三菱UFJ銀行、2つの口座の違いを簡単解説!新規なら「スーパー普通預金」を選ぼう

三菱UFJ銀行、2つの口座の違いを簡単解説!新規なら「スーパー普通預金」を選ぼう
「三菱UFJ銀行で口座を作ろうとしたら、普通預金口座が2つ。
説明を見ても、イマイチどちらを選べばいいか分からない……」

三菱UFJ銀行には「普通預金」の他に「スーパー普通預金<メインバンクプラス>」という預金方法がありますが、結論から言うと明確な差と言えるほどの違いはありません
強いて言うと、まとまったお金を預けるだけでATM利用手数料が無料になる可能性のある「スーパー普通預金<メインバンクプラス>」の方を選べばまず間違いはないでしょう。

今回はそんな三菱UFJ銀行、2つの普通預金について、その違いを分かりやすくまとめました。
読み終えていただければ、迷わず口座開設手続きに進むことができますよ。

▼三菱UFJ銀行カードローン バンクイック (基本情報)
実質年利 1.8%~14.6% 限度額 500万円
審査スピード - 口座開設 -
融資スピード - 借入判断 -
備考
  • 融資スピードが速い!
  • 土日祝日でも融資可能
  • 金利が低いため、おまとめにも最適
  • 審査は同じグループの、アコムが行う

「スーパー普通預金」と「普通預金」の違いは何?

「スーパー普通預金」と「普通預金」の違いは何?
まずは、三菱UFJ銀行が取り扱う2つの預金口座の違いについて見ていきましょう。

①2つの普通預金の簡易比較

三菱UFJ銀行の、「スーパー普通預金(メインバンクプラス)」「普通預金」の違いをまとめると以下のようになります。

★二つの普通預金の簡易比較(情報は2018年4月現在のもの)

スーパー普通預金 普通預金
預金金利 年0.001%
段階金利型
年0.001%
三菱UFJ銀行ATM
利用手数料
一定条件を満たせば完全無料
(それ以外の場合は同右)
8:45~21:00無料
その他の時間は108円
コンビニATM利用手数料 シルバーステージ以上で一定回数無料
それ以外は同右
108円または216円
他行宛て振込手数料
(三菱UFJダイレクト利用時)
プラチナステージ時のみ月3回無料
それ以外は同右
216円
その他 「段階金利型」「全額保護型」を選択可 特になし

結論から言うと、特に差と言えるほどのものは無いです。
ただしご覧の通り、スーパー普通預金を選べば「一定条件」(後述)を満たすことでいくらか恩恵を得られる模様。
少なくとも「スーパー普通預金」を選んで損をすることは無いため、新しく口座を開設するのならこちらを選んで何の問題もないでしょう。

ちなみに大差がないのであれば「スーパー普通預金」の何が「スーパー」か、と言う話ですが……。
公式HPの金利表を見るに、以前は預金残高ごとに預金金利がアップする仕組みだったのではないかと思われます。
ただ、現在はマイナス金利政策の影響で預金額にかかわらず、金利は「0.001%」固定となっているようですね。
三菱UFJ銀行公式HPより:スーパー普通預金
▲三菱UFJ銀行公式HPより

★すでに「普通預金」を利用されている場合、インターネットバンキングや店頭窓口などでの移行手続きが可能です。
詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

CHECK三菱UFJ銀行公式HP「Q&A(よくあるお問い合わせ)」

★現在ご利用中の口座が「普通預金」か「スーパー普通預金」か確かめるためには、三菱UFJ銀行のインターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)をご利用ください。
トップページから「優遇内容・ステージ照会」を選択し、該当口座が表示されればあなたが使っているのは「スーパー普通預金」です。
三菱UFJ銀行公式HPより:「優遇内容・ステージ照会」
▲三菱UFJ銀行公式HPより

<預金金利って何?>

銀行などの金融機関に1年間(普通預金の場合)お金を預けておくと、お礼としていくらかのお金をもらえます。
「1年間お金を預けっぱなしだと、預金に対し何%のお金をもらえるか」の数字を示したのがこの「預金金利」なんですね。

ですが現在は「マイナス金利政策」という政策のために日本中で金利が低くなっており、これを使ってお金を増やしていくことは現実的でありません
(ただし悪いことばかりではなく、住宅ローンなどのローン金利が大幅に下がっていることから、お金を借りる側であれば嬉しい状況です)

三菱UFJ銀行の預金金利は「年0.001%」
100万円を1年間預けたとしても、1年間でもらえる利息(お礼)はたった10円です。

CHECK2.もっと利息の付く預金方法は無いの?

②「スーパー普通預金」のステージシステムをチェック!

さて、現在の預金金利の面では特にメリットの無い「スーパー普通預金」ですが、三菱UFJ銀行の利用状況によっては小さな恩恵をいくつか受けることができます。

★「スーパー普通預金」ステージごとの適用条件と優遇内容

適用条件 優遇内容
ホワイトステージ 三菱UFJダイレクト※1 登録
+以下の条件いずれか1つクリア

  • 三菱UFJデビットの引き落とし※2
  • Eco通帳(ネット通帳)利用
  • 任意のクレジットカード引き落とし
  • 預金残高10万円以上
  • 利用時間にかかわらず三菱UFJ銀行ATM利用手数料が完全無料に
    シルバーステージ 三菱UFJダイレクト※1 登録
    +以下の条件いずれか1つクリア

  • 月10万円以上の給与受取
  • NISA、つみたてNISAでの投信つみたて振替
  • MUFGカード等の引き落とし
  • 預金残高30万円以上
  • ホワイトステージの優遇内容
    +提携コンビニATMの利用手数料が月2回まで無料
    ゴールドステージ 三菱UFJダイレクト※1 登録
    +以下の条件いずれか1つクリア

  • MUFGカード(プラチナアメックス)の引き落とし
  • 三菱UFJ銀行の住宅ローン利用
  • 指定ローン残高500万円以上
  • 預金残高500万円以上
  • シルバーステージの優遇内容
    +三菱UFJダイレクト利用時の他行振込手数料0円

    ※1 三菱UFJ銀行のインターネットバンキング(ネット上で預金管理や振込などのできるサービス)
    ※2 利用者が18歳~23歳であればシルバーステージ適用

    シルバーステージとゴールドステージの適用難易度には、ずいぶん差がありますね。
    これから口座を開設し、メインバンクとして使っていく予定なら「シルバーステージ」適用を目標とするのが良さそうです。

    ★ステージ判定日は毎月営業日の末日、優遇期間は判定日の翌20日から翌々月19日までとなります。
    特に申告の必要は無く、条件をクリアしていれば勝手に優遇を受けられる仕組みとなっています。

    ★コンビニATMを頻繁に利用していきたいのなら、無条件で手数料無料となる「新生銀行」などを使った方がメリットは大きいです。
    三菱UFJ銀行を選ばなければならない理由が特に無いのなら、各ネット銀行の利用を検討しても良いでしょう。

    CHECK新生銀行公式HP「ATM」

    ③スーパー定期預金のタイプは「段階金利型」を選んで問題なし

    三菱UFJ銀行「スーパー普通預金」は、開設時に以下の2タイプを選択することができます。

    ★2つのタイプのスーパー普通預金・比較

    スーパー普通預金
    「段階金利型」
    スーパー普通預金
    「全額保護型」
    預金金利 0.001%
    (2018年4月)
    0%(固定)
    預金保険制度 1000万円まで+利息 全額保証

    争点になるのは「預金保護制度」ですが、これは万が一三菱UFJ銀行が破綻した場合、お金がいくら戻ってくるかという話。
    が、メガバンクの中でも日本トップの預金額を誇る三菱UFJ銀行が、近々破綻するとはまず思えません。
    国際的な格付けの中でも、三菱UFJ銀行が「A」を下回っている項目は過去10年のうち、皆無です。

    CHECK三菱UFJフィナンシャル・グループ公式HP「債権・格付け」

    「段階金利型」であっても1000万円までは保証されるとあり、利息の付かない「全額保護型」を選択する意味は皆無と言って良いでしょう。
    仮に1000万円を優に超える莫大な資産があったとしても、複数の金融機関に預けたり、資産運用を行うことで事足ります。

    <三菱UFJ銀行、預金口座の開設方法>

    ここまで解説してきた通り、現在三菱UFJ銀行の預金口座を開設するなら「スーパー普通預金」の、「段階金利型」ほぼ一択となります。
    開設する口座が決まったら、実際の手続きに移りましょう。

    三菱UFJ銀行の口座開設方法は、以下の4種類。

    口座開設時間 キャッシュカード到着
    銀行窓口 即日 1週間程度
    テレビ窓口※ 即日 1週間程度
    スマートフォン 1週間程度 1週間程度
    郵送 3~4週間程度 3~4週間程度
    ※一部の支店に設置の契約コーナー。毎日18時まで利用可

    また、口座開設には「本人確認書類」「印鑑」「マイナンバーを確認できる書類」が必要となりますのでお気をつけて。
    この3点を持って、銀行窓口またはテレビ窓口に出向くのが最も早い口座開設方法となるでしょう。

    詳しい方法や必要書類、テレビ窓口の設置場所などについては以下の銀行公式HPをご覧ください。

    CHECK三菱UFJ銀行公式HP「口座をひらく」

    もっと利息の付く預金方法は無いの?

    もっと利息の付く預金方法は無いの?
    「段階金利型」……という名前でありながら、マイナス金利政策の影響により一律0.001%という超低金利状態になってしまっている「スーパー普通預金(段階金利型)」。
    ここでは「もう少し金利は何とかならないの?」というあなたのために、同銀行もしくは他行の預金サービスのうち、資産が目減りする可能性のないものをまとめてみました。

    ★預金に関する前提知識

    • 普通預金……いつでも1円単位で引き出せる、いわゆる銀行預金のこと。
    • 定期預金……預金金利が高い代わり、指定の期間が来るまで原則お金を下せない預金のこと。

    ★三菱UFJ銀行「スーパー普通預金」とその他の主な預金サービス

    金利(年利)※ 分類
    三菱UFJ銀行
    「スーパー普通預金(段階金利型)」
    0.001% 普通預金
    三菱UFJ銀行「スーパー定期」
    (1ヶ月~10年)
    0.01% 定期預金
    イオン銀行「普通預金」
    ※イオンカードセレクト利用時のみ
    0.1% 普通預金
    楽天銀行「普通預金」 0.02% 普通預金
    楽天銀行「定期預金」 0.2%(14日)
    0.03%(1年)
    0.04%(5年~)
    定期預金
    オリックス銀行「eダイレクト普通預金」 0.02% 普通預金
    オリックス銀行「eダイレクト定期預金」 0.15%(1年)
    0.2%(3年~)
    定期預金
    ※利息を受け取る際には、20.315%の税金が差し引かれます。

    普通預金の中で選ぶなら、「イオンカードセレクト」(クレジットカード)利用時のイオン銀行がベストだと言って良さそうです。預金金利は実に、三菱UFJ銀行の普通金利の100倍ですね。
    預ける金額が大きくなりそうであれば、預金金利も加味した上で口座開設先を選択したいところです。

    ★その他、資産が目減りするリスクがあるものを含めれば「外貨預金」「投資信託」などの方法があります。(ただしいずれもネット銀行等を使った方が手数料が安く、おトクになりやすい)

    まとめ

    まとめ

    ★三菱UFJ銀行の普通預金は通常の「普通預金」「スーパー普通預金」の2つ。
    とは言え超低金利時代の今、預けてもらえる利息に違いは無い
    ★利用状況に応じてATM手数料を優遇してもらえるなど、「スーパー普通預金」を選べば小さなメリットを受けやすい。そのため申込み先は「スーパー普通預金」、その中でもわずかながら利息の付く「段階金利型」一択となる
    ★メガバンクはどうしても「利用者への還元」の面で弱く、充実したサービスや少しでも高い預金金利を求めるならインターネット銀行などを利用したほうが良い

    「スーパー普通預金」という名前ではありますが、一般の普通預金と大きく変わる点はありません。
    可もなく不可もない普通の預金サービスではありますが、どうせ三菱UFJ銀行をメインバンクとするのなら、コンビニATM利用料が無料になる「シルバーステージ」までのランクアップを狙いたいところです。

    CHECK三菱UFJ銀行・口座直結型カードローン「マイカードプラス」について

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。