40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    40名のアンケート回答から分析!SMBCモビット審査の否決&可決理由とその傾向

    モビットの審査は甘いと聞いていたのに通過できなかった!
    他の金融機関に申し込む前にその理由を知っておきたいけれど、モビットに問い合わせても教えてくれない……」

    残念ながら、各社の審査基準は完全に企業秘密。明らかに申込条件を満たしていない・総量規制に触れる等の場合を除き、審査に対する質問には応じてもらえません。
    ……とは言え、実際にSMBCモビットへ申し込まれた方のデータを集めることで、ある程度「審査基準」を推測することは可能です。

    そこで今回はこれまで「SMBCモビット」のアンケート調査にご協力くださった、40名の方の回答を分析し、同社の審査傾向や審査落ち理由をまとめました。
    読み終えていただければ、審査についての疑問を少しは解消できるかと思います。

    ★「SMBCモビット」申し込み条件
    申込条件
    • 20歳~69歳で収入がある

    カードレス契約「WEB完結」には別途申込条件あり

    その他
    • すでに貸金業者※から年収の3分の1に達するお金を借りている場合、審査通過不可(総量規制/貸金業法)
    ※主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日(※)借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります


    SMBCモビットはアコム・プロミス等に比べ、信用情報問題に厳しい

    SMBCモビットはアコム・プロミス等に比べ、信用情報問題に厳しい

    まずはモビットの審査落ち理由としてよく挙げられる「信用情報」問題について、簡単に解説していきます。

    「(個人)信用情報」「ブラック状態」って何?(クリック/タップで開きます)
    (個人)信用情報とは、簡単に言うと「後払いサービスの利用履歴」のこと。つまり、これまでどのように各種ローンやクレジットカード、分割払い(携帯電話の端末代含む)を利用してきたかの記録ですね。
    そしてあなたの信用情報は「個人信用情報機関」という場所に保存されており、審査を受けるたびに申込先の金融機関からチェックされることとなります。もちろんそれはモビットの審査であっても例外ではありません。

    よって他の会社の後払いサービスで長期延滞などの問題を起こしている人は、当然それだけモビットからの信用も得づらくなります。あらかじめご承知おきください。

    ちなみに信用情報問題として記録されるのは、主に以下の場合です。

    要因存続期間
    ブラック状態各種後払いを「61日」また「3ヶ月」以上延滞延滞清算から5年間
    強制解約処分5年間
    債務整理5年間(任意整理の場合、起点は支払い状況による)
    ブラック未満の問題各種後払いを「1ヶ月」前後延滞
    ※個人信用情報機関への報告基準は金融機関による
    2年間
    短期間で多くの金融機関に申し込み6ヶ月
    信用情報がない
    ※モビットではあまり問題にならない

    またブラック状態と言えるかは微妙ですが、「各種後払いを延滞<中>」の場合には、延滞が2ヶ月に満たなくても審査落ちの原因となりやすいですね。

    自分の信用情報が分からない、という場合には、「開示請求」の手続きを取ることで金融機関が見ているものとほぼ同じ個人信用情報を閲覧することができます。
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK個人信用情報とその開示について

    ①ブラック状態の申込者からは「モビットは落ちたが他社に通った」という声が多い

    結論から言うと、モビットは信用情報問題について明らかに「アコム」「プロミス」より厳しいです。
    これについては、実際の審査結果報告を見て頂くのが早いでしょう。

    ★ブラック状態で「モビット」審査落ち後、他社の審査に通過できた4例
    申告年収勤続年数他社借入備考
    会社員
    (非上場)
    200万円1年仙台銀行マイカーローン250万円
    ヤフークレジット(リボ)50万円
    三井住友銀行クレジット(リボ)40万円
    他社2ヶ月以上延滞「中」
    同じ状況でアコム通過(10万円)
    アルバイト250万円2年プロミスから10万円
    ※これもおそらく債務整理後の契約
    5年以内に債務整理他
    直後にアコム通過(16万円)
    契約社員300万円3年オリコローン10万携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    アコムで審査通過(10万円)
    正社員(非上場)300万円1~2ヶ月プロミス~10万円クレジットカード10年以上延滞中
    直前にプロミス、直後にアコム可決(各10万円)

    上の4名はいずれも金融ブラック、またはそれに近い状態の方です。モビットでの審査結果はいずれも「否決」ですね。
    にもかかわらず同じ状況で「アコム」「プロミス」の審査に通過されているとなれば、モビットがそれらの会社に比べ信用情報問題を重く見ているというのは間違いないでしょう。
    (ちなみにブラック状態、かつプロミスまたはアコムで審査落ち→モビットで通過、という例は未確認)
    もしもあなたが金融ブラック(またはそれに近い状態)であるなら、モビットよりも信用情報問題に寛容な他社を選ぶべきと言えます。

    CHECKモビットの審査は他社よりブラックに厳しい:実際の可決&否決例とブラック要件

    ★とは言えブラック状態での通過例が全くないわけではありません。

    参考ブラック状態での「SMBCモビット」通過例
    申告年収勤続年数他社借入備考
    契約社員240万円2年バンクイック100万円
    スルガ銀行90万円
    限度額30万円
    5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    求職中、安定した収入源なし
    正社員
    (非上場)
    420万4年アコム100万限度額30万円
    5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    複数回の結婚式出席を理由とした生活費不足

    特に上の契約社員の方は、「年収の80%近い債務あり+推定ブラック状態」というかなりマズい状況ですね。
    この2名に共通するのは「お金を借りるための真っ当な理由がある」ことです。後に詳しく解説しますが、モビットは審査結果を出すうえで「借入を必要としている事情」をかなり重視しているように思えます。

    CHECK年収240万円、他社借入190万円で「モビット」審査に通過できた体験談(詳細)

    ②ブラック未満の延滞でも「他社借入」「自営業」といった要素と絡むと危険

    アコムやプロミスに比べ、金融ブラック状態を重く見ているらしい「SMBCモビット」。
    それならブラックに至らない信用情報問題、具体的には「1ヶ月前後の<後払い>延滞」の場合はどうなのかというと……。

    こちらは「他社借入」または「自営業」といった審査上のマイナスポイントと絡むことで、審査落ちの原因となりやすいように思えます。

    ★1ヶ月前後の延滞歴のある方の「モビット」審査結果
    申告年収勤続年数他社借入備考
    (※いずれも2年以内に1ヶ月程度の延滞歴あり)
    アルバイト96万円2年クレジットカードキャッシング枠20万
    アイフル10万
    プロミス10万
    プロミス通過(10万円)
    自営業200万円2年プロミス50万円
    会社員
    (非上場)
    230万円8年なし アコム通過(50万円)
    会社員
    (非上場)
    286万円4年プロミスから50万円
    青梅信用金庫カードローン130万円
    イオンクレジットカードショッピングリボ70万円
    2月後、同じ条件でアイフル通過(7万円)
    自営業320万円7年アコム20万円
    プロミス30万円
    正社員
    (非上場)
    350万円11年110万円
    (おそらくすべて貸金業者から)
    限度額5万円
    自営業350万円3年アコム50万円
    正社員
    (上場)
    350万円11年100万円限度額不明
    自営業400万円12年なしプロミスで審査通過(限度額不明)
    公務員400万円3年楽天銀行カードローンから70万円
    正社員
    (非上場)
    400万円4年銀行カードローン20万円
    カードのリボ残高60万円
    カレッヂ20万円
    アイフル30万円
    カレッヂ完済後にアコム通過(10万円)
    正社員
    (上場)
    414万円7年20万円(借入先不明)限度額30万円
    会社員
    (非上場)
    420万円10年アイフル70万円
    レイク20万円
    プロミス10万円
    アコム10万円
    審査通過
    審査落ち

    「信用情報問題に加え他社借入もあったのに、審査に通過できた」という例もあるため一概には言えませんが……。
    ここまで「ブラック未満の信用情報問題あり+他社借入有または自営業」での審査落ち例が多いとなると、同じ状況でモビットへ申し込むのはリスキーでしょう。

    SMBCモビットは「ブラック未満」のものを含め、信用情報問題に対し他社より厳しく対応しています。
    あなたがこれまで各種後払いサービスで「1ヶ月(目安)」以上の延滞他、何らかの問題を起こしたことがあるのなら、「プロミス」「アコム」等の他社を選ぶのが無難と言えます。他社借入などの問題がある場合はなおさらですね。

    CHECK【証拠あり】プロミスはブラックでも審査に通った!延滞&任意整理後の体験談
    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準
    CHECK【検証】ブラックでもアコムに通った!は本当か? 実際に個人信用情報を開示してみた
    CHECK金融ブラックでの通過例多数、中小消費者金融会社(街金)とその選び方

    CHECK個人信用情報とその開示について

    ただし属性に問題があっても「借入を必要としている真っ当な理由」があれば融通が利く模様

    ただし属性に問題があっても「借入を必要としている真っ当な理由」があれば融通が利く模様

    今回寄せられた「モビット」申込者のアンケート回答を見ていると、本当に「Aさんが審査に通過できたのに、どうみてもAさんより高属性なBさんが審査落ち」という例が多いです。

    こういった例を見比べてみると分かるのが、「審査に通過できた、属性に問題のある人」はいずれも「正当な借入理由がある」こと。
    そしてこういった方はいずれも、このアンケート調査においても非常に細かく、借入に至った事情を記入してくれています。モビット側に借入理由を尋ねられた際にも、おそらく同様に、借入の経緯を詳しくお話しされたのでしょう。

    ここでは特に分かりやすい回答を、いくつか紹介させて頂きます。

    ★「SMBCモビット」アンケート回答(1)
    属性20代、アルバイト、申告年収30万円、勤続年数6ヶ月
    これまで一度も後払いサービスを利用したことが無い(ホワイト)
    借入理由
    感想
    前職をやめて収入が無くなり少ない貯金だけでは生活が出来そうになかったため、1ヶ月分だけでもという気持ちで10万円を借入しました。
    初めての借入でしたし不安でたくさんだったのに担当者さんがとても優しくて丁寧な対応をして頂いたので緊張が落ち着きました。
    あとは頑張って返すのみなのでこれからやっていこうと思います。
    ★「SMBCモビット」アンケート回答(2)
    属性30代、派遣社員、年収240万円、勤続2年
    他社借入計190万円(銀行カードローン×2、年収比約80%)
    5年以内に2ヶ月以上の延滞(推定ブラック状態)
    借入理由
    感想
    役者をしていて集客が出来ず、借金がすでに200万ほどある状態だった。経済的に役者を続けることも難しいところまで行ってしまったため、一旦役者活動を休業し、仕事を探していたが難航していた。クレカで繰越すことでどうにか誤魔化していたがそれもいよいよ限度額になってしまい、非常事態用にお金がどうしても必要だった。当時は仕事が決まってまとまった収入が得られる目処がたっておらず、それまで借入れてでもいいから時間稼ぎをする必要に迫られていた。せめてあと30万は借入れが必要だった。

    お二方とも、属性は決して良いとは言えません。ただしアンケート回答を見るだけでも、「現在確かにお金を必要としていること」「一時しのぎが前提となっていること」(=返済の意思と予定がある)がよく分かります。

    さほど属性に問題が無ければ、「遊びのため」「借金返済のため」といった理由でも審査に通過できることは多いのですが……。
    「低収入」「多額の他社借入」「信用情報問題」といった審査上のマイナス要素があるのなら、「いかに正当な理由で審査担当者を納得させられるか」が審査通過の決め手となるのでしょう。

    このようにSMBCモビットの審査では、属性上の問題よりも「正当な借入理由」「今後返済を続けていけるという将来性」が重視されます。

    もしもあなたが「モビットの審査に落ちされてしまったが、その理由が分からない」というのなら、一度このあたりを見直してみると良いかもしれませんね。「借入の理由」が重視されるのは、モビット以外の消費者金融会社であっても同じです。

    参考 【嘘、盛り、サバ読み】カードローン審査にコツはある?低収入でも通過するには

    ……ちなみに「生活費のため」という借入理由はよく聞かれるところではありますが、十分な収入があるにもかかわらず生活費が足りない、という回答はむしろ不安を抱かせます。
    生活費のために申し込みを行うなら行うで、これについても「一時的に」お金を必要としていると判断されるに足る、正当な理由が欲しいところですね。

    ★その他今回、あまり属性の良くない審査通過者の「借入理由」には以下のようなものが見られました。

    • 友人の結婚式が重なったことによる生活費不足
    • アルバイト先の都合でシフトを削られたため、次のアルバイト先を探すまでの繋ぎ費用が欲しい

    いずれも「一時的な生活困難」かつ「正当な借入理由がある」ことが分かるかと思います。

    ★「WEB完結」を選択した場合、電話による申込確認(本人確認)手続き無く審査結果が出てしまう場合があります。
    あなたの属性が決して良いとは言えず、かつ借入のために正当な事情があるのなら、審査の際に必ずモビット担当者と電話で相談する機会のある「カード申込」を選ぶのが無難でしょう。
    ちなみに上で紹介した2名も「カード申込」の方を選択されていました。

    CHECKモビットWEB完結の総まとめ:カード申込との違いや即日融資条件、電話確認の実施例

    確かに「審査落ちの理由がよく分からない」人もいる

    そんなモビットではありますが、アンケート回答の中には確かに「属性が完璧なわけでは無いが、何で審査に落ちてしまったのか分からない」という方もいらっしゃいました。
    例を挙げると、

    • 年収230万円、ブラック未満の信用情報問題あり
    • 年収550万円、他社借入30万円、ブラック未満の信用情報問題あり

    あたりですね。信用情報問題(あるいは借入理由など)が一枚噛んでいるのは確かでしょうが、この2名より悪い属性で審査に通過された方は多いので、イマイチ釈然としません。

    …とは言えこういった場合には大体、他社の審査を受け直せば解決できます。
    「何で審査に落とされてしまったのか分からない」という場合は別の消費者金融会社をもう1つくらい受けてみて、それでもダメなら個人信用情報を開示してみたり、「借入を必要としている正当な事情」をきちんと説明できているか、見直してみると良いでしょう。

    ちなみに上のお二方は、モビット審査落ち後にそれぞれ「アコム」「プロミス」で借り入れに成功されています。

    SMBCモビット申込者、全40名のアンケート回答(簡易版)

    SMBCモビット申込者、全40名のアンケート回答(簡易版)

    ここからはせっかくですから、今回集まった「SMBCモビット」アンケート調査結果を、概要のみではありますが紹介させて頂きましょう。
    年収順に並べてあるので、あなたに近い状況の方を見つけやすいかと思います。

    ★「審査落ち」の割合が妙に高いですが、これは「審査落ち」経験者のみを対象に実施したアンケート調査結果が含まれるためとなります。無作為に申込経験者を募った場合、審査通過者の割合はより大きくなることでしょう。

    ★表の見方は以下の通りです。

    審査通過
    審査落ち
    赤太字:ブラック入り、またはそれに近い扱いを受ける可能性の高い問題点
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題の原因となる可能性あり

    ★「SMBCモビット」申込者アンケート回答(リンクが貼ってあるものはリンク先に詳細あり)
    申告年収勤続年数他社借入備考
    アルバイト30万円半年なし限度額10万円
    ホワイト(信用情報なし)
    失業直後
    パート50万円1年なし限度額16万円
    安定収入ある配偶者あり
    アルバイト96万円2年クレジットカードキャッシング枠20万
    アイフル10万
    プロミス10万
    2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    プロミス通過(10万円)
    自営業150万円12年アコム50万円
    オリコ(リボ)30万円
    セディナキャッシング6万円
    特になし
    契約社員170万円1年なし限度額16万円
    派遣社員171万円1年なし5年以内に債務整理
    自営業200万円2年プロミス50万円2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    会社員
    (非上場)
    200万円1年仙台銀行マイカーローン250万円
    ヤフークレジット(リボ)50万円
    三井住友銀行クレジット(リボ)40万円
    他社2ヶ月以上延滞「中」
    同じ状況でアコム通過(10万円)
    アルバイト200万円6年なし限度額10万円
    会社員
    (非上場)
    230万円8年なし2年以内に1ヶ月程度の携帯料金延滞
    アコム通過(50万円)
    契約社員240万円2年バンクイック100万円
    スルガ銀行90万円
    限度額30万円
    5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    求職中
    アルバイト250万円2年プロミスから10万円5年以内に債務整理他
    直後にアコム通過(16万円)
    会社員
    (非上場)
    250万円15年楽天カードキャッシング枠50万円
    楽天カードショッピングリボ30万円
    プロミス20万円
    アコム10万円
    オリックス銀行50万円
    ※おそらく任意整理の残債
    5年以内に債務整理
    会社員
    (非上場)
    286万円4年プロミスから50万円
    青梅信用金庫カードローン130万円
    イオンクレジットカードショッピングリボ70万円
    2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    2ヶ月後、同じ条件でアイフル通過(7万円)
    正社員(非上場)300万4年なし限度額105万円
    契約社員300万円3年オリコローン10万携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    アコムで審査通過(10万円)
    正社員
    (非上場)
    300万円1~2ヶ月プロミス~10万円クレジットカード10年以上延滞中
    直前にプロミス、直後にアコム可決(各10万円)
    契約社員320万円6ヶ月楽天銀行スーパーローンで100万円限度額50万円
    配偶者に安定収入あり
    自営業320万円7年アコム20万円
    プロミス30万円
    2年以内に1ヶ月程度の携帯料金延滞
    正社員
    (非上場)
    340万円3年なし限度額100万円
    自営業350万円3年アコム50万円2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    正社員
    (上場)
    350万円5年なし限度額50万円
    正社員
    (上場)
    350万円11年100万円限度額不明
    2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    正社員
    (非上場)
    360万円約2年アコム約50万
    クレジットカードキャッシング約50万
    銀行カードローン約100万
    限度額10万円
    会社員
    (非上場)
    365万円6年楽天カード30万
    ライフカード30万
    JCB10万
    出光クレジットカード50万
    auクレジットカード30万
    ジャパンネット銀行160万
    北陸銀行atmカードローン30万
    アコム、プロミス、アイフル、楽天カードローンも審査落ち
    自営業400万円12年なし2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    プロミスで審査通過(限度額不明)
    正社員(非上場)400万円4年他社での借入はありません。限度額103万円
    公務員400万円3年楽天銀行カードローンから70万円2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    自営業400万円10年レイクアルサ20万円クレカ1ヶ月以上延滞「中」
    正社員
    (非上場)
    400万円4年銀行カードローン20万円
    カードのリボ残高60万円
    カレッヂ20万円
    アイフル30万円
    2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    カレッヂ完済後にアコム通過(10万円)
    正社員
    (上場)
    414万円7年20万円(借入先不明)限度額30万円
    2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    正社員
    (非上場)
    420万4年アコム100万限度額30万円
    5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    会社員
    (非上場)
    420万円10年アイフル70万円
    レイク20万円
    プロミス10万円
    アコム10万円
    2年以内に1ヶ月程度の携帯料金延滞
    契約社員450万7年楽天カードキャッシング枠20万円
    イオンキャッシング枠リボ20万
    5年以内に債務整理
    公務員450万円2年プロミスから100万円5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    会社員
    (上場)
    500万円14年アコム50万円
    レイク50万円
    アイフル50万円
    携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    会社員
    (非上場)
    550万円8年アイフルから30万円直後にプロミス通過(30万円)
    正社員(非上場)780万円10年3社90万円限度額50万円
    会社員
    (上場)
    850万円15年住宅ローン以外なし5年以内に2ヶ月以上携帯料金延滞
    審査通過
    審査落ち
    赤太字:ブラック入り、またはそれに近い扱いを受ける可能性の高い問題点
    黒太字:ブラック未満の信用情報問題の原因となる可能性あり

    「モビット」ユーザーの特徴として、やたら「他社借入」「信用問題」を抱えている方が多い、という点が挙げられます。
    (同時進行で「プロミス」ユーザーを対象としたアンケート調査も行っていましたが、そちらはクリーンな申込者がずっと多い印象…実際ブラック状態に寛容なのはプロミスの方ですが)

    これはおそらく、モビットのユーザーサービスや知名度が「アコム」「プロミス」等に一歩劣るからでしょう。2社目・3社目以降の申込先として選ばれやすいこともあってか、モビットは他社借入に関しては割合寛容です。
    (上の表では他社借入に加え信用情報問題を抱えている方が多いことから、結果的に審査落ちの割合が高くなっていますが)

    モビットが審査の上で「借入を必要としている事情」を重視するのには、「何かと問題を抱える申込者が多い」という点も関係しているのかもしれませんね。

    まとめ

    まとめ

    • SMBCモビット審査落ち経験者は「信用情報問題」を抱えている方が非常に多い
      モビットはプロミスやアコムに比べ信用情報問題に厳しいため、この点に不安があるなら申し込みは避けるのが無難
    • 信用情報問題がブラック未満のもの(主に1ヶ月程度の延滞)であっても「他社借入」「自営業」といったマイナスポイントと重なれば審査落ちの可能性は高くなる
    • ただし「借入を必要とする正当な理由」「今後返済を続けていけるという将来性」さえ認められれば、属性の悪さにかかわらず審査に通過できる可能性はある。
      審査に不安があるなら「カード申込」を選び、「一時的にお金を必要としている真っ当な理由」を的確に伝えられるよう準備しておきたい
    • 「イマイチ審査落ちの理由が分からない人」は確かに存在する。多くの場合他の消費者金融の審査を受け直すことで解決できるが、2社目もダメなら信用情報開示・借入理由の見直しなどの対応を

    一人一人の事情に応じた柔軟な審査を行っている「SMBCモビット」。
    審査落ちの理由が分からない、という場合には、

    • これまで何らかの「後払いサービス」で問題を起こしていないか
    • 真っ当な借入理由を伝えられていたか

    を思い起こしてみると、何かしらの答えが見えてくるかもしれません。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    アンケートをもとに審査の傾向を分析したところ、SMBCモビットは信用情報に重きを置いているということ。ブラック、ブラック未満の危険水域にいる人は、他社を検討した方が良さそうです。属性も気になるところですが、属性があまり良くない場合でも、借りる理由に正当性があるときには審査が通ることもあります。これらの審査はある意味、水物。審査の通過の可否はケースバイケースと言えます。不安な要素があるなら事前にオペレーターに電話し、相談してみましょう。

    CHECK【証拠付】モビットWEB完結、20項目×7名の詳細口コミ:他社借入多数の通過例も
    CHECK【証拠有】モビット利用者8名の詳細審査口コミ:標準的な会社員~多重債務者口コミも
    CHECKSMBCモビット、年収30万円での通過例から見る「低収入でも審査に通る条件」
    CHECKモビットの審査は他社よりブラックに厳しい:実際の可決&否決例とブラック要件
    CHECKモビットの審査は通りやすい?可決&否決体験談から見る傾向

    CHECKモビットに聞いた!即日融資を狙えるのは何時まで?WEB完結・カード申込間の違いも
    CHECKモビットWEB完結の総まとめ:カード申込との違いや即日融資条件、電話確認の実施例
    CHECKモビット&利用者に聞いた!「WEB完結」HPに無い実際の必要書類&契約の流れ
    CHECKモビットの審査時間は5社中最も長い…。問合せに基づく即日融資を成功させる条件
    CHECKモビットはWEB完結でなくとも在籍確認電話を避けられる!問合せに基づく必要書類
    CHECKモビット審査の総まとめ:審査・利用限度額傾向や在籍確認(勤務先への電話連絡)、必要書類、借り入れの流れ他

    CHECK個人信用情報とその開示、開示請求先の選び方について


    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日(※)借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります



    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント