三井住友銀行カードローンの申込方法と限度額について

mitsuisumitomo-application

三井住友銀行カードローンで審査に通りたい方は、申込方法と限度額についてちゃんと知っておく必要があります

★ 三井住友銀行の金利や返済方法については、こちら

今回は、三井住友銀行のローンの申込方法と、限度額について解説していきたいと思います!

申し込み前にチェックしてほしいのはこの3つ

①申し込み条件

  • 満20歳以上満69歳以下
  • 安定した収入がある
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の審査に通り、保証を受けることができる
    (詳しくはこちら
  • 以上の3つに当てはまれば、申し込みOK
    20歳未満、70歳以上の方も使えるローンについてはこちら

    ②必要書類

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  •  以上のうちどれか

    ※ 顔写真のない本人確認書類の場合は、別の本人確認書類(住民票の写し等) の提示、
    または現住居の記載がある公共料金の領収書等の提示などが必要となります。

  • 申し込み額が50万円を超える場合年収を証明する書類
  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細など
  • ③記入する情報

    インターネットから三井住友銀行を申し込むには、3つの方法があります。
    このうち「SMBCダイレクト」から申し込むためには、三井住友銀行の普通預金口座が必要
    口座をお持ちでない方は、「かんたんお申し込み」「通常お申し込み」のどちらかを、選択することとなります。
    その他の申込方法について、詳しくはこちら

    ★申込方法比較

    かんたんお申し込み
  • 限度額30万円まで
  • 金利は年14.5%
  • 通常お申し込みより、記入欄が少ない
  • 通常お申し込み
    SMBCダイレクト申し込み
  • 限度額最高800万円
  • 金利は年4.0%~14.5%
  • ★かんたんお申込み、通常お申し込み共通の記入欄(2018年4月現在)

    ○本人情報

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 家族構成
  • 三井住友銀行の口座を持っているか持っていないか
  • ○自宅情報

  • 単身赴任の有無
  • 自宅住所
  • 住まいの種類(持ち家か?借家か?)
  • 固定電話の有無
  • 携帯電話番号
  • ○勤務先情報

  • 出向・派遣の有無
  • 勤務先名称
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号 ※在籍確認が行われます!
  • 業種
  • 社員数
  • 勤務の形態(正社員か?アルバイトか?)
  • 入社年月
  • 年収
  • ○申し込みについて

  • 返済希望日
  • 融資希望日
  • 利用目的
  • ローンカードの受け取り方法
  • 好きな言葉 ※本人確認のために使います
  • ○アンケート(審査に関係はなし)

  • 何を見て申し込んだか
  • ★通常お申し込みだけにある記入欄

    ○本人情報

  • 最終学歴の卒業年月
  • ○勤務先情報

  • お仕事内容(営業、販売など)
  • 役職(管理職かそうでないか)
  • 保険証種別
  • 給料日
  • ○申し込み情報

  • 現在の他社借入件数
  • 希望金額
  • 希望連絡方法
  • 以上の質問は、通常お申し込みを選んだ場合のみとなっています。

    かんたん申し込みを選んでも、増枠審査を受けることによって、限度額を30万円以上に増やすこともできます
    また、どちらの申込方法を使っても、審査の結果に違いはありません
    限度額の希望が30万円以下の方は、お好きな方をお選びください!

    申込方法は6つある!オススメはインターネットからの申込み

    ①インターネット申し込み

    「かんたん申し込み」「通常申し込み」という2つの申込方法があります。
    かんたん申し込みは、限度額が30万円まで。その代わりに、申し込みがちょっと短縮できます。
    詳しい違いはこちら

    • ムダな時間が少ない、待たされない
    • 24時間申し込みが出来る

    という点で、インターネット申し込みは三井住友銀行の普通預金口座を持っていない方には、一番オススメな申し込み方法です!

    具体的な利用方法についてはこちら

    ②インターネットバンキングから申し込み

    三井住友銀行のインターネットバンキングサービス、「SMBCダイレクト」を使って申し込む方法です。
    すでに、三井住友銀行の普通預金口座を持っている方が対象。口座がないと、利用できません。
    「かんたん申し込み」以上にスムーズな申し込みが出来るため、三井住友銀行の普通預金口座を持っている方には一番オススメな方法です!
    口座をお持ちの方は、こちらからログインが出来ます。

    mitsuisumitomo-application_01
    ▲ SMBCダイレクトのトップページ。カードローンの申し込みはここから

    ③ローン契約機

    三井住友銀行内にあるローン契約機を使って申し込む方法です。契約には、プロミスの自動契約機も利用することができます
    契約に利用できるのは

    • 三井住友銀行の契約機……約580
    • プロミスの自動契約機……約1000
    • (2018年3月現在)

    合計約1580!この台数は、業界でトップです。
    お近くの自動契約機の検索はこちら

    ④電話申し込み

    電話番号は、0120-923-923、受付時間は9:00~21:00
    土日祝日でも、申し込みOKです。
    カードは郵送か、契約機で受け取ることになります。

    申し込みの手順

    ★カードの受取方法は、申込み方法によっても異なる

    申込方法 契約方法(選べるカードの受け取り方法)
    インターネット申し込み
  • 自動契約機
  • 郵送
  • SMBCダイレクト
  • 必要なし
    (すでにキャッシュカードが手元にあることが前提)
  • ローン契約機
  • 自動契約機
  • 電話
  • 自動契約機
  • 郵送

  • カードの受け取り=契約を「自動契約機」で行うことによって、スムーズになります
    郵送を選択してしまうと、契約成立までに1週間ほど必要となります。)
    申込方法は何でもOKですが、ここでは一番便利なインターネット申し込みを例として、解説しましょう!

    ①一番スピーディな、申し込みの流れ

    三井住友銀行でWeb申し込みする手順

    かんたんお申し込みor通常お申し込み
    どちらかから申し込み

    必要書類をWEB上で提出

    審査開始

    審査結果連絡

    お近くのローン契約機
    (プロミスの自動契約機でもOK)

    画面に従い、契約手続き

    カードを受け取る

    ATMなどを使って融資を受けられる!

    ②必要書類提出方法

    パソコン・スマホからの提出となります。

    契約したあと、どうやって借入すればいい?

    ①ローンカードが使えるのはどこ?

    ★三井住友銀行のローンカードが使えるATM

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net対応ATM(ファミリーマート、サークルKサンクスなどその他大手コンビニ、スーパーなど)
    詳しくはこちら
  • 三井住友銀行の専用ATMでも、提携コンビニATMでも、出来ることに違いはないのでお好きな方を使ってOKです!
    ※ゆうちょ銀行ATMは、キャッシュカードとの兼用カードの場合、利用することが出来ません
     ゆうちょ銀行・提携金融機関以外のATMなら、借入にも返済にも、問題なく利用できます。

    ②口座振替を依頼する

    SMBCダイレクト内「振込・振替」ページから、融資を受けることが出来ます。
    口座振替には、三井住友銀行の普通預金口座が必要です。
    また、利用にはカードローン口座をSMBCダイレクトのサービス利用口座に指定する必要がございます。

    三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行で口座を作っていなくても申し込めるので便利ですが……。
    口座を持っていることによって、たくさんの便利なサービスを受けられるようになります
    (口座振込、口座振替、インターネット上での残高照会など)
    三井住友銀行カードローンを契約するときには、口座も一緒に開設するのがオススメです。

    半年使えば増枠も可能

    半年以上、三井住友銀行のカードローンをまじめに、延滞せず使い続けていると、限度額を引き上げられるかもしれません!
    限度額を今以上に引き上げることを、増枠と呼びます。

    増枠を申請する方法は?

    増枠には、審査が必要となります。

    失業をしてしまったりして、収入が大きく落ちてしまったときに増枠申請をすると、逆に限度額が引き下げられてしまう可能性もあります。
    申し込み時より生活水準が落ちてしまったときに、増枠申請をするのはやめましょう

    ①電話

    カードローンプラザ(0120-923-923)に直接電話を掛けてみる方法です。
    半年以上、延滞せずにローンを利用している方は早速電話を掛けてみるのもいいですね!

    ②ローン契約機

    契約機内の会員ページから、増枠を申請することが出来ます。
    三井住友銀行に行く用事があるときに、オススメの方法です。

    増枠申請するメリットは、金利が下がること!

    ★三井住友銀行、限度額(契約極度額)ごとの金利設定

    限度額100万円以下 年12.0%~14.5%
    100万円超え~200万円 年10.0%~12.0%
    200万円超え~300万円 年8.0%~10.0%
    300万円超え~400万円 年7.0%~8.0%
    400万円超え~500万円 年6.0%~7.0%
    500万円超え~600万円 年5.0%~6.0%
    600万円超え~700万円 年4.5%~5.0%
    700万円超え~800万円 年4.0%~4.5%

    そう、限度額が高くなると、金利も低くなっていくんです。
    実際にどのくらいの差が出るか、計算してみました!

    ★100万円を借り、毎月5万円を払って完済したときの利息

    限度額100万円のとき(金利14.5%) 151,583円
    限度額350万円のとき(金利8.0%) 76,858円
    差額 74,725円

    このように同じお金を借りても、限度額によって利息に大きな差が出るんです!

    限度額いっぱいまで借りる必要は、もちろんありません。限度額300万円で、10万円しか借りていなくてももちろんOK。
    ついついお金を借りすぎてしまわない限り限度額は引き上げるほどおトクになります。

    まとめ

    ★オススメの申込方法は、インターネット申し込み
     インターネット申し込みの中でも、属性や借りたい金額によって、「かんたん申し込み」「通常申し込み」を選ぶことが出来ます。
    ★すでに三井住友銀行の口座を持っている方には、SMBCダイレクトからの申し込みがオススメ!
    ★出来るだけ早くカードをゲットしたいのなら、インターネットから申し込み、契約機でカードを受け取ること!
    半年以上カードローンを利用したら、増枠申請をしてみよう!

    申込方法や契約方法によって、融資までのスピードは大きく変わります
    あなたに合った方法を使って、より便利に、三井住友銀行カードローンを利用しましょう!

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。