新生銀行レイクのキャッシング:レイクはどの方法で借りても手数料無料!

※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新規申し込みの受付を停止しました。
新生銀行グループの新カードローン「レイクALSA」の詳細は新生ファイナンシャルの公式サイトをご確認ください。

銀行カードローンながら元大手消費者金融という唯一の経歴を生かし、消費者金融ばりのサービスを提供している新生銀行レイク。状況に応じて選択できる借り入れ方法も、そのひとつです。

新生銀行レイクのキャッシング:レイクはどの方法で借りても手数料無料!

今回はそんな新生銀行レイクの借り入れ方法について、それぞれのメリット・デメリットを中心に解説していきます!

★この記事は新生銀行レイクをすでに利用している方向けのものとなっています。
まだレイクと契約を結んでいない方は、以下のページを参考にしてみてください。
CHECK新生銀行レイクのメリット・デメリットまとめ
CHECK新生銀行レイクの基本データと申し込み方法
CHECK新生銀行レイクの審査基準
CHECK新生銀行レイクの在籍確認:回避方法はあるの?
CHECK新生銀行レイク、2つの無利息期間

レイクALSA (基本情報)
金利 4.5%~18.0% 限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短即日 融資スピード 最短即日
その他
  • ・初回契約時に「お借入れ額5万円まで180日間無利息サービス」「60日間無利息サービス」を選択可能
  • ご自分のメールアドレスをお持ちの、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ・年収200万円未満のアルバイトOK
  • 総量規制の対象
  • 【60日間無利息キャンペーンの注意点】
    ※30日間無利息、180日間無利息との併用不可
    ※ご契約額が200万円超の場合30日間利息0円
    ※新生フィナンシャルで初めてご契約いただいたお客さま
    ※期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま

    ※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新生フィナンシャル「レイクALSA」に生まれ変わりました。

    「レイクALSA」の公式サイトで詳細をチェックする!

    レイクの借り入れ方法は大きく分けて「振り込み」「ATM」の2種類!

    レイクの借り入れ方法は大きく分けて「振り込み」「ATM」の2種類!
    まずは、新生銀行レイクのキャッシング方法を見ていきましょう!

    ①カードローンレイクの借入方法一覧

      受付時間 手数料 その他
    振り込みキャッシング
    (インターネット)
    月:1:00~24:00
    他:0:15~24:00
    無料
    • 実際にお金が届くのは、平日の9:00~15:00だけ
    レイクATM 平日・土曜日 7:30~24:00
    日曜・祝日 7:30~22:00
    提携ATM 不規則 消費者金融と違い、コンビニでも手数料無料

    レイクの借り入れ方法は大きく分けて「銀行振込」「ATM」の二種類。ATMはさらに、レイク専用ATM提携ATMに分けられます。

    レイク専用ATMは、レイクの自動契約機に併設してあることが多いです。
    提携ATMとは、主に各コンビニや銀行のATMのことですね。
    レイクの提携ATM一覧

    ②どの方法を利用しても、利用手数料が掛からないのが嬉しい!

    レイクはどの借り入れ方法を選んでも、手数料が掛かりません
    プロミスアコムなどの大手消費者金融では、コンビニATMを利用するごとに108円または216円の手数料が必要になります。
    レイクは他社と比べても、コンビニATMをおトクに利用できるんですね。

      手数料(取引額一万円以下) 手数料(取引額一万円超過)
    プロミスアコムアイフルSMBCモビット 108円 216円
    新生銀行レイク 無料

    ちなみに、レイクではコンビニATMで手数料が掛からないので、借り入れのためにわざわざレイク専用ATMへ向かう理由はありません。
    初回契約時や利用限度額の増額申請を行いたいときなど、限定的な場面で使うこととなるでしょう。

    <無人契約機(自動契約機)でお金を借りれる?>

    契約の申し込みやカード受け取りに利用する「自動契約機」
    ですが、これはあくまで契約をするための機械。自動契約機を使ってお金を借りることはできません

    自動契約機の設置場所には必ず「レイクATM」が併設してありますので、キャッシングにはそちらを利用しましょう。

    「振込キャッシング」は反映時間に気を付けて!

    「振込キャッシング」は反映時間に気を付けて!
    まずは馴染みの薄い「振り込みキャッシング」について、詳しく説明していきます。

    ①新生銀行レイクの振り込みキャッシングって?

    振り込みキャッシングとは、名前の通りレイクがあなたの口座にお金を振り込んでくれる借り入れ方法のことを言います。
    特に振り込み先の口座に指定はないため、信用金庫や農協の口座でも問題なく利用できますよ。
    振り込み手数料はレイクの負担となります。

    ②入金が反映されるのは平日9:00~15:00だけ

    振り込みキャッシングの大きな欠点として、レイクの入金が銀行営業時間の平日9:00~15:00にしか反映されない、というものがあります。これは銀行振込というシステムを使う以上、どうしようもありません。

    夕方以降や土日に振り込みキャッシングの申し込みを行った場合、あなたの元にお金が届くのは次の平日の朝となります。

    ③振り込みキャッシングの手続き方法

    振り込みキャッシングの手続き方法
    振り込みキャッシングを受けるためには、新生銀行レイクのインターネット会員サービスの「借りる」から、借入金額を入力するなどの手続きを行いましょう。

    ★初回申し込み時には、振込先の銀行口座を登録する必要があります。キャッシュカードや通帳を手元に置いておきましょう。

    新生銀行レイク公式HP:会員ログインページ

    レイクのインターネット会員サービスについては『新生銀行レイク:ユーザーサービスについて』のページも参考にしてみてくださいね。

    レイクのカードはコンビニATMを他社よりずっとおトクに・便利に利用できる!

    レイクのカードはコンビニATMを他社よりずっとおトクに・便利に利用できる!
    便利で利用しやすいATMでの借り入れ。
    嬉しい手数料無料の反面、レイクならではの注意点もあるんです。

    ①レイクのローンカードはすべてのATMで手数料無料!(ローソンATM、セブン銀行ATMなど)

    新生銀行レイクは、利用できるすべてのATMで一切手数料が掛かりません
    ちなみにアイフルなどのライバル業者は、「自社ATMのみ手数料無料・提携ATMは108円または216円の手数料」といった形を取っています。

    216円の手数料は14600円を30日借りた場合の利息に相当します。(金利18%の場合)
    この無駄な出費をすべて省けるのは嬉しいですね。

    ★レイクの提携ATM

    • セブンイレブン
    • ローソン
    • ファミリーマート
    • サークルKサンクス
    • スリーエフ
    • ポプラ
    • デイリーヤマザキ
    • セーブオン
    • 「E-net」表記のあるATM
    • セブン銀行
    • ゆうちょ銀行
    • イオン銀行
    • 新生銀行

    ただし、三井住友銀行や三菱UFJ銀行といった大手銀行との提携はありません
    キャッシングを行うときには、主にコンビニATMを利用することとなるでしょう。

    ②すべてのコンビニで、1000円単位で借り入れ可能

    また、レイクの嬉しいポイントとしてすべてのATMで1000円単位での借り入れが可能です。
    プロミスなど「ローソンやE-netのATMでは1万円単位でしか借り入れできない」といった制限がある金融機関が多い中、ATMを選ばずに利用できるのは嬉しいですね。

    ③不規則な利用時間に注意!24時間コンビニATMを利用できるわけではない

    ただし、レイク独自の注意点として利用可能時間が非常に不規則というものがあります。

    ★提携ATMの利用可能時間

    月曜日 5:00~23:50
    火曜日、水曜日 0:10~23:50
    木曜日 1:30~23:50
    金曜日、土曜日、日曜日 0:10~23:50
    第三日曜日 0:10~20:00

    24時間営業のコンビニであっても、常に利用できるわけではないのでよく気を付けて下さいね。
    その他、各ATMの不規則なメンテナンスによって利用不可となる場合もあるため、ATMはできるだけ日中に利用しましょう。

    ④提携金融機関のATMを使ってお金を借りる方法(イオン銀行、三菱UFJ銀行など)

    promise-conveni
    (1)「利用開始」ボタンをタッチ
    (2)レイクのローンカードを挿入
    (3)「ご出金(借り入れ)」ボタンをタッチ
    (4)手数料を確認
    (5)暗証番号を入力
    (6)借り入れ額を入力
    (7)「確認」をタッチ
    (8)借り入れ

    ATMの種類によって多少文面に違いがありますが、大きな流れは同じです。
    銀行のキャッシュカードと同じように簡単に借り入れができますが、簡単だからこそ、つい融資を受けすぎてしまわないように注意してくださいね。

    <利用限度額を超えて借入れをしたい時は?>

    借りたい金額が利用限度額をオーバーしてしまった場合の対策は、「レイクの利用限度額増額申請を行う」「2社目を利用する」の2つ。
    2社以上でお金を借りると毎月の返済額もかさむので、基本的には前者がおすすめです。

    レイクでお金を借り続けて6ヶ月以上が経過している場合、レイクでの利用限度額を引き上げられるかもしれません。
    増額ができるかどうかは「レイク専用ATM」「インターネット会員サービス」で確認可能です。

    詳しくは『新生銀行レイクの限度額』『レイクのインターネット会員サービスについて』のページを参考にしてみてください。

    無利息サービスをうまく利用するには?

    無利息サービスをうまく利用するには?
    新生銀行レイクの最も大きな特徴である「2つの無利息サービス」について解説していきます。

    ①銀行カードローンにもかかわらず、消費者金融以上に無利息期間が長い! (代わりに金利も高い……)

    レイクの無利息サービスは「30日間無利息サービス」「180日間5万円以下無利息サービス」の2つ。
    「30日間無利息サービス」はアコムプロミスなどの他社も取り扱っていますが、「180日間5万円以下無利息サービス」を行っているのはレイクだけです。

    数ある銀行カードローンの中で一定期間の無利息期間を設けているのは「新生銀行(カードローンレイク)」「ジャパンネット銀行」だけ。また、ジャパンネット銀行に比べ、レイクは融資スピードやユーザーサポートの点で大きく上回っています
    ただ、他の銀行に比べて無利息サービスを設置している会社の金利は高いことには注意してくださいね。

      上限金利(100万円未満の借り入れで適用)
    新生銀行レイク、ジャパンネット銀行、アコム、アイフル、SMBCモビット 18.0%
    プロミス 17.8%
    楽天銀行三菱UFJ銀行「バンクイック」 14.6%
    イオン銀行ソニー銀行 13.8%

    1年以内の利用であれば無利息サービスで高金利を相殺できるものの、借入期間が長引きそうであれば金利の低い銀行カードローンを利用するのも良いでしょう。

    ②利用額は10万円までがオトク

    名前の通り、5万円以下の金利分が180日間無料となるレイクの「180日間5万円以下無利息サービス」
    当然、無利息となる割合が高いほうが、つまり借入額が低いほどおトクになります。具体的に言うと10万円以下、できれば5万円以下が望ましいです。

    ★5万円を借り、月々3000円を返済(16ヶ月)する場合のシミュレーション

      上限金利 支払総額
    新生銀行レイク
    (180日間5万円以下無利息)
    18% 53,757円
    新生銀行レイク
    (30日間無利息)
    18% 56,965円
    プロミス
    (30日間無利息)
    17.8% 56,878円
    三井住友銀行 14.5% 56,153円

    30万円以上を借りる場合には、「30日間無利息サービス」を選択しましょう。
    細かいシミュレーションについては『新生銀行レイク公式HP:レイクの2つの無利息ローン』「レイクの無利息サービスについて」を参考にしてみてください。

    ★レイクの無利息サービスは契約日の翌日からカウントされます。無利息サービスを有効に利用するため、できればお金が必要になったその日に契約を行いましょう。

    ③借りる時に返済のことも考えておこう

    お金を借りたら当然、返済しなければなりません。

    無利息だからといってつい借りすぎてしまった結果、借りたままのお金すら返せない状況に……。となってしまっては、せっかくの無利息サービスも、延滞した翌日からは適用外となってしまいます。

    さらに、延滞金によって結局損をしてしまいます。

    ★新生銀行レイク:毎月の最低返済額(一部)

    借入残高 返済額
    10万円以下 3000円
    10万円超過~20万円 5000円
    20万円超過~30万円 7000円
    30万円超過~40万円 9000円
    40万円超過~50万円 12,000円

    参考:新生銀行レイク公式HP:ご返済額とご返済期日

    レイクの返済額は毎月最低3000円から。(借入額10万円以下の場合)とは言え、無利息サービスをフル活用するためには返済期間は短いほどベターです。
    必ず返済の計画を立てた上で、キャッシングを行いましょう。

    返済システムや毎月の返済額について詳しくは『レイクの返済』ページを読んでみてください。

    まとめ

    まとめ

    新生銀行レイクの借入方法は大きく分けて「振り込みキャッシング」「ATM」の2種類。どの方法でも一切手数料は掛からない!
    ★振り込みキャッシングは平日9:00~15:00にしか反映されない点に注意
    ★コンビニATMを利用する場合でも手数料が掛からない代わりに、夜間の利用時間は不規則

    手数料を気にする必要が無いので、時間や状況に応じて好きな借入方法を選べるのがレイクの嬉しい特徴です。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    レイクALSA (基本情報)
    金利 4.5%~18.0% 限度額 1万円~500万円
    審査スピード 最短即日 融資スピード 最短即日
    その他
  • ・初回契約時に「お借入れ額5万円まで180日間無利息サービス」「60日間無利息サービス」を選択可能
  • ご自分のメールアドレスをお持ちの、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
  • ・年収200万円未満のアルバイトOK
  • 総量規制の対象
  • [insert-content id0=28691]

    ※新生銀行カードローン「レイク」は、2018年4月より新生フィナンシャル「レイクALSA」に生まれ変わりました。

    「レイクALSA」の公式サイトで詳細をチェックする!

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。