伊予銀行カードローンを低金利&在籍確認なしで借りる方法お教えします!

2018年1月以降、すべての銀行カードローンで即日融資不可となりました。
本記事中に「即日融資可能な銀行カードローン」の記載が残っている可能性がありますが、現在は銀行カードローンでは、どうやっても申し込み当日にお金を受け取ることができません。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

「地元の伊予銀行で借りたいけれど、3種類もある……。
どのカードローンを利用すればいいのかしら……」
大丈夫!
「いよぎん」とも呼ばれている、愛媛県を中心に展開する大手地方銀行「伊予銀行」が取り扱っている3種類のカードローン「新スピードカードローン」「さっとカードローン」「ほっとカードローン」はそれぞれ違う独自の強みを持っているんです。

例えば、「新スピードカードローン」は即日融資に対応しているのに対し、「ほっとカードローン」はより低金利・かつ在籍確認の電話なしで利用できる、そして「さっとカードローン」は急な引き落としでも自動融資で対応できるようになる……といった具合ですね。
これらの特徴をしっかり押さえておけばカードローン選びに迷うことはありません。

今回はそんな伊予銀行の3つのカードローンについて、それぞれのメリット・デメリットや選択方法、審査難易度について詳しくまとめてみました!
読んでいただければ、自分に合った伊予銀行カードローンをスムーズに利用できますよ!

3種類の伊予銀行カードローンはどうやって選ぶ?それぞれのローンの概要をチェック!

まずは3つの伊予銀行カードローンを見比べて、あなたに合ったローンを探してみましょう!

★伊予銀行カードローンの概要

上限金利 限度額 審査難易度 融資スピード
新スピードカードローン 14.5% 1000万円 低め 3~4営業日程度
さっとカードローン 14.0% 50万円 低め~ 1週間~10日程度
ほっとカードローン 13.0% 50万円 高め 1週間~10日程度
(融資スピード情報は、伊予銀行への問い合わせによる)

伊予銀行のカードローンは、一般的な地方銀行の傾向と同じく「金利が高いローンほど、審査難易度が低くスピーディ」な借入が可能です。

基本的には「金利を重視するなら、<さっとカードローン>または<ほっとカードローン>」「50万円を超える借入、もしくは融資スピードを重視するなら<新スピードカードローン>」を選択すると良いでしょう。

また、3つのカードローンの中で「さっとカードローン」「ほっとカードローン」のみが、社会保険証を提出することによって、在籍確認の電話を避けることができます
「勤務先に電話を掛けられるのは困る!」といった場合には、こちらのローンを検討してみるのも良いでしょう。

CHECK「新スピードカードローン」の基本情報
CHECK「さっとカードローン」の基本情報
CHECK「ほっとカードローン」の基本情報

CHECK在籍確認の方法はローンごとに違いあり:「さっと」「ほっと」のみ電話の回避も可能

「新スピードカードローン」なら口座開設&来店不要で申し込みが可能!

まずは、最もスタンダードな伊予銀行のカードローン「新スピードカードローン」について、詳しく見ていきましょう!

①新スピードカードローンの基本情報:上限金利は平均的(14.5%)ながらおまとめに対応

伊予銀行「新スピードカードローン」の基本データは以下のようになります。

★伊予銀行「新スピードカードローン」

金利 2.0%~14.5% 限度額 10万円~1000万円
審査スピード 3営業日程度 融資スピード 3~4営業日程度
その他
  • 口座開設不要
  • 専業主婦の利用可
  • 全国から利用可
  • 伊予銀行のカードローンの中では唯一口座開設が不要なため、現時点で伊予銀行を利用したことのない場合であっても借り入れが可能です。

    また、伊予銀行のその他のカードローンは上限限度額が50万円と設定されているのに対し、「新スピードカードローン」の上限限度額は1000万円と非常に大きなもの。
    もしもあなたが十分に安定した収入を得ているのであれば、契約時に100万円以上の大きな限度額をもらうことも可能でしょう。

    この予測を裏付けるように、「新スピードカードローン」の公式HPでは「借り換えOK」の文字を見ることができます。

    伊予銀行公式HPより「借り換えOK」
    ▲伊予銀行公式HPより

    他社からの借り換えに利用できる、ということからは、「契約時に大きな限度額をもらえやすい」「他社からすでにお金を借りていても利用できる」と推測することができます。
    ただし、こちらのメリットを受けられるのはあくまで「安定した、十分な収入のある方」のみとなるためお気を付けください。

    ★「新スピードカードローン」利用限度額ごとの適用金利

    限度額 適用金利
    100万円以下 14.5%
    100万円超過~200万円 12.8%
    200万円超過~300万円 10.6%
    300万円超過~400万円 9.5%
    400万円超過~990万円 4.5%
    1000万円 2.0%

    また、審査に自信のある方のうち希望限度額が50万円以下であれば、「ほっとカードローン」を選択した方が低金利(上限13.0%)での借り入れが可能です。

    ②口座の有無に関わらず、WEB完結(来店不要)での契約可!ただし即日融資は不可

    「新スピードカードローン」は伊予銀行口座の有無にかかわらず、「WEB完結」での契約が可能。
    WEB完結とは、申し込みから契約までをインターネット上で完結させられることを言います。つまり、契約のために来店や郵送物のやりとりを行う必要がないということですね。
    そのため、銀行の営業時間内に時間を作れない、といった場合でも無理なく利用することができます。

    一方、伊予銀行の公式HPには以下のような「即日借入」に関する記載を見ることができますが……。
    伊予銀行公式HPより「即日借入OK」
    ▲伊予銀行公式HP

    あくまでこれは「契約当日の借入が可能」というだけであり、「申し込みの当日に借りられる」というわけではありません

    伊予銀行のオペレーターさんによると、審査結果が出るまでには3営業日ほどの時間が必要とのこと。
    一見「即日融資可能」にも見えてしまいますが、実際の申し込みから借入までには3~4営業日ほどの日数が掛かりますのでお気を付けください。

    CHECK伊予銀行に聞いた!各ローンの利用方法と融資スピード
    CHECK即日融資対応の銀行カードローンまとめ

    ③審査難易度は低めで、パート・アルバイトでも利用できる

    伊予銀行の公式HPを見ても、特に「パートやアルバイトの方でも利用できます!」といった文面を見ることはできませんが……。

    「新スピードカードローン」の毎月の最低返済額は2,000円。(借入残高10万円以下のとき)
    みずほ銀行カードローンの最低返済額は1万円ですから、「新スピードカードローン」における毎月の負担の軽さがよくわかりますね。

    実はこのように、最低返済額を低く設定している銀行カードローンは、総じて審査難易度が低く設定されています。
    というのも、「最低返済額を低く設定している」のは「毎月の負担を抑えたい人、つまり収入の高くない人」へのアピールとなるからですね。
    そして収入の高くない人へアピールを行う、ということは審査通過に必要な収入が低い、つまり審査難易度が低い、ということになります。

    さらに、伊予銀行の公式HPでは以下のような記載が見られます。
    伊予銀行公式HPより「主婦(夫)・無職の方は、即日借入はできません」
    ▲伊予銀行公式HPより

    なんと、伊予銀行の場合は承認さえ下りれば無職でも利用可能とのこと。

    実際のところ、この「無職」が指すのは年金受給者など、何らかの手段で収入を得ている方に限られると考えられますが……。
    「無職」がOKでパート・アルバイトはNG、ということも考えにくいですから、本人または配偶者に毎月2,000円の支払いが可能な程度の収入があれば、十分審査通過の可能性があると見てよいでしょう。

    ★伊予銀行「新スピードカードローン」審査通過条件

  • 20歳~74歳
  • 本人または配偶者に収入がある(年200万円未満可、年金受給者・アルバイト可)
  • これまでにアコムに関連する場所で金融事故を起こしていない
  • 金融ブラック状態でない
  • 主な利用者層・審査通過者データについては、同じ保証会社(審査を行う会社)を付けており、同じ2,000円の最低返済額を設けている(=審査難易度が同じくらいだと考えられる)「三菱UFJ銀行<バンクイック>」に関する詳細ページをご覧ください。

    CHECK三菱UFJ銀行「バンクイック」の利用者層と審査難易度を分析!

    随時返済方式の「さっとカードローン」は、普段から伊予銀行をご利用の場合におすすめ

    伊予銀行が取り扱うカードローンの中で、唯一「随時返済方式」を採用している「さっとカードローン」。
    「口座にセットするタイプ」とも紹介されているこのローンは、他の商品に比べどのような違いがあるのでしょうか?

    ①さっとカードローンの基本情報:金利は14.0%とやや低い

    伊予銀行「さっとカードローン」の基本情報は以下のようになります。

    ★伊予銀行「さっとカードローン」

    金利 14.0% 限度額 ~50万円
    審査スピード 3営業日程度 融資スピード 1週間~10日
    その他
  • 来店必須
  • キャッシュカードにローン機能を付与(=口座にセットするローン)
  • 随時返済方式
  • 嬉しいのはやはり「14.0%」という低めの金利。
    とは言え、以下で解説する「ほっとカードローン」の「13.0%」という金利に比べるとやや高く、一見中途半端な立ち位置のローンにも思えます。

    やはり、このローンの特徴は「口座にセットする」「随時返済方式」という2点。
    それでは、その意味を詳しく見ていきましょう。

    ②「口座にセットする」ってどういう意味?預金が0円でもお金を引き出せる!

    「さっとカードローン」は、伊予銀行が取り扱うその他のローンと異なり「口座にセットする」タイプのカードローン。
    これは、あなたの預金口座に「マイナスの残高を作れるようになる」ことを意味します。

    例えば、3万円が入金されている伊予銀行口座から5万円を引き出したら、借入残高はマイナス2万円に。
    あなたが10万円の限度額で「さっとカードローン」を利用することになったら、マイナス10万円分までのお金を使えるようになるというわけですね。

    ちなみに、このタイプのカードローンは預金残高が0円以上のとき、お金を借りることはできませんが……。
    クレジットカードや税金などの引き落としにも「マイナス」の残高を利用することで対応可能ですから、特に他のローンと比べ使い勝手が悪くなることはありません。

    CHECK「さっとカードローン」の借り入れ方法
    CHECK「さっとカードローン」の返済方法

    ③随時返済方式だから、給与振込先を伊予銀行に指定しているのなら審査難易度も高くはない

    「さっとカードローン」など「口座にセットする」タイプのローンで、残高マイナス3万円のところに20万円の給与が振り込まれたら、残高はプラス17万円になります。
    このように預金残高が0円以上になったら、とりあえずの返済は完了

    その後は、取り決められた日に利息(金融機関へ支払う手数料)のみを支払います。この返済方式のことを「随時返済方式」と呼びます。
    (詳しくは「さっとカードローンの返済方法」項目で解説)

    銀行があらかじめ設定した返済額ではなく、利息のみが引き落とされる「随時返済方式」は、利用の上で大きな収入が必要ありません
    とくに伊予銀行口座を給与振込先に指定しているのなら、毎月ほぼ確実に借り入れが清算されるため伊予銀行側にとってのリスクも低く、かなり高い確率で審査に通過できることでしょう。

    ★伊予銀行「さっとカードローン」の審査通過条件

  • 20歳~59歳

  • 収入がある(給与振込先を伊予銀行口座に指定することで、通過率大幅アップ

  • 金融ブラック状態でない

  • ただし、「新スピードカードローン」に比べ年齢制限はかなり厳しく設定されています(=より生活の安定性を重視)。そのため、元の審査難易度は恐らく「新スピードカードローン」より高め。

    「随時返済方式」の特色から考えても、審査に十分な自信がある場合を除き、給与振込先を伊予銀行口座に指定した上で申し込むことをおすすめします。

    最も低金利な「ほっとカードローン」は低金利ながらやや審査難易度高め

    3つのカードローンの中で最も金利の低い「ほっとカードローン」。ですが、審査難易度はその他のローンに比べても高めに設定されています。
    それでは、その概要を見ていきましょう!

    ①ほっとカードローンの基本情報:上限金利は13.0%で最も低い

    伊予銀行「ほっとカードローン」の基本データは以下の通りです。

    ★伊予銀行「ほっとカードローン」

    金利 13.0% 限度額 ~50万円
    審査スピード 3営業日程度 融資スピード 1週間~10日
    その他
  • 来店必須
  • こちらは「預金口座にローン機能を付ける」<さっとカードローン>とは異なり、「借り入れ専用のカード・通帳を発行」する、一般的なカードローンとなります。
    融資スピードや契約の流れについて、<さっとカードローン>との大きな違いはありません。

    ②毎月の返済額は1万円だから、他のローンに比べると大きな収入が必要に:その利用条件は?

    「ほっとカードローン」の毎月の返済額は1万円
    2,000円からの返済が可能な「新スピードカードローン」、随時返済方式で利息だけを返済する「さっとカードローン」に比べると、毎月の負担は非常に大きなものとなります。
    当然、負担に耐えられるだけの収入は必須となり、自然と審査難易度は高くなるわけですね。

    残念ながら「ほっとカードローン」については利用者層・審査通過ラインを割り出せるほど、十分なレビューが寄せられていません。
    そこで、利用条件が近しく、十分な情報の集まっている銀行カードローンを探してみると……。

    毎月の最低返済額を1万円と設定している銀行カードローンには、「みずほ銀行カードローン」が挙げられます。
    この「みずほ銀行カードローン」の主な通過者は「会社員、公務員」「年収200万円以上の方」「配偶者に安定した収入のある方」
    ですが、「ほっとカードローン」はみずほ銀行よりも厳しい年齢制限が設定されている(=より生活の安定性を求めている)ことから、審査難易度に関してはみずほ銀行よりもやや高いと予測されます。
    おそらく会社員・公務員であれば200万円以上の、個人事業主や経営者であればそれ以上の年収が要求されるでしょう。

    ★伊予銀行「ほっとカードローン」の審査通過条件

  • 20歳~54歳

  • 安定した収入がある(会社員・公務員の場合、年200万円~)

  • 金融ブラック状態でない

  • とくにアルバイトの方の申し込みが制限されているわけではありませんが、おそらく審査通過は困難。
    まだ審査の上で分かっていないことが多いせいもあり、審査に自信のない場合は「新スピードカードローン」を選択することをおすすめします。

    愛媛県から申し込みのできる他社ローンと、伊予銀行カードローンの比較

    「結局、どのローンが一番通りやすいの?」「うちの近くにある、信用金庫や別の地銀のローンにもっと良いのがあるのなら、そっちを選びたいけれど……。」
    そんなあなたのために、愛媛県から申し込みのできる主なカードローンをまとめてみました!

    ★各社の審査難易度目安

    主な融資対象 ローンの例 金利
    ↑高 年収400万円以上
  • 三井住友カード「ゴールドローン」
  • 3.5%~9.8%
    年収200万円~
    または正社員・公務員
    伊予銀行「さっとカードローン」 13.0%
  • 広島銀行「マイライフプラス」
  • 2.475%
    13.975%
  • みずほ銀行
  • 3.5%~14.0%
  • 三井住友銀行
  • 4.0%~14.5%
  • オリックス銀行
  • 1.7%~17.8%
    年収200万円前後
  • 愛媛銀行「円姫」
  • 7.5%~13.5%
  • 宇和島信用金庫「しんきんカードローン」
  • 14.6%、16.3%
    年収200万円未満
    パート・アルバイト
    伊予銀行「新スピードカードローン」 2.0%~14.5%
    伊予銀行「さっとカードローン」
    (給与振込先を伊予銀行に指定している場合)
    14.0%
  • 愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」
  • 4.4%~14.6%
  • 愛媛信用金庫「ミニカードローン」
  • 14.3%
  • 四国銀行「カードローン4’S」
  • 4.0%~14.6%
  • 広島銀行「総合口座プラス30」
  • 9.125%
    9.625%
  • 楽天銀行
  • 1.9%~14.5%
  • イオン銀行
  • 3.8%~13.8%
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 1.8%~14.6%
  • アコム
  • 3.0%~18.0%
  • アイフル
  • 3.0%~18.0%
    ↓低 金融ブラック
  • 中小消費者金融
  • 上限金利18%~20%程度
    ※住宅ローン利用者・高齢者のみ利用可能なローンを除く

    伊予銀行「ほっとカードローン」は他社に比べても十分低金利なものの……。
    目を引くのは、やたらと低金利な上に難易度も低い「広島銀行<総合口座プラス30>」。こちらは「さっとカードローン」と同じく「口座にセットする」タイプのローンとなります。
    そのため、お近くに広島銀行の店舗のある方はこちらのローンを検討してみても良いでしょう。

    その他には特に、伊予銀行に比べ大きなメリットを持ったローンは見当たりません。
    審査難易度や希望限度額の点からよく見比べて、伊予銀行のローンの中から申し込み先を決定しても良さそうです。

    CHECK広島銀行カードローンの概要と選択方法、メリット・デメリットのまとめ
    CHECK高知県から申し込みのできる主なローンの審査難易度・金利比較

    伊予銀行カードローン、契約の流れ

    公式HPを見ても、融資に必要な時間がさっぱりわからない伊予銀行のカードローン。
    謎を解明すべく、実際に伊予銀行のコールセンターへ問い合わせを行ってみました!

    ①伊予銀行に聞いた!各ローンの利用方法と融資スピード

    同じ伊予銀行のカードローンであっても、「新スピードカードローン」と「さっとカードローン」「ほっとカードローン」では契約の流れが大きく異なります。お気を付けください。

    CHECK「新スピードカードローン」契約の流れ
    CHECK「ほっとカードローン」「さっとカードローン」契約の流れ

    (1)WEB完結対応の「新スピードカードローン」の場合

    来店不要の「WEB完結」契約に対応している「新スピードカードローン」について、実際に問い合わせを行ってみました。

    【管理人】山本
    申し込みから借入れまでにはどれくらいのお時間が掛かりますか?
    伊予銀行の回答
    審査結果をお伝えするまでに3営業日ほど必要となります。
    借入れをお急ぎであれば、ご契約の当日に他の銀行様の口座へもご希望額をお振込みいたします。
    【管理人】山本
    借入れまでには申し込みから3日程度、ということでよろしいでしょうか?
    伊予銀行の回答
    そうですね。3~4営業日ほど見て頂ければと。
    【管理人】山本
    会社に電話が掛かって来ることはありますか?
    伊予銀行の回答
    はい、在籍の確認を取らせていただいております
    その際、伊予銀行の名前は名乗らずに個人名で、用件を伝えずにお電話を掛けさせていただきます。
    【管理人】山本
    保険証の提出などで代用することはできませんか?
    伊予銀行の回答
    申し訳ありません。
    仮に個人情報保護などの観点から在籍確認を取れなかった場合、上の者と相談いたしまして、何らかの措置を取ることはございますが、原則在籍確認のお電話が利用の条件となります。

    スタンダードな特徴を持つ「新スピードカードローン」は、契約の流れについても特に変わった点はありません。
    一般的なカードローンと同じく、在籍確認も原則必須となります。

    「新スピードカードローン」
    契約の流れ

    インターネットから申し込み

    審査
    (3営業日程度)
    在籍確認あり

    メールか電話で審査結果連絡

    必要書類のアップロード
    (伊予銀行口座を持っていない場合のみ)

    伊予銀行からあなたの口座に
    希望額を振り込み

    (希望者のみ)
    ※ここまで3~4日

    ローンカードの郵送
    (契約後1週間~)

    振込先の口座は伊予銀行口座でなくとも構わないとのこと。
    別の銀行口座を使っても、比較的スピーディな融資を受けられるのは嬉しいですね。

    (2)来店必須の「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の場合

    公式HP上の情報が少なく、さらに謎の多い「さっとカードローン」「ほっとカードローン」についての問い合わせ結果は、以下のようになりました。

    【管理人】山本
    「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の借入れまでにはどれくらい時間が掛かりますか?

    伊予銀行の回答
    窓口での申し込みからご利用可能になるまで、早くても1週間~10日くらい必要になってしまいます。
    審査だけでも3営業日ほど必要になってきますので……。

    【管理人】山本
    「さっとカードローン」「ほっとカードローン」だとどちらのほうが、より早く借り入れができますか?

    伊予銀行の回答
    「ほっとカードローン」ですと専用のお口座をおつくり頂き、通帳とカードを書留でお送りする形になりますので、今あるキャッシュカードをそのまま利用できる「さっとカードローン」の方が心持ち早いかもしれません。と言っても1両日前後くらいで、大差はないかと思います。
    お急ぎでしたら「新スピードカードローン」の方をご利用ください。

    【管理人】山本
    会社に電話がかかって来ることはありますか?

    伊予銀行の回答
    ご本人様名義の社会保険証を提示していただけましたら、お電話は必要ありません
    ただ、ご扶養に入られているですとか、国保でしたらお電話が必要になってまいりますね。

    【管理人】山本
    電話が必要になった場合、どのように掛かってきますか?

    伊予銀行の回答
    「伊予銀行のなになにですが、」といったお電話を掛けさせていただくことになりますが、ご希望があれば個人名でのお電話も可能かと思います。

    融資にかかる時間は「新スピードカードローン」に比べて長いものの、在籍確認の電話を避けることができるのが嬉しいですね。

    「さっとカードローン」「ほっとカードローン」

    契約の流れ

    必要書類を持って、伊予銀行窓口へ

    審査
    (3営業日程度)
    在籍確認あり

    電話で審査結果連絡

    伊予銀行側の承認待ち・
    またはローンカードの郵送
    (ここまで1週間~10日程度)

    申し込み方法については「来店」一択となります。
    ですが一部のローンプラザを利用することで、土日祝日でも申し込みが可能ですよ。

    伊予銀行公式HP「ローンプラザ支店一覧」

    ちなみに、「さっとカードローン」「ほっとカードローン」公式HPには「問い合わせ先」として以下の電話番号が掲載されていますが……。
    伊予銀行公式HPよりお申し込み先
    ▲伊予銀行公式HPより

    実際に電話を掛けてみたところ、この番号よりも各ローンプラザのオペレーターさんの方が実際の借り入れの流れに詳しい模様。
    そのため、これらのローンに関して詳しく聞いてみたい場合には各支店、もしくは各ローンプラザへ電話を掛けてみることをおすすめします。

    伊予銀行公式HP「店舗・ATM検索」

    ②伊予銀行の各ローンの契約に必要な書類

    伊予銀行における必要書類は、ローンの種類や契約方法によってやや異なります。

    ★伊予銀行カードローンの必要書類

    提出方法 必要書類
    新スピードカードローン
    (伊予銀行口座あり)
    原則不要
    新スピードカードローン
    (伊予銀行口座なし)
    携帯電話などで撮影した写真をアップロード
  • 写真付きの本人確認書類
    (運転免許証など)
  • さっとカードローン
    ほっとカードローン
    原本を持ち込み
  • 写真付きの本人確認書類
  • お届け印
  • 収入証明書類(源泉徴収票など)
  • 社会保険証(在籍確認の電話を避けたい場合
  • 「新スピードカードローン」のみ収入証明書類は原則不要ですが、審査結果に応じては提出を求められる可能性もゼロではありません。
    また、アコムなどとは異なり健康保険証は本人確認書類として認められない点にはお気を付けください。

    ③在籍確認の方法はローンごとに違いあり:「さっと」「ほっと」のみ電話の回避も可能

    在籍確認とは、あなたが申し込みんだ通りの会社に勤めていることを金融機関が確認することで、主に電話を使って行われます。
    つまり、あなたの勤務先に銀行や保証会社(審査を行う会社)から電話が掛かってくるわけですね。

    伊予銀行における在籍確認方法は、以下のようになります。

    ★伊予銀行カードローン、それぞれの在籍確認仕様

    電話の掛けられ方 在籍確認の電話の回避
    新スピードカードローン 個人名のみ
    (例:スズキと申しますが、佐藤一郎さんはいらっしゃいますか?)
    原則不可
    さっとカードローン
    ほっとカードローン
    原則、伊予銀行名を名乗り
    (例:伊予銀行のスズキと申しますが、営業部の佐藤一郎様はいらっしゃいますか?)
    社会保険証の提出でのみ代用可

    「さっとカードローン」「ほっとカードローン」は、地銀には珍しく「本人名義の社会保険証の提出をもってのみ」電話を避けることが可能な模様。社会保険証の情報で、在籍確認を完了できるというわけですね。
    被扶養者・国保加入者の場合、在籍確認の電話は必須となります

    そのため、「何としても会社への電話は避けたい!」という場合は「さっとカードローン」または「ほっとカードローン」を選択することをおすすめします。

    ……とはいえ、在籍確認が行われた場合であっても職場の人に借り入れがバレることはめったにありません。

    CHECK在籍確認とは

    伊予銀行カードローンの借り入れ方法

    ここからはローンカード到着後(新カードローン・ほっとカードローン)、あるいは伊予銀行の承認後(さっとカードローン)の借入方法について解説していきます!

    ①「新スピードカードローン」「ほっとカードローン」の借り入れは各ATMで!

    キャッシュカードとは別にローンカードが発行される「新スピードカードローン」「ほっとカードローン」。これらのローンのカード到着後の借り入れ方法は「ATM」一択となります。

    ローン専用カードとは言え、伊予銀行のキャッシュカードと提携している全金融機関のATMを利用できるため、借り入れ先に困ることはまずないでしょう。

    ★「さっとカードローン」の借り入れ(伊予銀行のキャッシュカード利用)に対応のATM

  • 伊予銀行ATM

  • セブン銀行ATM

  • ローソンATM

  • E-netATM(ファミリーマートなど)

  • 愛媛県内のBank timeATM(サークルKサンクス)

  • 阿波銀行

  • 百四銀行

  • 四国銀行

  • 広島銀行

  • 山陰合同銀行

  • JAバンクえひめ

  • 各ATMの利用手数料は以下の通り。

    ★伊予銀行ATMの利用手数料
    伊予銀行ATMの利用手数料
    ※伊予銀行公式HPより。借り入れは「お引出し」と同じ扱いになります。

    ★各コンビニATMの利用手数料
    各コンビニATMの利用手数料
    ※伊予銀行公式HPより。借り入れは「お引出し」と同じ扱いになります。

    地銀のATMに比べると、コンビニATMの手数料は高く設定されていますが……。
    実は「新スピードカードローン」のみ、契約から1年間だけ借り入れ手数料は0円。そのため、どのATMであっても1年間は気兼ねなく利用可能です。

    ②口座にセットするタイプの「さっとカードローン」の借り入れは「自動融資」で行われる

    「さっとカードローン」は、口座にセットするタイプのカードローン。
    上の項目でも説明した通り、このローンを利用することで借入限度額分までの「マイナス残高」を作れるようになります。
    例えば借入限度額が10万円なら0円~マイナス10万円までの利用が、借入限度額が30万円なら0円~マイナス30万円までの利用が可能になる、というわけですね。

    「口座にセットする」タイプのローンですから、「さっとカードローン」の使い方は特に通常のキャッシュカードと変わりありません

    ATMでの引き出しに加え、クレジットカードや公共料金の引き落としにより残高が0円を下回った場合であっても、自動的に借り入れは行われますよ。

    ★利用可能なATM・利用手数料は「新スピードカードローン」「ほっとカードローン」と同一のものとなります。

    伊予銀行カードローンの返済方法

    最後に、伊予銀行における毎月の返済方法を詳しく解説していきます!

    ①「新スピードカードローン」の返済方法は口座の有無で変わる!毎月の返済は2,000円~

    「新スピードカードローン」における毎月の返済額は、口座の有無にかかわらず2,000円からととても低額です。

    ★「新スピードカードローン」毎月の返済額

    前月末の借り入れ残高 返済額
    10万円以下 2,000円
    10万円超過~20万円 4,000円
    20万円超過~30万円 6,000円
    30万円超過~40万円 8,000円
    40万円超過~50万円 10,000円
    50万円超過~100万円 15,000円
    100万円超過~200万円 25,000円
    200万円超過~300万円 35,000円
    300万円超過~400万円 45,000円
    400万円超過 50,000円

    毎月の返済方法は以下の通り。

    ★口座の有無による「新スピードカードローン」返済方法

    伊予銀行の口座あり
    (返済用口座あり方式)
    毎月第一営業日に、伊予銀行口座からの自動引落とし
    伊予銀行の口座なし
    (返済用口座なし方式)
    毎月1日~月末までに、各ATMから最低返済額以上を入金

    利用できるATMは借入時と同じく、「伊予銀行ATM+各コンビニATM」
    また、毎月の返済方法を「伊予銀行口座からの引き落とし」としている場合であっても、各ATMを使った追加の返済が可能ですよ。
    ※追加返済に利用できるATMは「伊予銀行ATM」「各コンビニATM」のみとなります。お気を付けください。

    ②「さっとカードローン」の「随時返済方式」ってどういう意味?利息は毎月引き落とし

    「口座にセットする」タイプのローンの返済は、セットされた口座に入金することで借入残高が0円以上になればそれで完了
    例えば、残高がマイナス2万円のときに5万円を入金することで、残高はプラス3万円に。この時点で、借入自体は清算されたことになりますが……。
    「さっとカードローン」には14.0%の金利が設定されている以上、伊予銀行へ利息(手数料)を支払う必要が出てきます。
    この「利息」の徴収方法のことを「返済方式」と呼びます。

    「さっとカードローン」が設定している返済方式が「随時返済方式」
    「随時返済方式」とは、毎月の返済日が定められておらず、金融機関が定めた期間ごとに利息が引き落とされる返済方式のことを言います。

    「さっとカードローン」の場合、利息は毎月10日に引き落とされます
    例えば、1ヶ月分の利息が1,000円だった場合、次の10日に1,000円が借入残高からマイナスされるわけですね。
    この時点で借入残高が0円以下でも、限度額に接していない限りは特に問題ありません

    例1:残高がマイナス10,000円のとき、1,000円の引き落とし→引き落とし後の残高はマイナス11,000円

    例2:限度額が10万円のとき、引き落とし前の残高がマイナス10万円だった場合、利息の支払いができず返済失敗→伊予銀行から電話の問い合わせなどで催促

    利息は以下の計算で求めることができます。(金利14.0%のとき)

    借入額(マイナス残高)×0.14÷365×借入日数

    10万円を30日間借りたら、利息は10万×0.14÷354×30=約1,150円となるわけですね。

    特に返済日が定められていないとは言え、うっかり口座を放置してしまうと知らないうちに利息が膨らみ、マイナス残高が限度額に達してしまうことも考えられます。
    そのため「さっとカードローン」は、毎月の給与振込先を伊予銀行口座に指定している、あるいはこれから指定できるといった場合におすすめです。

    ③「ほっとカードローン」なら、月々の返済は「月初めに1万円を自動引落とし」

    「ほっとカードローン」における毎月の返済は、「第一営業日に毎月1万円を、伊予銀行口座から自動引落とし」というとても簡単なもの。
    借入残高に応じて引き落とし額が変わることもないため、返済計画も立てやすくなっています。

    また、余裕があるときには各ATMを使った追加の返済も可能ですよ。
    ただし、追加の返済に対応しているATMは「伊予銀行ATM・各コンビニATM」のみとなります。

    まとめ

    ★伊予銀行のカードローンは3種類!それぞれのメリットは以下の通り。

  • 新スピードカードローン…最も融資スピードが速く(3~4営業日)、来店&口座開設不要、審査難易度も低め

  • さっとカードローン…給与振込先を伊予銀行に指定できるなら、審査難易度低め&低金利

  • ほっとカードローン…審査難易度高めながら最も低金利

    ★「さっとカードローン」「ほっとカードローン」のみ、社会保険証の提出をもって在籍確認の電話を避けられる

  • 異なるメリットを持った伊予銀行のカードローン。
    それぞれの特徴をよく把握して、あなたにピッタリなものを選んでみてくださいね。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。