じぶん銀行カードローンの返済日・返済額・返済方法について

じぶん銀行カードローンの返済額は、カードローン業界の中でも破格の安さです!

条件が合えば、最低返済額はなんとたったの千円。収入の安定しない人にもオススメできるローンです。

今日は、じぶん銀行のローンで賢く返済していくコツをご紹介します。

じぶん銀行カードローン(基本情報)
実質年利 2.2%~17.5% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 -
融資スピード 公式HP参照 借入診断 なし
その他特徴
  • 借り換えに強い! 金利優遇:年1.7%〜12.5%
  • auユーザーに金利優遇あり:年2.1%〜17.4%
  • パート・アルバイトOK
  • ご利用明細書の郵送なし
  • ATM手数料完全無料

  • じぶん銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

    じぶん銀行カードローンの返済額

    ①返済額は金利、つまり限度額で決まる!

    じぶん銀行カードローンの毎月の返済額は、金利によって決まります

    ★じぶん銀行、限度額ごとの金利

    限度額10万円~100万円 13%~17.5%
    限度額110万円~200万円 9%~13%
    限度額210万円以上 2.2%~9.0%

    利用限度額が大きいほど、金利は小さくなるんですね。

    ②借入額ごとの返済額一覧

    ★借り入れ額ごとの返済額

    ▼借入残高 限度額90万円以下
    (金利13%以上)
    限度額100万円
        ~190万円
    (金利9%超過13%以下)
    限度額200万円以上
    (金利9%以下)
    10万円以下 2,000円 1,500円 1,000円
    10万円超過
     ~20万円
    4,000円 3,000円 2,000円
    20万円超過
     ~30万円
    6,000円 4,500円 3,000円
    30万円超過
     ~40万円
    8,000円 6,000円 4,000円
    40万円超過
     ~50万円
    10,000円 7,500円 5,000円
    50万円超過
     ~60万円
    12,000円 9,000円 6,000円
    60万円超過
     ~70万円
    14,000円 10,500円 7,000円
    70万円超過
     ~80万円
    16,000円 12,000円 8,000円
    80万円超過
     ~90万円
    18,000円 13,500円 9,000円
    90万円超過
     ~100万円
      15,000円 10,000円
    100万円超過
     ~110万円
      16,500円 11,000円
    110万円超過
     ~120万円
      18,000円 12,000円
    120万円超過   以後10万円ごとに
    +1500円
    以後10万円ごとに
    +1000円

    このように、限度額が大きいほど、毎月の返済額は少なくなります

    限度額が90万円以下のときと200万円以上のときでは、同じ金額を借りていても月々の返済額に2倍の差があるんですね。

    ③他の金融機関との比較

    ★他の金融機関との返済額比較

      借り入れ額10万円 借り入れ額50万円 借り入れ額100万円
    じぶん銀行カードローン 1000円
     ~2000円
    6000円
     ~1万2000円
    1万円
     ~1万5000円
    みずほ銀行 1万円 1万円 2万円
    ソニー銀行 2000円 8000円 1万2000円

    じぶん銀行カードローンの月々の返済額は、比較的低めです。

    返済方法は、口座引き落としかATM

    ①口座引落はじぶん銀行口座のみ

    じぶん銀行カードローンの返済方法は、「口座引き落とし」「ATM入金」の2種類。
    このうち「口座引き落とし」が利用できるのは、じぶん銀行口座を持っている方だけです。

    口座引き落としを選ぶと、じぶん銀行の口座から毎月の返済額が引き落とされることになります。
    他の金融機関を返済に利用することはできません。

    ②使えるATM一覧

    じぶん銀行口座を持っていない方、あるいは持っていても口座引き落としを利用したくない方は、ATMで返済することになります。

    ★じぶん銀行の返済ができるATM

    • セブンイレブン
    • ローソン
    • E-net対応ATM(ファミリーマート、サークルKサンクスなどその他大手コンビニ、スーパーなど)
    • ゆうちょ銀行
    • 三菱UFJ銀行

    セーブオンやデイリーヤマザキなどを含め、ほぼすべてのコンビニATMを返済に利用できますよ!

    ③手数料はいくらかかる?

    口座引き落とし、ATMともに手数料はいつでも、なんどでも無料です。
    制限なく無料でATMを利用できる金融機関は、とても貴重なんですよ。

    手数料について、詳しくは『じぶん銀行は、返済手数料がかからない』を読んでみてください。

    ④ATMの利用時間

    ★ATMを利用できない時間帯一覧

    全ATM共通で利用不可
    (システムメンテナンス)
    毎週月曜日1:00~5:00
    第2土曜日21:00~翌7:00
    セブンイレブン 第3日曜日翌0:30~5:30
    ローソン 3:00~4:00(15分程度、不定期)
    E-net 3:00~4:00(15分程度、不定期)
    ゆうちょ銀行 不定期
    三菱UFJ銀行 23:55~24:05
    月曜0:00~6:30

    7:00~23:55の間であれば、どのATMも利用可能です。

    <ATMによって支払える金額が違う?>

    硬貨を使って返済できるのは、実はとっても限られているんです。具体的には、この2つだけ!

    • 三菱UFJ銀行
    •  ただし、平日8:45~18:00のみなので注意

    • ゆうちょ銀行の一部ATM

    コンビニATMだと硬貨が使えないので、最低でも1000円単位の返済になってしまうんですね。
    1円~500円単位での返済を希望する方は、銀行ATMを利用しましょう。

    返済日は自分で選べる

    ①ATMの場合は、期日指定か35日ごとの返済

    月々の返済にATMを選ぶ場合は、返済方式を「期日指定」「35日ごと」の2つから選ぶことができます!
    ちなみに返済日については、いつでもインターネット会員サービスで変更できます。

    ★返済方法の選び方

    期日指定返済がおすすめ
    • 返済できる日付、期間が毎月一定の方
    • (大体毎月10日~15日くらいなら返済ができる、など)

    • つい期限ギリギリまで、返済を放置してしまいがちな方
    35日ごと返済がおすすめ
    • 積極的にお金を振り込んで、早くローンを完済させたい方
    • 収入が不規則な方、あるいは生活に余裕がある方

    (1)期日指定返済

    (1)期日指定返済

    「期日指定返済」とは、毎月同じ日が返済日となる返済方式。この返済日は、あなたが好きに決めることができます
    (毎月25日、など)

    注意したいのは、返済期間のこと。
    「期日指定返済」を選ぶと、返済日15日前~返済日当日の間に、月々の返済をする必要があります。
    この返済期間以前に入金したお金は、前月に振り込んだとみなされてしまい、
    返済期間内にもう一度振り込まないと延滞扱いになってしまうんですね。

    (2)35日ごと

    (2)35日ごと
    「35日ごと返済」は、消費者金融最大手のアコムも採用している返済方式。
    名前のとおり、「前回の返済の、35日後が新しい返済期日」となるのが特徴です。

    「35日ごと返済」を選べば「期日指定返済」と違い、いつ振り込みをしても次の返済日は35日後
    延滞の心配が少ないのが特徴です。

    ただ、じぶん銀行にはアコムプロミスと違い事前に返済日をお知らせするサービスはありませんので、ご自身で返済日を管理する必要がありますよ!

    ②口座引き落としの場合は、期日指定返済

    じぶん銀行口座をお持ちで、返済方法にATMではなく「口座引き落とし」を選んだ方は、自動的に「期日指定返済」が選択されます。
    こちらももちろん、返済日を自分で設定できますよ。

    また、口座引き落としの場合返済日が土日祝日だと、翌銀行営業日に引き落としとなります。

    じぶん銀行は、返済手数料がかからない

    じぶん銀行カードローンは、返済のとき一切手数料が掛かりません

    これは深夜早朝にATMを使うときでも同じ。
    返済手数料が一切掛からないカードローンは、実は業界内でもとても珍しいんです。

    例えば、みずほ銀行もコンビニATMを利用する場合は108円または216円の手数料が必要。

    これは消費者金融系も同じ。アコムプロミスなど消費者金融でも、コンビニATMでの取引1度につき、108円または216円の手数料が掛かります。

    長期間利用していては、ばかにできない金額になってしまいますよね。

    この費用をすべてカットできるのが、じぶん銀行の大きなメリットなんです。

    じぶん銀行カードローンの返済体験談

    20代後半のフリーターです。年収200万円です。5万円を兄弟の結婚式のために借りました。
    僕とも新規契約してくれたので、比較的審査に通りやすい銀行なんじゃないかなあと思います。
    返済金額についてですが、毎月2000円を振込するだけでいいので楽です。あんまりローンを組んでる気もしないくらいです。
    引っかかるのはやっぱり借入利率と利息額ですが、その分審査に通りやすいと考えればまあいいのかな、とも思いました。
    ATMの利用手数料は掛かりません。セイコーマートとか北海道にしかないのに、ローンカードが使えるので嬉しいです。
    ATMの操作も、画面に従うだけでいいので簡単です。

    27歳会社員、年収350万円
    もともとじぶん銀行の口座を持っていたので、じぶん銀行カードローンを選びました。
    他社借入が2件あるので審査は不安でしたが、なんとか通ってよかったです。口座を持っていたので書類提出手続きの必要もありませんでした。
    借りたのは30万円でしたが、毎月の返済は6000円です。
    銀行にしては金利が高く、長く借り入れるのは少し不安なので、
    毎月の返済に加え1万円くらいをATMで追加返済しています。
    提携ATMの利用手数料無料というのは消費者金融にない特徴なので嬉しいですよね。ここが大きなメリットだと思います。
    反対にデメリットは、インターネットで返済ができないことでしょうか。
    パソコンやスマートフォンで返済ができるようになれば、より便利になると思います。今は現金でしか追加返済ができないので……。
    返済日は最初は「期日指定返済」にしていたのですが、途中で「35日ごと」に変更しました。

    まとめ

    じぶん銀行カードローンは、金利と限度額によって毎月の最低返済額が変わる
    ★返済方法は「口座引き落とし(口座振替)「ATM」の2種類から選べるが、
     口座引き落としはじぶん銀行口座を持っている方だけ
    ★返済方法に「ATM」を選んだ場合、返済日は「期日指定返済」「35日ごと」の2種類から選べる
    ★「口座引き落とし」を選んだ場合は「期日指定返済」のみ
    ★じぶん銀行カードローンは、返済手数料が一切掛からない

    じぶん銀行カードローンは、インターネットなどでの返済ができない代わりに、ATMの手数料がいつでもゼロ円となっています。
    毎月の返済日を自由に選べることもあって、じぶん銀行のカードローンはとても返済しやすいと言えるんです。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    じぶん銀行カードローン(基本情報)
    実質年利 2.2%~17.5% 限度額 800万円
    保証料 なし 審査時間 -
    融資スピード 公式HP参照 借入診断 なし
    その他特徴
  • 借り換えに強い! 金利優遇:年1.7%〜12.5%
  • auユーザーに金利優遇あり:年2.1%〜17.4%
  • パート・アルバイトOK
  • ご利用明細書の郵送なし
  • ATM手数料完全無料

  • じぶん銀行の公式サイトで詳細をチェックする!

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。