SMBCモビットの10秒簡易審査内容と個人信用情報の関係:本審査落ちの理由とは?

SMBCモビットの審査内容と個人信用情報の関係:本審査落ちの理由とは?

SMBCモビットの自慢は10秒簡易審査。名前の通り、本申し込みからなんと10秒後に、おおまかな審査結果を教えてくれます。
ほとんどの場合、10秒簡易審査と本審査の結果に違いはなく、10秒簡易審査に通過できたのなら安心してしまって構いません。

今回は、どうしてSMBCモビットの10秒簡易審査は他の金融機関に比べてこれほど正確なのか?また、10秒簡易審査に通過したのに本審査落ちとなってしまう理由は何か?ということを中心に、解説していきます!

SMBCモビット (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分 (※)
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(10秒簡易審査)
備考
  • 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1 (2年連続受賞です!!)
  • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
  • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
  • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
  • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
  • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
  • 無利息サービスなし

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります


SMBCモビットの「10秒簡易審査」は他社の「3秒お試し診断」と全然違う!

SMBCモビットの「10秒簡易審査」は他社の「3秒お試し診断」と全然違う!

正確さに定評のある、SMBCモビットの10秒簡易審査
他社との違いは一体何なのでしょうか?

① SMBCモビットの10秒簡易審査では、信用情報機関に申し込みの事実が残る

SMBCモビットの10秒簡易審査は、インターネットでの本申し込み後に自動的に結果発表。これは、個人信用情報機関に申し込み履歴が残ります。

【管理人】山本

SMBCモビットでお金を借りれるかチェックだけしたいという場合はお借り入れ診断を使いましょう。

<個人信用情報機関って何?>

個人信用情報機関(信用機関)とは、金融機関ユーザーのローン・クレジットカードにまつわるほぼすべての情報を記録している場所のこと。
その内容は申し込み件数、借り入れ金額、借り入れ先、返済状況、債務整理履歴など多岐に渡ります。

申し込み情報が残ってしまうデメリットとは、短い間に複数の会社に申し込みを行うと「この人はよっぽどお金に困っている=返済能力に疑問が残る」と思われ、審査に通りにくくなってしまうこと。
1ヶ月に3社以上で審査に通りにくい、いわゆる「申し込みブラック」状態になってしまうと言われています。この申し込み履歴は6ヶ月間残ります。

個人信用情報機関について詳しくは、『個人信用情報について』のページを読んでみてください。

② 10秒簡易審査で見られている信用情報って何?本審査との違いは?

実際にSMBCモビットに問い合わせてみたところ、10秒簡易審査であっても瞬間的に個人信用情報機関への照会を行っているとのこと。
そのためブラック状態、つまり他社での踏み倒しや延滞などの悪い情報が残っている方は、ここではじかれてしまいます。

10秒簡易審査に通過したのに本審査に落ちてしまう、という方のほとんどは申し込み情報と本審査の結果分かった情報が違う方、つまり嘘をついていた方。もちろん故意に嘘をついたのでなく単に入力ミスであっても、審査落ちとなってしまいます。

だから、入力ミスには十分に注意しましょう。申し込み確定前に、入力項目をひととおりチェックし直すといいですね! (たとえ入力ミスであっても、今後の審査に悪影響を与える可能性もあるので……)

SMBCモビットの審査は他社に比べても、決して難しいものではありません。
ブラック状態でなく、年収100万円程度の収入があり、他社借り入れが3件以下であれば十分審査通過の可能性はありますので、ありのままの情報を記入するようにしましょう。

SMBCモビットの審査について詳しくは、『SMBCモビットの審査の流れと審査基準』を読んでみてください。

③ 他社の3秒診断は信用情報に記録が残らない

プロミスアコムアイフルなど他社の3秒診断は、個人信用情報機関に本申し込み情報が残りません。

というのもこれらのお試し診断は、「年収」「年齢」「借り入れ件数」程度しか記入しないため、本申し込みには程遠いものだから。実際の消費者金融会社の申し込みには、35程度の項目に記入する必要があります。

SMBCモビットの10秒簡易審査は、本申し込みに必要な情報すべてを記入して行うため、信ぴょう性が高いんですね。

④ SMBCモビットも「お借り入れ診断」なら信用情報に記録が残らない

実はSMBCモビットにも、信用情報に記録が残らない「お借り入れ診断」という診断コーナーが設けられています。名前が似ているのでまぎらわしいのですが……。

SMBCモビットも「お借り入れ診断」なら信用情報に記録が残らない
▲ SMBCモビット公式サイトのお借入れ診断(10秒簡易審査とは異なります!)

こちらは他社の3秒診断と同じもので、入力項目が3つしかありません。
もちろん個人信用情報機関への問い合わせもないため、精度は10秒簡易審査に比べると大きく落ちます

ですが、申し込みブラックを防ぐためにも審査が不安な方はチェックしてみると良いでしょう。

SMBCモビット公式HP「お借入れ診断」

★10秒簡易審査とお借入れ診断の違い

  入力項目数 個人信用情報機関への
照会
診断結果発表
10秒簡易審査 約30項目 あり 本申し込みの
約10秒後
お借入れ診断 3項目 なし 本申し込みと無関係に
即時

お借入れ診断と10秒簡易審査は、まったく独立した別のものです。
基本的な流れは、(お借入れ診断)→本申し込み→直後に10秒簡易審査の結果発表、となるわけですね。
もちろんお借入れ診断なしでの本申し込みも可能です。

10秒簡易審査は、インターネットでの申し込みの場合、自動的に行われます

カードローンを利用するだけで、大きなローンを組めなくなる?

カードローンを利用するだけで、大きなローンを組めなくなる?

「消費者金融からお金を借りていては、住宅ローンや自動車ローンを利用できないのでは?」と心配に思う方は多いです。
ここではカードローンとその他のローンの関係についてお話しして行きます。

①月々の返済をこなせているなら、即刻審査落ちにはならない

住宅ローンをはじめとした消費者金融以外のローンで即刻審査落ちとなってしまうのは、延滞情報や強制解約情報が残っている場合。でも、これは消費者金融のカードローンだって同じです。

そういうわけで、カードローンを利用している=審査落ち、とはなりません
むしろローンを完済した履歴があれば、「最後まで返済ができる人だ」と思われ、プラスに働くことも多いです。

②でも、よそからお金を借りているのはマイナスポイントに

返済が滞っていなければ、即刻審査落ちとはならないものの……。
住宅ローンや自動車ローンに限らず、消費者金融のカードローンであっても他社からの融資はマイナスポイント
やっぱりお金を貸すのであれば、すでに借金をしている方よりも、よりクリーンな方を選びたいですよね。金融機関だって同じです。

<1年間の返済額の目安は年収の35%まで>

大きなローンを組む際、金融機関が見ているのは主にあなたの返済能力
他社借り入れがあっても、余裕ですべてのローンを返済していける収入があるのなら問題なく審査に通過できますが、もちろん逆も然り。

審査通過の目安として、1年間の返済額合計が年収の35%を超えない、というものがあります。
35%を切っていれば審査に必ず通る、というわけではありませんが、大きなローンを組む前には一度自身の毎月の返済額を計算してみると良いでしょう。

カードローンの場合は限度額が大きいほど、他社の審査にも通りにくくなります。
過去の借り入れは、できるだけ清算しておきましょう。

③大きなローンを組む前には、カードローンを解約しておくと安心

手数料や年会費の掛からないカードローンですが、解約しない限りいつまでも個人信用情報機関には「契約中」の情報が載せられてしまいます
いくら借り入れ金額がゼロといっても、いつでもキャッシングできる状態であれば他社借り入れも同様。
そのため、審査に不安が残る方は事前にカードローンを解約しておくと良いでしょう。

SMBCモビットの解約はSMBCモビットカードタイプ・WEB完結タイプ問わず、電話一本で完了します。
詳しくは『SMBCモビットのまとめ:解約について』を読んでみてくださいね。

まとめ

まとめ

SMBCモビットの10秒簡易審査は「申し込み前のお試し」ではなく、「本申し込み後の仮結果発表」サービス。
 嘘をついたり、申し込み情報に誤りがない限り、ほとんど本審査と同じ結果が出る!
★本申し込み前に審査が不安なら、「お借入れ診断」を受けてみよう!ただし精度は10秒簡易審査に大きく劣る
★カードローンに限らず、他社借り入れはマイナス情報。大きなローンを組む前には使っていないローンを解約しておくとベター

10秒で簡易審査結果表示が出るのであれば、その後の計画も立てやすいですよね。
本審査を受けた方はもれなく10秒簡易審査の結果を知ることができるのは、SMBCモビットの大きな強みのひとつです。


この記事でチェックしたカードローン情報

SMBCモビット (基本情報)
実質年利 3.0%~18.0% 限度額 800万円
保証料 なし 審査時間 最短30分 (※)
融資スピード 最短即日 借入判断 あり(10秒簡易審査)
備考
  • 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1 (2年連続受賞です!!)
  • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
  • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
  • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
  • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
  • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
  • 無利息サービスなし

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります




カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。