低金利で借りたいなら、町の金融機関と人気カードローンを簡単に調査&比べてみよう!

    低金利で借りたいなら、町の金融機関と人気カードローンを簡単に調査&比べてみよう!
    「急に大きなお金が必要に!
    どうせ借りるなら低金利で借りたいけれど、金融機関はたくさんあってどれを選べばいいかわからない……。」

    消費者金融(キャッシング会社)はもちろん、確認できている限りすべての銀行・信用金庫までもが取り扱うカードローン。
    ここにJAや労働金庫などといった金融機関までを併せて考えると、借入先選びに迷うのは当然と言えます。
    ですが、「低い金利で借りたい」という明確な目的があるのなら話は別
    圧倒的な低金利でカードローンを取り扱う金融機関は決して多くありませんから、いくつかのポイントさえチェックしておけば、あなたの収入とお住まいの町から利用できる、最も金利の低いローンを選択することができます。

    今回はそんな「できるだけ低い金利で借りたい!」というあなたに向けて、消費者金融・銀行系カードローンはもちろん、町の比較的小さな金融機関に至るまで、低金利カードローンを詳しくまとめてみました。
    読み終えていただければ、一般的な銀行カードローンの半分以下の金利でお金を借りられることも夢ではありません!

    低金利ローンを探す前にここをチェック!低金利に特化したローンはデメリットが多いことも

    低金利ローンを探す前にここをチェック!低金利に特化したローンはデメリットが多いことも

    カードローンを取り扱う金融機関は多数存在しますが……。
    実は金融機関の種別(銀行、消費者金融、信用金庫など)ごとに、「スピーディに借りやすい」「来店契約が必要」といったおおまかな傾向が見られます。

    どんなに金利の低いローンであっても、借りたい日までに融資を受けられなければ意味がありませんよね。
    そのため、申し込みを行う前には各金融機関のメリット・デメリットを把握しておく必要があります。

    金融機関ごとの主な傾向は、以下のようになります。

    ★金融機関種別ごとのカードローンの傾向

    メリットデメリット
    消費者金融
    (アコム、プロミスなど)
    融資スピードが速い(最短1時間程度)
    初回無利息サービス
    金利が高い
    都市銀行 上限金利※が15%に近いほど融資スピードが速く、
    上限金利が低いほど来店が必須になるなど手間が掛かりやすい傾向あり
    地方銀行
    第二地方銀行
    信用金庫 金利が低いものが多い 来店はほぼ必須
    融資に手間や時間が掛かる
    JA、労働金庫 金利が低い 来店は必須
    信用金庫よりもさらに融資に手間や時間が掛かる
    ※金利4.0%~14.5%のローンの場合、「14.5%」が上限金利となる。
    上限金利14%以上のカードローンは、1週間以内の融資や来店不要の融資に対応していることが多い(例外多数)

    銀行カードローンは数が多すぎるため、一概に特徴を伝えることはできないものの……。
    どうしても平日の日中に時間を作れない、という場合には来店必須のローンの利用は難しいことが分かります。
    (銀行や信用金庫は、土曜日などにローン相談窓口を設けていることもありますが……。)

    意外とカードローンを選ぶ上で、重要になるのが「来店義務の有無」
    このページでは、ここから来店義務の有無や融資スピードに関わらない「金利の低いローン」を紹介していきますが……。
    もしも来店での契約が難しい場合には、信用金庫やJA、労働金庫の利用が難しいことを事前にご了承ください。

    その他、「家族に借り入れを隠したい」「数日以内に借りたい」という場合には、金利の低さに特化したローンの利用は難しくなります。
    当てはまる場合には、以下の特設ページをご覧ください。

    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法
    CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧
    CHECK地方銀行カードローンのまとめ

    低金利に特化したカードローンは、「融資に手間も時間もかかる」「郵送物が必須となるため、家族に借り入れを隠しにくい」などのデメリットが多くなります。
    もしも「絶対に譲れない条件」があるのなら、その条件を満たす範囲でできるだけ金利の低いローンを選択するようにしましょう。

    ちなみに、このページで紹介する低金利ローンはほとんど、融資までに1週間以上の時間が掛かります。

    低金利ローンを探す前にここをチェック!低金利に特化したローンはデメリットが多いことも2

    <金利が低いと、支払い額はどれくらい変わる?実は重要なのは金利ではなく「毎月の返済額」>

    金利が1%低くなると、10万円を30日間借りるごとに約82円、利息(サービス料)が減ることになります。
    ……と言っても非常にわかりにくいので、実際に「同じ金額を借り、毎月同じ金額を返済した場合」の支払い総額(借入額+利息額)を計算してみました。

    ★30万円を借りた場合の支払い総額比較

    月1万円を返済 月2万円を返済
    アコム(金利18%) 401,523円
    (41回/3年5ヶ月)
    342,404円
    (18回/1年6ヶ月)
    イオン銀行(金利13.8%) 370,020円
    (38回/3年2ヶ月)
    331,207円
    (17回/1年5ヶ月)
    りそな銀行(金利12.475%) 361,401円
    (37回/3年1ヶ月)
    327,853円
    (17回/1年5ヶ月)
    アイフルファーストプレミアム(金利9.5%) 343,854円
    (35回/2年11ヶ月)
    320,617円
    (17回/1年5ヶ月)
    住信SBIネット銀行
    プレミアムコース
    (金利7.99%)
    335,769円
    (34回/2年10ヶ月)
    317,122円
    (16回/1年4ヶ月)

    同じ金額を借り、同じ金額を返済し続けた場合、低金利なローンほど支払い総額は少なくなっていますね。

    ただし、よく見てみると「月2万円を返済した場合のアコム(18%)」「月1万円を返済した場合のアイフルファーストプレミアム(9.5%)」よりわずかにおトクにとなっています。
    (アイフル「ファーストプレミアム」とは、アイフル社の提供する特別なカードローンのことで、通常のアイフルカードローンとは別商品です。)
    このように、実は金利よりも毎月の返済額の方がはるかに大事なんですね。

    もちろん毎月同じ金額を返すのなら金利が低いに越したことはないのですが……。
    「家族に内緒で借りたい」「できるだけ早く借りたい」といった希望があり、特別に低金利なローンを利用できなくても、毎月の返済に気を付ければ利息は簡単に節約することができますよ。

    反対に言うと、金利の低いローンを利用しても毎月最低返済額をだらだら支払い続けていると、結果的に損をしかねません。
    金利と利息について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKカードローンの金利、利息と返済の仕組み
    CHECKアコムの金利と利息、返済額を増やすとおトクに利用できる理由

    さまざまな金融機関が提供する低金利カードローンの比較と選び方

    それでは、ここからは「とにかく低金利で借りたい!」というあなたに向けて、さまざまな金融機関が提供する低金利ローンを紹介して行きます!

    ①埼玉県から申し込める主なローンの金利・審査難易度比較

    全国に店舗を構えるメガバンクから、町の小さな金融機関までが取り扱うカードローン。
    そのため、全国すべての金融機関を紹介することはとてもできませんが……。
    今回は「埼玉県」から申し込みのできるローンを例としてまとめてみました。

    ※信用金庫、JAのローンは申し込み地域がさらに厳しく制限されており、埼玉県内からであっても申し込みができない場合が多々あります。ご了承ください。

    ※審査難易度は各公式HPの記載(パート・アルバイト可など)と毎月の最低返済額、申し込み条件や最低限度額などから機械的に割り出したものとなります。参考程度にご覧ください。

    ★埼玉県から申し込めるカードローン

    金利 難易度目安 その他
    住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」 0.99%~14.79% 低め(スタンダードコース)
    • プレミアムコースが採用されれば、上限金利7.99%(目安年収400万円~)
    • 来店不要
    三井住友カード「ゴールドローン」 3.5%~9.8% 高い
    • カードレスタイプなら上限9.2%
    • 来店不要
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」 3.0%~9.5% 高い
    • 来店不要
    • 契約日から30日間無利息
    みずほ銀行カードローン※年2.0%~14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    高め
    • 来店不要
    イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 低め
    • 運転免許証またはパスポートがあれば来店不要
    武蔵野銀行 むさしのスマートネクスト 6.0%~14.8%
    • 特になし
    シグナス 5.0%~10.0% 高い
    • 年収300万円以上対象
    • 勤続年数制限、職種制限あり
    埼玉りそな銀行 クイックカードローン 9.0%~12.475%
    • 来店不要
    • 在籍確認なし
    プレミアムカードローン 3.0%~12.475% 高い
    • 来店不要
    埼玉縣信用金庫 自由自彩(カードローン) 2.95%~14.3% 低め~中
    • 口座があれば来店不要
    埼玉縣信用金庫「さいしんカードローン」 10.85%~12.85% 低め~中
    • 特になし
    川口信用金庫 フレッシュⅡ 4.9%~13.0% 低め
    • 特になし
    セットプランⅡ 9.5% 低め
    • 申し込みに条件あり(普段から同信用金庫を利用している方向け)
    レディースプランⅡ 9.5% 低め
    • 女性専用
    しんきんきゃっするⅡ 2.95%~14.6% 低め~中
    • 特になし
    クイックポケット 14.6% 低め~中
    青木信用金庫 あおしんカードローン 6.0%~12.0% 低め
    きゃっする500 6.0%~14.5% 低め~中
    飯能信用金庫 新はんしんカードローン 11.0% 低め
    はんしん・きゃっする 4.8%~13.0% 低め~
    JAさいたま カードローン(埼玉県農業信用基金保証) 中~高め
    • 年収150万円以上対象
    カードローン(三菱UFJニコス保証) 8.3%~13.1%
    • 特になし
    中央労働金庫「マイプラン」 3.875%~8.475%
    • 労働組合員、公務員などであれば金利1.4%引き下げ 他
    全国から申し込みのできるカードローン
    地方銀行のカードローン
    信用金庫のカードローン
    その他の金融機関のカードローン
    ※住宅ローン利用者・高齢者のみ申し込みのできるローンは除外

    特に「来店なし」との記載のない金融機関は、原則契約時に来店が必須となります。埼玉県の場合、確実に来店せずにお金を借りるなら全国から申し込めるカードローンか、「埼玉りそな銀行」を選択する必要があるようですね。

    一方で、金利の面に着目してみると「審査難易度が高くても良いなら、全国から申し込める高難易度カードローン」「そうでないなら信用金庫や労働金庫」を選択するのがベストと言えそうです。

    CHECK全国から申し込める、主な低金利&来店不要ローンの紹介

    <金利と審査難易度は、必ずしも直結するわけではない>

    インターネット上では、頻繁に「このカードローンは金利が高いから審査が甘い」「金利が低いから審査が厳しい」といった記述がみられますが……。
    実は金利と審査難易度は、必ずしも直結するわけではありません
    確かに「金利が低いローンは審査が難しい」傾向こそあるものの、例外が多すぎるため金利だけを見て審査難易度を測るのは無謀なんですね。

    これは、上限金利13.8%の「イオン銀行カードローン」が、パート・アルバイトや年収200万円未満の利用者を多く受け入れていることからもわかります。

    CHECKイオン銀行カードローンの審査難易度とユーザーデータ分析

    また、信用金庫系のカードローンだと、審査難易度に関わらず外部の会社に保証(審査)を任せている商品ほど金利が高い傾向にありますね。
    複数のローン商品を取り扱う信用金庫の場合、「金利が低いローンの方が、審査に通りやすい」と考えられることは珍しくありません。(上の例だと青木信用金庫が相当します。)

    というわけで、「金利が高いから審査が甘いに違いない」といった理由で申し込みを行うのは危険です。
    必ず事前に申し込み条件と毎月の最低返済額を確認した上で、審査に通れそうだと思った場合にのみ申し込みを行いましょう。

    ②あなたの町で「一番金利の低いローン」を探してみよう!

    もしもあなたが「来店契約が可能で融資に時間が掛かっても良いから、できるだけ低金利で借りたい!」と考えているのなら、以下の手順で「一番金利の低いローン」を探してみましょう!

    <比較前にチェック!比べるのは原則「上限金利」>

    多くのカードローンは、金利に差があります。
    例えば楽天銀行スーパーローンの金利は「1.9%~14.5%」ですが、1.9%と14.5%じゃ大違いですよね。

    ただし、あなたが100万円未満の借入を希望する際、適用されるのは上限金利(最高金利)がほとんど。楽天銀行の場合は14.5%ですね。

    普段から利用している銀行や信用金庫だと「お得意さん割引」のようなものを受けられることもありますが(給与振込先指定で金利マイナス2%など)……。
    特に利用していない金融機関を調べる場合、金利は上限金利で比べるのが最も確実です。

    例えば、以下の二つのカードローンを比べた場合……。


    下限金利(最低金利)に関わらず、最も低金利と判断されるのは「りそな銀行」となります。

    ★もちろん100万円以上の借り入れを希望する場合には、各社の詳細ページを読み「100万円を借りた場合の金利」を確認した上で比較する必要があります。
    ただし、100万円以上を借りるためには安定した収入と信用が必須となります。

    (1)地方銀行・信用金庫

    まずはあなたの生活圏内にある、地方銀行や信用金庫の名前を思い出してみましょう。
    それからカードローン商品のチェックに移りますが……。
    信用金庫の場合、「○○信用金庫 カードローン」と検索を掛けても金利情報が掲載されていないことがあります。
    その場合には、店頭窓口や電話での問い合わせが必要となるでしょう。店頭にパンフレットが置いてあることもありますね。
    この手間が面倒な場合や、近くに信用金庫がない場合には候補から外しても問題ありません。

    ★金融機関を見つけたら、申し込み条件をクリアしたことを確認した上でメモを取っておきましょう。
    福岡県福岡市にお住まいの場合の例。審査落ちの場合に備えて、いくつか候補を用意しておくと良いですね。▲福岡県福岡市にお住まいの場合の例。審査落ちの場合に備えて、いくつか候補を用意しておくと良いですね。

    CHECK地方銀行カードローン・全47都道府県の総まとめ
    CHECK信用金庫のカードローン、その概要と銀行カードローンとの違い

    実際に、信用金庫内に設置してあったパンフレット。

    ▲実際に、信用金庫内に設置してあったパンフレット。
    金利は普通ですが、「主婦、パート・アルバイトOK」という文字から審査はさほど厳しくないことがわかります。

    (2)JA

    JAのローンについても信用金庫と同様です。ただしこちらはほとんどの場合で金利が公表されていませんね……。

    JAの公式HPから金利の検索が可能ですが、こちらで検索できるのは「三菱UFJニコス保証」版のみ。こちらは簡単に言うと、JAカードローンの中でも金利が高い代わりに審査に通りやすいバージョンとなります。
    安定収入(年200万円~)があれば農業信用基金保証の低金利カードローンも利用できますので、「絶対に低金利で借りたい!」というのならJAの窓口へ問い合わせを行ってみましょう。「カードローンの金利をお聞きしたいのですが」と伝えるだけでOKです。

    農業が盛んな地域ほど金利が低い傾向にあるようで、場合によっては7%未満の金利でお金を借りられることもあります。
    ただしこちらもJAの窓口が自宅から遠かったり、問い合わせが面倒であれば候補から外しても良いでしょう。

    CHECKJAカードローンについて

    (3)労働金庫

    労働金庫はどこも非常に低金利。「労働組合に加入している」などの一定条件をクリアできれば、さらに金利優遇を受けることができます

    ただし信用金庫やJAに増して融資に時間が掛かりやすい(2週間~1ヶ月程度)傾向がある上、来店が必須になるにも関わらず店舗数が少なめ
    事前に来店が可能か確認した上で、お住まいの地域に合ったものをご覧ください。

    ★各労働金庫の金利一覧

    金利
    中央労働金庫(関東) 3.875%~8.475%
    +保証料0.8%~1.2%
    北海道労働金庫 3.8%~9.8%
    +保証料0%~0.8%
    東北労働金庫 8.65%~12.1%
    (保証料含)
    新潟労働金庫 5.375%~7.775%
    (保証料含)
    北陸労働金庫 4.8%~9.8%
    (保証料含)
    長野労働金庫 2.7%~6.7%
    (保証料含)
    静岡県労働金庫 4.275%~9.275%
    (保証料含)
    東海労働金庫 3.9%~8.55%
    (保証料含)
    近畿労働金庫
    (マイプラン)
    6.15%~8.95%
    (保証料含)
    近畿労働金庫
    (笑くぼ)
    7.9%
    (保証料含)
    中国労働金庫 5.375%~10.075%
    (保証料含)
    四国労働金庫 6.725%8.325%
    +保証料0.8%~1.2%
    九州労働金庫 6%~9%
    (保証料含)
    沖縄労働金庫 8.6%
    +保証料0.8%~7%
    ※保証料とは、金融機関が審査と保証業務を外部に委託する際に発生する手数料。
    とは言え利用者にとっては金利と変わりありません。保証料を加えた数字を見て、比較しましょう。
    ちなみに収入が高く、社会的地位の安定した人ほど保証額が低くなる傾向にあります。

    ★JA・労働金庫を加えたメモ例(福岡県福岡市)
    JA・労働金庫を加えたメモ例(福岡県福岡市)

    CHECK労働金庫のカードローンについて

    (4)全国から申し込めるローンとの比較

    ここまでのメモをもとに、全国から申し込めるローンと町の金融機関を比較していきます。
    全国から申し込める、主な低金利カードローン(審査難易度別)は以下の通り。

    ★審査難易度別低金利ローン

    ローン名 上限金利
    年収400万円以上 住信SBIネット銀行
    (プレミアムコース)
    7.99%
    アイフルファーストプレミアムカードローン 9.5%
    三井住友ゴールドカードローン カードあり:9.8%
    カードなし:9.2%
    年収200万円以上 りそな銀行クイックカードローン 12.475%
    年収200万円未満 イオン銀行カードローン 13.8%

    上のメモと照らし合わせて考えてみると、福岡市の場合には「住信SBIネット銀行」よりも西日本シティ銀行「V-CLASS」の方がおトクと見られます。
    というわけで、このメモの持ち主(福岡市在住・年収400万円以上)の申し込み優先順位は以下のようになるでしょう。

    上限金利
    1.西日本シティ銀行「V-CLASS」 7.1%
    2.住信SBIネット銀行 7.99%(プレミアムコース)
    3.九州労働金庫 9.0%

    西日本シティ銀行の審査に落ちたら、次は住信SBIネット銀行か九州ろうきんを利用する……といった形で申し込みを行うことで、できる限り低い金利でお金を借りることができますよ。

    ★ただし、短期間・立て続けに複数の会社へ申し込むと、それだけで審査に通過しにくい状態となってしまいます。
    第一候補の審査に落ちてしまったら、次は申し込み条件の比較的ゆるい(収入制限や勤続年数制限のない)ローンを選択することをおすすめします。

    CHECK申し込みブラックについて

    全国から申し込める、主な低金利&来店不要ローンの紹介

    全国から申し込める、主な低金利&来店不要ローンの紹介

    それではここからは、全国どこからでも申し込みのできる低金利かつ来店不要のカードローンを紹介して行きます!

    ①【難易度:高】年収400万円以上なら「住信SBIネット銀行」が最も低金利:ただし申し込みにはリスクあり

    最も低金利なローンとして名高いのが「住信SBIネット銀行<ミスターカードローン>」

    ★住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」

    金利 0.99%~14.79%限度額10万円~1200万円
    審査スピード数日程度融資スピード1週間~
    その他
    • 「プレミアムコース」適用で上限金利7.99%

    一見すると上限金利は14.79%と普通の銀行カードローンに比べても高めなのですが……。
    実はこのカードローンの審査に通過すると、利用者は「スタンダードコース」「プレミアムコース」に二分されます。
    このときあなたに割り振られたのが「プレミアムコース」であれば、上限金利は7.99%という非常に低いものとなるわけですね。

    ただし、どちらのコースが適用されるかは完全に銀行の審査次第。
    金利の高い「スタンダードコース」が適用されるリスクも十分存在するため、「確実に低金利で借りたい」という場合にはあまりおすすめできません。

    ちなみに、「プレミアムコース」が割り振られるのは主に年収400万円以上の方となっているようですね。
    ただし「年収400万円以上なのにスタンダードだった」「年収300万円台なのにプレミアムだった」という事例もあり、一概に年収だけでコースを予測することはできないようです。

    CHECK住信SBIネット銀行の2つのカードローンについて

    ②【難易度:高】低金利&最短即日融資対応の「アイフルファーストプレミアム」は要チェック

    「アイフル」というと、高金利の消費者金融カードローンを連想しますが……。
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」は全金融機関の中でも屈指の低金利を実現させた、特別なローン。
    その分、通常のアイフルに比べると審査難易度はかなり高く設定されています。

    ★アイフル「ファーストプレミアムカードローン」

    金利 3.0%~9.5%限度額100万円~800万円
    審査スピード最短即日融資スピード最短即日(来店時)
    その他
    • 年収300万円以上必須
    • 契約日の翌日から30日間無利息

    貸金業法と最低限度額の都合上、審査に通過するためには最低でも300万円の年収が必須。
    「最低でも」という言葉から分かる通り、十分な年収があっても審査に通過できるとは限らず、「100万円を借りて返す」に値する信用と返済能力が求められます。

    そして特筆すべきはその融資スピード。
    高難易度&低金利のハイクラス・カードローンとしては唯一、最短即日での融資を実現させています。
    ただし、最短即日融資を受けるためにはアイフル有人店舗への来店が必須になるためお気を付けください。
    (1週間程度の時間は掛かるものの、来店なしでの契約も可能です。)

    CHECKアイフルの各ローン商品について
    CHECKアイフル公式HP「ファーストプレミアム」
    CHECKアイフル公式HP「都道府県からアイフルを探す」

    通常のアイフルの無人店舗では、ファーストプレミアムカードローンを取り扱っていません
    申し込み取り扱いは有人店舗・インターネットのみとなります。

    ③【難易度:高】「三井住友ゴールドカードローン」はカードレス契約で金利引き下げ可

    三井住友カードが発行する「ゴールドローン」は、低金利カードローンとして有名ですね。
    三井住友銀行のカードローンとは別物ですのでお気を付けください。レビューサイトではよく混同されているため注意が必要です。

    ★三井住友カード「ゴールドローン」

    金利 3.5%~9.8%限度額最大700万円
    審査スピード数日程度融資スピード1週間程度
    その他
    • カードレスタイプ(振込のみで融資を受ける方法)であれば上限金利9.2%
    • その他、長期利用で金利引き下げ制度あり

    アイフル「ファーストプレミアム」とは異なり、特に最低限度額は定められていないようで、一見すると誰でも申し込みが可能なローンに見えますが……。
    このローンは毎月最低でも「2万円+利息」の支払いが必要となるため、一般的なローンよりはるかに高い返済能力が求められます。
    やはり、アイフル「ファーストプレミアム」と同じく最低でも300万円程度の年収は必須となることでしょう。
    ちなみに、一般的な消費者金融で10万円を借りるときの最低返済額は4,000円程度です。

    ポイントとしては、カードレスタイプを選択することでアイフル「ファーストプレミアム」よりも金利が低くなると言う点。
    この場合、融資はインターネットサービスを介した「銀行振込」でのみ行われますが……。
    ATMが利用できないために、銀行営業時間外には即時借り入れができない点にはお気を付けください。

    CHECK三井住友カード「ゴールドローン」について

    また、カードレスタイプであっても郵送物の送付は避けられないとのことでした。(三井住友カードへの問い合わせによる)

    ④【難易度:中】「りそな銀行クイックカードローン」は年収200万円前後から通過可能性あり

    ここまで紹介してきたのは、最低でも300万円、可能なら400万円以上の収入が求められるいわゆるハイクラス・カードローン。
    「毎月安定収入はあるけれど、ハイクラス・カードローンの審査は不安……。」といった場合には、りそな銀行「クイックカードローン」の利用をおすすめします。

    ★りそな銀行「クイックカードローン」

    金利 9.0%~12.475%限度額10万円~200万円
    審査スピード最短即日~数日程度融資スピード1週間~2週間程度
    その他
    • 在籍確認なし
    ※埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行「クイックカードローン」についてもすべて共通

    一応「アルバイトOK」の文字は公式HPに見られるものの、最低返済額が1万円と高めなので求められる返済能力は決して低くありません。
    基本的には、安定収入のある会社員におすすめしたいローンとなっています。
    ……とはいえ、以前は30万円だった限度額が10万円に引き下げられていることから、審査通過難易度は低下の動きにあると考えられます。今までは「30万円を借りて、返せる」信用が必要だったのに対し、今は「10万円を借りて、返せる」のなら審査に通過できるからですね。
    この分、審査難易度はやや低くなったと見て良いでしょう。

    ちなみにこのローン、在籍確認(主に勤務先への電話を指す)を行っていないため「会社へ電話を掛けられるのは困る!」という方にも人気となっています。
    (裏を返すと「在籍確認が必要になるくらい信用に不安があるなら、審査に落とす」とも言えるのですが……。)

    CHECKりそな銀行カードローンの申し込みと利用の流れ

    ⑤【難易度:低】年収200万円未満なら「イオン銀行カードローン」「ソニー銀行」(上限13.8%)を選ぼう

    年収200万円未満・かつアルバイトの通過例が多いカードローンの中で、最も上限金利が低いのが「イオン銀行カードローン」「ソニー銀行カードローン」の2つです。

    ★イオン銀行カードローン

    金利 3.8%~13.8%限度額10万円~800万円
    審査スピード融資スピード
    その他
    • 運転免許証またはパスポート必須

    ★ソニー銀行カードローン

    金利 2.5%~13.8%限度額10万円~800万円
    審査スピード最短即日融資スピード 口座あり:最短即日
    口座なし:最短翌日
    その他
    • 専業主婦可

    上限金利がまったく同じな2つの銀行ですが……。
    イオン銀行の方が「年収200万円未満・アルバイト」の通過例が多く寄せられているのに対し、ソニー銀行融資スピードに優れていると言ったところ。

    基本的には運転免許証があるのなら通過例の多い「イオン銀行」を、そうでないなら融資スピードの速い「ソニー銀行」を選ぶと良いでしょう。

    CHECKイオン銀行カードローンのメリット・デメリットと利用の流れ
    CHECKソニー銀行カードローンのメリット・デメリットと利用の流れ

    <「無利息サービス」と「低金利」はどちらが良い?>

    プロミスアコムといった大手金融機関が取り扱っていることの多い「無利息サービス」。
    こちらは一定の期間(主に契約日の翌日から30日間)金利が0%になる、といったものですが……。
    無利息サービスを提供する金融機関のほとんどが、18%近い数字を上限金利として設定しています。つまり、高金利と言うことですね。

    結論から言うと、「7ヶ月以内の返済が可能で、以後キャッシングを利用しない」という場合なら無利息サービスを使った金融機関の方が「イオン銀行」などに比べおトクとなることが多いです。

    ★30万円を借りた場合の返済総額比較

    月5万円を返済(7ヶ月) 月1万円を返済(3年~)
    アコム他
    「30日間無利息」
    金利18.0%
    311,881円383,461円
    イオン銀行
    金利13.8%
    312,688円370,020円

    「短期借り入れ・即返済」が可能なら無利息サービスのある金融機関を、そうでないなら低金利ローンを選択すると良いでしょう。

    CHECK無利息キャッシングとその比較について

    お金の使い道が決まっているのなら、より低金利で借りやすい多目的ローンなどの検討も

    お金の使い道が決まっているのなら、より低金利で借りやすい多目的ローンなどの検討も

    もしも「旅行に行きたい」「バイクの修理代の足しにしたい」など、明確なお金の使い道が決まった状態でカードローン探しをしているのなら……。
    実はカードローンではなく、フリーローン・多目的ローンを使った方が低い金利で借りられるかもしれません。
    (フリーローン・多目的ローン……一度借りたら返済だけを行う、使い道自由なローンのこと。)

    こちらも、カードローンの例と同じく埼玉県を例にしてまとめてみました。

    ★埼玉県から申し込めるフリーローン

    金利 難易度目安 その他
    三井住友銀行フリーローン(無担保型) 5.975% 高め
    • 200万円以上の前年度年収必須
    三菱UFJ銀行「ネットDE多目的ローン」 5.475% 高め
    • 200万円以上の前年度年収必須
    • 1年間の勤続年数必須
    みずほ銀行多目的ローン 変動5.875%
    固定6.7%
    高め
    • 200万円以上の前年度年収必須
    • 2年間の勤続年数必須
    武蔵野銀行「むさしのスーパーフリーローン」 4.0%~14.0% 低め
    • 特になし
    武蔵野銀行「キラリエ」 低め
    • 女性専用
    武蔵野銀行「フリーローンまるごとパック」 7.5%~14.5% 低め
    • 特になし
    埼玉りそな銀行「プライベートローンJ」 6.5%~14.0% 低め~
    • 来店不要
    • 在籍確認なし
    埼玉りそな銀行「プレミアムカードローン」 5.7%
    6.0%
    かなり高い
    • 来店不要
    • 年収400万円以上必須
    埼玉縣信用金庫「自由自彩(フリーローン)」 6.3%~14.0% 低め~中
    • 特になし
    埼玉縣信用金庫「さいしんクイックローン」 6.35%~8.35% 中~
    川口信用金庫「フリーローン自由自在」 6.0%~14.0% 低め
    青木信用金庫「あおしんフリーローン」 4.2% 高め
    青木信用金庫「アスク」 5.8%~14.0% 低め
    飯能信用金庫「一般個人ローン」 6.6%~7.0%
    飯能信用金庫「フリーローンモア」 5.1%~14.5% 低め
    飯能信用金庫「はんしんオールフリー300」 6.0%~14.0%
    中央労働金庫フリーローン 5.875%~7.5%
    全国から申し込みのできるカードローン
    地方銀行のカードローン
    信用金庫のカードローン
    その他の金融機関のカードローン
    ※住宅ローン利用者・高齢者のみ申し込みのできるローンは除外

    同じ金融機関が取り扱うローンであっても、カードローンよりフリーローンの方が金利が低めに設定されていることは多いです。
    分かりやすいのは青木信用金庫で、カードローンの上限金利は「12.0%」「14.5%」だったのに対し、フリーローンの金利は4.5%と非常に低く定められていますね。

    もしも一度きりの、使い道の決まった借り入れを希望しているのなら、各金融機関のフリーローンを候補に入れてみることで、より低金利での融資を受けやすくなります

    CHECKフリーローンの審査と、審査難易度目安ごとの全国の地銀フリーローン紹介

    ★金利が低いローンほど、お金の使い道を証明する書類(見積書など)の提出を求められることが多いです。

    ★金利が低いローンほど、来店は必須となることが多いです。(メガバンクのローン含む)
    基本的には、自宅近くの金融機関から探してみると良いでしょう。

    ★借入が目的が「子供の私立学校の入学金」「運転免許の取得」などであれば、フリーローンよりも金利の低い目的ローン(指定された目的にしか使えないローン)を利用できることがあります。(教育ローン、自動車ローンなど)
    自分がどのローンを選べばいいか分からない、という場合には普段から利用している金融機関へ相談してみるのも良いでしょう。

    まとめ

    まとめ

    低金利に特化したローンほど、融資に手間や時間が掛かりやすい
    「譲れない条件」がある場合には、その条件に沿ったローンの中から低金利のものを探す必要がある
    ★町の金融機関のローン金利を調べた上で、全国から申し込める低金利ローンと比較し、金利の低いものから申し込むのがおすすめ。ただし申し込み条件と最低返済額は必ず確認しよう!
    ★1度きり・かつ使い道が決まっているのなら、より低金利で借りやすいフリーローン(多目的ローン)の検討もおすすめ

    数が多すぎることもあり、あまり着目されない地元の比較的小さな金融機関。
    ですが、よく見てみると大手銀行よりも低い審査難易度かつ低い金利で融資を行っていることも珍しくありません。

    「時間や手間が掛かってもいいから、低金利で借りたい!」という場合には、身の回りの金融機関の金利を調べた上で全国から申し込める低金利ローンと比較してみましょう。

    CHECK金利、限度額、融資スピード、審査難易度から見る銀行カードローンの総一覧
    CHECK全国47都道府県・主な地方銀行カードローンのまとめ
    CHECK信用金庫のカードローンについて
    CHECK労働金庫のカードローンについて
    CHECKJA(農協)のカードローンについて


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント