SMBCモビット、審査が遅いときの簡単テクニック&40名の審査結果から見る傾向と対策

    SMBCモビット、審査が遅いときの簡単テクニック&40名の審査結果から見る傾向と対策

    「SMBCモビットの審査に申し込んだはいいけれど、2時間経っても結果が来ない。
    審査は最短30分だって書いてあったのに…」

    大手消費者金融会社らしく、最短即日融資に対応している「SMBCモビット」
    …ではありますが、実際のアンケート回答や問い合わせ結果を見ると、その審査スピードは「プロミス」等の他社に比べ不安定
    借入を急ぎたいのであれば、モビットに電話を掛けてその旨を伝えた方が良いでしょう。

    今回はすでにSMBCモビットへ申し込み済み、あるいは申し込み検討中のあなたのため、

    • できる限り早く審査結果を受け取る方法
    • SMBCモビットでの審査結果に期待できるか確かめるための、同社の審査傾向
    • 審査に落ちてしまった場合に取るべき行動

    などをまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたがやるべきことが分かります。

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
      ※インターネット申込の休業時間:1月1日 0時~1月2日 7時まで
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    SMBCモビットでは審査結果が出るまでに2時間以上掛かることも…お急ぎなら電話で連絡を

    SMBCモビットでは審査結果が出るまでに2時間以上掛かることも…お急ぎなら電話で連絡を

    まずは、SMBCモビットでできる限り早く審査結果を受け取る方法について、お話しさせて頂きます。

    ①SMBCモビットの審査時間は他社より長め…とは言え個別連絡で優先審査を受けられる

    結論から言うと、SMBCモビットの審査スピードは他社(プロミス、レイクALSA等)に比べ不安定な傾向があります。
    実際のアンケート結果を見ても、「審査結果が出るまでに2~3時間掛かった」という声は少なくありません。
    (他社だと1~2時間程度が多い)

    …とは言えモビットでは、申込直後に電話で急ぎの旨を伝えることで優先審査を受けられます。
    できる限り借入を急ぎたいのなら、このテクニックを使うのが一番確実でしょう。

    SMBCモビット電話番号:0120-03-5000

    【管理人】山本
    何時ごろまでに申し込めば、今日中に契約できますか?
    オペレーターの回答
    何時ごろまでという目安は特に設けてはおりません
    今日中に契約して今日中に借りられるという方もいらっしゃいますが、ご審査状況によっては後日ということにもなりますので…。
    【管理人】山本
    審査にはどれくらいの時間がかかりますか?
    オペレーターの回答
    そうですね、1~2時間程度でご案内できる方もいらっしゃいます。

    「即日融資は苦手?SMBCモビットを選ぶ意味とおすすめ最速カードローン」より

    ★すでに申し込み済みでなかなか審査結果が届かない、という場合にもこの電話番号へ連絡してみることをおすすめします。

    ★SMBCモビットの審査対応時間は「毎日9時~21時」です(年末年始除く)。
    この時間外に審査を進めてもらうことはできませんのでご注意ください。
    21時までに審査結果を受け取れなかった場合、必然的に翌日に持ち越しということになりますね。

    ②なかなか審査結果が届かないときには着信やメールボックスの確認もしておきたい

    他社より審査時間が不安定とされるSMBCモビットですが…。
    実際のところは申込み者側の問題で、審査に時間が掛かってしまったり、連絡をうまく受け取れないという状況も見られます。

    なかなかモビットからの連絡が来ないという場合には、

    • モビットからのメールを見逃していないか(自動振り分けされる可能性のある、迷惑メールボックスを含む)
    • 登録連絡先外からの着信を拒否する設定にしていないか
    • モビットからの電話の着信がないか

    を改めて確認してみると良いでしょう。

    特に電話連絡、あるいは書類提出を要求されている場合には、これを済ませるまで審査が進みません
    借入を急ぐためには「モビットからの連絡に出来る限り早く気付く」ことが重要と言えるでしょう。

    ★審査状況は以下のページからも確認可能です。
    メールを受け取れていない可能性がある場合には、こちらもチェックしてみると良いでしょう。

    CHECKSMBCモビット公式HP「審査結果照会」

    SMBCモビット、基本の審査・契約の流れ(WEB完結/カード申込共通)

    SMBCモビット、基本の審査・契約の流れ(WEB完結/カード申込共通)

    インターネットを用いる際の、「SMBCモビット」基本の契約の流れは以下の通りです。

    SMBCモビット インターネット契約の流れ

    インターネットから申込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    本審査開始
    急ぎならここでモビットに電話を掛ける
    (0120-03-5000)
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※WEB完結なら不要な場合あり
    在籍確認
    ※WEB完結の場合は不要
    ※カード申込でも事前相談で回避可
    電話確認に前後する形で
    必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    銀行振込または「スマホATM」による借入
    (ここまで最短即日)
    後日ローンカードと契約書類の送付
    (カード申込のみ/事前相談により融通可)

    「WEB完結」であっても「カード申込」であっても、大まかな契約の流れに違いはありません。

    一応フローチャートの形にはしましたが、基本的にはモビットからの、電話やメールを使った指示に従い、その都度対応することになります。
    借入を急ぎたいなら、できる限りすぐ着信に気づける環境を整えておけると良いですね。

    ちなみに急ぎの旨を伝える場合の即日融資のための申込タイムリミット目安は「18時~19時」頃となります。
    (日曜日に振込融資を希望する場合は15時~16時)

    「WEB完結」「カード申込」(申込時に選択可)の違いと必要書類を見る
    SMBCモビット、2つの契約タイプの違い
    WEB完結
    特徴
    • 自宅への郵送物なし
    • 在籍確認の電話(勤務先への電話)なし
    • カード発行なし、借入や返済は振込やスマホATM、引き落としを通して行う
    • 申込み条件が厳しい
      ┗勤務先から発行された保険証が必要
      ┗三井住友、三菱UFJ、みずほ、ゆうちょいずれかの銀行口座が必要
    必要書類
    カード申込
    特徴
    • 原則自宅への郵送物あり
    • (相談次第で回避できる可能性あり)

    • 多くのATMで使えるローンカードの発行あり
    • 仕事(アルバイト可)をしている20歳~69歳の方なら申込み可
    必要書類
    • 本人確認書類
      (状況によっては追加書類発生)

    ★SMBCモビット(またはよりスピード融資が得意な他社)を使った即日融資の受け方等について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK即日融資は苦手?SMBCモビットを選ぶ意味とおすすめ最速カードローン

    SMBCモビットの審査傾向は「ブラックに厳しいが他社借入には比較的寛容」「限度額高め」

    SMBCモビットの審査傾向は「ブラックに厳しいが他社借入には比較的寛容」「限度額高め」

    ここからは「これからSMBCモビットへ申し込みたい」「申込みは済んだが審査結果に期待を抱けるかどうか知りたい」というあなたのため、同社の審査傾向についてお話しさせて頂きます。

    ①「低年収」であってもそれ以外の大きな問題点が無ければ審査には通過できる

    あなたが「ブラック状態」「他社借入」といったマイナス要素を抱えていないのなら、年収がごく低くてもSMBCモビットの審査に通過できる可能性があります。

    実際のSMBCモビット審査アンケートより
    属性契約内容
    • 年収30万円
    • アルバイト(0年)
    • ホワイト(信用情報記録なし)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収50万円
    • パート(1年)
    • 金利18%
    • 限度額16万円

    審査上の不安要素が属性(収入、勤続年数、勤務形態など)だけであるのなら、多くの場合で問題なく「SMBCモビット」を利用できると考えて良いでしょう。

    ★ただしSMBCモビットへ申し込むためには、「20歳~69歳で、仕事をして収入を得ている」という最低限の申込み条件を満たす必要があります。
    未成年者や専業主婦、無職の方は、返済能力にかかわらず審査に通過できませんのであらかじめご承知おきください。

    ②SMBCモビットは明らかに、他社カードローンに比べ信用情報問題に厳しい

    「他にマイナス要素が無ければ、低年収でも審査に通過できる」というのは、どの大手消費者金融も同じ。
    このためかインターネット上では、「消費者金融会社の審査難易度はどこも同じ」といった記述が散見されますが…。

    審査体験者にアンケートを行ってみると、実際のところ、各社の審査傾向にはそれなりの違いがあることが分かります。
    そしてSMBCモビットの場合、他の大手消費者金融に比べると「信用情報問題には厳しいが、他社債務には比較的寛容」という傾向が見られますね。

    信用情報…これまで利用した後払いサービス(クレジットカード、各種ローン等)の利用履歴のこと

    これについては、実例をご覧頂くのが早いでしょう。
    以下に紹介するのは、信用情報問題に厳しい傾向が見て取れる「モビットの審査に落ちて、他社の審査に通過できた例」となります。

    SMBCモビットの審査に落ちて他社で通過できた例
    属性審査結果
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にプロミスで通過(10万円)
    • 年収200万円
    • 会社員(1年)
    • 他社債務2件計90万円(リボ2社)
    • クレカ2ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(10万円)
    • 年収230万円
    • 会社員(8年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(50万円)
    • 年収250万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入1件計10万円
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(16万円)
    • 年収300万円
    • 契約社員(3年)
    • 他社借入1件30万円(オリコ)
    • 携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(10万円)
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入1社10万円(プロミス)
    • クレジットカード10年以上延滞中
    • 審査落ち
    • 直前にプロミス、直後にアコムで審査通過(各10万円)

    いわゆる「ブラック状態」の方に加え、ブラック未満(2ヶ月未満)の延滞履歴があるという方についても審査落ち報告が見られますね。

    上の例だけを見ても分かる通り、SMBCモビットは他社(プロミス、アコム等)に比べ明らかに信用情報問題に厳しいです。
    思い当たるところがあるのなら、モビットへの申込みは避けた方が良いでしょう。
    参考:一般的な「ブラック」入り要件

    • 5年以内に何らかの後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、分割払い等)を2ヶ月以上延滞し、その解消と解約から5年が経過していない
    • 5年以内に何らかの後払いサービスで強制解約処分を受けた
    • 5年以内に債務整理をし、その債務清算から5年が経過していない

    ※SMBCモビットの場合はブラックに至らない、2ヶ月以内の延滞も審査落ち理由になりうる模様

    ★ただし「プロミス」においては、「他社借入あり+ブラック状態」という方は確認されている限り軒並み審査落ちとなっています。
    該当する場合には、「アコム」「アイフル」あるいは中小消費者金融等を選ぶのが無難でしょう。

    参考:各消費者金融の審査傾向(クリック/タップで開きます)
    プロミス
    • 他社債務が無い人に対してはかなり寛容
    • ┗年収100万円以下OK

    • ただし複数件の他社債務(リボ含む)には厳しい
    • ブラック+他社債務ありでの審査は困難
    レイクALSA
    • 年収100万円以下OK
    • (その他の審査上のマイナス点が無い場合)

    • 銀行やリボの債務はあまり重視しない
    • ただし他社に比べ成約率(≒審査通過率)そのものが低い
    アイフル
    • 年収100万円以下OK
    • (その他の審査上のマイナス点が無い場合)

    • 他社債務に特に寛容
    • ブラック状態に比較的寛容
    アコム
    • 年収100万円以下OK
    • (その他の審査上のマイナス点が無い場合)

    • 他社債務に寛容
    • ブラック状態に寛容
    中小消費者金融
    • 業者にもよるが、「ブラックには非常に寛容だが属性重視」の傾向が強い
    • ┗原則として正規雇用者向け

    ③一方で複数の他社借入を抱えた方の審査通過報告は多い

    一方、こちらはSMBCモビットが「比較的他社借入に寛容」という傾向を示す審査結果となります。

    SMBCモビットの審査結果報告より
    属性契約内容
    • 年収240万円
    • 契約社員
    • 他社借入2件計190万円
      ┗いずれも銀行カードローン
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入3社計200万円(アコム、C枠各50万円、銀行100万円)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収780万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入3社計90万円(いずれも貸金業者)
    • 金利18%
    • 限度額50万円

    総量規制の制限にさえ接しておらず、十分な返済能力が残っているのなら

    • 他社借入総額が年収の半分以上
    • 他社借入が2~3件

    という状況であっても、新たに「SMBCモビット」の審査に通過できる可能性があると見て良いでしょう。

    …とは言え「他社借入に寛容」という面では、アイフルの方が上を行っているようですから、状況によってはそちらを選んだ方が良いかもしれません。

    モビットの審査に落ちてアイフルの審査に通過できた例
    属性契約内容
    • 年収286万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計250万円
    • ┗プロミス50万円、信金カードローン130万円、リボ70万円

    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアイフルで審査通過(7万円)

    ※アイフルではこの他にも年収の80%以上の債務を抱えた状態での審査通過例あり

    CHECK1分で分かる!アイフル審査通過条件:年収50万円・ブラックでの即日融資口コミも

    ★すでに貸金業者(消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠)で年収の3分の1に達するお金を借りている場合、SMBCモビットやアイフル含む、すべての貸金業者から追加でお金を借りることは原則として出来ません(総量規制)。
    あらかじめご承知おきください。

    ちなみに「貸金業者」ではない銀行や信金からの借入、もしくはショッピングリボの債務は上の制限と関係ありません。
    (とは言え返済能力に直結する点ですので、銀行等からの借入も審査結果には影響します)

    CHECK【多重債務者の即日融資】総量規制対象外/例外となる4つの条件とその他の手段

    ★総量規制に接しているかどうかにかかわらず、他社借入「件数」が4件以上である場合、審査通過は難しくなります。

    ④初回から100万円以上を借りられたという報告は、大手消費者金融の中で最も多い

    その他備考として、SMBCモビットでは「初回から100万円を借りられた」という報告が、大手消費者金融会社の中でも特に多いです。

    SMBCモビット審査結果より
    属性契約内容
    • 年収315万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
    • 限度額105万円
    • 年収340万円
    • 会社員(3年)
    • 金利15%
    • 限度額100万円
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
    • 限度額103万円
    借入額が100万円に達したら利息制限法により、15%に下がるはず

    あなたが、

    • 年収300万円以上
    • 他社借入や信用情報問題がない

    (あるいは他社借入があっても、それを補って余りある返済能力を持っている)

    という場合には、100万円以上の限度額の適用にも期待が持てることでしょう。
    この点は他の消費者金融会社と比べた際の、「SMBCモビット」の明確な差別化点と言えます。

    ★ただし単に大きなお金を借りたいということであれば、総量規制の対象外である銀行(特にインターネット銀行系や信金など)を選んだ方が良いでしょう。
    モビットの利点は、「即日融資や郵送物等の回避と、比較的大きな契約を両立」できる点にあります。

    実際の「SMBCモビット」申込者40名の審査結果一覧

    実際の「SMBCモビット」申込者40名の審査結果一覧

    ここでは参考情報として、これまで実施した「SMBCモビット」利用者アンケートの回答を一覧の形でまとめさせて頂きました。

    年収順に並べていますので、あなたに近い属性の方も見つけやすいだろうと思います。

    ★スペースの都合上掲載していませんが、アンケート回答の際には情報の信憑性を確保するため、「申込み・契約が事実と分かる画像」を頂戴しています。

    ★表中の「C枠」はクレジットカードのキャッシング枠(総量規制の対象)を指します。

    ★ショッピングリボは法律上「借入」にあたりませんので、これを含む債務については「他社借入」ではなく「他社債務」と記載させて頂きました。

    SMBCモビット利用者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収30万円
    • アルバイト(0年)
    • ホワイト(信用情報記録なし)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収50万円
    • パート(1年)
    • 金利18%
    • 限度額16万円
    • 年収96万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入3社計40万円
    • ┗クレカC枠20万円、アイフル、プロミス各10万円

    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収150万円
    • 自営業(12年)
    • 他社債務3社計86万円
      ┗アコム50万円、リボ30万円、C枠6万円
    • 審査落ち
    • 年収170万円
    • 契約社員(1年)
    • 金利18%
    • 限度額16万円
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にプロミスで通過(10万円)
    • 年収200万円
    • 自営業(2年)
    • 他社借入1社50万円(プロミス)
    • 2年以内に1年程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収200万円
    • 会社員(1年)
    • 他社債務2件計90万円(リボ2社)
    • クレカ2ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(10万円)
    • 年収200万円
    • アルバイト(6年)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収230万円
    • 会社員(8年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(50万円)
    • 年収240万円
    • 契約社員
    • 他社借入2件計190万円
      ┗いずれも銀行カードローン
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収250万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入1件計10万円
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(16万円)
    • 年収250万円
    • 会社員(15年)
    • 他社債務5件計160万円
    • (おそらく任意整理の残債)

    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 年収286万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計250万円
    • ┗プロミス50万円、信金カードローン130万円、リボ70万円

    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアイフルで審査通過(7万円)
    • 年収300万円
    • 契約社員(3年)
    • 他社借入1件30万円(オリコ)
    • 携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(10万円)
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入1社10万円(プロミス)
    • クレジットカード10年以上延滞中
    • 審査落ち
    • 直前にプロミス、直後にアコムで審査通過(各10万円)
    • 年収315万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
    • (※借入額が100万円に達したら15%に下がるはず)

    • 限度額105万円
    • 年収320万円
    • 契約社員(0年)
    • 他社借入1社100万円(楽天銀行)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収320万円
    • 自営業(7年)
    • 他社借入2社計50万円(プロミス、アイフル)
    • 2年以内に1ヶ月程度の携帯料金延滞
    • 審査落ち
    • 年収340万円
    • 会社員(3年)
    • 金利15%
    • 限度額100万円
    • 年収350万円
    • 自営業(3年)
    • 他社借入1件50万円(アコム)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収350万円
    • 会社員(5年)
    • 金利不明(18%?)
    • 限度額50万円
    • 年収350万円
    • 会社員(11年)
    • 他社借入1件100万円(銀行)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査通過、限度額不明
    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入3社計200万円(アコム、C枠各50万円、銀行100万円)
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収365万円
    • 会社員(6年)
    • 他社債務計7件計340万円
    • 審査落ち
    • アコム、プロミス、アイフル、楽天銀行も審査落ち
    • 年収400万円
    • 自営業(12年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
    • (※借入額が100万円に達したら15%に下がるはず)

    • 限度額103万円
    • 年収400万円
    • 公務員(3年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収400万円
    • 自営業(10年)
    • 他社借入1社20万円(レイクALSA)
    • クレカ1ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務4社計130万円
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • カレッヂ完済後にアコムで審査通過
    • 年収414万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入1件20万円(借入先不明)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収420万円
    • 会社員(4年)
    • 他社借入1社100万円(アコム)
    • 5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
      (偶然での審査通過?)
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収420万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入4社計110万円(すべて貸金業者)
    • 2年以内に1ヶ月程度の携帯料金延滞
    • 審査落ち
    • 年収450万円
    • 契約社員(7年)
    • 他社借入2社計40万絵(クレカC枠)
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 年収450万円
    • 公務員(2年)
    • 他社借入1社100万円(プロミス)
    • 5年以内に2ヶ月以上クレカ延滞
    • 審査落ち
    • 年収500万円
    • 会社員(14万円)
    • 他社借入3社計150万円(すべて貸金業者)
    • 携帯料金1ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 年収550万円
    • 会社員(8年)
    • 他社借入1社30万円
    • 信用情報問題あり?
    • 審査落ち
    • 直後にプロミスで審査通過(30万円)
    • 年収780万円
    • 会社員(10年)
    • 他社借入3社計90万円(いずれも貸金業者)
    • 金利18%
    • 限度額50万円
    • 年収850万円
    • 会社員(15年)
    • 5年以内に2ヶ月以上携帯料金延滞
    • 審査落ち

    審査落ち報告の多さが少し目立ちますが…。
    これはモビットの主な申込層が、キャッシング初心者ではなく「すでに他社借入を抱えている方」「信用情報に問題がある方」に偏っているためですね。

    実際、初心者にはモビットよりもユーザーサービスに優れる「プロミス」「レイクALSA」等への申込みがおすすめされるところですから、この傾向は妥当と言えるでしょう。

    Q1:SMBCモビットの審査に落ちてしまったらどうすればいいですか?

    Q1:SMBCモビットの審査に落ちてしまったらどうすればいいですか?

    審査に落ちてしまった理由にもよりますが…。

    審査落ちの理由が、

    • 信用情報問題(ブラック状態)
    • 総量規制に接しない他社借入

    あたりなら、この2点に比較的寛容な対応を行っている「アイフル」「アコム」あたりを選ぶのが無難なところでしょう。特にアイフルでは、年収に対する債務割合が80%という方の審査通過が複数確認されていますね。

    CHECK1分で分かる!アイフル審査通過条件:年収50万円・ブラックでの即日融資口コミも

    またブラック状態かつ多重債務あり、という場合には中小消費者金融会社が選択肢に入ってきそうです。

    CHECK【2021年版】ブラックでも借りれる街金:最も審査が甘い&即日融資・おまとめ対応の会社を紹介

    その他、

    • 総量規制に接している(接しそう)だが、全体の債務合計は年収の2分の1以下、かつ十分な返済能力がある

    という場合には、各おまとめローンやそれに対応した銀行カードローンが候補となるでしょうか。

    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補
    CHECKおまとめローンとは:借り入れをまとめるメリット・デメリットと契約の流れ

    一方、他社借入件数が4~5件以上となっている場合には、どの業者を選んでも審査通過は難しいかも…。
    (総量規制に達していないなら、一部の中小業者で借りられる可能性があるかもしれませんが)

    この場合には、任意整理はじめとする債務整理を検討した方が良いかもしれません。

    CHECK【任意整理とは】メリット・デメリットと整理後の信用情報、よくある質問
    CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報

    Q2:勤務先が休みで在籍確認が出来ない場合、即日融資は受けられないのでしょうか?

    あなたが選んだ契約タイプが「WEB完結」であるのなら、電話を使った在籍確認は不要ですので、勤務先がお休みであっても審査上の弊害はありません。
    (その代わり、勤務先を証明できる書類の提出が必須ですが)

    一方で「カード申込」選択時かつ勤務先が休業日の場合には、

    • 勤務先を証明できる書類(源泉徴収票、給与明細書、勤務先から発行された保険証等)の提出で在籍確認としてもらう(電話不要)
    • 後日電話で在籍確認を取ってもらう(審査持ち越し)

    といった対応を選択することになると推測されます。

    「カード申込」の場合は必ず審査担当者の方と携帯電話でお話する機会が設けられますので、その際に在籍確認に関する相談を行うと良いでしょう。

    ★即日融資を受けたいが勤務先を証明できる書類を用意できない、かつ「WEB完結」の利用条件も満たせないという場合には、「無条件で原則在籍確認なし」となっているアイフルの選択をおすすめします。

    CHECK【2021年版】在籍確認なし+即日融資ならアイフルが最適!その根拠とタイムリミット

    SMBCモビットの審査時間と審査傾向についてのまとめ

    SMBCモビットの審査時間と審査傾向についてのまとめ

    ポイント
    • SMBCモビットの審査スピードは「プロミス」等の他社に比べ不安定
      借入を急ぎたいなら申込みの直後にモビット(0120-03-5000)へ電話を掛け、その旨を伝えたい
    • 他社と比べた審査傾向は「他社借入には比較的寛容だが、信用情報問題に厳しい」
      各種後払いサービスで1ヶ月以上延滞したことがあるならモビットは避けておくのが無難か
      ┗特に信用情報問題や他社借入問題がなければ年収50万円以下でも通過可

    その他の大手消費者金融会社とは異なり、信用情報問題に比較的厳しい対応を行っている「SMBCモビット」。

    とは言えそれ以外の点(低年収、3社以下の総量規制に接しない他社債務)に関しては比較的寛容ですので、審査を不安に思う理由が「信用情報問題」でないのなら、十分有力な申込み先候補になってくれるだろうと思います。

    CHECKSMBCモビットで即日融資を受ける条件とその流れ
    CHECK【SMBCモビット】元「新規受付担当」にインタビュー!審査基準・方法とその裏事情

    SMBCモビット
    金利3.0%
    ~18.0%
    (~月1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典なし
    自宅郵送物
    • 「WEB完結」ならなし
    • 「カード申込」の場合は要事前相談かつ諸条件あり
    勤務先への電話
    • 「WEB完結」ならなし
    • 「カード申込」の場合は担当者個人名で連絡
      ┗事前相談+勤務先確認書類提出による回避可
    申込み~融資の所要時間最短即日
    24時間振込OK
    (日曜夜間など例外あり)
    詳細:公式PDF
    審査傾向
    • ブラックには厳しいが多重債務者には比較的寛容
    備考
    • インターネット返済未対応
    • 他社より限度額高め

    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
      ※インターネット申込の休業時間:1月1日 0時~1月2日 7時まで
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい


    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい