キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

SMBCモビットの金利って高い…利息を節約する方法は?

    SMBCモビットの金利って高い…利息を節約する方法は?

    こんにちは!元消費者金融勤務の管理人 山本です。

    今日はSMBCモビットの金利についてお話します。

    SMBCモビットの実質年率は3.0%~18.0%となっていま…

    審査が不安な 佐藤さん
    金利3.0%って銀行より安いじゃん!
    SMBCモビットに申し込もうっと
    【管理人】山本
    うわ、佐藤さん、いたんですね!
    【管理人】山本
    というか、ちょっと待ってください。
    佐藤さんがSMBCモビットで借りても
    金利は3.0%じゃないですよ!
    審査が不安な 佐藤さん
    えー、なんで?
    【管理人】山本
    それを今から説明しようとしてたんです!
    審査が不安な 佐藤さん
    ごめんごめん…

    SMBCモビットの強みは「バレない」ことに特化した「WEB完結」! でも、どんなに便利でも、金利が高すぎると困っちゃいますよね。

    ズバリ言いましょう。SMBCモビットの実質年率は、大手消費者金融では標準的な年利18.0%スタートです。(ほとんどの場合・・・・・・)

    よく目にする 3.0%〜 に騙されないでくださいね。

    そして、金利の面で考えると、SMBCモビットはアコムアイフルプロミスと比べて、あきらかに損しちゃうところがあります。

    今回は、SMBCモビットで損してしまう理由や、SMBCモビットの金利を下げる交渉方法、そして、金利を節約するための返済方法について、詳しく説明していきます!

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日(※)借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります


    他の消費者金融や銀行との金利比較表

    業種 会社名 金利
    消費者金融 SMBCモビット 3.0%~18.0%
    プロミス 4.5%~17.8%
    アコム 3.0%~18.0%
    アイフル 3.0%~18.0%
    銀行 三井住友銀行 4.0%~14.5%
    三菱UFJ銀行
    <バンクイック>
    1.8%~14.6%
    オリックス銀行 1.7%~17.8%
    ソニー銀行 2.5%~13.8%
    信販会社 オリコカード 4.5%~18.0%
    オリックスクレジット 3.0%~16.8%

    このように、SMBCモビットの最低金利(3.0%)は、銀行に匹敵、あるいはそれ以上の低金利
    一方、最高金利(18.0%)は、消費者金融の中では一般的、銀行と比べると、少し高めですね。

    SMBCモビットの金利は3.0%じゃない!

    SMBCモビットの金利は3.0%じゃない!

    しかし、この最低金利。誰でも利用出来るワケではないです 最低金利を利用できるのは、会社の定める、一番おおきな借入限度額を、もらえたときだけ。ちなみに、SMBCモビットの最大限度額は、800万円になっています。

    審査が不安な 佐藤さん
    つまり、SMBCモビットで800万円の限度額をもらえばいいってこと?
    【管理人】山本
    その通りです。
    審査が不安な 佐藤さん
    じゃあ、限度額800万円で申請して、超低金利で借りればいいんだ!!
    【管理人】山本
    ちょっと待って!
    SMBCモビットをはじめとして、消費者金融は、個人に年収の3分の1以上のお金を貸すことを、禁止されています。これ、総量規制っていう法律です。
    審査が不安な 佐藤さん
    ええっと……?
    【管理人】山本
    簡単に言えば、お金を借りるためには、希望限度額の3倍の年収が必要、ということですね。
    800万円の限度額を貰うには、その3倍の年収が、必要なんです。
    【管理人】山本
    佐藤さん、2400万円の年収なんて、ありましたっけ…?
    審査が不安な 佐藤さん
    うっ…!
    基本的に…。
    100万円以下の限度額なら、上限金利が適用されます。
    また、はじめて利用するときの限度額は、100万円以下。
    そのため、カードローンを金利で比べるときは、上限金利を比べるべきなんです。

    SMBCモビットの上限金利は、18.0%
    ほとんどの大手消費者金融は上限金利18.0%なので、特に高くも低くもない、というところですね。

    ① ご新規さんは信用されてない → 金利適用は厳しめの18.0%スタートがほとんど

    とくに消費者金融の場合、初回契約の方と金融機関の間には信頼関係がありません。つまり企業側にとっては「踏み倒されてしまうかもしれない……」という不安が、常連の方に比べて大きいわけですね。

    金利が高いのは、もし自己破産されてしまった場合に、できる限りのお金を事前に回収しておくため。
    このような理由から、SMBCモビットにおいて初回契約時はほぼ確実に、上限金利である18.0%となります。

    ② 法律の上限金利が18.0%:金利が下がるのは限度額100万円超から

    利息制限法で決められている上限金利は以下の通りとなっています。

    10万円未満20.0%
    10万円~100万円未満18.0%
    100万円以上15.0%

    もちろんSMBCモビットでの融資は、この上限金利を守って行われます。
    金利を15.0%まで下げるためには、少なくとも100万円の限度額が必要なんですね。

    ③ SMBCモビットではじめに借りられるのは多くても50万円程度・・・・・・

    金利を下げるためには100万円の限度額が必要なのですが……。

    SMBCモビットでの初回契約額は10万円~50万円がほとんど。そのため、最初から18.0%未満の金利で契約することは難しいんです。
    最初にもらえる限度額が少ない理由も、高金利な理由と同じく金融機関との信頼関係がないためですね。

    ちなみに、50万円を超えるお金が必要なのであれば、消費者金融の利用は向いていません。
    みずほ銀行など100万円以上の融資を最初から行ってくれやすい銀行を利用しましょう。金利もずっと低いです。
    (みずほ銀行の金利は高くても※年14%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)

    <長く使っていると、金利の交渉もできる!>

    6ヶ月~1年ほど延滞なくSMBCモビットを利用し続けていると、交渉次第で金利を下げてもらえる可能性があります。消費者金融系のカードローンは銀行系と異なり、限度額ごとの明確な金利が決まっていないからですね。
    引き下げ率は限度額や利用実績、返済能力によっても異なるので一概には言えませんが、一度の交渉で5%以上の引き下げが行われることは考えにくいです。
    低金利のカードローンを希望しているのであれば、最初から他社を利用するか、すでにSMBCモビットと契約しているのであれば銀行カードローンへの借り換えを検討するのが良いでしょう。

    金利の交渉は電話で行います。(0120-03-5000)
    条件を満たしていても、必ず交渉に応じてくれるわけではありませんので、過度な期待は厳禁です。
    ちなみに放っておいても増額の案内は来ますが、金利引き下げについては自分から行動する必要があります。

    SMBCモビットの利息ってどれくらい? お金を借りたときの支払総額シミュレーション

    SMBCモビットの利息ってどれくらい? お金を借りたときの支払総額シミュレーション

    それでは、今回は初回利用の方が適用されるSMBCモビットの金利「18.0%」を基準として、実際の支払い模様を紹介していきます!

    ① 利息は借り入れ金額・借り入れ期間によって大きさが変わる!

    契約時から完済時までに支払われる利息の総額は、借り入れ価格と借り入れ期間によって変わります

    <そもそも金利ってどういう意味?>

    カードローンにおける金利は実質年率と呼ばれることもありますが……。
    これは、「あるお金を1年間、返済せずに借り続けていた場合に発生する、借り入れ金額に対する利息の割合」を表します。
    簡単にいえば金利18.0%だと、10万円を1年間借り続けていた場合1.8万円の利息が発生、利息は金融機関に支払う手数料のようなものなので、合計で11.8万円の返済義務が生じることになります。

    ですが実際には、月々の返済によって借り入れ金額は減っていくため、1年間に発生する利息はもっと小さくなります。

    上の例で考えてみると、もともとの借り入れ額が200万円だったら、あるいは借り入れ期間が2年間だったら利息は36万円と倍増しますよね。
    実際には月々返済が行われるため、本当の利息額とは異なるものの、借り入れ額と借り入れ期間に応じて利息が増える、という点では同じです。

    それではここからは、実際のSMBCモビットでの返済例を見てみましょう。

    10万円を月々2万円返済104,750円(6ヶ月)
    10万円を月々5万円返済102,306円(3ヶ月)
    30万円を月々2万円返済342,404円(7ヶ月)
    30万円を月々5万円返済316,800円(18ヶ月)

    この例を見ても分かるように、利息を節約したいのであれば金利の引き下げを狙うよりも月々の返済額を増やすのが効果的です。
    このように、あらかじめ定められた最低返済額より大きな金額を返済することを繰り上げ返済と呼びます。

    ② 他社の金利と返済総額比較

    それでは「30万円を借りて2万円ずつ返す」のを前提として、各社の支払額を比べてみましょう!

    ★「30万円を借りて2万円ずつ返す」場合の総支払い額

     上限金利支払い総額
    SMBCモビット
    その他中小消費者金融
    18.0%342,404円
    アコム
    アイフル
    18.0%
    (30日間無利息)
    337,904円
    プロミス17.8%
    (30日間無利息)
    337,394円
    三井住友銀行14.5%333,012円
    みずほ銀行※年14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    331,719円
    ソニー銀行
    イオン銀行
    13.8%331,207円
    りそな銀行12.475%327,853円
    三井住友カード
    ゴールドローン
    9.8%321,330円

    同じ金額を借りて同じ金額を返し続けているのに、結果的に2万円以上の支払総額の差が出てしまいました。
    とはいえ、三井住友カードゴールドローンは審査も厳しく融資スピードも遅いため、SMBCモビットと利用を迷うことはほとんどないかと思います。上手く棲み分けができているんですね。

    SMBCモビットの強みは誰にもバレないことに特化した「WEB完結」
    上の表を見ても分かる通り、他の大手消費者金融と比べてもとてもおトクとは言えないんですね。

    5.②SMBCモビットの強みは、あくまで「バレない」ことに特化した「WEB完結」

    <価値のあるお金の使い方って?>

    2014年の金融庁の調査(PDF)によると、消費者金融利用者の利用目的は以下のようなものとなっています。
    価値のあるお金の使い方って?
    「ほしいものがあったから」という理由であれば、カードローンを長い分割払いとして利用するのも納得できるのですが……。
    生活費、とくに光熱水費や他社借り入れへの支払い、果てはギャンブルといった理由のためにお金を借りて行くと、利息ばかりが膨らんでほぼ確実に生活は破たんしてしまいます。

    カードローン、とくに消費者金融が取り扱うものは、金利が高いです。
    いわゆる借金地獄に陥らないためにも、「利息を支払ってでも価値がある」と思えるもののために利用してください。

    もしも光熱水費や借金返済などの一時しのぎのためにカードローンの新規契約をしようとしているのなら、自己破産や生活保護を検討するのもアリかも。
    すでに大きな借金があるのであれば、生活保護受給の条件に自己破産が設定されることもあります。

    ベストな返済方法は「キャッシュカードかインターネットバンキングを使った銀行振り込み」

    ベストな返済方法は「キャッシュカードかインターネットバンキングを使った銀行振り込み」

    利息が生まれた後は、もちろん返済しなければなりません。
    ここではSMBCモビットの返済について、簡単に解説していきます。

    ①SMBCモビットの返済は、借り入れ残高によって支払額の変わるリボ払い

    SMBCモビットの毎月の返済額は、借り入れ残高によって変わります。 

    借り入れ残高返済額
    10万円以下4,000円
    10万円超過、 20万円以下8,000円
    20万円超過、 30万円以下11,000円
    30万円超過、 40万円以下11,000円
    40万円超過、 50万円以下13,000円
    50万円超過、 60万円以下16,000円
    60万円超過、 70万円以下18,000円
    70万円超過、 80万円以下21,000円
    80万円超過、 90万円以下24,000円
    90万円超過、 100万円以下26,000円

    金額的にはとても平均的な消費者金融の返済額となっています。
    上の計算例のように、この返済額より大きな金額であればいくら返済してもかまいません。
    繰り上げ返済

    ②返済方法は4種類(カードローンタイプの場合)

    ★契約方法・手数料ごとの返済方法まとめ

     手数料web完結での利用その他
    銀行振り込み別途
    (利用銀行による)
    • 当日14時までの振込みが必要
    • インターネット銀行などの口座を使えば、振り込み手数料を無料に抑えられる
    口座振替無料
    • 三井住友銀行、もしくは三菱UFJ銀行の口座が必要
    • 振込みを忘れる心配はないが、繰上げ返済には対応していない
    提携ATM108円
    ~216円
    ×
    • 特になし
    コンビニ端末
    (famiポート、Loppi)
    無料×
    • 返済のみ

    WEB完結で契約した場合、ローンカードが存在しないため返済方法が限られます。

    WEB完結の利用条件には「三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座を持っている」というものがあります。そして、SMBCモビットの支払先口座もこの2社のどちらか選択可能。

    実はこの2社、どちらもキャッシュカードを使った振り込み、もしくはインターネットバンキングを使った同銀行宛への振り込みであれば、手数料が掛かりません
    三井住友銀行から三井住友銀行への振り込みを、キャッシュカードかインターネットバンキングを使い行うことで手数料がゼロ円になる、というわけですね。
    返済を行う場合には、これらの銀行口座を利用しましょう。

    ③高金利なSMBCモビットだから、繰り上げ返済が大事

    今まで説明してきたように、SMBCモビットはおトクとは言えないカードローン。
    そのため、できるだけ返済期間を短くして利息を減らすことが大事なんです。

    最低返済額より大きなお金を返済することを繰り上げ返済と言います。
    SMBCモビットの場合、10万円以下の借り入れで1万5000円を返済したら、1万1000円分の繰り上げ返済が行われるわけですね。
    これだけでも、ずいぶん利息をカットできます。

    ★10万円を金利18.0%で借りた場合の利息総額比較

    毎月4000円(最低返済額)を返済126,260円
    毎月1万5000円を返済106,153円
    差額20,107円

    同じお金を借りたのに、返済期間によってはこんなに利息の差が生まれてしまうんです。
    この差は借り入れ額・借り入れ期間が増すごとに大きくなっていきます。

    <口座振替での返済が一番便利なんじゃない?>

    口座振替は返済を忘れず便利ですが、毎月最低返済額しか引かれないため、返済が長引く=利息が大きくなりがち
    口座振替を利用するのであれば、余裕があるときに他の返済方法で繰り上げ返済を行うと良いでしょう。
    ただ、くれぐれも口座残高が返済額を下回らないように気を付けてくださいね!

    【SMBCモビットの残念なところ】無利息キャッシングサービスがない……。

    【SMBCモビットの残念なところ】無利息キャッシングサービスがない……。

    支払い総額比較を見ても分かる通り、SMBCモビットは同じ上限金利18.0%であるアコム・アイフルよりも利息額が大きくなります
    というのも、SMBCモビットだけが大手消費者金融の中で無利息キャッシングサービスを行っていないから。
    それでは、そんなSMBCモビットを選択する意味とは何なのでしょうか?

    ①SMBCモビット以外の大手消費者金融はどこも無利息サービスを行っている

    SMBCモビットを除く大手消費者金融に加え、アイシーローンなどの一部中小消費者金融は無利息サービスを提供しています。

    無利息キャッシングサービスとは、その名の通り一定期間の間、利息が発生しないサービスのこと。
    多くの会社が提供している「30日間無利息」サービスの場合は、利息が発生するのが31日目から、となるわけですね。ちなみにカットできる利息は借り入れ額10万円につき約1500円となります。

    このサービスにデメリットはありません
    大手中唯一無利息サービスのないSMBCモビットは、無利息サービスがないという点で、とても不利と言えるでしょう。

    無利息サービスを提供しているカードローンランキング

    SMBCモビットの上限金利は18.0%。これは10万円以上を借りる場合の法定上限額となります。
    そのため、無利息サービスのないSMBCモビットを利用する際には利息額が法律で許される上限額となってしまうんですね……。

    ②SMBCモビットの強みは、あくまで「バレない」ことに特化した「WEB完結」

    とてもおトクとは言えないSMBCモビット。ですがSMBCモビットには独自の強みがあります。

    SMBCモビット一番の特徴は誰にもバレないことに特化した「WEB完結」という契約方法。
    ローンカードを作らずにインターネット上のみで取り引きを行う、新しいローンの形です。
    プロミスも同様のサービスを行っていますが、バレないという点では在籍確認を書類で行うSMBCモビットの方が優れているんですね。

    少し損をしても、絶対に職場や家族にバレたくない!という方にはSMBCモビット以上のローンはありません。
    詳しくは『SMBCモビットのWEB完結』ページを読んでみてください。

    ※SMBCモビットにはWEB完結でない、通常のカードローンも取り扱っていますが、無利息サービスがない・郵送物があるという点からあまりおすすめできません。

    増枠すれば、SMBCモビットでもお得に借りれる!

    審査が不安な 佐藤さん
    それじゃあ、別に借金バレてもいいやーって人は、SMBCモビットを使うメリットはない、ってこと?
    【管理人】山本
    そうとも、言い切れません。
    SMBCモビットをオススメしたいのは、主に500万円以上の融資を考えている方
    SMBCモビットは、500万円以上の借り入れだと、銀行よりも低金利になることがあるんですね。
    (金利の比較はこちら)
    【管理人】山本
    ちなみに、他の消費者金融では、500万円より大きな額を、借り入れることは出来ません。
    SMBCモビットをオススメしたいのは、

    • 500万円以上を借り入れる可能性のある方

    そして特に「Web完結」にピッタリなのが、

    • 誰かにローンがバレたら困る方(詳しくはこちら)
    • 契約の時に、オペレーターと直接会ったり、電話したりしたくない方、です!
    • 月々の返済額や金利は、他の消費者金融と、大きな違いはなし。
    • しかし、口座振替を使うために三井住友銀行、もしくは三菱UFJ銀行の口座が必要など、プロミスやアコムに比べ、借入や返済の点について、ちょっと不便なこともあります。

    返済方法と、返済額についてはこちらをぜひ読んでみてください。

    CHECKSMBCモビットの返済総まとめ:毎月の返済額やWEB完結時の追加返済方法は?

    もちろん、総量規制の制約は、忘れずに!
    500万円の限度額のためには、1500万円の年収が必要です。
    【管理人】山本
    ちなみに…。おまとめローンは、総量規制の対象外となります。
    利息が膨らんで、年収の3分の1を超えてしまっても、審査に通れば、消費者金融のおまとめローンを使うことが出来ます。
    【管理人】山本
    ※通常のカードローンと、おまとめローンは、申し込み方法が異なります。
     
    おまとめローンについては、こちらをクリック!

    CHECK【カードローンの借り換え】審査とデメリットの対策

    申し込み前にここだけチェック!

    申し込み前にここだけチェック!

    SMBCモビットの申し込みを行う前に、ちょっと待って!
    SMBCモビット、とくに「WEB完結」申し込み条件がとっても厳しいんです。
    審査が厳しいわけではないのですが、申し込み条件を満たしてないと無条件に審査落ちとなってしまうんですね。

    ★SMBCモビットの申し込み条件

    • 20歳~69歳である
    • 定期的な安定した収入がある
    • (WEB完結のみ)三井住友銀行、または三菱UFJ銀行の口座を持っている
    • (WEB完結のみ)社会保険証、または組合保険証を本人名義で持っている

    ★全大手消費者金融共通の審査通過条件

    • クレジットカード、各種ローン、携帯電話などの料金を5年以内に3ヶ月以上延滞していない
    • 5年以内にクレジットカードや各種ローン、携帯電話関連で強制解約措置を受けていない
    • 5~10年以内に債務整理を行っていない
    • すでにこの1ヶ月で、2社以上に申し込んでいない(=申し込みブラック)
    • すでに他社から年収の3分の1を超える融資を受けていない(総量規制)

    WEB完結は、ローンをこっそり使いたい方には最適です。
    ローンカードなし・郵送物なし・電話連絡なしで利用できるのはSMBCモビットのWEB完結だけですので、条件を満たしているのなら検討してみるのも良いですね。

    詳しくは『SMBCモビットのWEB完結』ページを読んでみてください。
     

    まとめ

    SMBCモビットで最初に適用される金利はほぼ確実に18.0%。もらえる限度額の目安は10万円~50万円
    ★6ヶ月~1年以上問題なくSMBCモビットを利用し続けられているなら、金利の引き下げに応じてもらえるかも!
    無利息サービスのない上に高金利なSMBCモビットの強みは、周囲の人に借り入れがバレにくい「WEB完結」

    少しクセの強いSMBCモビットのローンですが、「誰にもバレたくない」という希望にピッタリ合えば、これ以上のローンはありません。
    申し込みについては、申し込み条件をよく把握した上で行いましょうね。 

     


    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日(※)借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります



    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント