みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?審査の流れや口コミもチェック

    みずほ銀行カードローンは、普段から「みずほ銀行」の口座を使っている方向けのカードローンです。
    その代わり、年収100万円前後の方や複数の他社借入を抱えている方など、審査に不安がある方でも利用できる可能性があります。

    今回は実際のアンケート調査の結果から、みずほ銀行カードローンの審査基準を分析しました。

    みずほ銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    ※年2.0%~14.0%10万〜800万円2~3営業日1週間~10日
    (すでに口座をお持ちの場合)
    申込条件
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
    • 安定かつ継続した収入の見込める方
    • 保証会社(※オリコ)の保証を受けられる方

    ※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

    ※住宅ローン利用者は-※年0.5%
    →引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    ポイント

    • みずほ銀行の普通預金口座の開設必須
    • 「WEB完結」であっても郵送物の回避不可
    • 原則として新規ローンカードの発行は行われず、既存のキャッシュカードに借入機能が付く(希望があれば専用ローンカードの発行も可)
    • 現在は専業主婦の申込不可(「専業主婦OK」は古い情報です)

    みずほ銀行カードローンの申込条件

    「みずほ銀行カードローン」の審査を受けるためには、所定の申込条件を満たす必要があります。

    まずはこのカードローンへ「申し込み」を行う条件について解説します。

    ①申し込めるのは「満20歳以上満66歳未満で収入がある方」

    みずほ銀行カードローンの申込条件は以下の通りです。

    申込条件(公式サイトより)

    1. ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
    2. 安定かつ継続した収入の見込める方
    3. 保証会社の保証を受けられる方

    *外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

    「保証会社の保証を受けられる方」については、「審査に通過できる方」と読み替えることができます。

    そのため実質的な申込条件は、「満20歳以上満66歳未満で収入がある方」だと言えるでしょう。

    ②専業主婦の方は申し込めない

    現在のみずほ銀行カードローンは、専業主婦の方の申し込みを受け付けていません

    その他、収入がない無職の方もこのカードローンへ申し込むことができません。

    みずほ銀行カードローンの審査基準

    ここからは、みずほ銀行カードローンの審査基準について解説します。

    ①年収100万円、アルバイトの方も審査に通過している

    「安定かつ継続した収入の見込める方」という申込条件を見ると、審査に通過するためには一定の収入が要求されるように思えます。

    ただし実際にアンケート調査を実施したところ、「年収100万円・アルバイト」という方の審査通過を確認することができました。

    その他、年収200万円以下の方が多く審査に通過されていることを見ても、このカードローンを利用する上で高い収入は不要と言えます。

    みずほ銀行カードローン申込者へのアンケートより
    属性審査結果
    • 年収100万円
    • アルバイト(0年)
    • 金利14.0%
    • 限度額20万円
    • 年収130万円
    • パート(2年)
    • 他社債務3件30万円
      ┗リボ1件、キャッシング2件
    • 配偶者の扶養に入っている
    • 金利14.0%
    • 限度額30万円
    • 年収150万円
    • 派遣社員(2年)
    • 直前に他社で審査落ち
    • 金利14.0%
    • 限度額10万円

    ②複数の他社借入を抱えた方の通過報告も多い

    このカードローンでは、複数の他社借入を抱えている方の通過報告も多いです。

    中には「即・審査落ち」の基準となりやすい、4件以上の他社借入を抱えた方の通過報告も見られました。

     

    みずほ銀行カードローン申込者へのアンケートより
    属性審査結果
    • 年収130万円
    • パート(2年)
    • 他社債務3件30万円
      ┗リボ1件、キャッシング2件
    • 配偶者の扶養に入っている
    • 金利14.0%
    • 限度額30万円
    • 年収320万円
    • 契約社員(6年)
    • 他社借入6件計90万円
    • 申し込み時点でクレジットカードを1ヶ月程度延滞中
    • 金利14.0%
    • 限度額10万円
    • 年収350万円
    • 契約社員(5年)
    • 他社借入3社計90万円
    • 金利13.4%
    • 限度額10万円
    • 年収370万円
    • 会社員(6年)
    • 他社借入4社計80万円
    • 5年以内にクレカを2ヶ月以上延滞
    • 金利11.8%
    • 限度額10万円
    • 年収390万円
    • 会社員(7年)
    • 他社借入2社70万円
    • 金利13.1%
    • 限度額15万円

    これらの審査結果を見る限り、みずほ銀行は他社借入の「件数」よりも、「借入総額」を重視しているようです。

    これはカードローンの中では、珍しい審査傾向だと言えます。

    ③クレジットカードを長期延滞した方の審査通過も

    今回のアンケート調査では、信用情報に問題がある方の審査通過報告も見られました。

    みずほ銀行カードローン申込者へのアンケートより
    属性審査結果
    • 年収370万円
    • 会社員(6年)
    • 他社借入4社計80万円
    • 5年以内にクレカを2ヶ月以上延滞
    • 金利11.8%
    • 限度額10万円

    一般に2ヶ月以上の「後払い」サービスの延滞は、信用情報上の大きな問題と見なされます。

    それにもかかわらず審査に通過できたというこの例は、みずほ銀行の審査の柔軟さを示しています。

    ④みずほ銀行カードローンの審査に落ちるのはどんな人?

    みずほ銀行カードローンの審査は、一般的な銀行カードローンに比べても柔軟に見受けられます。

    それにもかかわらず審査に落ちてしまうのは、主に「他社のカードローンを延滞中」の方や「審査上の不安要素が重なっている方」でしょうか。

    後者について具体的に言うと、「年収が低く、複数の他社借入がある」「収入が不安定で、信用情報に問題がある」方などが該当します。

    その他、今回のアンケートに該当者はいなかったものの、「既存の借入額が年収の半分前後に達している方」の審査通過は一般に困難とされています。

    また任意整理の手続き中の方や、自己破産を経験した方などの審査通過も難しいでしょう。

    みずほ銀行カードローンを利用した方の口コミ評判・体験談

    ここからは、実際のアンケート調査から2名の体験談を抜粋し、紹介させていただきます。

    ①年収100万円で審査に通過できた方の体験談

    まずは「年収100万円、アルバイト」という属性で審査に通過された方の体験談を紹介します。

    実際のアンケート調査より
    属性
    • 年収100万円
    • アルバイト(0年)
    • 単身
      ┗親権者の扶養に入っている
    審査結果
    • 金利11.8%
    • 限度額10万円
    自由な口コミ・感想など
    銀行でお願いされて作ったので(審査についての)不安はなかった。
    同じキャッシュカードで使えたので便利だった

    この例だけを見ても、みずほ銀行カードローンの審査に通過するために高い収入や信用が必要ないことが分かります。

    また「同じキャッシュカードで使えた」ということは、この方が「キャッシュカード兼用型」を選択したことを意味します(詳細は後述)。

    この場合、普段のキャッシュカードを使ってカードローンのサービスを利用することができます。

    ②4件の他社借入と信用情報の問題を抱え審査に通過できた方の体験談

    こちらは4件の他社借入と、信用情報の問題を抱えて審査に通過できた方の体験談です。

    実際のアンケート調査より
    属性
    • 年収370万円
    • 会社員(6年)
    • 他社借入4社計80万円
    • 5年以内にクレカを2ヶ月以上延滞
    審査結果
    • 金利14.0%
    • 限度額20万円
    自由な口コミ・感想など
    複数機関からの莫大な借金と低収入という状況が審査にどれだけ影響するのか、という不安は大きかったです。

    (借りたお金の使い道は)他の機関への返済を最優先にしました。

    「他社借入4件、かつ信用情報に問題あり」という状態での審査通過は、消費者金融会社でも難しいです。

    この方が審査に通過できた理由として考えられるのは、「他社借入の総額が年収に対してさほど高くなかった」ためでしょうか。

    いずれにせよ、こちらはみずほ銀行が柔軟な審査を行っていると示す、貴重な例の1つと言えます。

    みずほ銀行カードローンにおける審査・契約の流れ

    ここからは、みずほ銀行カードローンにおける審査・契約の流れについて解説します。

    ①契約の流れ

    「みずほ銀行カードローン」の契約の流れは以下の通りです。

    みずほ銀行カードローン
    審査・契約の流れ

    インターネットから申し込み
    仮審査
    ※携帯電話へ確認が入る場合あり
    本審査
    ※携帯電話へ確認が入る場合あり
    在籍確認の可能性あり
    メールで審査結果連絡
    インターネット上で契約手続き
    ATMで使えるカードの郵送
    (契約後1週間~)

    契約手続きはインターネット上で完了します。

    審査の際には携帯電話へ連絡が入る可能性があるため、着信に気を配っておくと良いでしょう。

    ★みずほ銀行の店舗などでの申し込みも可能です。

    ②みずほ銀行カードローンの必要書類

    みずほ銀行とのカードローン契約に必要な書類は以下の通りです。

    みずほ銀行カードローンの必要書類
    本人確認書類(全利用者必須)
    いずれか1点

    • 運転免許証
    • パスポート
      ┗住所の記載があるものに限る
    • 印鑑証明書(*3)
    • 特別永住者証明書(*1)(*4)
    • 運転経歴証明書(*1)(*2)
    • 各種健康保険証
    • 住民票
    • 在留カード
    • 住民基本台帳カード
    収入証明書類
    (限度額が50万円を超える場合)
    いずれか1点

    • 源泉徴収票
    • 納税証明書(その1・その2)
    • 住民税決定通知書または課税証明書

    書類は「スマートフォンなどで撮影した画像をアップロード」という形で提出できます。

    ③審査時間は最短1営業日(土日を含まない)

    インターネットから申し込みを行った場合、カードローンの審査にかかる時間は「最短1営業日」です。

    ただし審査の状況によっては、より長い時間が必要となることもあるでしょう。

    また、土日祝日に審査は行われていません。

    ④在籍確認は「必要と判断された場合に」実施される

    みずほ銀行カードローンの在籍確認(勤務先確認)は、「必要と判断された場合に、電話で」行われます。

    必ず勤務先に電話がかかってくるとは限りませんが、申込者の都合で電話を避けることはできません

    また、電話は「みずほ銀行」の名前ではなく「担当者の個人名」を用いて掛けられます。

    例:○○(担当者名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?

    CHECKみずほ銀行カードローンの在籍確認について

    ⑤契約後に利用できる借入方法について

    契約後に利用できる「みずほ銀行カードローン」の借入方法は以下の通りです。

    みずほ銀行カードローンの借入方法
    みずほダイレクト
    • 手数料無料
    • メンテナンス時間を除き、いつでも借入可能
    ATM
    自動振替サービス
    • クレジットカードや公共料金の引き落としの際、残高が不足としている場合に不足額を自動で融資

    「みずほダイレクト」(インターネットバンキング)を使った借入は、時間を問わずに利用できる上、手数料も無料です。

    ATMは時間帯などによって手数料が発生するため、基本的には「みずほダイレクト」を活用したいところです。

    みずほ銀行カードローンの基本情報

    ここからは、みずほ銀行カードローンの特徴や基本情報について解説します。

    ①契約にはみずほ銀行の口座が必要

    前提として、このカードローンの契約を結ぶためにはみずほ銀行の口座が必要です。

    審査は口座なしでも受けられますが、契約の際には自分の口座を開設する必要があります。

    みずほ銀行では、カードローンと「みずほe-口座」の同時申し込みが可能です。

    ★みずほe-口座では、通帳が発行されません。

    ②金利は上限14.0%と低め

    みずほ銀行カードローンの金利は「1.5%~14.0%」で、主に利用限度額に応じて決定します。

    みずほ銀行カードローンの金利設定
    ご利用限度額適用金利※
    10万円~90万円14.0%
    100万円
    ~190万円
    12.0%
    200万円
    ~290万円
    9.0%
    300万円
    ~390万円
    7.0%
    400万円
    ~490万円
    6.0%
    500万円
    ~590万円
    5.0%
    600万円
    ~790万円
    4.5%
    800万円2.0%
    ※みずほ銀行の住宅ローンを利用している方はー0.5%

    金利設定は、銀行カードローンの中でも低めです。

    また金利が「年利14.0%」の場合、月当たりの金利は1.666%前後となります。

    これは10万円を1ヶ月借りた場合、1,666円程度の利息が発生することを意味します。

    ③他社借入に比較的寛容なのでおまとめ・借り換えにも使える

    先にふれたとおり、みずほ銀行カードローンの審査は「複数の他社借入」に寛容です。

    そのため借り換えを目的に、このカードローンを選ぶことも視野に入るでしょう。

    特に「借入総額は高くないが、借入件数が多い」という方は、このカードローンの独自の審査基準を上手く活かせるかと思います。

    ④「キャッシュカード兼用型」と「カードローン専用型」の違いについて

    みずほ銀行カードローンには「キャッシュカード兼用型」「カードローン専用型」の2種類があります。

    「キャッシュカード兼用型」では、現在利用しているみずほ銀行のキャッシュカードに借入の機能が追加されます。

    一方、「カードローン専用型」ではカードローン専用のカードが発行されます。

    ただし、インターネットでの申し込みに対応しているのは「キャッシュカード兼用型」のみです。

    そのため多くの方は、「キャッシュカード兼用型」を選ぶ形となるでしょう。

    ★「カードローン専用型」を希望する場合には、みずほ銀行の店舗などでの申し込みが必要です。

    まとめ

    ポイント
    • みずほ銀行カードローンへ申し込めるのは「満20歳以上満66歳未満で収入がある方」
    • 審査はかなり柔軟で、年収100万円前後の方や信用情報に問題がある方の審査通過も確認済み
    • 他社借入については「借入件数」よりも「借入総額」を重視する模様。
      カードローンの中でも珍しい審査基準と言える
    • 審査は最短1営業日で完了する

    みずほ銀行カードローンは、大手銀行の取り扱いでありながら柔軟な審査を特徴としています。

    独自の審査基準に期待するのであれば、口座開設が必要であることを踏まえても、このカードローンを選ぶ意味があるでしょう。

    みずほ銀行カードローン
    金利2.0%
    ~14.0%
    (~月1.666%程度)
    限度額10万円~800万円
    口座開設必須
    自宅への郵送物回避不可
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    担当者個人名で、必要と判断された場合に実施
    ※申込者都合での回避不可
    申込み~融資の所要時間最短1営業日
    借入方法
    • みずほダイレクト
      (インターネットバンキング)
    • ATM(コンビニ可)
    • 自動融資
    返済方法
    • 自動引き落とし
      ┗みずほ銀行口座限定
    • ATM
    • みずほダイレクト
    申込条件(公式サイトより)
    (1)ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
    (2)安定かつ継続した収入の見込める方
    (3)保証会社の保証を受けられる方

    *外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    みずほ銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    ※年2.0%~14.0%10万〜800万円2~3営業日1週間~10日
    (すでに口座をお持ちの場合)
    申込条件
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
    • 安定かつ継続した収入の見込める方
    • 保証会社(※オリコ)の保証を受けられる方

    ※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

    ※住宅ローン利用者は-※年0.5%
    →引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    ポイント

    • みずほ銀行の普通預金口座の開設必須
    • 「WEB完結」であっても郵送物の回避不可
    • 原則として新規ローンカードの発行は行われず、既存のキャッシュカードに借入機能が付く(希望があれば専用ローンカードの発行も可)
    • 現在は専業主婦の申込不可(「専業主婦OK」は古い情報です)

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。