1分で分かる!「SMBCモビット」ライバル他社と比べたメリット・デメリット

    1分で分かる!「SMBCモビット」ライバル他社と比べたメリット・デメリット

    審査が不安な 佐藤さん
    広告で見かける『SMBCモビット』が気になる。
    カードローン会社は他にもあるけれど、このままモビットに申し込みを決めてもいいのかな?

    結論から言うと、「SMBCモビット」はややピーキー、つまり人を選ぶ金融会社。
    すべての初心者におすすめ…とは言い難い一方で、

    • 何としても勤務先への電話は阻止したい
    • 消費者金融で、できるだけ多くのお金を借りたい
    • すでに他社でお金を借りている

    といった場合には強い味方となってくれることでしょう。

    今回はそんな「SMBCモビット」について、ライバル他社(プロミスなど)と比べたメリット・デメリットを分かりやすくまとめました。

    【管理人】山本
    読み進めて頂ければ、今のあなたがこの会社へ申し込むべきか否かが分かります。
    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    1分でチェック!あなたは「SMBCモビット」を選ぶべき?

    結論から言うと、「SMBCモビット」を選ぶべきは以下の条件のいずれかに該当する方となります。

    SMBCモビットを選ぶべき人
    1. 勤務先への確認電話(在籍確認の電話)を確実に避けたい。
      かつ何らかの書類(社会保険証など)を使い勤務先の証明ができる
    2. 収入の低さまたは他社借入の多さを理由に審査に不安を感じている
    3. 主に審査上の理由から銀行ではなく消費者金融から借りたい。
      かつサービス内容より「大きな金額の契約を結べること」を重視したい

    上の3つの条件がどれもピンと来なかったのなら、その他の申込先を選んだ方が良いでしょう。

    そのためここからは、あなたが上の3つのうちいずれかの条件を満たし、「SMBCモビット」への申込みに向いていることを前提に、お話を進めさせていただきます。

    ★その他、SMBCモビットの重大な懸念として、以下のいずれかを満たせないと自宅への郵送物が避けられないという点が挙げられます。

    SMBCモビットで郵送物を避ける条件
    1. 「三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を返済用支払い用口座に設定する
    2. 郵便局留めで書類を受け取る(要事前相談)

    申込み先を選ぶ上では、こちらもご留意ください。

    モビットが向かなかった場合の申込先候補
    あなたの希望申込み先候補
    手間や条件なく郵送物を避けたい

    アイフルでも良いが、上の2社よりややサービス劣る

    特に審査上の不安はない銀行カードローン、その他低金利ローンなど
    大きなお金を借りたい。借入先は消費者金融に限らないネット銀行系カードローンなど
    在籍確認は避けたいが、勤務先を証明できる書類が無い

    ※ただしいずれも要口座開設

    特にこれといった希望はないモビットよりサービスに優れる

    • プロミス
    • レイクALSA

    モビットより貸付条件に優れる各銀行カードローン等

    ※ちなみに各銀行カードローンの審査通過に必要な経済能力目安は、「正社員である」「非正規でも、200万円程度の年収を得ている」「安定収入のある配偶者がいる」程度となります。

    ライバル他社と比べた「SMBCモビット」のメリット

    ここからは「SMBCモビット」への申込みを前向きに検討しているあなたのため、この会社の提供するサービス内容についてより詳しく解説させて頂きます。

    ①最大の差別化点は「WEB完結」選択時、「相談なしでも勤務先への電話確認なし」

    「SMBCモビット」では、申込みの段階で「WEB完結」「カード申込」という2つの契約方法を選択する必要があります。
    そして「SMBCモビット」最大の特徴となるのは「WEB完結」の方。

    実際のところ、インターネット契約に対応している金融機関自体は少なくないのですが……。

    SMBCモビット「WEB完結」最大の特徴は、消費者金融を利用する上で必須となりやすい「在籍確認」(勤務先確認)を書類提出をもって行うという点。

    「カード申込」、あるいはモビット以外の消費者金融を選んだ場合、この過程は「電話」にて行われます。
    要は「WEB完結」を選んだなら、通常必要な「勤務先への電話確認」という過程を回避できるわけですね。

    「勤務先への電話なしで借りる」ことを最優先とするのなら、SMBCモビット「WEB完結」への申込みが有力でしょう。

    ★ただし「カード申込」またはその他の金融機関(主に消費者金融系)選択時であっても、「勤務先を確認できる書類」の提出が可能であれば、電話の回避が可能です。

    そのため厳密に言うと、SMBCモビット「WEB完結」と他社(あるいは同社「カード申込」)の差別化点は、「事前相談なしで勤務先への電話を避けられる」こととなるでしょう。

    参考大手消費者金融5社に聞いた!在籍確認なしで借りる条件&申込先の選び方

    ★ちなみに「カード申込」、または他の消費者金融を利用する場合であっても、在籍確認の電話は「金融機関名や用件を名乗らず」実施されます。
    (例:○○と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」

    詳細大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」

    ★「WEB完結」では専用ローンカードが発行されません。
    借入は銀行振込(またはスマートフォンアプリとセブン銀行ATMを使った「スマホATM取引」)にて行われます。
    各ATMで使えるローンカードを入手したい場合には、「カード申込」をお選びください。

    ただし「WEB完結」利用には指定口座&複数の書類の用意が必要

    「事前相談なし、かつ在籍確認の電話なし」で利用できるSMBCモビット「WEB完結」。
    ただしこの契約方法を利用するには、以下の条件を両方クリアする必要があります。あらかじめご承知おきください。

    SMBCモビット「WEB完結」利用条件
    (1)以下のいずれかの金融機関口座を、返済用口座に設定できる

    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行

    ※いずれも契約者名義のものに限る

    (2)勤務先発行の保険証を持っている(被扶養者不可)

    指定口座をお持ちでない場合、あるいは個人事業主、被扶養者などの方はSMBCモビット「WEB完結」を利用できません

    「カード申込」、あるいはその他の消費者金融会社などをご利用ください。

    ★ちなみに「プロミス」「レイクALSA」のWeb完結に、上のような条件は課されません。
    ただし在籍確認の電話を避けたい場合には、事前相談が必須となります。

    ②消費者金融会社らしく、年収が低くても十分に審査通過を狙える

    「SMBCモビット」は消費者金融業者らしく、審査通過に最低限必要な経済能力のハードルが低く設定されています。要は年収が低くても十分に審査通過を狙えるということですね。
    実際、これまでには申告年収30万円という方の通過報告も確認済みです。

    SMBCモビットの審査通過例(抜粋)
    属性契約内容
    • 年収30万円
    • アルバイト(6ヶ月)
    • 他社借入なし
    • ホワイト(信用情報なし)

    詳細体験談あり

    限度額10万円
    金利18%
    • 年収50万円
    • パート(1年)
    • 他社借入なし
    • 安定収入ある配偶者あり

    詳細体験談あり

    限度額16万円
    金利18%
    • 年収200万円
    • アルバイト(6年)
    • 他社借入なし

    詳細体験談あり

    限度額10万円
    金利18%

    後述の通り、モビットの審査はいわゆる「ブラック状態」の方には厳しい傾向があるのですが…。
    特にこれまで、各種ローンやクレジットカード等の支払いで問題を起こしたことが無いのなら、「SMBCモビット」は十分選択肢に入ると言って良いでしょう。

    CHECKSMBCモビット、年収30万円での通過例から見る「低収入でも審査に通る条件」
    CHECKアルバイトのSMBCモビット利用者3名に聞く!審査通過時の詳細情報:年収30万円で通過も

    ③多くの他社借入を抱えている方の通過例が比較的多い

    審査基準に関連した点で言うと…。
    SMBCモビットでは低所得者の他、「他社借入を抱えている方」の通過例が多いのも特徴です。

    SMBCモビットの審査通過例(抜粋)
    属性契約内容
    • 年収240万円
    • 派遣社員(2年)
    • 他社借入2行計190万円(いずれも銀行)
    限度額30万円
    金利18%
    • 年収320万円
    • 契約社員(6ヶ月)
    • 他社借入100万円(銀行)
    • 配偶者に安定収入あり
    限度額50万円
    金利18%
    • 年収350万円
    • 会社員(11年)
    • 他社借入110万円(件数不明、おそらく貸金業者から)
    限度額5万円
    金利18%

