国税がクレジットカードで支払い可能に!所得税などほぼすべてが対象

国税がクレジットカードで支払い可能に!所得税などほぼすべてが対象
平成29年1月4日から、所得税や法人税、贈与税といった国税がクレジットカードで支払えるようになります。
参考:国税庁公式HP「クレジットカード納付の手続き」
これにより金融機関に出向く手間が省ける、クレジットカードのポイントが貯まるといったメリットが生まれ、納税が便利になるんですね。

今回はこのニュースについて、現時点で公開されている情報をまとめてみました!

どんな税金が、どんなクレジットカードで支払えるようになるの?

どんな税金が、どんなクレジットカードで支払えるようになるの?
国税庁の公式発表をもとに、まとめてみました!

①支払い可能になる国税一覧

  •  申告所得税及び復興特別所得税
  •  消費税及び地方消費税
  •  法人税(連結納税を含む)
  •  地方法人税(連結納税を含む)
  •  相続税
  •  贈与税
  •  源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  •  源泉所得税(告知分のみ)
  •  申告所得税
  •  復興特別法人税(連結納税を含む)
  •  消費税
  •  酒税
  •  たばこ税及びたばこ特別税
  •  石油税
  •  石油石炭税
  •  電源開発促進税
  •  揮発油税及び地方道路税
  •  揮発油税及び地方揮発油税
  •  石油ガス税
  •  航空機燃料税
  •  登録免許税(告知分のみ)
  •  自動車重量税(告知分のみ)
  •  印紙税

※「告知分」とは、国税通則法第36条の規定により、税務署長が行う納税の告知を指します。
引用:国税庁公式HP:クレジットカード納付のQ&A

クレジットカードで支払えるようになるのは上に挙げたほぼすべての国税です。
延滞金などの「付帯税」や、利用者情報を入力できるのであれば、家族らの国税も同時に支払いができますよ。
ただ、まとめて複数の国税を支払うことはできません。「所得税」「相続税」といった種別ごとに、ひとつずつ手続きを行う必要があります。

<まだクレジットカードで支払いのできない国税>

  •  告知分以外の源泉所得税及び復興特別所得税(平成29年6月から開始予定)
  •  その他、印紙を貼り付けて納付するなど、納付書を添えて納付されない税目

②利用できるのは日本国内ほぼすべてのクレジットカード!

利用できるのは日本国内ほぼすべてのクレジットカード!

国税を支払えるのは「VISA」「mastercard」「JCB」「アメリカンエクスプレス」「ダイナースクラブカード」「ティーエスキュービック」のマークが付いているクレジットカード。
普段使いのクレジットカードで問題なく国税を支払えますよ。

クレジットカードで税金を支払うことのメリット・デメリット

クレジットカードで税金を支払うことのメリット・デメリット
従来の支払い方法とクレジットカードでの支払いでは、どんな違いがあるのでしょうか?

①一番のメリットは、手間や時間がかからないこと

クレジットカードを使った税金の納付はインターネットを使い、自宅で簡単に行えます。
(支払いのための「国税クレジットカードお支払サイト」は2017年1月4日に公開される予定となっています)

今までの支払いのようにコンビニや金融機関、税務署を訪れる必要がなくなったので手間や時間が掛からない、というのが最大のメリットでしょう。
また、クレジットカードそれぞれのサービスによってポイントが貯まるのも見逃せません。

大きな恩恵を受けられるのは、主に個人事業主の方や経営者の方。

自分で国税を支払う機会の少ない会社員の方にとってのメリットは比較的小さいものの……。
相続税や贈与税といった節目節目に支払う税金を払う手間を小さくできるのは嬉しいことです。

②支払額1万円ごとに76円(税抜)の手数料が必要

クレジットカードを使った国税の支払いについては1万円以下税抜76円、以後1万円を超えるごとに税抜+76円の手数料が掛かります(参考:国税庁公式発表)。手数料が必要なのは、すべての納付方法の中でもクレジットカード払いだけ。

少額の支払いであればクレジットカードで貯まるポイント額よりも手数料の方が大きくなってしまいますので、「よりおトクに税金を払いたい!」という方はカードの還元率をよく確認しておきましょう。

※手数料は国ではなく、仲介を行うトヨタファイナンス株式会社に支払われます。

国税の納付方法の比較

国税の納付方法の比較
従来の支払い方法と、クレジットカード払いについて比較してみました!

  支払い上限額 その他
クレジットカード払い 999万9999円
  • 76円+1万円を超えるごとに76円の手数料が必要
  • ポイントが貯まる
現金払い
(金融機関または税務署)
なし
現金払い
(コンビニエンスストア)
30万円
振替納税
(口座振替)
なし
電子納付
(ダイレクト納付)
なし

一見手軽に支払いのできそうな「振替納税」「電子納付」も、はじめて利用する際には所定の手続きが必要です。
その点で言うと、初回から手軽に支払いのできるクレジットカード払いは非常に貴重な存在と言えますね。

クレジットカードで支払うことのできる税金一覧

クレジットカードで支払うことのできる税金一覧
以前より、東京都の自動車税などはクレジットカード支払いが可能でした。

それでは、今回追加されたもの以外にクレジットカードで支払うことのできる税金はどのくらいあるのでしょうか?
※クレジットカードで支払えるようになる国税については『支払い可能になる国税一覧』を読んでみてください。

①クレジットカードで税金を支払える都道府県は多くない

クレジットカードを使って納税のできる都道府県は続々と増えています!
……ですが、未だ独立したクレジットカード支払いのシステムを持っている都道府県は少数派となっています。
お住まいの都道府県について調べるためには、「○○県税 クレジットカード」「○○県税 支払い方法」などで検索をかけてみましょう。
「自動車税のみクレジットカードで支払い可能」という都道府県も多いですね。

<例1:クレジットカードで支払える東京都の税金>

  • 自動車税
  • 固定資産税、都市計画税(23区内のみ)
  • 固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • 鉱区税

※以下の税金についてクレジットカード払いをする場合、納付書が必要

  • 法人都民税
  • 都たばこ税
  • 軽油引取税
  • 法人事業税
  • ゴルフ場利用税
  • 事業所税
  • 地方法人特別税
  • 自動車取得税
  • 宿泊税

参考:東京都主税局公式HP:クレジットカードお支払いサイト

<例2:クレジットカードで支払える愛知県の税金>

  • 愛知県が取り扱うすべての税目
    ※ただし納税通知書、納付書が必要

参考:愛知県県税クレジットカードお支払いサイト

東京都、愛知県にお住まいの方は、便利なオンライン・クレジットカード払いが多くの場所で利用可能です。
インターネット払いに対応している地域であっても、支払い方法や必要書類に違いがあるため、お住まいの都道府県の公式情報をよく確認しましょう。

②市町村税についても、クレジットカード払いに対応しているのは一部だけ

都道府県税と同じく、クレジットカード払いに対応している市町村もごく一部のみとなっています。

<例:クレジットカードで支払える福岡市の税金>

  • 軽自動車税
  • 個人市県民税
  • 固定資産税、都市計画税
  • 固定資産税(償却資産)
    ※ただし納税通知書、納付書が必要

その他、「Yahoo!公金支払い」によって住民税や固定資産税の納付ができる自治体もありますが……。
東京23区の中であっても、対象となっているのは江東区・荒川区・豊島区・足立区・葛飾区の5区のみと多いとはいえません。

これからクレジットカードで支払える税金はどんどん増えていくはず!

これからクレジットカードで支払える税金はどんどん増えていくはず!
個人事業主や経営者の方は、以前から国税のクレジットカード払いを希望していました。
SNSやニュースサイトに寄せられた「待ってた!」「嬉しい」といったコメントを見ても、念願が叶う形になった今回のニュースですが、当然支払い方法が増えたことによるデメリットはありません
クレジットカード払いがイヤならば別の方法を使えば良いだけだからですね。

ただ、上でも挙げたように都道府県税・市町村税の支払い方法については地域格差が厳しく、未だ金融機関の窓口やコンビニエンスストアに出向かなければならない地区も多いです。

実際、クレジットカード払いを導入する地方自治体は増えてきているものの……。
今回のニュースを受けて、地方自治体の納税に関しても、国に続く動きが出てくると良いですね。

国税庁の発表によるQ&A

国税庁の発表によるQ&A
国税庁の発表をもとに、疑問に思いやすい箇所をまとめてみました。

①クレジットカードでの国税納付に必要なものはありますか?

国税の申告書や各種通知書などと、クレジットカード、そしてインターネット環境だけで支払い可能です。
特別なものは必要ありません。

②納付手続きの取り消しはできますか?

納付手続きを取り消すためには、税務署に連絡して返金手続きを取ることになります。
時間も手間も掛かるので、事前に間違いがないかよく確認しましょう!

③納付手続きの手順を教えてください。

申告書や通知書をもとに、納付する国税についての情報を入力
→クレジットカード情報の入力
→入力内容の確認
→納付
→利用カードごとに決済手続き

手続きはこれだけ。インターネットショッピングと大きな違いはありません。
支払い用ページは1月4日当日に公開予定です。

④コンビニや金融機関で、お出かけのついでにカード払いできますか?

クレジットカード払いはインターネット上のみの対応となります。
将来的に対応する可能性はあるものの、現時点では専用HPからカード払いを行うしかありません。

⑤領収書はもらえますか?

クレジットカード払いを使う場合、領収書を受け取ることはできません
領収書の発行を希望する場合は、金融機関や税務署での支払いが必要となるので気を付けてください。

まとめ

まとめ

★平成29年1月4日から、ほぼすべての国税がクレジットカードで支払えるように!
★最も手間の掛からない支払い方法でありながら、ポイントが貯まるというメリットも!ただし所定の決済手数料が必要
★都道府県や市町村の税金については支払いの利便性に格差が残っている

普段からカードユーザーの方には嬉しいこのニュース。
限度額に気を付けた上で、便利に簡単に納税手続きを済ませちゃいましょう! 




カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。