【専業主婦のためのキャッシング入門】口座開設&配偶者の同意なしで借りる方法

    【専業主婦のためのキャッシング入門】口座開設&配偶者の同意なしで借りる方法

    「専業主婦だけれど、自分の名義で、自由に使えるお金を借りたい。
    配偶者に知られず借りる方法があるなら、ぜひとも利用したいのだけれど…?」

    「一部の」カードローンは専業主婦の方単独での申込み・契約に対応しています。
    そのため申込み先をきちんと選べば、自身の収入がない、配偶者の扶養に入っている方であっても、問題なくキャッシング(現金貸付)を利用できることでしょう。

    今回は何らかの事情あって「お金を借りたい」とお考えの専業主婦(主夫)のあなたのため、実際の申込み先候補の選び方やよくある質問への回答等をまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    専業主婦がお金を借りるなら「専業主婦OK」のローンを見分ける必要アリ

    専業主婦がお金を借りるなら「専業主婦OK」のローンを見分ける必要アリ

    前提として、いわゆる「大手」と呼ばれる金融機関のローンは、専業主婦の方の申し込みを一切受け付けていません

    具体例を挙げると、

    • プロミス
    • アコム
    • アイフル
    • 三井住友銀行の各種ローン
    • 三菱UFJ銀行の各種ローン
    • みずほ銀行の各種ローン

    …といった具合ですね。

    これらの金融機関が取り扱うローン商品へ専業主婦の方が申し込んでも、「申込み条件を満たしていない」として門前払いを受けることになってしまいます。

    参考:「プロミス」申込み条件

    お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
    主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。
    (=専業主婦は利用不可)

    それならどうすればいいかと言うと、答えは簡単で「専業主婦の申し込みを受け付けているローン」を選べばOK。

    上に挙げたような大手は利用できなくても、キャッシング(現金貸付)サービスを取り扱っている金融機関自体はかなり多いため、そこまで悲観する必要はないでしょう。

    CHECKまずは「いつも口座を使っている金融機関」のカードローン情報を確かめてみよう

    ★ちなみに「三菱UFJ銀行バンクイック」「みずほ銀行カードローン」は、以前は専業主婦でも利用できたはずなのですが…。

    問い合わせを行い確認したところ、今はいずれも専業主婦の申込不可となっている模様。
    この2商品が「専業主婦OK」となっているのは過去の情報ですのでご注意ください。

    ★ちなみに配偶者の扶養に入っていても、パート等で一定の収入があるのなら、上に挙げたような金融機関も利用可能です。
    該当する場合には以下のページもチェックしてみてくださいね。

    CHECK部門別・おすすめカードローンランキングの決定版!低金利、在籍確認なし、審査甘い他

    まずは「いつも口座を使っている金融機関」のカードローン情報を確かめてみよう

    まずは「いつも口座を使っている金融機関」のカードローン情報を確かめてみよう

    専業主婦OKのローン商品を取り扱っている金融機関の多くは「地方銀行」「信用金庫」です。

    あなたがこういった金融機関の口座を普段から使っているのなら、まずはその公式HPなどをチェックし、各ローンの申込み条件を確認してみると良いでしょう。

    地方銀行カードローンの申込み条件の例
    専業主婦OK
    (横浜銀行)
    安定した収入のある方、およびその配偶者
    専業主婦NG
    (福岡銀行)
    20歳以上69歳以下で、収入がある方(アルバイト・パート・年金受給者の方もお申込みいただけます)
    (各行公式HPより引用・抜粋)

    横浜銀行のように、専業主婦名義で問題なく申し込めそうなローンがあれば、基本的に借入先は「いつもの金融機関」に決めてしまって差し支えありません。
    安心感もありますし、いつもの口座を使った借入・返済が可能なので使い勝手も良いはずです。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    ただし福岡銀行のように、専業主婦の申し込みを受け付けていない地方銀行の例もあります。

    前掲の都市銀行ユーザーも含め、「いつもの金融機関」を利用できない場合には、後述するような「口座開設不要&専業主婦OK」な申込み先を選ぶこととなるでしょう。

    口座不要&専業主婦OKの申込先候補

    ★一部の金融機関のローン(特に小規模な地銀・信金に多い)は契約の際に来店手続きを要求します。
    これを避けたい場合にも、後述する「イオン銀行」「楽天銀行」への申込みが視野に入ります。

    ★どの金融機関も基本的に、配偶者の同意を得る必要はありませんが…。
    例外的に「PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)カードローン」のみは、審査の際に配偶者の勤務先へ電話連絡を行う可能性があります。

    …が、もともとこの商品は銀行のわりにやたら金利が高い(上限18%)上、それを補うようなメリットもありませんので、同行ユーザーにすらおすすめできる内容ではないでしょう。
    (一応、銀行には珍しい30日間無利息特典が付いていますが、焼け石に水です)

    ★専業主婦OK、かつ用途自由なローンの種類は主に「カードローン」「フリーローン」の2つです。

    ポピュラーなのは「限度額(利用可能枠)の範囲内で何度でも借りられる」カードローンの方ですが、

    • お金を借りたいのは1度だけ
    • リボ払いに抵抗がある

    という場合には、「フリーローン」の方を選んでも良いでしょう。

    CHECK12.FAQ:カードローンとフリーローンの違いは何ですか?

    ★たまに申込み条件が曖昧で分かりにくい(保証会社の保証を受けられる方、のみなど)ローン商品もありますが…。
    専業主婦の申込みを禁止するような記載(安定収入のある方、等)が無ければ問題なく利用できるのが一般的です。

    いつもの銀行がダメなら第一候補は口座不要&低金利な「イオン銀行カードローン」

    いつもの銀行がダメなら第一候補は口座不要&低金利な「イオン銀行カードローン」

    • いつもの金融機関が専業主婦の申し込みを受け付けていない
    • いつもの金融機関のカードローンが、来店契約必須である

    …という場合に有力な申し込み先候補となるのが「イオン銀行カードローン」です。
    理由は簡単で、口座開設不要、かつ一般銀行に比べやや低金利だからですね。
    (イオン銀行の上限13.8%に対し、一般銀行カードローンの金利は上限14.5%くらい)

    イオン銀行カードローン
    金利3.8%
    13.8%
    (~月1.15%程度)
    ※一般に専業主婦には上限金利が適用される
    限度額専業主婦は上限50万円
    口座開設不要
    自宅への郵送物回避不可
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦の場合、無し
    申込み~融資の所要時間1週間~
    借入方法
    • ATM出金
      ┗コンビニ可だがセブン銀行ATMは未対応
    返済方法
    • 自動引き落とし
      任意の金融機関口座を選択可
      (ただしネット銀行などを除く)
    • ATM入金
    • インターネット返済
      (イオン銀行ユーザーのみ)
    申込み条件(公式HPより)
    • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
    • ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
    • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
      ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
    • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
    その他・備考
    • 写真付きの公的な本人確認書類必須
    • 一般申込者に対する審査は若干厳しい様子だが、専業主婦含む「配偶者の扶養に入っている方」はわりと審査に通りやすい模様

    「口座開設不要」に加え、「好きな金融機関口座で返済できる」というのは銀行カードローンにしては珍しい特徴です。

    • カード受け取りに顔写真付きの公的書類が必要
    • セブン銀行のATMを利用できない

    という点さえ問題なければ、申込み先にはこの「イオン銀行カードローン」を選んでしまって良いでしょう。

    ★顔写真付きの公的書類

    • 運転免許証
    • 日本国政府発行のパスポート
    • 個人番号カード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書

    CHECKイオン銀行カードローンの審査は甘いの? 厳しいの?体験談から徹底分析!

    写真付きの本人確認書類を持っていないなら「楽天銀行スーパーローン」をチェック

    「顔写真付きの本人確認書類必須」「セブン銀行ATMを使えない」といったイオン銀行のデメリットが気になるのなら、次いで候補となるのが「楽天銀行スーパーローン」です。

    楽天銀行スーパーローン
    金利1.9%
    ~14.5%
    (~月1.208%程度)
    ※一般に専業主婦には上限金利が適用される
    限度額専業主婦は上限50万円
    口座開設不要
    自宅への郵送物回避不可
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦の場合、無し
    申込み~融資の所要時間1週間~
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      ┗楽天銀行へはほぼ24時間対応、それ以外は平日日中のみ
    返済方法
    • 自動引き落とし(必須)
      任意の金融機関口座を選択可
      ┗ATM入金、銀行振込による追加返済可
    申込み条件(公式HP)
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方(※2)
    ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
    ※2 当行が認めた場合は不要です

    備考
    一般申込者に対する審査は若干厳しい様子だが、専業主婦含む「配偶者の扶養に入っている方」はわりと審査に通りやすい模様

    金利は銀行カードローンの中で見るとごく標準的なものですが、「口座開設不要&好きな口座で返済できる」というメリットはイオン銀行と同様ですね。

    知名度の高さもあって、申し込みやすいローンの一つだろうと思います。

    CHECK楽天銀行スーパーローンのメリット&デメリット徹底解説!問い合わせや他社比較による審査情報や借入の流れも

    「ほぼ24時間振込」に魅力を感じるなら「新生銀行スマートカードローンプラス」へ

    「ほぼ24時間振込」に魅力を感じるなら「新生銀行スマートカードローンプラス」へ

    こちらの「新生銀行スマートカードローンプラス」も、貴重な「専業主婦OK+口座不要+任意の口座で返済OK」という特徴を持つカードローンですね。

    新生銀行スマートカードローンプラス
    金利4.5%
    ~14.8%
    (~月1.233%程度)
    ※一般に専業主婦には上限金利が適用される
    限度額10万円~500万円
    ※一般に専業主婦は50万円まで
    口座開設不要
    自宅への郵送物すでに新生銀行口座をお持ちの場合のみ回避可
    (インターネットバンキングから申し込みを行う場合)
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦が申し込む場合、無し
    申込み~融資の所要時間2営業日~
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      どの金融機関口座に対してもほぼ24時間対応
    返済方法
    • 自動引き落とし
      任意の金融機関口座を選択可
      (ただしネット銀行などを除く)
    • ATM入金
    • インターネット返済
      (新生銀行ユーザーのみ)
    • 銀行振込
    申込み条件(公式HP)
    以下のすべての条件に満たす個人のお客さま

    1.お申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下であること。
    2.本人または配偶者に安定した収入のあること
    (パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。)
    3.日本国内に居住していること。
    4.日本国籍をお持ちか、外国籍で日本語が理解でき、永住権または特別永住権をお持ちであること。
    5.新生銀行の指定保証会社である新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができること。

    備考
    新生銀行口座は不要だが、口座があれば振込手数料割引などの多数の優遇を受けられる
    (詳細:公式HP

    金利は楽天銀行と比べても若干高いのですが、こちらには「任意の金融機関口座にほぼ24時間、即時振込」という差別化点があります。

    「自社口座へ即時振込」というサービスを行う銀行自体は珍しくないのですが゛。
    他行口座に対しても「ほぼ24時間振込」を行う銀行カードローンは、現在確認できている限りこの「新生銀行」の商品だけ

    臨時で口座にお金が欲しいという状況が考えられるなら、有力な申し込み先候補となってくれることでしょう。

    CHECK新生銀行スマートカードローンプラス徹底解説!問合せに基づく詳細&独自メリット他

    ベルーナノーティス、レディースフタバなどの消費者金融はワケアリの場合のみ選択肢に

    その他、

    • ベルーナノーティス
    • フタバ(レディースフタバ)

    といった一部の中小消費者金融会社も、専業主婦向けのキャッシングサービスを提供していますが…。

    こういった中小業者は各銀行カードローンに比べると、

    • 銀行とは異なる法律(貸金業法)の制限のため、専業主婦の借入には配偶者の同意や「婚姻関係を証明する書類」が必要となる
    • 単純に金利が高い(上限18%または20%程度)

    といったデメリットが目立ちます。

    基本的にこういった業者を選ぶべきは、銀行カードローンを利用できない事情がある方、具体的に言うといわゆる「ブラック状態」やそれに近い状況の方に限られることでしょう。基本的にはおすすめできません

    CHECK【初心者向け】ブラックリストとは?ブラック条件&期間と確認方法を簡単解説

    一般的なカードローンにおける契約の流れと必要書類

    一般的なカードローンにおける契約の流れと必要書類

    一般的な銀行や信金における、カードローン契約の流れは以下の通りです。

    一般的な銀行カードローン
    契約の流れ
    (専業主婦が申し込む場合)

    インターネットから申し込み
    審査開始
    ※銀行から携帯に電話が入る可能性が高い
    必要書類のアップロード
    電話やメールで審査結果連絡
    (ここまで数営業日程度が多い)
    インターネット上で契約手続き
    (申込み先によっては来店・郵送契約)
    ローンカードの送付
    (ここまで1~3週間が多い)

    ローンカードの送付が求められる関係上、一切郵送物なしで利用することはできないと考えて良いでしょう。あらかじめご承知おきください。

    CHECK9.FAQ:配偶者や一緒に住んでいる家族に知られず(郵送物なしで)借りられますか?

    ちなみに専業主婦が申込を行う場合、必要な書類は「本人確認書類」1点で済むのが一般的です。

    イオン銀行(写真付きの公的書類必須)のような例外を除き、基本的には

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 健康保険証(場合によっては+公共料金の領収書など)

    などを1つ用意できれば、特に問題なく手続きを進められることでしょう。

    FAQ:カードローンはどういった用途で利用できますか?使い道の制限はありますか?

    銀行・信金のカードローンは「事業性資金を除き」自由に利用できる、というのが一般的です。
    生活費、娯楽費などが主な用途となるでしょうか。

    また、借りたお金の使い道を証明する必要がないことを考えれば、「事業性資金を除く」という制限も建前と化していると言ってよいだろうと思います。

    FAQ:配偶者や一緒に住んでいる家族に知られず(郵送物なしで)借りられますか?

    ほとんどの銀行・信金の「専業主婦OKのカードローン」において、配偶者の許可や同意は要求されません

    …が、契約の過程でローンカードが届くことは避けられませんし、金融機関によっては定期的(年2回が多い)にハガキで利用明細が届くことも。

    一応外から見ただけでは「銀行や信金から届いた、用件の分からない封筒」ということになってはいますが…。
    この「自分宛ての郵送物が届く」という点についてはあらかじめ承知して頂く必要があります。

    専業主婦OK、かつ郵送物を避けられるカードローンは現在未確認です。
    (パートなどで少しでも収入があれば、郵送物なしで借りることも難しくはないのですが…)

    FAQ:専業主婦名義でいくらくらいまで借りられますか?

    「専業主婦への融資額は最高50万円」としている金融機関が多いようですが、このあたりは金融機関の判断(=審査結果)によって変わってきます。

    何とも言えないところではありますが、

    • 比較的小規模な金融機関で借りる
    • その金融機関口座を普段から利用している
    • 世帯収入が高い

    といった場合には、比較的高い限度額を獲得しやすいようですね。

    FAQ:配偶者に内緒での借金は、離婚事由になり得ますか?

    借金自体が直接的に、法的な離婚事由となることはありませんが…。

    その問題が「婚姻関係を継続し難い重大な事由」と認められるに至った場合には、十分に離婚の理由となり得ます
    あらかじめご承知おきください。

    FAQ:カードローンの審査には在籍確認(勤務先確認の電話)があると聞いたのですが。

    一般的な給与所得者が各カードローンへ申込みを行う場合、勤務先への確認の連絡(在籍確認)が入ることが多いですが…。
    ほとんどの「専業主婦OK」の銀行・信金カードローンにおいて、配偶者勤務先への在籍確認は実施されませんのでご安心ください。

    現在確認されている唯一の例外には「PayPay銀行(ジャパンネット銀行)カードローン」が挙げられますが、そもそもこちらのカードローンは、銀行のわりに高金利、かつ口座開設必須ということで、在籍確認の問題がなくても申込み先候補にはほぼ数えられないでしょう。

    要はPayPay銀行(と中小消費者金融)さえ避ければ、カードローン契約を結ぶ上で配偶者の同意を得る必要はほぼ無いということですね。

    ★ただしあなたがパートなどで収入を得ているのなら、その勤務先に在籍確認が向かう可能性があります。

    CHECK大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」

    FAQ:カードローンとフリーローンの違いは何ですか?

