キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

SMBCモビット徹底解説!知っておくべきデメリット&在籍確認含む契約の流れ

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    「郵送物なしですぐに借りられるという、SMBCモビットが気になる。
    それが本当で、他に何か大きなデメリットが無いのなら、申し込みを進めたいところだけれど……」

    結論から言うと、「SMBCモビット」はあまり広い層におすすめできる申込先ではありません
    郵送物を避けるためには最低でも「指定口座(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)が必要」とライバル他社に比べかなり厳しい上、金利の高さ、無利息サービスが無いといった「おトクさ」の面でも難アリと言わざるを得ないでしょう。

    ただしその一方で「勤務先への電話を確実に避けたい」「消費者金融で、少しでも大きなお金を借りたい」といった場合には、他社を押し退けてでも「SMBCモビット」を選択する意味があります

    今回はそんな「SMBCモビット」の提供するキャッシングサービスについて、

    • 同社の利用メリット・デメリット
    • 2つの申込方法(WEB完結/カード申込)間の違い
    • 問い合わせに基づく契約の流れ

    等を詳しくまとめました。

    読み終えていただければ、今のあなたが「SMBCモビット」を利用すべきか否かが分かります。

    モビットを選ぶべきはこんな人!
    • 何としても勤務先への電話を避けたい(WEB完結)
    • 勤務先への電話や自宅への郵送物を避けながら、極力大きなお金を借りたい
    • 極力大きなお金を、今日中に借りたい
    • 低収入を理由に審査に自信を持てない
    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    申込前に知っておくべき「SMBCモビット」基本情報とデメリット

    申込前に知っておくべき「SMBCモビット」基本情報とデメリット

    それでは早速、借入先に「SMBCモビット」を選ぶメリット・デメリットについて見ていきましょう。

    ①貸付条件は他の消費者金融と大差ないが、無利息サービスは設けられていない

    「SMBCモビット」の基本的な貸付条件は以下の通り。

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    金利は「3.0%~18.0%」と幅広いですが、初回契約時には18%、またはそれに近い数字が適用されるものと考えて差し支えないでしょう。

    「上限金利が適用されやすい」という特徴は、他の大手消費者金融会社と共通するところ、かつこの数字に業者間の大きな違いはありませんが……。
    モビットは他の大手消費者金融と異なり「30日間無利息」といった優遇サービスが存在しませんので、「おトクさ」の意味で一段劣ることは間違いありません

    「少しでもおトクに借りたい」とお考えなら、モビット以外の申込先を選ぶに越したことは無いでしょう。

    大手ローンの簡易比較を見る(クリック/タップで開きます)
    備考
    SMBCモビット
  • 上限金利18.0%
  • 郵送物の回避に諸条件あり
  • 「WEB完結」なら在籍確認の電話なし
  • 消費者金融会社の中では比較的大きなお金を借りやすい(上限年収の1/3)
  • 時間外の即時振込対応
  • レイクALSA
  • 上限金利18.0%
  • 60日間無利息または180日間5万円以下無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • (あえて希望しない限り郵送物なし)

  • 消費者金融会社では珍しく、全ATMの手数料無料
  • 消費者金融の中では若干審査厳しい
  • 時間外の即時振込対応
  • アコム
  • 上限金利18.0%
  • 30日間無利息
  • 郵送物回避のために来店必須
  • 即時振込対応の金融機関は限定的
  • アイフル
  • 上限金利18.0%
  • 30日間無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • (あえて希望しない限り郵送物なし)

    プロミス
  • 上限金利17.8%
  • 30日間無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • (あえて希望しない限り郵送物なし)

  • 消費者金融の中では若干低金利
  • 時間外の即時振込対応
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 上限金利14.6%
  • 郵送物回避のために来店、運転免許証の提示必須
  • 三菱UFJ銀行の口座開設は不要(ただしあった方が便利)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 上限金利14.5%
  • 郵送物回避のために来店必須
  • 三井住友銀行の口座開設は不要(ただしあった方が便利)
  • 三井住友銀行口座宛てに限り、時間外振込可
  • みずほ銀行カードローン
  • 上限金利※年14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げ
    →引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
  • 郵送物の回避不可
  • みずほ銀行の口座開設必須
  • みずほ銀行口座宛てに限り、時間外振込可
  • アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
  • 上限金利9.5%
  • 必要年収300万円~
  • 郵送物の回避が容易
  • (あえて希望しない限り郵送物なし)

  • 審査に自信があるなら優先度高し
  • 消費者金融会社(法律上、年収の3分の1を超える貸付不可)
    銀行カードローン

    CHECK電話取材に基づく消費者金融6社徹底比較!申込先はフローチャートで簡単チェック
    CHECKメリットから選ぶ!おすすめ銀行カードローン7選:低金利、郵送物なし、口座不要他
    CHECKこれさえ守れば誰でも借りれる!カードローンの選び方

    ★ちなみに「18.0%」という金利(年利)は、月あたりの数値に直すと「1.5%」。つまり「1ヶ月間お金を借りると、借入残高に対し1.5%前後の利息が発生する」ものとなります。
    これを許容できるか否かは、申込先選びの上で重要なポイントとなることでしょう。

    例:10万円を1ヶ月借りた場合、約1,500円の利息発生(実際には誤差あり)

    モビットは「最短即日」で契約可能ではありますが、他の大手消費者金融に比べるとスピード面ではやや劣ります
    (プロミスやレイクALSAにおける即日審査のための申込リミットが21時頃であるのに対し、モビットは18時頃)
    あらかじめご承知おきください。

    CHECK即日&来店なしでお金借りるならどこがいい?フローチャートで簡単チェック

    ②郵送物なし・在籍確認電話なしの「WEB完結」と、通常の「カード申込」では利用条件が異なる

    「おトクさ」の意味では明らかに他社より劣る「SMBCモビット」。
    それならあえてこの会社へ申し込む意味は何かというと、真っ先に挙げられるのが「郵送物なし・在籍確認の電話なし」で借りられる「WEB完結」の存在でしょう。
    (在籍確認……虚偽申告やなりすましを防ぐため、金融機関が申込者の勤務先情報を確認すること。一般的には「金融機関が申込者の勤務先に電話を掛ける」形で行われるが、モビットWEB完結は例外)

    SMBCモビットは申込の段階で、「WEB完結」「カード申込」という2つの契約タイプを選択可能。
    2つの違いを簡単にまとめると以下のようになります。

    SMBCモビットの契約タイプ間の違い
    ▼WEB完結▼▼カード申込▼
    申込条件
    (1)20歳~69歳で安定収入がある
    (2)以下のいずれかの銀行口座を返済用口座に設定できる
     ○三井住友銀行
     ○三菱UFJ銀行
     ○みずほ銀行
     ○ゆうちょ銀行
    (3)社会保険証または組合保険証を持っている(ただし融通が利くこともある模様)
    20歳~69歳で安定収入がある
    自宅への郵送物
    無し原則あり
     ※事前相談により郵便局留め可
     ※指定4行の口座があれば融通が利くこともある(要事前相談)
    在籍確認(勤務先確認)
    社会保険証などの勤務先書類の確認をもって完了(電話なし)原則勤務先へ電話確認
     ※事前相談により書類を使った在籍確認可
    カード発行
    無し
     ※借入方法は銀行振込が一般的
     ※カードレス取引
    対応のセブン銀行ATM除き、一般ATM利用不可
    あり
    必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 勤務先確認書類
  • 本人確認書類
  • (別途追加書類が発生する場合あり)

    ▲WEB完結▲▲カード申込▲
    ※審査難易度やスピード、金利・限度額の適用条件等に違いはありません。

    「事前相談により勤務先への電話確認を避けられる」のは大手消費者金融会社に共通する特徴ですが、「相談なしでも電話なし」で対応してくれるのはモビット「WEB完結」だけ

    これまでに寄せられたアンケート回答等を見ても、やはりこの点を理由に「SMBCモビット」を選択された方が多いようでした。

    「指定口座の開設必須」「必要書類が多い」と制限は多いものの、「確実に、手軽に在籍確認の電話なし&郵送物なしで借りたい」といった場合にはSMBCモビット「WEB完結」が申込先の筆頭候補となってくれることでしょう。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!在籍確認FAQ&電話の避け方【WEB完結・カード申込】

    「カード申込」で郵送物を避けることはできないの?(クリック/タップで開きます)

    消費者金融会社を利用する上で、気になりやすいのが自宅宛て郵送物の存在。一緒に暮らしている家族に借り入れを隠したいのなら、言うまでもなくこれが最大の懸念となることでしょう。

    モビットの場合、確実に郵送物を避けられる「WEB完結」の申込には「指定口座の所持」「社会保険証または組合保険証の所持」が必須とされています。
    ……が、実際に問い合わせを行ってみたところ、もう少し融通を利かせてくれることも多いようですね。

    【管理人】山本
    「カード申込」の方だと、自宅への郵送物や在籍確認の電話は避けられないのでしょうか?

    オペレーターの回答
    そうですね、そちらはお客様によって異なってくるのですが……。
    オペレーターの回答
    お客様は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、またはゆうちょ銀行のお口座をお持ちでしょうか?

    【管理人】山本
    はい、ですがWEB完結に必要な保険証を用意できなくて。

    オペレーターの回答
    となりますと……。お給与明細など、その他のご勤務先を確認できる書類はお持ちですか?

    【管理人】山本
    給与明細でしたらあります。

    オペレーターの回答
    でしたらWEB完結…郵送物や在籍の確認が無い形でのお手続きをご案内できる可能性は高いと思いますので、そのままお申込みをいただければ
    オペレーターの回答
    もし何か確認などがありましたらこちらからお電話差し上げる形になるかと思います。

    (2019年11月問い合わせ分)

    ということで、指定の保険証(社会保険証または組合保険証)をお持ちでなくても「指定口座」と「勤務先確認書類」さえあれば、WEB完結を利用できる可能性は高いようです。

    ただし

    • どうやっても郵送物回避の回避には指定4行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行の三大メガバンク+ゆうちょ銀行)いずれかの口座が必要
    • 口ぶりから察するに、指定保険証なしで100%上手くいくわけではなさそう
      (実際、元従業員の方へのインタビューでは「国保加入者の方にWEB完結はできない」と電話を掛けることがある、といった回答あり)

    …という点はあらかじめ確認してきたいところです。

    ★指定4行の口座をお持ちでない場合には、より多くの口座登録に対応しているプロミスレイクALSA等のWeb完結をお選びください(いずれもカードレス契約時、郵送物なし)。

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点
    CHECK「郵送物なし」の消費者金融ならプロミス/レイクがべスト!その理由と申込先の選び方

    ★ちなみに郵送物が発生した場合であっても、事前相談により「郵便局留め(郵便局受取)」の利用が可能とのことでした。
    どうしても申込先にモビットを選びたい理由があるのなら、こちらも併せてご検討ください。
    (「カード申込」の場合は申込後に必ず担当者と電話でお話しをする機会がありますので、そのタイミングで希望を伝えればOK)

    ③他の消費者金融に比べると、「最初から大きなお金を借りやすい」という特徴アリ

    「WEB完結」利用時の「勤務先への電話なし・郵送物なし(=周囲に借入がバレにくい)」といったサービスに定評のあるSMBCモビット。
    これに加え、モビットには他の消費者金融会社に比べると大きなお金を借りやすい、という特徴があります。

    「SMBCモビット」アンケート結果より
    属性契約内容
  • 年収300万円
  • (~315万円?)

  • 会社員(4年)
  • 他社借入なし
  • 詳細体験談あり

    限度額105万円
    金利18%※
  • 年収340万円
  • 会社員(3年)
  • 他社借入なし
  • 限度額100万円
    金利18%※
  • 年収400万円
  • 会社員(4年)
  • 他社借入なし
  • 詳細体験談あり

    限度額103万円
    金利15%
    ※出資法・利息制限法のため、実際の借入額が100万円に達せば金利は15%となる
    参考:属性の似た方の他社申込情報
    属性契約内容
    【申込先:プロミス】

  • 年収350万円
  • 会社員(5年)
  • 他社借入なし
  • 限度額20万円
    金利17.8%
    【申込先:プロミス】

  • 年収400万円
  • 会社員(4年)
  • 他社借入なし
  • 限度額50万円
    金利17.8%
    【申込先:アコム】

  • 年収360万円
  • 会社員(1年)
  • 他社借入なし
  • 限度額70万円
    金利18.0%

    モビットが他社よりも、属性(ステータス)に応じた高限度額を提示することが多いのは確かと言って良いでしょう。
    特に初回限度額が控えめな傾向にある「プロミス」に比べるとその違いは明らかですね。

    一方でモビット含む消費者金融会社には「個人に対し年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない」という法律上の制限(総量規制)が設けられているため、年収の2分の1に相当するお金を貸し付けることもあるインターネット銀行等に比べるとさすがに分が悪いですが……。

    これについては「在籍確認の電話と郵送物を避けられる」というユーザーサービス面で差別化が可能です。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件

    ④年収30万円での通過報告がある一方、「ブラック」に対する扱いは他社より厳しい

    安定収入やそれなりのステータスがあれば、他社に比べ高限度額を獲得しやすい「SMBCモビット」。
    となると気になるのは、これに該当しない方、具体的には「低収入などを理由に審査に不安を感じている方」への扱いですが……。

    結論から言うとモビットの審査傾向は「審査が不安な理由が<低収入>だけならほぼ問題ナシ」
    これまでに寄せられた、実際の審査結果例をご覧ください。

    年収200万円以下の方の審査通過例
    属性契約内容
  • 年収30万円
  • アルバイト(6ヶ月)
  • 他社借入なし
  • ホワイト(信用情報なし)
  • 詳細体験談あり

    限度額10万円
    金利18%
  • 年収50万円
  • パート(1年)
  • 他社借入なし
  • 安定収入ある配偶者あり
  • 詳細体験談あり

    限度額16万円
    金利18%
  • 年収200万円
  • アルバイト(6年)
  • 他社借入なし
  • 詳細体験談あり

    限度額10万円
    金利18%

    これまで多くのカードローンユーザーにアンケート調査を行ってきましたが、「申告年収30万円」での審査通過例はこの一名だけです。
    「他社借入」「信用情報問題」等のマイナス点が無いのなら、収入が低くても十二分に審査通過を狙えることでしょう。

    ……その一方でモビットは信用情報問題を抱える方、いわゆる「ブラック」状態の方に対してはかなり厳しい対応を取っています。

    金融ブラックを理由とした審査落ち例
    属性契約内容
  • 年収171万円
  • 派遣社員(1年)
  • 他社借入なし
  • 5年以内に債務整理
  • 審査落ち
  • 年収250万円
  • アルバイト(2年)
  • 他社借入10万円
  • 5年以内に債務整理
  • 審査落ち
    直後にアコム通過(16万円)
  • 年収300万円
  • 契約社員(3年)
  • 他社借入10万円
  • 携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
  • 審査落ち
    直後にアコム通過(10万円)
  • 年収300万円
  • 会社員(1~2ヶ月)
  • 他社借入10万円
  • クレジットカード10年以上延滞中
  • 詳細体験談あり

    審査落ち
    直前にプロミス、直後にアコム可決(各10万円)
  • 年収450万円
  • 契約社員(7年)
  • 他社債務計40万円
  • (キャッシング枠、リボ)

  • 5年以内に債務整理
  • 審査落ち
  • 年収450万円
  • 公務員(2年)
  • 他社借入100万円
  • 5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
  • 年収850万円
  • 会社員(15年)
  • 他社借入なし(住宅ローン除く)
  • 5年以内に2ヶ月以上携帯料金延滞
  • 赤太字:ブラック入り、またはそれに近い扱いを受ける可能性の高い問題点

    「モビットの審査落ち後、アコムやプロミスの審査に通過」という報告が複数寄せられていることから分かる通り、信用情報問題に思い当たるところがあるのなら、この会社への申し込みは控えておくのが無難でしょう。

    ちなみに以前モビット・元従業員の方に実施したインタビューにおいても、「ブラック状態の人は即審査落ち」という旨の回答がありました。
    (住所や免許証番号が変わっていたりすると、見逃されてしまうこともあるようですが…)

    CHECK元従業員&ユーザー百名超に聞く!カードローン審査内容と各社の審査傾向
    CHECK40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向

    「ブラック」入りの主な要件を見る(クリック/タップで開きます)
    ブラック入りの主な要因
    • 何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、携帯電話端末の分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その「完済・清算」から5年以内である
    • 何らかの後払いサービスで、5年以内強制解約処分を受けた
    • 5年以内債務整理をした
    • (特に自己破産は重く見られやすい)

    ※代表的な内容のみ記載

    クレジットカード等を1~2週間延滞したくらいでは、信用情報にキズは付きません
    あなたの信用情報状況を知っておくことは、申込先を選ぶ上で重要なヒントとなることでしょう。

    ★ブラック状態については「個人信用情報の開示」請求を行うことにより確認可能です。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、開示請求先の選び方につい

    ★延滞が2ヶ月に満たなくても「ブラック未満の信用情報のキズ」が付く場合があります。
    とは言えこれは消費者金融会社の審査を受けるにあたって、ほとんど重視されません。

    ★上の表には掲載していませんが、

    • 他社の支払いを延滞中
    • 5年以上前であっても個人再生または自己破産の経験がある

    (モビットは審査の際に官報情報を確認します)
    といった状況だと、ブラックの方と同様「即審査落ち」という対応が取られる可能性が高いです。あらかじめご確認ください。

    ⑤結局モビットに申し込むべきはどんな人?

    ここまで解説してきた「SMBCモビット」の特徴をまとめると、以下のようになりました。

    他社と比べた「SMBCモビット」の特徴
    メリット
  • 「WEB完結」が利用できる状況なら、相談なしでも在籍確認の電話を避けられる(&自宅への郵送物も回避可)
  • 即日融資対応(ただし他の消費者金融に比べると審査に時間は掛かりやすい)
  • 消費者金融会社の中では、収入に応じた大きなお金を借りやすい
  • 低収入でも審査に通れる
  • デメリット
  • 金利が高く、無利息サービスも無い
  • 「WEB完結」利用にはいずれかの指定口座(三大メガバンク+ゆうちょ銀行)が必須
  • ブラック状態の人に厳しい
  • デメリットよりもメリットの方が大きいと感じられるなら、そのままモビットへの申込を進めてしまって構いません
    もう少し具体的に言うなら、

    • 何としても勤務先への電話を避けたい(WEB完結)
    • 勤務先への電話や自宅への郵送物を避けながら、極力大きなお金を借りたい(WEB完結)
    • 極力大きなお金を、今日中に借りたい(WEB完結/カード申込)
    • 低収入を理由に審査に自信を持てない(WEB完結/カード申込)

    といった場合にこそ、「SMBCモビット」への申込が最適と言えることでしょう。

    デメリットが気になる場合の申込先候補(クリック/タップで開きます)
    重視したいポイント申込先候補
    (かっこ内は上限金利)
    とにかく低金利
  • 住信SBIネット銀行(プレミアムコース)(7.99%/高難易度)
  • アイフルファーストプレミアムカードローン(9.5%/高難易度)
  • りそな銀行カードローン(13.5%)
  • 他、お近くの地銀・信金・ろうきんなど

    極力おトク
    +即日融資
  • アイフルファーストプレミアムカードローン(9.5%/高難易度)
  • プロミス(17.8%)
  • レイクALSA(18.0%)
  • 指定口座なしで郵送物カット
  • モビット以外の大手消費者金融会社
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • ブラックでも審査通過
  • プロミス(17.8%)
  • アコム(18.0%)
  • アイフル(18.0%)
  • 中小消費者金融会社(~20.0%)
  • 「SMBCモビット」基本的な契約の流れ

    「SMBCモビット」基本的な契約の流れ

    ここからは各メリット・デメリットを把握した上で、やはりSMBCモビットへ申し込みたいというあなたのため、基本的な契約の流れについてお話しさせて頂きましょう。

    ①おおまかなインターネット契約(WEB完結含む)の流れ

    基本的なインターネット契約の流れ自体は「WEB完結」「カード申込」も大差ありません。

    SMBCモビット
    インターネット申込の流れ
    (WEB完結/カード申込共通)

    インターネットから希望の契約タイプを選んで申し込み
    即日融資希望なら18時頃までに申し込み完了
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※カード申込の場合、画面の案内に従って
    申込者が電話を掛けても良い
    ※申込者側からの連絡を求めるメールが入る場合あり
    ※WEB完結なら不要な場合あり
    勤務先への在籍確認(電話連絡)
    ※WEB完結なら原則不要
    ※カード申込でも担当者との事前相談により回避可
    メール等の指示に従って必要書類の提出
    ※申込確認らと前後する場合あり
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    希望額の振込融資(希望者のみ)
    または「スマホATM」による借入
    ローンカード等の送付
    ※WEB完結なら不要、その他応相談
    ※「カード申込」の場合、店舗でのカード受取も可
    (ただし契約書類は原則自宅に郵送)

    こう見るとなんだか面倒そうですが、実際のところやるべきこと(書類の提出、折り返しの電話連絡等)があればその都度メールや電話で案内が入りますので、そこまで不安に思う必要はありません。

    ちなみに審査に掛かる時間は「最短30分」…ということになってはいますが、実際の利用者のアンケート回答を見る限り、1時間~半日ほどを要することの方が多い模様。

    モビットでは急ぎの旨を伝えることで優先審査を受けられますので、「何としても今日中に借りたい」といった事情があるのならこちらも活用してみてください。

    モビットコールセンター:0120-03-5000(毎日9時~21時)

    【管理人】山本
    今日中に契約を結ぶためには、何時頃までに申し込みを行えばよいでしょうか?

    オペレーターの回答
    私どもの営業時間が21時までですので、審査に必要な時間などを考えますと18時頃までにお申込みいただければと思います。

    (2019年11月問い合わせ分)

    CHECKSMBCモビットの審査時間は5社中最も長い…。問合せに基づく即日融資を成功させる条件

    ★即日融資のための申込リミットは電話を掛けるタイミング、あるいは回答されるオペレーターの方によって差異があります。
    また書類提出等のことを考えても、「18時までに申し込めば必ず即日融資を受けられる」…というわけではありませんのでお気を付けください。

    ★「WEB完結」は電話連絡不要…ということになってはいますが、実際のところ申込者の多くが「携帯電話へ確認の連絡が入った」と回答されています。
    特にスピード融資を希望する場合、携帯電話への着信には気を配っておきましょう。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!WEB完結「在籍確認なし」は本当?「携帯に電話きた」例も

    ★「カード申込」の方に限り、自動契約機(ローン申込機/ローン契約機)を使った申し込み手続きも可能です。
    ただしモビットの場合は、プロミス等の他社と異なり来店申込を行ったからと言って審査・契約時間が短縮されることはありません即日融資を受けるためのタイムリミット(目安18時)も共通です。
    そのため「会社からの帰り道に店舗がある」といった場合を除き、わざわざこれに出向くメリットはほぼないでしょう。

    CHECKSMBCモビット「審査」の総まとめ>来店申込の流れ

    ②SMBCモビットとの契約に必要な書類

    現行の「SMBCモビット」契約に必要な書類は契約タイプによってやや異なります。
    検討中の申込先情報をご覧ください。

    CHECK「WEB完結」必要書類
    CHECK「カード申込」必要書類

    (1)「WEB完結」契約に必要な書類

    「WEB完結」契約に必要な書類は「カード申込」に比べ多いです。
    が、実際の問い合わせやアンケート調査の結果を見る限り、公式HPに書いてあるほど厳密に、複数種類の書類を求められることは無いようですね。

    SMBCモビット「WEB完結」必要書類
    公式HP記載情報▼問合せ、アンケートに基づく実際の必要書類▼
    本人確認書類(必須)
    運転免許証またはパスポート公的な書類いずれか1つ
    (運転免許証、パスポート、健康保険証、在留カードなど)
    収入証明書類(必須)
    以下のうちいずれか1点
    (いずれも最新のものに限る)

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書直近2ヶ月分(あれば賞与明細も)
  • ※モビットの判断によっては不要な場合あり?

    勤務先確認書類(必須)
  • 社会保険証または組合保険証
  • 給与明細直近1ヶ月分
  • (収入証明書に給与明細を選ばなかったとき必須)

    社会保険証、組合保険証、源泉徴収票、最新分の給与明細書などいずれか1点
    ▲公式HP記載情報問合せ、アンケートに基づく実際の必要書類
    ※本人確認書類と現住所に相違がある場合、別途住所確認書類(2点目の本人確認書類、公共料金の領収書など)が必要です。

    勤務先から発行された保険証は「本人であること」と「勤務先」を、源泉徴収票は「収入」と「勤務先」を同時に証明できることから、実際の必要書類は最低2点からとなりますね。

    とは言え他の多くのローンサービスと異なり、限度額にかかわらず収入証明書が必須となる点についてはあらかじめご承知おきください。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!WEB完結は運転免許証・パスポートなしでも条件付きで利用可
    CHECKSMBCモビット&利用者に聞いた!「WEB完結」HPに無い実際の必要書類&契約の流れ

    ★各書類は「スマートフォン等で撮影+所定の場所にアップロード」という形で提出可能です。

    (2)「カード申込」に必要な書類

    SMBCモビット「カード申込」の過程で必要な書類は以下の通り。

    「SMBCモビット」必要書類(カード申込)
    本人確認書類
    (全利用者必須)
    以下のうちいずれか1点

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(国保や被扶養のものでも良い)
  • ※マイナンバーカード等でも問題ないとのこと(問合せによる)

    収入証明書類
    (提出を求められた場合のみ※1)
    以下のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書直近2ヶ月分(あれば賞与明細も)
  • 勤務先確認書類
    (勤務先への電話を避けたいとき、勤務先休業日に即日融資を希望するとき)
  • 社会保険証または組合保険証
  • 給与明細直近1ヶ月分
  • 源泉徴収票
  • その他応相談

    その他個人事業主は「営業状況確認のお願い(公式HPよりDL可)」の提出を求められる場合があります。
    ※1 貸金業法の制限上、「モビットでの限度額が50万円を超える場合」もしくは「他の貸金業者との借入合計が100万円を超える」場合には必須
    ※その他本人確認書類と現住所に相違がある場合、別途住所確認書類(2点目の本人確認書類、公共料金の領収書など)が必要です。

    「WEB完結」に比べれば「全利用者必須」となる書類は少ないです。
    ……が、収入証明書が必要となる基準が明記されていないことから、「限度額にかかわらず審査結果によっては収入証明書の提示を求められる可能性がある」点についてはあらかじめご承知おきください。
    (とは言えアンケート回答を見る限り、初めての借入であればさほど気にする必要は無さそう)

    ★書類の提出方法は原則として「スマートフォン等で撮影+所定の場所にアップロード」となります。(ただし特に希望があればFAXや郵送、自動契約機を使った提出も可)

    ③在籍確認の仕様は契約タイプによって異なるが、「カード申込」でも融通は利く

    先にもお話しした通り、モビットにおける在籍確認(勤務先確認)の仕様は契約タイプによって異なります。

     

    SMBCモビットの在籍確認仕様
    WEB完結社会保険証などの勤務先を確認できる書類の提出をもって完了
    書類に不備が無い限り電話確認なし(問合せにより確認済み)
    カード申込原則として電話、ただし申込確認の過程で希望を伝えれば「書類を使った在籍確認」も可
    電話の場合モビットの社名や用件は第三者に伝えず「○○(担当者個人名)と申しますが、××△△はいらっしゃいますか?」というように、顧客や知り合いを装う形で確認(本人が電話を取る必要なし)
    書類の場合社会保険証などの勤務先を確認できる書類の提出を持って完了

    WEB完結の場合は心配無用として、「カード申込」の方であっても「勤務先を確認できる書類」(社会保険証、最新の給与明細書など)があれば電話の回避は容易です。

    また電話が掛けられる場合であっても、第三者に用件や「モビット」の社名が伝えられることはありませんので、在籍確認が理由でキャッシングを知られてしまうことは滅多にないことでしょう。

    ★モビットの在籍確認について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!在籍確認FAQ&電話の避け方【WEB完結・カード申込】
    CHECKSMBCモビットはWEB完結でなくとも在籍確認電話を避けられる!問合せに基づく必要書類
    CHECKSMBCモビットに聞いた!WEB完結「在籍確認なし」は本当?「携帯に電話きた」例も

    「SMBCモビット」契約後の借入方法

    「SMBCモビット」契約後の借入方法

    ここからは、「SMBCモビット」契約後に利用できる借入方法について解説していきます。

    「SMBCモビット」借入方法
    概要、備考
    銀行振込
    • 手数料無料
    • 土日含む銀行営業時間外にも即時振込可
      (ただし例外時間あり)
    • 「WEB完結」「カード申込」ともに利用可
    ATM出金
    • 手数料発生あり
      • 取引額1万円以下
         …110円
      • 取引額1万円超過
         …220円
      • ※三井住友銀行ATMは取引額にかかわらず無料
    • カードレス取引が可能な「セブン銀行ATM」に限り、WEB完結ユーザーも利用可
      (ローンカードが必要なその他ATMは「カード申込)利用者専用)

    ①現在は多くの金融機関へ「時間や曜日をほぼ問わない」振込を実施中

    契約タイプを問わず、すべての「SMBCモビット」ユーザーが利用できるのが「銀行振込」による借入。
    2018年10月より銀行営業時間外における振込反映が可能になったことで、このサービスも幾分か利用しやすくなりました。

    公式HPの情報を見る限り、即時振込の対象銀行や対応時間は「プロミス」「レイクALSA」に比べやや限定的ですが……。

    • 「WEB完結」利用に必要になる口座(三大メガバンク+ゆうちょ銀行)はいずれも時間外振込対応
    • 当該口座を持っていない「カード申込」ユーザーは、ローンカードを使いコンビニATM等で出金可(後述)

    ということを考えれば、そこまでの足かせにはならないかと思います。

    CHECKSMBCモビット公式HP「各行振込時間(PDF)」

    ★上の公式HPに記載のない金融機関であっても、銀行営業時間中(平日9時~15時)においては振込融資を利用可能です。
    (ただし「プロミス」「レイクALSA」であれば時間外振込を受けられる可能性あり)

    日曜日の夜間(18:50~)は全金融機関において振込融資を受けることができません特に「WEB完結」で、日曜日に即日融資を狙う場合にはお気を付けください

    この制限はプロミス、レイクALSAにおいても同様なため、おそらく各金融機関が「即時振込」のために利用している仲介サービスの問題なのだろうと思われます。

    ②モビットカードを使って/使わずに利用できるATM

    反映時間等の問題で銀行振込を使えない、あるいは単に手元に現金が欲しい、という場合に利用できるのが「ATM」を使った借入。

    基本的にはローンカードが必要となるため「WEB完結」ユーザーは対象外となりますが、例外的に「セブン銀行ATM」のみQRコードを使ったカードレス契約(スマホATM)に対応しているため、ローンカードが無くても利用可能です。
    ローンカードが発行されない「WEB完結」ユーザーが日曜夜間にお金を借りたい場合などには、こちらのサービスを使うこととなりますね。

    CHECKSMBCモビット公式HP「簡単便利!スマホATM取引のご案内」

    また、「カード申込」選択時にローンカードを使って取引のできるATMは以下の通りです。

    モビットカードを使って取引のできるATM(その場で利用明細が発行されるもの)

    • 三井住友銀行ATM(手数料無料)
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM(ファミリーマート等)
    • イオン銀行ATM
    • 三菱UFJ銀行ATM
    • 第三銀行ATM
    • 福岡銀行ATM
    • 親和銀行ATM
    • 熊本銀行ATM
    • クレディセゾンATM
    • プロミスATM

    大手コンビニのATMが利用できることから、街中での借入場所に困ることは無いでしょう。

    ★「三井住友銀行ATM」以外を利用した場合、以下の手数料が発生します。(返済時も共通)

    • 取引額1万円以下…110円
    • 取引額1万円超過…220円

    手数料は次回返済時、利息と一緒に引き落とされます。(=手数料が発生するほど返済効率が悪くなる)
    あらかじめご承知おきください。

    ★「ゆうちょ銀行」等のATMを使っても出金可能ですが、こちらは出金後に自宅に郵送物(利用明細)が届くとのこと。
    これを嫌うのであれば、上に挙げた「その場で利用明細が発行されるATM」のみをご利用ください。
    会員限定サービス「Myモビ(PC版)」の「登録内容変更」からも、書類送付についての変更が可能です。

    詳細SMBCモビット公式HP「提携ATM一覧」

    詳細SMBCモビット公式HP「よくある質問」

    ★「みずほ銀行ATM」は2019年12月現在利用不可です。ご留意ください。

    「SMBCモビット」毎月の返済方法とその金額

    「SMBCモビット」毎月の返済方法とその金額

    最後に、「SMBCモビット」で借りたお金を返済していく方法についてお話ししていきます。

    ①毎月の返済額は「最終借入時の借入残高」に応じ決定

    まずは全モビットユーザー共通の、「毎月の最低返済額(口座振替を利用する場合は自動引き落とし額)」を見てみましょう。
    最低返済額は以下の通り、「最後に借りたときの借入残高」に応じて決まります(=追加借入を行わない限り、毎月の返済額は変動しない)

    「SMBCモビット」毎月の最低返済額(自動引き落とし額)
    最終借入時の借入残高最低返済額(自動引き落とし額)
    10万円以下4,000円
    10万円超
    ~20万円
    8,000円
    20万円超
    ~40万円
    11,000円
    40万円超
    ~50万円
    13,000円
    50万円超
    ~60万円
    16,000円
    60万円超
    ~70万円
    18,000円
    70万円超
    ~80万円
    21,000円
    80万円超
    ~90万円
    24,000円
    90万円超
    ~100万円
    26,000円
    以後、借入残高+20万円ごとに最低返済額+4,000円

    毎月の返済額の中から、自動的に利息(サービス料)が徴収される点についてはあらかじめご確認ください(元利)。
    ちなみに年利18%の場合、1ヶ月あたりの利息は「借入残高の1.5%」前後となります。

    例:
    モビットから30万円を借りている場合、月あたりの利息は30万×0.015=4,500円前後。
    このとき11,000円(最低返済額)の支払いを行うと、うち4,500円が利息として支払われるため、差額の6,500円のみが借入清算に充てられる

    ②契約タイプ別の返済方法

    「SMBCモビット」の返済方法は、契約タイプによって若干の違いがあります。

    「SMBCモビット」返済方法
    WEB完結【毎月の返済方法】

  • 口座振替
  • (自動引き落と
    し)

    【任意(追加返済)方法】

  • 銀行振込
  • スマホATM(セブン銀行ATMカードレス取引)
  • カード申込【毎月の返済方法】

  • 口座振替※
  • 口座振替を利用しない場合、銀行振込またはATM入金
  • (毎月の返済方法を選択可)

    【任意(追加返済)方法】

  • 銀行振込
  • ATM入金
  • ※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座が必要です。

    「カード申込」であれば毎月の返済方法を選択できます。……が、返済忘れを防ぐため「口座振替」が可能ならこれを使うに越したことは無いでしょう。

    追加返済(任意返済)とは、毎月の最低返済額(自動引き落とし額)以上のお金を返済したい場合に利用できる方法ですね。
    早く返せば返すほど長い目で見た返済負担を軽減できますので、余裕があるときにはぜひ積極的に活用してみてください。

    参考:「SMBCモビット」50万円を借りた場合の実際の返済例
    最低返済額(1.3万円)
    のみを支払い
    751,114円
    (58回/4年10ヶ月)
    月5万円を支払い546,019円
    (11回)
    差額205,095円

    ★毎月の返済期日(引き落とし日)は「5日」「15日」「25日」「末日」の中から選択可能です。
    初回返済日の扱いなどの詳細については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKSMBCモビット公式HP「返済日・返済額」

    ★返済方法の詳細や利息の仕組み等については、以下のページも参考にしてみてください。

    CHECKSMBCモビット「WEB完結」毎月の返済方法と利息の仕組み:追加返済が重要なのは何故?」
    CHECK【カードローン返済の仕組み】毎月の返済金額・方法&返済遅れのデメリット

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • 「SMBCモビット」他社ローンと比べたメリットは
      • 「WEB完結」利用時なら、在籍確認の電話なし&郵送物なしで他人に借入を知られにくい
      • 消費者金融会社の中では大口契約を結びやすい
      • 低収入でも審査に通りやすい(その他の問題点が無い場合)
      • 即日融資対応(ただし他の大手消費者金融に比べるとやや時間が掛かりやすい)

      の4つ。

    • 一方でこれに対するデメリットは
      • 高金利、かつ無利息サービス無しで決しておトクではない
      • WEB完結の利用に指定口座+勤務先確認書類+収入証明書類必須
      • ブラックに対し厳しい

      の3つ。デメリットに対しメリットの方が大きいと感じられるなら、そのまま申込を決めて良い

    • 在籍確認に関しては意外と「カード申込」であっても融通が利く
      また実際の「WEB完結」利用条件は公式HPに書いてある内容よりゆるいようなので、指定口座と必要書類さえあればダメ元で申し込んでみるのもアリか
    • メリットの多い「WEB完結」だが、カードが発行されない分、借入方法が制限されやすい。特に日曜夜間は振込融資を受けられないので注意したい(スマホATMは可)

    メリット、デメリットともに目立つものが多いことから、やや人を選ぶ傾向にある「SMBCモビット」

    とは言え「他人に借入を知られないこと」「少しでも大きなお金を、早く借りること」に重きを置くのであれば、最適な申込み先の一つだと言って良いでしょう。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    デメリットは金利が高いことと、多くの金融会社が導入している、初回無利息サービスが実施されていない点があげられます。そして、ブラックの人には他社以上に審査が厳しいようです。モビットと言えばWEB完結で在籍確認の電話連絡無しがウリなのですが、三大メガバンクもしくはゆうちょ口座が必須です。とはいえ属性が良い人は他社より高額な融資が行われるケースも。デメリットよりもメリットが超えるなら、利用する価値はありそうです。

    CHECK【証拠付】SMBCモビットWEB完結、20項目×7名の詳細口コミ:他社借入多数の通過例も
    CHECK【証拠有】SMBCモビット利用者8名の詳細審査口コミ:標準的な会社員~多重債務者口コミも
    CHECK40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向
    CHECKSMBCモビット「審査」の総まとめ

    CHECK銀行ではなく「消費者金融から借りる」デメリットって?あなたに合った申込先の選び方
    CHECK元従業員&ユーザー百名超に聞く!カードローン審査内容と各社の審査傾向


    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい


    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい