レイクALSAの無利息期間は罠って本当?申込み前に知っておくべき注意点

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    レイクALSAの無利息期間は罠って本当?申込み前に知っておくべき注意点
    審査が不安な 佐藤さん
    よく広告で見かける、長期間無利息で借りられるらしいレイクALSAのことが気になる。
    とは言え旨い話には裏があると言うし…

    ライバル他社と一線を画す、初回無利息サービスに定評のある「レイクALSA」
    このご時世、明らかに「旨い話」であるこのサービスに、疑いを抱いてしまう気持ちはよく分かります。

    …が、結論から言うとこの「無利息サービス」自体に「裏」「罠」と言えるような問題点はありません。
    注意点があるとすればレイクALSA自体のデメリット、つまり「元々高めの金利」「他社よりやや高い審査難易度」等となってくることでしょう。

    今回は無利息サービスを理由に「レイクALSA」への申込みを検討中のあなたのため、無利息期間に関するよくある疑問への回答や、「レイクALSA」そのもののメリット・デメリットを簡潔にまとめました。

    【管理人】山本
    読み終えていただければ、今のあなたがこのサービスへ申込みを行うべきか否かが分かります。
    事前にチェック!「レイクALSA」申込み条件

    「レイクALSA」申込みのためには、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

    (1)20歳~70歳である
    (2)仕事をしている(一定収入のある方)
    (3)他の貸金業者(主に消費者金融、クレジットカードキャッシング枠)からの借入額合計が、年収の3分の1に達していない

    専業主婦や無職の方は「レイクALSA」をご利用いただけませんのでご承知おきください。

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    都合よすぎ?レイクALSA「無利息期間」に関するよくある懸念と注意点

    都合よすぎ?レイクALSA「無利息期間」に関するよくある懸念と注意点

    それでは早速、「レイクALSA」の無利息期間の概要と、申込み前に知っておくべき懸念についてお話しさせて頂きます。

    ①結論から言うと、「罠」「裏」と言えるほどの問題は無い。他社との差別化と考えてOK

    「レイクALSA」が提供している無利息サービスの内容は以下の通り。

    「レイクALSA」無利息サービス
    (1)60日間無利息
    ※Web申込み限定
    • 契約日の翌日から60日間、金利が0%になる

      ※Web申込みでない場合は「30日間」無利息

    (2)180日間5万円以下無利息
    • 契約日の翌日から180日間、「借入額のうち5万円分」が金利0%となる

      ※5万円を超えた分の金利は通常通り(一般に18%)
      ※借入額が5万円未満の場合は全額金利0%

    • いずれか一方を契約時に選択
    • 無利息期間が適用されるのは、「はじめてレイクALSAを利用する方」のみ

    「レイクALSA」をはじめて利用する方は、
    (1)60日間(または30日間)無利息
    (2)180日間5万円以下無利息
    のいずれかのサービスを選択可能。

    以上の内容は、プロミス等の他社が提供する「30日間無利息」と一線を画す内容となっていますが…。

    結論から言うと、この無利息サービス自体に「裏」「罠」と言える問題点はありません

    よくあるクレジットカードのリボ払いキャンペーンのように、手数料の発生がサービス適用条件…といった煩わしい制限もなく、上の無利息期間は「レイクALSA」をはじめて利用する方すべてが利用可能。

    よって「レイクALSA」の無利息サービスは単に、プロミス等のライバル他社との差別化ポイント、要は生き残りのための戦略と考えてしまって良いでしょう。

    そのため無利息サービス中、あるいは無利息サービス終了直後に完済/解約しても問題はありません

    CHECK2.レイクALSA、選べる「無利息期間」はどう選ぶ?

    ②強いて言えば無利息期間の始点が「契約時の翌日」となる点に注意

    そんな中、あえて注意点を挙げるなら…。

    レイクALSAの無利息期間の始点はいずれも「契約日の翌日」から。
    よって契約から借入までに日が空くと、それだけ無利息期間が無駄になってしまいます。

    契約後、すぐに借入が可能ならこの問題について気にする必要はありませんが…。
    「いつかお金が必要になったときのために、カードローン契約を結んでおきたい」という場合には、

    の選択も併せて検討したいところです。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2)
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2)
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    (※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    (※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★ちなみにアコム、アイフルの30日間無利息サービスも「契約日の翌日」が始点となります。

    ③無利息期間中も返済日はやってくる

    前提として、カードローンにおける「利息」とは実質、金融機関へ支払うサービス料のこと。
    となると利息が発生しない「60日間無利息」適用中であれば、レイクALSAへの返済義務も免除されそうなものですが…。

    結論から言うとレイクALSAへ支払う利息が0円であっても、返済日は規定通り到来します。
    そしてこの返済日通りに支払いをこなせなかった場合、無利息期間はそこで終了してしまいますのでご注意ください。

    無利息期間中もご返済日がございます。お借入れ後のご返済日をご確認ください。

    ※無利息期間中にご返済が滞った場合、無利息期間が終了となります。ご返済日の翌日以降、遅延損害金(※年20%)およびお利息をご負担いただくことになります。

    「レイクALSA」公式HPより引用

    ちなみに「レイクALSA」における返済日は以下の通り。

    「レイクALSA」返済日
    自動引き落としを利用する場合※毎月14日または27日より選択
    自動引き落としを利用しない場合任意の返済日を契約過程で選択
    ※郵送物なしのインターネット契約(Web完結)であれば必ずこちらが適用される

    ただし契約日~初回返済日までの日数が14日未満であれば、はじめての返済日は翌月に持ち越されます。
    要は契約後、2週間未満で返済を要求されることはありませんのでご安心ください。

    詳細レイクALSA「ご返済日について」

    ★「レイクALSA」毎月の返済額は「最後にお金を借りたときの借入残高」に応じ、以下のように決定します。

    参考:レイクALSAの返済額
    最終借入時の借入残高最低返済額(自動引き落とし額)
    10万円以下4,000円
    10万円超過
    ~20万円
    8,000円
    20万円超過
    ~30万円
    12,000円
    30万円超過
    ~40万円
    13,000円
    40万円超過
    ~50万円
    14,000円
    ※50万円超借入時の最低返済額については会員ページにて要個別確認

    ④無利息期間後の適用金利は上限18%(月1.5%程度)と高い

    さて、言うまでもなく「レイクALSA」の無利息サービスは期間限定。

    • 60日または30日の無利息期間の終了後
    • 「180日間5万円以下無利息」の終了後、あるいはサービス適用中の、5万円を超えた分の借入

    についてはレイクALSAの通常金利が適用されます。

    問題となるのはこの通常金利が、一般に「年18%」と高い数値にあること。

    これは消費者金融会社の中ではまったく珍しい数字でないものの……。
    借入先に銀行を選べばほとんどの場合で3%以上低い金利が適用されると考えたなら、無利息期間が適用されない場合の「レイクALSA」は比較的高金利と言わざるを得ないでしょう。

    「レイクALSA」の無利息サービス自体は、高金利という問題点と直接関係ないものの…。
    無利息サービスが終了しても長期間キャッシングを利用し続けたいとお考えなら、

    といった対応を取りたいところです。

    ★ちなみに年18%の金利は月当たりで言うと「1.5%」前後相当。要は借入残高に対し、月1.5%程度の利息(サービス料)が発生するわけですね。

    これは10万円を1ヶ月間借りた場合、1,500円前後の利息が発生することを意味します。
    (金利14%の銀行カードローンなら同条件で1,166円前後)

    ★利息が発生した場合、その利息は「毎月の返済額の中から自動的に徴収」されます。

    例えば月あたりの返済額が4,000円、かつ1,500円の利息が発生中であれば…。
    4,000円のうち1,500円が自動的にレイクに徴収されるため、借入残高は差額の2,500円しか減りません。

    …とは言えこれはほとんどのカードローンに共通する注意点。
    また増額返済・追加返済などを利用し、毎月の返済額を引き上げられたなら、上の例より効率的に借入残高を減らすことができます。

    ⑤ライバル他社と比べた「レイクALSA」のメリット・デメリット

    無利息サービス自体にはさほどの問題点も無い「レイクALSA」ですが…。
    金利の高さ、その他の理由により「そもそもレイクALSAを選ぶべきでない人」も存在します。
    主な他社カードローンと「レイクALSA」を比較しました。

    レイクALSAと他社カードローンの比較
    特性
    レイクALSA
    • 上限金利18.0%
    • 60日間無利息(Web)または180日間5万円以下無利息
    • ほぼ24時間振込
    • 来店なし+郵送物なしの契約可
    • 任意の口座で引き落とし可
    プロミス
    • 上限金利17.8%
    • 30日間無利息(初回借入日~)
    • ほぼ24時間振込
    • レイクより審査通過率が高い
    • 来店なし+郵送物なしの契約可
    • 任意の口座で引き落とし可
    楽天銀行
    • 上限金利14.5%
    • 銀行系だが口座開設不要
    • 任意の口座で引き落とし可
    三井住友銀行
    • 上限金利14.5%
    • 銀行系だが口座開設不要
    • 来店可能なら郵送物の回避可
    J.Score
    • 上限金利12.0%
    • 24時間ではないが時間外振込可
    • 任意の口座で引き落とし可
    アイフルファーストプレミアムカードローン
    • 上限金利9.5%
    • 30日間無利息
    • 年収300万円~必須
    • 任意の口座で引き落とし可
    ※アコム、アイフル、SMBCモビットはレイクALSA、プロミスよりサービス内容がやや劣るためここでは除外

    あなたが何らかの理由で審査に不安を抱いているなら通過率に優れる「プロミス」
    数年単位の長期間お金を借りたいとお考えなら、金利の低い他社カードローンの選択が優先されるかと思います。

    「ほぼ24時間振込」、そして独自の無利息期間といったユーザーサービスは「レイクALSA」の利点ですが……。
    もしも他に重視したい点があるのなら、他社ローンも併せて検討できると良いですね。

    ★プロミスより審査通過率が低いとは言え、他社借入などの問題点が無ければ、年収100万円程度でも問題なく「レイクALSA」を利用可能です。

    レイクALSA、選べる「無利息期間」はどう選ぶ?

    レイクALSA、選べる「無利息期間」はどう選ぶ?

    • 無利息サービス自体に「罠」「裏」と言える問題点はない
    • あえて言えば、無利息期間の始点は借入日ではなく「契約日の翌日から」
    • 無利息期間中も返済日は到来する(2週間後~)
    • 無利息期間外の金利の優秀さや審査通過率は他社に譲る

    といった点を確認できたなら、ここからは「レイクALSA」が提供する無利息サービスのより詳しい内容と、その選択方法について見ていきましょう。

    ①選べる無利息サービスの違いと選び方

    レイクALSAが提供する無利息サービスの内容を、今一度まとめると以下のようになります。

    レイクALSAの無利息サービス
    60日間(30日間)無利息
    • 契約日の翌日から、借入額全額が60日間(または30日間)金利0%となる
    • Web申込みなら「60日間」、その他の申し込み方法なら「30日間」無利息適用
    180日間5万円以下無利息
    • 契約日の翌日から180日間、借入残高のうち5万円までのみが金利0%となる
    • 限度額200万円超の場合は選択不可
      ┗とは言えレイクで100万円超の限度額が提示されることは稀

    無利息サービスを選ぶ上では、まず

    • いくらレイクから借りたいのか
    • どのくらいの期間で返済したいのか

    を考えてみると良いでしょう。

    その上で、恩恵の大きそうな(=借入額に対し、無利息となる割合が大きい方の)無利息サービスを選択すればOK。

    ここではいくつかのパターンで支払い総額を計算させて頂きましたので、無利息サービス選びの参考にしてみてくださいね。

    レイクALSA、無利息サービスの選び方
    借入額5万円以下
    無条件で「180日間5万円以下無利息」を選ぶべき
    借入額10万円
    毎月4千円を返済
    (最低返済額/30回程度)
    「180日間5万円以下無利息」を選ぼう
    毎月1万円を返済
    (最低返済額/11回)
    毎月2万円を返済
    (最低返済額/5回)
    毎月3万円を返済
    (最低返済額/4回)
    またはより短期間で返済可能
    「60日間無利息」を選ぼう
    借入額15万円以上
    無条件で「60日間無利息」を選ぶべき

    ★レイクALSAに借入希望額と返済期間を伝えることで、どちらの方が低負担となるか計算してもらうことも可能です。

    「レイクALSA」インターネット契約の流れ

    「レイクALSA」インターネット契約の流れ

    あなたが「レイクALSA」への申込みを決めたなら、

    • 60日間無利息
    • 180日間5万円以下無利息

    のいずれかを選択できる、インターネット契約の流れを簡単にチェックしておきましょう。

    「レイクALSA」インターネット契約の流れ

    インターネットから申し込み
    その場(最短15秒)で、またはメールで
    仮審査結果の表示/連絡
    (毎日8:10~21:50※1)
    契約額や暗証番号などの設定
    必要書類の撮影・送信などの手続き
    ここまで申込み確認電話や
    在籍確認の可能性あり
    メールで契約内容確認の連絡
    (実質の本審査通過連絡)
    振込、またはスマホATM ※2による借入
    ※当日中の振込には21時までの契約が必要
    (日曜は18時まで)
    各ATMで使えるカード郵送
    (希望者のみ)

    ※1 第三日曜日は19時まで
    ※2 カードの代わりにスマートフォンアプリを使い、「セブン銀行ATM」で入出金を行う方法

    一見面倒そうではありますが、何かやるべきことがあればメールや電話で指示が入りますので、特に上の過程を覚える必要はありません。

    カードローンの契約が初めてであっても、特に困ることはないだろうと思います。

    レイクALSA、ネット契約時の必要書類
    郵送物なしで契約以下のいずれか

    • 運転免許証
    • 保険証、パスポート等
      +返済用口座の登録
      ※健康保険証の記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください。
      ※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。

    ※現住所と本人確認書類の住所が異なる場合、住所確認書類※1 も必要

    自宅にカードを送ってほしい以下のいずれか

    • 本人確認書類2点
      (免許証+保険証など)
    • 本人確認書類1点
      +住所確認書類※1

    ※健康保険証の記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください。
    ※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。

    ※1 公共料金の領収書(同姓の家族宛てでもよい)、住民票の写しなど

    ★電話や自動契約機で申込みを行うと「60日間無利息」が適用されませんのでご注意ください。
    この場合は「30日間無利息」と「180日間5万円以下無利息」のいずれかを選択する形となります。

    申し込み方法の選び方、契約後の借入方法等について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK【レイクALSA】2つの申し込み方法はどう選ぶ?各契約の流れと必要書類について

    参考:無利息期間の終了後に、他社への「借り換え」はできないの?

    参考:無利息期間の終了後に、他社への「借り換え」はできないの?

    「レイクALSA」をはじめて利用するのであれば、誰でも適用される無利息サービス。ですがこれを利用できるのは誰しも1回きりです。

    となると気になるのは、無利息サービス終了後に、

    • 別の無利息サービスを提供する他社
    • より金利の低い他社

    への「借り換え」ができないか、という点。

    ここからは参考情報として、「無利息サービス終了後の借り換え(乗り換え)」についてお話しさせて頂きましょう。

    ①二度目の「無利息サービス」利用は「総量規制」が足かせになりやすいかも

    結論から言うと、「レイクで60日間無利息を利用した後、プロミスで30日間無利息の適用を受ける」こと自体に、制度上の問題はありません

    レイク、プロミスそれぞれの契約が初めてであれば、実質90日、あるいはそれ以上の「無利息」借入も不可能ではないでしょう。

    ……が、無利息サービスを提供する会社の多くは「貸金業者」(消費者金融/クレジットカード会社)。
    そしてこれらの業者に適用される「貸金業法」には、「他の貸金業者と合計して年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない」という制約、いわゆる「総量規制」が設けられています。

    例えばあなたの年収が300万円なら、貸金業者から合計100万円を超えるお金を借りることはできないわけですね。

    そのため年収300万円の方の場合、レイクALSAからすでに50万円を借りているのなら、プロミスが新たに貸せるのは原則として50万円まで
    要は消費者金融間で借り換えが可能なのは「年収の6分の1」までということになります。

    そして、以上はあくまで法律上の問題であり、貸付合計額が年収の3分の1に至らなくても、返済能力などを鑑みて希望額を借りられないことは珍しくありません。「すでにお金を借りている」状況で審査を受けるのなら尚更ですね。

    借り換えにより二度目以降の無利息サービスを受けることは、「年収の6分の1以下の金額であれば制度上不可能ではないものの、ある程度の返済能力が必須」ということになります。

    つまり、借り換えにより無利息期間を延長させることは「可能ではあるが、簡単ではない」ということですね。
    返済能力に自信がないのなら、あまり期待しない方が良いでしょう。

    ★とは言え1社の審査に落ちてしまうことに大したデメリットはありませんので、ダメ元で「借り換え」のための審査を受けてみる、という対応は悪手ではありません。

    ②一定の返済能力があれば、銀行カードローン等への借り換えはさほど難しくない

    先述の通り、無利息サービスを提供している金融機関(プロミス等)への借り換えも制度の上では不可能でないのですが……。

    特にあなたが長期間の借入を前提としているのなら、推奨したいのは「無利息サービスが無くても、金利の低い銀行カードローン」等への借り換え。

    銀行は貸金業者ではありませんので、総量規制の制約を受けません。そのため年収の6分の1を超える金額であっても、返済能力さえ認められれば「借り換え」が可能です。

    また長期間の借入を前提とするのなら、「30日間の無利息サービスを受け直す」よりも「3%以上低い金利で契約を結ぶ」方が支払い総額を抑えられることでしょう。

    30万円を借り換え、月1.5万円返済する場合の支払総額比較
    プロミス
    (金利17.8%、30日間無利息)
    352,451円
    (24回)
    みずほ銀行
    (金利14.0%)
    343,699円
    (23回)
    差額8,752円
    50万円を借り換え、月1.5万円返済する場合の支払総額比較
    プロミス
    (金利17.8%、30日間無利息)
    680,679円
    (46回)
    みずほ銀行
    (金利14.0%)
    637,237円
    (43回)
    差額43,442円

    また銀行カードローンは、消費者金融会社に比べても「借り換え」に積極的な傾向にあります。

    基本的にはどうせ借り換えを検討するのなら、「無利息サービスを継続させる」方向よりも、「より金利の低いカードローンへ移行する」方向で検討を進めたいところです。

    CHECKカードローン/リボの「借り換え」に関するメリット・デメリットとおすすめ申込み先候補

    ★とは言えもちろん、年18%(月1.5%前後)の利息支払いを受け入れられるのであれば、無理に借り換えを検討する必要はありません。

    ★銀行カードローンは「レイクALSA」や他の消費者金融会社に比べ毎月の支払い額が安く、放っておくと「レイクALSA」より多くの利息を支払うことになりがちです。

    無駄な利息負担を抑えるために「借り換え」を利用したいのなら、毎月の返済負担額を減らさないよう注意したいところです。

    詳細全銀行カードローンの申込前に確認すべきデメリット:自己管理の重要性はアコム以上

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 他社と一線を画す「レイクALSA」の無利息サービスだが、これ自体に「裏」や「罠」はない。レイクALSAをはじめて利用する方皆が利用可能
      ┗ただし「無利息期間の始点が契約日の翌日」「そもそもレイクが向いていない人がいる」といった注意点が存在するのは事実
    • 借入額が5万円以下なら「180日間5万円以下無利息」を、15万円以上なら「60日間無利息」を選んで良い。
      また借入額が10万円程度なら、どちらを選ぶべきかは借入期間によって変わる
    • 無利息期間終了後の「借り換え」も可能
      この場合は消費者金融への借り換えで無利息サービスの延長を狙うよりは、「もともと金利の低い銀行カードローン」等を選ぶのが効果的かつ成功率も高い

    特にデメリットなく利用できる「レイクALSA」の選べる無利息サービス。

    気になるとすれば無利息サービス終了後の高金利ですが……。
    あなたに一定以上の返済能力があるのなら、無利息サービスが終了しそうな頃に、より金利の低い銀行等で「借り換え」審査を受けてみるのも有効かと思います。

    CHECKレイクALSA徹底解説!確かな根拠に基づくメリット・デメリット&即日契約の流れ

    CHECKカードローン/リボの「借り換え」に関するメリット・デメリットとおすすめ申込み先候補

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    レイクALSAの無利息期間には、さまざまな噂がありますが、特に問題となるようなことはありませんでした。
    いずれにしても、何らかの優待サービスを受けるためには必ずといって条件がついてきます。しっかり条件を確認し、自分が条件にあっているのかを確かめることが必要です。
    レイクALSAの無利息期間は契約日の翌日からスタートします。契約するタイミングと利用するタイミングをあわせて、無利息期間の恩恵を最大限に受けるようにしたいものです。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい