自営業者のためのキャッシングガイド:個人事業主に甘い・厳しいカードローンの違いとは

    自営業者のためのキャッシングガイド:個人事業主に甘い・厳しいカードローンの違いとは

    「自由に使えるお金を借りたいけれど、自営業者はローンの審査が不利に進みやすいのだとか。
    自分は所得も抑えているし、やっぱり契約は難しいのかな?」

    結論から言うと、所得が高くない自営業者・個人事業主であっても、以下の3点さえクリアできれば、キャッシング(現金借入)の審査に通ることは難しくありません

    • 借入が初めてである
    • 赤字申告でない
      ┗安定収入ある配偶者がいる場合はその限りでない
    • 自営業者に極端に厳しい申込み先を避ける

    今回は上のように言い切れる根拠と自営業者に対する一般的な審査傾向、その他申込前の注意点などを初心者向けにまとめました。

    【管理人】山本
    読み進めて頂ければ、今のあなたに合った金策が分かります。
    

    自営業者・個人事業主のキャッシング審査通過は「借入が初めてなら」難しくありません

    自営業者・個人事業主のキャッシング審査通過は「借入が初めてなら」難しくありません

    結論から言うと、あなたが以下の3点を満たしているのであれば、カードローン等を通し自由に使えるお金を借りることは難しくないでしょう。

    自営業者がカードローン審査に通る要件

    1. すでに他社でカードローンやキャッシングを利用していない
    2. 赤字申告でない、もしくは安定収入のある配偶者がいる
    3. 自営業者に極端に厳しい審査を行っている金融機関(楽天銀行など)を避ける

    3については後ほど解説するとして…。
    12の条件を問題なくクリアしているのなら、目的に応じた一般向けカードローンを選んでしまって構いません。

    CHECK即日融資(申込み当日の借入)対応の消費者金融会社を選ぶ
    CHECK低金利で借りられる銀行カードローンを選ぶ

    一方で、他社借入がある場合や所得面で懸念がある(赤字申告など)場合、状況によって審査通過は難しくなると言わざるを得ないかも。

    とは言えマイナス点を抱えた上で審査に通過できた例もありますので、半ばダメ元であっても申込みを行う価値はあるだろうと思います。

    CHECK他社借入がある自営業者に対する審査傾向について
    CHECK所得にかかわらず借りられる可能性のあるビジネスローンについて

    即日融資(申込み当日の借入)対応の大手キャッシングサービス5選とその選び方

    即日融資(申込み当日の借入)対応の大手キャッシングサービス5選とその選び方

    ここからは、「他社でのキャッシング債務がなく、事業所得を得ている」自営業者・個人事業主のあなたのため、代表的な即日融資対応のカードローンを紹介させて頂きます。

    ①大手消費者金融会社5社の比較

    大手消費者金融会社として数えられるのは以下の5社。
    いずれも問題なく自営業者の審査通過が確認されていますので、サービス内容等を基準に申込み先を選んでしまって良いでしょう。

    大手消費者金融5社の比較
    プロミス
    →一番無難におすすめできる消費者金融会社
    レイクALSA
    • 上限金利18.0%
    • 60日間無利息または180日間5万円以下無利息
    • 郵送物なしOK
      ┗ただし三井住友銀行ユーザーは注意
    • 大手の中だと成約率(≒審査通過率)低め
      ┗ただし借入が初めてならほとんど気にしなくてよい
    • ユーザーサービス◎
      ┗24時間振込対応、ネット返済対応など
    →短期or少額借入希望の方におすすめ
    アイフル
    • 上限金利18.0%
    • 30日間無利息
    • 無条件で原則在籍確認(勤務先確認)なし
      ┗自営業者にはあまり関係ないかも
    • 郵送物なしOK
    • 多重債務やブラックに比較的寛容
    →審査に不安がある方におすすめ
    アコム
    • 上限金利18.0%
    • 30日間無利息
    • 郵送物なしOK
      ┗ただしみずほ銀行、りそな銀行ユーザー等は注意
    • 振込関連のサービス導入が遅れている
    • 多重債務やブラックに比較的寛容
    →サービス面では他社に劣るので、審査傾向に惹かれる場合にのみ選択肢に
    SMBCモビット
    • 上限金利18.0%
    • 郵送物回避に諸条件あり
    • 大手の中では高限度額を得やすい
      ┗ただし自営業者はその限りでないかも
    • 大手では最も信用情報問題に厳しい
    →サービス面では他社に劣るので、審査傾向や高限度額に惹かれる場合にのみ選択肢に

    自営業者の方がはじめて利用する場合、特に有力候補となるのは

    の2社ですね。

    あえて他社を選びたい事情(ブラック状態など)がなければ、上の2つの中から申込み先を選ぶ形で問題ないでしょう。

    CHECK自営業者による「プロミス」審査体験談

    参考自営業者の審査通過報告例(抜粋)

    口コミ

    • 申告年収:120万円
    • 職業:自営業(3年)

    申込先アコム
    金利詳細不明限度額詳細不明

    口コミ

    • 申告年収:250万円
    • 職業:自営業(年数不明)

    申込先アイフル
    金利18%限度額20万円

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 職業:自営業(0年)

    申込先プロミス
    金利17.8%限度額10万円

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 職業:自営業(1年)

    申込先プロミス
    金利17.8%限度額50万円

    ②注意!貸金業者から借りられるのは原則として「所得」の3分の1まで

    さて、上に挙げた5社は先述の通り、自営業者であっても問題なく利用できるのが一般的なのですが…。

    プロミス、レイクALSAをはじめとする消費者金融サービスは、「貸金業法」という法律に縛られます。
    そしてこの法律は、各金融機関(貸金業者)に対し、「個人への、<所得>の3分の1を超える金額の融資」を原則として禁止しているんですね。

    基準が「所得」、つまり自営業者の場合は「事業収入-経費」の差額になるということで、所得を抑えて申告していると必要額の借入が難しいことは十二分に考えられます。

    例:所得120万円の場合、貸金業者から借りられるのは40万円まで

    とは言え消費者金融会社の場合、初回から50万円超のお金を借りられることは、給与所得者の方であっても多くはないのですが…。

    必要な金額があらかじめ決まっており、かつその金額が「所得の3分の1」を超えているのなら、

    の選択も併せて検討したいところです。

    CHECK【総量規制の例外・除外・対象外】年収の3分の1超を借りる要件

    他社借入などの問題があると、似た属性の給与所得者より審査通過は難しくなるのは事実

    他社借入などの問題があると、似た属性の給与所得者より審査通過は難しくなるのは事実

    特に他社借入などの問題がなければ、自営業者であっても、上に挙げたような会社を使って滞りなく契約を済ませられるのですが…。

    残念ながら「他社借入のある自営業者の審査」は、似たような状況の給与所得者に比べ厳しく進みやすいもの。
    これについては、以下の例を見ただけでも納得いただけるだろうと思います。

    よく似た属性の方の審査結果比較

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 職業:自営業(0年)
    • 他社借入1件10万円/プロミスから

    申込先アコム、アイフル

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 職業:会社員(1年)

    申込先アコム
    金利18%限度額20万円

    口コミ

    • 申告年収:350万円
    • 職業:契約社員(0年)
    • 他社債務計100万円/銀行、ショッピングリボ各1社ずつ

    申込先アコム
    金利18%限度額50万円

    もちろん他社借入を抱えた自営業者が審査に通過できた例がないわけではありませんが、少なくとも消費者金融会社の場合、一気に審査が不利になることは間違いありません。

    そのためあなたがすでに債務を抱えている自営業者であるのなら、

    といった方針を取ることとなるでしょう。

    実際の審査経験者アンケートより

    口コミ

    • 申告年収:240万円
    • 職業:自営業(0年)
    • 他社借入2件130万円/いずれも銀行カードローン

    申込先アコム

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 職業:自営業(3年)
    • 他社借入1社10万円

    申込先アコム、アイフル

    口コミ

    • 申告年収:320万円
    • 職業:自営業(7年)
    • 他社借入2社計50万円

    申込先SMBCモビット

    口コミ

    • 申告年収:350万円
    • 職業:自営業(10年)
    • 他社借入1件30万円
    • 5年以内に2ヶ月以上の延滞(ブラック状態)

    申込先プロミス

    ※プロミスにおいて「ブラック+他社借入有」という属性の方は、給与所得者でも軒並み審査落ち

    「他社借入のある自営業者」に寛容なのは実は銀行カードローンの方かも

    「他社借入のある自営業者」に寛容なのは実は銀行カードローンの方かも

    銀行のカードローンは消費者金融会社に比べ、若干厳しいとされることが多いのですが…。

    これまで確認されているアンケート結果を見たところ、「他社借入を抱えている自営業者」に寛容なのは、消費者金融よりもむしろ銀行の方かも。
    これについては実際の通過例をご覧頂くのが早いでしょう。

    自営業者の銀行カードローン審査通過例

    口コミ

    • 申告年収:180万円
    • 自営業(20年)
    • この後「じぶん銀行」も通過(30万円)

    申込先住信SBIネット銀行(スタンダードコース)
    金利14.79%限度額100万円

    口コミ

    • 申告年収:200万円
    • 自営業(0年)
    • 他社借入1社44万円
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 直前に楽天銀行、イオン銀行で審査落ち

    申込先山陰合同銀行フリーローン
    金利14.5%限度額20万円

    口コミ

    • 申告年収:260万円
    • 自営業(2年)
    • 他社借入1社30万円※借入先はプロミス
    • 直前にキャレントで審査落ち

    申込先三井住友銀行カードローン
    金利14.5%限度額50万円

    口コミ

    • 申告年収260万円
    • 自営業(2年)
    • 他社借入2社80万円

    申込先みずほ銀行カードローン
    金利14.0%限度額10万円

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 自営業(2年)
    • 他行でのフリーローン債務あり(金額不明)

    申込先百五銀行カードローン
    金利14.5%限度額50万円

    参考:

    口コミ

    • 申告年収:300万円
    • 自営業(3年)
    • 他社借入1社10万円

    申込先アコム、アイフル

    特に「普段から口座を使っている銀行」のカードローンであれば審査・金利優遇を受けられることも多いため、かなり有力な申し込み先候補となってくれるかと思います。消費者金融に比べ、金利も低いですしね。

    ただし銀行カードローンは消費者金融会社のように、

    • 申込みの当日に借りる
    • 自宅への郵送物を回避する

    ことは原則としてできませんので、あらかじめご確認ください。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    ★例外として、

    は来店契約時に限り、郵送物なしでの借入が可能です。

    ★銀行は「貸金業者」ではないため、消費者金融会社のように「所得の3分の1」の融資制限を持ちませんが…。

    所得ベースで審査が行われるのは同じですので、赤字申告などの状況であれば審査通過は難しいと推測されます(配偶者に安定所得がある場合を除く)。あらかじめご承知おきください。

    ★銀行カードローンは事業目的での利用が禁止されています。
    カードローンを利用する上でお金の使い道を証明する必要はありませんが…。
    一応のルールとして確認しておいた方が良いでしょう。

    注意!「楽天銀行」他、一部のネット銀行などは自営業者に対し非常に厳しい

    注意!「楽天銀行」他、一部のネット銀行などは自営業者に対し非常に厳しい

    上に挙げた通り、「自営業者であっても銀行カードローンの審査に通れた」という報告は少なくありません。
    他社借入のある方に限って言えば、むしろ消費者金融より審査に通りやすい可能性もあるでしょう。

    …が、その一方で「やたら自営業者に対して厳しい」金融機関が存在するのも確かです。
    代表的なのは「楽天銀行」はじめとするインターネット銀行系ですね。

    自営業者の審査落ち例(銀行)

    口コミ

    • 申告年収200万円
    • 自営業(0年)
    • 他社借入1社44万円
    • 安定収入ある配偶者あり
    • 直後に山陰合同銀行の審査通過

    申込先楽天銀行、イオン銀行

    口コミ

    • 申告年収250万円
    • 自営業(11年)
    • 「自営業者である」以外に審査落ち理由が見当たらない例

    申込先楽天銀行

    口コミ

    • 申告年収350万円
    • 自営業(3年)
    • 似た属性の給与所得者は同行で審査通過

    申込先楽天銀行

    口コミ

    • 申告年収400万円
    • 自営業(5年)
    • 他社借入2社計100万円
    • 似た属性の給与所得者は同行で審査通過

    申込先PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

    ここに挙げた会社は、少なくとも一般的な地方銀行・都市銀行カードローンに比べ、自営業者に対し目に見えて厳しく対応しています。
    そのためどうしてもという事情がない限り、自営業者にとっては避けた方がよい申込み先だと言って良いでしょう。特別貸付条件が良いわけでもありませんしね。

    つまり…

    ここまでの内容を元に、自営業者・個人事業主におすすめのキャッシング方法をまとめると以下のようになります。

    • 即日融資や郵送物なしでの契約を希望しており、他社での借入がない
      プロミスレイクALSAはじめとする大手消費者金融会社
    • 低金利での借入希望、もしくは他社借入がある
      →各銀行カードローン

    ※ただし楽天銀行やイオン銀行等は避けるのが無難

    現在の状況や希望するローンの特徴に合わせて、申込み先を決めると良いでしょう。

    事前にチェック!自営業者は限度額にかかわらず「事業実態を確認できる書類」の用意を

    事前にチェック!自営業者は限度額にかかわらず「事業実態を確認できる書類」の用意を

    さて、現行のカードローンの多くは「限度額(契約額)が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要」という制限を設けていますが…。

    自営業者・個人事業主の場合は限度額が50万円以下でも、「事業実態を確認できる書類」の提出を求められることが珍しくありません。

    特に店舗や事務所といった明確な営業拠点を持たない場合、これらの書類の用意はほぼ必須と言って良いでしょう。
    と言うのも、「営業拠点を持たない自営業者」と、「自営業者を騙る無職」は証拠がなければ見分けられないからですね。
    (申込み先が「普段口座を使っている銀行」で定期的な入金履歴を確認できる場合などはその限りでないかもしれませんが)

    「事業実態を確認できる書類」として真っ先に挙げられるのは「確定申告書の控え」。基本的にはこれさえ用意できれば問題ないかと思いますが…。

    もしも営業年数の短さなどを理由に確定申告書を用意できないのであれば、

    • 請求書
    • 納品書

    などの書類を、担当者と相談の上で提出する形となるでしょう。

    ★その他、カードローン契約の際には原則として本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の提出が要求されます。

    ちなみにインターネット契約に対応しているカードローンであれば、各書類は「スマートフォンなどで撮影+アップロード」という形で簡単に提出可能です。

    参考【プロミス総ガイド】1分で分かる契約の流れと必要書類、良い&悪い口コミ評判も

    事業資金の借入なら個人事業主・自営業者専用のビジネスローンも選択肢に

    事業資金の借入なら個人事業主・自営業者専用のビジネスローンも選択肢に

    これまで紹介してきたのは、いずれも個人向けの一般カードローンでしたが…。

    もしもあなたが、

    • 純粋な事業資金のためにお金を借りたい
    • できる限り早く、所得の3分の1超のお金を借りたい

    とお考えなら、「ビジネスローン」と呼ばれる事業者専用のローンを選択した方が良いでしょう。

    主なビジネスローンの例
    福岡銀行「フィンディ」
    • 上限金利14.0%
    • 最短即日融資
    • 福岡銀行の口座開設不要
    • 全国から申し込み可
    • 一括融資型(カードローンではない)
    PayPay銀行ビジネスローン
    • 上限金利13.8%
    • 融資まで1ヶ月~
      (新規口座開設時)
    • 同行ユーザー以外だと不便が多い
    アイフル「事業サポートプラン」
    • 上限金利18%
    • 即日融資は不可
    • 大手消費者金融の中ではビジネス融資のノウハウ◎
    プロミス「自営者カードローン」
    • 上限金利17.8%
    • 最短1時間融資(来店時)
    • プライベート資金にも利用可
    アコム「ビジネスサポートローン」
    • 上限金利18.0%
    • 最短1時間融資(来店時)
    • プライベート資金にも利用可
    ※その他一部地銀、中小消費者金融などにビジネスローンの取り扱いあり

    いずれも事業者を対象としたローンですから、赤字申告などの状況であっても一般ローンよりは融通が利きやすいかと思います。

    CHECK徹底比較!10のビジネスローン一覧:即日融資、低金利、審査が甘い他
    CHECK問合せに基づく「本当に即日融資OKなビジネスローン」とその選び方

    FAQ:共同で事業を営んでいる、家族に知られず借りられますか?

    FAQ:共同で事業を営んでいる、家族に知られず借りられますか?

    • プロミス
    • レイクALSA
    • 三井住友銀行カードローン

    など、郵送物なしで契約できるカードローンを選べば、家族に知られず借りることも難しくはないでしょう。

    ただし、「出所の分からないお金を持っている」などの理由で間接的に怪しまれてしまう可能性までは否定できません。あらかじめご承知おきください。

     CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法:家族や勤務先に内緒でカードローンを使うコツとは

    FAQ:被扶養者の個人事業主でも借りられますか?

    所得さえあれば、消費者金融会社含む多くの会社で問題なく契約可能です。

    ただしあなたが配偶者の扶養に入っているのなら、「専業主婦(主夫)対応の銀行カードローン」(主に地銀取り扱いのもの)を選ぶのが一番無難かもしれません。

    CHECK【専業主婦のためのキャッシング入門】口座開設&配偶者の同意なしで借りる方法

    FAQ:確定申告をしていなくても借りられますか?

    確定申告をしていない理由が「営業年数の短さ」にあるのなら、請求書など「事業実態を確認できる書類」を用意することで申込みが可能かと思います。
    (営業年数制限のある一部のカードローン等を除く)

    ただし「営業年数の短さ」以外の理由で確定申告をしていない、つまり税金等の支払いにおいて無職と同様の扱いとなっているのなら、「専業主婦(主夫)として申し込む」以外の方法での契約は難しいかもしれません。

    何か特別な事情がある場合には、直接金融機関に問い合わせを行ってみるのが良いでしょう。

    FAQ:キャッシング利用の際の勘定科目・仕訳について教えてください。

    借入の際はそのまま「借入金」ですが、支払いは「借入金」「支払利息」に分けて申告することになります。
    (支払い額のうちの利息分は、借入先から発行される利用明細により確認可能です)

    カードローンにおける利息の仕組みについては、以下のページをご覧ください。

    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    FAQ:自営業者の場合、在籍確認(勤務先確認)はどのように行われますか?

    申込者が自営業者であるかどうかにかかわらず、在籍確認(勤務先確認)の連絡は申込時に入力した「勤務先電話番号」宛てに行われます。

    ということで店舗や事務所など決まった拠点があるのならそちらの固定電話へ、それが無いなら携帯電話へ連絡が入ることでしょう。

    ちなみに決まった営業拠点がない場合には、「自営業者を装う無職」の人でないことを確認するため、「事業実態を確認できる書類」(確定申告書、請求書など)の提出を求められるのが一般的です。あらかじめご承知おきください。

    CHECK大手消費者金融に聞く!在籍確認の会話例と電話なしで借りる方法&勤務先確認の体験談
    CHECK在籍確認なしで使えるカードローン12選!即日融資&月1%未満の超低金利も

    FAQ:ブラック状態の個人事業主でも借りられる方法はありませんか?

    これまで確認できている限り、大手の中で最もブラック状態に寛容なのは「アコム」です。

    CHECK部門別!おすすめ消費者金融カードローンランキング:即日融資、バレにくさ、審査甘いetc

    その他中小消費者金融会社という選択肢もありますが…。
    中小業者は大手よりもさらに、自営業者(というより国保加入者)に厳しく対応する傾向があります。あらかじめご承知おきください。

    中小消費者金融会社での審査結果報告

    口コミ

    • 年収260万円
    • 営業2年
    • 他社借入2社計60万円

    申込先AZ

    口コミ

    • 年収260万円
    • 営業2年
    • 他社借入30万円(プロミス)
    • 直後に三井住友銀行で審査通過

    申込先キャレント

    口コミ

    • 年収350万円
    • 営業2年
    • 他社借入50万円(アコム)

    申込先セントラル
    金利18.0%限度額50万円

    口コミ

    • 年収350万円
    • 営業2年
    • 他社借入50万円(アコム)
    • 上の方と同一人物

    申込先フクホー

    ★参考情報として、「アムザ」「北海道キャネット」あたりは中小業者でありながら、非正規雇用者・国保加入者の審査通過報告がしばしば見受けられます。

    自営業者・個人事業主のキャッシングについてのまとめ

    自営業者・個人事業主のキャッシングについてのまとめ

    事業所得者へのおすすめ申込先
    該当するポイント申込先候補
    早く借りたい
    家族に知られず借りたい
    他社での借入がない
    大手消費者金融会社
    特にプロミスレイクALSA
    他社での借入がある
    低金利で借りたい
    各銀行カードローン
    ただし楽天銀行、イオン銀行あたりは避けるのが無難
    事業資金を借りたい
    所得の3分の1超を借りたい
    各ビジネスローン

    特に他社借入などのマイナス点がある場合、自営業者の申込先候補は会社員の方に比べ絞られます。

    とは言え審査通過報告自体は少なくないため、申込先選びにさえ失敗しなければ、審査結果には十分期待できることでしょう。

    CHECK部門別!おすすめ消費者金融カードローンランキング:即日融資、バレにくさ、審査甘いetc
    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他
    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法:家族や勤務先に内緒でカードローンを使うコツとは

    CHECK徹底比較!10のビジネスローン一覧:即日融資、低金利、審査が甘い他
    CHECK問合せに基づく「本当に即日融資OKなビジネスローン」とその選び方


    


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。