年収200万円未満でも通過!審査が甘いマイカーローンの選び方と注意点

    年収200万円未満でも通過!審査が甘いマイカーローンの選び方と注意点

    審査が不安な 佐藤さん
    自分の車が欲しいけれど、この収入じゃ難しいだろうな…

    そう思ってマイカーローン(自動車ローン)審査を諦めてしまっている方は少なくないかと思いますが……。
    実はこのマイカーローン、申込み先さえ誤らなければ「年収200万円未満」「非正規雇用者」といった属性でも十分利用可能。
    特に各ディーラーが提供するローンであれば、審査に自信が無くとも申し込んでみる価値はあるでしょう。

    今回は、何らかの理由でマイカーローンの審査に不安を抱えているあなたのため、「比較的審査に通りやすいマイカーローン」情報を中心にまとめました。

    【管理人】山本
    読み終えていただければ、今のあなたに合った申込み先が分かります。
    1分でチェック!このページの要点

    • 審査に通りやすいのは、やはり車を担保に取られるディーラー提携のマイカーローン
    • ただし「残価設定クレジット」を利用しないのなら、より金利の低い銀行マイカーローンの審査も受けておきたい(特に中古車購入時)
      ┗1~2社ならダメ元での申込みもさほど問題なし

    審査が甘いのはやはりディーラーローン!年収200万円未満でも通過を狙えるのは何故?

    審査が甘いのはやはりディーラーローン!年収200万円未満でも通過を狙えるのは何故?
    マイカーローン(自動車ローン)は大きく分けて、

    • ディーラーで組めるローン
    • ディーラーでない、外部金融機関(銀行など)で組むローン

    に分けられます。

    このうち、審査難易度が低いのは明らかに「ディーラー」ローンの方。
    そう言える理由を、実際の体験談を交えながら解説させて頂きます。

    ①車を担保にするから、信用が低くても審査に通りやすい

    前提として、ディーラー(ここでは中古車販売店などを含めます)が提携し提供するマイカーローンは、一般的にローンの返済が終わるまで、車の所有権が購入者のものになりません。要は「ローンの返済が終わるまで、車は販売会社やメーカー、信販会社のもの」というわけですね。

    これが意味するのは、「万が一ローンの返済が滞った場合、メーカー等が車を没収できる(=実質的な担保となる)」ということ。

    これは一見すると明らかなデメリットですが…。

    上記の仕組みを取ることで、メーカー等の売り手側は低リスクで自動車の販売が可能。要は「支払いが滞ったら、車を没収すればよい」わけですから、「信用」だけを元手にお金を貸す銀行等に比べ、信用の低い人にもお金を貸しやすいわけです。

    ちなみに「ディーラーの方が審査に通りやすい」ことは各銀行も認めているところで、実際にいくつかの銀行公式HPでは以下のような「ディーラーの方が審査が甘い」ことを示す記載が見受けられますね。

    ディーラー系のローンとの比較

    ▲常陽銀行公式HPより

    ②場合によっては(連帯)保証人付きでマイカーローン審査に通過できることも

    一部のディーラーローンは、申込み者本人の信用が不足している場合、さらに「(連帯)保証人」の設定を求める場合があります。要は契約者本人がお金を支払えなくなったとき、代わりに返済を行ってくれる人の設定をあらかじめ要求するわけですね。

    十分な返済能力を持った(連帯)保証人を設定できるのであれば、申込み者本人の収入などが低くても審査通過を狙えます。

    すべてのディーラーローンが保証人の設定に対応しているわけではありませんが……。
    このあたりの融通は、銀行ローン等に比べかなり利きやすいと言って良いでしょう。

    ③「残価設定」で新車を購入するなら、マイカーローンはディーラー提携のものに決めてOK

    • 車を担保に取る
    • (連帯)保証人の設定に対応している場合がある

    …といった理由から、銀行マイカーローンに比べ審査難易度が低い「ディーラーローン」。

    そしてそんなディーラーローンに実際に申し込んでも良いのか、という話ですが…。
    あなたが新車購入予定、かつ残価設定クレジット(ディーラー、業者によって表記ブレあり)を利用する予定なら、実際にディーラーでローンの相談をしてみて良いでしょう。

    「残価設定クレジット」とは、一定期間(主に3年~5年)後の下取りを前提に、「本来の車の金額-下取り額」の差額のみを支払うローンのこと。
    例えば200万円の車を購入、下取り予定額が70万円なら、借入額は差額の「130万円」で済むわけです。

    このタイプのローンを取り扱っているのはほぼディーラーのみ
    よって3~5年後の乗り換え(または免許の返納)を検討しているのなら、購入したい車を販売しているディーラーでローンを組んでしまって構いません。

    ちなみに残価設定クレジットの金利は、買い切り型のディーラーローンに比べ低い傾向にあります。

    ★例外として、福岡銀行は残価設定型のローンを提供中です。
    あなたが福岡銀行の営業エリアにお住まい、かつカーディーラー提供のローンより「福岡銀行」のローンの方が好条件なようなら、こちらを検討しても良いでしょう。

    CHECK福岡銀行公式HP「残価設定型オートローン」

    ★残価設定クレジットは原則として新車に適用されます。
    一部の中古車販売店が残価設定クレジットを提供していることはありますが……。

    • 中古車の3~5年後の下取り価格の低さ
    • 中古車を対象としたディーラーローンの金利が非常に高くなりやすいこと

    を前提とすると、おすすめはしづらいところです。
    (ただしもちろん下取り額や提供されるローンの金利によっては例外があります)

    ④実際のディーラーローン審査通過例

    ここでは以前実施した「マイカーローン」アンケート調査の中から、「非正規雇用者」のディーラーローン利用者の回答を紹介させて頂きます。

    非正規雇用者のディーラーローン通過例
    ジャックス(ディーラー提携)年収180万円
    契約社員(6年)
    金利9.0%
    融資額78万円
    120回払い
    新古車購入
    カードローン20万円利用中
    安定収入ある配偶者あり
    ジャックス(ディーラー提携)年収250万円
    アルバイト(15年)
    金利不明
    融資額は利息含め146万円
    36回払い
    銀行カードローン50万円利用中
    新古車購入
    ホンダクレジット年収280万円
    契約社員(26年)
    返済中に退職予定の61歳
    金利3.0%
    融資額80万円
    48回払い(残価設定でない)
    新車購入

    ディーラーローンの審査に通るために、特別高い収入や信用が必要ないことが分かるかと思います。
    特に「年収250万円、アルバイト」という属性の方が、年収の半分を超える金額の契約を結んでいることは心強いですね。

    ★とは言えもちろん、希望契約額が低いに越したことはありません。
    頭金を用意できそうであれば、それを前提に審査を受けることをおすすめします。

    ディーラーローンの審査に通過できないのはどんな人?

    決して厳しい審査を行ってはいない各ディーラーローンですが……。
    それでも全員が審査に通過できるわけではありません。
    具体的に言うと、

    • 単純に、収入が低すぎる(目安150万円未満)
       ┗ただし保証人を付けられる場合や、安定収入ある配偶者がいる場合はその限りでない
    • いわゆる金融ブラック状態
    • カードローン等の債務がある
       ┗金額や借入件数が多いほど、申込み者の信用が少ないほど審査落ち要因となりやすい

    …といった場合、いくらディーラーローンであっても審査通過は難しくなります。あらかじめご承知おきください。

    この場合は頑張ってお金を貯めて一括で自動車を購入するか、家族などを頼るのが現実的な方法となりそうです。


    ただし「残価設定」を利用しないなら銀行マイカーローンの審査も受けておきたい

    ただし「残価設定」を利用しないなら銀行マイカーローンの審査も受けておきたい

    ここまでお話ししてきた通り、審査に通りやすいのは銀行ではなくディーラー取り扱いのマイカーローン(自動車ローン)。

    …ですがあなたが「残価設定クレジット」を利用しないのであれば、ダメ元であっても銀行への申込みを検討した方が良いかもしれません。
    その理由と、銀行系マイカーローンの審査難易度について簡単にお話しさせて頂きます。

    ①残価設定を利用しない場合、ディーラーと銀行では貸付条件に大きな差がある(特に中古車)

    あなたが残価設定クレジットを利用しない場合、ディーラーと銀行どちらを選んでも「○○円を××払いで返済する」という形のローンを組むこととなりますが……。

    この場合の金利は、借入先によって大きく異なります。実際のアンケート結果に基づく比較結果をご覧ください。

    契約内容が大きく異なる二例の比較
    十六銀行年収500万円
    会社員(16年)
    金利1.95%
    融資額162万円
    ボーナス併用120回払い
    中古車購入
    トヨタファイナンス年収600万円
    会社員(29年)
    金利14%
    融資額50万円
    36回払い
    中古車購入

    ご覧の通り、属性自体は「トヨタファイナンス」ユーザーの方が高いにもかかわらず、金利には10倍以上の差が発生しています。ディーラーでローンを組んだばかりに、1ヶ月あたりで発生する利息が10倍以上になると考えれば、この深刻さが分かるでしょう。

    このように、残価設定クレジットを利用しない場合、貸付金利は銀行ローンの方が優れている傾向にあります。この差は特に、中古車/新古車購入時に大きなものとなりますね。

    「銀行の審査に通れれば、ディーラーより良い条件で借りられる」ことを考えると、ディーラーで審査を受けるのは銀行の審査に落ちてからでも遅くはないかと思います。

    ★ただし輸入車ディーラーの金利は銀行と遜色ない(あるいは銀行よりも低い)場合があります。
    また国産車ディーラーにおいても低金利キャンペーンの実施などは珍しくありませんので、事前にディーラー取り扱いのローンの金利を確認しておくと良いでしょう。
    現在の金利状況は各店舗への問合せにより確認可能です。(キャンペーン実施中等であればHP上で確認が取れる場合もあります)

    ②ディーラーより審査が厳しいとは言え、年収200万円未満の通過も確認済み

    さて、そうなると気になるのが実際の銀行マイカーローンの審査難易度ですが……。

    「ディーラーよりも厳しい」…とは言っても、これまでには年収200万円未満の方の通過例も確認済み。

    実際のアンケート回答より
    山陰合同銀行マイカーローン
    属性年収192万円
    会社員(3ヶ月)
    契約内容金利2.9%
    融資額166万円
    60回払い
    新車購入

    「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」といった都市銀行は申込み条件に年収制限(年収200万円以上であること)を設けていることから、いくらか審査が厳しいと推測されますが……。

    特に収入・勤続年数要件などの設けられていない地銀や信金のマイカーローンであれば、年収が高くなくとも十分に審査通過を狙えることでしょう。

    特に公式HPに「アルバイトの方もお申込みいただけます」といった記載があるものは審査難易度が低く、狙い目と言えます。

    CHECK3ステップで決定!マイカーローンの選び方&地域別のおすすめ申込み先一覧

    結局のところ、最初の申込み先は?

    あなたが「残価設定クレジット」を利用しないのであれば、ディーラーのローン審査を受ける前に、地銀や信金のマイカーローンへ申込みを行うことをおすすめします。

    より審査難易度の低いディーラーのローンへ申し込むのは、好条件ローンの審査に落ちてしまってからでも遅くはないでしょう。

    マイカーローンの審査に落ちてしまうことにデメリットはある?

    結論から言うと、1~2社の審査に落ちてしまうことに大したデメリットはありません。そのため「ダメ元」であっても地銀や信金のマイカーローンに申し込んでみる価値は十分と言えるでしょう。

    ちなみに短期間で多くのローンへ申し込むと一時的に審査が不利になるとされていますが……(いわゆる申し込みブラック)。
    これが自動車ローンなどの目的ローンにも適用されるかは現状不明です。

    とは言え申込み先の金融機関が多重申込みを嫌う可能性を考えると、「1、2社の審査に落ちてしまったらディーラーへの申込みを検討する」のが無難なところでしょう。

    ★ちなみに現在、ほとんどの金融機関ではインターネットを介した来店不要の仮審査申込みが可能です。

    店頭での申込が前提となるディーラーローンに対し、「審査に落ちてしまった場合の気まずさ」を考慮する必要が無いのは嬉しいところです。

    まとめ

    まとめ

    ポイント
    • ディーラーが取り扱うマイカーローンは銀行等のものに比べ審査難易度が低い。
      これは車を担保に取ること(業者によっては保証人を付けられること)による
    • ただしほとんどディーラーでしか組めない「残価設定クレジット」を利用しないのであれば、低い金利で借りられる銀行等のマイカーローンへの申込みを検討したい(特に中古車・新古車購入時)。
      狙い目は収入や勤続年数制限のない、地銀や信金のマイカーローン

    要はあなたが「残価設定クレジット」を利用するならまずディーラーへ、そうでないなら銀行や信金のマイカーローンへ申し込むのが基本ということですね。

    1~2社程度であれば「ダメ元での申込み」のデメリットもありませんので、まずは「審査が甘いローン」よりも「条件の良いローン」を探してみると良いでしょう。

    CHECK3ステップで決定!マイカーローンの選び方&地域別のおすすめ申込み先一覧

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい