SMBCモビットの審査は他社よりブラックに厳しい:実際の可決&否決例とブラック要件

    SMBCモビットの審査は他社よりブラックに厳しい:実際の可決&否決例とブラック要件

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    「すでに複数のカードローンの審査に落ちてしまった。
    自分はきっと現在ブラック状態だけど、SMBCモビットなら貸してもらえないかな?」

    結論から言うと、SMBCモビットアコムプロミスに比べ、「ブラック」状態の人に厳しめ
    審査通過例が無いわけではないものの、申し込みは原則として「ダメ元」となるでしょう。
    ……とは言え「自分がブラック状態だと思い込んでいるだけの人」がそれなりに多いのも事実です。

    そこで今回は、

    • 今のあなたがブラック状態か確認する方法
    • 「SMBCモビット」実際の審査経験者を対象としたアンケート結果に基づく、金融ブラック状態の方に対するモビットの審査姿勢

    を簡単にまとめまてみました。
    読み終えていただければ、今あなたがこの会社へ申し込むべきか否かが分かります。

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日(※)借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります


    事前にチェック!そもそもあなたはブラック状態?

    事前にチェック!そもそもあなたはブラック状態?

    「モビット」申込者に限らず、様々なカードローンユーザーにアンケート調査を行っていると分かるのが「自分をブラック状態だと思い込んでいる人」の多さ
    というわけでまずは「モビットの審査はブラックに対し厳しいのか」確認する前に、「そもそもあなたは本当にブラック状態なのか」確かめていきましょう。

    ★5年以内に債務整理を行った、強制解約処分を受けた、個人信用情報の開示により「異動」情報の記載を確認済み、等「確実にブラックである」と言える状況なら、この項目は飛ばしてモビットユーザーによる体験談をご覧ください。

    ①ブラックうんぬんの前に、「総量規制」の制限に触れている場合は100%借入不可

    「立て続けにカードローンの審査に落ちてしまったから、自分はブラックに違いない」と考えてしまう方は多いものですが……。
    こういった方の中で多く見られるのが、「総量規制」に触れてしまっている例。

    聞いたことのある方も多いかと思いますが、総量規制とは「個人に対し、<他の貸金業者と合わせて>年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけない」という「貸金業法」上の制限を指します。

    「貸金業法」が適用されるのは、主に「消費者金融会社」「クレジットカードのキャッシング枠(またはローン専用カード)」
    つまり既に「消費者金融会社」「クレジットカード会社」から年収の3分の1に届くお金を借りているなら、何をどうやってもモビット…というより合法の貸金業者全てからの新規借入は不可能なわけですね。

    消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠からの借入がかさんでしまっているなら、今一度その借入合計が年収に対しどの程度であるか、確認してみることを強くおすすめします。

    例:年収300万円の場合、貸金業者から借りられる合計額は100万円。
    すでにアコム・プロミスから50万円ずつを借りている場合、モビット含むすべての貸金業者からの追加借入不可

    ★ショッピングリボや銀行カードローンは「貸金業法」が適用されないことから、総量規制の対象にもなりません。(=法律上はいくら借りても許される)
    ただし返済能力を圧迫するのは事実ですから、債務が大きいほど審査が不利になるのは確かです。
    (アンケート結果を見ている限り、銀行など含め「4社」以上の他社借入があると、審査通過はかなり厳しくなる模様)

    ★あなたの他社利用状況は「個人信用情報機関」というところを通して、モビットに把握されています。
    他社借入を低めに申告しても100%バレますのでやめておきましょう。

    「社会通念上必要と認められる出費」あるいは「緊急時医療費」等のための借入なら、「総量規制の例外」として認められる場合があります
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK総量規制の例外・除外・対象外となる借入について

    他社借入が理由でモビットを利用できそうにないなら、「おまとめローン」の検討を

    総量規制(あるいは銀行などからの大きな債務)が理由で、モビットへの審査通過が難しいと思われる状況なら……。
    おすすめしたいのは各種「おまとめローン」。その理由は以下の通りです。

    • 借入先を1社にまとめることで、毎月の返済負担を大きく軽減できる
    • 追加借入のできないローンを選べば、借金断ちにも繋がる
    • 任意整理とは異なり、信用情報にキズがつかない(ただし審査に通る必要あり)
    • おまとめに成功できれば次の返済日を最長で1ヶ月ほど延期させられる可能性がある


    借金を借金で返しているような状況であれば、「おまとめ」をきっかけに生活状況を改善できる可能性も高いでしょう。

    申込先にはどこを選んでも構いませんが、銀行やショッピングリボでの債務があるのならこれに対応できるアイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」が有力でしょうか。それなりの属性があるなら「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」あたりを選んでも良いでしょう。(ただしこちらはおまとめ専用ローンでないので、限度額によっては追加借入が可能で借金断ちには向かない)
    また、意外と地銀や信金のフリーローン(追加借入不可)によるおまとめ成功報告も多いです。

    借入先が貸金業者のみなら「プロミス」「アコム」のおまとめ専用ローンをチェックするのも良いですね。またもしも信用情報に問題があるのなら、柔軟と評判の「スペース」を検討したいところです。

    ★どのおまとめローンの審査にも通れない状況であれば、無審査で利用できる「任意整理」が選択肢に入ってきます。
    ただしこちらは司法書士らへの報酬を支払う必要がありますし、最低5年間の金融ブラック入りは避けられません。

    ②主な「ブラック」入り要件とその存続期間

    さて、あなたがモビットの申込条件(20歳~69歳で収入がある)を満たしていて、「総量規制」に接していないことを確認できるのなら、ひとまず審査を受ける権利は手に入れられることでしょう。

    ここで問題になるのが「(金融)ブラック状態」についてですが……。
    まず前提として、銀行カードローンや多くのクレジットカードとは異なり、消費者金融会社は申込者がブラック状態だからといって、自動的に審査に落としてしまうとは限りません。ブラック状態であっても審査に通過できることはあります。
    ……とは言え普通の人に比べ審査が不利に進みやすくなるのは確かですので、今のあなたの状況を確認しておくに越したことは無いでしょう。

    主な「ブラック入り」の要因は以下の通りです。

    ★SMBCモビット他、大手消費者金融会社(JICC・CIC加入)における金融ブラック要件
    ブラック存続期間
    各種ローンやクレジットカード、携帯電話端末の分割払い等を「61日または3ヶ月」以上滞納「延滞解消から」5年間
    各種ローンやクレジットカード、携帯電話端末の分割払い契約等について、強制解約処分を受けた強制解約から5年間
    債務整理残債の清算から5年※
    ※個人再生、自己破産の情報は10年間閲覧される可能性あり(ただし消費者金融会社の審査では、5年以上前の債務整理はあまり問題にならない模様)

    他にも要因はありますが(連帯債務者としての義務を果たさなかった場合など)一般的なのは上の3つですね。
    ほとんどの場合、上の3つに当てはまらないのなら「ブラック状態」とは言えないかと思います。

    ★あなたが現在ブラック状態であるか否かは、「個人信用情報」を開示することで正式に確認可能です。
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK個人信用情報の開示とその見方、開示先の選び方他

    他社ローンやクレジットカード等の延滞期間が2ヶ月未満であっても「現在進行形で延滞中」であれば、ブラックと同等かそれ以上に審査に悪影響が及ぶ可能性があります。ご承知おきください。

    「申し込みブラック」(短期間のうちに多くの金融機関へ申込み、一時的に審査通過が難しくなってい待った状態)という言葉もありますが、

    • 申込情報は6ヶ月間でリセットされる
    • 審査への影響は金融機関や担当者によってバラバラ

    といった理由から、いわゆる「ブラック状態」としては扱われません。

    ★その他、現在ブラック状態でなくても過去にモビットで金融事故(長期延滞など)を起こしたことがあるのなら、審査通過は難しいと思われます(いわゆる自社ブラック)。
    その一方でモビットの公式HP中の同意事項を見る限り、モビットと同じSMBCグループ(プロミス、三井住友銀行等)の会社に自社ブラック情報が残っていたとしても、モビットの審査に影響することは無いようです。

    CHECKSMBCモビットは保証会社なし:三井住友グループの自社ブラックは審査に影響する?

    ホワイト状態や「ブラック未満の過去の延滞」であれば問題にならないことも多い

    上に紹介した通り、延滞により金融ブラック扱いとなってしまうのは「61日または3ヶ月」以上、支払いを怠った場合。
    そして「延滞を起こしたことはあるけれど、さすがに60日は経っていない」という方も少なくは無いかと思います。

    残念ながら、延滞が60日以下であってもペナルティが無いとは限りません。延滞が「2年以内」のものであり、未払いが「1ヶ月」程度に及んでいるのなら、ブラック未満の問題が発生している可能性は高いでしょう。

    ……とは言えモビットユーザーを対象としたアンケート調査では、この「ブラック未満のキズ」がある状況での審査通過報告が複数確認されています。延滞が過去のものであれば、これについてはそこまで気にしなくても良いでしょう。
    (ただし ブラック未満のキズのある自営業者はことごとく審査落ちだったので、このあたりは職業等によっても変わってくるかも)

    また同様に「これまで一度もクレジットカードやローンの契約を結んだことが無い」という場合にも、審査通過は不利となりやすいものですが……(これは一般に「ホワイト」状態と呼ばれます)。
    モビットでは「年収30万円かつホワイト状態」での審査通過も確認されていますので、こちらもさほど心配要らないかと思います。ブラック明けを理由にホワイト状態となった場合も同様ですね。

    「60日以下の延滞」をどのように記録するかは、各金融機関の判断によります。1ヶ月の延滞であってもキズが付いていないかもしれませんし、場合によっては1週間の延滞でも「未払い」記録が残ってしまうかもしれません。
    これについて確認したい場合には、個人信用情報機関「CIC」へ開示請求を行う必要があります。

    ★その他、「支払いはしたけれど金融機関の請求額に足りていない」(4千円の請求に対し2千円のみを支払い等)といった場合にも、ブラック未満のキズが残っている可能性があります。

    SMBCモビット申込経験者に聞いた!ブラック状態での審査体験レポート

    SMBCモビット申込経験者に聞いた!ブラック状態での審査体験レポート

    さて、あなたの現在の状況を確認したところで、正真正銘「ブラック」状態と思われる方の審査体験レポートを見ていきましょう。

    ★どうやら自分はブラックじゃなさそう…という場合には、以下のページの方が参考になるかもしれません。こちらも併せてご覧ください。

    CHECKモビットの審査は通りやすい?可決&否決体験談から見る傾向:低収入、多重債務他
    CHECKSMBCモビット、年収30万円での通過例から見る「低収入でも審査に通る条件」

    ①【否決】VISAカードを10年間延滞中で審査落ちとなってしまった例(前後に他社通過)

    他社と比べたモビットの審査傾向を、最も分かりやすく表しているのがこのAさんの例です。
    こちらはモビットでは無く、「プロミス」申込経験者を対象としたアンケート調査中の回答ですね。

    ★モビット審査経験者、Aさんのアンケート回答

    口コミ【否決】

    • 年代:30代
    • 職業:正社員(上場)
    • 年収:300万円

    申込時期2019年2月頃〜3月頃プロミスでの審査結果可決
    (限度額10万円)
    年代30代職業正社員(非上場)
    申告年収300万勤続年数仕事が決まり、就職してから1〜2カ月
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担家賃は賃貸で、アパートの家賃は毎月5万円。
    他社借入(プロミスへの)申し込み時、他社からの借り入れはなかったです。
    申告年収以外の収入、生活援助などなし
    信用情報関連
    • クレジットカードへ申し込んだことはあるが、審査に通れなかった。
    • 10年前くらいに自分名義のカード(VISA)の支払いをしていなかった、同じく10年前位に自分名義の携帯を滞納した。現在も未払い。
    借入が必要だった理由仕事も決まったばかりで生活が厳しく、家賃滞納、光熱費滞納で誰からもかりれなかった状況だったため。
    その他生活費、食費など。
    備考プロミスでの審査通過後1カ月くらいしてから、モビットの審査を受けたのですが、審査には通りませんでした
     
    同じ日にアコムに審査をしてそのまま審査には通りアコムですぐ10万円借りることができました。

    延滞によるブラック状態は「支払いの清算後、5年間」残るはずですから、Aさんが今もブラック状態であるのは間違いないでしょう。

    注目すべきはこのAさん、同じブラック状態でありながら「モビット」の審査に落ちた前後に「アコム」「プロミス」の審査に通過されていること。

    このことから、モビットは延滞によるブラック状態を「アコム」「プロミス」より重く見ていると判断することができます。

    もしもあなたがAさんと近い状況(何らかの支払いを滞納中)であるのなら、モビットへの申し込みは避けるのが無難そうですね……。

    ②【否決】延滞&債務整理によるブラック期間中の審査落ち例(後にアコムで通過)

    続いて紹介するのも「モビット」での否決例。アンケート実施時期が異なるためやや質問項目が少ない点についてはご容赦ください。

    ★モビット審査経験者(2015年以降)、Bさんのアンケート回答

    口コミ【否決】

    • 年代:20代
    • 職業:パート・アルバイト
    • 年収:250万円

    年代20代職業パート・アルバイト
    申告年収250万円勤続年数2年
    申込時の他社借入プロミスから10万円
    信用情報問題
    • 「2年」以内に、クレジットカードの支払いを「1ヶ月」以上延滞した(申込時には清算済み)
    • 「2年」以内に、「端末料金の分割払いを含む携帯電話料金」の支払いを「2ヶ月」以上延滞した(申込時には清算済み)
    • 「5年」以内に、クレジットカードや携帯電話契約などの「強制解約」処分を受けた
    • モビットへの申し込みから数え「5年」以内に債務整理(任意整理または特定調停)をした
    備考モビット審査に落ちた直後アコムで16万円借りられた

    ご覧の通りこのBさん、信用情報はボロボロと言わざるを得ません。「2ヶ月以上の延滞」「強制解約」「債務整理」と、一般的に考えられるブラック入りの要因をすべて満たしてしまっています

    というわけで、モビットの審査に落ちてしまったのも当たり前と言えなくはありませんが……。
    またしても気になるのが、「モビットでの審査落ち直後、アコムで通過できた」という報告。
    先のAさんの例と併せて見ても、モビットが他社に比べブラック状態に対し厳しいのはまず間違いなさそうですね。(というよりアコム等の他社が寛容すぎる?)

    ちなみに確証があるわけではありませんが、「プロミス」のみを任意整理から除外するとも考えにくいので、こちらもブラック下で契約された可能性が高いと思われます。

    ついでにもう一つ、似た例を紹介させて頂きましょう。

    ★参考:Cさんによる類似の例

    口コミ【否決】

    • 年代:30代
    • 職業:派遣社員
    • 年収:300万円

    年代30代職業派遣社員
    申告年収300万円勤続年数3年
    申込時の他社借入10万円(オリコ)
    信用情報問題
    • 「2年」以内に、クレジットカードの支払いを「1ヶ月」以上延滞した(申込時には清算済み)
    • 「2年」以内に、「端末料金の分割払いを含む携帯電話料金」の支払いを「1ヶ月」以上延滞した(申込時には清算済み)
    • モビット申込時点で、クレジットカードや携帯電話料金を「1ヶ月」以上延滞「中」だった
    備考モビットでの審査落ち後、アコムで10万円借りられた

    こちらのCさん、厳密にブラック状態と言えるかは微妙ですが、厳しく見られやすい「延滞中」での体験談ということで掲載させて頂きました。
    …ここまでの情報を見る限り、モビットの審査基準というよりはアコムの寛容さの方が目立ちますね。

    ③【可決】一旦は審査落ちになってしまったが、他社での滞納を解消してSMBCモビットに通過できた例

    アコムらに比べてブラック状態を重く見ている「モビット」。…ではありますが、この状況での審査通過例が無いわけではありません
    ここからは貴重な、ブラック状況下での「モビット」審査通過者の回答を見ていきましょう。

    ★モビット審査経験者(2015年以降)、Dさんのアンケート回答

    口コミ【可決】

    • 年代:20代
    • 職業:会社員(非上場)
    • 年収:200万円

    年代20代職業会社員(非上場)
    申告年収200万円勤続年数1年
    申込時の他社借入
    • 仙台銀行マイカーローンで250万円
    • ヤフーカード(リボ)50万円
    • 三井住友銀行クレジット(リボ)40万円
    信用情報問題モビット申込時点で、クレジットカードや携帯電話料金を「2ヶ月」以上延滞「中」だった
    備考1回目の「モビット」審査は否決。
    モビットの審査と同時に行っていたアコムで10万円借りられた。

    その後滞納金を払った二ヶ月後にモビットも10万円借りられた。
    感想おそらく他社の借入金よりも滞納がなければモビットも借りられたと思う。

    時系列順にまとめると、

    • マイカーローン、ショッピングリボ×2の利用
      クレジットカードまたは携帯電話料金を2ヶ月以上延滞
      モビットで審査落ち、同時にアコムで審査通過
      →延滞していた料金の精算
      2ヶ月経過後、モビットへ再申し込み。こちらは審査通過

    というかんじ。モビットの審査基準を知る上で、かなり重要な体験談だと言って良いでしょう。

    Dさんも仰っている通り、この方の債務は「マイカーローン」「ショッピングリボ」のみですので、総量規制には関係ありません。後にモビットの審査に通過されていることから、他社での債務はそこまで大きな問題で無かったと考えて良いでしょう。

    審査結果を左右したのは、やはり「他社での支払義務を果たしていたかどうか」ですね。
    他社を延滞中の状況では審査落ち、これを清算した後に審査通過という1点を見ても、モビットは「延滞が現在進行形のものか、過去のものか」を非常に重視していると判断できます。

    というわけで延滞が過去のものでさえあればブラック状態でもモビットの審査に通過できる可能性があると言えます。
    (ただし上のBさんの例を見る限り、債務整理・強制解約など他のブラック要件が重なるとこれも難しいか)

    ④【可決】年収の80%に届く他社借入&推定ブラック状態での貴重な審査通過例

    今回「モビット」ユーザーに実施したアンケート調査の中で、一番と言って良いくらい興味深かったのが、以下のEさんの回答。ちょっと詳しく紹介させて頂きます。

    ★モビット審査経験者、Eさんのアンケート回答

    口コミ【可決】

    • 年代:30代
    • 職業:契約社員
    • 年収:240万円

    申込時期2018年11月契約タイプカード申込
    (通常カードローン)
    年代30代職業契約社員
    申告年収240万円勤続年数2年
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担6.5万円
    審査に掛かった時間2週間程度申込~借入までにかかった時間約4ヶ月
    (※これは単に即時借入を必要としていなかったからかも)
    契約金利18%契約限度額30万円
    他社借入バンクイック 100万 スルガ銀行 90万
    申告年収以外の収入、生活援助など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    信用情報関連
    • 普段からクレジットカードで決済をしていた
    • クレジットカードの審査に通れなかったことがある
    • 申込から「5年」以内に、クレジットカードの支払いを「2ヶ月」以上延滞した
    • 携帯電話「端末」の分割払いを行っていた(ご自身の名義での契約に限る)
    借入が必要だった理由役者をしていて集客が出来ず、借金がすでに200万ほどある状態だった。経済的に役者を続けることも難しいところまで行ってしまったため、一旦役者活動を休業し、仕事を探していたが難航していた。クレカで繰越すことでどうにか誤魔化していたがそれもいよいよ限度額になってしまい、非常事態用にお金がどうしても必要だった。当時は仕事が決まってまとまった収入が得られる目処がたっておらず、それまで借入れてでもいいから時間稼ぎをする必要に迫られていた。せめてあと30万は借入れが必要だった
    申込確認電話について月曜日に申し込んだところ、土曜日に電話がかかってきました
    本人確認はあまりよく覚えていないのですが、干支や星座とともに家族構成など少し突っ込んだ細かな質問を受けました。在籍確認もあったので20分ほど話したと思います。
    在籍確認電話について土曜日に電話がかかってきて本人確認に絡めて、在籍確認が取れないという内容で派遣もとが在籍証明を出していないことを口頭で説明。在籍を確認できるものが何かあるか問われ、社員証を写メで送ったところ、それを在籍確認としてくれました。
    提出した書類健康保険証と確定申告の証明書

    借入先は銀行のみですので、総量規制には接していません。とは言え計190万円の借入は、Eさんの年収の約80%に相当します。おまけに非正規(契約社員)、仕事が決まっていない、推定ブラック状態となれば、ふつう審査に通過することはできないでしょう。
    そんな中でこのEさんが借入に成功できた理由としては、「生活苦が一時的なものであり、将来的には安定した収入を獲得できる」と判断されたから…としか思えないところです。
    (少し似た例として、モビットでは失業直後、申告年収30万円という属性の方の審査通過も確認されています)

    …とは言えモビット側も相当悩んだのか、審査に2週間という普通じゃ考えられない時間が掛かっていますね。一般の担当者では審査結果を判断できなかったのでしょうか。

    審査時間を見ても分かる通り、このEさんの例は特例中の特例で、同じ属性の方が同じ結果を得られるとは限りませんが……。
    ブラックかつ多重債務状態、さらに収入が不安定な状況であっても、「将来性」や「切実さ」が認められれば審査に通過できることも無いでは無いようです。

    SMBCモビットの審査に通らなかったらどうすればいい?

    SMBCモビットの審査に通らなかったらどうすればいい?

    さて、そういうわけで「アコム」「プロミス」といった他社に比べ、ブラック状態を重く見ているSMBCモビット。(他、アイフルにもブラック状態での通過例は複数見られます)
    あなたがブラック状態(あるいは他社延滞中)なら、モビットより信用情報問題に関し寛容な他社を選ぶべき、というのはまず間違いありませんが……。
    「モビット」が2社目以降の申込先として選ばれやすい金融機関だということを考えると、すでにアコムやプロミス等を利用しており、新規で申し込みができない…という方も少なくないかと思います。

    こういった場合に関してですが、「他社延滞中」で無ければダメ元でモビットへ申し込んでみるのは十分にアリでしょう。借入に対して正当・誠実な理由があるのなら、オペレーターとの会話が必須となる「カード申込」(WEB完結でない方)を選び、事情を打ち明けてみる、というのも試す価値があるかと思います。

    CHECK「SMBCモビット」契約タイプ別の審査・借入の流れ

    これで審査に通過できれば良いのですが……。
    もしダメだったならば、次に候補となるのは「中小消費者金融会社」でしょうか。店舗型のものは「街金」と呼ばれることも多いですね。
    こういった中小業者は大手の審査に通過できない、特にブラック状態の方を主な客層としているため、審査の柔軟性は非常に高いです。

    ……ただし実際のユーザーの声を見る限り、小規模で運営するこれらの業者は「他社のカードローン延滞中」に対しかなり厳しく対応することが多い模様(クレジットカード、携帯料金であればそこまで重視されないかも。業者や担当者による)。
    「キャネット」「エイワ」などの例外が無いではないですが、新しく申し込みを行う場合には最低限、「カードローンの延滞」だけは清算しておきたいところです。

    ★中小消費者金融会社について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK利便性・柔軟性別、中小消費者金融会社(街金)のまとめ

    まとめ

    まとめ

    • そもそも貸金業者からの借入合計が「年収の3分の1」に達していたなら、モビットに限らずすべての貸金業者からの追加借入不可(総量規制/一部の例外等を除く)。すでに他社からお金を借りているのなら、これに接していないか事前に確認しておこう
    • 主なブラック入り要件は「2ヶ月または61日以上の延滞」「強制解約」「債務整理」。自分の信用情報の状況が分からなければ、個人信用情報の開示請求をしておきたい
    • 実際のモビットユーザーを対象としたアンケート調査を見る限り、この会社は「アコム」「プロミス」といった他社に比べブラック状態を重く見る(=ブラック状態での審査通過は難しい)模様。特に「他社延滞中」での審査通過は困難
    • モビットでもブラックでの通過例がないわけでは無いが、申込は原則ダメ元となりそう。
      アコム、プロミス、アイフルといったモビットより柔軟な他社を利用できないなら、モビットの審査落ち後に検討すべきは「中小金融機関」となる

    他社借入に関しては比較的寛容なモビットですが、信用情報に対する姿勢は他社に比べてシビアです。
    よってブラック状態下での申し込みは原則としてお勧めできませんが、アコム等とすでに契約を結んでしまっているのなら、「他社での延滞を清算した上で」申し込んでみるという選択肢も無いではないでしょう。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    自分はブラックだからお金は借りられないと思っている人がいるようですが、それは単なる思い込みに過ぎないことも…。まずは自分がブラックかどうか確認することが大切です。「本当にブラックだった」という場合、諦めてしまいそうですが、SMBCモビットでは申込者がブラック状態だからといって、自動的に審査落ちするとは限りません。とはいえ無条件に借り入れできる訳ではありませんので返済実績を積み重ねる、返済能力を向上させる等の努力も必要です。

    CHECK【証拠有】モビット利用者7名の詳細審査口コミ:標準的な会社員~多重債務者口コミも
    CHECKモビットの審査は通りやすい?可決&否決体験談から見る傾向
    CHECKSMBCモビット、年収30万円での通過例から見る「低収入でも審査に通る条件」
    CHECKアルバイトのモビット利用者3名に聞く!審査通過時の詳細情報

    CHECKモビットに聞いた!即日融資を狙えるのは何時まで?WEB完結・カード申込間の違いも
    CHECKモビットの審査時間は5社中最も長い…。問合せに基づく即日融資を成功させる条件
    CHECKモビットWEB完結の総まとめ:カード申込との違いや即日融資条件、電話確認の実施例

    CHECK利便性・柔軟性別、中小消費者金融会社(街金)のまとめ


    ★SMBCモビット(カードローン/WEB申込)必要書類
    申込条件
    (通常カードローン契約)
    年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方
    申込条件
    (WEB完結)
    上の条件に加え、

  • 社会保険または組合保険の加入者である(被扶養者は不可)
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を返済用口座に設定できる
  • 必要書類本人確認書類
    (全利用者必須)
    以下のうちいずれか1点

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(国保や被扶養のものでも良い)
  • ※写真付きのマイナンバーカード等でも問題ないとのこと(WEB完結も同様/問合せによる)※2

    収入証明書類
    (WEB完結利用時、またはモビットから提出を求められた場合※1)
    以下のうちいずれか1点

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書直近2ヶ月分
  • (あれば賞与明細も)

    勤務先確認書類
    (WEB完結利用時、または在籍確認の電話を避けたいとき)
  • 社会保険証または組合保険証
  • 給与明細直近1ヶ月分
  • 源泉徴収票
  • その他応相談

    ※1 「カード申込」であっても貸金業法の制限上、「モビットでの限度額が50万円を超える場合」もしくは「他の貸金業者との借入合計が100万円を超える」場合には必須
    ※2 個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日(※)借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります



    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント