レイクALSA徹底解説!確かな根拠に基づくメリット・デメリット&即日契約の流れ

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    レイクALSA徹底解説!確かな根拠に基づくメリット・デメリット&即日契約の流れ

    <60日間無利息><180日間5万円以下無利息>といったおトクなサービスをしているらしい<レイクALSA>が気になる。
    他の消費者金融に比べてもおトクそうだけれど、このまま申し込みを進めてしまっても良いのかな?」

    魅力的な無利息サービス、そして「郵送物を避けやすい」「24時間振込」「全ATMの手数料無料」といった優秀なユーザーサービスが特徴の「レイクALSA」使い勝手の良さに関しては業界トップと言ってしまっても差し支えないでしょう。

    ……が、決してデメリットが存在しないわけではありません。申込を行う際には

    • 金利自体が低いわけではない
    • 他の消費者金融に比べるとやや審査難易度が高い

    …といった点を受け入れておく必要があります。

    今回はそんな「レイクALSA」について、申込前に知っておきたいメリット・デメリット、その他契約の流れ等を「問い合わせ結果含む公式情報」「ユーザー提供情報」といった根拠を元に詳しくまとめました。

    読み終えていただければ、今のあなたが「レイクALSA」を利用すべきか否かが分かります。

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    公式情報&ユーザー情報に基づく「レイクALSA」のメリット・デメリット

    公式情報&ユーザー情報に基づく「レイクALSA」のメリット・デメリット

    それでは早速、他社キャッシングサービスと比べた「レイクALSA」のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

    ★レイクALSAに限らず、「すべてのカードローン」利用に伴うデメリットについては「初めてのカードローン申込前に知っておくべきデメリット」のページをご覧ください。

    ①基本の貸付条件:「上限18%」が高金利であることは確か

    キャッシングサービス「レイクALSA」の基本情報は以下の通りです。

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    こまごましたメリット・デメリットについては追って説明していくとして……。

    ローンを選ぶ上で、最も重要な要素の一つは言うまでもなく「金利」でしょう。
    レイクALSAが提示する貸付金利は「4.5%~18.0%」。とは言え実際のアンケート調査結果等を見る限り、契約時に適用されるのは十中八九「18.0%」と考えて差し支えありません。

    レイクALSA・新生銀行レイクの審査結果を見る(クリック/タップで開きます)
    レイクALSA・新生銀行レイク審査結果
    属性契約条件
  • 年収100万円
  • アルバイト(2年)
  • 安定収入ある配偶者あり
  • 金利18%
    限度額10万円
  • 年収155万円
  • アルバイト(0ヶ月)
  • 他社借入42万円(アイフル)
  • 失業手当受給中
  • 金利18%
    限度額9万円
  • 年収192万円
  • 会社員(1年/非上場)
  • 他社借入3万円(キャッシング枠)
  • 金利18%
    限度額20万円
  • 年収320万円
  • 会社員(2年/上場)
  • 他社借入10万円(プロミス)
  • 金利18%
    限度額20万円
  • 年収320万円
  • 会社員(半年/上場)
  • 金利14.8%
    限度額58万円
  • 年収400万円
  • 会社員(17年/非上場)
  • 金利18%
    (※借入額が100万円に達したとき15%に引き下げられるはず)
    限度額100万円
  • 年収405万円
  • 契約社員(10年)
  • 他社債務35万円(ショッピングリボ)
  • 金利18%
    限度額50万円
    ※スペースの都合上掲載していませんが、いずれもアンケート回答時に会員ページのスクリーンショットなどを提出頂いています。情報の信憑性は高いでしょう。

    「金利14.8%」が適用されたという方もいるにはいますが、より高いステータスを持っている方が18%の金利を適用された例もあり、金利引下げの基準は不明と言わざるを得ません。

    以上の内容からあなたの属性にかかわらず、初回に適用される金利は「18%」と考えて差し支えないかと思います。

    …さて、この18%という数字は「10万円以上100万円未満」を貸す場合における、法律で許されたギリギリの高金利
    これ自体は「アコム」「アイフル」等と共通するものではありますが、銀行カードローン等に比べかなり高いことは確かです。

    特に長期間、あるいは高額の借入を検討しているのなら、もともと低い数字を提示している申込先を選んだ方が良いでしょう。
    この「金利の高さ」は、レイクにおける最大にしてほぼ唯一のデメリットと言って差し支えありません。

    大手ローンの簡易比較を見る(クリック/タップで開きます)
    備考
    レイクALSA
  • 上限金利18.0%
  • 60日間無利息または180日間5万円以下無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • 全ATMの手数料無料
  • 消費者金融の中では若干審査厳しい
  • 時間外の即時振込対応
  • プロミス
  • 上限金利17.8%
  • 30日間無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • 消費者金融の中では若干低金利
  • 時間外の即時振込対応
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 下限金利1.8%~上限金利14.6%
  • 郵送物回避のために来店、運転免許証の提示必須
  • 三菱UFJ銀行の口座開設は不要(ただしあった方が便利)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 上限金利14.5%
  • 郵送物回避のために来店必須
  • 三井住友銀行の口座開設は不要(ただしあった方が便利)
  • 三井住友銀行口座宛てに限り、時間外振込可
  • みずほ銀行カードローン
  • 上限金利※年14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げ
    →引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
  • 郵送物の回避不可
  • みずほ銀行の口座開設必須
  • みずほ銀行口座宛てに限り、時間外振込可
  • アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
  • 上限金利9.5%
  • 30日間無利息
  • 必要年収300万円~
  • 郵送物の回避が容易
  • (あえて希望しない限り郵送物なし)

  • 審査に自信があるなら優先度高し
  • 住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」
  • 上限金利7.99%
  • 目安年収400万円~
  • 住信SBIネット銀行の口座開設必須
  • 高限度額(年収の2分の1くらいまで)
  • 消費者金融会社(法律上、年収の3分の1を超える貸付不可)
    銀行カードローン

    CHECK難易度別!低金利カードローンとその選び方
    CHECK電話取材に基づく消費者金融6社徹底比較!申込先はフローチャートで簡単チェック
    CHECKメリットから選ぶ!おすすめ銀行カードローン7選:低金利、郵送物なし、口座不要他
    CHECKこれさえ守れば誰でも借りれる!カードローンの選び方

    ★金利(年利)18%とは、1ヶ月単位で考えると「1ヶ月あたり、借入残高の1.5%前後の利息(サービス料)が発生する」数値となります。10万円を30日間借りる場合であれば、1,500円前後の利息が生じる計算ですね。

    これを許容できるかどうかは、申込先を選ぶ上で重要なポイントとなることでしょう。

    ②最大の特徴は「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といった魅力的な無利息サービス

    さて、金利の面でこそ他社に劣る「レイクALSA」ですが……。
    このローンにおける最大の特徴は、「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といった独自の、魅力的な無利息サービス。
    これを上手く活用すれば、金利から受ける印象よりずっとおトクに利用可能となっています。

    「レイクALSA」無利息サービスの概要
    60日間無利息
    概要契約日の翌日から60日間、利息が一切発生しない(=金利0%)
    条件
  • はじめてレイクALSAを利用すること
  • 契約額が200万円以下であること
  • インターネットで申し込みを行うこと
  • 注意点
  • インターネット以外からの申込だと「30日間無利息」となるため注意
  • 180日間5万円以下無利息
    概要契約日の翌日から180日間、「5万円分」の利息が発生しない
    条件
  • はじめてレイクALSAを利用すること
  • 契約額が200万円以下であること
  • 2つの無利息サービスは申込時に選択可能です。

    「180日間5万円以下無利息」の方は少しルールが分かりにくいですが……。
    例えば8万円を借りている場合、5万円分の利息が0円となるため、差額の「3万円」相当の利息のみが請求されるわけですね。

    利息が0円となる比率が借入残高に対し高いほど(=借入額が5万円を超えるとき、5万円に近いほど)おトクになると考えると、基本的には「10万円」以下の借入を希望する場合、「180日間5万円以下」を選択すると良いでしょう。
    (それ以上の借入であれば「60日間無利息」の選択推奨)

    無利息サービスを設けている消費者金融会社は珍しくありませんが、ここまで充実した内容を設けているのは「レイクALSA」だけ。(一般的な無利息サービス内容は「30日間無利息」)

    この利点により、「無利息サービスが終わった後の追加借入」を想定しないのであれば若干金利の低い「プロミス」よりほぼ確実に総支払額を抑えられます

    さらに借入期間が目安として「1年半(18回)」以下であれば、一般的な銀行カードローンに比べてもおトクとなりますね。(60日間無利息利用時)

    無利息サービスを前提とした大手3社の支払総額比較(クリック/タップで開きます)
    5万円を借り、月3千円を返済
    レイクALSA
    52,369円
    (18回/1年6ヶ月)
    ※180日間5万円以下無利息
    プロミス三井住友銀行
    56,852円
    (19回/1年7ヶ月)
    ※30日間無利息
    56,183円
    (19回
    /1年7ヶ月)
    10万円を借り、月5千円を返済
    レイクALSA
    113,778円
    (23回/1年9ヶ月)
    ※180日間5万円以下無利息
    プロミス三井住友銀行
    117,356円
    (24回/2年0ヶ月)
    ※30日間無利息
    115,183円
    (24回/2年0ヶ月)
    30万円を借り、月1.5万円を返済
    レイクALSA
    347,142円
    (24回/2年0ヶ月)
    ※60日間無利息
    プロミス三井住友銀行
    352,067円
    (24回/2年0ヶ月)
    ※30日間無利息
    345,550円
    (24回/2年0ヶ月)
    50万円を借り、月2万円を返済
    レイクALSA
    608,476円
    (31回/2年7ヶ月)
    ※60日間無利息
    プロミス三井住友銀行
    617,290円
    (31回/2年7ヶ月)
    ※30日間無利息
    561,826円
    (18回/1年6ヶ月)
    要はレイクALSA、優秀な無利息サービスにより

    • 10万円以下の借入(180日間5万円以下無利息)
    • 追加借入を想定しない、または1年半以内に完済が可能(60日間無利息)

    といった場合には、高金利にもかかわらず結果的に他社よりおトクとなりやすいと言えます。

    ③消費者金融には珍しくATM手数料無料

    「レイクALSA」と他の消費者金融会社の差別化点として、他に挙げられるのがその「ATM利用手数料」
    比べてみれば、違いは一目瞭然です。

    大手消費者金融のATM手数料一覧
    基本手数料例外
    レイクALSA全ATM常時無料
    プロミス取引額1万円以下
    110円/回
    取引額1万円超過
    220円/回
    プロミスATM、
    三井住友銀行ATMは無料
    アコムアコムATMは無料
    アイフルアイフルATMは無料
    SMBCモビット三井住友銀行ATMは無料
    ※いずれも大手コンビニATMすべてを利用可

    大手消費者金融の中で、コンビニATM手数料が発生しないのは「レイクALSA」だけ
    単純に無駄な出費が発生しづらいという意味で、嬉しいポイントと言い切ってよいでしょう。

    ★ちなみにレイクALSAで「来店なし+郵送物なし」での契約を希望する場合、ATM用のローンカードが発行されることはありませんが……。
    スマートフォンを使ったカードレス取引(スマホATM)に対応している「セブン銀行ATM」に限っては、ローンカードを持っていなくても入出金が可能です。
    この場合も「レイクALSA」であればATM利用手数料は発生しません。

    CHECKレイクALSA公式HP「セブン銀行<スマホATM取引>のご利用方法について(レイクALSAのカードレス)」

    ④「ほぼ24時間振込」「郵送物を避けやすい」といったサービス面も申し分なし

    「独自の無利息サービス」「ATM手数料無料」といった独自の利点を多く備える「レイクALSA」

    これに「(ほぼ)24時間振込」「郵送物の回避のしやすさ」といった項目を加えて比較しても、「レイクALSA」のユーザーサービスは業界トップと言って差し支えありません。

    大手消費者金融5社の比較
    特徴
    レイクALSA
  • 上限金利18.0%
  • 60日間無利息または180日間5万円無利息
  • 郵送物を避けやすい
  • ほぼ24時間振込対応※1
  • 全ATM手数料無料
  • プロミス
  • 上限金利17.8%
  • 30日間無利息
  • 郵送物を避けやすい
  • ほぼ24時間振込対応※1
  • アコム
  • 上限金利18.0%
  • 30日間無利息
  • 郵送物回避には来店必須
  • 振込対応は口座による(詳細公式HP)
  • アイフル
  • 上限金利18.0%
  • 30日間無利息
  • 郵送物を避けやすい
  • 振込対応は平日日中のみ
  • SMBCモビット
    (カード申込)
  • 上限金利18.0%
  • 郵送物回避に諸条件あり
  • 時間外振込対応だが、プロミス等に比べ限定的
  • (詳細公式HP)

    いずれも最短30分審査、最短1時間融資
    ※1 日曜夜間などの例外あり

    「アコム」「アイフル」「SMBCモビット」に対しては、ユーザーサービス面から明らかに優勢。後述のデメリットさえ気にならないのなら、この3社は申込先候補から外してよいでしょう。

    ライバルとなるのはレイクALSAに近いユーザーサービスを備え、若干低金利となる「プロミス」ですが……。
    先述の通り追加借入を想定しないのであればおトクなのは「レイクALSA」の方となります。

    参考おトクに借りられる消費者金融4選:一番の低金利はプロミス…とは限らない!

    ★「来店なし+郵送物なし」のカードレス契約のためには返済用口座(口座振替/自動引き落とし)の設定が必須となります。
    こちらの形での契約を希望する場合には、あらかじめ対応金融機関をご確認ください。
    (とは言え銀行あるいは信用金庫という名前の付いた金融機関の口座をお持ちであればほぼ問題ないと思われます)

    CHECKレイクALSA公式HP「Web自動引落し – ご利用可能金融機関一覧」

    ★稀に「プロミスでなら土日祝日も振込を受けられるが、レイクでの振込対応は平日のみ」という金融機関が存在します(荘内銀行など)。
    振込での借入を希望する場合には、あらかじめご確認ください。

    CHECKレイクALSA公式HP「振込み時間拡大金融機関一覧(PDF)」
    CHECKプロミス公式HP「金融機関別振込実施時間検索」

    ⑤ただし成約率は他の消費者金融に比べ明らかに低く、いくらか審査は厳しい模様

    大手消費者金融中、トップのユーザーサービスを誇る「レイクALSA」。高金利という最大のデメリットも、優秀な無利息サービスによりある程度軽減されるのは嬉しいところです。

    ……ただしこのレイクALSAにも、申し込みをためらわせる要素が無いわけではありません。
    というのもこのローン、他の消費者金融に比べ明らかに「成約率」が低いんですね。

    成約率とは、各社が株主等を対象に公開している「申し込み総数に対する契約締結率」。申込後のキャンセル分などを含めるて考えるとイコール審査通過率とまでは言えませんが、その条件はどこの会社も同じです。
    そして2019年12月現在確認できる最新の成約率は以下の通り。

    大手消費者金融会社の成約率(2019年12月現在確認できる最新分)
    レイクALSA39.8%
    プロミス46.9%
    アコム44.4%
    アイフル42.9%
    SMBCモビット非公開

    最も成約率の高い「プロミス」と「レイクALSA」の差は歴然
    また成約率自体は月ごとに上下することも多いのですが、「レイクALSA」の成約率は常に20%~30%台であり、他3社といつも10%、またはそれ以上の差があります。

    大手消費者金融の申込者層はおそらく、どこも大差ありません。よってこの成約率の低さはそのまま、「レイクALSAの審査は他社より厳しい」ことを示していると見て良いでしょう。

    「多額の他社借入がある」「ブラック状態である」等の不安要素があるのなら、レイクALSAへの申込はダメ元になるかもしれません。

    CHECK元従業員&ユーザー百名超に聞く!カードローン審査内容と各社の審査傾向

    申告年収155万円、勤続0ヶ月での審査通過例(クリック/タップで開きます)
    他の消費者金融より審査が厳しいとされる「レイクALSA」。
    ……ですがこれまでには年収100万円台の方の審査通過も複数報告されています。ここでは一例として、「年収155万円、失業直後」という属性の方のアンケート回答を紹介させて頂きましょう。

    レイクALSA利用者Aさんの、会員ページスクリーンショット

    ▲▼レイクALSA利用者Aさんの、会員ページスクリーンショットとアンケート回答

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:アルバイト
    • 年収:155万円
    申込時期年代
    2019年8月20代
    申告年収職業
    155万円アルバイト
    勤続年数家族構成
    0ヶ月単身、親と別居
    他社借入
    アイフル42万円
    備考
  • 失業手当の受け取り中
  • 「2年」以内に、クレジットカードの支払いを「1ヶ月」以上延滞した(申込時には清算済み/ブラック未満の信用情報問題)
  • 借入を必要とした理由
    失業してしまい収入が無く、再就職したものの給与は翌月で生活が苦しくなってしまうため少なくとも残金以外に5万円は必要だった。
    感想
    もう少し限度額が高ければ良かったとはおもったが、審査から借入まで迅速だったのでまぁ満足かなとおもう。

    たまに延滞することがあるが、電話が延滞翌日くらいからかかってきて、出なければちがう番号で電話がかかってきます。携帯だったり、フリーダイヤルだったりです。ちゃんと返済しておけば、月々の返済も少し(三千円)ですし、苦しくない範囲の返済額だと思います。

    その他
    レイクの申し込み後、バンクイック(三菱UFJ銀行)と西日本シティ銀行のカードローンに審査通過。

    「年収155万円、勤続0ヶ月、アルバイト、他社借入あり、ブラック未満とは言え信用情報問題あり」といった状況は、決して良いとは言えません。

    が、この属性でも「レイクALSA」の審査に通過できたとなれば、他の消費者金融より難易度が高いとは言え、そこまで高いステータスが求められることは無いでしょう。

    また上の方の他にも、これまでには「年収100万円、学生」という審査通過報告も確認済みです。

    ⑥結局「レイクALSA」へ申し込むべきはどんな人?

    これまでに触れた「レイクALSA」のメリットとデメリットをまとめなおすと、以下のようになりました。

    レイクALSAのメリット・デメリット
    メリット
  • 「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といった優秀な無利息サービスにより、10万円以下または1回きり(特に1年半以内に完済できる場合)の借入がおトク
  • 大手消費者金融で唯一、全ATMの利用手数料無料
  • 最短30分審査、最短1時間融資(これは他社も同じ)
  • 来店なし+郵送物なし+ほぼ24時間振込の並立
  • (=カードレス契約でも不便なく利用しやすい)

    デメリット
  • 高金利(上限金利18%)
  • 消費者金融の中ではやや審査難易度高い(とは言え年収100万円台の通過例は複数ある)
  • そこまで審査通過に不安が無いのであれば、ポイントは「年18%(月1.5%前後)」の高金利を受け入れられるか否か、という点に絞られます。

    ユーザーサービス面に関しては一切申し分ありません
    「高金利」というデメリットより「レイクALSA」のメリットに魅力を感じるのなら、そのまま申し込みを決めてしまって差し支えないでしょう。

    「レイクALSA」基本的な契約の流れ

    「レイクALSA」基本的な契約の流れ

    メリット・デメリットを踏まえた上で「レイクALSA」への申込を前向きに検討しているのであれば、ここからはその契約の流れについて見ていきましょう。
    ……とは言え契約の詳細については既にこちらのページで解説していますので、ここでは概要のみを紹介するに留めさせて頂きます。

    「レイクALSA」インターネット契約の流れ

    インターネットから申し込み
    申込が8:10~21:50なら
    その場で仮審査結果確認(最短数秒程度)
    限度額などもこの時点で確認・設定可
    ※第三日曜日は19時まで
    ※時間外の場合は翌朝にメールで結果連絡
    画面の案内に従って返済日などの設定
    必要書類の提出
    このあたりでレイクから携帯電話へ確認が入る可能性が高い
    前後する形で在籍確認(勤務先確認)の電話連絡
    ※順番は不定
    勤務先への電話は相談次第で回避できる可能性あり
    メールで契約内容確認連絡
    (これが実質の本審査通過連絡)
    銀行振込(土日・夜間可)
    またはスマホATMで借入可能に
    (ここまで最短60分)
    当日中の「振込」のためには21時(日曜は18時)までに契約を済ませる必要あり
    カード郵送
    (希望者のみ)

    ※インターネット上で書類提出までを済ませた後、自動契約機でカードを受け取ることも可能です。
    ※自動契約機を使った来店申し込み/契約も可能です。(ただし来店申込時、60日間無利息は利用不可)

    レイクALSAとの契約に必要な書類を見る
     

    「レイクALSA」新規入会時の必要書類
    本人確認書類
    提出が必要な方該当する書類
    全利用者以下のいずれか一点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
    ※記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください。
    ※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住所確認書類
    提出が必要な方該当する書類
  • 本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合
  • 来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合
  • 以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 勤務先確認書類(在籍確認書類)
    提出が必要な方該当する書類
  • 勤務先の休業中に審査を受けたい場合
  • 勤務先への電話を避けてほしい場合
  • 何らかの理由で在籍確認に失敗した場合 等
  • あなたの勤務先から発行された各種保険証(国民健康保険証や被扶養者のものは不可)
    ※記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください。
    ※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
  • 最新の給与明細書
  • その他応相談

    収入証明書類
    提出が必要な方該当する書類
  • 限度額50万円超の場合
  • レイクとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合
  • 以下のいずれか1点
    (いずれも最新のものに限る)

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • (直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

  • 住民税決定通知書
  • 所得(課税)証明書
  • その他
  • 事業所得者(特に固定電話番号をお持ちでない方)は、事業実態を確認できる書類(確定申告書等)の提出を求められやすいと推測されます。
  • その他、レイクの判断により上記以外の書類提出を求められる可能性があります。
  • ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    申し込み~契約完了までに掛かる時間は最短60分
    AIを用いた仮審査の正確さ・スピーディさには定評があり、8時10分~21時50分(第三日曜日除く)の間の申込であれば、数秒程度で貸付条件を確認できることも多いようです。
    (成約率が低いのは、ここで「審査に通れるか微妙な人」を弾いているから、という理由もありそう)

    また

    • 各書類は「スマートフォンなどで撮影+所定の場所にアップロード」という形で提出可能
    • 21時(日曜のみ18時)までに契約が完了すれば当日中の振込融資可

    といった点を踏まえても、「自宅に居ながら、手間や時間を掛けずに借りやすい」のは確かと言って良いでしょう。

    ★契約の流れついて詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKレイクALSA&利用者に聞く!即日審査の流れと注意点、郵送物や勤務先電話の回避他

    ★他の多くの消費者金融会社と同じく、レイクALSAにおいても在籍確認(勤務先確認)は必須となります。
    これについて、基本的には「レイクからあなたの勤務先に電話が掛かってくる」形となりますが……。

    このとき社名や用件が第三者に伝えられることはありませんし、申込者がそこに居合わせる必要もありません。
    また不都合があれば、事前相談により「書類を使った在籍確認」に切り替えてもらえる可能性もあります。
    この過程について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKレイクALSAに聞く!審査中の「在籍確認」基本仕様と勤務先への電話を避ける条件

    「レイクALSA」契約後の借入方法

    「レイクALSA」契約後の借入方法

    ここからは「レイクALSA」契約後の借入方法について紹介させて頂きます。

    ①現在主流の借入方法は「銀行振込」か

    先にも触れた通り、「レイクALSA」は多くの金融機関への「ほぼ24時間振込」を実現させています。
    インターネット会員ページを通し簡単に手続きが可能であることから、現在主流の借入方法はこちらと言って良いでしょう。

    …ただし日曜日夜間はじめ、一部の時間帯は即時振込を利用することができません
    こちらは他の消費者金融会社にも共通することですので、おそらくレイクALSAというよりは各消費者金融会社が用いている、仲介サービスのようなものの問題なのでしょう。

    レイクALSAの即日振込対応時間
    月曜日8時10分~23時50分
    火曜日
    ~土曜日
    0時15分~23時50分
    日曜日4時00分~18時50分
    備考
  • お金を受け取る側の金融機関に問題がある場合
  • (メンテナンス中、あるいはレイクの「振込時間拡大金融機関」に含まれていない場合など)には即日振込を利用できません。

    参考主要金融機関の定期メンテナンス時間
    三菱UFJ銀行第1月曜日21時~翌7時
    三井住友銀行毎週日曜日21時~翌7時
    ※レイクALSAの振込未対応時間と重なる
    みずほ銀行毎週土曜日22時~翌8時
    第1、第4土曜日3時~5時
    りそな銀行第1月曜日2時~6時
    第2土曜日23時~翌6時
    ※その他不定期メンテナンス実施の可能性あり
    ※その他の金融機関情報については、各公式HP等をご覧ください。
     ちなみにメンテナンスが行われるのは原則として夜間または早朝です。

    ②カード受取済みorセブン銀行ATMならATM出金も可

    曜日や振込先金融機関等を理由に銀行振込を利用できない、あるいは単に現金を必要としている状況であれば、各ATMを使いお金を引き出すこととなります。

    こちらの方法を利用できるのは原則として郵送または自動契約機でローンカードを受け取られた方のみとなりますが……。
    「セブン銀行ATM」のみはQRコードを使ったカードレス取引(スマホATM)に対応していますので、カードレス契約ユーザーでも利用可能。
    日曜夜間等に借入が必要となった場合には、こちらの方法をお役立てください。

    レイクALSAの借入に利用できる提携ATM

    • セブン銀行ATM(カードレス取引可)
    • ローソンATM
    • E-netATM(ファミリーマートなど)
    • 新生銀行レイクATM
    • イオン銀行ATM
    • 三井住友銀行ATM
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • 東京スター銀行ATM
    • 西日本シティ銀行ATM
    • 第三銀行ATM
    • 福岡銀行ATM※
    • 広島銀行ATM※
    • 親和銀行ATM※
    • 熊本銀行ATM※
    • クレディセゾンATM

    ※借入のみ、返済不可

    ★先述の通り、すべてのATMの利用にあたって手数料は一切発生しません

    ★カードレス取引(スマホATM)について詳しくは、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKレイクALSA公式HP「セブン銀行<スマホATM取引>のご利用方法について(レイクALSAのカードレス)」

    ★利用可能時間などについての詳細については、以下の公式HPをご覧ください。
    (とは言え深夜や早朝でなければほぼいつでもコンビニATMを利用可能です)

    CHECKレイクALSA公式HP「提携ATMのご案内」

    「レイクALSA」毎月の返済金額とその方法

    「レイクALSA」毎月の返済金額とその方法

    最後に、「レイクALSA」のサービスを通し借りたお金を返済していく方法について簡単に解説していきます。

    ①「レイクALSA」毎月の最低返済額

    「レイクALSA」における毎月の最低返済額(口座振替利用時は自動引き落とし額)は「最後にお金を借りた時点での借入残高」によって決定します。
    そのため追加借入を行わない限り、毎月の返済額が増減することはありません。

    レイクALSAの返済額
    最終借入時の借入残高最低返済額(自動引き落とし額)
    10万円以下4,000円
    10万円超過
    ~20万円
    8,000円
    20万円超過
    ~30万円
    12,000円
    30万円超過
    ~40万円
    13,000円
    40万円超過
    ~50万円
    14,000円
    ※50万円超借入時の最低返済額については会員ページにて要個別確認

    借入残高ごとの最低返済額は他の消費者金融会社に比べ若干高い…と言えなくもないですが、あえて指摘するほどの差でもないでしょう。
    (借入額40万円のとき、SMBCモビットに比べレイクの最低返済額は2,000円高い)

    また、多くのカードローンの例に漏れず、レイクの場合も「毎月の返済額から自動的に利息が徴収」されます。
    年利18%の場合、月あたりの利息は「借入残高の1.5%」前後。あらかじめご承知おき下さい。
    (ただし無利息期間中はその限りではありません)

    例:レイクALSAで30万円を借りた場合、月あたりの利息は30万×0.015=4,500円前後(実際には誤差あり)。
    このとき12,000円を返済すると、4,500円が自動的に利息として支払われるため、借入額の清算に充てられるのは差額の7,500円のみ

    CHECK【カードローン返済の仕組み】毎月の返済金額・方法と返済遅れのデメリット

    ★レイクALSAは「借入残高でなく、利用限度額に応じ返済額が決まる」元利定額リボルビング方式にも対応していますが、こちらは郵送等での手続きが必要となります。

    毎月の返済額を増やしたい場合は後述の方法で追加返済を行えば済むため、あえて手間を掛けてこちらの方法を選ぶ意味は薄いでしょう。

    ②口座振替の有無別・毎月の返済方法

    「レイクALSA」における毎月の返済日や返済方法は、「口座振替(月1度の自動引き落とし)」を利用するか否かによって異なります。
    検討中の方法をお選び下さい。

    CHECK口座振替を利用する場合(カードレス契約なら必須)
    CHECK郵送または店舗でカードを受け取り、口座振替を利用しない場合

    (1)口座振替を利用する場合(カードレス契約なら必須)

    あなたが「口座振替(自動引き落とし)」を希望するのなら、毎月の返済方法は以下の通りです。(来店なし+郵送物なしのカードレス契約を結ぶ場合、口座振替登録は必須となります)

    「レイクALSA」口座振替利用時の返済仕様
    約定返済方法(返済義務を果たすための基本の返済方法)
    毎月14日または27日に自動引き落とし(選択可)
    ※返済日が土日祝日の場合は翌営業日に持ち越し
    追加返済(任意返済)方法
  • Web返済(会員ページとインターネットバンキングを通し返済)
  • ATM入金
  • 銀行振込(振込先は会員ページで確認可)
  • ※いずれの方法も、レイク側で手数料が発生することはありません。
    (ただし銀行振込の場合は、利用する金融機関側の手数料が発生する可能性あり)

    毎月14日または27日の引き落としさえ済ませられれば、その月の返済義務は無事果たせたこととなります。

    とは言え「月約1.5%ずつ利息が発生」することを考えると、完済が早いに越したことはありません。

    余裕があるときにはお好きな方法を使い、積極的に追加返済を行っていけると良いですね。このとき、特に事前連絡等は必要ありません。

    ★引き落としシステムは新生銀行グループの信販会社、「アプラス」のものを流用しているようで、非常に多くの金融機関口座を返済に使うことができます。
    ただし労働金庫、JA等、一部の金融機関口座は例外となりますのでご留意ください。

    CHECKレイクALSA公式HP「Web自動引落し – ご利用可能金融機関一覧」

    ちなみに引き落とし時の名義は「APシンセイF」となります。

    ★引き落としに失敗してしまった場合には、できる限り早くその他の方法(Web返済など)で入金をお済ませください。
    これを行わない場合、翌日以降にレイクから確認の連絡が入ることでしょう。

    (2)口座振替を利用しない場合

    口座振替を利用せず、任意の方法でローンカードを受け取る場合の返済仕様は以下の通り。

    口座振替を利用しない場合の返済方法
    約定返済方法
    (返済義務を果たすための基本の返済方法)
    任意の返済期日をあらかじめ設定可能
    その14日前~返済期日当日までに最低返済額以上の金額を、以下の任意の方法で入金すること

    • Web返済
    • ATM入金
    • 銀行振込(振込先は会員ページで確認可)

    「返済期日の14日前~返済期日当日」までに入金が可能なら、どの返済方法を使っても構いません。また金額も最低返済額以上であれば自由です。

    ……ただし入金忘れのリスクや単純な手間を考えると、特に事情が無い限りは口座振替の登録をおすすめしたいところ。
    レイクの場合はアコム等と異なり、インターネット上で簡単に口座登録手続きが可能となっています。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 現行の「レイクALSA」における、他社と比べたメリットは以下の通り。
      • 「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といった優秀な無利息サービスにより、10万円以下または1回きり(特に1年半以内に完済できる場合)の借入がおトク
      • 大手消費者金融で唯一、全ATMの利用手数料無料
      • 最短30分審査、最短1時間融資
      • 来店なし+郵送物なし+ほぼ24時間振込の並立(=カードレス契約を不便なく利用しやすい)
    • 多様なメリットに対し、デメリットは「上限18%の高金利」「他の消費者金融に比べるとやや審査が厳しい」の2つ。
      やはり長期借入には向かないものの、ユーザーサービス自体は業界トップであり、デメリットよりメリットに重きを置くならそのまま申し込みを決めて良い

    高金利というデメリットこそ否めないものの、他社に比べ優れた点を多く持つ「レイクALSA」
    単純に「スピーディに借りたい」「他人に知られず借りたい」といった場合をはじめ、消費者金融会社を中心に申込先を選ぶ場合には、申込先の筆頭候補となってくれることでしょう。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    レイクALSAのデメリットは、貸付金利が高めの18%でかつ、他社に比べて審査が厳しいことがあげられます。とはいえ、「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」といったお得なサービスが受けられるのは見逃せないポイントです。また、大手消費者金融で唯一の全てのATMの利用手数料無料なのは嬉しいこと。申し込む場合には、こちらで掲げたポイントをしっかりと理解し、過不足なく書類を準備して下さいね。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~18.0%1万〜500万円お申込み後、最短15秒Webで最短60分融資も可能※
    申込条件郵送物回避条件
    • 満20歳~70歳までの安定した収入がある方(無職や専業主婦は申し込み不可)
    • 国内に居住する方
    • ご自分のメールアドレスをお持ちの方
    • 日本の永住権を取得されている方

    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

    その他の貸付条件

    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長8年、最大96回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典
      ※初めてなら初回契約翌日から特典。
      ※特典期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。
      ※60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※ご契約額が200万円超の方は30日間特典のみになります。

    • 2020年4月16日より順次、提携ATMでのお借入れ・ご返済時の手数料を有料化
    • 日曜日の無人契約機受付時間(2020年4月1日より)・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい