【2019年版】レイクALSA徹底解説!今ベストな消費者金融と言える根拠&即日融資の条件他

【2018年12月最新】レイクALSA徹底解説!今ベストな消費者金融と言える根拠&即日融資の条件他

「必要なお金を少しだけ借りたい。
<レイクALSA>なら最長180日間無利息だって広告で見たけれど……」

「180日間5万円以下無利息」という独自の初回サービスが特徴のレイクALSA
これにより小口(10万円以下)の借入に向いているのも、確かに嬉しいポイントの一つではあるのですが……。
実はそれ以上にレイクALSA、ユーザーサービス全面において「アコム」「アイフル」といったライバル会社に大きく勝っており、「プロミス」と並んで今一番優秀な消費者金融会社(キャッシング会社)と言っても差し支えありません。

今回はそんな「レイクALSA」について、問い合わせ結果や公式HPといった確かな情報源をもとに他社と比べたメリットや即日融資(申し込み当日の借入)の条件、その他契約の流れなどを詳しくまとめました。
読み終えていただければ、「レイクALSA」への申込前に把握しておくべきすべての情報をチェックできるかと思います。

1分でチェック!このページと「レイクALSA」の要点

★1分でチェック!このページと「レイクALSA」の要点

金利(おトクさ)
(上限18.0%)
限度額(借入可能額) 審査による
(上限500万円)
審査スピード
(最短30分)
融資スピード
(最短1時間)
申し込める人 満20歳~70歳までの安定した収入がある方
(無職専業主婦は申し込み不可)
メリット
  • 約500の金融機関口座に対し時間や曜日を問わない振込融資を実施
    ただしみずほ銀行は対象外、また日曜18:50以降は一律振込不可
  • 対応口座が無くてもスマートフォンアプリ+セブン銀行ATMがあれば店舗に行かず借りられる(スマホATM取引)
    →店舗に行かずとも毎日20時までの申し込みで即日融資OK
    (レイクALSAへの問い合わせによる。来店なら21時までの申し込みで即日対応/ただし第三日曜日は除く)
  • 簡単に郵送物なしで契約できる
  • 独自の「180日間5万円以下無利息サービス」で10万円以下の小口借り入れに強い。「30日間無利息サービス」も選択可
  • ATM利用手数料は時間やATM種別を問わず全て無料
  • デメリット
  • 長期間、あるいは大きなお金を借りたいなら銀行などを選んだ方がおトク
  • 三井住友銀行、ジャパンネット銀行、その他一部金融機関の口座を利用する場合はプロミスの方が便利
  • つまり…… 長い目で見たおトクさより

  • スピーディかつ手軽に借りる
  • 時間を問わず、いつでも振込で借りる
  • 家族に知られず借りる
  • ことを重視したいなら「レイクALSA」を選んでOK

    レイクALSA (基本情報)
    金利 4.5%~18.0% 限度額 1万円~500万円
    審査スピード 申込後、最短15秒で審査結果表示 融資スピード 最短60分融資も可能(Webで)
    その他
  • ・初回契約時に「お借入れ額5万円まで180日間無利息サービス」「お借入れ全額30日間無利息サービス」を選択可能
  • ご自分のメールアドレスをお持ちの、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ・年収200万円未満のアルバイトOK
  • 総量規制の対象
  • ※ 即日振込を希望の場合は、21時(日曜日は18時)までに契約手続きの完了(審査・必要書類の確認含む)が必要。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

    ※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新生フィナンシャル「レイクALSA」に生まれ変わりました。

    業界トップ!レイクALSAのユーザーサービスとその利用メリット

    業界トップ!レイクALSAのユーザーサービスとその利用メリット(黒板に黄色チョークで星)

    まずは2018年12月現在、レイクALSAが優秀な消費者金融系キャッシングサービスであると言える理由を解説していきます。

    ★「レイクALSA」は会社名ではなくサービス名/ブランド名です。
    「レイクALSA」の提供元は「新生フィナンシャル」という新生銀行の子会社で、レイクALSAはいわゆる「消費者金融系ローン」の括りに含まれます。

    ①曜日・時間を問わない振込みは多くの銀行に加え信金・信組まで対応

    他の大手消費者金融会社、具体的には「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」と比べた「レイクALSA」の明確な強みは、「非常に多くの金融機関に対し、時間を問わない振込が可能」なこと。

    従来の銀行振込は、一部の金融機関内のお金の移動を除き「平日9時~15時」の銀行営業時間中にしか反映されないものでしたが……。
    実は2018年10月より、銀行をはじめとする金融機関は「モアタイムシステム」と呼ばれる新システムを導入。
    このおかげで、「モアタイムシステム」に参加する多くの金融機関の間で時間や曜日を問わない振込の反映が可能になったんです。

    が、どうやらこの「モアタイムシステム」、無条件に利用できるわけではないようで、「アイフル」「アコム」といった会社の振込反映時間は今までと変わってません(=原則平日9時~15時にのみ振込反映)。

    そんな中銀行はもちろん、多くの信用金庫・信用組合に対しても時間や曜日を問わない振込を行う金融機関は貴重な存在なんですね。
    今のところ、これに該当する消費者金融会社は「レイクALSA」そしてライバルとなる「プロミス」に限定されます。

    ★各金融機関の銀行振込反映状況(2018年12月現在)
    銀行営業時間外の振込対象金融機関※ 備考
    レイクALSA 約500機関(詳細PDF) 日曜日18:50~反映不可
    プロミス 約500機関(詳細公式HP) 日曜日18:50~反映不可
    ただし三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座宛て除く
    ※土日振込対応機関はレイクより多い
    アコム 土日祝日対応は楽天銀行のみ
    ※三井住友、UFJ、ゆうちょは平日のみ18時まで振込受付
    カードレス契約不可
    アイフル なし
    SMBCモビット 88機関(詳細PDF) カードレス契約の条件が厳しい
    日曜日18:50~反映不可
    ※土日祝日は未対応など、条件付きの金融機関を含みます。

    ご覧の通り多くの場合、「レイクALSA」と「プロミス」について時間外振込の利便性は大差ありません。
    ただし以下に該当する口座を普段から利用されてる場合には、「プロミス」の方が便利となるのも確かです。

  • 日曜夜間もプロミスでのみ振込を受けられる「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」口座
  • レイクALSAで土日振込を受けられないが、プロミスなら可能な金融機関口座(群馬銀行、滋賀銀行他)
  • まずはあなたが普段から利用している口座で、両方の会社を便利に使えるのかあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

    CHECKレイクALSA公式HP「お振込み時間拡大金融機関一覧」(PDF)
    CHECKプロミス公式HP「金融機関一覧表(振込実施時間検索)」

    ★「みずほ銀行」ユーザーは銀行自身がいまだ「モアタイムシステム」に参加していないことから、どの金融機関(みずほ銀行カードローン含む)を使っても銀行営業時間外の振込を受けることはできません。地銀で利用者が多そうなところだと「静岡銀行」も同様ですね。(ただし静銀は2019年より参加表明)

    ★借入先の金融機関にかかわらず、口座を提供している銀行等がメンテナンスを行っている場合には振込を受けることができません。必ず事前にご確認ください。
    (例えば三菱UFJ銀行は第二土曜日の21時からメンテナンス実施)

    ②来店なしなら20時まで、来店ありなら21時までの申込みで即日融資を狙える

    続いての「レイクALSA」の利点は「即日融資の確実性が高い」こと。

    上に挙げた大手消費者金融5社はいずれも「最短即日融資」をうたっていますが……。
    実は以前土曜日に「SMBCモビット」に問い合わせを行ったところ、「審査状況によっては即日での対応は難しい」という回答を頂いたことがありました。借入を急ぎたい状況において、「最短」即日融資はあまり信用できないということですね。

    ただ、これに対し「レイクALSA」は三連休初日の祝日であっても以下のような回答を下さいました。

    【管理人】山本
    何時までに申し込みを行えば本日(※電話を掛けたのは祝日)中に契約できますか?
    オペレーターの回答
    お申込みの方法にもよるんですけれども、インターネットやお電話でしたら今日の「20時」くらいにお手続き(申し込み)が済みましたら本日中のご融資ができるかと思います。
    【管理人】山本
    店舗での申し込みでも時間は変わりませんか?
    オペレーターの回答
    ご来店でのお申込みでしたら、「21時」くらいまでに必要書類を持ってお入りいただければ本日中にお手続きできるかと思います。
    「レイクALSAに直撃!土日祝日の即日融資タイムリミット&注意点と在籍確認」より

    「レイクALSA」がインターネット申込者の本審査結果を出すのが21時まで、来店契約に対応しているのが22時までということを考えると、この金融機関では曜日を問わず安定して1時間程度で契約を行えると見て良いでしょう。これは前身の「新生銀行レイク」から続く特徴でもありますね。

    この「審査・契約スピードの安定」は先述の24時間振込とも相性が良く、これを組み合わせれば多くの金融機関のユーザーが、毎日20時までの申込みで即日振込を受けられることになります。
    (仮に来店&即日振込が不可能でも、スマートフォンアプリと「セブン銀行ATM」があれば即日カードレス出金可)

    CHECKレイクALSAに聞いた!来店なし&即日融資なら20時までに申込みを:他注意点も

    ★各金融機関の即日融資タイムリミット目安(2018年11月・12月問合せによる)

    来店あり 来店なし(インターネット契約)
    レイクALSA 21時まで
    ※第三日曜日は18時まで
    20時まで
    ※第三日曜日は18時まで
    ※日曜日に即日「振込」を希望する場合は17時まで
    プロミス 21時まで 19時~20時まで
    ※日曜日に「振込」を希望する場合については明言なし
    (~16時か17時?)
    アコム 21時半まで できるだけ早い時間
    ※スマホATM対応なし
    ※三井住友、UFJ、ゆうちょ銀行は平日18時まで振込受付(土日は不可)
    ※楽天銀行口座宛のみ24時間振込み可
    アイフル 21時頃まで 20時頃まで
    (スマホATM利用)
    SMBCモビット 明言なし
    (審査は1~2時間とのこと/平日の問い合わせ結果)

    ★ただし「レイクALSA」は第三日曜日に限り、営業時間を19時までに短縮します。(自動契約機の新規契約対応を含む)
    契約後の振込には差し支えありませんが、第三日曜日に即日契約を狙う場合には「18時」が申し込みリミット目安となりますのでお気を付けください。
    第三日曜日の夜間に即日融資を受けたい場合には、他社へ申込みを行った方が確実でしょう。
    (ただしプロミス、SMBCモビットは日曜18:50以降の振込を行わないので注意)

    レイクALSAは日曜日の18:50以降、銀行振込を停止します。
    この都合上、日曜日に「振込」を受けるためには遅くとも17時までの申し込みが必要となります。
    (スマホATM他、その他の借入方法を利用する場合は気にする必要なし)

    ③2つの無利息サービスを選択可、とくに10万以下の小口借り入れなら他社よりおトクに

    最も分かりやすい「レイクALSA」の特色として挙げられやすいのが、2つの無利息サービスを選択できること(初回契約者に限る)。
    選択肢は「30日間無利息サービス」「180日間5万円以下無利息サービス」の2つですが、前者は「アコム」「アイフル」とも共通する内容ですので、ここで「独自の特色」と言えるのは後者の方ですね。広告などで目にされたことのある方も多いかと思います。

    「180日間5万円以下無利息サービス」は名前の通り、借入額のうち「5万円」分の利息(手数料)が180日間発生しないというもの。誤解が生じやすい名前ではありますが、5万円を超えるお金を借りる場合にも選択できます。
    ですから例えば借入額が8万円だったら、180日間3万円以下分の利息のみが請求されるわけですね。もちろん借入額が5万円以下なら180日間、利息は一切発生しません
    (ちなみに適用金利が18%なら、本来1ヶ月あたり借入額に対して1.5%くらいの利息が発生します)

    このサービスにより小口、具体的には10万円以下を借りる場合には他の消費者金融会社に比べてもおトクとなりやすいです。一切利息の発生しない5万円以下の借り入れであればなおさらですね。
    そのため「できるかぎり利息を支払わず、手軽に10万円以下を借りたい」という場合にはレイクの「180日間5万円以下無利息サービス」を選んで差し支えないでしょう。

    ★一方である程度まとまったお金を借りたい場合には、「30日間無利息サービス」を使った方がおトクとなりやすいです。
    以下は無利息サービスを使った際の支払い総額をもとに、「仮に無利息サービスを無いものと考えて逆算すると、金利何%に相当するか」を計算した結果となります。数字が低いほどおトクとお考え下さい。

    レイクALSA(金利18%)借入金額・返済額別の換算金利

    ★レイクで「10万円」を借りる場合の金利換算

    毎月の返済額 支払い総額 換算金利(およそ)
    180日間5万円以下無利息 15,000円 101,526円
    (7回)
    4.7%
    10,000円 104,286円
    (11回)
    8.8%
    5,000円 113,875円
    (23回)
    13.5%
    3,000円 131,449円
    (44回)
    15.0%
    30日間無利息 50,000円 100,739円
    (2回)
    5.8%
    15,000円 104,534円
    (7回)
    14.5%
    10,000円 107,416円
    (11回)
    15.0%
    5,000円 117,656円
    (24回)
    16.1%
    3,000円 136,681円
    (45回)
    17.2%

    ★レイクで「30万円」を借りる場合の金利換算

    毎月の返済額 支払い総額 換算金利(およそ)
    180日間5万円以下無利息 50,000円 312,136円
    (7回)
    13.2%
    30、000円 322,612円
    (11回)
    15.0%
    30日間無利息 50,000円 311,811円
    (7回)
    12.8%
    30、000円 322,259円
    (11回)
    15.0%
    15,000円 352,999円
    (24回)
    16.4%
    10,000円 393,461円
    (39回)
    17.0%
    6,000円 541,105円
    (90回)
    17.5%
    ※銀行カードローンの標準的な金利は14.5%前後となります。

    どちらを選ぶべきか迷ったら、レイクALSAに直接相談してみても良いでしょう。
    ちなみに30万円以上の借入なら、ほぼ確実に「30日間無利息サービス」を選んだ方がおトクとなります。

    ★無利息サービスは「契約日の翌日」からカウントが始まります。契約と初回借入の間が開くと、それだけ無利息サービスが無駄なものとなってしまいますのでお気を付けください。
    これを嫌う場合には、「初回借入日」から無利息サービスの適用される「プロミス」への申込みが視野に入ります。

    ④ATM手数料が完全無料なのも嬉しい

    大手消費者金融5社における「レイクALSA」唯一のメリットとして他に挙げられるのは、「すべてのATMの利用手数料が無料」という点。
    自社ATMや親会社のATMのみ無料…としている金融機関は多いですが、コンビニATM含めすべての利用手数料を無料化しているのは「レイクALSA」だけです。

    現在は24時間体制の銀行振込が利用できるようになったことから、ATMを利用する意味も薄れたとは思いますが……。
    (そもそもレイクではインターネット契約時、ローンカードの発行は任意)
    利用手数料が無料で困ることはまず無いでしょう。

    ★カードレス契約を行った場合でも、「レイクALSA」のスマートフォンアプリを使えば「セブン銀行ATM」に限り入出金が可能となります(スマホATM取引)。
    これはプロミスなどの他社にも共通する内容ですが、スマホATMを手数料無料で利用できるのは「レイクALSA」だけですね。
    特に「みずほ銀行」「静岡銀行」などモアタイムシステム未参加の金融機関口座を利用されているのなら、カードレスでも時間を問わず借りられるこのサービスは嬉しいものとなるでしょう。

    CHECK「レイクALSA」契約後の借入方法について

    <カードレス契約対応で来店なし+郵送物なしを実現>

    「レイクALSA」の契約方法は主に「インターネット契約」「来店契約」の2つ。
    (郵送契約も可能ですが、手間が掛かるためあまり使われません)
    そして「インターネット契約」を選択した場合、ローンカードの送付は希望制となります。ローンカードの送付を希望しない場合は「カードレス契約」と呼ばれ、自宅に郵送物は届きません
    このため「家族に借入を知られたくない」という場合にも、レイクALSAは有力な選択肢となるでしょう。
    ただしこれはライバルである「プロミス」とも共通するメリットとなります。

    ★ダイレクトメールなどを完全に拒否するためには、レイクへの電話問合せをおすすめします。

    ★返済遅れが発生した場合には、自宅へ督促状が送付される可能性があります。

    ★自動契約機でカードを受け取った場合にも、契約時の郵送物は送付されません。
    (=レイクALSAでは申込者がカードの郵送を希望しない限り、契約時に何かが自宅に届くことは無い)

    ⑤その他の大手消費者金融会社と「レイクALSA」の違いのまとめ

    大手消費者金融会社の基本情報と、ここまで解説してきた内容をまとめると以下のようになります。

    ★レイクALSAと他社の比較
    24時間振込 即日融資 ATM
    手数料
    カードレス契約 スマホ
    ATM
    備考
    レイクALSA
    OK OK
  • 契約日の翌日から180日間5万円以下無利息または30日間無利息
  • 第三日曜日は営業短縮(契約後の借入には問題なし)
  • プロミス ◎- OK OK
  • 三井住友銀行のATM手数料無料
  • 三井住友銀行、ジャパンネット銀行ユーザーなら日曜夜も借入可
  • アコム 来店◎
    来店なし△
    不可 不可
  • カードレス契約不可をはじめユーザーサービス導入に遅れが目立つ
  • 楽天銀行ユーザーのみ24時間振込融資可
  • アイフル × 来店◎
    来店なし△
    OK OK
  • 24時間振込未対応
  • インターネット返済未対応
  • 在籍確認の電話を拒否しやすい
  • SMBCモビット ○+ 条件厳しめ OK
  • インターネット返済未対応
  • 三井住友銀行のATM手数料無料
  • 即日融資には弱め
  • ※金利はどの会社も大差ありません。
    (契約時に非常に高い確率で適用される上限金利は多くが18%、プロミスのみ17.8%とやや低いが、おトクさを重視するなら最初から銀行等を選ぶべきであまり問題にはならない)

    やはり気になるのは「プロミス」の存在ですね。
    どちらを選択すべきかは「利用している口座」「申し込みを行う時間や状況」によって変わってきますが、「ATM手数料無料」「小口借り入れがおトク」「審査スピードの安定」というポイントを重視するのならレイクALSAを選んで差し支えないでしょう。

    ★レイクALSAとプロミスの比較
    一方と比べた利点 こんなときにおすすめ
    レイクALSA
  • 180日間5万円以下無利息サービス
  • スマホATM含め、ATM手数料完全無料
  • インターネット申し込み時の審査スピードが安定している
  • インターネット返済に使える金融機関口座の数が多い
    (ほぼすべての銀行、信金などを利用可。ただし何故かみずほ銀行は未対応)
  • 19~20時の間の申し込み(第三日曜日除く)
  • 10万円以下の小口借入希望
  • ATMで入出金を行いたい
  • 「プロミス」でインターネット返済ができない
  • プロミス
  • 若干低金利(10万円/30日につき16円相当)
  • 三井住友銀行、またはジャパンネット銀行口座宛てなら日曜夜間も振込可
  • 月曜0時~7時も振込可(月曜7時~8時はメンテナンス)
  • 柔軟な審査をしてくれたという報告がレイクより多い
  • 「みずほ銀行」インターネットバンキングを通してインターネット返済ができる
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行ユーザー
  • 「レイクALSA」で土日に振込を受けられないが、プロミスなら可能
  • 第三日曜日に即日融資を狙いたい
  • みずほ銀行ユーザー(ただし土日の借入手段は「スマホATM」だけ)
  • その他、あえて欠点を挙げるとすれば、「レイクALSA」にはワケアリ申込者、いわゆる「金融ブラック」やそれに近い状態の方の審査通過報告が見られない=他社に比べ審査の柔軟さには欠けると思われる点ですが……。
    ただし特にこれまで金融機関で問題を起こしたことが無ければ、アルバイトをしている学生でも審査通過は可能です。というわけで金融ブラック状態(あるいはそれに近い状態)でない多くの人にとって、このデメリットは関係ないと言って良いでしょう。

    そういうことで、申し込み先を消費者金融会社の中から選ぶのなら、今のところは「レイクALSA」ほぼ一択と言って差し支えないかと思います。

    ★ただ、自宅近くに「プロミス」や「アコム」等の店舗がある、という場合にはもちろんそちらへの申込みも視野に入ります。
    (特に「みずほ銀行」「静岡銀行」といったモアタイムシステム未参加の口座しかお持ちでない場合)

    唯一のデメリットは金利の高さで、長期・大口の借入には向かない

    唯一のデメリットは金利の高さで、長期・大口の借入には向かない(指を顔に当てる女性)

    2018年12月現在、消費者金融会社の中ではプロミスと並びトップのユーザーサービスを誇る「レイクALSA」。
    ですがすべての人にとって、「レイクALSA」への申込みがベストと言い切ることは決してできません

    最も大きな理由は「金利の高さ」。レイクALSAの上限金利(契約時に高い確率で適用される最高の金利)は18.0%ですが、これは10万円~100万円未満を貸す際に認められた、法定上限金利なんですね。つまり法律で許されたギリギリの高金利だということです。

    18%という金利設定自体は消費者金融会社の中では一般的なもので、アコムアイフルといった他社にも共通する数字ですが……。
    銀行カードローンの標準的な上限金利は「14.5%」くらい。銀行を選べば1ヶ月あたり約20%もの利息を節約できると考えれば、この差の大きさが分かるかと思います。また、申し込み先を選べばもう少し低い金利で借りることも難しくはないでしょう。

    金利の影響が大きくなるのは、「大きなお金を」「長期間」借りる場合です。
    「180日間5万円以下無利息サービス」を活かせるような小口・短期の借入であれば、気にならないどころか銀行よりおトクに借りられることも珍しくはありませんが……。
    まとまったお金を時間を掛けて返済していきたいとお考えならば、申し込み先を見直した方が良いかもしれません。

    ★レイクALSAと低金利他社の支払い総額比較

    金利
    (実質年率)
    10万円を借り、月1万円返済するときの支払い総額目安 50万円を借り、月2万円返済するときの支払い総額目安
    レイクALSA 3.5%
    ~18.0%
    104,286円
    (11回)
    ※180日間5万円以下無利息
    619,625円
    (31回)
    三井住友銀行 4.0%
    ~14.5%
    107,263円
    (11回)
    598,980円
    (30回)
    みずほ銀行 2.0%
    ~14.0%
    106,992円
    (11回)
    594,707円
    (30回)
    りそな銀行 3.0%
    ~12.475%
    106,175円
    (11回)
    582,096円
    (30回)
    三井住友カードゴールドローン
    (高難易度)
    3.5%
    ~9.2%
    (カードレス)
    104,467円
    (11回)
    557,264円
    (28回)

    利便性の面ではレイクALSAが優れているということに間違いはありませんが……。
    「おトクさ」を重視するのなら、低金利ローンへ目を向けてみるのも良いかと思います。

    ★ただし銀行カードローンにて即日融資を受けることはできません。
    これは2018年から、銀行の個人に対する無担保貸付に警察庁へのデータ照会が義務付けられたことによります。
    また最も低金利かつ即日融資対応なのは「アイフルファーストプレミアムカードローン」(通常のアイフルとは別商品、上限金利9.5%)と思われますが、審査難易度はかなり高くなります。
    (最低年収300万円以上、審査通過を狙うなら400万円前後は欲しいところ)

    ★三井住友銀行や楽天銀行の口座をお持ちであれば、同銀行のカードローンを利用することでほぼ24時間振込キャッシングが可能です。
    この場合、受けられるユーザーサービスはレイクALSAと遜色ありません。(スマホATM除く)

    CHECK三井住友銀行カードローンの利用メリットと契約の流れ
    CHECK楽天銀行カードローン(スーパーローン)の総まとめ
    CHECKあなたの街で最も低金利に借りられるカードローンの探し方

    以上のメリット・デメリットをまとめると、「レイクALSA」は
    「短期間、あるいは少額の借入希望」あるいは「おトクさより融資スピードや使い勝手を重視したい」といった場合におすすめのキャッシング方法と言えます。

    方法別「レイクALSA」契約の流れ

    方法別「レイクALSA」契約の流れ(左上を指す女性)

    レイクの契約過程については以下のページで解説していますので、ここでは主流となる「インターネット契約」の概要についてのみ触れておきましょう。

    CHECKレイクALSAに聞いた!来店なし&即日融資なら20時までに申込みを:他注意点も

    レイクALSA
    契約の流れ
    (インターネット契約の場合)

    インターネットから申し込み
    ★即日融資希望なら20時※までに申込み

    その場で仮審査結果の表示
    (8:10~21:50のみ※)

    携帯電話などで撮影した
    必要書類のアップロード提出

    ここまで申込み確認電話、
    または在籍確認の可能性あり

    メールで本審査通過連絡
    (審査対応は21時まで)
    インターネット上で契約手続き

    任意の方法(銀行振込またはスマホATM)で借入が可能に

    ローンカードの郵送
    (1週間程度:希望者のみ)

    ※第三日曜日を除く

    仮審査の結果は8:10~21:50の時間(第三日曜日は19時まで)であれば、申込直後の画面で確認できます。(時間外に申し込みを行う場合にはメールなどで連絡)
    来店なしで即日融資を狙う場合には遅くとも「20時」までに申込みを行い、レイクからのメールや電話を見逃さないよう心がけておきましょう。

    来店契約の流れを含むもう少し詳しい契約の流れや必要書類については、以下のページをご覧ください。

    CHECKレイクALSAに聞いた!来店なし&即日融資なら20時までに申込みを:他注意点も

    審査の過程で行われる「在籍確認」(勤務先への電話確認)については、以下のページで詳しく解説しています。

    CHECK【レイクへ取材】在籍確認の基本仕様&電話一本で勤務先への電話を避ける方法
    ※「新生銀行レイク」時代の情報ですが、現在のコールセンターへの問い合わせ結果から考えるに大きな変更点は無く、現在も有効な情報と思われます。

    契約後の「レイクALSA」借入方法

    契約後の「レイクALSA」借入方法(ソファでスマホを見る女性)

    任意の方法で契約を結んだら、「レイクALSA」での自由な借り入れが可能となります。
    その際の選択肢と、利用できるATMは以下の通り。

    すべての方法において手数料は掛かりません

    ★レイクALSAの借入方法

    受付時間 備考
    銀行振込
    (インターネット申し込み/電話申し込み)
    01:00~24:00(月曜日)
    00:15~24:00(他)
    ※インターネット会員サービスから振込申込を行う場合
    約500機関対象。着金反映時間は金融機関による
    ※ただしみずほ銀行など例外あり
    日曜18:50以降は反映なし
    ATM ATMによる セブン銀行ATMに限りスマートフォンアプリを使ったカードレス取引(スマホATM)可

    ★レイクALSAの借入に利用できる提携ATM

  • セブン銀行ATM<スマホATM取引可>
  • ローソンATM
  • E-netATM(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 東京スター銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 第三銀行ATM
  • ※福岡銀行ATM
    ※広島銀行ATM
    ※親和銀行ATM
    ※熊本銀行ATM

  • クレディセゾンATM
  • ※借入のみ、返済不可

    「みずほ銀行」はじめ銀行営業時間外の振込融資を受けにくい/受けづらい金融機関をメインバンクにしているのなら、任意のタイミングでローンカードを受け取っておくと良いかもしれません。
    (カードレス契約を行った場合でも、後日のカード発行は可能です。直接レイクにお問い合わせください)

    再三の注意となりますが、いざというときのためにも利用される金融機関の振込反映時間とメンテナンス時間はあらかじめ確認しておきましょう。

    CHECKレイクALSA公式HP「お振込み時間拡大金融機関一覧」(PDF)

    毎月の返済方法とその金額

    毎月の返済方法とその金額(カレンダーへの書き込み)

    ここからは、レイクで借りたお金を返済していく方法について解説していきます。

    ①毎月の返済日は自由に、あるいは「14日」「27日」から選択可

    「レイクALSA」返済日の選択肢は契約方法、正しくは口座振替(自動引き落とし)を利用するかどうかによって決まります。

    ★レイクの返済日の選択肢

    口座振替利用時
    (カードレス契約の場合は必須)
    毎月14日または毎月27日
    その他の場合 任意の返済日を指定可
    返済日からさかのぼって14日前~返済日当日の間に入金を済ませること

    口座振替を利用する場合には仕方ありませんが、そうでないのなら毎月の返済日は「給料日か、その直後」に設定すると支払いに余裕を持てるかと思います。

    CHECKレイクの返済方法一覧

    ★返済日が土日祝日と重なった場合、当月の返済日は次の平日に持ち越しとなります。

    ★返済日を変更したい場合には、直接レイクへお問い合わせください。
    (電話番号:0120-09-09-09)

    ★インターネット会員サービスから「ご返済日前お知らせサービス」の登録が可能です。
    口座振替を利用されないのであれば、設定を済ませておくことをおすすめします。

    CHECKレイクALSA公式HP:メールお知らせサービス

    <初回の返済期限は返済日までの日数により決定>

    例えば「毎月の返済日を14日にしたいけれど、契約を結んだのが12日だった」というように……。
    レイクALSAでは「初回借入日から数えて、はじめに到達する指定返済日が14日以内」となる場合、はじめての返済日は翌月に持ち越されます

    レイクALSA公式HPより 返済期限
    ▲レイクALSA公式HPより

    というわけで、少なくとも初回借入日から2週間以内に返済日が到来することはありませんのでご安心ください。

    ②借入残高に対する毎月の返済額

    レイクALSAにおける毎月の最低返済額は、原則当日の借入残高に応じて以下のように決定します。(残高スライドリボルビング方式)

    ★レイクALSAの返済額

    当日の借入残高 最低返済額
    10万円以下 4,000円
    10万円超過~20万円 8,000円
    20万円超過~30万円 12,000円
    30万円超過~40万円 13,000円
    40万円超過~50万円 14,000円

    公式HPに記載があるのはここまで。カードローン規約にも記載がないため、50万円を超えるお金を借りる際には契約の際に掲示されることになりそうですね。
    (そもそもレイクで50万円を超えるお金を借りること自体おすすめしかねますが)

    注意するべき点としては、多くのキャッシング方法と同じく「元利」方式の特性でしょうか。
    元利とは「支払額の中から自動的に利息(手数料)が徴収される」方式を言います。これにより、毎月4,000円を返済したとしても借入残高が4,000円分そのまま減ることにはなりません

    金利18%のとき、1ヶ月間お金を借りた場合には目安として「借入残高の1.5%」の利息が発生します。10万円を1ヶ月借りたなら、利息は約1,500円というわけですね。
    (実際の利息は日割り計算となるため前後することになりますが)
    この場合、最低返済額4,000円を支払っても自動的に利息分の1,500円が徴収されるため、借入残高は2,500円しか減らない形となります。要するに「思ったより借入残高は減りづらい」と考えていただければ良いでしょう。

    利息は借入残高と借入期間(と金利)に応じ発生するため、総支払額を減らすためには「とにかく早く借入を減らす」ことが求められます。
    上に掲載している金額はあくまで「最低返済額」ですので、余裕があるときにはできる限り多くのお金を支払うよう努めましょう。最低返済額以上の支払いを行うにあたって、手数料が発生したり事前連絡が求められることはありません。

    CHECKカードローンの金利・利息と返済の仕組み、追加返済の重要性について

    ★限度額に応じて返済額の決まる「元利定額リボルビング方式」の取り扱いもありますが、これを利用するには郵送契約が必要になるとのことでした(レイクへの問合せによる)。
    小口借入向きというレイクの特性を考えても、郵送の手間をかけてまでこちらの返済方式を選ぶメリットは薄いでしょう。

    ③レイクの返済方法一覧

    レイクALSAで利用できる返済方法は以下の通り。

    ★レイクALSAの返済方法

    受付時間 備考
    インターネット返済 随時
    (メンテナンス時間除く)
  • 非常に多くの金融機関のインターネットバンキングから利用できるが、みずほ銀行は対象外
  • 1円単位の返済可
  • ATM ATMによる
  • セブン銀行ATMに限りスマートフォンアプリを使ったカードレス取引(スマホATM)可
  • レイクのATMに限り1円単位の返済可
  • 銀行振込 01:00~24:00(月曜日)
    00:15~24:00(他)
    ※インターネット会員サービスから振込申込を行う場合
  • 借入とは異なり返済が反映されるのは平日9時~15時のみ
  • 利用金融機関に応じた振込手数料が発生
  • 1円単位の返済可
  • 口座振替
    (自動引き落とし)
  • 毎月14日または27日に引き落とし
  • カードレス契約の場合は登録必須
  • みずほ銀行含め、ほぼすべての銀行の信用金庫を利用可(詳細公式HP)
  • ※銀行振込の振込手数料を除き、手数料は発生しません。

    口座振替の設定さえ済ませておけばとりあえず、引き落としに失敗しない限り延滞に問われることはありません。
    手続きはインターネット上で済ませられますので、カードレス契約を行わない場合にも口座振替を利用されることをおすすめします

    口座振替の設定を済ませた場合、その他の方法で行った返済はいずれも借入を早く済ませるための「追加返済」「任意返済」扱いとなります。
    返済方法にはどれを選んでも構いませんが、インターネットバンキングの利用環境があるのなら自宅から返済を済ませられる「インターネット返済」が最も手軽で便利でしょう。ただしなぜか2018年現在、「みずほ銀行」インターネットバンキングからはこの方法を利用できませんのでお気を付けください。

    CHECKレイクALSA公式HP「Web返済サービスご利用可能金融機関一覧」

    ★一括返済を行いたい場合には、インターネット会員サービスまたはコールセンターへの問い合わせにより当日分までの利息を確認し、1円単位で支払いのできる任意の方法で返済を行うことになります。
    基本的には「インターネット会員サービスで残高確認→インターネット返済」が最もスムーズですね。

    ★インターネット返済を使うためには、インターネットバンキングの利用環境を整える必要があります。
    方法は金融機関によって異なりますので、普段利用されている銀行などの公式HPをチェックするのがベストでしょう。
    ここ数年の間に口座を開かれた場合には、知らないうちに環境が整っている可能性もありますね。

    参考銀行振込に便利な「インターネットバンキング」って?

    まとめ

    まとめ(白セーターの女性)

    ★2018年12月現在、レイクALSA大手消費者金融のローンの中でも優れたユーザーサービスを誇る。具体的には

  • 約500の金融機関に対し時間や曜日を問わない振込を実施(ただし日曜夜間除く)
  • 来店なしなら20時、来店ありなら21時までの申込みで即日融資OK
  • 独自の「180日間5万円以下無利息サービス」で10万円以下の小口融資がおトク
  • カードレス契約対応で家族に知られず借りやすい
  • ATM手数料が完全無料

  • といったところ
    ★ただし高金利(上限18%)は確かなデメリット。長期・大口の借り入れを希望するなら銀行などの利用も視野に入れたい
    ★また、利用する口座によっては「プロミス」の方が便利に使えることも。あらかじめ両社のサービス内容は確認しておきたい

    現在最も便利に利用しやすい消費者金融サービス「レイクALSA」
    小口の借入、かつ普段利用されている銀行などが「モアタイムシステム」に参加しているのなら、申し込みはここに決めてしまって間違いないでしょう。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    レイクALSA (基本情報)
    金利 4.5%~18.0% 限度額 1万円~500万円
    審査スピード 申込後、最短15秒で審査結果表示 融資スピード 最短60分融資も可能(Webで)
    その他
  • ・初回契約時に「お借入れ額5万円まで180日間無利息サービス」「お借入れ全額30日間無利息サービス」を選択可能
  • ご自分のメールアドレスをお持ちの、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ・年収200万円未満のアルバイトOK
  • 総量規制の対象
  • ※ 即日振込を希望の場合は、21時(日曜日は18時)までに契約手続きの完了(審査・必要書類の確認含む)が必要。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

    ※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新生フィナンシャル「レイクALSA」に生まれ変わりました。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。