SMBCモビット徹底解説:電話連絡なしの審査・在籍確認からやばい評判まで

    「SMBCモビット」が上級者向けと言える3つの理由は?契約の流れをチェックしておこう!

    俳優の竹中直人さん出演のCM・広告でおなじみのSMBCモビットは、申込から借入までWEBで完結することで評判のカードローンサービスです。

    金利は一般的な消費者金融と同等レベル(〜18.0%)であるものの、
    10秒で簡易審査結果を表示
    まわりに知られにくい(※)
    「返済でTポイントが貯まる
    と独自のメリットを持っています。
    ※WEB完結申込ならば職場への電話連絡なし・自宅への郵送物なし

    その反面、SMBCモビットには他の大手消費者金融が一般的に提供している無利息サービスがまったくないなど、他社に比べユーザーサービスが充実しているとは言いづらい面もあります。

    審査や初回限度額、返済面なども含めて総合的に見れば、SMBCモビットはカードローン初心者向けというよりも、これまで何社かでカードローンを利用した経験があるという場合に、特に心強い味方となってくれるサービスと言えるでしょう。

    今回はそんな、ある意味「上級者向け」とも言えるSMBCモビットについて、その利用上のメリット・デメリットや契約の流れを詳しくまとめました。あわせてネットで「やばい」と言われる評判にも迫ります。

    読み終えていただければ、あなたに合った金融機関へスムーズに申し込みができるでしょう。

    初めに確認!あなたは「SMBCモビット」を選ぶべき?

    クリック/タップで開きます
    「SMBCモビット」を選ぶべきは以下の条件のいずれかに該当する方となります。

    SMBCモビットを選ぶべき人
    1. 勤務先への確認電話(在籍確認の電話)を確実に避けたい。
      かつ何らかの書類(社会保険証など)を使い勤務先の証明ができる
    2. 収入の低さまたは他社借入の多さを理由に審査に不安を感じている
    3. 主に審査上の理由から銀行ではなく消費者金融から借りたい。
      かつサービス内容より「大きな金額の契約を結べること」を重視したい

    上の3つの条件がどれもピンと来なかったのなら、その他の申込先を選んだ方が良いでしょう。

    このページでは、あなたが上の3つのうちいずれかの条件を満たし、「SMBCモビット」への申込みに向いていることを前提に、お話を進めさせていただきます。

    参考SMBCモビットが向かなかった場合の申込先候補
    あなたの希望申込み先候補
    初めての借り入れで不安サービス面の充実した「プロミス」「アコム」
    手間や条件なく郵送物を避けたい

    アイフルでも良いが、上の2社よりややサービス劣る

    大きなお金を借りたい。
    借入先は消費者金融に限らない
    ネット銀行系カードローンなど
    在籍確認は避けたい。
    が、勤務先を証明できる書類が無い

    ※ただしいずれも要口座開設

    ※ちなみに各銀行カードローンの審査通過に必要な経済能力目安は、「正社員である」「非正規でも、200万円程度の年収を得ている」「安定収入のある配偶者がいる」程度となります。

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額
    3.0%~18.0%1万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    最短30分※1最短1時間程度※1

    ポイント

    • 土日祝日対応 ※2
    • 「WEB完結」なら電話連絡なし・郵送物なし
    • 時間外振込対応
    • ブラック状態には厳しい

    ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    ※2 インターネット申込の休業時間:1月1日0時~1月2日7時まで

    1分でチェック!SMBCモビットのサービス概要とメリット・デメリット

    1分でチェック!SMBCモビットのサービス概要とメリット・デメリット

    「SMBCモビット」と契約することで利用できるサービス内容の概要は以下の通りです。

    1分でチェック!SMBCモビット
    基本サービス
    審査の結果もらえる限度額(利用可能枠)の範囲内で、何度でも自由にお金を引き出せる
    ┗方法は「ほぼ24時間振込」、ATM出金など
    類似サービスと比べた特徴
    (1)最短1時間以内で借入OK
    (2)来店不要
    (3)「WEB完結」なら郵送物なし&勤務先への在籍確認電話なし
    (4)年収100万円以下でも審査通過OK
    (5)他社借入に比較的寛容
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
    (6)返済の自由度・利便性が高い
    ┗大手唯一の「増額引き落とし」対応
    (7)ほぼ24時間即時振込対応
    (8)金利自体は高め(月1.5%前後)
    (9)大手消費者金融で唯一、無利息特典なし

    SMBCモビットの特徴をまとめると、

    • 「WEB完結」選択時、周囲へのバレにくさ
    • 返済サービス◎
    • その代わり「トータル返済額を抑える」観点では弱い

    と言えます。

    低金利重視の人には向きませんが、モビット独自のメリットに魅力を感じたなら、申し込みの理由としては十分でしょう。

    ライバル他社との最大の差別化点は「返済の自由度が高い」こと

    ライバル他社との最大の差別化点は「返済の自由度が高い」こと

    SMBCモビットの利点として真っ先に挙げられやすいのが、

    • 即日融資対応
    • 勤務先への電話連絡を避けられる
    • 自宅への郵送物を避けられる

    などの点です。

    しかしながら、上のメリットはSMBCモビットに限ったものではなく、正直なところ「アイフル」はじめとするライバル他社にも共通するものです。

    他でもありうるメリットではなく、「SMBCモビットにしかないメリット」として現在最も注目したいのは「返済の自由度が高い」ことです。

    一般に、カードローンは毎月の返済額(引き落とし額)が借入残高ごとに決まっており、それ以上の返済を希望するのならATMや銀行振込を利用する必要があります。

    例:借入額10万円の場合、毎月の引き落とし額は4,000円。
    2万円の返済を行う場合、残り1万6000円分はATM入金や銀行振込等で支払う必要がある

    …が、モビットは2021年9月より、引き落とし額自体を引き上げられる「増額返済」に対応

    例:借入額10万円の場合、毎月の引き落とし額は4,000円だがこれを2万円に設定
    ATM入金などの手間なく増額返済が可能

    これを可能にしているカードローンは、(確認できている限り)各クレジットカード会社のローン専用カードを除くとSMBCモビットだけ…と考えると、その希少性が良く分かりますね。

    「毎月の引き落とし額を増額し、手間なく、できる限り早く返す」ことに魅力を感じるなら、SMBCモビットを選ぶ理由も大きいと言えるでしょう。

    ちなみに借入金利が年18%の場合、月当たりの利息(サービス料)は「借入額の1.5%程度」となります。
    借入期間が短いほど・借入金額が低いほど、利息を抑えられることは確かです。

    CHECKSMBCモビット、毎月の返済方法とその金額

    「消費者金融会社の中では」限度額(借入可能額)がはじめから高めな傾向アリ

    「消費者金融会社の中では」限度額(借入可能額)がはじめから高めな傾向アリ

    SMBCモビットは、大手消費者金融会社の中でも「初回から大きな限度額が適用されやすい」という特徴を持ちます。

    SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 年収315万円
    • 会社員(4年)
    • 金利18%
      (※借入額が100万円に達したら15%に下がるはず)
    • 限度額105万円
    • 年収340万円
    • 会社員(3年)
    • 金利15%
    • 限度額100万円
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    • 複数のリボ残高あり(詳細不明)
    • 金利18%
      (※同上)
    • 限度額103万円

    同様に「プロミス」ユーザーを対象に50名以上へアンケート調査を実施したのですが、最初から100万円を超える限度額を獲得できた方はゼロ名でした。

    これを踏まえると、モビットでは「最初から高限度額を獲得しやすい」ことがよく分かりますね。

    モビットは消費者金融会社、つまり貸金業者のくくりに入るため、「個人に対し年収の3分の1を超える融資を禁止する」総量規制の制限を超えることこそできませんが…。

    即日融資と高めの限度額を両立できるというのは、SMBCモビットならではの利点と言えそうです。

    ただしご覧の通り、初回から高い限度額を獲得できるのは、

    • 安定した収入がある
    • 審査上のマイナス点(貸金業者からの既存借入など)が無い

    といった方に限られますのでご承知おきください。

    また「少しでも大きな限度額を獲得する」ことを最重視するのであれば、総量規制が適用されない各銀行カードローン等を選んだ方が良いでしょう。
    ただし、SMBCモビットのように即日融資を受けることはできません。

    CHECKパート・アルバイトが50万円借りるには?高限度額カードローン情報とFAQ
    CHECK【カードローンの借入限度額とは】22の体験談から割り出す申込み先別・限度額目安も
    CHECK総量規制対象外のカードローンには何がある?多重債務者の審査通過状況も

    契約タイプに「WEB完結」を選べば在籍確認の電話なし&郵送物なし、ただし…。

    契約タイプに「WEB完結」を選べば在籍確認の電話なし&郵送物なし、ただし…。

    SMBCモビットでは、申込時に

    • WEB完結
    • カード申込

    という2つの契約タイプを選択可能。

    それぞれの違いは以下のようになっています。

    SMBCモビット、契約タイプごとの相違点
    WEB完結カード申込
    在籍確認の電話なし原則あり
    自宅への郵送物なし原則あり
    カード発行なし
    ※振込等で借入
    原則あり
    ※ATMを利用可
    収入証明書類必要
    「カード申込」「WEB完結」共通の申込み条件
    (1)20歳~69歳である
    (2)仕事をして、収入を得ている
    ┗アルバイト可、専業主婦不可
    「WEB完結」の追加申込み条件
    (1)本人名義の、以下の金融機関口座を返済用口座に指定できる
     ▶三井住友銀行
     ▶三菱UFJ銀行
     ▶みずほ銀行
     ▶ゆうちょ銀行
    (2)勤務先から発行された保険証(被扶養者のものは不可)を持っている
    ┗国保加入者は「WEB完結」を利用不可
    (3)収入証明書類を提出できる
    ※審査内容は共通(問い合わせによる)

    「モビットのメリット」として挙げられやすい特徴は2つ。

    • 勤務先への電話連絡なし
    • 自宅への郵送物なし

    いずれも「WEB完結」のものですね。

    …ただし、WEB完結はWEB完結で、

    • 申込条件が厳しい
    • 同じメリットを持つ「アイフル」に比べると、無利息特典なし&必要書類が多い

    という懸念があります。

    同様のメリットを持ちながらより申し込みやすいアイフルの存在を考えると、「他人に知られず借りたいなら絶対モビットがおすすめ」…とまでは言いづらいのが実際のところでしょう。

    参考アイフルとSMBCモビット「WEB完結」の比較
    アイフルSMBCモビットWEB完結
    上限金利上限18%
    (月1.5%程度)
    無利息特典はじめての方なら最大30日間無利息なし
    在籍確認「【アイフルの在籍確認】電話なしで即日融資を受ける方法と10人の審査口コミ」参照書類の提出で完了
    郵送物口座の登録または来店契約ができれば回避可なし
    審査傾向「アイフルの審査は甘い?ワケアリ5人の体験談:年収50万、他社借入、ブラック他」参照多重債務には比較的寛容※だがブラックには厳しい
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
    必要口座多くの都市銀行、地方銀行、信用金庫など大手3行
    +ゆうちょ銀行のいずれか
    必要書類最低0点最低2点
    その他限度額高め
    返済の自由度が高い
    勤務先から発行された保険証必須

    ただし、

    • 他人に知られず借りたい
    • SMBCモビット「WEB完結」の申込条件を満たしている
    • SMBCモビット独自のメリット(高限度額、返済の自由度の高さ等)に魅力を感じる

    …という状況なら、アイフルよりSMBCモビット「WEB完結」への申込みが優先されそうですね。

    CHECK初心者向け「アイフル」の総ガイド:他社と比べた特徴・審査傾向~口コミ評判まで

    SMBCモビットの審査傾向:低年収でも申し込みやすいがブラックには厳しい

    SMBCモビットの審査傾向:低年収でも申し込みやすいがブラックには厳しい

    ここからは、これまで実施したアンケート調査結果をもとに「SMBCモビット」の審査傾向についてお話しさせていただきます。

    ①SMBCモビットでは年収低めの方の通過例多数

    ご覧の通り、SMBCモビットでは

    • 年収が低めの方
    • 他社借入がかさんでいる方
      ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    の審査通過報告が多いです。

    SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収50万円
    • パート(1年)
    • 金利18%
    • 限度額16万円
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    • 年収96万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入3社計40万円
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
  • 審査落ち
    • 年収240万円
    • 契約社員(2年)
    • 他社借入2件計190万円
      ┗いずれも銀行カードローン
    • 金利18%
    • 限度額30万円
    • 年収286万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務3社計250万円
      ┗プロミス50万円、信金カードローン130万円、リボ70万円
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
  • 審査落ち
  • 直後にアイフルで審査通過(7万円)
    • 年収360万円
    • 会社員(2年)
    • 他社借入3社計200万円
      ┗アコム、クレカキャッシング枠各50万円
    •  銀行100万円

    • 詳細体験談あり
    • 金利18%
    • 限度額10万円

    他社債務についてはさすがに「アイフル」ほど寛容、というわけではないようですが…。

    • 年収に自信がない
    • 複数件の債務を抱えている
      (ただし年収の80%に達しない程度に限る)

    という場合には、審査難易度の方面からも「SMBCモビット」を選択しやすいと言えるでしょう。

    年収の3分の1を超えるお金を借りている人がいるようだけれど…?

    上の審査結果をご覧になって、「総量規制オーバーでは?」という疑問を抱いた方は少なくないかと思います。

    そもそも総量規制とは、「貸金業者が個人に対し、合計で年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない」とする貸金業法上の制限。

    例えば年収300万円の方が、貸金業者から借りられるのは「合計100万円」まで、と言えるわけですが…。

    • 法律上「借入」扱いにならないショッピングリボ
    • 貸金業者の取り扱いではないため「貸金業法」が適用されない銀行などのカードローン

    は、総量規制の制限にカウントされません

    そのため、主な債務が上のようなものならば、債務総額が年収の3分の1を超えていても、貸金業者で審査通過を狙えるという形になります。

    例:年収300万円の方が、

    • プロミスで100万円借入
      →モビットで審査通過不可
    • 三井住友銀行で100万円借入
      →モビットで審査通過OK

    ちょっと奇妙な気もしますが、これが現実ということですね。

    ちなみにモビット含む大手消費者金融では「総量規制が適用されない債務」を、貸金業者からの債務に比べ軽視する傾向が見られます。
    (プロミスは例外的に、ショッピングリボ債務者等の否決報告が目立ちますが)

    ②ただし信用情報問題についてはライバル他社より明らかに厳しい…

    年収の低さなどには比較的寛容なSMBCモビットですが…。

    その反面、モビットではライバル他社に比べ、明らかに信用情報の問題に厳しいという特性が見られます。

    ※信用情報……クレジットカードや各種ローンといった「後払い」サービスの利用履歴のこと。
    自動的に個人信用情報機関というところに保存され、審査の際に必ず確認される。
    問題がある状態を「ブラック」と呼ぶ。

    参考:主なブラック入り要件

    1. 各後払いサービス(各種ローン、クレジットカード、分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その清算・解約から5年以内である
    2. 各後払いサービスから、5年以内に強制解約処分を受けた
    3. 債務整理から5年が経過していない

      ┗任意整理の場合、「債務清算から」5年間ブラック状態となる可能性あり

    ※その他「2年以内に各後払いサービスを1ヶ月程度延滞」でもブラック未満の傷として残る場合あり

    この事実については、「モビットで審査に落ちて他社で通った」方のアンケート回答をご覧いただくと分かりやすいでしょう。

    SMBCモビットアンケート調査結果より
    属性契約内容
    • 年収171万円
    • 派遣社員(1年)
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にプロミスで通過(10万円)
    • 年収200万円
    • 会社員(1年)
    • 他社債務2件計90万円(リボ2社)
    • クレカ2ヶ月以上延滞「中」
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(10万円)
    • 年収230万円
    • 会社員(8年)
    • 2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで通過(50万円)
    • 年収250万円
    • アルバイト(2年)
    • 他社借入1件計10万円
    • 5年以内に債務整理
    • 審査落ち
    • 直後にアコムで審査通過(16万円)
    • 年収300万円
    • 会社員(0年)
    • 他社借入1社10万円(プロミス)
    • クレジットカード10年以上延滞中
    • 審査落ち
    • 直前にプロミス、直後にアコムで審査通過(各10万円)
    赤太字:ブラック要因
    黒太字:ブラック未満の問題

    というわけで、もしもあなたに思い当たるところがあるのなら、モビットの選択は控えておくのが無難だろうと思います。

    CHECK40名の結果から分析!SMBCモビットの審査傾向:年収30万円での通過例も

    申込先はSMBCモビットで大丈夫?SMBCモビットのデメリットと他社カードローン比較

    申込先はSMBCモビットで大丈夫?SMBCモビットのデメリットと他社カードローン比較

    ここからは、他社と比べたSMBCモビットのデメリットについて挙げさせていただきます。

    ①ライバルと比べたデメリットは「郵送物回避条件が複雑&無利息特典なし」

    まずその他の大手消費者金融会社と比べた場合の、SMBCモビットの弱点は以下の通り。

    • 自宅への郵送物の回避条件が複雑
      ┗WEB完結を利用できない場合、事前相談や局留め等の利用が必要になるなど
    • 大手5社中、唯一初回無利息特典がない

    上のデメリットを、「返済の勝手が良い」というメリットより重く見るのなら、申込先には他社ローンを選んだ方が良いでしょう。

    大手消費者金融5社の比較
    SMBCモビット
    • 上限金利18%
      (~月1.5%程度)
    • 「WEB完結」なら電話で在籍確認なし、郵送物なし
      └ただし申込条件が厳しい
    • 大手カードローンで唯一増額引き落とし対応
    • 限度額高め
    • 即日融資◎
    アイフル
    • 上限金利18%
      (~月1.5%程度)
    • 郵送物なし◎
    • 勤務先に知られず借りやすい
    • はじめての方なら最大30日間無利息
    • 最短25分融資
      ※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
      ※WEB申込なら最短25分融資も可能です。
    プロミス
    • 上限金利17.8%
      (~月1.483%程度)
    • 郵送物なし◎
    • 30日間無利息
    • 即日融資◎
    • 独自の会員特典あり
    レイクALSA
    • 上限金利18%
      (~月1.5%程度)
    • 郵送物なし◎
    • 60日間無利息または180日間5万円無利息
      ※注意
      ≪60日・180日共通の注釈≫
      ※初めてなら初回契約翌日から無利息
      ※無利息期間経過後は通常金利適用。
      ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。
      ※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
      ≪60日間無利息の注釈≫
      ※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
      ※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
      ≪180日間無利息の注釈≫
      ※契約額1万円~200万円まで

      ≪貸付条件≫
      融資限度額 1万円~500万円
      貸付利率 4.5%~18.0%
      ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
      遅延損害金(年率) 20.0%
      ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
      ご返済期間・回数 最長5年、最大60回
      必要書類 “運転免許証
      ※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
      担保・保証人 不要
      ※商号:新生フィナンシャル株式会社
      ※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

    • 最短即日融資
      ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
    アコム
    • 上限金利18%
      (~月1.5%程度)
    • 郵送物回避に一部制限あり
    • 振込融資に一部制限あり
    • 30日間無利息
    • ブラック状態に寛容

    ②銀行カードローンに比べると金利は高め

    基本的に、カードローンの金利は上限金利、つまり適用されうる最大の金利を見て比べます。
    提示金利が「3.0%~18.0%」となっているモビットの場合は、18%が基準になるわけですね。

    この数字は上の表を見ても分かる通り、消費者金融会社の中ではごく普通なものなのですが…。

    銀行カードローンは、SMBCモビット含む各消費者金融よりも低めの金利を設定しています。

    同じお金を同じ期間借りるのなら、金利が低いローンの方が利息(サービス料)を抑えられます。
    無利息特典のないSMBCモビットの場合はなおさらですね。

    「利息を抑えること」を重視するのであれば、銀行等の低金利カードローンを選んだ方が良いでしょう。

    参考より低金利なカードローンとの比較
    SMBCモビット
    • 上限金利18%
      (~月1.5%程度)
    • 「WEB完結」なら電話で在籍確認なし、郵送物なし
      └ただし申込条件が厳しい
    • 大手カードローンで唯一増額引き落とし対応
    • 限度額高め
    • 即日融資◎

    アイフル
    「ファーストプレミアムカードローン」

    • 上限金利9.5%
      (月0.791%前後)
    • 高難易度
      ┗最低年収300万円~
    • 最短25分融資
      ※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
      ※WEB申込なら最短25分融資も可能です。
    • 郵送物の回避◎
    • はじめての方なら最大30日間無利息
    三井住友銀行カードローン
    • 上限金利14.6%
      (月1.216%前後)
    • 融資まで最短1営業日
    • 郵送物回避は来店時のみ可
    • 口座開設は不要
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
      (月1.208%前後)
    • 融資まで最短翌日
    • 郵送物回避×
    • 口座開設は不要
      ┗任意の口座で引き落とし可
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 上限金利14.6%
      (月1.216%前後)
    • 融資まで最短2営業日
    • 郵送物回避は来店時のみ可(要運転免許証)
    • 口座開設は不要
    ※その他の銀行カードローン一覧についてはこちらを参照

    SMBCモビットで即日融資を受ける条件とHPに載っていない必要書類

    ここからは、メリット・デメリットを踏まえた上で「SMBCモビット」への申込を決めたあなたのために…。
    この会社で即日融資を受けるための流れや条件についてお話しさせていただきます。

    ①SMBCモビット、基本のインターネット契約の流れ

    SMBCモビットにおける、基本のインターネット契約の流れは以下の通り。

    紛らわしいところではありますが、来店不要の「インターネットを通した契約」そのものは、「カード申込」ユーザーでも利用可能となっています。

    SMBCモビット インターネット契約の流れ

    インターネットから申込み
    その場で仮審査(機械審査)結果が出る
    本審査開始
    携帯電話へ本人確認(申込確認)
    ※WEB完結なら不要な場合あり
    在籍確認
    ※WEB完結の場合は電話連絡なし
    ※カード申込でも事前相談で電話連絡の回避可
    電話確認に前後する形で
    必要書類の提出
    メールまたは電話で本審査結果連絡
    (本審査回答は21時まで)
    インターネット上で契約手続き
    後日ローンカードと契約書類の送付
    (カード申込のみ/事前相談により融通可)

    契約タイプにより郵送物の有無などは異なりますが、大まかな契約の流れは共通。

    基本的にはモビットからの、電話やメールによる案内に従って対応する形で差し支えないでしょう。

    ちなみにモビットへ問い合わせを行ったところ、即日融資を受けるためには18時~19時頃までの申込みが推奨されるとのことでした。

    CHECKSMBCモビットは即日融資OK、ただし人を選ぶ?スピード借入条件と他社比較

    ★あなたが「カード申込」を選択し、かつ自宅への郵送物や勤務先への電話を避けたい場合には、「本人確認」の段階でその旨をモビット担当者にお伝えください。

    ★「カード申込」に限り、三井住友銀行の店舗に設置された端末(ローン契約機)を使った

    • 申込~契約手続き
    • カード受け取り

    が可能です。
    こちらの手段を希望する場合は、以下のページをご覧ください。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!無人契約機での即日融資リミットは?在籍確認&必要書類も

    ②契約タイプ別の必要書類

    ここからは、SMBCモビットと契約を結ぶために必要な書類について触れさせていただきます。

    (1)WEB完結

    SMBCモビット「WEB完結」に必要な書類は以下の通り。

    公式HPに記載の内容と一部相違が見られますが、こちらは問い合わせやアンケート回答に基づく内容であり、実際に正しいのはこちらの情報と思って差し支えありません。

    SMBCモビット「WEB完結」実際の必要書類
    本人確認書類以下の中から一点

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
    その他マイナンバーカード等も可
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。
  • 収入証明書類以下の中から一点

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 2ヶ月分の給与明細書(+あれば賞与明細書)
    その他所得証明書など
  • 勤務先確認書類
    • 社会保険証/組合保険証
    • 源泉徴収票
    • 給与明細書など
    具体例
    • 運転免許証+源泉徴収票
    • 健康保険証+2ヶ月分の給与明細書
    • パスポート+所得証明書+1ヶ月分の給与明細書
    ※各項目は兼用可
    ※本人確認書類に記載の住所と現住所に相違がある場合には、別途住所確認書類(公共料金の領収書など)の提出を要求されます。

    公式HPを見ると最低でも3~4点の書類が必要そうに思えますが…。
    実際は本人確認と収入・勤務先の証明が可能なら、最低2点~の書類で契約ができるということですね。

    ★各書類は「スマートフォンなどで撮影+アップロード」という形で提出可能です。

    (2)カード申込

    「カード申込」における必要書類は、「WEB完結」よりも少なくなります。

    「カード申込み」必要書類
    本人確認書類
    ※全利用者必須
    以下の中から一点

  • 運転免許証
  • 健康保険証※1
  • パスポート
    その他マイナンバーカード等も可
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。
  • 収入証明書類
    ※限度額50万超を希望の場合など
    以下の中から一点

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 2ヶ月分の給与明細書(+あれば賞与明細書)
    その他所得証明書など
  • 勤務先確認書類
    ※勤務先への電話を避けたい場合
    以下の中から一点

  • 社会保険証/組合保険証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書など
  • ※1 来店契約の場合、別途住所確認書類(公共料金の領収書など)が必要
    ※本人確認書類に記載の住所と現住所に相違がある場合には、別途住所確認書類(公共料金の領収書など)の提出を要求されます。
    ※その他審査状況により追加書類が発生する場合があります(特に自営業者/個人事業主)。

    基本的に必要なのは「本人確認書類」
    これに状況に応じ、追加の書類が発生する形となりますね。

    WEB完結と同様、書類は「スマートフォンなどで撮影+アップロード」という形で提出可能です。

    SMBCモビットの在籍確認:実は「カード申込」でも電話の回避可能

    SMBCモビットの在籍確認:実は「カード申込」でも電話の回避可能
    SMBCモビット「WEB完結」の在籍確認(勤務先確認)方法は、先にも触れたとおり「書類提出」
    そのため勤務先への電話連絡について心配する必要はありません

    これに対し気になるのが「カード申込」の方ですが…。

    「カード申込」を選んだ場合、基本の在籍確認方法は「電話」となります。
    そのためあなたの勤務先に、モビットから電話がかかってくる形となるわけですが…。

    この際モビットが、社名や用件を第三者に伝えることはありません。
    電話は以下のように、お客さんや知り合いを装うような形でかかってきます。

    例:○○(担当者個人名)と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?

    そのためこの電話のせいで、キャッシングを周囲に知られてしまうことは滅多にないと言ってよいでしょう。

    ★また「カード申込」選択時においても、書類を使った在籍確認は可能です。
    これを希望する場合には、申し込み後、担当者と電話打ち合わせをする段階で希望をお伝えください。

    CHECKSMBCモビットに聞いた!在籍確認FAQ&電話の避け方【WEB完結・カード申込】

    SMBCモビット、契約後の借入方法

    SMBCモビット、契約後の借入方法
    SMBCモビットと契約を結んだ後に使える借入方法は以下の通りです。

    SMBCモビット、契約後の借入方法
    銀行振込(カードレス)
    • 24時間でこそないが、土日祝日含む時間外振込に対応
      └ただし全金融機関18時50分~は利用不可
    • インターネット会員ページから申込後、最短3分で振込
    • 手数料無料
    スマホATM取引(カードレス)
    • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」で入出金を行う
    • モビットやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超…220円
    カードを使ったATM出金
    (※WEB完結の場合は利用不可)
    • 各大手コンビニATM、その他提携銀行のATMを使い出金
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超… 220円
       ※ただし三井住友銀行ATMのみは無料

    ローンカードが発行されない「WEB完結」では、通常のATM取引を利用できませんが…。

    ほぼ24時間対応の銀行振込、「スマホATM取引」といったカードレス借入方法は充実していますので、実際のところ大きな不便を感じることは稀でしょう。

    ただし日曜の夜間の振込停止については今一度ご確認ください。

    SMBCモビット、毎月の返済方法とその金額

    SMBCモビット、毎月の返済方法とその金額
    ここからは、SMBCモビットで借りたお金の返済方法についてお話しさせて頂きます。

    ①SMBCモビット、毎月の最低返済額(引き落とし額)

    SMBCモビットにおける、毎月の最低返済額は以下のように「最後にお金を借りたときの借入残高」によって決定します。
    (=追加借入を行わない限り、毎月の請求額は一定)

    SMBCモビットの最低返済額
    最終借入時の借入残高最低返済額
    (引き落とし額)
    10万円以下4,000円
    10万円超
    ~20万円
    8,000円
    20万円超
    ~40万円
    11,000円
    40万円超
    ~50万円
    13,000円
    50万円超
    ~60万円
    16,000円
    60万円超
    ~70万円
    18,000円
    70万円超
    ~80万円
    21,000円
    80万円超
    ~90万円
    24,000円
    90万円超
    ~100万円
    26,000円
    以後借入額+20万円ごとに+4,000円

    また先述の通り、モビットはカードローン業界では非常に珍しい増額返済に対応

    「毎月の引き落とし額を引き上げて、早く借入を清算したい」という場合には、会員サービスページ「Myモビ」よりお手続きください。

    ②SMBCモビットで使える返済方法

    SMBCモビットにおいて利用できる返済方法は以下の通りです。

    SMBCモビットの返済方法
    自動引き落とし
    • 「WEB完結」の場合は自動的に適用
      ┗カード申込でも利用可
    • 対応銀行は以下の4つのみ
      • 三井住友銀行
      • 三菱UFJ銀行
      • みずほ銀行
      • ゆうちょ銀行
    • 手数料無料
    インターネット返済
    • インターネットバンキングを介して返済
    • 手数料無料
    銀行振込
    • 振込手数料は利用者負担
    • 振込先は会員ページから確認可
    スマホATM取引
    • カードの代わりにスマートフォンアプリを使い「セブン銀行ATM」で入出金を行う
    • モビットやATMのメンテナンス時を除き、ほぼいつでも利用可
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超…220円
    カードを使ったATM入金
    ※来店または郵送によるカード入手後に利用可能/WEB完結の場合は利用不可
    • 各大手コンビニATM、その他提携銀行のATMを使い出金
    • 以下の手数料発生
       ▶取引額1万円以下…110円
       ▶取引額1万円超… 220円
       ※ただし三井住友銀行ATMのみは無料
    ポイント返済
    • 「Myモビ」を通し、Tポイントを返済に充てられる

    先述の「増額返済」と、Tポイントを使った返済はSMBCモビットならではですね。

    年利18%の場合、月当たりの金利は1.5%。
    (=借入額に対し毎月1.5%程度の利息を取られる)

    借入額が小さいほど、借入期間が短いほど月1.5%の利息も小さくなるということで、可能な限り「最低限のみを借りて、最短期間で返す」ことを徹底したいところです。

    証拠付き!SMBCモビット利用者2名の口コミ評判・体験談

    証拠付き!SMBCモビット利用者2名の口コミ評判・体験談

    ここからは申し込みの参考情報として、実際に「SMBCモビット」を利用された方のアンケート回答を紹介させていただきます。

    ①年収75万円で審査に通過できたアルバイトの方の口コミ評判・体験談

    まず紹介させていただくのは、「年収75万円・独身アルバイト」という決して審査上、有利にはなりえない属性の方の体験談。

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    属性
    • 年収75万円
    • アルバイト(4年)
    • 他社借入なし
    契約内容
    • 金利18%
    • 限度額10万円
    借入理由
    生活が苦しく、親に頼ってばかりではいけないと思ったためダメ元で申し込んだ。必要金額については利息を含め、返済が滞らないようにするための額はいくらかを考え、最低額の10万で申し込んだ。
    SMBCモビットを選んだ理由
    ネット広告に出てきて、三井住友カード会社が運営していると知り安心感があったため
    その他自由な口コミ・感想
    申し込みから審査結果まで、かなりスピーディーで驚いた。審査の過程も面倒くさくなく簡単だった。

    独身アルバイターの方の審査は不利に進みやすいとされますが、それでもこの方は難なくモビットの審査に通過されていますね。

    年収や社会的ステータスが高くなくとも「SMBCモビット」を利用できると分かる、好例だと言えるでしょう。

    CHECK40名の結果から分析!SMBCモビットの審査傾向:年収30万円での通過例も

    ②3社150万円の他社借入を抱え審査に通過できた方の口コミ評判・体験談

    続いてこちらは、年収は前の方より高いものの他社借入額が膨らんでしまっている方の体験談。

    ▲▼契約の事実を確認できる画像と体験談
    属性
    • 年収350万円
    • 会社員(15年)
    • 他社債務3社計150万円
      ┗みずほ銀行80万円
    •  ショッピングリボ2社70万円

    契約内容
    • 金利18%
    • 限度額17万円
    借入理由
    クレジットカードの支払いが難しくなったタイミングで利用し始めました。必要金額は5万円でした。
    SMBCモビットを選んだ理由
    ウェブからの申し込み(正しくは「WEB完結」の選択)で会社への在籍確認がないとの事でしたので申し込みをしました。
    審査上の不安点など
    借入額が多かったのと一ヶ月未満のクレジットカード支払いの延滞が数度ありましたので不安でした。
    その他自由な口コミ・感想
    申し込みから借入可能になるまで早くて非常に助かりました。

    債務合計は年収の3分の1を超えていますが…。
    そのすべてが総量規制の対象にならない債務であるため、問題なくモビットの審査に通過することができました。

    モビットは2社目以降の申込先として選ばれる方が多いせいか、審査アンケートを取っていても他社債務を抱えた方の回答が目立ちます。

    いずれにせよ、あなたがこの方と似たような状況にあるのなら、「他社借入3件を抱えて審査通過」は心強い事実だと言えるでしょう。
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    CHECK総量規制対象外のカードローンには何がある?多重債務者の審査通過状況も

    FAQ:SMBCモビットでの返済が遅れたらどうなりますか?

    まずはSMBCモビットから、あなたの携帯電話に連絡が入る形となるでしょう。
    ここで次回返済の約束を取り付けられれば、それ以上の問題は起きません

    が、仮に連絡を無視し続けると、

    • 自宅や勤務先への電話連絡
    • 自宅への督促状送付
    • いわゆる「ブラック状態」入り(延滞2ヶ月~)
    • 訴訟、差し押さえ

    といった対応を取られる可能性があります。

    ★期日通りの返済が難しいのであれば、事前相談による請求額の減額等が可能です。

    SMBCモビット電話窓口: 0120-24-7217 
    (対応時間:9時~18時)

    参考三井住友銀行に聞いた!カードローン返済遅れ時に取るべき対応&程度別の延滞ペナルティ

    FAQ:「Tカード プラスSMBCモビット next」について教えてください。

    「SMBCモビット」会員は、会員サービスMyモビより「Tカード プラスSMBCモビット next」というクレジットカードへの申し込みが可能です。

    …が、これは基本的に、「モビットのローンカードに、クレジット機能とTポイントカード機能」が付いただけのもの。

    クレジット機能が特別優秀というわけでもありませんので、よほど「モビットカードとクレジットカードを一体化させたい」という気持ちがない限り、あえて選ぶ意味は薄いでしょう。

    ちなみにクレジット部分の審査を行うのは「三井住友カード」ですので、アコムの「ACマスターカード」のように消費者金融ならではの柔軟な審査に期待することはできません

    ▲▼Tカード プラスSMBCモビット next
    年会費無料
    国際ブランドMastercard
    還元率0.5%
    ※200円につき1ポイント(Tポイント)還元
    利用可能枠10万円~80万円
    付帯保険旅行保険なし
    ショッピング保険年100万円まで
    ┗ただし対象はリボ・分割払いか海外利用分のみ
    ETCカード年550円
    ※ただし初年度、または年1回以上のETCカード利用で翌年無料
    その他
  • Apple Pay、Google Pay対応
  • 「Tマネー」機能あり
    ┗ただし還元率は0.2%とごく低いのでキャンペーン等でなければ使う意味はほぼない
  • 提携カードなので、コンビニでのポイント5倍などの「三井住友カード」独自特典は適用されない
  • CHECKTカードプラス(SMBCモビット next)の審査は2回!各通過基準と申込前の注意点

    SMBCモビットのキャッシングサービスについてのまとめ

    1分でチェック!SMBCモビット(再掲)
    基本サービス
    審査の結果もらえる限度額(利用可能枠)の範囲内で、何度でも自由にお金を引き出せる
    ┗方法は「ほぼ24時間振込」、ATM出金など
    類似サービスと比べた特徴
    (1)最短1時間以内で借入OK
    (2)来店不要
    (3)「WEB完結」なら郵送物なし&勤務先への在籍確認電話なし
    (4)年収100万円以下でも審査通過OK
    (5)他社借入に比較的寛容
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
    (6)返済の自由度・利便性が高い
    ┗大手唯一の「増額引き落とし」対応
    (7)ほぼ24時間即時振込対応
    (8)金利自体は高め(月1.5%前後)
    (9)大手消費者金融で唯一、無利息特典なし

    「金利は高め・無利息特典なし」と、おトクさ方面では微妙と言わざるを得ないSMBCモビット。

    ですが、

    • 他人に知られず借りやすい(WEB完結)
    • 返済の自由度が高い
    • 初回限度額が高い

    と、他社と差別化できる点は多いです。

    あなたが上に挙げたような「モビット独自のメリット」に魅力を感じるならば、この会社が申込先の筆頭候補となってくれることでしょう。

    CHECK40名の結果から分析!SMBCモビットの審査傾向:年収30万円での通過例も

    SMBCモビット
    金利3.0%
    ~18.0%
    (~月1.5%程度)
    限度額1万円~800万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典なし
    ※大手消費者金融で唯一、初回無利息特典なし
    自宅郵送物
    • 「WEB完結」ならなし
    • 「カード申込」の場合は郵送物回避に諸条件あり
      ┗来店+写真付き本人確認書類の提出等
    勤務先への電話
    • 「WEB完結」ならなし
    • 「カード申込」の場合は担当者個人名で連絡
      ┗事前相談+勤務先確認書類提出による回避可
    申込み~融資の所要時間最短即日
    即日融資リミット目安18~19時頃までに申込み
    (来店あり・なし共通)
    借入方法
    • ほぼ24時間振込
    • ATM出金
      ┗スマホATM取引対応(セブンイレブン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
      ┗大手消費者金融で唯一、返済額の増額設定が可能
    • ATM入金
      ┗スマホATM取引対応
    • 銀行振込
    • 返済額は月4,000円~
    「WEB完結」について
    ▶SMBCモビットでは申込時に「WEB完結」「カード申込」のいずれかを選択
     ┗来店契約時は「カード申込」一択
    ▶「WEB完結」は電話での在籍確認なし、自宅への郵送物なし
    (=周囲に知られず借りやすい)
    ▶「WEB完結」には以下の申込み条件あり
     (1)勤務先から発行された保険証の所持
     (2)メガバンク※1またはゆうちょ銀行口座を返済用口座として登録できる
    ▶「WEB完結」は収入証明書類、勤務先確認書類が必須(源泉徴収票/給与明細は兼用可)
    審査傾向(WEB完結/カード申込共通)
    ブラックには厳しいが低所得者などには比較的寛容
    その他・備考
    ▶SMBCグループ
    ▶インターネット返済未対応
    他社より限度額高め
    ┗初回から100万円以上を借りられた例を複数確認
    ※1 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行のいずれか

    この記事でチェックしたカードローン情報

    SMBCモビット(SMBCグループ)

    実質年率限度額
    3.0%~18.0%1万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    最短30分※1最短1時間程度※1

    ポイント

    • 土日祝日対応 ※2
    • 「WEB完結」なら電話連絡なし・郵送物なし
    • 時間外振込対応
    • ブラック状態には厳しい

    ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    ※2 インターネット申込の休業時間:1月1日0時~1月2日7時まで

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。