【賃貸契約の更新料が払えない】簡単&低リスクな2つの対処法

「家計がピンチなところに<賃貸契約更新のお知らせ>が……。
2ヶ月分の家賃なんて支払えない!」

土地にも馴染み、忘れたころにやってくる契約更新のお知らせ。
特に東京を始めとする首都圏・関東地域において請求されることの多いこの「更新料」ですが、この通達を放っておくのは絶対にNG
というのも、「更新料を支払う」という契約上の義務を果たさない場合、契約継続ができず今住んでいる場所を追い出されかねないからです。
これはマンション・アパートにおいても、借家においても変わりありません。

今回は「どうしても更新料が支払えない!」という場合の対処法を、2つだけまとめました。
読み終えていただければ、あなたに合った方法でこのピンチをしのぐことができますよ。

期限内に更新料を支払えない!と思ったら

ちょうど私も契約更新のタイミングだったので、<賃貸住宅更新のお知らせ>が届いていました。
以下、実物の写真となります。

<賃貸住宅更新のお知らせ>

私の場合、合計して必要な金額は「家賃1ヶ月分+手数料10,800円+宅建ファミリー共済保険料14,500円」となるようですね。もちろん支払いはキツいですが、引越し費用よりは安くつきそうです。
管理費や駐車場費が発生する場合には、より高額になると思われますが、契約書に明記されていない限り敷金・礼金を支払いなおす必要はありません

この更新契約手続きについてですが、もしも請求額を期限内に支払えないと思ったら書類の送付元(管理会社、不動産会社、もしくは大家さんなど)に早めに相談を行ってください。

これまで家賃を滞りなく支払ってきたのなら、一括払いができなくても即追い出しとはならないでしょう。
また、管理会社や不動産屋に受け入れてもらえなくても、大家さんに相談すれば何とかなる可能性もあります。

2年ごとに10万円単位の支払いをこなせない人は少なくないはず。
まずは真摯な姿勢で相談し、分割でも支払っていくという意思を認めてもらいましょう。

<更新料を支払う義務はないってネットで見たけれど……>

「更新料に法的根拠はない」という文面はよく見かけます。
が、契約の上で法的根拠の有無はほぼ関係ありません
その契約内容が法律に反しない限り、契約内容に疑問があるのなら契約前に提言するべきで、契約を結んだ後だと手遅れなんです。そして当然、更新料は法律に反するものではありません。つまり、「法的根拠はないが、支払義務はある」ということですね。
 
契約書に「更新料」が明記されていない場合はその限りではないものの、実際問題として考えにくいもの。結局のところ、請求が来ているということは「更新料」が必要だということです。
というわけで更新料に関する契約を結んでいる以上、あなたが取れる行動は(大家さんや管理会社に働きかける、というものを除けば)「住み続けるなら更新料を払う」「部屋を出ていく」の2つだけとなるわけです。
 
★一方で契約書に掛かれていないお金(更新料、敷金・礼金など)を不当に請求された場合には、弁護士など専門家に相談するのもアリでしょう。

「新生銀行レイク」を初め外部からの借り入れも一考

「大家さんや管理会社とお金の話をするのがはばかられる」「交渉したけど、聞き入れてもらえなかった……」
そんな場合には、外部からお金を借りて一時しのぎを検討しても良いでしょう。
借り入れと言うとあまり聞こえが良くありませんが、一度きりのキャッシングなら自動車購入時に組むローンの縮小版と考えて構いません。

ここでは、簡単な借入先の選び方をまとめました。

★賃貸更新のためにおすすめな各種ローン

新生銀行レイク
「180日間5万円以下無利息」
借入額が10万円以下、かつ数ヶ月以上にわたり返済したいとき
アコムプロミスなど
「30日間無利息」
次の給料日か、次の次の給料日くらいまでには全額返済ができそうなとき
銀行系のカードローン
フリーローン
借入額が大きく、数ヶ月以上にわたり返済したいとき

外部からの借り入れを使う場合、お金の流れは
「金融機関からあなたに必要額を貸付→あなたが更新料を支払い→あなたが金融機関へ返済」といったものとなります。
この場合、管理会社や大家さんは一切損失を被らないため、毎月きちんと返済が可能なら最も平和的な解決方法と言って良いでしょう。

詳しい借り入れ条件や返済方法については、各個別ページをご覧ください。

CHECK新生銀行レイクの総まとめと独自の無利息サービスについて
CHECKはじめてのキャッシングにおすすめ!「アコム」の総まとめ
CHECKアコムより少し低金利&来店不要に特化した「プロミス」について
CHECKカードローンの概要と、あなたに合った借入先の選び方

★その他クレジットカードのキャッシング枠を使うのも一つの手ですが、無利息サービスや金利の点からカードローンを使った方が支払い総額は少なくなりやすいです。

更新のタイミングで家賃を引き下げてもらえる可能性も

現在お住いの物件の賃料を高額に感じているのなら……。
この機会に不動産検索サイトなどで、あなたの物件の賃貸価格を調べてみると良いでしょう。

というのも、築年数が増えたことなどにより同じ物件であっても、年が経つにしたがって価格が下がることはさほど珍しくありません。
これに該当した場合、スムーズに家賃を引き下げてもらえる可能性は十分です。
管理会社や大家さんへ、「○○のサイトで見たのですが……」と<家賃引き下げ要求をする根拠>を提示しながら交渉を行ってみても良いでしょう。

とは言え、100%金額交渉が成立するわけではありません。
また、支払い遅れを頻繁に起こしているなどオーナーからの心象が良くない場合、要求が通ることは考えにくいです。

その反対に、普段から「優良入居者」と認められている場合には、<家賃引き下げ要求をする根拠>がなくても交渉に応じてくれる……かもしれませんね。

賃貸契約更新に関するよくある質問と回答

最後に、賃貸契約更新(定期借家契約更新)に関するよくある質問にお答えしていきます!

①更新料を支払わないことで本当に追い出されるんですか?

確かに更新料に法的根拠は無いため、これを支払わないだけだと「追い出す」には至らないことが多いですが……。
過去の判例情報によると「賃貸人と賃借人間の信頼関係が破壊されるに至っている」と判断される場合には、強制退去が認められる可能性があるようですね。

契約書に明記してある以上、管理会社が訴訟に出れば勝てる見込みはありません
余計なトラブルを起こすよりは、お金を借りてでも支払った方が何かとスムーズかと思います。

②保証人が遠方で、印鑑を持ってきてもらうわけには行かないんですが……。

私もこのパターンなので不動産会社に電話を掛けてみたところ、「前回印鑑証明書をもらっているので代筆で構わないが、印鑑を二種類持ってきてほしい」とのことでした。
ケースバイケースになりそうなので、個別に問い合わせてみることをおすすめします。

③共済には加入しないといけないんですか?

火災や水漏れ、空き巣などの被害を受けてもすべて自分で責任を取れるならそれも一考ですが、もしものことを考えるとやはり「加入しておいたほうが良い」かと思います。

④カードローンの審査にも落ちました。引っ越しするお金もアテもありません。

住宅手当などの支給を受けられたり、一時金を借りられる可能性があります。
市区町村役所の福祉課や、社会福祉協議会に相談してみてください。

CHECK生活苦に関する公的支援について

まとめ

★賃貸更新料を支払えない、と思ったら早い段階で手紙の差し出し元に相談を!日ごろの支払い状況によっては分割払いや支払い期限の延長を認めてもらえるかも
★分割を認めてもらえなかったり、交渉に抵抗がある場合は新生銀行レイクをはじめとする各種カードローンの利用も一考
★本当にどうやってもお金を払えずホームレスになってしまう可能性があるのなら、役所や社会福祉協議会に相談を!

法的な根拠がないとは言え、契約は契約。訴訟沙汰にならないためにも、請求額はきちんと支払うのが道理です。
とは言え無い袖は振れませんので、期間内の支払いが難しいのなら交渉や外部からの借り入れといった何らかの対策を取る方法があるでしょう。

CHECKあなたに合ったカードローンの選び方
CHECK家賃の滞納と強制退去について



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。