    ご覧の通りモビットでは、銀行系では難しいような「非正規かつ多額の他社借入あり」といった属性の方の審査通過も確認済み。

    もちろん他社借入がある場合、そうでない方に比べ審査は不利に進むため、「年収100万円未満、独身、他社借入あり」といった属性だとさすがに厳しいと推測されますが…。

    他社借入を理由に審査に不安を抱えているのなら、半ばダメ元であっても申し込んでみる価値はあるかと思います。

    ★貸金業者(消費者金融会社、クレジットカード会社)から借りているお金がすでに年収の3分の1に達している場合、あなたの返済能力にかかわらずSMBCモビットの審査に通ることはできません(緊急時医療費などの例外除く)。

    これは貸金業法上の制限(いわゆる総量規制)に基づくものであり、全貸金業者で共通する内容となります。

    ★ちなみに銀行や信金、ショッピングリボに貸金業法は適用されません。
    上の表にて、年収の3分の1を超えるお金を銀行から借りながらモビットの審査に通過できた例が見られるのはこのためです。

    CHECK40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向
    CHECK【証拠付】SMBCモビットWEB完結、20項目×7名の詳細口コミ:他社借入多数での通過例も

    ④消費者金融系カードローンの中では比較的大きなお金を借りやすい

    その他の「SMBCモビット」の特徴として挙げられるのが、消費者金融の中では大きな契約を結びやすいという点。

    これについては、よく似た属性の方のアンケート回答を比較してみると分かりやすいでしょう。

    属性の似た方の適用限度額比較(これまで実施したアンケート調査に基づく)
    SMBCモビット限度額:100万円
    属性:
    会社員
    年収340万円
    勤続3年
    詳細体験談あり
    限度額:103万円
    限度額:
    103万円
    会社員
    年収400万円
    勤続4年
    詳細体験談あり

    プロミス限度額:50万円
    会社員
    年収400万円
    勤続2年
    限度額:30万円
    会社員
    年収400万円
    勤続3年
    アコム限度額:60万円
    会社員
    年収350万円
    勤続4年6ヶ月
    限度額:70万円
    会社員
    年収360万円
    勤続1年
    楽天銀行スーパーローン限度額:200万円
    会社員
    年収380万円
    勤続6年
    ※いずれも他社借入なし

    さすがに総量規制に縛られない銀行カードローンと比べた場合には分が悪いですが…。

    何かしらの理由(審査に不安がある、または即日融資を受けたいなど)があって消費者金融会社への申込みを希望している、かつできる限り大きなお金を借りたい、という場合には「SMBCモビット」の選択が優先されそうです。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件

    申込み前に知っておきたい、「SMBCモビット」のデメリット

    • 相談なしでも在籍確認の電話を避けられる(WEB完結)
    • 低年収、または多額の他社借入がある状況でも審査通過を狙える
    • 消費者金融の中では大きなお金を借りやすい

    …といった利点を持つ「SMBCモビット」。
    ですがこの申込み先は、冒頭でお話しした通り「万人向け」ではありません

    ここからは「SMBCモビット」と、ライバル他社を比べたデメリットについてお話しさせて頂きます。

    ①ユーザーサービスは「プロミス」や「レイクALSA」に一段劣る…。

    SMBCモビットのユーザーサービスは「プロミス」や「レイクALSA」に対し明らかに劣ります。実際に見比べてみましょう。

    SMBCモビットとライバル2社の比較
    モビットプロミスレイク
    上限金利18.0%17.8%18.0%
    初回無利息サービスなし30日間60日間または180日5万円以下※3
    WEB完結条件厳しい※1ゆるい
    (口座振替登録のみ)
    口座振替返済4行のみ一部例外除き
    どの金融機関もOK
    郵送物回避条件WEB完結または事前相談WEB完結
    または来店契約
    即時振込○ ※2
    ネット返済未対応
    ※1 指定口座と勤務先から発行された保険証が必要
    ※2 時間外振込には対応しているが、振込先金融機関や振込対応時間は他2社より限定的
    ※3 選択制。60日間無利息はWeb申込み限定

    初回無利息サービスから借入・返済の手間に至るまで、SMBCモビットは「プロミス」「レイクALSA」に及びません。

    使い勝手を重視するのであれば、「SMBCモビット」が第一の選択肢となることはないでしょう。

    CHECK【初めてのプロミス】問合せに基づく即日借入の条件と審査・契約のFAQ
    CHECKレイクALSA徹底解説!確かな根拠に基づくメリット・デメリット&即日契約の流れ

    ②自宅への郵送物を回避する条件は他社より厳しめ

    先の内容と重なるところではあるのですが…。
    SMBCモビットは、「自宅への郵送物を避ける」条件が他社より厳しく設定されています。

    ★SMBCモビットで郵送物を避ける条件

    1. 「WEB完結」の選択
      ┗指定口座と勤務先発行の保険証必須
    2. 「カード申込」を選択
      かつ以下のいずれかの口座を返済用口座として設定できること

      • 三井住友銀行
      • 三菱UFJ銀行
      • みずほ銀行
      • ゆうちょ銀行

      また、申込確認の電話の際に郵送物を避けたい旨を伝えること

    3. 「カード申込」を選択
      申込確認の際に電話で郵送物を避けたい旨を伝え、郵送物を郵便局留めで送ってもらう
      ※ただし審査の結果、不可となる場合もあるとのこと

    ※(2)(3)は問合せにより確認

    「WEB完結」が利用できそうなら問題ないのですが…。
    「カード申込」を選ばざるを得ない場合、特に指定口座をお持ちでない場合については不安が残るところ。

    もっと簡単な条件で郵送物を避けたい、という場合には、はじめから他社を選んだ方が良いでしょう。

    参考他社の郵送物回避条件
    プロミス
    • 任意の口座(ほぼすべての銀行、信金など)の登録+ネット契約
    • 来店契約
    レイクALSA
    アイフル
    • 任意の口座(プロミス、レイクに比べると少し限定的)の登録+ネット契約
    • 来店契約
    アコム
    • 来店契約

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点

    ★SMBCモビットは無人店舗でカードを受け取った場合であっても、原則として郵送物が発生します。
    あらかじめご承知おきください。

    ③ブラック状態の方への対応は厳しく、思い当たるところがあるなら申し込みは非推奨

    SMBCモビットは、大手消費者金融会社の中でもいわゆる「ブラック状態」に厳しい傾向にあります。

    「ブラック」状態で審査に通過できないのは当然…と思われるかもしれませんが、「プロミス」はじめとする他社では複数の審査通過例を確認済み。

    「SMBCモビット」にも例外が無いわけではないのですが…。
    元従業者の方へインタビューを行った際、「異動(ブラック)の方は即審査落ち」という回答を頂けたこともあり、申込みはおすすめしかねると言ってしまって良いでしょう。

    ちなみに「ブラック」に該当するのは主として以下の条件に該当する方となります。

    「ブラック」と見なされる一般的な要因

    • 何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、携帯電話端末含む分割払いなど)の支払いを2ヶ月以上延滞し、その解消から5年が経過していない
    • 何らかの後払いサービスで、5年以内に強制解約処分を受けた
    • 5年以内に任意整理をした

    CHECKSMBCモビットの審査は他社よりブラックに厳しい:実際の可決&否決例とブラック要件
    CHECK【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれた」消費者金融10選

    参考SMBCモビット審査落ち

    • 年収250万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入10万円
    • 5年以内に債務整理、長期延滞
    • 直後にアコムで審査通過
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入10万円
    • クレジットカードを10年以上踏み倒し中
    • 直前にプロミス、直後にアコム通過

