就活のせいでお金ない…交通費などの就活費用節約のコツ

就職活動に必要なお金の平均費用は、16万円と言われています。
もちろん首都圏に住んでいるか、地方に住んでいるかでも異なりますが…。

高すぎますよね

今日は、就活による金欠について、調査していきたいと思います。

就活中のお金の使い道は?

①スーツ・靴・カバン

はじめに必要なのは、やっぱり身だしなみ。
スーツや靴、カバンなどはスーツのAOKIなどの専門店で、セットで最低3万円くらいから揃えることができます。

②証明写真代

よく駅前や大きなスーパーに設置してある自動撮影機でも撮影出来るものの……。微妙なゆがみや服装の乱れに、撮影が終わってから気が付いた、という方も多いのでは?

そのような理由から、おすすめは写真店に行って個別に撮影してもらう方法です。

ヘアメイク付きなら1万円前後、撮影だけだと5,000円くらいが相場でしょうか。もちろんお店によっても大きく変わってきます。

CAやアナウンサー、芸能関係など、華やかな職場を希望していたら、ヘアメイクなしでも1万円以上お金がかかっちゃいます。こういった職業では全身写真も必要になるので、それに対応したコースで撮影しなくてはいけないですしね…… なかなかお金がかかりますが、大事なPRポイントなので、ガンバリたいですね。

③交通費

遠方の企業を受ける方、大学とご実家が遠い方などは多く必要になります。
東京大阪間だと、格安航空や夜行バスを使っても往復で1万円程度は必要です(夏休み期間や3月下旬などの繁忙期だと2、3万円

いちばん高いのは新幹線だけど、やっぱり安全性とか手間を考えると新幹線も捨てがたい…。状況によって使い分けられたらいいですね!

④宿泊費

連日地方の企業を受ける場合などに必要となります。
ビジネスホテルは、一泊6000円程度が相場。場所によっても違うので必ず事前のリサーチを!

⑤参考書

SPIの参考書と四季報は就活性のマストアイテム!

四季報は一冊2,300円もしますが、業界研究はコレが一番の近道です。

私は、先輩の使ったものをもらっていましたが、当然ながら昨年度版。特に不自由は感じなかったけれど、やぱり今年度版がいい!という人は、買うしかないと思います。

お友達とシェア!とかいうのはオススメできません。自分が見たいときに見れなかったら、意味ないからです。

SPIの参考書に関しては、去年のものでも使えますし、インターネットには無料模試サイトがたくさんあります
もし買うとしたら、一冊1,000~2,000円はしちゃいますね…。先輩にもらったりするのがべストだと思います!

⑥郵便代

普通郵便でエントリーシートを送る場合、1社につき120円~140円の切手代が掛かります。
最近ではESはWEB提出で!という会社もありますが、やっぱり郵送提出も多いです。
たとえばもし、30社ぶん郵送したら郵便代だけで、3600円~4200円。これだけで1週間くらい、生活ができちゃいます。

しかも、速達代は432円でもっと高いです!
ギリギリに履歴書を送ることになると、さらに費用がかさんでしまいます。なるべく早め早めの提出を心掛けたいですね…。

⑥コピー代

エントリーシートのコピー代など、ちりも積もれば山となります。家にコピー機がなくて、コンビニでコピーしていたら1枚10円は絶対かかってしまいます。しかも、書き間違いとかするたびに、新しく印刷しなくちゃいけないし…

あとは、大学によっては成績証明書などの印刷にもお金がかかることも。ちなみに私の大学では、一枚300円くらい取られました。

企業によっては一次面接から、成績証明書の提出が必要となることもあります。これも十分「必要経費」にカウントできるでしょう。

就活前、どれくらい貯金しておけばいい?

①理想は10万円以上

就活に必要な経費を考えてみると……。10万円以上の貯金があれば理想的ですね。
いつまで続くか分からない就職活動ですから、貯金は多ければ多いほどベターです。

②最低でも5万円は用意しておきたい

  • 実家暮らしか、一人暮らしか?仕送りはあるのか?
  • 遠方の企業を受けるのか?

といったことにより必要な貯金額も変わってくるものの、最低でも5万円は用意しておきましょう。

でも、就活にはトラブルがつきもの。
お金が足りなくなってしまいそうな方のために、節約術を教えます

交通費・宿泊費の節約方法

大手企業を中心として、交通費を支給してくれる企業もありますが……。
基本は自己負担だと考えてください。

①移動は新幹線より飛行機の方がトク

新幹線よりも格安航空(ジェットスター、ピーチなど)を使ったほうがずっと費用は抑えられます

例:新幹線での東京→大阪……14000円前後(6月)
 ジェットスターでの東京→大阪……8000円前後(6月)

※移動料金は、季節や予約の時期により大きく異なりますので注意!
※交通機関によっては早く予約するほど、割引が行われる場合もあります

なんと今では、高速バスより安く飛行機に乗れることも多いんです。うまく活用したいですね。

②東京メトロの1日券を活用

東京で就活を行う方には「東京メトロの1日乗車券」がおすすめです!
発行費用は600円。これで丸一日、東京メトロが乗り放題です。

東京メトロは、東京都内の主要な駅すべてを結んでいます。
説明会が重なる時期であっても、これがあれば大きく費用を節約できますね。
ただし、東京メトロだけを使って移動しようと思うと時間が掛かることも多いので気をつけて!
(例:池袋→新宿の場合
JR(埼京線・湘南新宿ライン)だと5分、東京メトロ(丸の内線)だと35分

③宿泊は友人の家、なければビジネスホテル

就活先に頼ることのできる友人がいるのであれば、少しの間、泊めてもらえないか頼んでみましょう。基本は0円で泊まれるわけですから、どこに泊まるよりもお得です。就活が終わって余裕ができたら、改めてお礼しましょうね!

頼るあてがなければ、ビジネスホテルを利用しましょう。
安いイメージのあるカプセルホテルですが、実際の値段はビジネスホテルとそんなに変わらないことが多いです。

また、あんまり安い宿だと盗難などの被害に遭うことも多いので注意!予約する前に、口コミを流し読みしましょう。

④ホテルの予約はなるべく早めに

ホテルに泊まる予定があるなら、必ず事前に予約を取っておきましょう。

遠く離れた場所で尋ねたホテルが満室、近くのインターネットカフェに泊まろうと思ったら、そこも満室で……なんてことにもなりかねません。

就活にはもちろん体調管理も大切です。必ず事前に宿泊場所を確保しておきましょう!

その他の出費も減らしたい…、節約方法は?

<就職活動前に>

①スーツはウォッシャブルタイプを購入

説明会に参加する程度であれば、自宅での洗濯・アイロンでも問題ありません。きちんとクリーニングに出すのは、面接での選考が決まってからでOK。
1着スーツを選ぶのなら、ウォッシャブルタイプ(自宅での洗濯が可能なタイプ)がおすすめです。

②証明写真はデータでもらう

CD-ROMで、写真のデータをくれるサービスを行っている写真屋さんを選び、証明写真を撮影しましょう。
その後はCDのデータをUSBに移し、コンビニで印刷してしまえばより安く写真をGETできます。急に写真が必要になったときにも安心のテクニックです!

<就職活動中>

③ESは早め早めの提出を心がける

郵便での提出……期日の3日前に普通郵便で提出するのが理想的。日曜日は普通郵便が配達されないので注意!

web提出……期限の3時間前までには提出を完了させておくのが理想的。回線トラブルにも注意を!

④ストッキングやネクタイは常に予備を用意

ストッキングもネクタイも、数を持っていて損することはありません。
汚してしまった場合や、ストッキングであれば伝線してしまった場合を考えて常に予備を用意しておきましょう。ストッキングに関してはコンビニよりも、ドラッグストアなどで買うと安いです。

面接や説明会のはしご中にストッキングが破れちゃって、予備もない!というときは、できるだけ100均とか探してみてください。コンビニで買うと高いんです…。まあどうしようもなくなったら、買うしかないですけどね。

ネクタイに関しては、コンビニでもめったに見かけないし、見かけても黒とか白とか、要するに慶弔用のもの。つまりお葬式とか結婚式にしてくものですね。間違っても、コレつけて面接行ったらダメですよ!!
基本的に、食事をするときはネクタイを外すのがベストです。

⑤カフェよりもファミレスがオススメ

食事にしても時間をつぶすにしても、カフェよりはファミレスの方がずっと安いです。ファミレスなら、ドリンクバーとかもありますしね。

スタバとかPRONTOとかおしゃれですが、基本はファミレスのほうが節約できるってことは頭に入れておいてくださいね。

でも、ESに追われていて、どうしてもWi-Fiが必要!なんてときは、カフェのほうがオススメかもしれません。
ファミレスでPCのWi-Fiを完備しているところって、とっても少ないので…

どうしてもお金が足りないときの最終手段は?

①親に頼む

一番現実的な方法です。人生に関わることですので、ケチっても良いことはありません。
親が厳しくって…という場合は、ちゃんと親に返す約束をして借りる、というのもアリですね。
初任給で返しましょう!

②友達や先輩に相談する

お金の貸し借りは人間関係が壊れる原因になりやすいので、おすすめできません。
でも、先輩に相談することで、ご飯をおごってもらえる…くらいは可能かも!

信頼できる先輩がいるのなら、就活中のやりくりのコツについて聞いてみるのもいいですね。

どうしようもなくなったら、カードローン

学生でも保証人なしで、保険証さえあれば利用できます。ご両親にも友人にもバレることはありません

ただし、利用するためにはアルバイトなどで収入がある必要があります。
あくまでも最終手段ですからね!

①プロミス、アコム、アイフルでも30日間は金利無料

借り入れ額に関わらず、はじめの30日間は無利息となります。
1か月分の利息がなくなるだけで、返済はとても楽になります。短期間で返せるなら、こちらもオススメ!

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

アコム (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(3秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス(契約日から30日間)
  • 楽天銀行の口座を持っていれば、 深夜早朝でも振込みキャッシングOK(最短1分)
  • カードにクレジット機能が付けられる

アコムの公式サイトで詳細をチェックする!

アイフル (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(1秒)
備考
  • 初回30日間無利息キャッシングサービス
  • 「てまいらず」「配達時間えらべーる」を使えば、誰にも知られることなくカードを受け取れる
  • 24時間いつでも、誰にもバレずに、会話ロボットの「ルフィア」に相談できます!

アイフルの公式サイトで詳細をチェックする!

まとめ

★就活の前には、最低でも5万円の貯金をしておきたい!
★お金が足りなくなってしまったとき、ご両親に借金を頼めないのであれば、カードローンの検討も

いつまで続くか分からない就職活動は、精神的な負担はもちろん、金銭面の負担も大変大きいです。
万全の体調で臨むためにも、お金に関する心配をしないで済むよう上手に対策していきましょう!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。