    地方銀行や信用金庫の場合、「カードローン」「フリーローン」という似たようなローンが提供されていることが多々あります。その両方が「専業主婦OK」であることも珍しくはないでしょう。

    2つのローンの違いは主に以下の通りです。

    カードローンとフリーローンの概要
    カードローン
    • 審査の結果決まった「限度額(利用可能枠)」の範囲内で、預金のような感覚で何度でも借りられる
    • リボ払い(定額分割払い)
    フリーローン
    • 一度借りたら返済のみを行う
    • 回数分割払い
    共通点
    • 用途は原則自由
    • お金の使い道の証明不要
    • 申込み先を選べば専業主婦OK、配偶者の同意不要

    生活をサポートする目的で、「必要なときに必要なお金を借りたい」とお考えなら「カードローン」を、
    お金が必要なのが一度きりでリボ払いに抵抗があるのなら「フリーローン」を選ぶと良いだろうと思います。

    ちなみに銀行カードローンのリボ払いは、借入額に対して毎月の請求額がやたら安く、請求額通りに支払いを行うとなかなか借入が減りません
    お金の管理に自信がないのなら、回数分割払い(12回払い等)型の「フリーローン」を選んだ方が安心かもしれませんね。

    ただし、銀行・信金取り扱いの「口座開設不要」のフリーローンは確認されていませんので、この点についてはあらかじめご承知おきください。

    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方
    CHECK3ステップで簡単!カードローンの金利・利息と返済の仕組み:損をしない借入のコツとは

    FAQ:専業主婦が即日融資(申込当日の融資)を受けることはできますか?

    残念ながら、即日融資を狙うにあたって定番となる申込先(大手消費者金融会社)はどれも、専業主婦の申し込みを受け付けていません
    専業主婦対応の銀行カードローンで融資を受けるにあたっては、1週間かそれ以上の日数が掛かると考えるのが基本となります。

    ちなみに「キャッシングフタバ」「ベルーナノーティス」などの中小消費者金融会社を選べば、銀行カードローンよりスピーディ(最短即日~数営業日)で融資を受けられますが…。

    銀行カードローンよりも金利・使い勝手の両面で劣ることから、1日でも借入を急ぎたい(あるいはブラック状態などの事情がある)といった場合を除いてはおすすめしづらいところです。

    専業主婦のキャッシング(現金借入)についてのまとめ

    専業主婦のキャッシング(現金借入)についてのまとめ

    専業主婦OKの申込み先候補
    いつもの金融機関(主に地銀、信金)のカードローン/フリーローン
    • 上限金利14.5%程度が多い
    • 審査や金利面で優遇を受けられることも
    • 金融機関によっては来店契約を要求されるため注意
    イオン銀行カードローン
    • 上限金利13.8%
    • 口座開設不要&任意の金融機関口座で返済OK
    • 写真付きの本人確認書類が必要
    • セブン銀行ATMを使えないので注意
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要&任意の金融機関口座で返済OK
    • 専業主婦にとっては無難な申し込み先候補
    新生銀行スマートカードローンプラス
    • 上限金利14.8%
    • 口座開設不要&任意の金融機関口座で返済OK
    • 任意の金融機関口座へほぼ24時間振込
    専業主婦対応の中小消費者金融会社
    • 上限金利18%~20%程度
    • 配偶者の同意と婚姻関係を示す書類が必要
    • ブラック状態などの事情がない限り非推奨
    その他・備考
    • 申込み先が銀行、信金であれば原則配偶者の同意不要
    • 申込み先が銀行、信金であれば配偶者勤務先への在籍確認なし
      ┗PayPay銀行除く
    • 自宅への郵送物の回避は不可能

    あなたが専業主婦であっても、いわゆる「ブラック状態」などの事情がなければ、銀行等からお金を借りること自体は難しくありません。

    各申込み条件や必要な書類などを見比べた上で、あなたに合った申込み先を選んでみてくださいね。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。
    • ローン利用時に発生したトラブルや疑問は、各カードローン会社のカスタマーセンターへご連絡ください。


    SNSでもご購読できます。