    ★その他、現在はブラック状態でなくても過去に自己破産・個人再生を起こしたことがある場合、SMBCモビットでの審査通過は厳しいと考えていただいて構いません。

    これはモビットが審査の際「官報」情報を閲覧するためであり、この掲載内容は個人信用情報と異なり消えることがありません

    CHECK【官報閲覧】SMBCモビットは5年経っても自己破産者の審査通過困難…その根拠と例外とは

    「SMBCモビット」基本的な契約の流れ

    ここからはSMBCモビットのメリット・デメリットを踏まえた上で、この会社への申込みを検討しているあなたのため、借入までの流れについて解説させて頂きます。

    ①おおまかなインターネット契約(WEB完結含む)の流れ

    現在主流の「インターネット契約」の流れは以下の通りです。

    「SMBCモビット」インターネット申込の流れ
    (WEB完結)

    インターネットから希望の契約タイプ
    「WEB完結」を選んで申し込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※不要な場合あり
    メール等の指示に従って必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    希望額の振込融資(希望者のみ)
    または「スマホATM」による借入
    ローンカード等の送付
    ※WEB完結なら不要、その他応相談

    「SMBCモビット」インターネット申込の流れ
    (カード申込)

    インターネットから希望の契約タイプ
    「カード申込」を選んで申し込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    勤務先への在籍確認(電話連絡)
    ※担当者との事前相談により回避可
    メール等の指示に従って必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    希望額の振込融資(希望者のみ)
    または「スマホATM」による借入
    ローンカード等の送付
    ※局留め等は応相談

    ※モビット審査対応時間は毎日9時~21時

    「WEB完結」「カード申込み」どちらであっても、申込後は電話やメール等での指示に従って行動するだけでOK。何をすればよいか分からず困る、といったことは無いかと思います。

    ちなみに「WEB完結」利用者であっても、携帯電話へ申込確認の電話が掛かってくることは少なくない模様(「カード申込み」の場合は必須)。
    スムーズな契約のためには、着信に気を配っておけると良いですね。

    CHECKSMBCモビット利用者に聞いた!本人確認電話はWEB完結でも回避困難?質問内容他

    ★「カード申込」選択、かつ自宅への郵送物や勤務先への電話を避けたい場合には、申込確認の過程で担当者にご相談ください。

    ★SMBCモビットでは、申込後に電話で急ぎの旨を伝えることで優先審査を受けられます。
    必ず今日中に借りたい、といった場合にご検討ください。

    【管理人】山本
    何時頃までに申し込めば、今日中に契約を結べますか?
    オペレーターの回答
    営業時間が21時までとなっていますので、20時頃までにお申込みいただいて、ご一報いただけましたら本日中にご契約ができるかと思います。

    (2020年7月問い合わせ分)

    他社と異なり、店舗申し込みの利点はほぼ無い

    SMBCモビットでは「カード申込」選択時に限り、SMBCモビット、または三井住友銀行の無人店舗を使った申込み手続きが可能です。

    が、モビットの場合、プロミス等の他社とは異なり自動契約機を使った場合であっても審査時間が短縮されません(問合せによる)。

    というのもモビットは、その場で審査・カード発行を行う他社と異なり、「先にカードを発行し、審査に通ったらカードが利用可能になる」という手段を取っているんですね。おそらく、審査はネット申込者と並行して行われているのでしょう。

    またモビット(カード申込み)の場合、店舗を利用した場合であっても原則として自宅への郵送物が発生します。

    • 店舗を使っても特にスピーディに契約ができるわけではない
    • 郵送物を避けられるわけではない

    …と考えると、あえて店舗を使う意味は薄いでしょう。

    ★とは言えもちろん都合の良い場所に店舗があるのなら、これを使っても構いません。

    ②SMBCモビットとの契約に必要な書類

    「SMBCモビット」との契約に必要な書類は、契約方法によって異なります。
    検討中の契約方法に合った必要書類をお選びください。

    CHECK「WEB完結」必要書類
    CHECK「カード申込」必要書類

    (1)「WEB完結」契約に必要な書類

    「SMBCモビット」WEB完結に必要な書類は以下の通り。
    公式HPの内容と差異がありますが、以下の書類でも契約を達成できることを利用者アンケート、問合せの双方から確認済みです。

    SMBCモビット「WEB完結」必要書類
    本人確認書類以下の中から一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート

    その他マイナンバーカード等も可

    収入証明書類以下の中から一点

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 2ヶ月分の給与明細書(+あれば賞与明細書)

    その他所得証明書など

    勤務先確認書類原則として「勤務先から発行された保険証」
    ただし源泉徴収票や給与明細などで対応してもらえることもある模様

    「WEB完結」利用のためには、各書類を使い

    • 本人確認
    • 収入証明
    • 勤務先証明

    を済ませられればOK。
    特に1つの書類で1つの事項しか証明できない…ということはありませんので、

    • 運転免許証+源泉徴収票
    • 社会保険証+源泉徴収票

    といった組み合わせでも契約可能なようです。

    CHECKSMBCモビット&利用者に聞いた!「WEB完結」HPに無い実際の必要書類&契約の流れ

    ★ただし、以上の内容は公式HPに記載の情報ではありませんので、今後のモビット側の方針の変化などにより違いが生じる可能性があります。あらかじめご承知おきください。

    (2)「カード申込」に必要な書類

    SMBCモビット「カード申込」の場合、本人確認書類のみで契約を結べることが多いです。

    「カード申込み」必要書類
    本人確認書類以下の中から一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証※
    • パスポート

    その他マイナンバーカード等も可

    ※来店契約の場合、別途住所確認書類が必要

    ただし審査状況によっては「収入証明書類」が必要。
    在籍確認を避けたい(または勤務先休業中に契約を結びたい)場合には「勤務先確認書類」も必要になる可能性があります。
    あらかじめご了承ください。

    また本人確認書類に記載の住所と現住所に相違がある場合には、2点目の本人確認書類、あるいは公共料金領収書などの「住所確認書類」の提示が要求されるかと思います。

    ★その他個人事業主が申込みを行う際には、モビット側が提供する「営業状況確認」のための書類提出を要求される可能性があります。

    ③在籍確認の仕様は契約タイプによって異なるが、「カード申込」でも融通は利く

    先にもお話しした通り、SMBCモビットの「在籍確認(勤務先確認)」方法は契約タイプによって異なります。

    SMBCモビットの在籍確認仕様
    WEB完結規定の書類を提出できればそれでOK
    勤務先への電話なし
    カード申込原則として電話で在籍確認
    (事前相談+勤務先確認書類※の提出で回避は可能)
    ※勤務先発行の保険証、給与明細など

    電話を使った在籍確認が行われる場合であっても、モビットの名前や用件が第三者に伝えられることはありません
    よって基本的に心配する必要は無いかと思いますが…。

    どうしても「WEB完結」を利用できない、かつ勤務先への電話を避けたい、という場合には、申込確認(携帯電話への事前確認)の過程で希望を伝えると良いでしょう。

    他社と異なり、SMBCモビット「カード申込」では在籍確認電話の前に必ず携帯へ確認が入りますのでご安心ください。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!在籍確認FAQ&電話の避け方【WEB完結・カード申込】
    CHECKSMBCモビットはWEB完結でなくとも在籍確認電話を避けられる!問合せに基づく必要書類
    CHECK大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」

    ★特に電話を避けたい、という場合でなくても、「勤務先の休業中に即日契約を結びたい」といった場合には「書類を使った在籍確認」が求められる可能性があります。

    「SMBCモビット」契約後の借入方法

    「SMBCモビット」契約後の借入方法
    ここからは、「SMBCモビット」契約後に利用できる借入方法について解説していきます。

    「SMBCモビット」借入方法
    概要、備考
    銀行振込
    • 手数料無料
    • 土日含む銀行営業時間外にも即時振込可
      (ただし例外時間あり)
    • 「WEB完結」「カード申込」ともに利用可
    ATM出金
    • 手数料発生あり
      • 取引額1万円以下
         …110円
      • 取引額1万円超過
         …220円
         ※三井住友銀行ATMは取引額にかかわらず無料
    • カードレス取引が可能な「セブン銀行ATM」に限り、WEB完結ユーザーも利用可
      (ローンカードが必要なその他ATMは「カード申込」利用者専用)

    ①現在は多くの金融機関へ「時間や曜日をほぼ問わない」振込を実施中

    契約タイプを問わず、すべての「SMBCモビット」ユーザーが利用できるのが「銀行振込」による借入。
    2018年10月より銀行営業時間外における振込反映が可能になったことで、このサービスも幾分か利用しやすくなりました。

    公式HPの情報を見る限り、即時振込の対象銀行や対応時間は「プロミス」「レイクALSA」に比べやや限定的ですが……。

    • 「WEB完結」に必要な口座を提供する金融機関は、いずれも時間外振込対応
    • 当該口座を持っていない「カード申込」ユーザーは、ローンカードを使いコンビニATM等で出金可(後述)

    ということを考えれば、そこまでの足かせにはならないかと思います。

    CHECKSMBCモビット公式HP「各行振込時間(PDF)」

    ★上の公式HPに記載のない金融機関であっても、銀行営業時間中(平日9時~15時)においては振込融資を利用可能です。
    (ただし「プロミス」「レイクALSA」であれば時間外振込を受けられる可能性あり)

    日曜日の夜間(18:50~)は全金融機関において振込融資を受けることができません。特に「WEB完結」で、日曜日に即日融資を狙う場合にはお気を付けください。

    この制限はプロミス、レイクALSAにおいても同様なため、おそらく各金融機関が「即時振込」のために利用している仲介サービスの問題なのだろうと思われます。

    ②モビットカードを使って/使わずに利用できるATM

    反映時間等の問題で銀行振込を使えない、あるいは単に手元に現金が欲しい、という場合に利用できるのが「ATM」を使った借入。

    基本的にはローンカードが必要となるため「WEB完結」ユーザーは対象外となりますが……。

    例外的に「セブン銀行ATM」のみはQRコードを使ったカードレス契約(スマホATM)に対応しているため、ローンカードが無くても利用可能です。

    ローンカードが発行されない「WEB完結」ユーザーが日曜夜間にお金を借りたい場合などには、こちらのサービスを使うこととなりますね。

    CHECKSMBCモビット公式HP「簡単便利!スマホATM取引のご案内」

    また、「カード申込」選択時にローンカードを使って取引のできるATMは以下の通りです。

    モビットカードを使って取引のできるATM(その場で利用明細が発行されるもの)

    • 三井住友銀行ATM(手数料無料)
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM(ファミリーマート等)
    • イオン銀行ATM
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • 第三銀行ATM
    • 福岡銀行ATM
    • 親和銀行ATM
    • 熊本銀行ATM
    • クレディセゾンATM
    • プロミスATM

    大手コンビニのATMが利用できることから、街中での借入場所に困ることは無いでしょう。

    ★「三井住友銀行ATM」以外を利用した場合、以下の手数料が発生します。(返済時も共通)

    • 取引額1万円以下…110円
    • 取引額1万円超過…220円

    手数料は次回返済時、利息と一緒に引き落とされます。(=手数料が発生するほど返済効率が悪くなる)
    あらかじめご承知おきください。

    ★「ゆうちょ銀行」等のATMを使っても出金可能ですが、こちらは出金後に自宅に郵送物(利用明細)が届くとのこと。
    これを嫌うのであれば、上に挙げた「その場で利用明細が発行されるATM」のみをご利用ください。
    会員限定サービス「Myモビ(PC版)」の「登録内容変更」からも、書類送付についての変更が可能です。

    詳細SMBCモビット公式HP「提携ATM一覧」

    詳細SMBCモビット公式HP「よくある質問」

    ★「みずほ銀行ATM」は2020年7月現在利用不可です。ご留意ください。

    「SMBCモビット」毎月の返済方法とその金額

    「SMBCモビット」毎月の返済方法とその金額

    最後に、「SMBCモビット」で借りたお金を返済していく方法についてお話しします。

    ①毎月の返済額は「最終借入時の借入残高」に応じ決定

    まずは全モビットユーザー共通の、「毎月の最低返済額(口座振替を利用する場合は自動引き落とし額)」を見てみましょう。

    最低返済額は以下の通り、「最後に借りたときの借入残高」に応じて決まります。
    (=追加借入を行わない限り、毎月の返済額は変動しない)

    「SMBCモビット」毎月の最低返済額(自動引き落とし額)
    最終借入時の借入残高最低返済額(自動引き落とし額)
    10万円以下4,000円
    10万円超
    ~20万円
    8,000円
    20万円超
    ~40万円
    11,000円
    40万円超
    ~50万円
    13,000円
    50万円超
    ~60万円
    16,000円
    60万円超
    ~70万円
    18,000円
    70万円超
    ~80万円
    21,000円
    80万円超
    ~90万円
    24,000円
    90万円超
    ~100万円
    26,000円
    以後、借入残高+20万円ごとに最低返済額+4,000円

    毎月の返済額の中から、自動的に利息(サービス料)が徴収される点についてはあらかじめご確認ください(元利)。
    ちなみに年利18%の場合、1ヶ月あたりの利息は「借入残高の1.5%」前後となります。

    例:
    モビットから30万円を借りている場合、月あたりの利息は30万×0.015=4,500円前後。
    このとき11,000円(最低返済額)の支払いを行うと、うち4,500円が利息として支払われるため、差額の6,500円のみが借入清算に充てられる

    ②契約タイプ別の返済方法

    「SMBCモビット」の返済方法は、契約タイプによって若干の違いがあります。

    「SMBCモビット」返済方法
    WEB完結【基本の返済方法】
    • 口座振替
      (自動引き落とし)
    【追加(任意)返済方法】
    • 銀行振込
    • スマホATM(セブン銀行ATMカードレス取引)
    カード申込【基本の返済方法】
    • 口座振替※
    • 口座振替を利用しない場合、銀行振込またはATM入金
      (毎月の返済方法を選択可)
    【追加(任意)返済方法】
    • 銀行振込
    • ATM入金
    ※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座が必要です。

    「カード申込」であれば毎月の返済方法を選択できます。
    ……が、返済忘れを防ぐため「口座振替」が可能ならこれを使うに越したことは無いでしょう。

    追加返済(任意返済)とは、毎月の最低返済額(自動引き落とし額)以上のお金を返済したい場合に利用できる方法ですね。

    早く返せば返すほど長い目で見た返済負担を軽減できますので、余裕があるときには積極的に活用したいところです。

    参考「SMBCモビット」50万円を借りた場合の実際の返済例
    最低返済額(1.3万円)
    のみを支払い
    751,114円
    (58回/4年10ヶ月)
    月5万円を支払い546,019円
    (11回)
    差額205,095円

    ★毎月の返済期日(引き落とし日)は「5日」「15日」「25日」「末日」の中から選択可能です。
    初回返済日の扱いなどの詳細については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKSMBCモビット公式HP「返済日・返済額」

    ★返済方法の詳細や利息の仕組み等については、以下のページも参考にしてみてください。

    CHECKSMBCモビット「WEB完結」毎月の返済方法と利息の仕組み:追加返済が重要なのは何故?」
    CHECK【カードローン返済の仕組み】毎月の返済金額・方法&返済遅れのデメリット

    まとめ

    ポイント
    • SMBCモビットはライバル他社に比べ、
      • 相談なしでも在籍確認の電話を避けられる(WEB完結)
      • 低年収、または多額の他社借入がある状況でも審査通過を狙える
      • 消費者金融の中では大きなお金を借りやすい

      といった利点あり。

    • その一方で、

      • ユーザーサービス内容が他社に劣る
      • WEB完結を選択できない場合、郵送物の回避条件が厳しい
      • ブラック状態に厳しい

      といったデメリットの存在は把握しておきたいところ

    ユーザーサービスはより優れた他社が存在することから万人向けとは言い難い一方、

    • 勤務先への電話を避けやすい
    • 他社借入がある人でも利用しやすい

    等の「嬉しい人には嬉しい」メリットを持つ「SMBCモビット」。

    モビットならではの利点に魅力を感じたのなら、申込みの理由は十分と言って良いでしょう。

    CHECK40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向
    CHECK【SMBCモビット】元「新規受付担当」にインタビュー!審査基準・方法とその裏事情


    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい


    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい