キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【おまとめ以外非推奨】auじぶん銀行カードローンのデメリットとその対応策

    じぶん銀行カードローン デメリット

    「臨時の出費を賄うため、どこかからまとまったお金を借りたい。
    auじぶん銀行のカードローンは口座開設不要、かつauユーザーに優遇金利を設けているみたいだけれど…?」

    結論から言うとこの「auじぶん銀行」が取り扱うカードローンは、「既存ローンを一本化したい」という方(特にauユーザー)を除き、おすすめできるものではありません

    理由は簡単で、貸付条件が一般的な銀行カードローンよりも悪い上、これをひっくり返すような利点も特にないからですね。

    ただし例外的に、「他社ローンの借り換えを希望するauユーザー」に限ってはそれなりに好条件での契約を見込めます。

    今回はそんな「auじぶん銀行カードローン」について、やや特殊なその性質や契約の流れ、代わりとなる申込み先候補等についてまとめました。
    この記事を読んでいく過程で、あなたに合ったローンを見付けられるかと思います。

    auじぶん銀行カードローン
    auじぶん銀行カードローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    2.2%~17.5%800万円最短翌日以降最短翌日以降

    ポイント

    • 借り換えに強いカードローンとして人気!借り入れ手数料は完全無料!
      借り換えコースなら、金利は最大でも12.5% (※ auユーザーの場合)
    • 嬉しいパート・アルバイトもOK!
    • 毎月の返済額は1000円から、カードローン利用がはじめてでも安心。
    • auユーザー もしくはauじぶん銀行の口座があれば、専用フォームで申し込み楽々◎

    決して万人向きではない…。auじぶん銀行カードローンのメリット・デメリット

    じぶん銀行カードローン デメリット 1

    それでは早速、「auじぶん銀行(旧じぶん銀行)」カードローンの性質について見ていきましょう。

    ①auじぶん銀行カードローンの基本情報:上限金利はほぼ消費者金融と同じ

    auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)の基本情報は以下の通りです。

    ★auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)
    金利限度額
    2.2%~17.5%10万円~800万円
    審査日数借入までの総日数
    最短1営業日最短1営業日
    申込み条件(公式HPより)
    以下の条件を満たすお客さま

    • ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
    • 安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)
    • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま
    • ※外国籍のお客さまは永住許可を受けている場合に対象となります。

    その他
    • auユーザーは以下の金利割引あり
      ○通常…0.1%優遇(上限17.4%)
      ○借り換え…適用上限金利12.5%
    • auじぶん銀行の口座開設は不要、ただし引き落としで返済ができるのはauじぶん銀行口座のみ
    • 限度額に応じた金利設定なし、審査によってのみ決定(=大口契約でも金利が下がらない可能性あり)
      ┗ただし利息制限法により、契約額100万円以上の上限金利は15%

    結論から言うと、貸付条件は悪いです。

    「審査結果による」という曖昧な条件の下、金利優遇を受けられなかった場合に適用される金利は17.5%(一般)または17.4%(auユーザー)。

    これは一般的な銀行カードローンより3%程度高い数字で、「プロミス」等の消費者金融と大差ありません
    0.1%の「au限定割」も焼け石に水です。

    参考大手他社の金利比較
    限度額50万円時の金利限度額100万円時の金利
    auじぶん銀行上限17.5%
    (月約1.46%)
    上限15.0%
    (月約1.25%)
    プロミス上限17.8%
    (月約1.48%)
    三井住友銀行上限14.5%
    (月約1.208%)
    J.Score上限12.0%
    (月約1.0%)
    アイフルファーストプレミアム上限9.5%
    (月約0.792%)
    住信SBIネット銀行
    ※口座必須
    上限7.99%
    (月約0.665%)
    ※プレミアムコース適用時
    ※特に記載がない限り、口座開設不要

    低金利での借入を狙うなら、素直に他社を選ぶべきでしょう。

    CHECK難易度別!おすすめ低金利カードローンとその比較

    ★ただしあなたがauユーザー、かつ他社ローンの借り換えを想定している場合にはその限りでありません(詳細後述)。

    ②貸付条件の悪さをひっくり返すような利点も特には見当たらず……。

    • 上限金利が消費者金融並みに高い
    • さらに高限度額適用時、金利が下がる保証もない

    といった、貸付条件の悪さ・不明瞭さが気になる「auじぶん銀行カードローン」。

    となると、次に探したいのが「金利以外」のメリットですが……。
    少なくともサービス面において、特に他社と差別化できるような箇所はありません

    融資スピードは最短1営業日と銀行の中では速いですが、

    といった状況を考えると、この一点が「auじぶん銀行」の申込理由となることはまず無いでしょう。

    また、その他のサービス面を見ても、

    • 自宅への郵送物を避けられない
    • 在籍確認(勤務先への電話確認)を避けられない
    • 銀行振込サービスは利用できるが、タイムラグが発生しやすい
    • 自動引き落としでの返済にはauじぶん銀行口座が必要

    ……といった状態で、特にこれといった利点はありません

    ③大口融資成功の報告は多いため、基本的には「おまとめ」専用と思っておこう

    金利、サービス面の両方で、正直なところ特にメリットのない「auじぶん銀行カードローン」。
    ですがこちらのローン、

    • 比較的「大口契約(100万円~)に成功できた」という報告が多い
    • 公式HPなどにも借り換えを推奨する記載が多く見られる

    といった点から、金利を考慮しない大口契約、具体的には「どうしても既存のローンを一本化したい」という場合には、申込み先候補に入らないでもありません。要は多少金利が高くとも、何とかして返済負担を減らしたい場面向き、ということですね。

    もちろん最初はより金利の低い、おまとめに定評のあるローン(住信SBIネット銀行や地銀フリーローン等が有力)の審査を受けることをおすすめしますが……。

    既に低金利ローンの審査に落ちてしまった、という場合には、一縷の望みを掛けて「auじぶん銀行」に申し込んでみるのも良いでしょう。

    ちなみにこれまで、当サイトの実施したアンケートでは「8年前に個人再生を行った」年収550万円の方が、auじぶん銀行にて130万円の借入に成功されていました。

    ★特に借り換えを想定しない場合、あるいはある程度審査に自信がある場合には、希望限度額にかかわらず、より低い金利で契約を結べる他社ローンへの申し込みをお勧めします。

    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も
    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン
    CHECK難易度別!おすすめ低金利カードローンとその比較

    auユーザーは借り換え利用時に5%の優遇あり

    あなたが現在auと契約を結んでいるのなら、「カードローンau限定割借り換えコース」の適用により、なんと最高5%の大幅金利優遇を受けることができます。

    このときの上限金利は12.5%ですので、(限度額にもよりますが)決して他行に比べ高い数字ではありません。

    流石に住信SBIネット銀行のプレミアムコース(上限7.99%)等には敵わないものの……。
    あなたがauユーザー、かつ既存ローンの借り換え(おまとめ)を想定しているのなら、そのまま「auじぶん銀行」に申し込んでみるのも良いでしょう。

    ……ただし「自動引き落としで返済ができるのはauじぶん銀行ユーザーのみ」という点を考えると、あなたが普段からauじぶん銀行口座を使っていない限り、まずはより使い勝手の良いローンへの申込み(主に普段使っている銀行のカードローン、フリーローン)を検討したいところではあります。

    CHECK29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧

    「auじぶん銀行カードローン」申込み~借入の流れ

    じぶん銀行カードローン デメリット 2

    ここからは「auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)」を使ったおまとめ・借り換えを希望するあなたのため、その契約の流れを紹介させて頂きます。

    まずは現在の借入までの所要時間について、同行に問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    申込み~審査結果が出るまでにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    auじぶん銀行の回答
    仮審査の結果が出ましてからお手続きを進めさせていただくこととなるのですが、例えば今(12時頃)お申込みいただきますと、今日中に(仮審査の)結果が出るかと思います。

    そして本日の16時頃までに書類の提出がお隅になりましたら、最短で明日に契約・お振込みが可能となります。

    (2020年2月問い合わせ分)

    先述の通り、審査・融資スピードは銀行カードローンにしては速いですね。
    この一点が申込みの理由になることはないものの、利用者にとって嬉しいポイントであることは間違いないでしょう。

    ①auじぶん銀行に聞いた!基本的な契約の流れ

    問い合わせ結果と公式HP情報を元に、契約の流れをまとめると以下のようになります。

    auじぶん銀行カードローン
    契約の流れ

    インターネットから申し込み
    仮審査
    (最短即日)
    必要書類の提出
    本審査
    振込(希望者のみ)
    ここまで最短1営業日
    ローンカードの郵送

    ※いずれかのタイミングで在籍確認あり
    ※いずれかのタイミングで携帯電話へ連絡が入る可能性あり

    特に審査の流れの上で、変わったところはありません。
    これまでインターネット上でカードローン契約を結んだことがあるのなら、おそらくほぼ同様の流れで手続きを進められることでしょう。

    ②auじぶん銀行との契約に必要な書類

    「auじぶん銀行カードローン」の必要書類は以下の通りです。

    ★auじぶん銀行カードローンの必要書類
    本人確認書類全利用者いずれか一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート
    • 個人番号カード
    • 住民基本台帳カード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    収入証明書全利用者いずれか一点

    • 源泉徴収票
    • 住民税決定通知書
    • 課税証明書
    • 確定申告書

    上記書類を用意できない場合、最新1ヶ月分の給与明細でも可

    現在は限度額にかかわらず、収入証明書の提出が必須となっている模様。あらかじめご承知おきください。

    前年度年収を証明できる書類をお持ちでなければ「給与明細」を用いても構いませんが……。
    どうしても源泉徴収票等に比べると「継続的な返済能力を示す」力は弱いため、可能な限り避けたいところです。

    CHECK【職業別】すぐ分かる!収入証明書類の入手方法とよくある質問

    ★2020年4月の犯罪収益移転防止法改正に伴い、今後必要書類(特に本人確認書類)に関する取り決めに変更が入ると推測されます。
    最新の情報については公式HPをご確認ください。

    ③在籍確認は原則として個人名で、必ず実施される

    カードローンの審査を受けるにあたって気になりやすい「在籍確認」について、実際にauじぶん銀行へ問い合わせを行った結果が以下の通りです。

    【管理人】山本
    勤務先に電話が掛かってくることはありますか?
    auじぶん銀行の回答
    はい、お電話で在籍の確認を取らせて頂いております。

    方法は二つありまして、個人名でのお電話か銀行名でのお電話、原則としては個人名になるのですが……。

    ただ、その場合であっても、お電話口でどうしてもどちらの方か伺いたい、ということでしたら、銀行名を名乗らせていただくこととなっております。

    (2020年2月問い合わせ分)

    まとめると、

    • 在籍確認の電話は全利用者必須
    • 特に希望が無い限りは個人名で連絡
    • ただし身元を尋ねられれば「auじぶん銀行」と答える

    ということですね。あらかじめご承知おきください。

    ちなみに「全申込み者に在籍確認を行い、回避も不可」という対応は、ほとんどのインターネット銀行カードローンに共通する特徴となっています。

    ④借入方法は「ATM出金」「銀行振込」の二択

    auじぶん銀行とインターネット上で契約を結び、ローンカードの受け取りが済んだなら、以下の2つの方法での借入が可能となります。

    ★auじぶん銀行カードローンの借入方法
    ATM出金
    • 以下のATMを利用可能
      ○三菱UFJ銀行
      ○セブン銀行
      ○ローソン銀行
      ○E-net
      ○ゆうちょ銀行
    • 手数料は完全無料
    • 出金単位は1,000円
    銀行振込
    • 振込対応/反映時間の明記なし、急ぎならATMの利用推奨とのこと
    • 手数料は完全無料
    • 振込単位は10,000円

    銀行振込に関しての公式HP上の表記は「お申込み受付日当日、または翌金融機関営業日までにお振込み」という、非常に曖昧なもの。
    どれくらい時間が掛かるか分からない都合上、急ぎの借入にはATMを使った方が良いでしょう。

    とは言え、どの借入方法を使っても手数料が掛からないのは嬉しいところです。

    ★毎週月曜日1時~5時、毎月第2土曜日21時~翌7時はメンテナンス実施につき、ATM・振込ともに利用できません。ご注意ください。

    「auじぶん銀行カードローン」基本的な返済の仕組み

    じぶん銀行カードローン デメリット 3

    最後に、「auじぶん銀行カードローン」における基本的な返済方法についてお話しさせて頂きます。

    ①毎月の返済額は適用金利と借入残高に応じ変動

    「auじぶん銀行カードローン」における毎月の返済額は、「適用金利」に応じ変動します。
    そのため実際の返済額は、審査を受けてからでないと分からないことになりますね。

    とは言えどの金利が適用された場合であっても、毎月の返済額はかなり安いです。

    ★auじぶん銀行カードローンの最低返済額規定
    借入残高最低返済額
    (金利13%超)
    10万円以下2,000円
    ※金利13%以下なら3/4の金額
    (1,500円)
    ※金利9%以下なら1/2の金額
    (1,000円)
    10万円超~20万円4,000円
    ※同上
    (3,000円)
    ※同上
    (2,000円)
    20万円超~30万円6,000円
    ※同上
    (4,500円)
    ※同上
    (3,000円)
    以下、借入額10万円ごとに+2,000円
    金利による減額についても同上

    この返済負担の軽さは、「毎月の返済負担を減らす」という意味では嬉しい点かもしれませんが……。

    銀行カードローンは消費者金融会社と異なり、法律の上で「返済期間」を明記する義務がありません。
    そのため毎月の返済額を極力低く設定し、長期にわたって多額の利息を徴収するという方法がかなり蔓延しています。そしてauじぶん銀行は、その中でもかなり分かりやすい例と言って良いでしょう。

    毎月の返済額が軽いということは、それだけ

    • 返済額に対する利息額が大きい
      (=返済額のうち多くを利息として徴収されてしまう)
    • 返済が長引きやすい

    ことを意味します。

    auじぶん銀行に限ったことではありませんが、余裕がある月には極力多くの金額を返済できるよう努めたいところです。

    ★「au限定割」適用時(金利12.5%)、150万円借入時の返済例
    毎月最低返済額のみを返済
    (月2.25万円
    →月2.10万円
    …(中略)
    →月0.15万円)
    4,096,749円
    (518回/43年2ヶ月)
    毎月5万円を返済1,808,076円
    (37回/4年1ヶ月)
    差額2,288,672円

    ★ちなみに金利12.5%(au借り換えコース)適用時に、最低返済額に対する利息の割合は7割程度となることが多いです。
    要は支払い額のうち7割ほどが利息として徴収され、借入清算に充てられるのは3割程度に留まるわけですね。

    この1点だけを見ても、このローンの問題点と「最低返済額通りに支払う」危険性が分かるかと思います。

    じぶん銀行カードローン返済額計算例

    ▲実際の計算例の一部。返済額に対する利息の割合が、非常に高いことが分かります。
    ★自主的な追加返済が難しい状況であれば、ブラック入り覚悟で債務整理を検討した方が良いでしょう。
    一番軽い「任意整理」であれば10万円未満で済むことも多いです(分割払い可)。

    CHECK【任意整理とは】メリット・デメリットと整理後の信用情報、よくある質問
    CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報

    ②返済方法は三択、ただし引き落とし対応は「auじぶん銀行」ユーザーのみ

    「auじぶん銀行」における返済方法は以下の3種類です。

    ★auじぶん銀行カードローンの返済方法
    ATM返済
    • 使えるATMや手数料(無料)は借入と同様
    銀行振込
    • 振込手数料は利用者負担
    • 銀行営業時間のみ反映のため、期日ギリギリの返済に注意
    自動支払い
    (自動引き落とし)
    • auじぶん銀行ユーザー限定
    • 引き落とし日は自由に設定可

    長期契約が前提となりやすいにもかかわらず、他行口座を使った自動引き落としに対応していないのはやや痛いところ。
    とは言えこればかりはどうしようもありませんので、何とか受け入れて頂く他ないでしょう。

    また、自動引き落としを用いない場合、返済サイクルは

    • 35日ごと(最終支払の35日後が次回期日となる。アイフル、アコムに同様の制度あり)
    • 期日指定返済(任意の日付を選択可)

    の2つから選択可能となっています。お好きな方をお選びください。

    ★先述の通り、auじぶん銀行カードローンの返済を最低返済額に沿って行うことは危険です。
    自動引き落としの利用の有無にかかわらず、ATMや振込みを使った積極的な追加返済を強く推奨します。

    参考カードローンの金利・利息と返済の仕組み

    まとめ

    じぶん銀行カードローン デメリット 4

    • auじぶん銀行のカードローンは他社・他行のローンに比べデメリットが多い。あなたがauやauじぶん銀行のユーザーであっても、申込の選択肢には入りづらいと言って良い。
       ┗具体的なデメリット例

      • 高金利、かつ限度額に応じた優遇なし
      • 借入、返済も特に他社に比べ便利ではない
      • 郵送物や在籍確認に関する融通も利かない
      • 引き落とし返済ができるのはauじぶん銀行ユーザーのみ、さらに追加返済の重要性が非常に高い

    • ただし大口契約の成功例は多いため、「金利にかかわらず、既存の借入をまとめたい」場面、または「借り換え希望のauユーザー」なら申込みも視野に入るか

    決して万人にお勧めできるローンではありませんが、何らかの事情でどうしても借り換え・おまとめが必要なら、「auじぶん銀行」への申込みも選択肢に入ります。

    とは言え契約後も、

    • 追加返済の重要性が非常に高い
    • auじぶん銀行口座がないと自動引き落としで返済できない

    といった問題は付きまとうもの。

    「auじぶん銀行」への申込みを決める際には、知らないうちに多額の利息を取られないよう、事前に返済計画を立てておくと良いでしょう。

    参考審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン


    この記事でチェックしたカードローン情報

    auじぶん銀行カードローン
    auじぶん銀行カードローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    2.2%~17.5%800万円最短翌日以降最短翌日以降

    ポイント

    • 借り換えに強いカードローンとして人気!借り入れ手数料は完全無料
      借り換えコースなら、金利は最大でも12.5% (※ auユーザーの場合)
    • 嬉しいパート・アルバイトもOK!
    • 毎月の返済額は1000円から、カードローン利用がはじめてでも安心。
    • auユーザー もしくはauじぶん銀行の口座があれば、専用フォームで申し込み楽々◎

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい