キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【上限9.5%】郵送物なし&低金利カードローン3選とその選び方

    【上限9.5%】郵送物なし&低金利カードローン3選とその選び方

    「家族に知られずカードローンを利用したい。
    普通は消費者金融を選ぶことになるんだろうけど、審査には自信があるから高金利ローンを利用するのももったいない気がして……」

    確かに「郵送物なしで借りられるカードローン」というと、一番に候補となるのがプロミスレイクALSAといった大手消費者金融会社のローン。ですが確かに、あなたが安定した返済能力をお持ちなら、「郵送物の回避」だけを理由に高金利ローンを選ぶのは勿体ないと言わざるを得ません。

    とは言えそんなあなたにピッタリの、具体的には「上限9.5%の低金利」と「郵送物なし&来店なし」を並立した申し込み先は確かに存在します。

    今回は「自宅への郵送物を避けたい」かつ「できる限り低金利で借りたい」というあなたのため、おすすめの申込先を簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、あなたの状況や返済能力に合った「郵送物なし」のローンをお選びいただけます。

    審査に自信があるなら申し込み先はアイフル「ファーストプレミアムカードローン」(上限9.5%)で決まり

    審査に自信があるなら申し込み先はアイフル「ファーストプレミアムカードローン」(上限9.5%)で決まり

    「低金利」「郵送物なし」を最も高い基準で達成するのがアイフル「ファーストプレミアムカードローン」。アイフル…というと高金利な消費者金融会社のイメージが付きまといますが、こちらは同社の中でも安定収入を得ている層を対象とした商品であり、一般の銀行カードローンよりも遥かに低い金利を実現させているのが特徴です。
    それでは詳しく見ていきましょう。

    ①「10%未満の低金利+郵送物なし」を実現するのは全国でもこのローンだけ

    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の基本情報は以下の通りです。

    ★アイフル「ファーストプレミアムカードローン」

    金利(年利)3.0%
    9.5%
    限度額100万円
    ~800万円
    審査に掛かる時間最短30分融資までに掛かる時間最短即日
    申込条件
    • 満23歳~59歳の方で一定の年収があり当社を初めてご利用される方
    • 通常カードローンからの切り替え不可

    • 定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
    その他
    • 高難易度(最低でも年収300万円~)
    • 貸金業法の対象なので年収の3分の1を超える借入不可
    • 初回契約日の翌日から30日間無利息
    • 郵送物なし+来店なしのカードレス契約(Web完結)対応
    • 収入証明書の提出必須
    • 利用明細はインターネット上で受け取り可(=継続的な郵送物なし)
    限度額(契約額)適用金利
    100万円~200万円未満4.5%~9.5%
    200万円~300万円未満4.5%~8.5%
    300万円~400万円未満4.5%~6.5%
    400万円~500万円未満4.5%~5.5%
    500万円~800万円未満3.5%~4.5%

    最大のメリットはやはり上限9.5%という低金利でしょう。
    アイフル通常カードローンの金利が上限18%、一般的な銀行カードローンの金利が上限14.5%程度と考えると、この数字の低さがよく分かるかと思います。

    ★「ファーストプレミアムカードローン」とその他のローンの利息額比較

    1ヶ月あたりの利息目安
    (年利÷12)
    50万円を1ヶ月借りた場合の利息目安
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    (金利9.5%)
    借入残高の0.791%3,958円前後
    アイフルの通常カードローン
    (金利18.0%)
    借入残高の1.5%7,500円前後
    三井住友銀行カードローン
    (金利14.5%)
    借入残高の1.208%6,041円前後

    ただし表中にも記載の通り、こちらのローンは通常のアイフルカードローンより審査難易度が高く設定されており、年収300万円未満では利用不可
    (ファーストプレミアムカードローンの限度額は最低100万円、かつ貸金業法の制限によりアイフルは個人に対し年収の3分の1を超えるお金を貸し付けられないため)

    言うなればこちらの商品は「安定収入を得ている層のみが利用できる、少し特別なカードローン」というわけですね。

    ★「ファーストプレミアムカードローン」の審査通過が難しそうなら、このローンの次に低金利、かつ郵送物なしで借りやすい銀行カードローンについての情報をご覧ください。

    ②郵送物回避の条件も簡単で、「来店なし」のカードレス契約にも対応

    「アイフル」は言わずと知れた大手消費者金融会社。そしてこういったキャッシング専門の会社は、一般に「高金利な代わりに、ユーザーサービスや配慮が行き届いている」とされます。

    そして「ファーストプレミアムカードローン」が消費者金融会社の取り扱いローンでありながら、低金利だというのは既にお話しした通りですが……。
    こちらのローンのユーザーサービス内容は、通常の「アイフル」のサービスを流用している模様。つまり「ファーストプレミアムカードローン」は、銀行より遥かに優れた金利と、大手消費者金融ならではのユーザーサービスを完全に両立しているわけですね。そしてアイフルのユーザーサービスの中には「自宅への郵送物なしで借りやすい」という内容もしっかり盛り込まれています。

    「アイフル」における郵送物なしで借りる条件は、

    • カードレス契約(WEB完結)を結ぶ(=インターネット契約時、カード発行を希望しない)
    • 来店(無人店舗または有人店舗)で契約を結び、その場でカードや契約書を受け取る

    の2つ。契約方法は申込の過程で選択できますのでご安心ください。

    基本的にはあえてローンカードの郵送を依頼しない限り、自宅に郵送物が届くことはありません

    ★カードレス契約(WEB完結)には口座振替(自動引き落とし)の登録が必要です。
    「来店なし&郵送物なし」の両立を希望するなら、あらかじめお手持ちの口座が口座振替に対応しているかどうか、確認しておくことを強くおすすめします。

    CHECKアイフル公式HP「金融機関口座振替日一覧」

    「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」のカードローンも条件付きで郵送物の回避が可能

    「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」のカードローンも条件付きで郵送物の回避が可能

    ここからはアイフル「ファーストプレミアムカードローン」の利用は少し難しそうだ、というあなたのため、同ローンほどではないものの低金利・郵送物なしで利用しやすいカードローン商品を紹介していきます。

    ①三井住友銀行での郵送物回避の条件は「来店契約」

    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」に次いで低金利、かつ郵送物なしで借りやすいのは「三井住友銀行カードローン」でしょう。

    ★三井住友銀行カードローン

    金利(借入利率)4.0%~14.5%限度額(契約極度額)10万円~800万円
    審査スピード最短1営業日融資スピード最短1営業日
    (即日融資不可)
    申込条件 (公式HPより)
    • お申込時満20歳以上満69歳以下の方
    • 原則安定したご収入のある方
    • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
    その他
    • 口座開設不要
    • 自動引き落としで返済ができるのは三井住友銀行ユーザーのみ(口座を持っていない場合は、毎月ATM入金または銀行振込で返済)
    • 「来店契約時」に限り、郵送物なしで契約・利用可
    • 三井住友銀行口座宛てに限り、24時間振込対応
    • 利用明細書の発行なし

    ★限度額ごとの適用金利

    借入限度額適用金利
    10万円~100万円12.0%~14.5%
    100万円超過~200万円10.0%~12.0%
    200万円超過~300万円8.0%~10.0%
    300万円超過~400万円7.0%~8.0%
    400万円超過~500万円6.0%~7.0%
    500万円超過~600万円5.0%~6.0%
    600万円超過~700万円4.5%~5.0%
    700万円超過~800万円4.0%~4.5%

    銀行の取り扱い商品ではありますが、口座開設が不要なため、これまで三井住友銀行を利用したことが無くても申し込みやすいかと思います。

    ただしこのカードローンで郵送物を回避するには、「三井住友銀行の店舗に出向き、契約・カード受取を済ませること」が必須。
    これまで三井住友銀行を利用したことが無い場合には来店での手続きのため、事前に店舗の場所を確認しておきたいところです。

    CHECK三井住友銀行公式HP「店舗・ATM検索」

    ★「三井住友銀行カードローン」の契約に使うのは、一般的な銀行窓口ではなくATMコーナー近くに設置してある個人ブース「ローン契約機」です。

    三井住友銀行公式HPより

    ▲三井住友銀行公式HPより
    こちらの営業時間自体は「曜日問わず9時~21時」と長いため、来店必須とは言えいくらかは利用しやすいでしょう。

    ★郵送物回避を希望する場合の契約の流れは、「インターネットで申し込み、審査通過報告を受けたらローン契約機でカードを受け取る」といったものとなります。

    ★三井住友銀行口座をお持ちであれば「新規カード発行なしでのインターネット契約」が可能ですが、この場合は別途確認書類が届くことのこと。ご注意ください。

    【管理人】山本
    自宅に郵送物が届くことはありますか?
    三井住友銀行オペレーター
    ご契約方法によって異なります。
    お客様は三井住友銀行のお口座をお持ちでしょうか?
    【管理人】山本
    はい。
    三井住友銀行オペレーター
    それでしたら……。
    インターネットからお手続きして頂く、キャッシュカードにローンの機能を付けるご契約ですと、ご自宅に契約内容の確認書類をお送りさせて頂くこととなります。
    ですがローン専用カードをローン契約機で受け取って頂ければその場で契約書の発行が可能ですので、こちらをご検討頂ければと思います。
    【管理人】山本
    利用明細の送付等は行っていませんか?
    三井住友銀行オペレーター
    はい、特にご希望が無ければお送りしておりません。

    (2019年11月問い合わせ分)

    参考これまで確認されている「三井住友銀行カードローン」審査結果

    申告年収他社借入契約条件
    20代
    会社員(2年)
    220万円なし30万円
    20代
    派遣社員(6ヶ月)
    250万円2社計58万円
    +リボ60万円
    審査落ち
    30代
    会社員(17年)
    600万円楽天銀行100万円100万円
    (借り換え)

    ②三菱UFJ銀行の場合、郵送物を避けるには「来店契約+運転免許証の所持」が必須

    「三井住友銀行」と同じく口座開設不要、かつ条件付きで郵送物を回避できるのが三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」。上限金利は三井住友銀行に比べ0.1%高いですが、気にするほどでもないでしょう。(10万円を30日借りるにあたり、約8円の利息差)

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」

    金利1.8%~14.6%限度額10万円~500万円
    審査スピード最短1営業日申込~融資に掛かる時間最短1営業日
    (即日融資不可)
    申込条件 (公式HPより)
    • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
    • 原則安定した収入があるお客さま。
    • ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります

    その他
    • 口座開設不要
    • 自動引き落としで返済ができるのは三菱UFJ銀行ユーザーのみ(口座を持っていない場合は、毎月ATM入金または銀行振込で返済)
    • 「テレビ窓口」を使った「来店契約時」に限り、郵送物なしで契約・利用可
    • 来店契約に「運転免許証」必須
    • 利用明細書の発行なし

    ★限度額ごとの適用金利

    借入限度額適用金利
    10万円~100万円13.6%~14.6%
    100万円超過~200万円10.6%~13.6%
    200万円超過~300万円7.6%~10.6%
    300万円超過~400万円6.1%~7.6%
    400万円超過~500万円1.8%~6.1%

    ただし郵送物回避の条件自体は「三井住友銀行」のカードローンよりやや厳しく口座の有無を問わず「来店契約+運転免許証の所持」が必須となります。

    またこちらも、契約・カード受取には銀行窓口ではなく「テレビ窓口」という名前の個人ブースを使うこととなりますが……。
    「テレビ窓口」の営業時間は「平日9時~18時」「土曜日10時~18時」(日曜日休業)と三井住友銀行の「ローン契約機」に比べると短め。

    よって、こちらのローンへ申し込むべきは

    • 普段から三菱UFJ銀行の口座を使っている、あるいは三井住友銀行の店舗より三菱UFJ銀行の店舗の方が行きやすい場所にある
    • 運転免許証を持っている

    の2つを満たす方となります。

    参考これまで確認されている「三菱UFJ銀行バンクイック」審査結果(一部)

    申告年収他社借入契約条件
    20代
    アルバイト(10年)
    220万円2社60万円限度額10万円
    (金利は不明、おそらく14.6%)
    40代
    会社員(1年)
    安定収入ある配偶者あり
    250万円1社30万円
    +リボ1社20万円
    限度額50万円
    金利14.6%
    20代
    会社員(1年未満)
    252万円1社20万円限度額30万円
    金利14.6%
    40代
    会社員(1年)
    300万円限度額50万円
    金利13.6%
    30代
    会社員(1年)
    安定収入ある配偶者あり
    300万円1社30万円
    +リボ残高5万円
    限度額120万円
    ※ 金利14.6%
    30代
    会社員(8年)
    700万円1社120万円限度額50万円
    金利14.6%
    50代
    会社員(31年)
    950万円複数の他社借入あり
    (詳細不明)
    限度額240万円
    金利7.1%
    ※アイフルと異なり貸金業法が適用されませんので、(銀行にさえ認めてもらえれば)年収の3分の1超の借入も可能です。

    ★その他、

    を郵送物なしで利用可能です。

    番外編:「郵送物は避けられないが、借入と結びつきにくいローン」について

    番外編:「郵送物は避けられないが、借入と結びつきにくいローン」について

    • 上限金利が15%未満
    • 口座開設不要
    • 郵送物を回避できる

    という条件をすべて満たすカードローンは、現在確認されている限り上の3つだけ。
    (口座開設が求められるものまで含めれば「新生銀行スマートカードローンプラス」住信SBIネット銀行カードローンも数に入りますが)

    よって「絶対に自宅への郵送物なしで、極力低い金利で借りたい」というのなら

    の中から申し込み先を選ばざるを得ませんが……。

    アイフルは高難易度、2つの銀行系ローンは来店必須ということで、イマイチどのローンもピンと来ないという方は少なくないかと思います。

    さて、そんなときの申込先候補についてですが……。
    意外と無視できないのが「JCB」「クレディセゾン」の取り扱う低金利カードローン商品。
    郵送物の送付自体は避けられないものの、こういった「有名なクレジットカード会社からの郵送物」であれば、(過去に借金問題を起こしていない限り)家族から疑いの目を向けられることはほぼ無いと言っても良いでしょう。

    ★信販会社系の低金利カードローン

    金利利用条件(公式HPより)
    JCB「FAITH」4.4%
    ~12.5%
    • 20歳以上58歳以下で、ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方。

    個人の給与収入を示す書類をお持ちでない方(個人事業主の方など)は対象となりません
    学生、パート・アルバイトの方は対象となりません。
    ※現在のお借入合計残高(住宅・自動車ローンは除く)が年収の3分の1を超えている方は対象となりません。

    クレディセゾン
    「マネーカードゴールド」
    6.47%
    (300万円コース)
    8.47%
    (200万円コース)
    • 20歳から75歳までの年収400万円(税込)以上の方でご連絡可能な方

    ※学生・主婦・年金収入のみの方はお申し込みいただけません。
    ※ご入会につきましては、慎重な審査をさせていただきます。

    いずれも利用条件を見る限り、「三井住友銀行カードローン」「三菱UFJ銀行バンクイック」より(さらにセゾンのマネーカードゴールドはアイフル「ファーストプレミアムカードローン」より)高難易度と判断されますが……。

    少しでも低金利で、できる限り家族に知られず借りたい、という場合にはこちらも十分申込先の選択肢となるはず。
    簡易書留でのカード受取についても、「キャンペーンをやっていたから新しくカードを作った」「よく行く店で優待が受けられるらしいから」といった理由があれば、特に怪しまれることも無いかと思います。同時にJCBやセゾンのカードを作っておくのも有効そうですね。

    ★ちなみに各申込条件や審査結果報告を見る限り、審査難易度は高い順に

    • クレディセゾン「マネーカードゴールド」(年収400万円~)
    • アイフル「ファーストプレミアムカードローン(年収300万円~)
    • JCB「FAITH」(給与所得者限定、明確な収入規定は無いが最低契約額が50万円と高い)
    • 三井住友銀行カードローン
    • 三菱UFJ銀行「バンクイック」(三井住友銀行より低属性者の審査通過報告多い)
    • プロミスアコムSMBCモビット等の一般的な消費者金融系カードローン

    と推測されます。

    口座開設さえごまかせるなら「住信SBIネット銀行」も有力

    全国から申し込めるカードローンのうち、おそらく最も低金利なのは「住信SBIネット銀行カードローン<プレミアムコース>」です。

    簡単に特徴をまとめると、

    • 審査の結果「プレミアムコース」が適用されれば上限金利7.99%
      (ただし「スタンダードコース」適用の場合は上限14.79%と三井住友銀行以上)
    • カードローンの契約自体に郵送物は発生しない
    • ただし住信SBIネット銀行の口座開設と、それを使った毎月の返済が必須であり、口座開設の際の郵送物は防げない

    といったところ。ちなみに「プレミアムコース」適用のための目安年収は400万円程となります。

    「プレミアムコース」が適用される自信があり、「すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている」あるいは「口座開設の際に届く郵送物をごまかせる自信がある」なら、こちらのローンも申し込み先の候補となってくれることでしょう。

    詳しいメリット・デメリットについては以下のページをご覧ください。

    CHECK住信SBIネット銀行カードローンのメリット・デメリットと契約の流れ

    まとめ

    まとめ

    ★低金利と「家族へのバレにくさ」を両立させられるカードローン

    上限金利郵送物回避の条件
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」9.5%
    (30日間無利息)
    カードレス契約
    または来店契約
    ※最低年収300万円~
    三井住友銀行カードローン14.5%来店契約
    またはすでに三井住友銀行口座を持っており、インターネットバンキングから申し込みを行うこと
    三菱UFJ銀行バンクイック14.6%来店契約
    ※運転免許証必須
    JCB「FAITH」12.5%郵送物の回避不可、ただし会社イメージからキャッシングには繋がりにくい
    ※給与所得者限定、審査やや厳しい
    クレディセゾン「マネーカードゴールド」8.47%郵送物の回避不可、ただし会社イメージからキャッシングには繋がりにくい
    ※最低年収400万円~
    住信SBIネット銀行カードローン7.99%
    (プレミアム)
    14.79%
    (スタンダード)
    住信SBIネット銀行の口座を開設済みであること
    ※プレミアムコース適用の目安年収400万円~

    15%未満の金利と「郵送物なし」を両立できるカードローンは決して多くありません。
    それぞれの審査難易度や「郵送物なし」で借りる条件をチェックした上で、あなたが利用できそうなものを選んでみてくださいね。

    いずれのローンも、延滞が発生した場合には利用者の自宅へ督促状が届く可能性があります。あらかじめご承知おきください。
    また「持っていないはずのお金を持っている」「金銭的に余裕がないはずなのに大きな買い物をしている」といった間接的な理由でのキャッシングバレを防ぐことはできません。

    ★高金利を受容するのであれば、プロミスレイクALSA等も申し込み先候補に入ります。
    詳細は以下のページをご覧ください。

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点
    CHECK電話取材に基づく消費者金融6社徹底比較!申込先はフローチャートで簡単チェック


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント