が80万円未満
    15,000円

    ※住民税課税所得とは……収入金額から公的年金等控除、給与所得控除、必要経費、社会保険料控除、医療費控除等を差し引いて求められる金額のこと。
    一人暮らしの方の場合、年収が383万円が住民税課税所得145万円の目安となります。

    どうしても払えないときのカードローン

    年収が600万円以下の場合、80,100円以上の医療費は各種保険機関に負担してもらえます。
    ここでは自分で払わないといけない80,100円をまかなうのに、おすすめなカードローンを紹介しますね。

    ※すべての無利息サービスは、各社をはじめて利用するときしか適用されないので注意!

    ①プロミス

    プロミスは、「30日間無利息サービス」を行っています。
    その中でも、ここに挙げた他の金融機関に比べ金利が0.2%安いのがポイント。

    ②アコム

    こちらも「30日間無利息サービス」を実施。
    利息はアイフルと変わりありませんが、

    • 返済にインターネットが使える
    • 店舗数や自動契約機数が多いなど

    少し便利な点が多いのが特徴です。

    ③アイフル

    「30日間無利息サービス」を実施。
    利息総額はアコムと変わりありません。

    ④-SMBCモビット

    無利息サービスがありません。そのため利息は他社と比べ大きめ。
    ただ、誰にもバレずにローンを組む、という点においてはSMBCモビットの「WEB完結」以上のものはありません。

    『カードローンを隠したい方にオススメなローン』も併せてどうぞ!

    まとめ

    健康保険制度を利用することで、一定額以上の医療費は国に負担してもらえる
    ★補助制度が使えないときでも、病院に相談することで、問題が解決する可能性あり
    ★自己負担額を払えないときは、カードローンの検討もアリ。そのときは利息の安いプロミスがおすすめ

    健康保険は万が一の時、心強い見方となってくれます。
    月々の保険料の支払いは嬉しいものではありませんが……。
    未納分を一括請求されたり、高額医療費を自腹で負担することを防ぐためにも、保険料は毎月きちんと納めましょう

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。