【専業主婦のキャッシング】家族に内緒で使えるおすすめ3選&よくある質問

    【専業主婦のためのキャッシング入門】口座開設&配偶者の同意なしで借りる方法
    「夫や義両親に知られずお金を借りたい…」

    そんな要望に応えてくれるのが、一部の銀行などが提供するカードローン。

    家族に内緒で借金を作ることの是非はさておき、申込先さえ選べば「専業主婦名義で、家族に知られず借りる」ことはさほど難しくありません

    今回は、専業主婦が配偶者の同意なく使える借入方法をおすすめ順にピックアップしました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたに合った申込先が分かります。

    専業主婦OK&口座開設不要&いつもの口座で返済OKなのは「楽天銀行スーパーローン」

    専業主婦OK&口座開設不要&いつもの口座で返済OKなのは「楽天銀行スーパーローン」

    • 専業主婦OK
    • 保証人や家族の同意不要
    • 口座開設不要
    • 好きな金融機関の口座で返済OK

    ということで、専業主婦にとって最も申し込みやすいカードローンの1つとなるのが「楽天銀行スーパーローン」です。

     

    楽天銀行スーパーローン
    金利1.9%~14.5%
    (月1.208%程度)
    ※ただし専業主婦に適用されるのは多くが上限金利
    限度額専業主婦は
    10万円~50万円
    口座開設不要
    保証人
    家族同意
    不要
    自宅への郵送物回避不可
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦は無し
    申込み~融資の所要時間1週間程度
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      ┗楽天銀行へはほぼ24時間対応、それ以外は平日日中のみ
    返済方法
    • 自動引き落とし(必須)
      任意の金融機関口座を選択可
      ┗ATM入金、銀行振込による追加返済可
    申込条件
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上60歳以下の方(専業主婦の場合)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方

    審査傾向
    • 本来は厳しめだが、配偶者の扶養に入っている人には比較的寛容
      ┗他社借入があっても通過可能性あり

    意外と属性重視で厳しめな審査を行っているこの「楽天銀行」ではありますが…。

    専業主婦をはじめとして、「配偶者の扶養に入っている人」の審査通過報告はかなり多いため、多重債務などの問題がなければさほど心配する必要はないでしょう。

    知名度の高さもあり、安心して申し込みやすいカードローンだと言えます。

    CHECK楽天銀行スーパーローン徹底解説!

    楽天銀行スーパーローン

    実質年利限度額
    1.9%~14.5%10万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    公式HP参照最短翌日

    ポイント

    • 口座開設不要、お持ちの銀行口座にスマホで入金まで完結
    • 初心者にもおすすめ
    • 借り換えにも対応
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。

    写真付きの本人確認書類があれば、より低金利&口座不要なイオン銀行カードローンも◎

    楽天銀行と同じく

    • 専業主婦OK
    • 保証人や家族の同意不要
    • 口座開設不要
    • 好きな金融機関の口座で返済OK

    という性質を持ちながら、楽天銀行より若干低金利(=同じお金を同じ期間借りたときの利息が安い)なのが「イオン銀行カードローン」

    欠点は郵送でのカード受け取り時、写真付き本人確認書類の提示&本人確認が必要であり、

    • 単純に面倒
    • 家族に怪しまれる可能性が否めない

    という点ですが…。

    上の問題さえ気にならないのなら、こちらも重要な申込先候補となってくれることでしょう。

    イオン銀行カードローン
    金利3.8%~13.8%
    (月1.15%程度)
    ※ただし専業主婦に適用されるのは多くが上限金利
    限度額専業主婦は
    10万円~50万円
    口座開設不要
    保証人
    家族同意
    不要
    自宅への郵送物回避不可
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦は無し
    申込み~融資の所要時間数営業日~
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
      ┗ただしセブン銀行不可
    • 銀行振込
      ┗イオン銀行利用者限定
    返済方法
    • ATM入金
    • 自動引き落とし
      任意の金融機関口座を選択可
    申込条件(公式HPより)
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    1.日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
    2.ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
    3.ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
    ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
    4.保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

    備考

    ちなみに楽天銀行に比べると、10万円/30日あたり、節約できる利息(サービス料)は57円です。

    CHECKイオン銀行カードローンの審査は甘いの? 厳しいの?体験談から徹底分析!

    「新生銀行スマートカードローンプラス」は24時間振込対応で利便性ベスト

    「新生銀行スマートカードローンプラス」は24時間振込対応で利便性ベスト

    「楽天銀行」「イオン銀行」に比べると若干ながら金利が上がるものの…。
    自分名義の、他行口座に対しても「ほぼ24時間」の即時振込を行ってくれるのが「新生銀行スマートカードローンプラス」

    どこにいても口座にお金を受け取れるということで、利便性の意味ではトップだと言ってよいでしょう。

    新生銀行スマートカードローンプラス
    金利4.5%
    ~14.8%
    (~月1.233%程度)
    ※ただし専業主婦に適用されるのは多くが上限金利
    限度額10万円~500万
    ※専業主婦の限度額について明記なし
    口座開設不要
    保証人
    家族同意
    不要
    自宅への郵送物すでに新生銀行口座をお持ちの場合のみ回避可
    (インターネットバンキングから申し込みを行う場合)
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦の場合なし
    申込み~融資の所要時間2営業日~
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      どの金融機関口座に対してもほぼ24時間対応
    返済方法
    • 自動引き落とし
      任意の金融機関口座を選択可
    • (ただしネット銀行などを除く)

    • ATM入金
    • インターネット返済
      (新生銀行ユーザーのみ)
    • 銀行振込
    申込み条件(公式HP)
    以下のすべての条件に満たす個人のお客さま

    1.お申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下であること。
    2.本人または配偶者に安定した収入のあること
    (パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。)
    3.日本国内に居住していること。
    4.日本国籍をお持ちか、外国籍で日本語が理解でき、永住権または特別永住権をお持ちであること。
    5.新生銀行の指定保証会社である新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができること。

    備考
    • 専業主婦も申し込みOK
    • 新生銀行口座は不要だが、口座があれば振込手数料割引などの多数の優遇を受けられる
      (詳細:公式HP

    「楽天銀行」と比べた際の金利差は、10万円/30日あたり24円程度。

    この差よりも「24時間振込」の利便性を重視するなら、「新生銀行」の方がおすすめだと言えそうです。

    CHECK新生銀行スマートカードローンプラス徹底解説!問合せに基づく詳細&独自メリット他

    もちろん「口座を持っている、いつもの地銀や信金」もチェックしておきたい

    もちろん「口座を持っている、いつもの地銀や信金」もチェックしておきたい

    ここまでは、「全国から申し込める、口座開設不要の」専業主婦対応カードローンについて紹介させていただきましたが…。

    実のところ、多くの地方銀行や信用金庫も、専業主婦対応のカードローンを取り扱っています。

    あなたが普段、口座を使っている金融機関のHPを見てみて、その取り扱いカードローンが専業主婦の申し込みを受け付けているようならば、「いつもの金融機関」を借入先に選んでみるのも良いでしょう。

    ただし、

    • 一部の地銀や信金のカードローンは来店契約が必須となる
    • 金融機関や申込先のローンの種類によっては専業主婦の申し込みを受け付けていない

    といった点には注意が必要です。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他
    CHECK地方銀行カードローンは都市銀行より低金利?特徴・口コミと審査難易度の見分け方

    ★専業主婦OKの地銀・信金カードローンのうち、配偶者の同意を要求するものは未確認です。
    (=専業主婦OKと書いてあるなら配偶者の同意も不要、と考えてよい)

    一方、大手都市銀行やゆうちょ銀行はすべて専業主婦の申し込み不可……。

    一方、大手都市銀行やゆうちょ銀行はすべて専業主婦の申し込み不可……。

    専業主婦の方が借入先を探すにあたり、地銀や信金が候補に挙がりやすいというのは先述の通りですが…。

    残念ながら、

    • 三菱UFJ銀行
    • 三井住友銀行
    • みずほ銀行
    • (埼玉)りそな銀行
    • ゆうちょ銀行

    といった大手都市銀行等のカードローンは、専業主婦の申し込みを一切受け付けていません
    (そもそもゆうちょにはカードローンの取り扱い自体ありませんが)

    上記の金融機関口座を利用されている方は、素直に「楽天銀行」など、「他行口座を使って返済できる銀行カードローン」を選んだ方が良いでしょう。

    ★その他福岡銀行カードローンなど、一部の地銀カードローン等も専業主婦の申し込みを受け付けていません。

    このあたりに関しては、各社公式HPの申込条件欄にて確認可能です。

    ★ただしあなたが完全な専業主婦ではなく、パートなどで収入を得ているのであれば、大手都市銀行等のカードローンへも申し込み可能です。

    中小消費者金融の「配偶者貸付」は、ブラック状態等の事情がある場合にのみ視野に

    都市銀行等と同じく、「プロミス」「アコム」といった有名大手消費者金融会社も、専業主婦への申し込みを一切受け付けていません

    というのも、消費者金融会社含む「貸金業者」は銀行よりも法律上の制限が厳しく、専業主婦にお金を貸すためには「配偶者貸付」という面倒な制度を使う必要があるんですね。

    配偶者貸付について簡単に言うと、「住民票の控えなどを提示し、婚姻関係があることを示した上で、配偶者の同意を前提にお金を借りられる」制度となります。

    この制度を取り扱っているのは主に、「フタバ」「ベルーナノーティス」等の中小消費者金融会社となりますが…。

    • 単に婚姻関係を書面で証明するのが面倒
    • 配偶者の同意必須
    • そもそも銀行より高金利

    という理由から、銀行カードローンを利用できない何かしらの事情(主にブラック状態)が無い限り、ほぼ選択肢に入らないと言ってよいでしょう。

    中小消費者金融への申込みを検討するのは、銀行カードローンの審査に落ちてしまってからでも遅くはないかと思います。

    CHECK【初心者向け】ブラックリストとは?ブラック条件&期間と確認方法を簡単解説

    1. 5年以内に何らかの後払いサービス(クレジットカード、各種ローン、分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その解消・解約から5年が経過していない
    2. 5年以内に何らかの後払いサービスで強制解約処分を受けた
    3. 5年以内に債務整理をした

      ┗任意整理の場合、「残債の清算から」5年間ブラック状態となる場合あり

    注意!自宅への郵送物を回避できる専業主婦対応のキャッシング方法はほぼ未確認

    さて、現在のところ専業主婦が、カードローン契約に伴う郵送物を避ける方法は、

    • もともと新生銀行口座を持っている人が、新生銀行スマートカードローンプラスに申し込む
    • もともとPayPay銀行口座を持っている人が、PayPay銀行カードローンに申し込む
      ┗ただしこの銀行の場合、配偶者の勤務先に在籍確認が行われる可能性がある

    ことしかありません。
    (配偶者貸付に対応している地域密着型の街金などを探せば、他にないことはないかと思いますが)

    ということで、あなたが「新生銀行」(またはPayPay銀行)の口座を持っていない場合、カードローン契約時の郵送物発生は避けられないと考えて良いでしょう。

    一般に、銀行カードローンと契約を結んだ後は「銀行名が記載された封筒が、親展の文字を付けて、外から内容の分からない形で、簡易書留で届く」こととなります。

    「銀行から何か大事そうな書類が届く」ことに問題がないなら、さほど気にする必要はないでしょう。

    ★一般に、簡易書留の送付時間などを指定することはできません。

    ★新生銀行、PayPay銀行において新しく口座を開設する場合には、口座開設に伴う郵送物が発生します。

    ★あなたがパートなどで収入を得ているのであれば、郵送物なしで使えるカードローン<<誰にもバレずにお金を借りる方法>>を多数利用可能です。

    FAQ:専業主婦がクレジットカードのキャッシング枠を使うことはできますか?

    FAQ:専業主婦がクレジットカードのキャッシング枠を使うことはできますか?

    クレジットカード会社は貸金業者であり、専業主婦にお金を貸すためには「配偶者貸付」の制度を利用する必要があります。

    ということで、クレジットカード会社はいずれも専業主婦への貸付に対応していません
    つまり専業主婦は、キャッシング枠を利用できないということですね。

    あなたが自身の職業を専業主婦と申告しているなら、増額審査を受けてもキャッシング枠を獲得することはできないでしょう。

    ★自身に収入がある場合はその限りではありません。

    FAQ:専業主婦はいくらくらいまで借りれますか?

    銀行カードローンの場合、下限は10万円、上限は50万円までとなるのが一般的です。
    (銀行によって差異はありますが)

    FAQ:配偶者に内緒での借金は、離婚事由になり得ますか?

    借金問題が「婚姻関係を継続し難い重大な事由」と認められた場合には、離婚の理由となり得ます
    あらかじめご確認ください。

    FAQ:夫の勤務先に、在籍確認(勤務先確認)の電話が向かうことはありますか?

    今のところ、その可能性が確認されているのはPayPay銀行カードローンのみです。

    PayPay銀行への申し込みさえ避ければ、配偶者の勤務先に電話が向かうことは無いでしょう。

    ★配偶者貸付制度を採用している、中小消費者金融会社を選ぶ場合などはその限りではありません。

    FAQ:専業主婦が即日融資を受けることはできますか?

    まず現在の銀行カードローンにおいて、本審査が即日完了することはありません
    (=即日での契約&融資はどうやっても不可)

    配偶者貸付制度を採用している中小消費者金融であれば、可能性がないわけではありませんが…。
    配偶者貸付の利用に伴う手続きの煩雑さなどを考えると、こちらもやや難しそうかなと言ったところです。

    ★パート等でご自身に収入があるのなら、大手消費者金融(プロミスなど)を使った即日融資が可能です。

    CHECK即日融資おすすめカードローン

    専業主婦が使える主なキャッシング方法についてのまとめ

    専業主婦が使える主なキャッシング方法についてのまとめ

    専業主婦のための主な申込先候補
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
    • 家族の同意や保証不要
    • 口座開設不要
    • 他行口座で返済OK
    • 1番無難な申込先
    イオン銀行カードローン
    • 上限金利13.8%
    • 家族の同意や保証不要
    • 口座開設不要
    • 他行口座で返済OK
    • カード受け取りがやや面倒
    • 金利重視ならここ
    新生銀行スマートカードローンプラス
    • 上限金利14.8%
    • 家族の同意や保証不要
    • 口座開設不要
    • 他行口座で返済OK
    • 他行口座に24時間振込
    • 利便性重視ならここ
    その他、

    • 地方銀行、信用金庫などのカードローン
    • 中小消費者金融のキャッシングサービス
      ┗配偶者の同意必須
    • PayPay銀行カードローン
      ┗口座必須&配偶者勤務先に電話が向かう可能性あり 等

    専業主婦の方は、大手都市銀行や大手消費者金融会社へこそ申し込むことができませんが…。

    その分申込先候補が絞られるとなれば、かえって迷う必要がないとも言えるかもしれません。

    もしも地銀や信金の口座をお持ちなら、そちらのカードローンと「楽天銀行」等の情報を見比べ、あなたに合った申込先を選べると良いですね。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他
    CHECK地方銀行カードローンは都市銀行より低金利?特徴・口コミと審査難易度の見分け方

    楽天銀行スーパーローン
    金利1.9%~14.5%
    (月1.208%程度)
    ※ただし専業主婦に適用されるのは多くが上限金利
    限度額専業主婦は
    10万円~50万円
    口座開設不要
    保証人
    家族同意
    不要
    自宅への郵送物回避不可
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    専業主婦は無し
    申込み~融資の所要時間1週間程度
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      ┗楽天銀行へはほぼ24時間対応、それ以外は平日日中のみ
    返済方法
    • 自動引き落とし(必須)
      任意の金融機関口座を選択可
      ┗ATM入金、銀行振込による追加返済可
    申込条件
    以下の全ての条件を満たす方

    (1)満年齢20歳以上60歳以下の方(専業主婦の場合)
    (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
    (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
    (4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方

    審査傾向
    • 本来は厳しめだが、配偶者の扶養に入っている人には比較的寛容
      ┗他社借入があっても通過可能性あり
    楽天銀行スーパーローン

    実質年利限度額
    1.9%~14.5%10万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    公式HP参照最短翌日

    ポイント

    • 口座開設不要、お持ちの銀行口座にスマホで入金まで完結
    • 初心者にもおすすめ
    • 借り換えにも対応
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。