PR

お金を借りる30の方法とその選び方とは?無職でも今すぐ借りられる方法はある?

    お金を借りる30の方法とその選び方とは?無職でも今すぐ借りられる方法はある?
    「お金を借りる」ための方法は意外と多く、一見するとどれを選んでよいか分かりません。

    そのためあなたがお金を必要としているのなら、「いつまでに借りたいか」「いくら借りたいか」「審査に通過できるか」といった要素から申込先を絞り込んでいくと良いでしょう。

    そこで今回は「今必要なお金を借りる」ための30の方法と、その特徴や選び方を詳しくまとめました。

    

    お金を借りる方法には何がある?まずは8つのジャンルを確認

    お金を借りる方法には、大きく分けて8つのジャンルがあります。

    まずはこの中から、あなたに合った借入方法を絞り込んでいきましょう。

    ①「大手消費者金融のカードローン」は急いで借りたい方や誰にも知られず借りたい方におすすめ

    「急いで借りたい」「誰にも知られず借りたい」という場合に向いている借入方法が「大手消費者金融のカードローン」です。

    具体的な申込先候補としては、「プロミス」「アイフル」などが挙げられます。

    これらのカードローンでは、曜日を問わず最短25分で申し込み~借入が可能です。

    また「自宅への郵送物なし」「勤務先への電話なし」で利用しやすいため、誰にも知られず借りたいという場合にも最適でしょう。

    大手銀行グループの会社も多いため、安心して利用できるのも特徴です。

    大手消費者金融のメリット
    • 誰にも知られず利用しやすい
    • 曜日を問わず、最短25分で即日融資を受けられる
    • 大手銀行の子会社、または一部上場企業のため安心して利用できる
    • 収入や信用情報に不安があっても借りられる可能性あり

    CHECK誰にも知られず即日融資を受けられる、大手消費者金融のカードローン5選

    ②「銀行カードローン」は金利の低さや安心感を重視したい方向け

    「銀行カードローン」のメリットは、消費者金融会社よりも低金利で借りやすいことにあります。

    消費者金融のカードローンの上限金利は18%程度ですが、銀行カードローンの上限金利は14.5%程度が一般的です。

    また審査に自信がある方であれば、消費者金融よりも大きなお金を借りやすいことも特徴です。

    その一方で、銀行カードローンには「自宅への郵送物を避けにくい」「即日融資を受けられない」というデメリットも存在します。

    基本的には金利や限度額の高さといった「契約条件」を重視したい方向けと言えるでしょう。

    銀行カードローンのメリット
    • 消費者金融よりも低金利
    • 審査に自信がある方なら高い限度額に期待できる
    • 銀行から借りることによる安心感

    CHECK安心感と金利の低さが嬉しい銀行カードローン4選

    ③「中小消費者金融のカードローン」は大手や銀行の審査に通過できない事情がある方向け

    中小消費者金融会社は、主に大手や銀行の審査に通過できない事情がある方に融資を行っています。

    「自己破産をした」「信用情報に問題がある上、複数の他社借入がある」といった状況なら、こういった金融機関が重要な申込先候補となるでしょう。

    ただしサービス面や融資スピードは、大手消費者金融会社の方が優れていることが多いです。

    CHECK信用情報に不安があっても申し込みやすい中小消費者金融5選

    ④キャッシング枠付きのクレジットカードを持っていれば今すぐお金を下せる可能性あり

    「キャッシング枠」が設定されたクレジットカードをお持ちなら、今すぐコンビニATMなどでお金を借りられる可能性があります。

    これはキャッシング枠が設定されている時点で、すでに審査が完了しているためです。

    キャッシング枠の有無は、利用しているカードのインターネット会員サービスなどを通して確認できます。

    また金利は、消費者金融会社と同じく年18%程度が一般的です。

    CHECKクレジットカードでお金を借りるキャッシングとは?使い方から返済まで

    ⑤特定の目的のためにお金を借りたいなら、回数分割払い型の個人向けローンが有力候補

    「品物の購入」「旅行」「医療費」など、特定の目的のためにお金を借りたいのなら、「回数分割払い型の個人向けローン」を利用すると良いでしょう。

    具体的なローンの名前は「多目的ローン」「自動車ローン」「住宅ローン」等となっており、利用用途によって申込先が変わります。

    これらのローンを取り扱っているのは主に銀行や信用金庫、JAバンクなどです。

    特定の目的のために利用できるローンは、カードローンなどに比べ非常に低い金利で利用しやすいのが特徴です。

    回数分割払いの個人向けローンのメリット
    • 銀行のカードローンよりもさらに低金利
    • リボ払いでなく回数分割払いだから、計画的に返済しやすい

    CHECK決まった目的のために1度だけ借りたいなら「銀行の個人向けローン」をチェック

    ⑥審査なしで借りたい事情があるなら「有担保の借入方法」を選ぼう

    「無職」「カードローンを延滞中」など、どうしても審査を避けたい事情があるのなら、有担保の借入方法を検討するのも良いでしょう。

    具体的な申込先候補としては、「質屋」「生命保険の契約者貸付」などが挙げられます。

    担保が必要な借入方法であれば、審査なしの借入方法であっても安全に利用できます。

    CHECK審査なしで安全に借りられる4つの方法

    ⑦個人事業主や自営業者、法人経営者なら「ビジネスローン」などを利用できる

    個人事業主や自営業者、法人経営者などは個人向けローンに加え、各種「ビジネスローン」を利用できる可能性があります。

    また消費者金融会社が取り扱うビジネスローンを選べば、最短即日融資も可能です。

    一部のビジネスローンは「赤字決算でも申し込み可」と明記しているのもポイントです。

    CHECK個人事業主や自営業者、法人経営者が利用できるビジネスローン5選

    ビジネスローンのメリット
    • 即日融資を受けられる可能性あり
    • 審査の際に「所得」以外を考慮してもらえる可能性あり
    • 申込先を選べば事業資金にもプライベート資金にも利用できる
    • 赤字決算でも利用できる可能性あり

    ⑧一定の申込条件を満たせば国や自治体の融資制度を利用できる

    国や自治体の融資制度は、「収入が低い」「失業した」といった状況でも申し込める可能性があります。

    またその性質上、消費者金融会社などに比べると金利が非常に低く設定されており、制度によっては完全無金利で利用することもできます。

    民間のローンを利用できない事情があるのなら、こういった制度への申し込みをご検討ください。

    CHECK国や自治体が提供する主な4つの融資制度

    国や自治体の融資制度のメリット
    • 民間のローン審査に通過できなくても利用できる可能性あり
    • 非常に低金利、または無金利

    誰にも知られず即日融資を受けられる、大手消費者金融のカードローン5選

    ここからは、誰にも知られずスピーディにお金を借りられる「大手消費者金融会社のカードローン」を具体的に紹介します。

    ①「プロミス」は最短25分の即日融資に対応、さらに何度でも「最短10秒で振込」が可能

    「プロミス」はCMや広告などで広く知られている、三井住友銀行グループのキャッシングサービスです。

    申し込みから融資までが最短25分で完了する上、毎日22時頃まで審査を行っているため、即日融資に非常に強いのが特徴です。

    また「郵送物なしで借りやすい」「初回30日間無利息」「最短10秒振込」など、サービス面も非常に充実しています。

    「迷ったらここ」と言えるような、キャッシングサービスの代表格と表現しても良いでしょう。

    プロミスのメリット
    • 土日も最短25分融資
    • 最短10秒の銀行振込
    • 初回30日間無利息
    • アルバイトや収入が低い方の審査通過報告が多い
    • 郵送物なしで借りやすい
    • 原則として勤務先への電話なし
    • 他社より少し低金利
    • 借入、返済の方法が多い
    • 三井住友銀行グループ
    プロミス(SMBCグループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短20分
    申込条件郵送物回避条件
    • 満18~74歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

      • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
      • 土日祝日対応
      • 24時間振込対応(一部例外あり)
      • 郵送物の回避が容易
      • 初回30日間無利息(金利0%)
        ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。
    (※3)収入が年金のみの方はお申込いただけません。

    • お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
    • 高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

    ②「アイフル」は絶対に誰にも知られず借りたい場合におすすめ

    「アイフル」最短25分融資に対応している大手消費者金融会社です。

    この会社の最大の特徴は、「審査の際、絶対に無断で勤務先に電話をかけない」ことです。

    現在、大手消費者金融会社は原則として「電話による勤務先の確認」を行っていません。
    ただし審査状況によっては例外も発生します。

    この場合、アイフルは申込者の携帯電話へ連絡を入れ、事前の確認を取ってくれます。

    「絶対に勤務先に電話をかけてほしくない」という場合には、この「アイフル」への申し込みが有効だと言えるでしょう。

    「郵送物なしで借りやすい」「最短10秒振込」といったサービス面も申し分ありません。

    アイフルのメリット
    • 土日も最短25分融資
    • 最短10秒の銀行振込
    • 初回30日間無利息
    • アルバイトや収入が低い方の審査通過報告が多い
    • 他社借入が多い方の審査通過報告が多い
    • 郵送物なしで借りやすい
    • 原則として勤務先への電話なし。例外が生じても事前確認あり
    • 一部上場企業
    アイフル

    実質年利限度額
    3.0%~18.0%1,000円〜800万円※1
    審査スピード融資スピード
    最短25分※2最短25分※2※3

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 郵送物の回避が容易
    • 初めての方最大30日間無利息(金利0%)
    • 口座振込なら原則365日24時間借入可能※3

    ※1 一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
    ※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。WEB申込なら最短25分融資も可能です。
    ※3 受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。
    ※ ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は、源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

    ③「SMBCモビット『WEB完結』」も郵送物なし・勤務先への電話なしで利用できる

    SMBCモビット「WEB完結」「カード申込」というどちらの申し込み方法を選ぶかによって、利用条件や契約の流れが変動します。

    2つの申し込み方法のうち、特に人気を集めているのは「WEB完結」です。

    申込先に「WEB完結」を選べば「郵送物なし」「勤務先への電話なし」での借入が可能となります。

    ただしSMBCモビットの場合、「WEB完結」を利用するには指定された種類の銀行口座や保険証が必要ですのでご注意ください。

    SMBCモビットのメリット
    • 土日も最短即日融資
    • 原則として時間や曜日を問わない銀行振込
    • アルバイトや収入が低い方の審査通過報告が多い
    • 「WEB完結」なら郵送物なし、勤務先への電話なし
    • 初回から高い限度額が適用されたという報告が多い
    • 借入、返済の方法が多い
    • SMBCグループ
    SMBCモビット(SMBCグループ)

    モビット

    実質年率限度額
    3.0%~18.0%1万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    最短30分※1最短1時間程度※1

    ポイント

    • 土日祝日対応 ※2
    • 「WEB完結」なら電話連絡なし・郵送物なし
    • 時間外振込対応
    • ブラック状態には厳しい

    ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
    ※2 インターネット申込の休業時間:1月1日0時~1月2日7時まで

    ④「アコム」は信用情報や他社借入状況に不安があっても申し込みやすい

    「アコム」は信用情報の問題や複数の他社借入といった、審査上の懸念を抱く方の通過報告が多い会社です。

    「過去にクレジットカードを長期間延滞した」「すでに3社からお金を借りている」といった状況であっても、比較的申し込みやすい1社と言ってよいでしょう。

    また無人店舗の数が多いため、「店舗に出向いてカードを受け取りたい」という場合にも有力な申込先候補となります。

    アコムのメリット
    • 土日も最短25分融資
      ┗ただし振込の反映時間に注意が必要
    • 初回30日間無利息
    • 信用情報に問題がある方の通過報告が多い
    • 他社借入がある方の通過報告が多い
    • 原則として勤務先への電話なし。例外が生じても事前確認あり
    • 三菱UFJ銀行グループ
    アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    3.0%~18.0%1万円〜800万円最短30分最短30分程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 成人以上
    • ご本人に安定した収入がある方

    • 来店契約のみ

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
    • 初回30日間無利息(金利0%)
    • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
      (2021年4月度新規貸付率41.2%/アコムマンスリーレポートより)
    • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

    ※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

    ⑤「レイクALSA」は「選べる無利息」が魅力

    新生銀行グループのキャッシングサービス「レイクALSA」は、他社と一線を画す無利息特典が特徴です。

    はじめてレイクALSAを利用する方は、「60日間無利息」「180日間5万円以下無利息」という2つの初回特典を選択できます。

    これにより、短期間または少額の借入であれば他社よりも低負担で利用しやすいと言えるでしょう。

    「郵送物なしで借りやすい」「時間や曜日を問わない即日振込」など、サービス面も充実しています。

    レイクALSAのメリット
    • 土日も最短25分融資
    • 初回60日間無利息または180日間5万円以下無利息
    • 原則として時間や曜日を問わない銀行振込
    • 自宅への郵送物を避けやすい
    • 原則として勤務先への電話なし
    • 新生銀行グループ
    レイクALSA(新生銀行グループ)

    実質年利限度額
    4.5%~18.0%1万〜500万円
    審査スピード融資スピード
    お申込み後、最短15秒Webで最短25分融資も可能 ※1

    ポイント

    • 土日祝日対応※2
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典 ※3

    ※1 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
    ※2 日曜日の無人契約機受付時間・第三日曜日の営業時間(審査対応時間含む)は19時まで
    ※3 ⑴初めてなら初回契約翌日から特典。⑵特典期間経過後は通常金利適用。⑶30日間特典、60日特典、180日間特典は併用不可。⑷60日特典はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
    レイクALSA貸付条件

    • ご融資額:1万円~500万円
    • 貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%
    • ご利用対象:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,
      ご自分のメールアドレスをお持ちの方,
      日本の永住権を取得されている方
    • 遅延損害金(年率):20.0%
    • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
    • ご返済期間・回数:最長5年、最大60回
    • 必要書類:運転免許証等
        ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
    • 担保・保証人:不要
    • ※商号:新生フィナンシャル株式会社
    • ※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号
      日本貸金業協会会員第000003号

    安心感と金利の低さが嬉しい銀行カードローン4選

    ここからは、金利の低さや安心感を重視したい方に向く「銀行カードローン」を紹介します。

    ②「楽天銀行スーパーローン」は任意の金融機関の口座を使って返済ができる

    「楽天銀行スーパーローン」もまた、指定の口座を開設することなく利用できる銀行カードローンです。

    また銀行カードローンの中では珍しく、任意の金融機関の口座を使った引き落とし返済ができるのも特徴です。

    楽天会員ランクが高ければ審査の優遇も受けられるため、普段から楽天グループのサービスを利用している方にとっては申し込みやすいと言えるでしょう。

    安定収入を得ている方であれば、初回から大きな限度額が設定されやすいのも特徴です。

    楽天銀行スーパーローンのメリット
    • 銀行カードローンならではの低金利
    • 口座開設不要、さらに他行の口座で返済可
    • 楽天会員ランクによる審査優遇
    • 最初から高い限度額が設定された報告が多い
    楽天銀行スーパーローン

    実質年利限度額
    1.9%~14.5%10万〜800万円
    審査スピード融資スピード
    公式HP参照最短翌日

    ポイント

    • 金利見直し借り換えを考えている30代〜50代に特におすすめ
    • 口座開設不要、お持ちの銀行口座にスマホで入金まで完結
    • 初心者にもおすすめ
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。

    ③「イオン銀行カードローン」は口座不要かつ上限13.8%の低金利が嬉しい

    「イオン銀行カードローン」も任意の金融機関の口座を使った返済に対応している銀行カードローンです。

    またこのカードローンの上限金利は13.8%と、一般的な銀行カードローンと比べても低めに設定されています。

    使い勝手の良さと金利の低さを両立させたいのなら、有力な申込先候補となるでしょう。

    ただし借入・返済の際にセブン銀行ATMを利用できない点には注意が必要です。

    ★イオン銀行カードローン

    金利3.5%
    ~13.8%
    (~月1.15%程度)
    限度額10万円~800万円
    口座開設不要
    自宅への郵送物あり
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    あり
    (原則として個人名)
    ※事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間1週間~
    ※イオン銀行の口座がない場合
    借入方法
    • ATM
      ┗セブン銀行は未対応
    • 自動融資
      ┗イオン銀行口座をお持ちの方のみ
    返済方法
    • 自動引落
      ┗他行口座も可
    • ATM
      ┗セブン銀行は未対応
    申込み条件(公式サイトより)
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    (1)日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
    (2)ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
    (3)ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方
    ※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
    (4)保証会社であるイオンクレジットサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

    ④「住信SBIネット銀行カードローン」は低金利と高い限度額を最重視する方向け

    「住信SBIネット銀行カードローン」は、審査に自信がある方に向いた銀行カードローンです。

    このカードローンでは審査の結果によって、「スタンダードコース」「プレミアムコース」のいずれかが適用されます。

    返済能力などが一定以上と見なされた場合に適用される「プレミアムコース」の上限金利は7.99%と、一般的な銀行カードローンのおよそ半分となっています。

    さらに高い限度額が適用されたという報告も多いため、「契約条件」を重視して申込先を選ぶなら、ベストな選択肢と言っても良いでしょう。

    ただしこのカードローンへ申し込むには、「住信SBIネット銀行」の口座開設が必要です。

    参考住信SBIネット銀行カードローンの審査結果アンケートより

    属性契約内容
    • 年収180万円
    • 自営業(20年)
    【スタンダード】

    • 金利14.79%
    • 限度額100万円
    • 年収338万円
    • 会社員(2年)
    【スタンダード】

    • 金利14.29%
    • 限度額100万円
    • 年収480万円
    • 会社員(6年)
    • 他社債務1社45万円
    【プレミアム】

    • 金利5.99%
    • 限度額240万円
    • 年収500万円
    • 会社員(18年)
    • 他社借入2社計100万円
    【プレミアム】

    • 金利6.99%
    • 限度額150万円
    • 年収510万円
    • 会社員(3年)
    • 他社債務2社計240万円
    【プレミアム】

    • 金利5.99%
    • 限度額240万円
    住信SBIネット銀行「カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    信用情報に不安があっても申し込みやすい中小消費者金融5選

    ここからは、信用情報に懸念がある場合でも申し込みやすい「中小消費者金融」を紹介します。

    ①「セントラル」は即日融資に対応、セブン銀行ATMを使って何度でも借りられる

    原則として、中小消費者金融の使い勝手やサービスは大手に劣ります。

    中小消費者金融の借入方法は「対面」や「銀行振込」が一般的で、カードローンとは異なり二度目の借り入れには再審査が必要であることが多いです。

    そんな中小消費者金融の中で、比較的大手に近いサービスを提供しているのが「セントラル」です。

    この会社は複数の自動契約機を設定しており、「セブン銀行ATM」で何度でも使えるローンカードを発行しています。

    「自己破産から5年以内」といった非常に重い問題を抱える方には向かないものの、「はじめての中小消費者金融会社」としてはベストな申込先と言ってよいでしょう。

    参考「セントラル」申込者アンケートより

    属性契約内容
    • 年収200万円
    • 会社員(4年)
    • 他社債務計300万円超
      ┗うちリボ200万円
    • 5年以内に債務整理
    審査落ち
    • 年収350万円
    • 契約社員(5年)
    • 他社借入3社計100万円
      ┗うち一部は銀行カードローン(内訳不明)
    • クレジットカードを1ヶ月以上延滞中
    • 金利18.0%
    • 限度額10万円
    セントラル
    セントラル
    実質年利限度額審査
    スピード
    ~18.0%1万〜300万円最短即日
    申込条件必要書類店舗設置場所
    • 20歳以上
    • 収入がある
    • 本人確認書類
      (+場合によっては収入証明書類)
    公式HP参照

    ポイント

    • セブン銀行ATMを使った随時の借入・返済に対応
    • 官報情報の閲覧なし、ただし破産5年以内での審査通過は未確認

    ②「AZ」は郵送物なしで、信用情報に問題があっても利用できる可能性あり

    「AZ」は、「自己破産から5年以内」といった状況の給与所得者の審査通過が目立つ中小消費者金融です。

    さらにこの会社は中小消費者金融としては珍しく、必要書類の電子交付に対応しています。

    これにより、「来店なし・郵送物なし」の両立が可能となっています。

    ただし国民健康保険に加入している方の審査落ち報告が多いため、基本的には会社員向けの申込先と言えるでしょう。

    ★AZ

    金利7.0%
    ~18.0%
    (月1.5%程度)
    限度額1万円~300万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典なし
    自宅への郵送物なし(ネット契約時)
    勤務先への電話あり
    ※担当者個人名
    申込み~融資の所要時間最短即日
    借入方法
    • 銀行振込
    返済方法
    • 銀行振込
    • 店頭(京都府)
    申込み条件
    20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    その他・備考
    • 各書類の電磁交付に対応
      =契約書類をメールで送ってくれるので、郵送物を回避できる
    • 信用情報に問題がある方の審査通過例が多い

    ③「アムザ」は自己破産をしていても郵送物なし・勤務先への電話なしで利用可能

    「アムザ」も信用情報に重い問題を抱える方に人気のある中小消費者金融です。

    こちらの会社の特徴は、中小消費者金融でありながら「来店なし・郵送物なし」さらに「勤務先への在籍確認の電話なし」で利用できることにあります。

    代わりに必要な書類の数は多いものの、「誰にも知られず借りたい」という場合には重要な申込先候補となるでしょう。

    さらに中小消費者金融には珍しく、パート・アルバイトや自営業者の方への案内が見られるのも特徴です。

    ★アムザ

    金利15.0%
    ~20.0%
    (月1.66%程度)
    限度額5万円~100万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典なし
    自宅への郵送物なし
    勤務先への電話なし
    申込み~融資の所要時間最短即日
    借入方法
    • 銀行振込
    • 店頭
    返済方法
    • 銀行振込
    • 店頭
    申込み条件
    ご契約時の年齢が20歳以上70歳までの方(アルバイト・パート・会社員・自営の方など)
    毎月一定した収入を得られている方(給与所得者、事業所者など)
    その他・備考

    ④「キャネット」なら北海道の店舗が柔軟な審査で人気(関東から申し込み可)

    「キャネット」という名前を持つ中小消費者金融会社は3つ存在し、それぞれ「北海道」「東北・九州」「近畿地方」を拠点として営業しています。

    いずれも信用情報に問題がある方に向けて融資を行っていますが、中でも人気を集めているのが北海道を拠点とする「キャネット」です。

    「北海道キャネット」とも呼ばれるこの会社は、他のキャネットの店舗がない地域であれば申し込みが可能です。

    北海道にお住まいの方はもちろん、関東などにお住まいの方にとっても有力な申込先候補となるでしょう。

    ★「北海道キャネット」申込者アンケートより

    属性審査結果
    • 年収180万円
    • 派遣社員(1年)
    • 国民健康保険
    • 他社借入1社13万円
    • 5年以内に他社借入や携帯電話料金の長期延滞
    保証人を付けることを条件に審査通過
    (ただしこの方はキャンセル)
    • 年収270万円
    • 会社員(1年)
    • 1年半前に自己破産
    • 金利18%
    • 融資額10万円

    ★キャネット(特記が無い限り全地域共通)

    金利原則法定上限金利

    • 借入額10万円未満
      …20%
    • 借入額10万円~100万円未満
      …18%
    • 借入額100万円以上
      …15%
    限度額初回の場合、上限50万円
    必要日数来店あり:最短即日融資
    来店なし:1週間~
    申込条件
    • 返済能力のある成人
      ┗配偶者貸付にも対応

    ⑤「スペース」は「おまとめ」に定評あり

    中小消費者金融会社の中でも、「既存の債務のおまとめ」に定評があるのが「スペース」です。

    審査や融資に時間が掛かりやすいというデメリットはありますが、信用情報に重い問題がある方の「おまとめ」を行う金融機関は貴重です。

    中小消費者金融会社からの債務がかさんでいる、という場合には、申し込みを検討するのも良いでしょう。

    ★スペース

    金利8.0%
    ~18.0%
    (月1.5%程度)
    限度額~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    初回特典なし
    自宅への郵送物あり(ネット申込時)
    勤務先への電話あり
    ※担当者個人名
    申込み~融資の所要時間最長1ヶ月~
    借入方法
    • 銀行振込
    返済方法
    • 銀行振込
    申込み条件
    20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    その他・備考
    • 信用情報に問題がある方の審査通過例が多い
    • おまとめや高限度額での契約に定評あり

    決まった目的のために1度だけ借りたいなら「銀行の個人向けローン」をチェック

    ここからは、特定の目的のために1度だけお金を借りたい場合に向く、銀行などの個人向けローンについて解説します。

    ①フリーローンは用途自由な「回数分割払い」型ローン

    地方銀行などが取り扱う「回数分割払い」のローンの中でも、比較的申し込みやすいのが「フリーローン」です。

    フリーローンはカードローンと同じく使い道が自由なローンで、資金使途の証明が必要ありません。

    カードローンとの違いは「一度借りたら返済のみを行う」回数分割払いであることのみと言ってよいでしょう。

    審査難易度や審査基準もカードローンと近く、パート・アルバイトや専業主婦の方でも利用できることが多いです。

    フリーローンは旅行や物品購入などの他、「既存のカードローンのおまとめ」などにも利用できます。

    CHECKフリーローンの審査は甘い?審査不安があっても使える銀行や信金の見分け方と体験談

    参考横浜銀行フリーローン

    金利(年)1.9%~14.6%
    融資額10万円~1000万円
    返済期間最長10年
    申込み条件
    1.ご契約時満20歳以上69歳以下の方
    2.安定した収入のある方、およびその配偶者
    パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
    3.次の地域に居住またはお勤めの方
    神奈川県内全地域
    東京都内全地域
    群馬県内の以下の市
    前橋市、高崎市、桐生市
    4.保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
    5.横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
    備考
    • 来店なしで契約・借入が可能
    • 横浜銀行の口座が必要

    ②「多目的ローン」は資金使途を確認できる書類があれば、カードローンやフリーローンより低金利

    「多目的ローン」は、一般にお金の使い道を証明できる書類(資金使途確認書類)の提出を条件に利用できるローンを指します。

    資金使途確認書類として挙げられるのは主に見積書やパンフレットなどですが、銀行によってはインターネットショッピングサイトの情報なども有効となります。

    このローンの特徴は、資金使途確認書類が不要なカードローンやフリーローンに比べ、非常に低金利で借りやすいことにあります。

    何らかの形で「借りたお金の使い道」を証明できるのなら、有力な申込先候補と言えるでしょう。

    ただし多目的ローン自体を取り扱っていない金融機関も多いため、その点には注意が必要です。

    参考みずほ銀行多目的ローン

    金利(年)5.875%
    (変動金利の場合)
    融資額10万円~300万円
    返済期間最長7年
    申込み条件
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • お借入時の年齢が満18歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
    • 勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方
    • 保証会社の保証を受けられる方
    備考
    • みずほ銀行の口座が必要
    • 郵送で契約可

    ③「目的ローン」は特定の借入目的に限り、非常に低金利で借りられる

    「自動車ローン」「住宅ローン」といった特定の目的のために利用できるローンは、一般に「目的ローン」と呼ばれています。

    こちらも資金使途確認書類が必要なローンで、用途が限られている分「多目的ローン」よりさらに低金利で借りられることが多いです。

    誰でも利用できるローンではないものの、もし利用条件を満たしているのであれば、最優先の申込先候補となるでしょう。

    審査なしで安全に借りられる4つの方法

    ここからは、何らかの事情があって「審査なし」で借りたい場合の申込先候補を紹介します。

    ①「質屋」は価値ある品物の預入が可能であれば、完全無審査かつ返済義務なし

    「質屋」は任意の品物を預け入れ、その買取価格の8割前後にあたる現金を借りられるサービスです。

    例えば買取価格10万円のブランドバッグを預け入れたなら、8万円程度の借入が可能です。

    一定の価値のある品物の預け入れが可能なら、申込者の職業や信用情報は一切問われません

    また、返済期限が到来しても支払いを行わなかった場合は品物が自動的に質屋の所有物となるため、返済義務もありません

    この仕様上、無審査でお金を借りたいという場合には有力な方法だと言えるでしょう。

    CHECK質屋でお金を借りる方法とは?質入れ可能な品物と相場もチェック

    ②「契約者貸付」は養老保険や終身保険に加入しているなら利用できる可能性あり

    「契約者貸付」「解約返戻金」付きの生命保険に加入している場合に利用できる借入方法です。

    具体的な保険の種類としては、「養老保険」や「終身保険」が挙げられます。

    「今すぐ解約すれば戻ってくるお金」を担保としてお金を借りるため、この制度には審査がありません

    該当する保険に加入しているのであれば、インターネット会員サービスなどを通して「契約者貸付」を利用できるか、確かめてみると良いでしょう。

    CHECK契約者貸付は担当者や家族にバレる?生命保険を使った借入&返済FAQ

    ③「定期預金担保貸付」は総合口座と定期預金や定額預金を利用している場合に要チェック

    定期預金や定額預金と組み合わさった「総合口座」を利用しているのであれば、その預金残高を担保にお金を借りられる可能性があります。

    この場合も「今すぐ解約すれば返ってくるお金」が担保となるため、審査は必要ありません

    申し込み方法などは銀行によって異なるものの、定期預金や定額預金を利用しているのであれば、確認してみる価値はあるでしょう。

    またこの借入方法は、金利1%未満で利用できることも多いです。

    CHECKゆうちょ銀行でお金を借りる自動融資・口座貸越サービスとは?郵便局への来局は不要

    ④「小規模企業共済」の貸付制度は小規模企業共済の掛金を担保にして借りられる

    「小規模企業共済」に加入している個人事業主や経営者の方は、その掛金を担保にお金を借りられる可能性があります。

    用途は原則として「事業資金」となりますが、小規模企業共済に加入しているのなら申し込みを検討してみると良いでしょう。

    CHECK小規模企業共済の貸付制度とは?限度額の確認方法と事業資金を即日で借りる流れも解説

    個人事業主や自営業者、法人経営者が利用できるビジネスローン5選

    ここからは個人事業主や自営業者、法人経営者が利用できる「ビジネスローン」について解説します。

    ★ビジネスローンはいずれも総量規制の対象外です。
    貸金業者の取り扱いであっても、所得の3分の1を超える借入が可能です。

    ①プロミス「自営者ローン」は即日融資に対応している貴重なビジネスローン

    プロミス「自営者ローン」は、名前の通り自営業者を対象としたビジネスローンです。

    融資の対象は個人に限られ、法人が申し込むことはできません。

    その代わり、このビジネスローンは即日融資に対応しています。

    急いでお金を借りたい自営業者・個人事業主の方には有力な申込先候補と言えるでしょう。

    またこのローンは、事業資金にもプライベート資金にも利用できます。

    ★プロミス「自営者カードローン」

    金利6.3%~17.8%
    (月あたり~1.483%)
    限度額上限300万円
    担保不要
    連帯保証人不要
    必要日数最短即日
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 確定申告書
    • 青色申告決算書または収支内訳書
    • 事業実態を確認できる書類(納品書、請求書など)
    借入タイプカードローン
    (限度額の範囲内で何度でも借入可)
    借入方法
    • 銀行振込(最短10秒)
    • ATM出金
      ┗スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • 銀行振込
    申込み条件(公式HPより)
    年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
    備考
    プロミス会員であれば、通常の個人向けカードローンからの切り替え可

    ②アコム「ビジネスサポートカードローン」も即日融資に対応で総量規制の対象外

    アコム「ビジネスサポートカードローン」も即日融資に対応しているビジネスローンです。

    申し込みの対象は個人に限られるものの、こちらも事業資金・プライベート資金ともに利用可能です。

    ただし、営業年数が1年未満の方は申し込むことができませんのでご注意ください。

    ★アコム「ビジネスサポートカードローン」

    金利12.0%~18.0%
    (月あたり~1.5%)
    限度額1万円~300万円
    担保不要
    連帯保証人不要
    必要日数最短即日
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 確定申告書
    • 青色申告決算書または収支内訳書
      ┗契約額100万円超の場合
    借入タイプカードローン
    (限度額の範囲内で何度でも借入可)
    借入方法
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
      (セブン銀行)
    • 銀行振込
    申込み条件(公式HPより)
    業歴1年以上の個人事業主の方で当社基準を満たす方
    備考
    アコム会員であれば、通常の個人向けカードローンからの切り替え可

