40名の結果から分析!SMBCモビットの審査傾向:年収30万円での通過例も

    40名の結果から分析!SMBCモビットの審査傾向:年収30万円での通過例も
    「周囲に知られず借りやすいというSMBCモビットが気になるけれど、審査に不安がある…」

    結論から言うと、SMBCモビットの審査は「信用情報問題に厳しく、それ以外には比較的寛容」
    審査基準の方面で言うと、向き・不向きが分かれやすい申込先だと言えるでしょう。

    今回は実際に「SMBCモビット」申込者へ実施したアンケート調査をもとに、同社のカードローン審査傾向をまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが「SMBCモビット」での審査結果に期待を抱けるかどうかが分かります。

    事前にチェック!申込み条件

    SMBCモビットへ申し込めるのは、「仕事をして収入を得ている20歳~69歳」の方に限られます。
    収入自体は低くても構いませんが、無職や専業主婦の方は申し込むことができませんのでご注意ください。

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額
    3.0%~18.0%1万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    最短30分※1最短1時間程度※1

    ポイント

    • 土日祝日対応 ※2
    • 「WEB完結」なら電話連絡なし・郵送物なし
    • 時間外振込対応
    • ブラック状態には厳しい

    ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    ※2 インターネット申込の休業時間:1月1日0時~1月2日7時まで

    1分でチェック!アンケート調査に基づくSMBCモビットの審査傾向

    1分でチェック!アンケート調査に基づくSMBCモビットの審査傾向
    SMBCモビットの審査傾向について、はじめにまとめてしまうと以下のようになります。

    1分でチェック!SMBCモビットの審査傾向
    • SMBCモビットでは「低年収」の審査通過報告が多く見られる。
      特に年収面では「申告年収30万円」という方の可決報告も
    • 一方で信用情報問題(各後払いサービスの利用履歴)に関してはライバル他社より明らかに厳しく、ブラック状態に加え、ブラック未満の問題が理由と思われる否決報告も多い
    • ライバル他社に比べると、安定収入がある方に関して言えば「大きな限度額を獲得しやすい」傾向あり

    ということで基本的にSMBCモビットは、

  • 信用情報「以外」の部分で審査に不安がある
  • 高めの限度額を獲得したい
  • という方におすすめの申込先と言えるでしょう。

    一方、「2年以内にクレジットカードを1ヶ月以上延滞した」などの不安要素がある場合には、モビット以外の消費者金融を選んだ方が良いかもしれません。

    CHECKカードローンで審査が甘いのはどこ?消費者金融の審査通過率&人気ランキング

    「低年収」や「アルバイトであること」が理由でSMBCモビットの審査に落ちることはない

    「低年収」や「アルバイトであること」が理由でSMBCモビットの審査に落ちることはない
    SMBCモビットの申込み条件は「20歳~69歳で仕事をして収入を得ている」こと。
    …ではありますが、審査に通る上で高い収入は決して必要ありません
    それを示す、アンケート調査結果をご覧ください。

    ★SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収50万円
    • パート(1年)
    • 金利18%
    • 限度額16万円
    • 年収96万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入3社計40万円
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    ※アンケート全容はこちら

    審査に通過された2件を見ただけでも、モビットの審査通過に高い収入や返済能力が必要ないことは明らかでしょう。

    …が、ご覧の通り他社借入や信用情報問題を抱えている場合には、その限りではありません。

    SMBCモビットでは複数の他社借入を抱える方の審査通過報告も多い

    SMBCモビットでは複数の他社借入を抱える方の審査通過報告も多い
    若干サービス内容や知名度がライバル他社に劣るせいもあってか、SMBCモビットの申込者には「すでに他社でお金を借りている」方が非常に多いです。

    その客層のせいもあってか、SMBCモビットでは他社借入を多く抱えた方の審査通過報告が目立ちますね。
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    ★SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 年収240万円
    • 契約社員(2年)
    • 他社借入2件計190万円
      ┗いずれも銀行カードローン
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収286万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計250万円
      ┗プロミス50万円、信金カードローン130万円、リボ70万円
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアイフルで審査通過(7万円)
    • 年収320万円
    • 契約社員(0年)
    • 他社借入1社100万円(楽天銀行)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入3社計200万円(アコム、C枠各50万円、銀行100万円)
    • 詳細体験談あり
    金利18%
    ・限度額10万円
    • 年収420万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入4社計110万円(すべて貸金業者)
    • 2年以内に1ヶ月程度の携帯料金延滞
    • 審査落ち
    • 年収450万円
    • 公務員(2年)
    • 他社借入1社100万円(プロミス)
    • 5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収780万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入3社計90万円(いずれも貸金業者)
    • 金利18%
    • 限度額50万円

    さすがに、

  • 他社借入額が年収の80%を超える
  • 他社借入が4件以上
  • 信用情報問題がある
  • といった場合はその限りでないものの…。

    返済能力を圧迫しすぎない程度の借入なら、問題なく許容されると見て良いでしょう。

    ちなみにSMBCモビットに限らず、大手消費者金融(プロミス除く)は、

  • 銀行からの借入
  • ショッピングリボ残高
  • を審査上、あまり重視しない傾向にあります。

    ★ただし「モビットに落ちてアイフルに通った」という報告からも分かる通り、多重債務者への寛容さ自体は「アイフル」の方が上です。

    ★SMBCモビットはSMBCグループの「貸金業者」ですので、総量規制の対象となります。
    すでに貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠)から年収の3分の1に達するお金を借りている場合、原則として審査に通過することはできません

    参考プロミスに聞いた!総量規制は「特別な事情」があれば適用されません

    ただし信用情報問題には明らかに厳しく、「ブラック未満」での審査落ち報告も…。

    ただし信用情報問題には明らかに厳しく、「ブラック未満」での審査落ち報告も…。
    そんなSMBCモビットではありますが…。
    この会社、プロミスやアコムといったライバル他社に比べると、明らかに信用情報問題に厳しいという傾向が見られます。

    こちらについても実例をご覧いただくのが早いでしょう。

    ★SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にプロミスで通過(10万円)
    • 年収200万円
    • 会社員(1年)
    • 他社債務2件計90万円(リボ2社)
    • クレカ2ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(10万円)
    • 年収230万円
    • 会社員(8年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(50万円)
    • 年収250万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入1件計10万円
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(16万円)
    • 年収300万円
    • 契約社員(3年)
    • 他社借入1件30万円(オリコ)
    • 携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(10万円)
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入1社10万円(プロミス)
    • クレジットカード10年以上延滞中
    • 審査落ち
    • 直前にプロミス、直後にアコムで審査通過(各10万円)
    • 年収400万円
    • 公務員(3年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    赤太字:ブラック要因
    黒太字:ブラック未満の問題

    ご覧の通り、信用情報問題を抱えた方に関して言えば「モビットに落ちて他社で通過」という報告が非常に多いです。
    上の例だけを見ても、モビットが他社に比べ信用情報問題に厳しいと分かるでしょう。

    また、モビットでは他社では見られない、「ブラック未満の問題」が理由としか思えない否決報告も散見されます。

    いずれも例外がないわけではありませんが…。
    こういった状況を見るに、信用情報問題を抱えた方はSMBCモビットを避けておくのが無難と言わざるを得ないでしょう。

    参考:主なブラック入り要件
    1. 各後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その清算・解約から5年以内である
    2. 各後払いサービスから、5年以内に強制解約処分を受けた
    3. 債務整理から5年が経過していない
      ┗任意整理の場合、「債務清算から」5年間ブラック状態となる可能性あり

    CHECKFAQ:自分がブラック状態か確かめる方法はありますか?

    TIPS:SMBCモビットの初回限度額(借入可能額)はどれくらい?

    実はSMBCモビット、ライバル他社に比べるといくらか大きな限度額を獲得しやすい傾向にあります。
    というのも、この会社では「初回から100万円以上の限度額をもらえた」という報告が散見されるんですね。

    ★SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 年収315万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
      (※借入額が100万円に達したら15%に下がるはず)
    • 限度額105万円
    • 年収340万円
    • 会社員(3年)
    • 金利15%
    • 限度額100万円
    • 金利18%
      (※同上)
    • 限度額103万円

    該当するのはあくまで「年収300万円以上の、審査上の不安要素がない方」に限られます。
    (※銀行ローン、ショッピングリボはよほど多額でない限り、不安要素に含まれません)

    しかしライバルの1社「プロミス」では、ほぼ同じ条件のアンケート条件において、「初回から100万円を借りられた」という報告が1件も無いです。
    比べれば、モビットの「高限度額」というメリットは明らかでしょう。

    ★ただしモビットはあくまで貸金業者ですので、年収の3分の1を超えるお金を貸すことはできません
    単純に「出来る限り大きなお金を借りたい」という場合には、年収の2分の1程度まで融資を行う各銀行カードローン(特に住信SBIネット銀行オリックス銀行等)を選んだ方が良いでしょう。

    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    SMBCモビット申し込みの前に:「WEB完結」「カード申込」の違いと選び方

    SMBCモビット申し込みの前に:「WEB完結」「カード申込」の違いと選び方
    さて、SMBCモビットの審査傾向について解説したところで、ここからは実際の申し込みの流れについてお話しします。

    SMBCモビットの場合は申込み前に、2つの契約タイプ「WEB完結」「カード申込」の中から一方を選択する必要があります。
    2つの契約タイプの違いは以下の通り。

    ★SMBCモビットの契約タイプ
    WEB完結
    • 以下の条件を満たす必要あり
      • 自分の勤務先から発行された保険証を持っている
      • 収入証明書類を提出できる
      • 以下のいずれかの自分名義の銀行口座を、返済用口座に設定できる
          (1)三井住友銀行
          (2)三菱UFJ銀行
          (3)みずほ銀行
          (4)ゆうちょ銀行
    • 自宅への郵送物なし
    • 勤務先への電話連絡なし
    • カード発行なし
       ┗借入は振込またはカードレスATM取引にて行う
    カード申込
    • 追加申込み条件はなし
    • 在籍確認方法は原則電話
       ┗勤務先での電話確認あり、ただし勤務先確認書類の提出で回避可
    • 自宅への郵送物回避に条件あり(後掲)
    • 原則として各ATMで使えるカード発行あり

    要は、

  • 他人に知られず借りやすいが申込み条件が厳しいのが「WEB完結」
  • 申込み条件がゆるいのが「カード申込」
  • というわけですね。

    どちらを選ぶかは、

  • 「WEB完結」の申込み条件を満たせるか
  • 自宅への郵送物や勤務先への電話を避けたいか
  • 各ATMで使えるカードが欲しいか
  • といった点を目安にしましょう。

    参考:「カード申込」時の郵送物回避条件
    1. 三井住友銀行支店内に設置してある「ローン契約機」を使ったカード受取+顔写真付きの本人確認書類の提示
    2. 大手3銀行またはゆうちょ銀行口座を返済用口座に設定
      ※要事前相談/問い合わせにより確認
    3. 郵便局やコンビニでの郵送物受取
      ※要事前相談

    ★もっと簡単な条件で自宅への郵送物を避けたいのであれば、「アイフル」「プロミス」「レイクALSA」のいずれかをお選びください。
    特に「アイフル」は、無条件で在籍確認(勤務先への電話)なしとなります。

    SMBCモビットにおける申し込み~審査・即日融資の流れ

    ここからは、SMBCモビットにおける基本の即日融資の流れについて解説させて頂きましょう。

    ①インターネット契約の流れ

    現行のSMBCモビットの契約の流れは以下の通りです(特記が無い限り、WEB完結/カード申込共通)。

    SMBCモビット
    インターネット契約の流れ

    インターネットから申込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    本審査開始
    急ぎならここでモビットに電話を掛ける
    (0120-03-5000)
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※WEB完結なら不要な場合あり
    在籍確認
    ※WEB完結の場合は電話連絡なし
    ※カード申込でも事前相談で回避可
    電話確認に前後する形で
    必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    後日ローンカードと契約書類の送付
    (カード申込のみ/事前相談により融通可)

    一見面倒そうですが、実際のところはモビットからのメールや電話の指示に従って、その都度対応すればそれでOK。

    本審査回答は21時までとなっていますが、即日融資を希望する場合には18時~19時頃までに申し込みをお済ませください(目安タイムリミットは問い合わせによる)。

    ★「カード申込」かつ自宅への郵送物を避けたい場合には、本人確認の段階でモビット担当者にご相談ください。

    ★「カード申込」に限り、三井住友銀行「ローン契約機」を使った申し込みまたはカード受取も可能です。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!無人契約機での即日融資リミットは?在籍確認&必要書類も

    ②契約タイプ別・SMBCモビットの必要書類

    SMBCモビットにおける、契約時の必要書類は以下の通りです。

    ★SMBCモビットの必要書類(ネット申込時)
    WEB完結
    • 本人確認書類1点
      ┗免許証、保険証など
    • 収入証明書類1点
      ┗2ヶ月分の給与明細、源泉徴収票など
    • 勤務先確認書類1点
      ┗社会保険証、源泉徴収票など

    • ※上の3つさえ証明できれば、書類は兼用可/計2点でもOK
      (免許証+源泉徴収票など)

    カード申込
    • 本人確認書類1点
      ┗免許証、保険証など
    • ※審査状況によってはその他の追加書類が生じる場合あり

    「WEB完結」の必要書類が公式HPに載っているものより少なくなっていますが、問い合わせ結果やアンケート調査結果を見る限り正しいのはこちらの方です。
    要は公式HPの記載より、書類には融通が利くということですね。

    とは言え「カード申込」や他社カードローンに比べると、「WEB完結」の必要書類は多くなりがちです。
    ご了承ください。

    ★書類は「スマートフォンなどで撮影+アップロード」という形で簡単に提出可能です。

    ③SMBCモビットで使える、契約後の借入方法

    SMBCモビットとの契約後に使える借入方法は以下の通りです。

    ★SMBCモビット、契約後の借入方法
    銀行振込(カードレス)
    • 24時間でこそないが、土日祝日含む時間外振込に対応
      ┗対応金融機関や時間帯については公式PDF参照
    • インターネット会員ページから申込後、最短3分で振込
    • 手数料無料
    • 全金融機関18時50分~は利用不可

    スマホATM取引(カードレス)
    • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」で入出金を行う
    • 実際の使い方については公式HP参照
    • モビットやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超…220円
    カードを使ったATM出金
    (※WEB完結の場合は利用不可)
    • 各大手コンビニATM、その他提携銀行のATMを使い出金
      ┗利用可能ATMについては公式HP参照
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超…220円
       ※ただし三井住友銀行ATMのみは無料

    WEB完結の場合(もしくはカード申込で事前相談によりカードを発行しなかった場合)、借入方法は

  • 銀行振込
  • スマホATM取引
  • の二択となりますね。
    今はカードが無くても、それなりに便利にキャッシングが可能かと思います。

    ただし日曜夜間など、振込を利用できない時間帯にお金を借りたい場合には、各ATMの利用が必須となりますのでご注意ください。

    SMBCモビット、契約タイプごとの「在籍確認(勤務先確認)」方法について

    カードローンの審査を受ける上で、ネックとなりやすいのが「在籍確認(勤務先確認)」
    これは金融機関が「申込者が、申込内容通りの勤務先に勤めているか」を確認する審査過程のことですね。

    SMBCモビットの場合、選んだ契約タイプが「WEB完結」であれば、在籍確認方法は「勤務先を確認できる書類の提出」
    必要な書類さえ提出できればそれで完了となるのですが…。

    あなたが選んだのが「カード申込」の場合、在籍確認方法は「電話」に。
    つまりモビットからあなたの勤務先に電話が掛かってくる形となります。

    とは言えこのとき、モビットが電話を取った第三者に対し、社名や用件を伝えることはありません。
    電話は「○○(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」というように、知り合いやお客さんを装うような形で掛けられます。
    そのためこの電話のせいでキャッシングが知られてしまうことはほぼないでしょう。

    また目的はあくまで「あなたがその勤務先に勤めていると確認すること」ですので、あなた自身が電話を受ける必要もありません
    (誰かが「××は席を外しています」等の対応を取ってくれればOK)

    ということで、あなたが選んだのが「カード申込」であっても在籍確認についてそこまで心配する必要は無いでしょう。

    またそれでも勤務先への電話は困るという場合には、「申込み確認時の事前相談+勤務先確認書類の提出」により、電話の回避が可能です。

    CHECK大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」

    【年収30万円~】SMBCモビット、実際の申込者の審査口コミ・体験談

    【年収30万円~】SMBCモビット、実際の申込者の審査口コミ・体験談
    ここからは申し込みの参考情報として、実際の「SMBCモビット」申込者の審査口コミ・体験談を紹介させて頂きます。

    ①年収30万円で審査に通過できた方の口コミ評判・体験談

    まずはモビットのみならずこれまで実施した消費者金融利用者アンケートの中で最も低い、「申告年収30万円」という属性で審査に通過された方の体験談を紹介します。

    年収30万円で審査に通過できた方の契約を証明する画像

    ▲▼契約の事実を証明する画像とアンケート回答
    属性
    • 申告年収30万円
    • アルバイト(0年)
    • 単身、親と別居
    • クレジットカード等を利用したことがない(信用情報なし)
    契約内容
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    申し込み理由
    前職をやめて収入が無くなり
    少ない貯金だけでは生活が出来そうになかったため
    1ヶ月分だけでもという気持ちで10万円を借入しました。
    自由な口コミ・感想
    収入がほぼないので申し込んでも意味のなさがあったかもしれないと思いましたが少しの金額でも借入出来たので助かりました。

    初めての借入でしたし不安でたくさんだったのに担当者さんがとても優しくて、丁寧な対応をして頂いたので緊張が落ち着きました。
    あとは頑張って返すのみなのでこれからやっていこうと思います。

    備考
    ADHDの治療を受けているとのこと

    提出いただいた画像(限度額30万円)を見る限り、現在の生活状況はいくらか好転しているようですが…。
    申込時の申告年収は30万円、しかも安定収入がある配偶者がいる状況でもなかったということで、かなり厳しい環境であったことが推測されます。

    にもかかわらずこの方が審査に通過できたのは、他社借入や延滞などの信用情報問題がなかったためでしょう。
    (この方の例を見る限り、「信用情報なし」はあまりマイナスにならない模様)

    なんにせよSMBCモビットでは「低収入」だけが審査落ち理由となることは無いと分かる、非常に貴重な体験談と言えます。

    ②最初から103万円を借りられた方の口コミ評判・体験談

    こちらは上の方とは対照的に、特に審査上の不安要素が無かった方のアンケート回答です。

    最初から103万円を借りられた方の契約を証明する画像

    ▲▼契約の事実を証明する画像とアンケート回答
    属性
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 複数のショッピングリボ残高あり(金額不明)
    契約内容
    • 金利15%
    • 限度額103万円
    申し込み理由
    多数のクレジットカードでリボ払いをした結果、返済金額の管理が困難になった為、支払いをまとめる目的でカードローンを利用した。
    自由な口コミ・感想
    在籍確認が無い事と、スマホで簡単に借入や返済ができることがとても便利です。これなら無理なく返済が出来そうです。

    リボ残高がいくらだったかは不明ですが、その状況下で「最初から103万円の契約が出来た」という点からは、

    • モビットでは初回から高限度額を獲得しやすい
    • モビットはショッピングリボ債務をあまり重視しない

    という傾向が見えてきますね。
    非常にモビットらしい審査結果だと言えるでしょう。

    ③多額の他社借入を抱え審査に通過できた方の口コミ評判・体験談

    続いては多額の他社借入を抱えた上で、審査に通過された方の体験談です。

    多額の他社借入を抱え審査に通過できた方の契約を証明する画像

    ▲▼契約の事実を証明する画像とアンケート回答
    属性
    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入3社計200万円
      ┗うち銀行100万円
       貸金業者2社100万円
    契約内容
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    申し込み理由
    他社借入金の返済が追い付かなくなり自転車操業状態に陥ってしまい、他社への返済のための借入
    自由な口コミ・感想
    他社借入が多かったが借入できました
    振込キャッシングは対応も速く、とても便利です
    私の場合は、夜に申し込んだことと書類の提出ミスで時間がかかっていますが(※12時間ほどとのこと)、問題なく進めば即日融資可能でとても便利だと思います

    銀行ローンは総量規制の対象になりません。
    そのため年収の半分以上の債務を抱えながらも審査通過が可能だったわけですね。

    こちらもSMBCモビットの、「銀行からの借入をあまり重視しない」という方針が分かりやすい例かと思います。

    FAQ:SMBCモビットの審査に落ちてしまったら、次はどこを受ければよいですか?

    審査落ちの理由によって異なりますが…。
    これまでのアンケート調査を元に考えると、

  • 他社借入に最も寛容なのは「アイフル」
  • 信用情報問題に最も寛容なのは「アコム」
  • という結果になりそうです。

    また「ブラック+多重債務あり」といった状況なら、中小消費者金融への申し込みを検討しても良いでしょう。

    FAQ:SMBCモビットは「おまとめ」に使えますか?

    FAQ:SMBCモビットは「おまとめ」に使えますか?
    モビットにおまとめ専用ローンの取り扱いはありません

    また「高限度額を獲得しやすい」という利点を生かし、この方のようにショッピングリボ等のおまとめを狙えないわけではありませんが…。

    • モビットはショッピングリボより高金利となりがち
    • そもそも「おまとめ専用ローン」や銀行ローンを選んだ方が確実性が高い

    ということを考えると、モビットを使ったおまとめはイマイチおすすめしかねるところです。

    …が、既存借入が低額なら、モビットとの新規契約をきっかけに借入先をまとめてみてもよいでしょう。

    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補

    FAQ:自分がブラック状態か確かめる方法はありますか?

    あなたの後払いサービスの利用状況は、「個人信用情報機関」という場所に記録されています。

    個人信用情報機関は現在3つ存在しますが…。
    モビット、その他消費者金融系の審査を意識するなら、「JICC(日本信用情報機構)」「CIC」という2つの機関への開示請求をおすすめします。

    詳細については以下のページをご覧ください。

    CHECK一目でわかる!個人信用情報機関:開示先の選び方、ブラック入り条件他

    FAQ:「WEB完結」と「カード申込」の審査基準はどう違いますか?

    申込み条件が異なるだけで、審査の内容は同じです(モビットへの問い合わせによる)。

    そのため「WEB完結」の申込み条件を満たしているのなら、どちらを選んでも審査結果自体に影響はありません。

    FAQ:主婦や自営業者でも申し込めますか?

    それぞれ以下のような対応となります。

    ★モビットの属性別審査傾向
    パート等により収入のある主婦申込可
    被扶養者であっても配偶者の同意は不要
    専業主婦申込不可
    専業主婦が利用できる銀行カードローン等をお選びください。
    自営業者
    個人事業主
    • 申込可能だが、確定申告書などの提出を要求される可能性が高い
    • 「所得」がゼロまたは極端に低いと審査通過は厳しい
    • 1件でも他社借入があると審査落ちのリスクが高くなる

    「配偶者の扶養に入っているパート主婦」の方に関しては、(他社借入などのマイナス点がない限り)問題なくモビットを利用可能。

    ただし、

  • 専業主婦
  • 何かしらの審査上の不安点がある自営業者
  • という方の場合は、他社カードローンの選択を検討したいところです。

    CHECK自営業者のためのキャッシングガイド:個人事業主に甘い・厳しいカードローンの違いとは

    SMBCモビットの審査についてのまとめ

    SMBCモビットの審査についてのまとめ

    SMBCモビットの審査傾向(再掲)
    • SMBCモビットでは「低年収」の審査通過報告が多く見られる。
      特に年収面では「申告年収30万円」という方の可決報告も
    • 一方で信用情報問題(各後払いサービスの利用履歴)に関してはライバル他社より明らかに厳しい
      ブラック状態に加え、ブラック未満の問題が理由と思われる否決報告も多い
    • ライバル他社に比べると、安定収入がある方に関して言えば「大きな限度額を獲得しやすい」傾向あり

    「信用情報問題さえなければ」比較的申し込みやすいSMBCモビット。

    郵送物の回避条件がやや厳しいなど人を選ぶ点も多いのですが、「信用情報以外の」審査不安を抱える方にとっては、重要な申込先候補の1つと言えるでしょう。

    CHECKSMBCモビット、40名のアンケート結果一覧

    ★SMBCモビット
    金利3.0%
    ~18.0%
    (~月1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典なし
    ※大手消費者金融で唯一、初回無利息特典なし
    自宅郵送物
    • 「WEB完結」ならなし
    • 「カード申込」の場合は郵送物回避に諸条件あり
      ┗来店+写真付き本人確認書類の提出等
    勤務先への電話
    • 「WEB完結」ならなし
    • 「カード申込」の場合は担当者個人名で連絡
      ┗事前相談+勤務先確認書類提出による回避可
    申込み~融資の所要時間最短即日
    即日融資リミット目安18~19時頃までに申込み
    (来店あり・なし共通)
    借入方法
    • ほぼ24時間振込
      詳細当該ページ
    • ATM出金
      ┗スマホATM取引対応(セブンイレブン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
      ┗大手消費者金融で唯一、返済額の増額設定が可能
    • ATM入金
      ┗スマホATM取引対応
    • 銀行振込

    • 返済額は月4,000円~
    「WEB完結」について
    ▶SMBCモビットでは申込時に「WEB完結」「カード申込」のいずれかを選択
     ┗来店契約時は「カード申込」一択
    ▶「WEB完結」は電話での在籍確認なし、自宅への郵送物なし
    (=周囲に知られず借りやすい)
    ▶「WEB完結」には以下の申込み条件あり
     (1)勤務先から発行された保険証の所持
     (2)メガバンク※1またはゆうちょ銀行口座を返済用口座として登録できる
    ▶「WEB完結」は収入証明書類、勤務先確認書類が必須(源泉徴収票/給与明細は兼用可)
    審査傾向(WEB完結/カード申込共通)
    ブラックには厳しいが低所得者等には比較的寛容
    その他・備考
    ▶SMBCグループ
    ▶インターネット返済未対応
    他社より限度額高め
    ┗初回から100万円以上を借りられた例を複数確認
    ※1 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行のいずれか

    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額
    3.0%~18.0%1万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    最短30分※1最短1時間程度※1

    ポイント

    • 土日祝日対応 ※2
    • 「WEB完結」なら電話連絡なし・郵送物なし
    • 時間外振込対応
    • ブラック状態には厳しい

    ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    ※2 インターネット申込の休業時間:1月1日0時~1月2日7時まで

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。