「SMBCモビット」が上級者向けと言える3つの理由は?契約の流れをチェックしておこう!

    「SMBCモビット」が上級者向けと言える3つの理由は?契約の流れをチェックしておこう!

    「電車でよく広告を見かけるSMBCモビット。契約がインターネットで完了するって言うし、手軽そうで良いかも!」

    あなたがキャッシング初心者なら、ちょっと待って!
    実はSMBCモビット、はじめての借り入れ先には向いていません

    その理由は、他社に比べユーザーサービスが充実しているとは言いづらいから。
    はじめてのキャッシングであれば、SMBCモビットと同じようなローン商品を、より充実したサポートとともに提供している会社を選んだ方がずっと良いんですね。
    その反対に、これまで何社かでカードローンを利用した経験があるという場合には、SMBCモビットは心強い味方となってくれます。

    今回はそんな「上級者向け」とも言えるSMBCモビットについて、その利用上のメリット・デメリットや契約の流れを詳しくまとめてみました。
    読み終えていただければ、あなたに合った金融機関へ滞りなく申し込みができますよ!

    SMBCモビット (基本情報)
    実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
    保証料なし審査時間最短30分 (※)
    融資スピード最短即日借入判断あり(10秒簡易審査)
    備考
    • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
    • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
    • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
    • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
    • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
    • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
    • 無利息サービスなし

    株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

    ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります


    まずはSMBCモビットの基本情報をチェック!2つの契約方法で使い勝手は大きく変わる

    まずはSMBCモビットの基本情報をチェック!2つの契約方法で使い勝手は大きく変わる

    SMBCモビットのメリット・デメリットを詳しく見ていく前に、まずはSMBCモビットの基本情報をチェックする必要があります。
    それでは、SMBCモビットには2つの契約方法があり、どちらを選ぶかによってローンの性質が大きく変わってくるから。

    SMBCモビットの契約方法は、「WEB完結」「カードローン」の2種類。「WEB完結」とはその名前の通りインターネット上ですべての手続きを完了させるローンのことを言い、ローンカードが発行されません
    とにもかくにも、まずはその概要を見てみましょう。

    ★SMBCモビット、2つの契約方法の概要と相違点

    WEB完結(カードなし)カードローンタイプ
    金利
    3.0%~18.0%
    (審査に応じ設定、最初はほぼ18.0%)
    限度額
    1万円~800万円
    (審査に応じ設定)
    融資スピード 最短即日~(平日のみ) 最短即日~(土日含む)
    自宅への郵送物 なし あり
    在籍確認※1の方法 社会保険証または組合保険証の提出 勤務先へSMBCモビットから電話が掛かってくる
    指定口座の開設 ゆうちょ銀行または三井住友銀行、三菱UFJ銀行口座が必須 不要
    ATMを使った借入・返済 原則不可※2
    無利息サービス
    なし
    ※1 勤務先の確認のこと。一般的な金融機関では、あなたの勤務先に電話が掛かってくる
    ※2 SMBCモビットのスマートフォンアプリを使うことで、セブン銀行ATMでのみ取引可

    SMBCモビット「WEB完結」は、他人に借り入れがバレないことに特化したキャッシング方法。
    その代償としてか、申し込み条件は厳しく「自分名義の社会保険証または組合保険証」と「指定口座の開設」が必須となります。

    一方で、カードローンタイプは「WEB完結」に比べ多くのATMを利用できるなど、便利に利用できるものの……。
    必ず自宅に郵送物が送られてくるなど融通が利きにくい点もあり、結局他社に比べると便利とは言えません

    それでは、SMBCモビットには性質の違う2つの契約方法があると踏まえた上で、他社との比較を見ていきましょう!

    SMBCモビットをキャッシング初心者に勧められない3つの理由

    SMBCモビットをキャッシング初心者に勧められない3つの理由

    SMBCモビットは、「すでに何度かカードローンを使ったことがあり、基本的な利用方法をマスターしている場合」もしくは「何らかの理由で、他の大手他社を利用できない場合」におすすめしたい会社。

    それにしても、「初心者向け」と言われることの多いアコムプロミスとSMBCモビットの違いとは、一体何なのでしょうか?詳しく解説していきます。

    ①「インターネット返済に対応していない」など、サービス面に遅れあり

    「WEB完結」「カードローンタイプ」どちらを選んだ場合においても、気になるのがそのサービス面。
    例えば、「アコム」「プロミス」と比べると、SMBCモビットには以下のようなサービス面の遅れがあります。

    ※どちらも三井住友銀行「ローン契約機」(約700件)含む

    特に重要なのが「インターネット返済に対応していない」ことで、これはローンカードの発行されない「WEB完結」を利用する場合に大きな痛手となります。
    (一方で、「スマホATM取引」という独自のサービスが存在するため、他社に比べ完全に使い勝手が悪いとは言えません。)

    また、カードローンタイプを選択する場合にも「利用できる店舗数が少ない」「他社に比べ即日融資が難しい」という点でデメリットが多いのも残念なところ。
    実際、「SMBCモビットの契約ができる場所なら、ほぼ確実に大手他社の無人店舗も存在する」ため、あえてこの金融機関を狙う意味は少なそうです。
    (特に三井住友銀行の「ローン契約機」では、「SMBCモビット」「プロミス」すべての申し込み・契約が可能)

    ②即日融資の確実度は他社に比べかなり低く、急ぎの場合には向かない

    一応即日融資が可能……ではあるSMBCモビットですが、その確実度は他社に比べかなり低いです。
    実際に、同日・できるだけ近い時間に各金融機関へ問い合わせを行ったところ、その結果は以下のようになりました。

    ★金曜日14時頃に問い合わせを行った結果

    現在の審査時間即日融資の申し込みタイムリミット
    SMBCモビット
    (カードローンタイプ)
    1~2時間 18時までの来店
    アコム 15分~30分 21時半までの来店
    プロミス 1時間以内 21時までの来店
    アイフル 20分~30分 22時までの来店

    ★土曜日14時頃に問い合わせを行った結果

    現在の審査時間)即日融資の申し込みタイムリミット
    SMBCモビット
    (カードローンタイプ)
    早ければ1~2時間
    そうでなければ翌日以降
    回答不可
    アコム 15分~1時間 21時半までの来店
    プロミス 1~3時間 21時までの来店
    アイフル 20分~2時間 21時頃までの来店
    (大手金融機関4社に即日融資のリミットを聞いた!より)

    なんと、どの結果を見てもSMBCモビットが他社に比べ遅れを取っていることが発覚。
    休日に至っては、お昼頃の問い合わせにも関わらず「即日融資を確実にご案内することは難しい」との回答でした。

    平日、来店が可能であれば即日融資を受けることは難しくないものの……。
    やはり他社に比べると、審査に時間が掛かりやすいことは踏まえておくべきでしょう。

    さらにSMBCモビットへの問い合わせによると、審査結果によっては自宅に郵送物が届くまで、借り入れができないこともあるとのこと。(=申し込みから融資までに1週間以上が掛かる)
    確実な即日融資を希望する場合、SMBCモビットの利用はおすすめできません

    <「WEB完結」で即日融資を受けることは難しい?>

    他社に比べ、審査に時間の掛かりやすい「SMBCモビット」。
    カードローンタイプは夜間まで営業している無人店舗でカードを受け取った後、そのままATMで借入ができるためまだ良いものの……。
    「WEB完結」のキャッシング方法は「銀行振込」ほぼ一択※となるため、即日融資を受ける条件は厳しくなります。これは、銀行振込が反映されるのが「平日9:00~15:00」のみとなっているからですね。

    そこで、実際に「WEB完結」で即日融資を受けるためには、何時ごろまでに申し込めばよいか問い合わせてみたのですが……。

    【管理人】山本
    WEB完結は、何時までに申し込めば即日融資を受けられますか?
    SMBCモビットの回答
    書類のやりとりや審査などございますから、できるだけ早い時間にお申し込みいただければと存じます。
    【管理人】山本
    12時ごろの申し込みだと、難しいでしょうか?
    SMBCモビットの回答
    そうですね。即日のお振込みでございましたら銀行の営業時間の兼ね合いでできるだけ早く、としか。

    SMBCモビットは審査時間がやや不安定なこともあり、明確に「○時までの申し込みで即日振込OK」という基準を出すことはできない様子。
    基本的に、「WEB完結」利用時の融資は翌日以降になると考えておいた方が良さそうです。

    ※スマートフォンアプリがあれば、セブン銀行ATMでの借入が可能です。
    こちらは銀行営業時間に左右されないため、平日15時以降や土日に審査通過した場合でも利用できます。

    CHECK「スマホATM取引」を利用すれば、「WEB完結」でもATMが利用できる!

    ③無利息サービスが存在しないのは、単純に「損」

    「アコム」「プロミス」「アイフル」に「SMBCモビット」を加えたものを、大手金融機関と呼ぶとき……。
    この中で「無利息サービス」が存在しないのはSMBCモビットだけ

    無利息サービスとは、その名前の通り一定の期間、利息(サービス料)の発生しない初回特典のことを言います。
    このサービスを利用することに、デメリットは一切ありません。

    各無利息サービスを使った場合の差額は、以下のようになります。

    ★10万円を借り、月10,000円を返済した場合の支払い総額比較(金利はともに18%)

    アコム
    (30日間無利息)
    107,416円(11ヶ月)
    SMBCモビット 109,158円(11ヶ月)
    差額 1,742円

    というわけで、無利息サービスのないSMBCモビットは他社に比べ、無条件で多くの利息が発生してしまうわけですね。
    基本的な金利は18.0%と決して低くはない(むしろ高い)ため、このサービスを利用できないのは痛いところです。

    CHECKSMBCモビットの金利と利息の仕組みについて
    CHECK各金融機関の無利息サービス比較

    ④はじめてのキャッシングなら、「プロミス」や「アコム」の方がベター

    以上のことから、キャッシング初心者にSMBCモビットをおすすめすることはできません
    消費者金融(またはそれに近い性質を持つ金融機関)から選ぶとするのなら、サービス面の充実した「プロミス」「アコム」いずれかの利用をおすすめします。

    この中でも、「プロミス」はSMBCモビット「WEB完結」と同じく、「ローンカードなし&来店なし」での借り入れが可能です。

    SMBCモビット独自のサービスは、以下の2点となります。(詳しくは後述)

    • (WEB完結のみ)特に相談することなく、職場への電話連絡なし&郵送物なし&来店なしでの契約が可能
    • WEB完結であっても、スマートフォンアプリを使えばセブン銀行ATMでの取引ができる(ただしこれはプロミスにも共通)


    以上の2点にとくに魅力を感じないのなら、他社ローンを選択した方が良いでしょう。
    特にはじめての借入に、審査の面(後述)以外で独自のメリットの見当たらない「カードローンタイプのSMBCモビット」は向きません。

    他社ローンと比べた「SMBCモビット」独自のメリットは何?

    ここまで利用上のデメリットを挙げ連ねる形になってしまいましたが、本当に他社の下位互換であれば、SMBCモビットはとっくに潰れているハズですよね。
    積極的な広告事業を行っていることからも、根強い利用者層がこの会社を支えていることは想像に難くありません。
    ただ、その「利用者層」はかなり限定的なものとなるため、キャッシング初心者におすすめしづらいだけなんです。

    ここからは、他社と比べたSMBCモビット独自のメリットについて紹介していきます!

    ①まずはSMBCモビットの審査通過事例をチェック!

    SMBCモビットはなぜか、これまでカードローン利用したことがある経験者の方の体験談が多め。
    具体的には、以下のような通過例が寄せられています。

    30代男性/会社員/年収500万円/他社借入4件

    消費者金融は他社借入4件で審査落ちとか、ネットで見るけど、嘘だよ。実際、SMBCモビットは貸してくれたから。
    大手だけど、ワケありの人にも利用しやすいと思う。対応もいい。

    40代男性/会社員/年収400万円/自己破産歴あり

    5年前に自己破産。そこからは心を入れ替えたつもりだったんですが、人間そうすぐに変われないもので、ブラック明け後、結局またサラ金に頼ることに。
    アコムは審査落ち(おそらく自社ブラックのせい)、街金2社にも落とされて(スーパーホワイトのせい?)ダメ元でSMBCモビットを受けたら通ったので逆に驚きました。しかも枠は30。
    喪明けでも借りられるのは嬉しいですね。柔軟な審査をしているんだと思います。

    (SMBCモビットはアルバイトやカードローン利用経験者の審査通過口コミ多数!もらえる限度額は?より)

    利用者の言葉にもあるように、どうやらSMBCモビットは現在の借入状況や信用情報よりも、収入を中心とした返済能力を重視している模様。消費者金融よりは、銀行カードローンに近い審査基準ですね。

    もちろん「多重債務やホワイト状態が、マイナスポイントにならない」というわけではありませんが……。
    一度SMBCモビットの10秒簡易審査で、審査通過の可能性を見てみるのが良いでしょう。

    現在、ブラック期間中の場合にSMBCモビットの審査へ通ることはできませんブラック対応の中小消費者金融をご利用ください。

    CHECKSMBCモビットの審査通過体験談と審査基準について

    ②「WEB完結」を選べば、「借入が最もバレにくいローン」へ

    実はSMBCモビット「WEB完結」、電話連絡なしという珍しいキャッシング方法。つまり、他社のように勤務先へ電話が掛かってくることがないということですね。

    加えて、ローンカードを含む郵送物も送られてこないため、「最もバレにくいキャッシング方法」として有名ではありますが……。

    「郵送物なし&来店なし」の両立は「プロミスでも可能。
    こちらは在籍確認を原則電話で行うものの、相談次第では電話以外の方法での在籍確認を行ってくれます
    また、ここまで何度も触れてきた通り、サービス内容としてはこちらの2社の方が上を行きますから……。

    SMBCモビット「WEB完結」をおすすめしたいのは「勤務先にも、家族にもバレずにお金を借りたい」かつ「少し不便でもいいから、金融機関へ電話で相談もしたくない」という場合となります。

    ★ただしSMBCモビットで振込融資を受けた場合、通帳へはSMBCモビットからの振込記録が残ります。
    借入を隠したい場合には必ず個人用の口座を利用するか、以下で紹介する「スマホATM取引」でのみキャッシングを行いましょう。
    また「WEB完結」契約を済ませた後にカードを発行してもらうことも可能ですが、その場合は再審査が必要です。
    参考あとからカード発行をしてもらうことって可能?

    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法
    CHECKプロミスのメリット・デメリットと利用の流れ

    ③「スマホATM取引」を利用すれば、「WEB完結」でもATMが利用できる!

    2017年5月からはじまった「スマホATM取引」サービス。
    これは現在、大手他社にはないSMBCモビット独自のサービスで、簡単に言うと「スマートフォンアプリがローンカードの代わりになる」取引を言います。

    対応ATMは現在「セブン銀行」のみ。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置してあるATMですね。

    そこで気になるのが、ローンカードの発行されない「WEB完結」であっても、このサービスを利用できるかということですが……。

    実際にSMBCモビットへ問い合わせを行ったところ、「<スマホATM取引>はWEB完結でも利用できる」という回答をもらうことができました。
    つまり、このサービスを使えば「WEB完結」利用者であっても、銀行営業時間外にキャッシングが可能なわけです。

    「利用できるATMが限られる」「スマートフォンアプリをインストールしなければならない」という気になる点はありますが、「WEB完結」利用者にとっては大きな恩恵になること間違いありません!

    近くにセブン銀行があり、スマートフォンアプリをインストールできるのなら、「銀行営業時間外にしかお金を借りられない」という「WEB完結」の大きなデメリットを解消することができます。

    ★似たサービスとして、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、「プロミス」でほぼ24時間365日、即時キャッシングを受けることができます。(Web完結含む)

    2017年10月2日から、プロミスでも全く同じ内容のサービスがはじまりました

    ★カードローンタイプで契約を結んだ場合にも「スマホATM取引」は利用可能ですが、「ローンカードを忘れたとき」以外に恩恵はありません。

    公式ロゴを見ても分かる通り、「SMBCグループ」であることを大きく押し出しているSMBCモビット。

    モビットロゴ

    ▲SMBCモビット公式HPより

    そのためか、SMBCモビットを「総量規制対象外の銀行カードローン」と考えている方も多いのですが……。
    (※総量規制……利用者の年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律。消費者金融、クレジットカード会社に適用され、銀行は対象にならない)

    SMBCモビットはあくまで「SMBCグループ企業の消費者金融」。
    SMBCモビットの区分は消費者金融会社となります。

    そのため、SMBCモビットの運営にはアコムなどと同じく「貸金業法」が適用されます。
    もちろん、総量規制の対象外ではありません

    ★ちなみに、SMBCグループの区分は以下のようになります。
    プロミス……SMBCのグループ会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が提供しているため、「消費者金融カードローン」(貸金業法)
    SMBCモビット……SMBCグループの会社「株式会社SMBCモビット」が提供しているため、「消費者金融カードローン」(貸金業法)

    CHECKカードローン申し込みへの基礎知識と、かんたんな法律解説

    「SMBCモビット」申し込みから借入までの流れ

    「SMBCモビット」申し込みから借入までの流れ

    ここからは、SMBCモビットへの申し込みを決めたあなたに向けて、その契約の流れを解説していきます!

    ①契約の手順

    SMBCモビットは、契約方法により借り入れまでの手順が大きく異なります。
    あなたに合った契約方法を選択してみてください。

    CHECK「WEB完結」の契約手順
    CHECK「カードローンタイプ」の契約手順

    CHECK2つの契約方法の違いについて

    (1)「WEB完結」の場合

    SMBCモビット「WEB完結」契約の流れは以下のようになります。

    SMBCモビット「WEB完結」
    契約の流れ

    SMBCモビットの公式HPから「WEB完結申し込み」を行う
    (店舗での申し込みは不可)
    ★仮審査結果はその場で表示

    必要書類のアップロード提出

    本審査

    メールで審査結果連絡

    入会完了メールを確認後、
    会員ページから借り入れ手続きが可能

    「WEB完結」、つまり「申し込みから契約まで、すべてをインターネットで完了させる」という名前に恥じず、電話などを使った確認手続きが存在しません。(在籍確認含む)
    会社など、出先にいながらも契約を済ませられるのは嬉しいところですね。

    ★審査状況によっては、「WEB完結」選択時であっても電話確認が行われることがあります。

    ★申し込み時点で「社会保険証または組合保険証」「ゆうちょ銀行または三井住友銀行、三菱UFJ銀行の普通預金口座」が必要となります。

    (2)「カードローンタイプ」の場合

    「WEB完結」に比べると、カードローンタイプはやや契約に手間取ることとなるでしょう。

    SMBCモビット
    カードローン契約の流れ

    インターネットから「カード申し込み」を行う
    ★仮審査結果はその場で表示

    SMBCモビットから携帯電話へ申し込み確認

    必要書類のアップロード提出

    本審査
    在籍確認あり

    電話またはメールで審査結果連絡

    郵送または店舗◆でカード受け取り
    審査結果によっては店舗受取不可

    SMBCモビットから書類送付
    記入して返送

    ◆SMBCモビット「ローン申込機」、もしくは三井住友銀行店舗内の「ローン契約機」を利用可能。

    SMBCモビットからの電話・自宅への郵送物は避けられないため、「同居の家族に借り入れを隠したい」という場合には他社ローン、もしくは「WEB完結」を選択する必要があります。

    また、審査結果によっては郵送物が届くまで借り入れができないこともあるためお気をつけください。(おそらく住所確認のため)

    CHECKSMBCモビット公式HP「ローン申込機・ローン契約機設置場所検索」

    ★契約物は「MCセンター」名義で送られてきます。
    外からは消費者金融からの送付とはわからないものの、不審であることには変わりありません。

    ★インターネットで申し込みを行う場合、必要情報の記入途中で10秒簡易審査の結果が分かります。

    ②SMBCモビットの契約に必要な書類

    SMBCモビットの契約に必要な書類は、以下のようになります。契約方法によって必要書類が異なるため、必ず事前にご確認ください。

    ★SMBCモビットの必要書類(WEB完結)

    全利用者必須
    • 運転免許証またはパスポート
    • 社会保険証または組合保険証
    • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座
    • 収入証明書類いずれか1点
       ○源泉徴収票
       ○税額通知書
       ○所得証明書
       ○確定申告書
       ○給与明細2ヶ月分+あれば賞与明細
    • 給与明細1ヶ月分
      (収入証明書に給与明細を選択しなかった場合)

    ★SMBCモビットの必要書類(カードローンタイプ)

    全利用者必須本人確認書類いずれか1点

    • 運転免許証
    • 健康保険証(種別問わず)
    • パスポート
    SMBCモビットから要望のあった場合※ 収入証明書類いずれか1点

    • 源泉徴収票証
    • 税額通知書
    • 所得証明書
    • 確定申告書
    • 給与明細2ヶ月分+あれば賞与明細
    個人事業主が申し込みを行う場合
    ※限度額が50万円を超える場合、もしくはSMBCモビットでの限度額と他社借入の合計が100万円を超える場合には必須

    SMBCモビット(カードローンタイプ)は他の消費者金融機関のように、収入証明書類が必要になる明確な基準が記されていないのが気になるところ。
    前述の通りなぜか「ワケアリ」の利用者が多いこともあり、契約限度額を問わず収入証明書の提出を求められることが多いのでしょう。

    できるだけ早い借り入れを希望するのなら、事前に収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

    ★WEB完結を利用する場合、収入証明書は必須となります。

    ③在籍確認の方法は契約方法によって変わる!

    ここまで何度か触れてきた通り、「WEB完結」を選んだ場合、勤務先への電話連絡が行われることは原則ありません
    (審査結果によっては、携帯電話への事前確認の上、電話が掛けられることがあります。)

    ただし、「カードローンタイプ」を選択した場合に在籍確認の電話はほぼ必須
    どうしてもと言うのなら、郵送物の送付をもって在籍確認の代わりにできる「こともある」ようですが……。

    基本的に、SMBCモビットのスタンスは「電話を避けたいならWEB完結を選んでほしい」というもの。
    社会保険証を持っていないなど、「WEB完結を使えないけれど職場への電話は困る!」という場合には、電話を簡単に回避できるアイフルを利用することをおすすめします。

    CHECKアイフルのメリット・デメリットと利用の流れ
    CHECK在籍確認ナシで借入の可能なカードローンまとめ

    SMBCモビット、契約後の借り入れ方法

    SMBCモビット、契約後の借り入れ方法

    SMBCモビット契約後の借り入れ方法は、以下のようになります。

    ★SMBCモビットの借り入れ方法

    手数料その他
    振込キャッシング無料
    • 原則24時間最短3分での振り込みが可能
      ATM 三井住友銀行ATMを除き
      取引額1万円超過
      ……216円
      取引額1万円以下
      ……108円

      ★SMBCモビットの提携ATM(カードローンタイプ)

      • 三井住友銀行(手数料無料)
      • 三菱UFJ銀行
      • セブン銀行
      • ローソン
      • E-net(ファミリーマートなど)
      • イオン銀行
      • ゆうちょ銀行
      • プロミス
      • セゾンカード
      • その他、多くの地方銀行ATMなど

      SMBCモビットには有人店舗窓口が存在しないため、借り入れ方法はこの2種類のみ。
      その代わりと言ってか、提携ATMの数は同グループのプロミスなどに比べても多くなっています。

      ★「WEB完結」契約者が銀行営業時間外にお金を借りるためには、「スマホATM取引」を利用するしかありません。

      SMBCモビットにおける毎月の返済方法とその金額

      SMBCモビットにおける毎月の返済方法とその金額

      最後に、SMBCモビットにおける毎月の返済について簡単に紹介していきます!

      ①最終借入残高ごとの毎月の支払い額

      毎月の返済額は、他の消費者金融会社と同じく「最終借入時の借入残高」に応じて変わります。

      ★SMBCモビットの借入残高ごとの返済額

      最終借入時の利用残高最低返済額
      10万円以下4,000円
      10万円超過~20万円8,000円
      20万円超過~40万円11,000円
      40万円超過~50万円13,000円
      50万円超過~60万円16,000円
      60万円超過~70万円18,000円
      70万円超過~80万円21,000円
      80万円超過~90万円24,000円
      90万円超過~100万円26,000円
      以後、最終借入時の借入残高20万円ごとに最低返済額+4,000円

      こちらはあくまで「最低返済額」となるため、ATMや銀行振込(後述)を使い、さらに多くのお金を返済しても問題ありません。

      ちなみに、毎月の返済日は「5日」「15日」「25日」「末日」から契約時に選択することができます。

      詳細SMBCモビット、初回返済の手引き

      ②SMBCモビットの返済方法一覧

      SMBCモビットの毎月の返済方法は、契約方法によって異なります。

      CHECK「WEB完結」時の返済方法
      CHECKカードローンタイプの返済方法

      (1)「WEB完結」の場合、毎月の返済は「引き落とし」一択

      「WEB完結」で契約を結んだ場合、毎月の返済方法は「自動引落とし」一択となります。
      申し込み時に必要だった「三井住友銀行または三菱UFJ銀行の口座」は、ここで活きてくるわけですね。そのため、引き落とし先はこの2行いずれかのみとなります。

      毎月の引き落とし額は、上で紹介した「最低返済額」そのまま。
      インターネットや電話などの手続きで、毎月の引き落とし額を調整することはできません。(SMBCモビットへの問い合わせによる)

      より多くのお金を返済したい場合には、「銀行振込」を使う必要があります。※
      振込先はインターネット会員サービス「Myモビ」のパソコン版、もしくはコールセンターへの問い合わせから確認可能です。

      SMBCモビット公式HP「Myモビログイン」

      SMBCモビットコールセンター:0120-24-7217

      ※SMBCモビットのスマートフォンアプリを利用すれば、WEB完結であってもセブン銀行ATMでのみ追加返済が可能です。
      詳しくはSMBCモビット公式HP「スマホATM取引」ページをご覧ください。

      ★銀行振込や「スマホATM取引」を使い、返済日以前に支払いを行った場合であっても、借入残高が残っている限り毎月の引き落としは滞りなく行われます。

      (2)カードローンタイプなら、ATMなどを使いある程度自由に返済できる

      カードローンタイプを選択した場合、毎月の返済方法は以下の中から選択可能です。

      ★SMBCモビットカードローンの返済方法

      手数料その他
      各種ATM 取引額1万円以下
      ……108円
      取引額1万円超過
      ……216円
      口座振替(自動引落とし)無料
      • 引落とし日は「5日」「15日」「25日」「末日」から選択可
      • 引落とし先に指定できる口座は「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」の普通預金口座のみ
      銀行振込金融機関による
      • 「Myモビ」から振込先を確認可能
      (SMBCモビットの返済総まとめ:毎月の返済額やWEB完結時の追加返済方法は?より)

      デメリットの項目でも触れたとおり、インターネット会員サービスを通した返済には未対応。(2017年10月現在)
      返済手数料を抑えるためには、積極的に三井住友銀行のATMを利用したいところです。

      ★返済について詳しくは、「SMBCモビットの返済総まとめ」ページをご覧ください。

      ★「スマホATM取引」を利用する場合であっても、通常通り手数料は発生します。(利息と一緒に徴収されます。)

      まとめ

      まとめ

      ★SMBCモビットは他社に比べサービス面で後れを取ることが多く、キャッシング初心者にはおすすめできない
      ★特に「大手消費者金融でありながら、即日融資に弱い」という点には注意
      ★一方、カードローン利用経験者の方の通過例が多く、数件目の借り入れ先を探しているなら有力候補に
      「WEB完結」を選べば、相談なしに職場への電話連絡を防げるのが嬉しいところ。

      誰にでも利用しやすい……とは決して言えないものの、すでに数社でお金を借りたことのある、キャッシング上級者におすすめしたい会社となっています。ただし、ご利用は計画的に!


      CHECKSMBCモビットはアルバイトやカードローン利用経験者の審査通過口コミ多数!もらえる限度額は?
      CHECKSMBCモビットの返済総まとめ:毎月の返済額やWEB完結時の追加返済方法は?
      CHECKSMBCモビット「WEB完結」とその利用条件について
      CHECKSMBCモビットカードローンの在籍確認仕様について

      CHECK消費者金融カードローンを徹底比較!バレない&おトクな会社を簡単チェック


      この記事でチェックしたカードローン情報

      SMBCモビット (基本情報)
      実質年率3.0%~18.0%限度額800万円
      保証料なし審査時間最短30分 (※)
      融資スピード最短即日借入判断あり(10秒簡易審査)
      備考
      • SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
      • 郵送物なしの「WEB完結」申込が可能
      • WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加
      • 限度額が800万円と高額で、最低金利も低い
      • まわりにバレずに、まとまったお金を借りたい人にオススメ
      • 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
      • 無利息サービスなし

      株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

      ※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります



      

      カードローン診断ツール

      「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
       
      そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
       
      匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
       

      【Q】今日・明日中に借りたい

      アンケートにご協力お願いします

      カード名*
      審査結果*
      コメント