キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

【みずほマイレージクラブ】他行宛て振込手数料を0円にする条件をチェック!

    【みずほマイレージクラブ】他行宛て振込手数料を0円にする条件をチェック!

    「みずほ銀行からの振込が、もっとおトクにならないかな?」
    そんなあなたは、「みずほマイレージクラブ」の優遇条件を今一度チェックしてみましょう。

    あなたを含め、みずほ銀行に預金口座を持っている人は皆自動的に「みずほマイレージクラブ」へ加入しているのですが……。
    「口座にお金を一定金額以上預ける」などの条件を満たせば、振込手数料が無料になるなどの優待を受けられるんです。

    今回はみずほ銀行ユーザーのあなたに向けて、「みずほマイレージクラブ」の優遇条件や、いつでも発行できるクレジットカードの概要について、分かりやすくまとめました。
    読み終えていただければ、みずほ銀行のサービスをこれまでよりおトクに使う方法が分かりますよ。

    みずほ銀行カードローン (基本情報)
    実質年利 年2.0%~14.0%※限度額 800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設必要
    融資スピード -借入判断なし
    備考
    • 初回から100万円以上の大口融資にも積極的
    • みずほ銀行の口座開設が必要
      ※ 利用可能になるまで2週間程度必要になります。
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    みずほ銀行に口座を持っていれば自動加入!「みずほマイレージクラブ」って何?

    みずほ銀行に口座を持っていれば自動加入!「みずほマイレージクラブ」って何?

    公式HPをパッと見るだけでは分かりにくいのですが……。 「みずほマイレージクラブ」とは、みずほ銀行に口座を持っている個人の方、全員が自動的に加入している会員サービスのこと。
    サービスを受けるために、後述の「みずほマイレージクラブカード」(クレジットカード)を持っている必要はありません。

    みずほマイレージクラブの優待内容は、以下の条件をどれだけ満たしているかによって変わってきます。
    特に優遇ステージに名前はついていないようなので、ここでは便宜上「優待C」「優待B」「優待A」と呼び分けてみました。(Aが最も高優待。公式の呼称ではありません)

    ★みずほマイレージクラブの優待条件

    適用条件優遇内容
    優待C※1「みずほダイレクト」※2または
    「かんたん残高照会」※3への登録
    +以下の条件いずれか1つクリア

    • みずほ銀行ATM、イオン銀行ATMの手数料完全無料
    • コンビニATMの利用手数料、月4回まで無料
    • 「みずほ銀行本店宛て」の振込手数料のみ無料※4
    • 新規、切替、再発行時のカード発行手数料無料
    優待B「みずほダイレクト」※2または
    「かんたん残高照会」※3への登録
    +以下の条件いずれか1つクリア

    • NISA口座保有から2年以内
      (みずほ証券の口座も可)
    • 預金残高50万円以上
    優待Cの内容に加え

    • 他行宛て振込手数料、月1回まで無料
    優待A以下の条件いずれか1つクリア

    • みずほJCBデビット、もしくはみずほマイレージクラブカードの年間引き落とし額100万円以上
    • 資産運用の残高あり(みずほ信託銀行、みずほ証券可)
    • 任意のみずほ銀行ローンの借入残高あり※5
    • 預金残高500万円以上
    優待Cの内容に加え

    • 他行宛て振込手数料、月4回まで無料
    ※1 優待A~Cの名称は今、便宜上付けただけであって公式の呼称ではありません。
    ※2 みずほ銀行のインターネットバンキングサービス。
    ※3 インターネット上でみずほ銀行の預金残高を確認できるサービス。
    ※4 みずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、みずほダイレクトを利用する場合に限る
    ※5 みずほ銀行カードローンも対象だが、残高が1円以上でなければ優待は受けられない

    優待Aにおける、「他行宛て振込手数料が月4回まで無料」という特典は魅力的ですが、利用できる方はある程度限られそう……。
    資産運用に手を出すつもりが無く、預金額が50万円未満であるのなら、とりあえずはコンビニATM手数料を節約できる「優待C」を狙うことになるでしょう。

    ただし、「優待C」状態だと他行宛て手数料はまったく割引されません。
    「振込手数料を節約する」ことを優先するのなら、無条件で手数料無料となる「新生銀行」などへの乗り換えも検討すべきと言えます。

    CHECK新生銀行公式HP「ATM」

    ★優待ステージの判定は毎月行われ、翌々月に反映されます。
    現在の優待内容は「みずほダイレクト」または「かんたん残高照会」から確認できます。

    CHECKみずほ銀行公式HP「「うれしい特典」で無料となるATM手数料や振込手数料無料の利用回数を確認したい」

    ★「みずほダイレクト」は「かんたん残高照会」に比べ振込に対応しているなど高機能ですが、実際に利用できるようになるまで時間が掛かります。
    単に優待ステージを上げたいという場合には、「かんたん残高照会」をご利用ください。
    ただ、口座開設時に知らないうちに「みずほダイレクト」の登録が済んでいる可能性もあります。

    CHECKみずほ銀行公式HP「かんたん残高照会」

    CHECKみずほ銀行公式HP「みずほダイレクト(インターネットバンキング)」

    ★通常の振込手数料については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKみずほ銀行公式HP「振込手数料」

    ★みずほ銀行に借入残高が1円でもあれば、「優待A」を受けられます。
    このため、みずほ銀行カードローンを毎月ごくごくわずかに使い、最低限の利息で振込手数料無料の恩恵を受ける、というのも考えられないわけではありません。
    ただし、単に面倒なのでおすすめはしかねます。(ちなみに借入額1,000円/1ヶ月間で金利14%の場合、利息は11円くらい)

    「みずほマイレージクラブカード」を作ることにメリットはある?

    「みずほマイレージクラブカード」を作ることにメリットはある?

    「みずほマイレージクラブ」の解説をする上で、避けては通れないのが「みずほマイレージクラブカード」
    こちらはみずほ銀行が、信販会社「クレディセゾン(UC)」あるいは「オリコ」と提携して発行するクレジットカードを指し、なんと6種類もあります。

    それでこのカードについてですが、正直に言うとクレジットカード自体に特筆するほどの魅力はありません
    ただし年会費無料(ゴールド除く)、かつみずほ銀行のキャッシュカード機能付き(オリコ提携のもの除く)のため、サブカードとして作っておくと意外なところで活躍できる可能性もあります。

    ★6種類のみずほマイレージクラブカード簡易比較

    実質還元率概要
    みずほマイレージクラブカード/ANA0.5%
    (1,000円ごとに5円相当の1ポイント)
    • ANAマイレージクラブカード付き
    • 楽天Edy(電子マネー)付帯
    • 家族カード発行可
    みずほマイレージクラブカード/セゾンSuica
    • Suica機能付き(オートチャージ可)
    セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック
    • 海外旅行損害保険付帯
    みずほマイレージクラブカード/THE POINT1.0% (100円ごとに1円相当の1ポイント)
    • 唯一メインカード向き
    • 家族カード発行可
    • キャッシュカードとは別々に発行
    US Mastercard
    セゾンVISAカード
    セゾンJCBカード
    (一般カード)
    0.5%
    (1,000円ごとに5円相当の1ポイント)
    • キティちゃんデザインを選べる(UCカード)
      選択肢にはならない
    US Mastercard
    ゴールド
    • 年会費10,800円
    • それに相応するメリットは無い

    • 家族カード発行可
    クレディセゾン(UC)発行カード(永久不滅ポイント付与)
    オリコ(オリエントコーポレーション)発行カード(オリコポイント付与)

    「THE POINT」を除き、基本的にはメインのクレジットカードと言うより「キャッシュカードのおまけ」くらいに考えて、発行カードを選ぶと良いでしょう。
    もちろん特にメリットを感じなければ、クレジットカードを作る必要はありません。

    CHECKみずほ銀行公式HP「みずほマイレージクラブカード」

    ★カードショッピングにより多くのポイントやマイルを貯めていくつもりなら、みずほマイレージクラブカード/ANA(Suica)よりも、「ANA CARD」や「ビックカメラSuicaカード」といった他社の有料カードを選ぶことをおすすめします。

    ★上記カードの引き落としが発生した翌々月に限り、「優待C」(仮)が保証されます。
    引き落とし額(カード利用額)が年間100万円に達すれば「優待A」を受けられますが、還元率の低さからそこまでの重用はおすすめできません。(THE POINTを除く)

    ★みずほマイレージクラブカードの引き落とし元に、みずほ銀行以外の金融機関口座を設定することはできません。

    ★カード付帯保険(海外旅行保険)が付くのはアメックスカードのみとなります。

    まとめ

    まとめ

    ★みずほ銀行に口座を持っている個人は、自動的に「みずほマイレージクラブ」に加入している。
    これにより一定の条件を満たせば、その翌々月にコンビニATM手数料や振込手数料の優待を受けられる。優待を受けるためには出来る限り預金をみずほ銀行口座に集中させられると◎
    ★みずほマイレージクラブに加入していれば=みずほ銀行に口座を持っていれば、クレジットカード「みずほマイレージクラブカード」への申し込みが可能。
    特に特徴のあるカードではないため、申込むなら付帯サービス(ANA、Suica、海外旅行損害保険など)が目当てになりそう。年会費は無料

    メガバンクによる取り扱いとあってか、「みずほマイレージクラブ」にこれといって目を見張るような点はありません。
    とは言え上手に活用できる条件が揃っているのなら、毎月の出費をほんの少し抑えることができるでしょう。

    ★みずほマイレージクラブカードの詳細や申し込みについては、以下の公式ページをご覧ください。

    CHECKみずほ銀行公式HP「みずほマイレージクラブカード」


    この記事でチェックしたカードローン情報

    みずほ銀行カードローン (基本情報)
    実質年利 年2.0%~14.0%※限度額 800万円
    審査スピード公式HP参照口座開設必要
    融資スピード -借入判断なし
    備考
    • 初回から100万円以上の大口融資にも積極的
    • みずほ銀行の口座開設が必要
      ※ 利用可能になるまで2週間程度必要になります。
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント