みずほ銀行カードローンの借入残高を確認する方法:みずほの利用者サポートって?

mizuho-balance_01

大きな限度額と低金利で堅実な印象を抱かせるみずほ銀行カードローン。もちろん、利用者サポートも十分に備えられています。

今回はみずほ銀行カードローンをすでに利用されている方を対象に、いろいろな残高照会の方法インターネット会員サービスの使い方を解説していきます!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

★まだみずほ銀行カードローンとの契約を結んでいない方は、以下のページを読んでみてください。
CHECK▶みずほ銀行の申し込み方法と必要書類
CHECK▶みずほ銀行の審査の流れとその基準
CHECK▶みずほ銀行の口座開設方法

みずほ銀行カードローンの借り入れ残高確認方法

mizuho-balance_02

まずはみずほ銀行でいくら借りているか、確認する方法を見ていきましょう!

①残高照会方法は「ATM」「みずほダイレクト(インターネットバンキング)」「電話」の三種類

残高照会可能時間
各種ATM 第1・第4土曜日3時~5時
を除く時間
その他ATMの種類により異なる
みずほダイレクト 土曜日22時~翌日曜日8時
第1・第4土曜日3時~5時
を除く時間
電話 平日9時~21時
土日9時~17時
祝日休業

みずほ銀行での借り入れ残高を調べる方法は「ATM」「みずほダイレクト」「電話」の3種類。
みずほダイレクトとは、みずほ銀行のインターネットバンキング、つまり口座を持っている方向けのインターネットサービスのことを言います。

残高照会にお金は一切かからないので、あなたが今いる場所や気分に合わせて、好きな方法を選びましょう!

★「みずほダイレクト」を利用するためには、別途申し込みが必要です。

みずほダイレクトご利用カード

上のカードに見覚えのない方は、みずほダイレクトを利用するために店頭またはインターネットでの申し込みを行ってください。
みずほダイレクトへの申し込み方法
みずほダイレクトを利用することで、インターネットを通した借り入れと繰上返済、残高照会が可能となります。

②「かんたん残高照会」は残念ながら対象外

mizuho-balance_04
▲スマートフォン版「かんたん残高照会」アプリ  
インターネットブラウザはもちろん、LINEを使って口座残高を確認できる「かんたん残高照会」サービスは、残念ながらカードローンに対応していません確認できるのは預金残高だけなんですね。

とは言え便利なサービスですので、毎月10日の返済日前に口座残高が気になる方は利用してみても良いでしょう。

また、預金残高が0円を下回ると自動的に借り入れ残高が増える「キャッシュカード兼用型」を選択した方は、意図せぬ借り入れを防ぐためにも、預金口座残高を定期的にチェックしておくと良いですね。

参考みずほ銀行公式HP「インターネット残高照会」 「LINEでかんたん残高照会」 「カードローン:お選び頂ける2種類のカードについて」

③みずほダイレクトへの申し込み方法

口座開設と同時に申し込みが可能な、みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」。
「みずほ銀行口座は持っているけれど、みずほダイレクトの契約は結んでいない」という方は、これから別途申し込みが必要です。

みずほダイレクトへの申し込み方法は「店頭窓口」「インターネット」の2種類。
インターネットを使った申し込み方法はいくつかありますが、最もおすすめなのが「かんたん残高照会」を利用したもので、スマートフォン・パソコンの両方から利用可能です。

mizuho-balance_05

「かんたん残高照会」への「初回登録」を済ませた後、「みずほダイレクト新規申込」ボタンを選択。
その後は画面に従って申し込みを行えば、銀行に向かう必要なく、手続きを済ませられますみずほ銀行公式HP:インターネット残高照会サービスの初回登録認証情報入力(初回登録)
※みずほ銀行のキャッシュカードをご用意ください

ただし、みずほダイレクトの「利用カード」が簡易書留で届くまでには2週間ほど必要なのでお気を付けください。
このとき、郵送物を避けることはできません。

参考みずほ銀行公式HP「みずほダイレクトのお申し込み」

<みずほ銀行以外での借り入れ残高を知りたいときには?>

「どこでいくら借りているのかわからなくなってしまった……」という方は、各社の督促状(とくそくじょう)が届き始める前に、個人信用情報機関への照会を行いましょう。
個人信用情報機関とは、一定期間分のクレジットカードや各種ローンの利用履歴がすべて記録されている場所のこと。ここに保存されている情報を開示すれば、いつ・どこで・いくら借りているかすぐに分かるというわけですね。

詳しい方法については『自分の借金を調べる方法』ページを読んでみてください。

各種ATMを使った残高照会方法

mizuho-balance_06

最も手軽で身近なATMを使った残高照会方法をご紹介します!

①残高照会の手順

(1)ローンカード(キャッシュカード一体型の場合はキャッシュカード)を対応ATMに挿入する

mizuho-balance_07

(2)「カードローン」(または「みずほのカードローン」)を選択
(3)「残高照会」を選択

残高照会の方法はたったこれだけ。
ATMの種類によって多少違いはありますが、画面の指示に従えば困ることはありません。

②みずほ銀行のカードを使えるATM一覧

ATMの種類 残高照会を利用できない時間帯
みずほ銀行ATM 土曜22:00~24:00
日曜00:00~08:00
  21:00~24:00
月曜00:00~07:00
第一・第四土曜日3:00~5:00
コンビニATM
(セブン銀行、ローソン、e-net)
土曜22:00~24:00
日曜00:00~08:00
第一・第四土曜日3:00~5:00
イオン銀行ATM 土曜22:00~24:00
日曜00:00~08:00
第一・第四土曜日3:00~5:00
ゆうちょ銀行ATM 土曜22:00~23:55
日曜00:05~08:00
  21:00~23:55
祝日21:00~23:55
第三月曜日0:00~07:00
第一・第四土曜日3:00~5:00
VIEW ALTTE(駅ナカATM) 平日00:00~08:00
  23:00~24:00
休日00:00~08:00
  21:00~24:00
Patset(駅ナカATM) 毎日00:00~08:00
  21:00~24:00
スルガ銀行ATM 平日00:00~08:00
  23:00~24:00
休日00:00~08:00
  21:00~24:00
その他提携金融機関ATM 土曜21:00~24:00
日曜00:00~08:00
  21:00~24:00
第一・第四土曜日3:00~5:00

街中のいたるところでカードローンの残高照会ができますね!
利用できない時間帯は一見多いようですが、すべて夜間。日中に利用すれば問題ありません。

みずほ銀行の会員サービス「みずほダイレクト」の使い方

mizuho-balance_08

わざわざATMまで出向かずとも、インターネット会員サービスを使えば簡単に残高照会が可能です。

①みずほダイレクトでできること

  • 残高照会(カードローン)
  • 振り込み申し込み
  • カードローンの返済
  • その他普通預金の残高照会、振込、振替など
  • 参考みずほ銀行公式HP「みずほダイレクト、便利な使い方」

    みずほダイレクトとは、みずほ銀行のインターネットバンキングサービスのこと。
    基本的には普通預金利用者向けのサービスとなっていますが、カードローンの残高照会や借り入れ・返済も可能です。

    ★みずほダイレクトを利用するためには専用の「お客様番号」が必要です。

    お客様番号-みずほダイレクトご利用カード

    口座開設時にもらっていることが多いのですが、心当たりのない方は窓口への問い合わせや新規申し込みを行いましょう。利用料金などは一切必要ありません。

    ★利用限度額の増額申し込みはみずほダイレクトからではなく、初回申し込み時と同じ申し込みフォームから行います。
    詳しくは「みずほ銀行公式HP:カードローンの利用限度額を増やしたい」のページを読んでみてください。

    ②みずほダイレクトでの残高照会

    mizuho-balance_10 (1)みずほダイレクトにログイン
    (2)メインメニューから「残高照会」を選択
    (3)残高照会を希望するカードローン口座を選択
    (4)「照会」ボタンをクリック
    mizuho-balance_11

    入出金明細照会や普通預金口座の利用残高確認も、同様に行うことができます。

    ③みずほダイレクトを使った借り入れ方法

    利用限度額に余裕があれば、インターネットを使って追加の借り入れも可能です!

    mizuho-balance_12 (1)みずほダイレクトにログイン
    (2)「ローン」項目内の「カードローン取引」を選択
    (3)「お借入れ口座の選択」にカードローン口座「入金口座の選択」に普通預金口座を選択
    (4)借り入れ金額を入力※ここで現在の借り入れ残高・限度額も確認可能
    (5)みずほダイレクトのご利用カードを見ながら、第二暗証番号を入力
    (6)「借り入れ実行」を選択

    借り入れ時には「お客様番号」が掲載されている「みずほダイレクト」裏面の、第二暗証番号が必要となります。お手元にカードを準備した上で申込を行いましょう。

    みずほ銀行の場合、三井住友銀行カードローンとは異なり、振り込みが反映されるのは銀行営業時間である平日9:00~15:00のみとなります。
    夕方以降や土日に急ぎでお金が欲しい時には、各種ATMを利用した方が良さそうです。

    ④みずほダイレクトを使った繰り上げ返済方法

    (1)みずほダイレクトにログイン
    (2)「ローン」項目内の「カードローン取引」を選択
    (3)「お借入れ口座の選択」に普通預金口座「入金口座の選択」にカードローン口座を選択
    (4)返済金額を入力※ここで現在の借り入れ残高・限度額も確認可能
    (5)みずほダイレクトのご利用カードを見ながら、第二暗証番号を入力
    (6)「返済実行」を選択

    返済も借り入れと同様、平日9:00~15:00にしか反映されません
    「振り込んだのに残高が減ってない!」というときには返済時間を確認してみましょう。

    みずほ銀行の約定返済(月々の返済)は自動引落しを使って行われます。
    みずほダイレクトでできる返済は繰り上げ返済(追加返済・任意返済)、つまりみずほダイレクトで毎月の返済額以上の返済を行っても、毎月10日の引き落としは通常通り行われるので気を付けてください。

    返済について詳しくは『みずほ銀行カードローンの返済』ページを参考にしてみてください。

    まとめ

    mizuho-balance_13

    みずほ銀行カードローンの残高照会は3種類の方法で、手数料無料で行える!
    ★みずほ銀行カードローンをより便利に利用するため、インターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」を有効に活用しよう!
    ★自社口座への入金であっても、反映されるのは平日9:00~15:00のみなので注意

    使い勝手の良いみずほ銀行のユーザーサービス。
    受付時間に気を付けながら、ぜひ使いこなしてみてくださいね! 


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。