ネット銀行カードローンの審査は甘い?22名の属性&結果から見る審査傾向

    銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
    もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2020」記事をご確認ください。
    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    ネット銀行カードローンの審査は甘い?22名の属性&結果から見る審査傾向

    「銀行からいくらかのお金を借りたいけれど、いつも使っているメガバンクの審査に通る気がしない。
    インターネット銀行なら、いくらか審査が甘そうなイメージがあるけれど…」

    これについて結論から言うと、一般的な都市銀行とインターネット銀行の間に、大きな審査難易度の差はありません

    ……とは言えこれは「インターネット銀行の審査が厳しい」のではなく、「都市銀行の審査基準はイメージほど高くない」ため。
    加えて特別に審査が甘い銀行カードローンも特に見当らないことを考えると、基本的には「貸付条件や使い勝手の良さ」を根拠に申込み先を選ぶこととなるでしょう。

    今回は審査に不安を抱えながら銀行カードローンへの申込みを検討しているあなたのため、各ネット銀行カードローンの審査通過情報や、具体的な申込み先候補をまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたに合ったカードローンが分かります。

    注意!銀行カードローンでは即日融資は受けられない

    2018年1月より全銀行は個人向けローンの審査の際、申込者と反社会勢力の間に関係が無いか警察庁へのデータ照会を行うよう義務付けられたため、銀行カードローン融資には最短でも1営業日かかる事となりました。
    CHECK銀行カードローンの即日融資、停止へ!(2018年1月〜) 審査はどうなる?限度額は?

    もし即日融資を希望している場合は、消費者金融をチェックしましょう。
    「サラ金」というイメージから不安を抱いている人もいますが、正式に認可された金融機関ですのでご安心ください。

    

    ネット銀行カードローンの審査は甘い?通過しているのはどんな人?

    ネット銀行カードローン 審査 甘い 1

    それでは早速、一般的なネット銀行カードローンの審査通過要件について見ていきましょう。

    ①審査難易度は都市銀行などと大差なし、独身者の通過目安年収は150万円程度~

    冒頭にも触れた通り、ネット銀行と都市銀行あるいは地方銀行の間に、大きな審査難易度の差は無いと推測されます。

    これまで寄せられている、インターネット銀行(+イオン銀行等の流通系銀行)の審査結果報告の中にも、「えっ、こんな属性の方が?」といった報告は、良い方向でも悪い方向でも特に見られません。

    審査通過の目安は、都市銀行等と同じく、

    • 独身なら年収150万円程度~推奨
      (会社員の場合/ただし扶養下の場合は例外として扱われる可能性あり)
    • 安定収入ある配偶者がいるなら自身の収入は問われない
      (専業主婦対応のローンの場合)

    程度と見て良いでしょう。

    ただしもちろん、多額の他社借入や信用情報問題がある(=ブラック状態やそれに近い状態である)場合は、その限りではありません。

    ★年収200万円以下の方の審査結果(抜粋)
    審査結果
    限度額
    金利
    属性
    イオン銀行可決
    50万円
    13.8%
    • 年収80万円
    • 専業主婦
      収入は母子手当等
    • 安定収入ある配偶者あり
    楽天銀行可決
    50万円
    14.5%
    • 年収100万円
    • パート(5年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    否決
    • 年収100万円
    • アルバイト(5年)
    auじぶん銀行可決
    10万円
    12%台
    ※正確な金利は確認できず
    • 年収120万円
    • 学生アルバイト(0年)
    • 1社10万円の他社借入
    • 親等による生活費支出あり
    ジャパンネット銀行可決
    90万円
    18%
    • 年収180万円
    • 会社員(4年)

    審査に関しては、非常に甘い…と言えるわけでは無いものの、そこまで高い要件が求められることは無いでしょう。

    ★独身アルバイト、その他非正規の場合、審査通過のためには200万円程度の年収が欲しいところです。
    (ただしジャパンネット銀行においては年収220万円アルバイトの方の否決報告あり)
    一方であなたが正社員ならば、収入が低くてもあまり気にする必要は無いでしょう。

    ★大手銀行の審査は一般的に厳しいイメージを持たれていますが、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行はともに年収200万円未満の方の審査通過を確認済み

    特に三菱UFJ銀行「バンクイック」においては、アルバイト+他社借入ありといった、かなり不利な属性の方も審査に通過されています。

    一般的なイメージとは異なり、一般的なネット銀行カードローンよりもむしろ、ハードルが低いのは「バンクイック」の方かもしれません。

    詳細【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談

    ★「独身アルバイトで年収150万円未満」など、ネット銀行カードローンへの審査通過が危うい状況であれば、各消費者金融会社への申込みをご検討ください。「プロミス」等では年収100万円未満の方の審査通過も複数報告されています。

    CHECK5項目から割り出す!おすすめの消費者金融会社ランキング

    …とは言え1社の審査に落ちてしまうことにさほどのデメリットはありませんので、気になる申込み先があるのなら、半ばダメ元で審査を受けてみても良いでしょう。

    ただし楽天銀行は「独身・非正規」の方にやや厳しい傾向あり

    一般的な銀行カードローンは、独身であっても年収150万円程度から審査通過を狙えます。
    (他社借入、信用情報問題などの難点がない場合)

    が、この条件に該当する方の、審査落ち報告が多いのが「楽天銀行スーパーローン」

    こちらのローンは「安定収入ある正規雇用者」に対する高額契約に定評がある一方、アルバイトをはじめとする「独身・非正規」の方への対応は厳しめとなっています。

    ★非正規の方の楽天銀行審査落ち例
    否決
  • 年収100万円
  • アルバイト(5年)
  • 親の扶養下
  • 非常に似た属性の方はみずほ銀行で審査通過
  • 年収150万円
  • 派遣社員(2年)
  • 年収240万円
  • アルバイト(3年)
  • 1社30万円の他社借入
  • アルバイトの方の通過例がないわけでは無いものの……。
    あなたが非正規、かつ高い確率での審査通過を狙いたいのなら、楽天銀行は避けておくのが無難でしょう。

    CHECK【属性重視】楽天銀行カードローンの審査基準を12の体験談から分析!他在籍確認など

    ②都市銀行、地方銀行に比べると大口契約成功の報告は多い

    審査通過の最低ラインについては、特に店舗型銀行と大差ないと推測される各インターネット銀行系カードローン。
    ですがその傾向として、確かに挙げられるのが「100万円以上の大口契約の成功報告が多い」という点です。

    これについて明確な理由は不明ですが、考えられるのは、

    • 全国銀行協会の正規会員でないため、貸付自粛を要請する「申し合わせ(2017年)」の影響が小さいから
    • 事業の幅が都市銀行等に比べ狭く、利益を上げるにあたって個人向けカードローンの重要性が高いから

    といったところでしょうか。

    この「大口契約を結びやすい」という特徴は、申込み先を選ぶ上で重要なポイントとなることでしょう。
    特に金利の低い「住信SBIネット銀行」(プレミアムコース)等はおまとめ・借り換え先としての適性も高いです。

    ★ただし適用限度額は申込者の属性に依存する部分が大きいです。あらかじめご承知おきください。

    適用限度額の目安:

    • 安定収入ある正規雇用者…年収の4分の1~2分の1程度
    • 非正規雇用者…一般的に50万円以下

    特徴別・おすすめネット銀行カードローン4選

    ネット銀行カードローン 審査 甘い 2

    ここからは、各ネット銀行カードローンへの審査通過を期待できそうなあなたのため、具体的な申込み先候補を紹介させて頂きます。

    ①低金利&高限度額という条件の良さならやはり「住信SBIネット銀行」がダントツ

    貸付条件の良さ、具体的には「低金利・高限度額」という意味で非常に優れるのが「住信SBIネット銀行カードローン」

    「プレミアムコース」適用時の上限金利7.99%は、全国から申し込めるカードローンの中で最も優秀な数字となっています。

    ★住信SBIネット銀行「カードローン」
    金利限度額
    0.99%7.99%
    (プレミアムコース)
    8.99%~14.79%
    (スタンダード)
    10万円~1200万円
    審査日数借入までの総日数
    最短1営業日1週間程度~
    (口座が無いとき)
    申込み条件(公式HPより)
    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

    • 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
    • 安定継続した収入のあること
    • 外国籍の場合、永住者であること
    • 保証会社の保証を受けられること
    • 当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
    その他
    • 適用限度額が高い(年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される
    ★限度額ごとの適用金利
    適用金利
    (プレミアムコース)
    適用金利
    (スタンダードコース)
    限度額
    10万円~100万円
    7.99%14.79%
    100万円超~200万円6.39%~6.99%11.99%
    200万円超~300万円5.29%~5.99%8.99%
    300万円超~500万円4.99%適用なし
    500万円超公式HP参照
    備考 ▶ミライノカード(住信SBIネット銀行のクレジットカード)保有+同行口座引き落としにより金利0.1%優遇
    ▶SBI証券口座保有または住宅ローン利用で金利0.5%優遇

    ただ、条件の良さの反面でややクセは多く、

    • 契約と毎月の返済のために「住信SBIネット銀行」の口座開設必須
    • 審査の結果、プレミアムコースが適用されない可能性もある
    • 毎月の返済額が非常に安いため、自主的な追加返済の重要性が高い
      (ただしこれは他の多くの銀行も共通)

    といった点は気になるところ。

    基本的には「審査に自信があり、低い金利での借入を最重視したい」という場合におすすめの申込み先となるでしょう。

    CHECK【住信SBIネット銀行カードローン】低金利・高限度額に隠れたデメリットとは
    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    ★プレミアムコース適用の目安は年収400万円程度~。
    また、これまで年収500万円以上の方の「スタンダードコース」適用報告は確認されていません。

    ★年収200万円未満の方の「スタンダードコース」審査通過報告も確認されていますが……。
    先述の通りこのローンは使い勝手があまり良くないことから、審査難易度の低さを理由とした申し込みはおすすめできません。
    (普段から住信SBIネット銀行口座を利用されている場合を除く)

    ②イオン銀行、楽天銀行、新生銀行はお手持ちの口座を使って返済できるのが嬉しい

    ネット銀行カードローンは地方銀行等と異なり、その銀行の口座を「持っていない」ことを前提に提供されることも多いです。

    その中でも以下の3行のカードローンは、銀行取り扱い商品には珍しく「他行口座を使った自動引き落とし返済」が可能。
    新しく口座を作ることを避けたいのであれば、かなり重要な申込先となってくれること間違いなしと言えます。

    ★任意の口座で返済ができる銀行ローン
    イオン銀行
    カードローン

    • 上限金利13.8%
    • 専業主婦OK
    • カード受取がやや面倒
      (参考公式HP)
    楽天銀行
    スーパーローン

    • 上限金利14.5%
    • 専業主婦OK
    • 正規雇用者の高額契約報告が多い
      ┗ただしおまとめの場合、金利条件は悪いことが多い
    • 独身、非正規の方にはやや厳しい
    新生銀行
    スマートカードローンプラス

    • 上限金利14.8%
    • 専業主婦OK
    • 他行宛ての24時間振込にも対応
    • 新生銀行ユーザーはさらに優遇あり
    • 相談次第で在籍確認の回避可能

    基本的には、

    • 金利の低さ重視…イオン銀行
      (ただし限度額100万円~なら新生銀行の方が低金利となりやすい)
    • 高限度額重視…楽天銀行
    • 使い勝手重視…新生銀行

    といった方向で申込み先を選んで差し支えないでしょう。

    CHECK楽天銀行カードローン(スーパーローン)、申込み前に知っておくべき6つのデメリットを徹底解説!
    CHECK新生銀行スマートカードローンプラス徹底解説!問合せに基づく詳細&独自メリット他

    ★「オリックス銀行カードローン」も任意の口座を用いた返済が可能ですが、金利が高い(上限17.8%)ためここでは除外させて頂きました。

    ★より低金利、かつ普段使いの口座を使って借りたい、という場合には、

    等が申込み先候補となります。
    ただしこの2社において、年収の3分の1を超えるお金を借りることはできません。

    ③9つのネット銀行カードローンの基本情報一覧

    普段使っている銀行、あるいは気になる銀行のカードローン情報が知りたい、というあなたのため、インターネット銀行(プラス流通系銀行)のカードローン情報を一覧にさせて頂きました。

    ★背景色の薄い銀行カードローンは口座開設不要です。

    ★ネット銀行カードローン一覧(五十音順)
    イオン銀行
    カードローン
    【口座不要】
    • 上限金利13.8%
    • 専業主婦OK
    • カード受取がやや面倒
      (参考公式HP)
    オリックス銀行
    カードローン
    【口座不要】
    • 上限金利17.8%
      (プロミスと同値)
    • 大口契約成功報告は多い
    • 金利が高いため原則非推奨
    じぶん銀行
    カードローン
    【口座不要】
    • 上限金利17.5%
    • auユーザーかつ借り換えなら上限12.0%
    • 口座不要だが引き落としができるのはじぶん銀行口座だけ
    • 借り換え目的のauユーザー除き非推奨
    ジャパンネット銀行
    ネットキャッシング
    • 上限金利18.0%
      (アコムと同値)
    • 30日間無利息
    • 専業主婦OKだが配偶者の勤務先に在籍確認あり
    • 金利が高いため非推奨
    新生銀行
    スマートカードローンプラス
    【口座不要】
    • 上限金利14.8%
    • 専業主婦OK
    • 他行宛ての24時間振込にも対応
    • 新生銀行ユーザーはさらに優遇あり
    • 相談次第で在籍確認の回避可能
    住信SBIネット銀行
    カードローン
    • 上限金利7.99%または14.79%
      (審査により決定)
    • 高限度額の適用報告多い
    セブン銀行
    カードローン
    • 上限金利15.0%
    • 上限限度額50万円
    • 専業主婦OK
    • 在籍確認なし
    • セブン銀行ユーザー以外は利用しづらい
    ソニー銀行
    カードローン
    • 上限金利13.8%
    • 限度額に対する金利優遇幅が大きい
    • 専業主婦OK
    楽天銀行
    スーパーローン
    【口座不要】
    • 上限金利14.5%
    • 専業主婦OK
    • 正規雇用者の高額契約報告が多い
    • 独身、非正規の方にはやや厳しい

    貸付条件の良い住信SBIネット銀行(プレミアムコース)や、使い勝手の良い口座開設不要の各ローンと比べると、正直なところ申込み先候補に挙がりにくいカードローンも多いです。

    とは言え低金利の「ソニー銀行」、独自の利点を持つ「セブン銀行」あたりは、普段から口座を使っているのであれば、申込み先候補に加えてみても良いでしょう。

    22名のネット銀行カードローン、審査結果情報一覧

    ネット銀行カードローン 審査 甘い 3

    最後に、これまで確認された22名の方のネット銀行(+流通系銀行)カードローンの審査結果報告を紹介させて頂きます。
    年収順の掲載となっていますので、あなたに近い属性の方を探してみてくださいね。

    ★これまで確認されているネット銀行審査結果
    審査結果
    限度額
    金利
    属性
    イオン銀行可決
    50万円
    13.8%
    • 年収80万円
    • 専業主婦
      収入は母子手当等
    • 安定収入ある配偶者あり
    楽天銀行可決
    50万円
    14.5%
    • 年収100万円
    • パート(5年)
    • 安定収入ある配偶者あり
    否決
    • 年収100万円
    • アルバイト(5年)
    じぶん銀行可決
    10万円
    12.?%
    • 年収120万円
    • 学生アルバイト(0年)
    • 1社10万円の他社借入
    • 親等による生活費支出あり
    楽天銀行否決
    • 年収150万円
    • 派遣社員(2年)
    住信SBIネット銀行可決
    100万円
    14.79%
    • 所得180万円
    • 自営業(20年)
    • その後じぶん銀行でも審査通過(30万円)
    ジャパンネット銀行可決
    90万円
    18%
    • 年収180万円
    • 会社員(4年)
    可決
    50万円
    18%
    • 年収200万円
    • 派遣社員(5年)
    イオン銀行否決
    • 年収210万円
    • 会社員(3年)
    • 2社計80万円の他社借入
    ソニー銀行可決
    50万円
    13.8%
    • 年収210万円
    • 会社員(4年)
    • カードリボ残高30万円
    ジャパンネット銀行否決
    • 年収220万円
    • アルバイト(2年)
    • 審査落ち理由不明。アルバイトのため、もしくは信用情報問題?
    新生銀行否決
    • 年収230万円
    • アルバイト(13年)
    • 4社計120万円の他社借入
    楽天銀行否決
    • 年収240万円
    • アルバイト(3年)
    • 1社30万円の他社借入
    じぶん銀行可決
    100万円
    11.?%
    • 年収314万円
    • 会社員(2年)
    • リボ残高20万円
    楽天銀行可決
    100万円
    14.5%
    • 年収350万円
    • 会社員(2年)
    • フリーローン債務あり(詳細不明)
    可決
    20万円
    14.5%
    • 年収380万円
    • 派遣社員(4年)
    • 1社150万円の他社借入
    ジャパンネット銀行可決
    50万円
    15.0%
    • 年収380万円
    • 会社員(5年)
    可決
    50万円
    14.9%
    • 年収400万円
    • 会社員(4年)
    楽天銀行否決
    • 年収400万円
    • 会社員(19年)
    • 2社計181万円の他社借入
    可決
    おまとめ
    200万円
    14.5%
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 2社計130万円の他社借入
    住信SBIネット銀行可決
    50万円
    14.78%
    • 年収460万円
    • 会社員(4年)
    楽天銀行可決
    100万円
    14.5%
    • 年収500万円
    • 会社員(9年)
    • 1社50万円の他社借入
    可決
    100万円
    11.8%
    • 年収500万円
    • 会社員(16年)
    住信SBIネット銀行可決
    300万円
    5.49%
    • 年収500万円
    • 会社員(3年)
    セブン銀行可決
    30万円
    15.0%
    • 年収550万円
    • 会社員(30年)
    • 1社130万円の他社借入
    楽天銀行可決
    300万円
    9.9%
    • 年収650万円
    • 会社員(14年)
    • 1社5万円の他社借入
    ジャパンネット銀行否決
    • 年収650万円
    • 会社員(11年)
    • 2社計350万円の他社借入
    楽天銀行可決
    おまとめ
    250万円
    13.9%
    • 年収976万円
    • 会社員(26年)
    • 1社250万円の他社借入

    並べて見てみると、主な審査落ちの条件は

    • 単純な属性の低さ
    • 低めの属性+他社借入あり
    • 年収を問わず、多額の他社借入がある

    の3つですね。

    おまとめ・借り換え目的であれば年収の2分の1程度までの契約を狙える(正規雇用者の場合)とは言え、それ以上の債務を負っての審査通過はかなり厳しいと言って良いでしょう。

    この制約は、あなたが非正規従業員の場合、より厳しいものとなります。あらかじめご了承ください。

    参考29名にアンケート!おまとめローンの審査基準・通過条件と審査結果一覧
    参考審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ借り換え/おまとめローン

    まとめ

    ネット銀行カードローン 審査 甘い 4

    • 22名のアンケート結果を見ても、特にインターネット銀行と都市銀行等の間に大きな審査難易度の違いは無い模様。
      独身者における審査通過の目安は「年収150万円~」(会社員の場合)。
    • ただし都市銀行や地方銀行に比べると、100万円以上の大口契約に成功できたという報告は多い。おまとめ目的での申し込みは◎
    • 特に目立って審査の甘い銀行も確認されていないので、基本的にはサービス内容を元に申込み先を選んで良い。
      ただし楽天銀行は非正規にやや厳しい傾向あり
    • 審査落ちの理由は主に
      • 属性の低さ
      • 低めの属性+他社借入
      • 多額の他社借入

      の3つ。特に年収の2分の1を超える債務を負っての審査はおまとめ目的であっても厳しい

    基本的に、「審査難易度の低さ」はインターネット銀行へ申し込む理由にはなりません(おまとめ目的時除く)。

    とは言えこれは都市銀行等においても同様。
    審査通過に必要な最低要件(目安150万円~の収入など)を満たしているのなら、貸付条件や使い勝手を根拠に申込み先を選んでみると良いでしょう。

    参考【年収100万円~】銀行カードローン申込者50名に聞いた!審査の甘い銀行と体験談
    参考【来店不要】最も低金利なネット銀行カードローンはどれ?限度額別・10社比較

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    ネット銀行は都市銀行に比べて審査が甘いと思われがちなのですが、決してそのようなことはありません。審査が甘い、厳しいと判断されるのは、ただの結果で判断しているだけ。大切なのは、借り入れを希望する人の年収と借りたいお金のバランスです。ただ、審査の基準は銀行毎に違いがあり、取引の有無も審査に影響する銀行もあります。まずは利用したい銀行の融資傾向をチェックし、自分が条件に該当するかを確認することから始めましょう。
    

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい