即日融資は苦手?SMBCモビットを選ぶ意味とおすすめ最速カードローン

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    即日融資は苦手?SMBCモビットを選ぶ意味とおすすめ最速カードローン

    「電車の中で見かける、郵送物なしで借りられるというSMBCモビットの広告が気になる。
    誰にも知られず、すぐに借りられるなら検討してみたいけれど…」

    「自宅への郵送物・勤務先への電話なし」という点で人気を集めるSMBCモビット「WEB完結」。誰にも知られずお金を借りたいという場合には、打ってつけの申込み先候補と言って良いでしょう。

    …が、その反面スピード融資はライバル業者に比べて少し苦手
    「確実に即日融資を受けること」を最優先するなら、モビット以外の会社を選んだ方が良さそうです。

    そこで今回は、

    • SMBCモビットが他社よりスピード融資が苦手と言える根拠
    • それでもSMBCモビットを選ぶ利点と極力早く借りる条件、流れ
    • スピード融資を希望する場合のその他の申込先候補

    を中心に、詳しくまとめさせて頂きました。
    読み進めて頂ければ、あなたの状況に合った即日融資の受け方が分かります。

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
      ※インターネット申込の休業時間:1月1日 0時~1月2日 7時まで
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい

    確実な即日融資を狙うならSMBCモビットはNGかも…その理由は?

    確実な即日融資を狙うならSMBCモビットはNGかも…その理由は?

    まずは、確実な即日融資を狙うにあたって「SMBCモビット」の選択がイマイチおすすめできない根拠についてお話しさせて頂きます。

    ①実際に問い合わせを行うと、モビットの審査時間が他社より長引きやすいと分かる

    実際に即日融資について、SMBCモビットへ問い合わせてみた結果が以下の通りとなります。

    ★SMBCモビットへの問い合わせ結果

    【管理人】山本
    何時ごろまでに申し込めば、今日中に契約できますか?
    オペレーターの回答
    何時ごろまでという目安は特に設けてはおりません
    今日中に契約して今日中に借りられるという方もいらっしゃいますが、ご審査状況によっては後日ということにもなりますので…。
    【管理人】山本
    審査にはどれくらいの時間がかかりますか?
    オペレーターの回答
    そうですね、1~2時間程度でご案内できる方もいらっしゃいます。

    これに対し、以前「プロミス」へ同様の問い合わせを行った際の回答は以下の通りです。

    ★プロミスへの問い合わせ結果

    【管理人】山本
    今日中に契約するためには何時ごろまでに申し込めばよいでしょうか?
    オペレーターの回答
    混雑状況にもよるんですけれども、ただ今、インターネットからのお申し込みでしたら1時間以内で結果をご案内できるかと思います。
    【管理人】山本
    自動契約機を使う場合、契約までにはどれくらいの時間が掛かりますか?
    オペレーターの回答
    そうですね、自動契約機であればお申し込みから50分程度で契約できるかと思います。

    2社の回答を比較してみると、

    • モビットの方にのみ「即日融資を受けられない人がいる」という返答
    • プロミスの方が審査に必要な時間が短い

    といった違いがあるのが分かりますね。
    ちなみにモビットの「即日融資を受けられない場合もある」という回答はマニュアル化されているのか、これまで何度も同様の返事を頂いています。

    上の内容だけを見ても、確実な即日融資のために「SMBCモビット」の選択はおすすめしかねると判断できるでしょう。

    ②店舗営業時間・審査対応時間も他社より短い

    そもそも他社より審査・融資に時間が掛かる傾向のあるSMBCモビットですが…。

    これに加え、この会社は「店舗営業時間」「審査対応時間」の面でも他社に後れを取っています。

    各社の営業時間比較
    無人店舗営業時間ネット申込時の審査回答時間
    SMBCモビット9:00
    ~21:00
    ※営業時間は店舗により異なります。
    9時
    ~21時
    プロミス9時
    ~21時
    9時
    22時
    レイクALSA9時
    22時※1 
    8時10分
    21時50分※2
    アコム9時
    ~21時
    9時
    ~21時
    アイフル9時
    ~21時
    9時
    ~21時
    ※1 日曜日は19時、祝日は店舗によって21時まで
    ※2 即日振込のためには21時(日曜は18時)までに契約を完了させる必要あり

    特に無人店舗(三井住友銀行のローン契約機)の営業時間は明らかに他社より短いですね。

    またネット申込時においても、「プロミス」「レイクALSA」の審査回答時間はモビットより1時間程長いです。仮に申し込みが遅くなっても、当日中に審査結果が出る可能性はこの2社の方が高いと言えるでしょう。

    ③審査結果によっては「郵送物が自宅に届くまで、借り入れができない」ことも(カード申込)

    SMBCモビットには「WEB完結」「カード申込」という2つの契約タイプがあるのですが…。

    このうち「必要書類が少ない」「所定の銀行口座不要」といった申し込みやすさに優れる「カード申込」の場合、審査結果によっては自宅に郵送物が届くまで、融資を受けられない場合があるとのこと(モビットへの問い合わせによる)。

    これまで実施したアンケート調査ではそういった結果の出た方は確認されていませんので、あまり頻繁に起こることではないと思われますが…。

    特に「WEB完結」利用条件(後述)を満たせない場合、「即日で審査結果が出ても、即日融資を受けられない可能性がある」ことは心に留めておきたいところです。

    他社カードローンより審査・融資に時間が掛かりやすく、審査対応時間も短い「SMBCモビット」は、確実に即日融資を受けたい場合にはおすすめしかねます

    「融資スピード」を最優先とする場合には、より審査・契約スピードの安定した他社カードローンをお選びください。

    CHECK5.SMBCモビットより確実な即日融資を狙えるカードローンはどれ?

    それでも「SMBCモビット」を選ぶべきはどんな人?

    それでも「SMBCモビット」を選ぶべきはどんな人?

    正直なところ、スピード融資は他社より苦手な傾向にある「SMBCモビット」。
    それでもこの会社を選ぶべきは、一体どういった人なのでしょうか?

    ①WEB完結を選択可能、かつ勤務先への在籍確認電話を確実に避けたい人

    SMBCモビットの選択理由として、一番に挙げられるのが「在籍確認の電話を避けたかったから」

    一般的なカードローンでは審査の際、勤務先に在籍確認の電話が入ります。
    申込み先が消費者金融会社であれば社名などが第三者に伝えられることはないものの、「そもそも名指しで電話を掛けられること自体が困る」という方は少なくありません。

    そんな中、SMBCモビットの「WEB完結」はデフォルトで「在籍確認の電話なし」
    勤務先への電話を確実に避けたい、という場合には打ってつけの申込み先と言えるわけですね。

    ……が、「WEB完結」の利用条件は以下の通り、一般の消費者金融のキャッシングサービスに比べかなり厳しいです。
    これを満たせない場合には、原則在籍確認の電話ありの「カード申込」を選ぶ他ありません。

    「WEB完結」利用条件

    以下をすべて満たすこと

    • 本人名義の、以下の金融機関口座を返済用口座に指定できる
        ▶︎三井住友銀行
        ▶︎三菱UFJ銀行
        ▶︎みずほ銀行
        ▶︎ゆうちょ銀行
    • 勤務先から発行された保険証(被扶養者のものは不可)を持っている
    • 収入証明書類(源泉徴収票など)を提出できる

    ★とは言えSMBCモビット「カード申込」、あるいはプロミス等の他社においても、「事前相談+勤務先を確認できる書類の提出」により、在籍確認の電話回避は可能です。

    CHECK在籍確認なしのカードローンはどこ?会社への電話連絡なし&低金利のカードローンを徹底調査

    ★SMBCモビット「WEB完結」の利用が難しそう、かつ在籍確認(書類提出含む)を避けたいという場合には、アイフルの選択をご検討ください。

    CHECK【アイフルの在籍確認】電話なしで即日融資を受ける方法と10人の審査口コミ
    CHECKアイフルの審査傾向と即日融資の条件・流れ

    ②他社借入を理由に審査に不安を抱えている人

    SMBCモビットは、大手消費者金融会社の中ではわりと「他社借入・他社債務」に寛容な審査傾向を持っています。

    他社カードローン、あるいはショッピングリボ等の債務により審査に不安を抱えているのなら、その審査傾向に期待し「SMBCモビット」を選ぶのもありでしょう。

    参考SMBCモビット利用者アンケートより
    属性契約内容
    • 年収240万円
    • 派遣社員
    • 他社借入2件計190万円(いずれも銀行)
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収360万円
    • 正社員
    • 他社借入3社計200万円
      ┗貸金業者2社100万円、銀行100万円
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収780万円
    • 正社員
    • 他社借入3社計90万円(借入先不明)
    • 金利18%
    • 限度額50万円

    CHECK徹底比較!消費者金融の審査基準&サービスの違いと申込み先カードローンの選び方

    ★ただし反対に、モビットはいわゆる「ブラック状態」の方に対し厳しい審査を行っていますのでご注意ください。

    ★貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠)からの借入が「年収の3分の1」に達している場合、モビット含む貸金業者から新規貸付を受けることは原則としてできません。(緊急医療費借入時などの例外除く

    ③即日融資+高めの限度額を両立させたい人

    SMBCモビットは、他の消費者金融会社(特にプロミス)に比べると、初回限度額(借入可能額)が高い傾向にあります。

    一般的な消費者金融の初回限度額が「10万円~50万円」である中、モビットでは100万円以上の契約を結べたという報告も少なくありません。

    参考モビットで100万円以上の契約を結べた例
    属性限度額
    • 年収315万円
    • 会社員
    105万円
    • 年収340万円
    • 会社員
    100万円
    • 年収400万円
    • 会社員
    • リボ残高おまとめのための申込み
    103万円

    もちろん総量規制(年収の3分の1超を貸してはならないという制限)に縛られない銀行系カードローンに比べると、いくらか不利なところはありますが…。

    「即日融資」と「高めの限度額」を両立できるというのは、モビット独自のメリットと言って良いでしょう。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件

    ④結局どんな人が「SMBCモビット」に向いているの?

    これまでの内容をまとめると、あえて「SMBCモビット」を選ぶべきは、

    • 「WEB完結」を選択可能、かつ勤務先への電話連絡を確実に避けたい
    • 他社借入のせいで審査に不安がある
    • 即日融資+高めの限度額を両立させたい

    という方となります。

    もしもあなたが上の条件に該当しないのであれば、

    を選んだ方が良いでしょう。

    SMBCモビットは万人向けというよりは、わりと「人を選ぶ」申込み先と言って差し支えありません。

    参考:他社カードローンとSMBCモビットの比較(クリック/タップで開きます)
    上限金利特性など
    SMBCモビット18.0%
    • 「WEB完結」なら在籍確認の電話なしかつ郵送物なし
      「カード申込」だと原則両方「あり」なので注意
    • 他社借入に比較的寛容
      ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
    • ほぼ24時間振込
    プロミス17.8%
    • 郵送物の回避が容易
    • 30日間無利息
    • 最短1時間融資
    • ほぼ24時間振込
    • ブラックに比較的寛容(他社借入がない場合)
    レイクALSA18.0%
    • 郵送物の回避が容易
    • 60日間無利息または180日間5万円以下無利息
    • 最短1時間融資
    • ほぼ24時間振込
    アコム18.0%
    • 郵送物の回避が容易
    • 30日間無利息
    • ブラック、他社借入に比較的寛容
    • 時間外振込は限定的
    アイフル18.0%
    • 郵送物の回避が容易
    • 在籍確認の電話原則なし
    • 初めての方なら最大30日間無利息
    • 最短25分融資
      ※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
      ※WEB申込なら最短25分融資も可能です。
    • ブラック、他社借入に比較的寛容
    • 振込は24時間365日
    三菱UFJ銀行バンクイック14.6%
    • 銀行の中では低難易度
    • 他社借入に比較的寛容
    • 口座開設不要
      (ただし口座があった方が便利)
    楽天銀行14.5%
    • 審査は属性重視
      ┗アルバイト等には不向き
    • 他社借入に比較的寛容(おまとめ目的の正規雇用者の場合)
    • 他行口座で返済可
    アイフルファーストプレミアムカードローン9.5%
    • 最低年収300万円~
    • 郵送物の回避が容易
    • 初めての方なら最大30日間無利息

    【WEB完結編】SMBCモビットで即日融資を受ける条件と流れ、必要書類

    【WEB完結編】SMBCモビットで即日融資を受ける条件と流れ、必要書類

    ここからは、メリット・デメリットを把握の上でやはり「SMBCモビット」へ申し込みたいというあなたのため、極力早く借りる流れについて解説させて頂きます。

    まずは特に人気の高い「WEB完結」についてですね。

    ★「カード申込」の流れについては次の項目をご覧ください。

    再掲:「WEB完結」利用条件

    以下をすべて満たすこと

    • 本人名義の、以下の金融機関口座を返済用口座に指定できる
       ▶三井住友銀行
       ▶三菱UFJ銀行
       ▶みずほ銀行
       ▶ゆうちょ銀行
    • 勤務先から発行された保険証(被扶養者のものは不可)を持っている
    • 収入証明書類(源泉徴収票など)を提出できる

    ①SMBCモビット「WEB完結」の流れ:申込みは目安19時までに済ませたい

    SMBCモビット「WEB完結」の流れは以下の通りです。

    SMBCモビット「WEB完結」の流れ

    インターネットから申込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    急ぎの場合はモビットへ電話連絡
    (0120-03-5000)
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※不要な場合あり
    電話確認に前後する形で
    必要書類の提出
    メールで本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    銀行振込または「スマホATM取引」による借入
    ※郵送物なし

    SMBCモビットでは、申込後に電話で急ぎの旨を伝えることで優先審査を受けられます。

    放っておくと他社より審査が長引きやすいSMBCモビットですから、借入を急ぎたい場合にはこの過程はほぼ必須と言えるでしょう。

    また、オペレーターさんへの問い合わせによると審査に必要な時間は早い場合で1~2時間とのこと。
    21時までに契約手続きを済ませる必要があると考えると、即日融資を受けるためには遅くとも19時頃(できれば18時頃)までに申込みを済ませておきたいところです。

    夕方以降に即日融資を狙う場合には、申込後にモビットへ電話を掛け、急ぎの旨を伝えられると良いですね。

    SMBCモビットコールセンター:0120-03-5000
    (毎日9時~21時)

    ★平日、土日祝日ともに審査回答時間は「9時~21時」です。

    ②SMBCモビット「WEB完結」の必要書類

    SMBCモビット「WEB完結」の必要書類は以下の通りです。

    「WEB完結」必要書類(問合せとアンケート調査に基づく)
    本人確認書類以下の中から一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証
    • パスポート

    その他マイナンバーカード等も可
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    収入証明書類以下の中から一点

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 2ヶ月分の給与明細書(+あれば賞与明細書)

    その他所得証明書など

    勤務先確認書類原則として「勤務先から発行された保険証」
    ただし源泉徴収票や給与明細などで対応してもらえることもある模様

    公式HPの情報と若干違い(マイナンバーカードを使えるかどうか等)がありますが、こちらは実際の問い合わせや利用者アンケート調査に基づく情報。実際の必要書類は上に掲載されているものと考えていただいて構いません。

    基本的には2つまたは3つの書類を使い、

    • 本人確認
    • 収入確認
    • 勤務先確認

    をこなせればOKと考えて良いでしょう。

    ちなみに各書類は、「スマートフォンなどで撮影してアップロード」という形で簡単に提出可能です。

    ③契約後の借入は「銀行振込」または「スマホATM取引」で

    「WEB完結」の場合、「来店なし」「郵送物なし」を両立させるため、ローンカードが発行されません

    そしてSMBCモビットにおける、カードなしで利用できる借入方法は「銀行振込」「スマホATM取引」の2つとなります。

    SMBCモビットのカードレスキャッシング方法
    銀行振込
    • 24時間でこそないが、土日祝日含む時間外振込に対応
      ┗対応金融機関や時間帯については公式PDF参照
    • インターネット会員ページから申込後、最短3分で振込
    • 手数料無料

    全金融機関18時50分~は利用不可

    スマホATM取引

    • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」で入出金を行う
    • 実際の使い方については公式HP参照
    • モビットやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
    • 以下の手数料発生
      • 取引額1万円以下…110円
      • 取引額1万円超…220円

    基本的には簡単、かつ手数料無料で使える「銀行振込」がおすすめと言えますが…。

    • あなたが使っている銀行口座が、時間外振込に対応していない
    • 日曜の18時50分以降に借りたい

    という場合には、お近くのセブン銀行ATMに出向き「スマホATM取引」を利用することとなるでしょう。

    不正利用問題の影響で一時的に停止していたこともあるサービスですが、2021年3月29日より稼働を再開しています。
    詳細はSMBCモビット公式HPをご確認ください。

    CHECKSMBCモビット公式HP「SMBCモビットからのお知らせ」

    ★振込対応時間の仕様上、「日曜日に、スマホATM取引を使わず振込で」即日融資を受けたい場合には、15時~16時頃までの申込みが必要となりそうです。

    ★銀行振込を利用できない、かつ近くにセブン銀行ATMも無いという場合には、

    などをご検討ください。

    【カード申込編】SMBCモビットで即日融資を受ける条件と流れ、必要書類

    【カード申込編】SMBCモビットで即日融資を受ける条件と流れ、必要書類

    ここからは、SMBCモビット「カード申込」を選択する場合の即日融資の受け方について解説させて頂きます。

    ★「カード申込」の申込み条件は、「20歳~69歳で仕事をしていること」のみとなります。

    ①SMBCモビット「カード申込」インターネット契約の流れ

    店舗に出向かず、SMBCモビット「カード申込」の契約を結ぶ流れは以下の通りです。

    SMBCモビット「カード申込」の流れ
    (来店なしの場合)

    インターネットから申込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    急ぎの場合はモビットへ電話連絡
    (0120-03-5000)
    こちらから電話を掛けない場合、
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    在籍確認
    (事前相談により電話連絡なしで行われる)
    電話確認に前後する形で
    必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    後日ローンカードと契約書類の送付
    事前相談により融通可

    ※在籍確認の電話はありません。

    審査所要時間は「早くて1~2時間」とのこと。
    申込後に電話で急ぎの旨を伝えるのなら19時(できれば18時)頃までの申込みで即日契約を狙えることでしょう。

    ②三井住友銀行ローン契約機を使った契約の流れ

    SMBCモビットは他の大手業者のように、自社店舗を持っていません。
    来店契約を希望する場合には、親会社にあたる「三井住友銀行」店舗内に設置してある「ローン契約機」という機械を使うことになります。

    その場合の契約の流れは以下の通り。

    SMBCモビット「カード申込」の流れ
    (来店ありの場合)

    必要書類を持って
    お近くの「ローン契約機」へ
    (16時~17時頃まで)
    オペレーターや画面の指示に従い
    必要書類の読み取り、
    在籍確認、その他聞き取りなど
    その場で審査結果が出る
    (最短30分)
    契約内容に合意したらその場でカード受取
    併設の三井住友銀行ATMを使い借入
    後日契約書類の送付
    事前相談により融通可

    以前の「SMBCモビット」は来店契約の際、「先にカード発行→審査通過次第カードが有効になる」という方法を取っていましたが、最近改定されたようですね。

    ただし注意すべきは、三井住友銀行「ローン契約機」の営業時間の短さ。
    即日契約のためには18時までに全手続きを完了させる必要がありますので、遅くとも16時か17時までには手続きを始めたいところです。

    お近くの三井住友銀行「ローン契約機」設置場所については、以下の公式HPをご確認ください。

    CHECKSMBCモビット公式HP「ローン契約機設置場所検索」

    三井住友ATM

    ▲ローン契約機のイメージ(三井住友銀行公式HPより)

    ③SMBCモビット「カード申込」の必要書類

    SMBCモビットにて「カード申込」を選ぶ場合の必要書類は以下の通りです。

    「カード申込み」必要書類
    本人確認書類以下の中から一点

    • 運転免許証
    • 健康保険証※1
    • パスポート

    その他マイナンバーカード等も可
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    収入証明書類
    ※限度額50万超を希望の場合など
    以下の中から一点

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 2ヶ月分の給与明細書(+あれば賞与明細書)

    その他所得証明書など

    ※1 来店契約の場合、別途住所確認書類(公共料金の領収書など)が必要
    ※その他審査状況により、収入証明書類や勤務先確認書類などを要求される場合あり

    希望限度額が50万円以下、かつ他社借入なども無いのであれば、本人確認書類のみで契約できることも多いでしょう。
    必要書類が少なくて済むことは、「WEB完結」に対するアドバンテージの一つと言えそうです。

    ちなみに各書類は、

    • スマートフォンなどで撮影+アップロード
    • 「ローン契約機」のスキャン機能を使い読み取り、送信

    といった形で提出できます。

    ④「カード申込」の在籍確認(勤務先確認)電話について

    あなたが「カード申込」を選んだ場合、審査の過程で勤務先への電話確認が行われます。

    とは言えこの場合、モビットが社名や用件を第三者に伝えることはありません。
    電話は「○○(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」というように、お客さんや知り合いを装うような形で掛かってきます。
    身元を尋ねられても「個人的な知り合いですが、携帯に掛けても繋がらなくて…」というようにかわしてくれますので、この電話のせいで借入が知られることは滅多にないと言って良いでしょう。

    とは言えそれでも勤務先への電話を避けたいという場合には、申込確認(モビットと携帯電話で事前相談を行う過程)で希望を伝えればOK。
    勤務先を確認できる書類の提出を条件に、在籍確認の電話を避けることができます(モビットへの問い合わせによる)。

    参考主な勤務先確認書類

    • 勤務先から発行された保険証
    • 最新の給与明細書
    • 最新の源泉徴収票
    • その他、勤務先から発行された書類など

    CHECK大手消費者金融に聞いた!在籍確認の基本仕様と「こんなときどうなるの?」

    ⑤注意!自宅への郵送物は原則「あり」

    「カード申込」を選ぶ際の注意点として、インターネット契約でも来店契約でも原則として「自宅への郵送物が発生する」というものが挙げられます。

    とは言え回避方法がないわけではなく、事前相談さえ行えば

    • 郵便局留め
    • 返済用口座登録を条件とするカードレス契約

    といった対応も可能とのことですが…(SMBCモビットへの問い合わせによる)。

    自宅への郵送物を簡単に避けたいという場合には、郵送物なしの他社カードローンを選ぶのが無難と言わざるを得ないでしょう。

    ちなみに郵送物は、「SMBCモビット」ではなく「MCセンター」の名義で届くこととなります。

    ⑥「カード申込」契約後の借入方法

    「カード申込」の契約を済ませた後の借入方法は以下の通りです。

    SMBCモビットのキャッシング方法
    銀行振込(カードレス)
    • 24時間でこそないが、土日祝日含む時間外振込に対応
      ┗対応金融機関や時間帯については公式PDF参照
    • インターネット会員ページから申込後、最短3分で振込
    • 手数料無料

    全金融機関18時50分~は利用不可

    スマホATM取引(カードレス)

    • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」で入出金を行う
    • 実際の使い方については公式HP参照
    • モビットやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
    • 以下の手数料発生
      • 取引額1万円以下…110円
      • 取引額1万円超…220円
    カードを使ったATM出金
    ※来店または郵送によるカード入手後に利用可能
    • 各大手コンビニATM、その他提携銀行のATMを使い出金
    • ┗利用可能ATMについては公式HP参照

    • 以下の手数料発生
      • 取引額1万円以下…110円
      • 取引額1万円超…220円
         ※ただし三井住友銀行ATMのみは無料

    インターネット契約の場合はローンカードが届くまで、「銀行振込」または「スマホATM取引」でお金を借りることとなりますね。日曜夜間の振込制限には重々お気をつけください(スマホATM取引は日曜夜間でも利用可)。

    一方で三井住友銀行の「ローン契約機」を用いてカードを受け取る場合には、契約後すぐに併設の「三井住友銀行ATM」を使いキャッシングを利用可能です。

    SMBCモビットより確実な即日融資を狙えるカードローンはどれ?

    SMBCモビットより確実な即日融資を狙えるカードローンはどれ?

    ここからは、

    • SMBCモビットより確実に、スピーディに借りられる業者を選びたい
    • SMBCモビットの独自のメリットがいまいちピンと来ない

    というあなたのため、「融資スピードに優れる、モビット以外の申込み先候補」をいくつか紹介させて頂きます。

    ①「来店なし」で借りたいならプロミスやレイクALSAの選択が無難

    「来店なし」の即日融資に特に強いのは、「プロミス」「レイクALSA」の2社となります。

    2社の「来店なし」即日融資申込みリミット目安
    プロミス20時
    ※日曜は17時
    レイクALSA19時
    ※日曜、かつ振込を希望する場合は16時
    (スマホATM取引を使えるなら日曜も19時)
    参考
    SMBCモビット
    18時~19時
    ※急ぎの旨を伝える場合
    ※日曜、かつ振込を希望する場合は15時~16時

    即日融資を希望するのが「日曜日以外」なら、申込み先は「プロミス」に決めて良いでしょう。

    一方、

    • 日曜日の即日融資希望、かつ「スマホATM取引(スマートフォンアプリ+セブン銀行ATM)」を使える
    • 無利息サービスを重視したい

    という場合には、「レイクALSA」の優先順位が高くなりそうですね。

    プロミスの概要
    上限金利17.8%
    ※他社より0.2%低い
    即日融資の申込みリミット目安
    (来店なし)
    20時
    ※日曜日は17時
    カードレス借入
    • ほぼ24時間振込
      (日曜夜間等の例外あり)
    • スマホATM取引
    郵送物の避けやすさ
    あえてカード郵送を希望しない限り、郵送物なし
    その他
    • 30日間無利息
    • 事前相談による在籍確認電話の回避対応
    レイクALSAの概要
    上限金利18.0%
    即日融資の申込みリミット目安
    (来店なし)
    19時
    ※日曜は16時
    カードレス借入
    • ほぼ24時間振込
      (日曜夜間等の例外あり)
    • スマホATM取引
      ┗ただし2021年2月現在一時サービス停止中
    郵送物の避けやすさ
    あえてカード郵送を希望しない限り、郵送物なし
    その他
    • 60日間または180日間5万円以下無利息
      ┗ネット申込の場合
    • 事前相談による在籍確認電話の回避対応
    • 三井住友銀行ユーザーは来店なし+郵送物なしの両立に運転免許証が必要なので注意

    ②「来店あり」なら一番出向きやすいところに店舗を構える大手消費者金融を選んでOK

    「来店なし」で即日融資を受けやすい会社を選ぶ場合、「時間外振込に対応しているか」等の複雑な条件が絡みがちなのですが…。

    あなたが各消費者金融会社で「来店契約」を利用できそうなら、申込み先は単純明快、「一番行きやすい場所に店舗を置いている金融機関」を選んでOK。

    大手消費者金融会社のローンカードはどこも大手コンビニATMと提携済み。
    かつ提携ATMの利用手数料も共通ですから、どの会社を選んでも大した差はないわけですね。

    強いて言えば、

    • 若干ながら金利の低い「プロミス」
    • 低額借入時の無利息サービスが優秀、かつ一番遅くまで営業している「レイクALSA」

    あたりの優先度が高いと言えなくもないですが…。

    店舗に到着するのが20時以降になりそう、といった場合を除きそこまでサービスの違いを気にする必要はないだろうと思います。

    大手5社のカードローンの概要
    来店契約時の即日融資申込み(手続き開始)リミット目安
    プロミス20時
    レイクALSA21時
    ※祝日は20時
    ※日曜は18時
    アコム20時半
    アイフル口座振込なら24時間借入可能
    ※受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります
    参考SMBCモビット16時~17時

    SMBCモビットで即日融資を受ける方法のまとめ

    SMBCモビットで即日融資を受ける方法のまとめ

    SMBCモビットで即日融資を受ける方法
    来店なし18時~19時までに申し込み
    申込後に電話で急ぎの旨を伝える
    (WEB完結/カード申込共通)

    ※日曜に振込融資を希望する場合は15時~16時
    (スマホATM取引を利用できるなら18時~19時でよい)

    来店あり16時~17時までに申し込み
    三井住友銀行のローン契約機
    参考情報
    • プロミスを選べば20時までの申込みで即日融資可(来店あり・なし共通/日曜日除く)
    • 「WEB完結」を選べば在籍確認の電話、郵送物をカットできるが申込み条件が厳しいので注意

    即日融資にも対応しているとは言え、その確実性は若干他社に劣る「SMBCモビット」
    とは言え、

    • 「WEB完結」選択時、勤務先への電話なし
    • 他社借入に比較的寛容
      ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
    • 即日融資+高めの限度額を両立できる

    といった独自の利点を持つのは確かです。

    上記のメリットに魅力を感じるのであれば、申込みの時間帯に気を付けた上で「SMBCモビット」を選ぶのもありでしょう。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    SMBCモビットで即日融資を受けたいなら、WEB・来店に関わらず、できるだけ早く申し込むことが大切です。スムーズに進むよう、書類は過不足なく準備できるようにすることが大切です。
    ただ、確実に即日融資を狙うなら、プロミスやレイクALSA等の他の大手消費者金融に申し込む方が得策です。
    SMBCモビットのメリットと言えるのが、①郵送物なし、WEB完結なら勤務先への電話連絡なし、②他社借入に寛容(※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。)、③限度額が高めという点です。これらの3つにメリットが感じられるなら、利用する価値はありそうです。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万〜800万円最短30分※最短1時間程度※
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 原則として社会保険証または組合保険証を持っている(※融通が利く場合もある)
    特になし(WEB完結の場合)
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    ポイント

    • 土日祝日対応
      ※インターネット申込の休業時間:1月1日 0時~1月2日 7時まで
    • WEB完結なら電話連絡なし
    • 時間外振込対応(ただしプロミス、レイクに比べると限定的)
    • 郵送物なし(WEB完結)
    • 消費者金融の中では限度額高め
    • 無利息サービスなし
    • ブラック状態には厳しい


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。