    ③アイフル「事業サポートプラン」は法人でも申し込みが可能

    アイフル「事業サポートプラン」は個人に加え、法人も利用できるビジネスローンです。

    また申し込みの際には「カードローン」に加え、「回数分割払い」や「一括払い」といった借入方法・返済方法を選択できます。

    即日融資には対応してないものの、目的に合った借入方法を選択しやすいビジネスローンと言ってよいでしょう。

    ★アイフル「事業サポートプラン(無担保)」

    金利3.0%~18.0%
    (月あたり~1.5%)
    限度額1万円~500万円
    担保不要
    ただし有担保ローンも取り扱いあり
    連帯保証人申し込み名義が法人の場合のみ、代表者の連帯保証が必要
    ┗第三者連帯保証人は不要
    必要日数原則1営業日
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 収入証明書類
      ┗個人:確定申告書
      ┗法人:決算書2期分
    • 事業内容確認書(個人)
      公式HPでダウンロード可
    • 商業登記簿謄本(法人)
    借入タイプカードローン
    (限度額の範囲内で何度でも借入可)
    または一括融資、分割払い
    借入方法
    • 銀行振込(最短10秒)
    • ATM出金
      ┗スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • 銀行振込
    融資対象
    個人事業主または法人

    ④「AGビジネスサポート」は赤字決済でも申し込みが可能と明記

    「AGビジネスサポート」はアイフルの子会社に当たる中小消費者金融会社です。

    一般に親会社・子会社が同じ種類のローンを取り扱う場合、子会社の方が審査難易度が低く設定されていることが多いです。

    そして「AGビジネスサポート」の公式サイトでは、「赤字決算でも応相談」といった旨の記載を見ることができます。

    審査や業績に自信がない方にとっては、比較的申し込みやすいビジネスローンだと言えるでしょう。

    AGビジネスサポート株式会社「事業者ローン」
    金利融資額、限度額審査日数
    上限18.0%※1 ※250万円~1000万円
    (ビジネスローン)
    1万円~500万円
    (カードローン)
    最短即日
    借入までの総日数貸付対象
    最短即日
    • 法人または個人事業主
      ※営業年数制限はありませんが、決算書または確定申告書の提出は必須です。
    ※1審査により決定 ※2融資額100万円以上なら上限15%

    ポイント

      • 法人として契約を結ぶ場合には法人代表者が連帯保証人となること
        (個人事業主の場合は保証人不要)
      • ビジネスローン(一括貸付型)とフリーローン(限度額の範囲内で何度でも借入)を選択可
      • 赤字決算でも応相談

    ⑤福岡銀行「フィンディ」は全国から申し込める貴重な銀行ビジネスローン

    銀行が全国から無担保・無保証人で利用できるビジネスローンを取り扱っていることは稀です。

    そのため福岡銀行のビジネスローン「フィンディ」は貴重な存在だと言えるでしょう。

    こちらのローンの特徴は、消費者金融のビジネスローンに比べ金利が低いことにあります。

    また全国から、福岡銀行の口座をお持ちでなくても申し込めるため、「銀行から事業資金を借りたい」という場合には有力な申込先候補となります。

    ★福岡銀行「フィンディ」

    金利2.0%~14.0%
    (月あたり~1.166%)
    限度額100万円~1000万円
    担保不要
    連帯保証人不要
    必要日数最短即日
    必要書類
    • 本人確認書類
    • 収入証明書類
      ┗法人:決算書
      ┗個人:確定申告書
    借入タイプ一括融資+分割払い
    (最長36回/3年)
    借入方法銀行振込
    ┗任意の金融機関宛て
    返済方法福岡銀行口座からの自動引き落としまたは銀行振込
    申込み条件(公式HPより)
    日本国内で事業を営む法人及び個人事業主の方
    その他
    • 原則として収入証明書不要
    • 福岡銀行の口座なしでも利用可

    国や自治体が提供する主な4つの融資制度

    ここからは、国や自治体が提供する主な融資制度を紹介します。

    ①「生活福祉資金貸付制度」は低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯が申し込み可能

    「生活福祉資金貸付制度」は低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯を対象とした融資制度です。

    低所得世帯と見なされるのは、一般に「住民税が非課税」となっている世帯です。

    こちらは生活保護とは違い、あくまで返済義務のある「融資」制度であるため、最低限の支払い能力が要求されます。

    ただし元金の返済が猶予される「据置期間」もありますので、失業や病気などにより一時的に生活に困窮している場合などには、検討したい制度だと言えるでしょう。

    CHECK生活福祉資金貸付制度とは?低所得者が審査に通過する条件と市役所などへの申し込みの流れ

    ②「求職者支援資金融資制度」は求職中の方を対象とした融資制度

    「求職者支援資金融資制度」は、職業訓練受講給付金を受給してなお生活に困窮する方に向けた融資制度です。

    前提となる「職業訓練受講給付金」を受け取るには、ハローワークを通した求職活動を行う必要があります。

    誰にでも利用できる制度ではないものの、これから求職・転職をしたいという場合には、活用してみるのも良いでしょう。

    CHECK求職者支援資金融資でお金を借りるには?審査に通過する条件と申し込みの流れも解説

    ③「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」はひとり親世帯(母子家庭・父子家庭)のための融資制度

    「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」は、配偶者のいない母子家庭や父子家庭に向けた融資制度です。

    借りたお金は生活資金や教育資金の他、事業資金などにも利用できます。

    この制度へ申し込むためには、子供の年齢が20歳未満である必要があります。

    CHECK母子家庭がお金を借りるには?母子父子寡婦福祉資金貸付金とその他の支援制度の使い方

    ④「国の教育ローン(教育一般貸付)」は奨学金とも併用できる低金利ローン

    財務省付きの金融機関である「日本政策金融公庫」は、一般の家庭に向けて「教育一般貸付」という融資制度を提供しています。

    この制度は一般に、「国の教育ローン」と呼ばれています。

    借りたお金は高校や大学、留学といった「義務教育以外の教育資金」のために利用できます。

    民間の銀行の教育ローンよりも金利が低いことから、教育資金を借りたい場合には有力な申込先候補となるでしょう。

    その他の国や自治体の融資制度に比べると、申込条件も厳しくありません。

    CHECK日本政策金融公庫公式サイト「教育一般貸付(国の教育ローン)」

    こんな私でも借りられる?お金を借りる方法についてのよくある質問と回答

    ここからは、お金を借りたい状況におけるよくある質問にお答えしていきます。

    ①パート・アルバイトや低所得者でも利用できる借入方法はありますか?

    一般的なカードローンフリーローンは、パート・アルバイトや低所得者でも申し込めることが多いです。

    また利用できる目的は限られるものの、家電量販店やエステサロンなどで組めるローンは連帯保証人の設定を条件に、支払い能力が高くない方でも利用できる場合があります。

    その一方、銀行の目的ローンなどには年収制限が設けられていることも多いです。

    ②専業主婦(専業主夫)でも利用できる借入方法はありますか?

    多くの地方銀行信用金庫一部のインターネット銀行のカードローンやフリーローンは、専業主婦の申し込みを受け付けています。

    この場合、原則として配偶者の同意や保証は必要ありません。

    ただし大手消費者金融会社や都市銀行のカードローンは、いずれも専業主婦の申し込みを受け付けていないためご注意ください。

    CHECK専業主婦がお金を借りる方法とは?家族に内緒で50万円借りる条件

    ③無職でも利用できる借入方法はありますか?

    「質屋」をはじめとする無審査の借入方法であれば、無職の方であっても利用できます。

    また年金受給者など、無職でも収入がある方であれば、地方銀行のカードローンなどを利用できる可能性があります。

    ④高齢者でも利用できる借入方法はありますか?

    65歳以上の方がいる「高齢者世帯」であれば、「生活福祉資金貸付制度」への申し込みが可能です。

    また地方銀行などがシニア向けのカードローンを提供していることも多いです。

    CHECK高齢者がお金を借りるには?60歳~80歳以上でも使えるローンや融資制度とその選び方

    ⑤未成年者でも利用できる借入方法はありますか?

    18歳・19歳の収入を得ている方であれば、「プロミス」などを利用できる可能性があります。

    ただし残念ながら、17才以下の方が金融機関と契約を結ぶことはほぼ不可能です。

    これは未成年者に契約行為能力、つまり単独で契約を結んで遂行するという能力が認められていないためです。

    ⑥信用情報に問題があっても利用できる借入方法はありますか?

    中小消費者金融会社は、信用情報に重い問題があっても利用できる可能性があります。

    また信用情報の問題が重大でなければ、大手消費者金融会社と契約を結べることもあります。

    ただし「他社のカードローンなどを延滞中」という状況の場合、中小消費者金融を含む正規の金融機関との契約は困難です。

    ⑦土日祝日でも即日融資を受けられる方法はありますか?

    基本的には大手消費者金融会社を選ぶと良いでしょう。土日祝日であっても最短25分で融資を受けられます。

    また預け入れられる品物があるのなら、「質屋」の利用も選択肢に入ります。

    まとめ

    ★比較的広い層から申し込みやすい借入方法

    プロミス
    • 上限金利17.8%
    • 最短25分融資
    • 郵送物なしで借りやすい
    • 30日間無利息
    • 原則として勤務先への電話なし
    • 営業時間が長い
    アイフル
    • 上限金利18.0%
    • 最短25分融資
    • 郵送物なしで借りやすい
    • 30日間無利息
    • 原則として勤務先への電話なし
      ┗例外が生じた場合も事前連絡あり
    レイクALSA
    • 上限金利18.0%
    • 60日間または180日間5万円無利息
      ┗Web申込みの場合
      →借入額が5万円なら、約半年間金利0%で借りられる
    • 郵送物なしで借りやすい
    • 原則として勤務先への電話なし
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要
    • 専業主婦可
    住信SBIネット銀行カードローン
    • 上限金利14.79%
      ┗プレミアムコース適用なら上限7.99%
    • 口座開設が必要
    • 審査に自信がある方向け
    質屋
    • 上限金利109.5%
    • 無審査
    • 預け入れた品物の買取価格の8割程度を借りられる
    • 返済義務なし
    生活福祉資金貸付制度
    • 原則として金利1.5%または0%
    • 低所得世帯などが広い目的で利用できる

    お金を借りるための方法は意外と多く、ベストな方法は申込者の状況によって異なります。

    お金を借りたい目的や時期、希望する借入額、申込者の返済能力などに合わせて、場面に合った借入方法を選択してみましょう。
    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。