SMBCモビットの審査はブラックに厳しい:電話連絡なしで借りる流れも

    SMBCモビットの審査は他社借入に甘いがブラックに厳しい:電話連絡なしで借りる流れも

    「今使っているカードローンの限度額がすでに一杯。
    この状態でもSMBCモビットの審査に通れないかな?」

    他の消費者金融会社に比べても、「2社目・3社目」の申込み先として人気がある「SMBCモビット」
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    これにはもちろんプロミスやアコムに比べ若干知名度が落ちるという理由もあるのでしょうが…。
    それ以上に重要なのは、SMBCモビット独自の審査傾向でしょう。

    一方、あなたがはじめてカードローンを利用したいという場合には、「絶対に勤務先への電話を避けたい」という場合を除き、初心者向けの他社を選んだ方が良いかもしれません。

    今回はそんな「SMBCモビット」のキャッシングサービスについて、

    • 実際の審査報告に基づく審査傾向
    • 他社カードローンとの比較
    • 在籍確認の電話なしの「WEB完結」含む契約の流れ

    等を中心に詳しくまとめました。

    【管理人】山本
    読み終えていただければ、今のあなたがSMBCモビットでの審査結果に期待を抱けるか、この会社へ申し込みを進めるべきかが分かります。
    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
      ※インターネット申込の休業時間:1月1日 0時~1月2日 7時まで
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    事前にチェック!SMBCモビットで「審査前に門前払いを受けない」条件

    事前にチェック!SMBCモビットで「審査前に門前払いを受けない」条件

    SMBCモビットでローン契約を結ぶためには、大きく分けて「申込み」「審査」「契約」という過程を踏む必要があるのですが…。

    残念ながらあなたがSMBCモビットの「申込み」条件を満たしていないと、具体的な審査に進む前に申込みを却下されてしまいます。

    【管理人】山本
    SMBCモビットで門前払いを食らわないための申込み条件は以下の通り。
    「SMBCモビット」最低限の申込み条件

    1. 20歳~69歳
    2. 仕事をして、収入を得ている
    3. すでに貸金業者※から、年収の3分の1に達するお金を借りていない(総量規制)

    ※主に消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠

    2の条件について、公式HP上の記載は「安定収入がある方」とされていますが…。

    実際のところ、SMBCモビットは「収入のある無職」の方の申し込みを受け付けていません
    よって「安定収入のある方」というよりは「仕事をしている方」とした方が正確でしょう。

    ということで、ここからは上の3つの条件をすべてクリアしていることを前提に、解説を進めさせて頂きます。

    2の条件のため、

    • 無職
    • 専業主婦(主夫)
    • 休業中

    の方はSMBCモビットを利用できませんのでご注意ください。
    ちなみにこの条件は、すべての大手消費者金融のカードローンに共通するものとなります。

    CHECKSMBCモビットに聞く!無職&休業中の申込条件:審査通過の条件は「在籍確認が取れる」こと

    SMBCモビットの審査傾向は「他社借入があっても申し込みやすいが、ブラックには厳しい」

    SMBCモビットの審査傾向は「他社借入があっても申し込みやすいが、ブラックには厳しい」

    残念ながら、先述の申込み条件を満たしていれば必ずSMBCモビットを利用できる…というわけではありません。

    ここからは実際の利用者データから、「SMBCモビット」の審査傾向を分析していきます。

    ①総量規制にさえ触れなければ2社目・3社目での審査通過も十分可能

    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    冒頭でも触れた通り、SMBCモビットは「他社借入」があっても申し込み可能です。
    これについては、実際のアンケート調査結果をいくつかご覧頂くと分かりやすいでしょう。

    SMBCモビット申込み者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収240万円
    • 派遣社員
    • 他社借入2件計190万円(いずれも銀行)
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収320万円
    • 契約社員
    • 他社借入1件100万円(銀行)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収360万円
    • 正社員
    • 他社借入3社計200万円
      ┗貸金業者2社100万円、銀行100万円
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収780万円
    • 正社員
    • 他社借入3社計90万円(借入先不明)
    • 金利18%
    • 限度額50万円

    ご覧の通り、2社目・3社目どころか4社目の借入先として「SMBCモビット」へ申込み、審査に通過された方も散見されます。
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    ちなみに大手消費者金融会社の代表格である「プロミス」は比較的他社借入に厳しく、既存債務が2件あると審査落ち報告が非常に多くなるのですが…。

    他社借入2件どころか3件あっても審査通過を狙える「SMBCモビット」は、消費者金融会社の中でも他社借入に寛容と言って良いでしょう。
    ただし他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    ★ここで言う他社借入とは、他社でのカードローン・キャッシングやリボ払い残高のことを指します。
    住宅ローンや自動車ローン等、目的ローンの債務は審査にほとんど影響しませんのでご留意ください。

    ②プロミスに比べると「銀行ローンやショッピングリボ」はあまり重視しない傾向あり

    SMBCモビット…というより「プロミス」以外の消費者金融会社の審査の特徴として、「銀行ローンやショッピングリボの債務があまり重視されない」という点が挙げられます。
    特に分かりやすいのはこの例ですね。

    SMBCモビット利用者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収240万円
    • 派遣社員
    • 他社借入2件計190万円(いずれも銀行)
    • 金利18%
    • 限度額30万円

    仮にこの方の借入先が貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠)であったなら、総量規制の制限によりモビットでの審査通過は不可能だったはず。

    「借入先が、総量規制と関係のない銀行だった」ことを理由に、多額の債務を抱えながら審査に通過できた例を見ても分かる通り、SMBCモビットは「銀行カードローンやショッピングリボの債務をあまり重視していない」と言って間違いないでしょう。

    ★とは言え何事にも限度はありますので、既存債務が総量規制と関係のないものだけであっても、その債務を理由に審査に落とされてしまう可能性は否めません(特に自営業者、低所得者の場合)。

    今一度チェックしたい「総量規制」のルール

    「年収の3分の1という総量規制の借入制限に達していると、新しく審査に通れない」ことをご存知の方は多いのですが…。
    その「総量規制」の制限自体を誤解している方は意外と少なくありません。

    そもそもこの「総量規制」とは、「貸金業法」という法律上の制限。これに縛られるのは貸金業者、つまり消費者金融会社やクレジットカードのキャッシング枠に限られます

    よってそもそも「貸金業法」と関係のない、

    • 銀行等のカードローン
    • クレジットカードのショッピングリボ

    は、総量規制とも関係ありません。上に挙げた方が審査に通れたのは、これが理由なわけですね。

    ③ただしブラック状態については他社よりも明確に厳しく対応している模様

    他社借入にはかなり寛容な方針(※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。)を持っている「SMBCモビット」ですが…。

    その一方で、いわゆる「ブラック状態」の方に対する対応は、他の大手消費者金融会社に比べても厳しい模様。
    こちらも実例をご覧頂くと分かりやすいでしょう。

    SMBCモビット申込み者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収250万円
    • アルバイト
    • 他社借入1社10万円
    • 5年以内に債務整理
    審査落ち
    →直後にアコムで審査通過
    • 年収300万円
    • 会社員
    • クレジットカードを10年以上滞納中
    審査落ち
    →直前にプロミス、直後にアコムで審査通過

    「モビットの審査に落ちて、他社の審査に通過」しているブラック状態の方が複数いることを考えると、ブラック状態での「SMBCモビット」への申し込みは悪手と言わざるを得ません。

    ブラック状態での審査通過報告がまったく無いわけではないのですが、こういった結果が出ている以上、あえてリスクの高い「SMBCモビット」を選ぶことはやはりおすすめしかねます。

    CHECK【証拠付】アンケート調査に基づく「ブラックでも借りれた」消費者金融10選

    元SMBCモビット受付 Aさんの回答
    ネットで申し込んでもらうと、電話で話をする前に先に信用情報を取るんですよね。そこで引っかかったらもうアウトだし、そこで行けたら電話でもう少し詳しく聞いて、という流れもあります。
    【管理人】山本
    信用情報で一発NGが出てしまうのは、具体的にどういった場合なのでしょうか?
    元SMBCモビット受付 Aさんの回答
    たぶん他社でめちゃくちゃ延滞してる人…異動してるっていうんですけど、それは一発でダメですね。
    【SMBCモビット】元「新規受付担当」にインタビュー!審査基準・方法とその裏事情」より

    参考:主な「金融ブラック」条件

    • 何らかの後払いサービス(クレジットカード、各種ローン、分割払い他)で2ヶ月以上の延滞を起こし、その解消・解約から5年が経過していない
    • 何らかの後払いサービスで5年以内に強制解約処分を受けた
    • 5年以内に債務整理をした

    ★ちなみに「すでに解消済みの、ブラックに満たない延滞」はあまり重視されません。
    一方、他社での延滞が2ヶ月以内であっても「現在進行形で滞納中」であれば、審査通過は厳しくなります。

    ④個人再生・自己破産は5年以上前のものでも審査落ちの理由になる

    SMBCモビットは審査の際に「官報」情報を閲覧します。

    官報の情報は普通のブラック状態と異なり、時間が経っても消えません。
    よってあなたが「個人再生」「自己破産」を起こしたことがあるのなら、その時期にかかわらず審査通過は厳しいと言って良いでしょう。

    【管理人】山本
    そういえば、SMBCモビットの同意事項には「官報情報の閲覧」が含まれていたはずですが……。
    こちらは実際に確認されていますか?
    元SMBCモビット受付 Aさんの回答
    見てます
    ただ異動した人、官報に載ってる人も住所が違うと判断できなかったりするので…その場合は(次の審査段階に)行けたりとかもあります。
    【SMBCモビット】元「新規受付担当」にインタビュー!審査基準・方法とその裏事情」より

    もしも思い当たるところがあるのなら、

    への申込みをご検討ください。

    他社借入なしでの申込みなら、他の消費者金融よりも高い限度額に期待できるが…。

    他社借入なしでの申込みなら、他の消費者金融よりも高い限度額に期待できるが…。

    ここからは「他社借入なし」でSMBCモビットへ申し込む場合についてお話しさせて頂きます。

    ①SMBCモビットの限度額は「消費者金融会社の中では」高い方

    「他社借入なし」でSMBCモビットへ申し込む場合、適用限度額(借入可能額)は他の消費者金融会社に比べ高めに設定されやすいです。

    属性の似た方の審査結果比較
    属性限度額
    モビット
    • 年収315万円
    • 会社員
    105万円
    • 年収340万円
    • 会社員
    100万円
    • 年収400万円
    • 会社員
    • リボ残高おまとめのための申込み
    103万円
    プロミス
    • 年収320万円
    • 会社員
    20万円
    • 年収400万円
    • 会社員
    50万円
    • 年収400万円
    • 会社員
    30万円

    特に初回限度額が低めな傾向にある「プロミス」と比べると、差は歴然ですね。

    初回から100万円以上の限度額を獲得できた例は「アコム」等にも見られますが…。
    これまでに寄せられたアンケート結果を見るに、100万円以上の契約に成功したという報告が多いのは明らかに「SMBCモビット」です。

    …とは言えこれはあくまで消費者金融会社の中で比べた場合の話。
    高額契約という観点で言えば、総量規制に縛られない(=年収の3分の1超の借入が可能な)銀行カードローン、特にネット銀行系の方が優勢となりますのでご承知おきください。

    SMBCモビットとネット銀行系の比較
    特性など
    SMBCモビット
    • 上限金利18%
    • ┗借入額100万円以上なら15%

    • 限度額は最高で「年収の3分の1」(他社借入がないとき)
    • 即日融資可
    • 郵送物なし、在籍確認の電話なしで契約可
    楽天銀行
    • 上限金利14.5%
    • 限度額は最高で「年収の2分の1」程度(おまとめ可)
    • 口座開設は不要、任意の口座で返済可
    • 郵送物の回避不可
    • 在籍確認の電話必須
    住信SBIネット銀行
    • 上限金利14.79%または7.99%
    • ┗審査により適用されるコースに応じ決定

    • 限度額は最高で「年収の2分の1」程度(おまとめ可)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&それを使った返済必須
    • 口座開設済みなら郵送物なし
    • 在籍確認の電話必須

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件
    CHECKネット銀行カードローンに共通するメリット・デメリット&全18社の徹底比較!

    ★申込み先を問わず、高額契約にはそれなりの属性と返済能力が必要となります。
    50万円超の契約を狙えるのは、目安として年収300万円前後~の方となるでしょう。

    ②ただし金利やユーザーサービスは「プロミス」「レイクALSA」に一歩劣るか

    それなりの属性があり、他社借入が無ければ大手消費者金融会社の中でも高限度額を獲得しやすいという特徴を持つ「SMBCモビット」。

    …が、正直なところそれ以外の部分、特に返済負担やユーザーサービス・使い勝手の方面では「プロミス」「レイクALSA」に後れを取る部分が目立ちます。

    大手消費者金融の簡易比較
    特性など
    SMBCモビット
    • 上限金利18%
    • 無利息サービスなし
    • 高めの限度額
    • ほぼ24時間振込
    • WEB完結なら在籍確認の電話なし
    • 郵送物回避に諸条件あり
    プロミス
    • 上限金利17.8%
    • 30日間無利息
    • ほぼ24時間振込
    • 郵送物の回避が容易
    レイクALSA
    • 上限金利18.0%
    • 60日間または180日間5万円以下無利息
    • ほぼ24時間振込
    • 郵送物の回避が容易
    アコム
    アイフル
    • 上限金利18%
    • 初めての方は最大30日間無利息
    • 口座振込なら原則365日24時間借入可能
    • 郵送物の回避が容易
    ※いずれも即日融資対応
    ※特記が無い場合、在籍確認の方法は「原則電話、ただし相談次第で回避可」
    他社と比べた際の「SMBCモビット」の利点は、

    • 他社借入に寛容
    • 高めの限度額
    • 在籍確認の電話を簡単に避けられる

    (WEB完結の場合/詳細後述

    の3つ。上のメリットにさほど魅力を感じない、あるいはより重視したい点があるのなら、その他の申込先を選んだ方が良いでしょう。

    ただし逆に言うと、上の3つの利点を魅力的に思うのであれば、申込み先は「SMBCモビット」に決めてしまって問題ありません。

    SMBCモビット審査・契約の流れ:「WEB完結」を選べば在籍確認の電話なし

    SMBCモビット審査・契約の流れ:「WEB完結」を選べば在籍確認の電話なし

    ここからは「SMBCモビット」申込み~契約の流れや必要書類、そして審査を受ける上で気になりやすい「在籍確認」の仕様について解説させて頂きます。

    ①「WEB完結」と「カード申込」の違いと選び方

    SMBCモビットは他の大手消費者金融会社と異なり、申込みのタイミングで「WEB完結」「カード申込」という2つの契約タイプを選択することになります。

    SMBCモビットにおける契約タイプの違い
    勤務先への電話確認自宅への郵送物
    WEB完結なしなし
    カード申込原則あり原則あり

    ということで、人気があるのは他人に知られず借りやすい「WEB完結」の方なのですが…。

    残念ながら「WEB完結」の申込み条件は以下のように、やや厳しく設定されています。

    「WEB完結」のみに適用される申込み条件

    以下をすべて満たすこと

    • 本人名義の、以下の金融機関口座を返済用口座に指定できる
    •  ▶三井住友銀行
       ▶三菱UFJ銀行
       ▶みずほ銀行
       ▶ゆうちょ銀行

    • 勤務先から発行された保険証(被扶養者のものは不可)を持っている
    • 収入証明書類(源泉徴収票など)を提出できる

    どれか1つでも満たせない条件があるのなら「カード申込」を選ぶ他ないでしょう。

    とは言え「カード申込」においても、相談次第で「勤務先への電話」「自宅への郵送物」を回避可能です。

    CHECKよくある質問>「カード申込」で郵送物や在籍確認を避ける方法はありますか?

    ②SMBCモビット、インターネット契約の流れ

    「SMBCモビット」におけるインターネット契約の流れは以下の通り。
    おおまかな流れは「WEB完結」「カード申込」ともに共通となります。

    「SMBCモビット」インターネット契約の流れ

    インターネットから申込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※WEB完結なら不要な場合あり
    在籍確認
    ※WEB完結なら不要
    電話確認に前後する形で
    必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    銀行振込または「スマホATM取引」による借入

    一見複雑そうですが、実際のところは何かやるべきこと(書類提出など)があればメールや電話で連絡が入ります。

    特にこれといった希望や事情が無いのなら、モビットの指示に従うだけで手続きを進められることでしょう。

    ★「カード申込」に限り、三井住友銀行店舗内に設置してある「ローン契約機」を使った申込み・契約手続きも可能です。
    詳しくは以下のページをご覧下さい。

    CHECK【SMBCモビット】三井住友銀行「ローン契約機」での申し込み方法・営業時間は?

    ★ちなみに公式HP上での審査状況の照会も可能です。
    が、審査結果が出たらすぐにメールなどで通達されるはずですから、活用できる方は稀かもしれません。

    CHECKSMBCモビット公式HP「審査結果(状況)照会」

    SMBCモビットは即日融資がやや苦手

    モビットは他の大手消費者金融会社に比べても、

    • 審査対応時間がやや短い
    • (プロミスやレイクの22時までに対し21時まで/ネット申込の場合)

    • 審査に時間が掛かりやすい

    といった傾向を持ちます。
    また、審査は一応最短30分…ということになってはいますが、実際のところ、契約まで数時間以上を要することはさほど珍しくありません。あらかじめご留意ください。

    CHECKSMBCモビットの審査時間は他社より長い?問合せに基づく即日融資の条件&申込前の注意点

    ★借入を急ぎたい場合には、「申込み確認の際に急ぎの旨を伝える」ことで優先審査を受けることが出来ます。

    ③SMBCモビット、契約方法別の必要書類

    「SMBCモビット」との契約に必要な書類は以下の通り。選択した契約タイプによって必要書類が異なりますのでご注意ください。
     

    「WEB完結」必要書類(問合せとアンケート調査に基づく)
    本人確認書類以下の中から一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート

    その他マイナンバーカード等も可
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    収入証明書類以下の中から一点

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 2ヶ月分の給与明細書(+あれば賞与明細書)

    その他所得証明書など

    勤務先確認書類原則として「勤務先から発行された保険証」
    ただし源泉徴収票や給与明細などで対応してもらえることもある模様
    「カード申込み」必要書類
    本人確認書類以下の中から一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証※1
    • パスポート

    その他マイナンバーカード等も可
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    ※1 来店契約の場合、別途住所確認書類が必要
    ※その他審査状況により、収入証明書類や勤務先確認書類などを要求される場合あり

    「WEB完結」必要書類が公式HPに記載の内容(給与明細が原則必須等)と異なりますが、実際のアンケート結果や問い合わせ結果を見る限り正しいのはこちらの方。

    提出書類の修理を問わず、「本人確認」「収入確認」「勤務先確認」が取れれば問題ないようですので、「社会保険証」「源泉徴収票」といった1枚で2つの機能を持つ書類を用意できれば、提出書類は2点で済むでしょう。(運転免許証+源泉徴収票など)

    またご覧の通り「カード申込み」選択時であれば、「本人確認書類」のみで契約を結べる方も珍しくありません。

    ★各書類は「スマートフォン等で撮影+アップロード」という形で簡単に提出可能です。

    ④「カード申込」時の在籍確認(勤務先への電話)仕様について

    さて、あなたが「カード申込」を選択する場合、気になりやすいのが「在籍確認」の過程ですが…。

    勤務先への電話が掛かって来ない「WEB完結」を利用するのでこの項目を飛ばす

    そもそも「在籍確認」とは、申込み者が記入した勤務先情報が正しいと、金融機関(この場合はSMBCモビット)が確認する過程を言います。
    目的は虚偽申告やなりすましの防止ですね。

    そして「WEB完結」の場合、この在籍確認は「勤務先を確認できる書類」をもって完了するのですが…。
    「カード申込」の場合は原則としてあなたの勤務先に、SMBCモビットからの電話連絡が入ります。

    とは言えこの場合、モビットが社名や用件を第三者に伝えることはありません。電話は「○○(担当者個人名)と申しますが、××△△(申込者)さんはいらっしゃいますか?」というように、知り合いやお客さんを装う形で掛かってきます。
    よってこの電話のせいで、周囲にキャッシングが知られてしまうことはほぼ無いでしょう。

    また、申込後の確認電話(申込み確認/本人確認)のタイミングで希望を伝えれば、WEB完結と同様に「書類を使った在籍確認」(勤務先への電話なし)も可能です。

    ★書類を使った在籍確認のために必要なものは、

    • 勤務先から発行された保険証
    • 最新の源泉徴収票
    • 最新の給与明細書
    • その他社員証など勤務先から発行された書類(応相談)

    となります。

    ★在籍確認の仕様について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!在籍確認FAQ&電話の避け方【WEB完結・カード申込】

    ⑤契約後は「銀行振込」「スマホATM取引」でカードレスキャッシングが可能

    インターネットを通した「SMBCモビット」契約直後から利用できる借入方法は、以下の2つとなります(WEB完結/カード申込共通)。

    SMBCモビットのカードレス借入方法
    銀行振込
    • 24時間でこそないが、土日祝日含む時間外振込に対応
    • ┗対応金融機関や時間帯については公式PDF参照

    • インターネット会員ページから申込後、最短3分で振込
    • 手数料無料
    スマホATM取引
    • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」で取引を行う
    • 実際の使い方については公式HP参照
    • モビットやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超…220円

    基本的にはお家に居ながらお金を受け取れる「銀行振込」を選ぶと良いでしょう。

    とは言え

    • 日曜夜間(18:50~)
    • お金を受け取りたい金融機関口座のメンテナンス時間

    にキャッシングを利用したい場合には、「スマホATM取引」を用いることとなります。

    ★「カード申込」選択時であれば、郵送またはローン契約機によるカード受け取り後、各ATMを使った入出金も可能となります。

    利用できるATM等についての詳細は、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECKSMBCモビット公式HP「提携ATM一覧」

    ★借入後の返済方法については、以下の公式HP情報をご確認ください。

    CHECKSMBCモビット公式HP「返済方法」

    「SMBCモビット」利用者の口コミ・体験談

    「SMBCモビット」利用者の口コミ・体験談

    ここからは、これまで実施した「SMBCモビット」利用者へのアンケート調査のうち、申込み・審査の参考になりそうな回答をピックアップし紹介させて頂きます。

    ★いずれも回答の際に「申込み/契約が事実と確認できる画像」を頂戴しています。情報の信憑性は高いと見て良いでしょう。

    ①年収320万円、他社借入100万円、契約社員の方の口コミ・体験談

    SMBCモビットの利用者層の特徴は、

    • 他社借入を抱えている方が多い
    • 「在籍確認の電話なし(WEB完結)」に魅力を感じて申し込む方が多い

    の2つ。

    まずはこの2つを両方満たす、ある利用者の体験談を紹介させて頂きましょう。

    口コミ【可決】

    • SMBCモビット利用者

    属性
    • 年収320万円
    • 契約社員(6ヶ月)
    • 他社借入100万円

    (楽天銀行スーパーローン)

    モビットを選んだ理由モビットはWEB完結で書類やカード発行なし、在籍確認なしと謳っていたため、バレずに借り入れできると思い申込しました。
    契約タイプWEB完結
    契約内容金利18%
    限度額50万円
    感想などモビットは金利は高いですが親切で、配慮も多いので好感度は高いです。少額での利用に向いていると思います。

    今回、また借りることができ、自分の信用だけでこれだけお金を借り、また返していくことができていることに少し自信にもつながりました。

    勤続6ヶ月、それも100万円の債務を抱えた非正規雇用者の方が、50万円の限度額を獲得できたという報告は、銀行カードローンの借入をあまり重視しないSMBCモビットならではと言えるでしょう。

    この方のように、

    • 他社借入(特に銀行系やショッピングリボ)あり
    • 家族に知られず借りたい

    といった場合、SMBCモビットへの申込みは最適解と言えます。

    ②年収315万円、会社員、100万円超の契約に成功した方の口コミ・体験談

    続いて紹介するのはこちらもSMBCモビットらしい、「初回から100万円超の契約に成功できた」例となります。

    口コミ【可決】

    • SMBCモビット利用者

    属性
    • 年収315万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入なし
    モビットを選んだ理由親会社が三井住友銀行であったため
    契約タイプWEB完結
    契約内容金利18%
    限度額105万円
    感想など特に使っていて不便はないですが、MYナビのUIが使いづらいです。

    消費者金融の中でも限度額が高い傾向にある「SMBCモビット」。この方の場合はまさに、法律が許す上限額まで契約を結べた形となっていますね。

    ちなみに「借入額100万円以上のとき、法定上限金利は15%」という出資法/利息制限法についてご存知の方は、「限度額100万円以上なのに金利18%」という点に疑問を抱くだろうと思いますが…。

    同様の報告が他にも挙がっていることから、モビットでは限度額ではなく「借入額」が100万円に達したときから、金利引き下げを行っているものだと推測されます。

    なみにこの方が不満を挙げている「Myモビ」(インターネット会員サービス)のトップメニューはこんなかんじです(SMBCモビットユーザー提供)

    ▲ちなみにこの方が不満を挙げている「Myモビ」(インターネット会員サービス)のトップメニューはこんなかんじです(SMBCモビットユーザー提供)。

    ③年収30万円アルバイトの方の口コミ・体験談

    続いてご覧頂くのは、これまで実施した全金融機関のアンケート調査の中でも最も低い年収(専業主婦除く)で審査に通過された方の口コミとなります。

    口コミ【可決】

    • SMBCモビット利用者

    属性
    • 年収30万円
    • アルバイト(半年ほど)
    • 他社借入なし
    • クレジットカード等を作ったことはない(ホワイト状態)
    モビットを選んだ理由ネットで調べ、ネットですぐ出来るとのことで選びました。
    契約タイプWEB完結
    契約内容金利18%
    限度額10万円
    感想など収入がほぼないので申し込んでも意味のなさがあったかもしれないと思いましたが少しの金額でも借入出来たので助かりました。

    初めての借入でしたし不安でたくさんだったのに担当者さんがとても優しくて丁寧な対応をして頂いたので緊張が落ち着きました。
    あとは頑張って返すのみなのでこれからやっていこうと思います。

    参考単身、一人暮らし

    単身・一人暮らし、かつ年収30万円であれば流石に生活ができないでしょうから、おそらく両親などから生活援助を受けていただろうとは推測されますが…。

    この方の報告からは「他社借入なし、ブラック状態でない」といった状況であれば、収入がごく低くても審査に通れる可能性があると良く分かります。

    同じ属性の方が申し込んだとき、必ずしも同じ結果が出るとは限りませんが、貴重な口コミ・体験談であることはまず間違いないでしょう。

    よくある質問1:自営業者/個人事業主でも利用できますか?

    よくある質問1:自営業者/個人事業主でも利用できますか?

    ここからは「SMBCモビット」の審査や契約についてのよくある質問にお答えしていきます。

    まずは給与所得者に比べ、審査が不利に進みやすいとされる「自営業者」の申し込みについてですが…。

    過去のアンケート回答を見る限り、「他社借入を抱えた自営業者の審査通過は厳しい」というのが実情なようですね。

    SMBCモビット利用者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収200万円
    • 自営業(2年)
    • 他社借入1社50万円(貸金業者)
    審査落ち
    • 年収320万円
    • 自営業(7年)
    • 他社借入2社計50万円(貸金業者)
    • 年収350万円
    • 自営業(3年)
    • 他社借入1社50万円(貸金業者)

    モビット公式HPには自営業者の方への申込案内が見られることから、「自営業者=審査通過不可」とまでは考えられませんが…。

    上の結果を見る限り、「他社借入を抱えた自営業者」に対する姿勢は明らかに厳しいと言わざるを得ません。
    思い当たるところがあるのなら、他社を選ぶのが無難でしょう。

    …とは言え正直なところ、「他社借入を抱えた自営業者」に対する風当たりはどの業者であっても似たようなものとなっています。

    CHECK【所得100万円~】自営業者のためのカードローン審査情報と申込み先の選び方【鬼門あり】

    ★個人事業主・自営業者の方の場合、申込時に「確定申告書の控え」はじめとする「事業実態を確認できる書類」の提出を求められることも多い模様。あらかじめご留意ください。

    ★「勤務先から発行された保険証」を入手できない個人事業主・自営業者の方が、SMBCモビットの「WEB完結」を利用することはできません。

    よくある質問2:「カード申込」で郵送物や在籍確認を避ける方法はありますか?

    「カード申込」の場合、在籍確認の電話や郵送物は以下の方法で回避可能です。

    カード申込の電話・郵送物回避方法(問合せにより確認)
    勤務先への電話の回避申込後に携帯電話へ掛かってくる確認電話で、勤務先への電話を避けてほしい旨を伝える
    勤務先を確認できる書類の提出
    郵送物の回避申込後に携帯電話へ掛かってくる確認電話で、自宅への郵送物を避けてほしい旨を伝える
    +原則以下のいずれかから選択

    • 口座登録※
    • 郵便局、コンビニ等での書類受取

    注:ただし対応しかねる場合もあるとのこと(問合せより)

    ※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座が必要(本人名義に限る)

    「カード申込」の場合、携帯電話を通した申込み確認は必須となりますので、相談のタイミングについて迷う必要は無いでしょう。

    相談後はモビット担当者の指示に応じ、適宜ご対応ください(書類提出など)。

    ★「WEB完結」の場合、担当者と相談することなく「勤務先への電話」「自宅への郵送物」は発生しません。

    ★郵送物の回避希望、かつ「SMBCモビット」の利用に特にこだわりが無いなら、より簡単な条件で自宅への郵送物を避けられる他社(プロミス、レイクALSA等)を選択した方が良いかもしれません。

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点

    よくある質問3:モビットの審査に落ちたら、次はどこを受ければよいですか?

    審査落ちの理由によって異なります。以下を参考にしてみてください。

    モビット審査落ち後の申込み先候補
    審査落ちと思われる理由申込み先候補
    他社借入の多さ
    ブラック状態
    (他社借入なし)
    ブラック状態
    (他社借入あり)
    個人再生、自己破産歴(5年以上前)
    個人再生、自己破産歴(5年以内)
    分からない個人信用情報の開示

    SMBCモビットは他社と比べてもかなり他社借入に寛容。
    にもかかわらずこの会社で「他社借入」が理由と思われる審査落ち通告を受けた場合には、新規借入以外の手段(おまとめ、債務整理など)を検討した方が良いかもしれません。
    (審査結果に納得いかない場合には、モビットと同じく比較的他社借入に寛容な「アコム」等を受けることも視野に入りますが)

    また、先にも触れた通りSMBCモビットは消費者金融の中では信用情報問題(いわゆるブラック状態)に敏感です。
    もしも「なぜ審査に落ちたのか分からない」という場合には、個人信用情報(後払いサービスの利用履歴)を開示してみると良いでしょう。

    CHECK一目でわかる!個人信用情報機関:開示先の選び方、ブラック入り条件他

    まとめ

    まとめ

    「SMBCモビット」申込み条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をして収入を得ている
    • 総量規制の制限に接してない

    ※WEB完結はさらに追加条件あり

    「SMBCモビット」審査傾向
    • 他社借入には比較的寛容
      ┗特に総量規制と関係のない、銀行カードローンやショッピングリボには甘い
      ┗ただし他社借入を抱える自営業者には厳しめ
    • 消費者金融会社の中では限度額が高い
    • ブラック状態には厳しい
    その他の特徴など
    • 「WEB完結」を選べば勤務先への電話、自宅への郵送物なし
    • ┗「カード申込」でも相談次第で同じ対応が可能

    • 即日融資も可能ではあるが、他社に比べると確実性は一段落ちるので注意

    「他社借入に甘く、ブラック状態に厳しい」という割合分かりやすい審査傾向を持つ「SMBCモビット」。
    その他、

    • 比較的限度額が高い
    • 勤務先への電話や自宅への郵送物を簡単に避けられる(WEB完結)

    といった利点に魅力を感じるのなら、申込み先はこのローンに決めてしまって良いでしょう。

    CHECKSMBCモビットの審査時間は他社より長い?問合せに基づく即日融資の条件&申込前の注意点


    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
      ※インターネット申込の休業時間:1月1日 0時~1月2日 7時まで
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい


    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい