メリット別!おすすめネット銀行カードローンと来店不要ローンの一斉比較

    銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
    もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2020」記事をご確認ください。
    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    メリット別!おすすめネット銀行カードローンと来店不要ローンの一斉比較

    「銀行からお金を借りたいけれど、窓口に出向く時間は無い。
    インターネット銀行ならばそれなりの条件、かつ来店なしで借りられそうだけれど…?」

    来店の手間なく、インターネット上で契約を結べるために人気の「インターネット銀行」

    実際のところは都市銀行や地方銀行カードローンにおいても、ネット契約に対応したものは多いのですが、

    • 低金利な商品が多い
    • 口座開設不要で申し込めるローンが多い
    • 都市銀行に比べると大口契約に積極的

    といったメリットを持つのは確かです。

    …とは言えすべての利点を備えたローンは存在しませんので、申し込み先は「特に重視したいポイント」を元に選ぶ必要があるでしょう。

    今回は数ある「インターネット銀行」系カードローンのうち、特に優秀なもの・人気の高いものをメリット別にピックアップしました。
    読み終えていただければ、今のあなたにぴったりの申込先が分かります。

    「低金利」重視派におすすめのインターネット銀行3選

    「低金利」重視派におすすめのインターネット銀行3選

    どうせローンを利用するのなら、金利が低いに越したことはありません。
    まずはインターネット銀行の中でも「金利の低さ」に優れるものを紹介させて頂きます。

    ①難易度は高いが一番低金利で借りられるのは「住信SBIネット銀行」

    おそらく現在、全国から申し込めるカードローンの中で一番低金利と言えるのは「住信SBIネット銀行カードローン<プレミアムコース>」です。

    その値は何と「上限7.99%」一般的な銀行カードローンの上限金利が14.5%程度ということを考えると、このローンのおトクさがよく分かりますね。

    住信SBIネット銀行「カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    限度額ごとの適用金利
    限度額(契約額)適用金利
    (プレミアムコースの場合)
    10万円
    ~100万円
    7.99%
    100万円超
    ~200万円
    6.39%
    ~6.99%
    200万円超
    ~300万円
    5.29%
    ~5.99%
    300万円超
    ~500万円
    4.99%
    500万円超
    ~700万円
    3.99%
    700万円超
    ~900万円
    2.99%
    900万円超
    ~1000万円
    2.49%
    1000万円超
    ~1100万円
    2.39%
    1100万円超
    ~1200万円
    1.59%
    ※ミライノカード(住信SBIネット銀行のクレジットカード)保有+同行口座引き落としにより金利0.1%優遇
    ※SBI証券口座保有または住宅ローン利用で金利0.5%優遇

    ただし上の情報をご覧の通り、適用コースは審査結果に応じ決定します。仮に「スタンダードコース」の方が適用されてしまうと、上限金利は14.79%と決しておトクにはなりません。

    「プレミアムコース」適用の目安は年収400万円~。
    基本的にはご自身の返済能力・属性に自信がある方向けのローンとなることでしょう。

    参考「住信SBIネット銀行」適用コース報告
    契約条件
    会社員
    年収400万円
    【プレミアム】
    金利6.99%
    限度額150万円
    会社員
    年収460万円
    【スタンダード】
    金利11.49%
    限度額200万円
    会社員
    年収500万円
    他社借入100万円
    【プレミアム】
    金利6.99%
    限度額150万円
    (おまとめ)
    会社員
    年収510万円
    他社借入240万円
    【プレミアム】
    金利5.99%
    限度額240万円
    (おまとめ)
    会社員
    年収600万円
    他社借入200万円
    【プレミアム】
    金利7.99%
    限度額100万円
    会社員
    年収650万円
    【プレミアム】
    金利5.99%
    限度額300万円

    ★「住信SBIネット銀行カードローン」は貸付条件こそ優秀なものの、「使い勝手」の面では気になる点がやや多いです。
    (口座開設とそれを使った返済必須、かつ追加返済の重要性が高い等)
    詳しくは以下のページをご覧ください。

    CHECK低金利おまとめローンなら住信SBIネット銀行がベスト!ただし…。金額別金利比較も

    ②年収200万円未満の通過例あり!「ソニー銀行カードローン」は要チェック

    「住信SBIネット銀行」へ申し込んで、プレミアムコースが適用される自信が無いのなら、次に申込先候補となるのは「ソニー銀行カードローン」でしょうか。

    上限金利は13.8%と「住信SBIネット銀行プレミアムコース(上限7.99%)」に比べ大分高くなってしまいますが、

    • 年収180万円、アルバイトの方の審査通過例あり
    • 限度額に応じた金利優遇を受けやすい
      (限度額60万円~優遇あり)

    といった点がポイントです。

    要はこのソニー銀行、

    • 審査に自信がない人
    • 住信でプレミアムコースが適用される自信は無いが、それなりの返済能力がある人

    双方がおトクに利用しやすいというわけですね。

    ソニー銀行カードローン
    金利2.5%
    ~13.8%
    限度額10万円
    ~800万円
    融資に掛かる時間数営業日~
    郵送物なしでの契約不可
    申込条件
  • ソニー銀行口座を開設済み、または同時申込みが可能
  • 20歳~64歳
  • 本人または配偶者に安定収入がある
  • 日本国籍または永住権がある
  • その他
  • ソニー銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
  • 限度額ごとの適用金利
    限度額(契約額)適用金利
    10万円~50万円13.8%
    60万円~90万円12.8%
    100万円9.8%
    150万円9.0%
    200万円8.0%
    300万円6.0%
    400万円5.0%
    500万円4.0%
    600万円3.5%
    700万円3.0%
    800万円2.5%

    ただしこちらも住信SBIネット銀行と同じく「ソニー銀行の口座開設と、それを使った毎月の返済」が必須となりますのでご注意ください。

    CHECKソニー銀行カードローン公式HP

    ③新規口座開設を嫌うなら「イオン銀行カードローン」も有力候補

    あなたが「新規口座の開設」なしでそれなりに低金利で借りたいのなら、有力候補となるのが「イオン銀行カードローン」

    正確にはインターネット銀行ではなく「流通系」銀行という括りの金融機関ですが……。
    立ち位置が近い(というより利用する上ではインターネット銀行とほぼ変わりない)のでここで紹介させて頂きます。

    イオン銀行カードローン
    金利3.8%
    ~13.8%
    限度額10万円
    ~800万円
    融資に掛かる時間1週間~
    郵送物なしでの契約不可
    申込条件
  • 20歳~64歳
  • 日本国籍または永住権がある
  • 本人または配偶者に収入がある
  • 学生でない
  • その他
  • イオン銀行の口座開設不要
  • 任意の金融機関口座を使った引落返済可能
  • 顔写真付きの本人確認書類必須
  • カード受け取り方法は「佐川急便<受取人確認サポート>」
  • 限度額ごとの適用金利
    限度額(契約額)適用金利
    10万円
    ~90万円
    11.8%
    ~13.8%
    100万円
    ~190万円
    8.8%
    ~13.8%
    200万円
    ~290万円
    5.8%
    ~11.8%
    300万円
    ~390万円
    4.8%
    ~8.8%
    400万円
    ~490万円
    3.8%
    ~8.8%
    500万円
    ~590万円
    3.8%
    ~7.8%
    600万円
    ~790万円
    3.8%
    ~5.8%
    800万円3.8%

    上限金利は13.8%と、「ソニー銀行」と共通ですね。
    限度額に対する金利の引き下げ幅はソニー銀行に比べ渋いですが、適用金利が50万円以下なら関係ありません。

    十中八九50万円以下の限度額が適用されるパート・アルバイトの方、あるいは「普段の口座を使って毎月の返済を行いたい」という場合においては、こちらのローンが有力な申込先候補となることでしょう。

    CHECKイオン銀行カードローン公式HP

    ★イオン銀行カードローンの契約手続き完了には「顔写真付きの本人確認書類」と、それを用いた「佐川急便<受取人確認サポート>」の利用が必要となります。

    簡易書留と異なり家族にカードを受け取ってもらうことはできません。また初めて利用する場合には、初期登録手続きが必要となります。

    CHECK佐川急便公式HP「受取人確認サポート」

    • 顔写真付きの本人確認書類を用意できない
    • もう少し簡単な方法でカードを受け取りたい

    上のような場合には、後述の「インターネット銀行以外の低金利ローン」または「楽天銀行スーパーローン」等をご利用ください。

    その他の来店不要・低金利カードローン

    来店不要で利用できる低金利カードローンを取り扱うのは、何もインターネット銀行だけではありません。
    ここではその他の種類の金融機関が取り扱う、好条件なローン商品を紹介させて頂きます。

    備考

    セゾン
    マネーカードゴールド

  • 上限金利8.47%
  • 最低年収400万円~
  • 任意の口座で返済可
  • アイフル
    「ファーストプレミアムカードローン」

  • 上限金利9.5%
  • 最低年収300万円~
  • 任意の口座で返済可
  • 最短即日融資
  • 初回30日間無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • JCB「FAITH」
  • 上限金利12.5%
  • 1回払いなら金利5.0%
  • 年収制限は無いが、やや高難易度
  • パート、アルバイト、自営業者不可
  • 任意の口座で返済可
  • りそな銀行カードローン
  • 上限金利13.5%
  • りそな銀行の口座開設必須
  • 埼玉りそな銀行も同様
  • みずほ銀行カードローン
  • 上限金利※年14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
    引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
  • みずほ銀行の口座開設必須
  • 同行既存ユーザー向き
  • 三井住友銀行カードローン
  • 上限金利14.5%
  • 口座開設不要
  • 来店で郵送物を避けられる
  • 貸金業者取り扱い
    (年収の3分の1超の借入不可)
    銀行取り扱い

    貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社)のローンは年収の3分の1超を借りられない代わりに、「普段の口座を使って返済ができる」という意味で使い勝手が良いです。

    やはり好条件なローンほど、高い返済能力や「口座開設」の手間を求められやすいものの……。
    このあたりに障害を感じないのならば、インターネット銀行以外の申込先も要検討と言えるでしょう。

    手軽に使える「新規口座開設不要」のインターネット銀行3選

    手軽に使える「新規口座開設不要」のインターネット銀行3選

    銀行カードローンは、好条件なものほど「指定口座の開設」を求められやすいもの。
    店舗を持たないインターネット銀行の場合、口座開設自体にさほどの手間は掛かりませんが、ネックになるのは「普段使っていない口座から毎月の返済を行う」ことでしょう。

    というわけでここでは、「口座開設不要」かつ「任意の口座を使って毎月の引き落としを済ませられる」インターネット銀行のカードローンをまとめました。

    口座開設不要のネット銀行カードローン
    備考
    楽天銀行スーパーローン
  • 金利1.9%~14.5%
  • 高限度額対応
  • 新生銀行スマートカードローンプラス
  • 金利4.5%~14.8%
  • 新生銀行ユーザーへの優遇あり
  • 新生銀行口座をすでにお持ちであれば、郵送物なしで契約可
  • イオン銀行カードローン
  • 金利3.8%~13.8%
  • 写真付きの本人確認書類必須
  • カード受取がやや面倒(佐川急便受取人確認サポート)
  • オリックス銀行カードローン
  • 金利1.7%~17.8%
  • 160万円以上の借入を狙いたい場合向き
  • ※auじぶん銀行は口座開設不要ながら、任意の口座での返済ができないため除外

    前の項目で紹介した「イオン銀行カードローン」については割愛させて頂きます。

    ①やっぱり定番は「楽天銀行スーパーローン」、ただし意外と審査難易度高めかも

    「インターネット銀行」の定番申込先と言えば、やはり「楽天銀行スーパーローン」

    以前銀行カードローンユーザーを対象にアンケート調査を行った際、こちらのローンへの申込者は50名中10名と、「三菱UFJ銀行バンクイック」(50名中12名)に次ぐ人気を誇っていました。

    楽天銀行スーパーローン


    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.9%~14.5%10万〜800万円公式HP参照最短翌日
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~62歳※1
    • 本人または配偶者に安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権を持っている
    • 不可
    ※1 ただしパート・アルバイト、専業主婦の場合は60歳まで

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 郵送物の回避不可

    ※ 申込にあたり、楽天銀行もしくは保証会社の審査結果によっては契約できない場合もございます。


    ↑8月25日まで限定↑
    新規入会で金利半額キャンペーン中!

    限度額ごとの適用金利
    適用限度額適用金利
    100万円未満14.5%
    100万円
    ~200万円未満
    9.6%
    ~14.5%
    200万円
    ~300万円未満
    6.9%
    ~14.5%
    300万円
    ~350万円未満
    4.9%
    ~12.5%
    350万円
    ~500万円未満
    4.9%
    ~8.9%
    500万円
    ~600万円未満
    4.5%
    ~7.8%
    600万円
    ~800万円未満
    3.0%
    ~7.8%
    800万円1.9%
    ~4.5%

    メリットはやはり「来店不要」に加え、「口座開設不要」「普段使っている口座を使って返済できる」ことですね。

    「楽天銀行」であればイオン銀行と異なり「健康保険証」1枚でも契約を狙える上、カード受取にさほどの手間もかかりません。
    「とにかく簡単に、銀行から借りたい」という場合には打ってつけの申込先と言えるでしょう。

    CHECKユーザーに聞いた!楽天銀行カードローン、審査・契約の流れ&必要日数、必要書類他

    またこちらのローン、安定収入(目安400万円~)があれば年収の半分に達する限度額を狙えるため、既存ローンの「おまとめ」先としても人気があります。

    ……ただしよく見ると限度額が高いほど他社に比べ高金利になる傾向がありますので、高限度額を狙う際、一概にお勧めできるというわけではありません。
    (例:限度額200万円の場合、上限金利は楽天銀行14.5%に対しソニー銀行8.0%)

    また取得しやすい「楽天カード」(クレジットカード)に対し、「楽天銀行スーパーローン」の審査難易度は決して低くなく

    といった傾向が見られますのであらかじめご確認ください。

    ★楽天銀行スーパーローンの審査結果(全14件、クリック/タップで開きます)
    属性契約内容
  • 年収100万円
  • アルバイト(5年)
  • 配偶者に安定収入あり
  • 金利14.5%
    限度額50万円
  • 年収150万円
  • 派遣社員(2年)
  • 配偶者に安定収入あり
  • 審査落ち
  • 年収200万円
  • アルバイト(1年)
  • 金利14.5%
    限度額10万円
  • 年収240万円
  • アルバイト(3年)
  • アコムで30万円借入中
  • 審査落ち
  • 年収240万円
  • 会社員
  • (2年、非上場)

  • 他社借入計60万円
  • (みちのく銀行、北日本銀行)

  • 配偶者に安定収入あり
  • 審査落ち
  • 年収260万円
  • 自営業(2年)
  • 他社借入計80万円
  • (プロミス、三井住友銀行)

    審査落ち
  • 年収348万円
  • アルバイト
  • (3ヶ月)

  • 他社債務計158万円
  • (関西アーバン銀行、リボ2件)

  • 年金収入あり
  • 審査落ち
  • 年収350万円
  • 会社員
  • (2年/上場)

  • 地方銀行のフリーローン利用中
  • (金額不明)

    金利14.5%
    限度額100万円
  • 年収380万円
  • 派遣社員
  • (4年)

  • 150万円借入中
  • (北國地銀行フリーローン)

    金利14.5%
    限度額20万円
  • 年収400万円
  • 会社員
  • (19年/非上場)

  • 他社借入計181万円
  • (栃木銀行、プロミス)

    審査落ち
  • 年収450万円
  • 会社員
  • (15年/非上場)

  • 他社借入計130万円
  • (モビット、プロミス)

    金利14.5%
    限度額200万円(おまとめ)
  • 年収500万円
  • 会社員
  • (9年/非上場)

  • 他社借入50万円
  • (バンクイック)

    金利14.5%
    限度額100万円(借り換え)
  • 年収650万円
  • 会社員
  • (14年/非上場)

  • 他社借入5万円
  • (クレカキャッシング枠)

    金利9.9%
    限度額300万円
  • 年収976万円
  • 会社員
  • (26年/非上場)

  • 他社借入250万円
  • (アコム)

    金利13.9%
    限度額250万円
    (おまとめ)
    ※特に記載のない場合、他社借入なし

    ②「新生銀行スマートカードローンプラス」は他行口座にも24時間振込を実施

    「使い勝手の良いインターネット銀行カードローン」という意味で、楽天銀行の上を行くのが「新生銀行スマートカードローンプラス」

    利点は「任意の口座を使った毎月の返済が可能」であることに加え、「<任意の金融機関口座に対し>原則24時間振込キャッシング」に対応してくれることにあります。

    おそらくは同グループのレイクALSA(あるいはアプラス等)のシステムを流用しているのでしょうが……。
    「振込対象は自社口座だけ」あるいは「振込対応は平日日中のみ」という体制を取っていることの多い銀行カードローン業界ではかなり珍しい特徴ですね。
     

    新生銀行スマートカードローンプラス
    金利4.5%~14.8%
    限度額1万円~500万円
    融資に掛かる時間2営業日程度
    郵送物なしでの契約新生銀行ユーザーが、インターネットバンキングから申し込みを行う場合に限り可
    申込条件
    (公式HPより)
  • 20歳~79歳
  • 原則安定した収入がある
  • 国内在住で、日本国籍または永住権がある
  • すでに新生銀行でカードローンを利用していない
  • その他
  • 口座開設不要
  • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
  • 新生銀行口座ユーザーへ諸手数料の優遇あり
  • 限度額ごとの適用金利
    適用限度額適用金利
    99万円以下14.8%
    100万円
    ~199万円
    12.0%
    200万円
    ~299万円
    9.0%
    300万円
    ~399万円
    7.0%
    400万円
    ~500万円
    4.5%

    上限14.8%という数字は(銀行カードローンの中では)決して低くはないものの、限度額100万円以上が適用される場合に限っては楽天銀行よりおトクになりやすいです。

    さすがに貸付条件の面で住信SBIネット銀行「プレミアムコース」等にはかないませんが……。
    「それなりに審査に自信があり、いつもの口座で便利に借りたい」場合にも、有力な申し込み先候補になってくれることでしょう。

    CHECK新生銀行スマートカードローンプラス徹底解説!問合せに基づく詳細&独自メリット他

    ③「オリックス銀行カードローン」は高限度額を狙いたいときに

    続いて紹介するのは「オリックス銀行カードローン」
    上限金利は17.8%とプロミスと同値(=消費者金融並みの高金利)なので広い層にお勧めとは言えませんが……。
    「高限度額が適用されやすい」「限度額160万円以上なら楽天銀行より低金利になりやすい」という意味で、おまとめ含む高限度額希望時にはこちらへの申し込みも視野に入ります。

    オリックス銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.7%~17.8%1万〜800万円-数営業日~
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~68歳
    • 安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権がある
    • 不可

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可

    限度額ごとの適用金利
    適用限度額適用金利
    10万円
    ~90万円
    12.0%
    ~17.8%
    100万円
    ~150万円
    6.0%
    ~14.8%
    160万円
    ~300万円
    5.0%
    ~12.8%
    310万円
    ~500万円
    4.5%
    ~8.8%
    510万円
    ~700万円
    3.5%
    ~5.8%
    710万円
    ~800万円
    1.7%
    ~4.8%

    ……ただし百万円単位の契約を十分狙える程度の返済能力があるなら、口座開設の不便さに目をつぶっても「住信SBIネット銀行」「ソニー銀行」あたりへの申し込みが優先されることは多そう。

    「オリックス銀行」への申込を検討は既に低金利他社ローンを利用している、あるいは良い審査結果を得られなかった、という場合に限られそうです。

    CHECKオリックス銀行カードローンの審査徹底分析!難易度高めだが限度額も大きめ?

    おまとめ&借り換えにも対応!「高限度額」適用報告の多いインターネット銀行3選

    おまとめ&借り換えにも対応!「高限度額」適用報告の多いインターネット銀行3選

    「インターネット銀行」は全体的に、都市銀行などに比べ大きなお金を借りやすい傾向にあります。
    正確な理由は不明ですが、

    • 全銀協の正式会員でないため、2017年に出された「申し合わせ」(簡単に言うと「貸しすぎないように」という通達)の影響をさほど受けていないから
    • 取り扱いローンの数が少なく、カードローンによる収益の重要性が高いから

    …というのが有力なところでしょうか。

    そんな中でもこれまで特に「高限度額を獲得できた」という報告が多いのは以下の3行です。

    高限度額の適用報告が多いネット銀行ローン
    住信SBIネット銀行カードローン
  • 上限金利7.99%(プレミアムコース適用時)
  • 住信SBIネット銀行の口座開設必須
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 上限金利14.5%
  • 限度額ごとの金利引き下げ幅は渋い
  • オリックス銀行カードローン
  • 上限金利17.8%
  • ただし限度額によっては楽天銀行より低金利

    いずれも融資額の上限は「年収の2分の1」程度ですね。

    これを獲得できるのはある程度属性のある方、具体的には「目安として400万円以上の年収を得ている正規雇用者」に限られますが……。

    ある程度審査に自信があり、高額を借りたい(おまとめ・借り換え希望含む)場合には、上の3社から申込先を選ぶと良いでしょう。

    ★その他「auじぶん銀行」(口座開設不要)はauユーザーのみを対象に上限12.5%の「借り換え」を前提としたローンを提供しています。auと契約を結んでいるのなら、こちらをチェックしても良いでしょう。

    ちなみに通常のauじぶん銀行カードローンも大口融資には強いですが、上限17.5%の高金利かつ金利引き下げ幅も明文化されていませんので、auユーザー以外の申込はおすすめしかねます。

    ★この他、地方銀行や信用金庫のカードローン、フリーローンを使って100万円以上の契約に成功できた例は多いです。
    高額契約については以下のページも併せてご覧ください。

    CHECK【100万円借りたい】高限度額に定評あるカードローン&その他借入方法と必要条件
    CHECK審査経験者にアンケート!実績多数のおすすめ「おまとめ・借り換えローン」

    全インターネット銀行カードローン(+α)の一覧

    全インターネット銀行カードローン(+α)の一覧

    ここでは「それぞれのメリット・デメリットを見比べて申込先を選びたい」あるいは「口座を持っているネット銀行のカードローンについて知りたい」というあなたのため、

    • インターネット銀行カードローン
    • インターネット銀行と似た特性を持つ、流通系銀行カードローン
    • その他、特筆すべき特色を持つ「来店不要」の銀行カードローン

    を一覧にしました。

    ★いずれも申し込み~契約に至るまで来店不要です。

    ★全18件を、上限金利が低い順に掲載しています。

    ★特に記載のない限り、「年収200万円前後、または正規雇用者、または安定収入ある配偶者あり」+「信用情報問題や他社借入などの問題が無い」という条件を満たせば審査通過を見込めます。
    (他社借入に関しては年収でカバー可)

    審査について詳しくは「比較的審査に通りやすい銀行とその審査について」のページをご覧ください。

    インターネット銀行カードローン(+α)一覧
    備考

    住信SBIネット銀行カードローン
    <プレミアムコース>

  • 上限金利7.99%
  • 口座開設必須
  • 目安年収400万円~
  • 高限度額が適用されたという報告多し
  • セゾン
    マネーカードゴールド

  • 上限金利8.47%
  • 最低年収400万円~
  • 任意の口座で返済可
  • アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
  • 上限金利9.5%
  • 最低年収300万円~
  • 任意の口座で返済可
  • 最短即日融資
  • 初回30日間無利息
  • 郵送物の回避が容易
  • JCB「FAITH」
  • 上限金利12.5%
  • 1回払いなら金利5.0%
  • 年収制限は無いが、やや高難易度
  • パート、アルバイト、自営業者不可
  • 任意の口座で返済可
  • りそな銀行カードローン
  • 上限金利13.5%
  • 口座開設必須
  • 埼玉りそな銀行も全く同じ内容のローンを取り扱い
  • ソニー銀行カードローン
  • 上限金利13.8%
  • 口座開設必須
  • 限度額ごとの金利引下げを受けやすい
  • イオン銀行カードローン
  • 上限金利13.8%
  • 任意の口座で返済可
  • 写真付きの本人確認書類必須
  • みずほ銀行カードローン
  • 上限金利※年14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
    引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
  • 口座開設必須
  • 同行既存ユーザー向き
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 上限金利14.5%
  • 任意の口座で返済可
  • 高限度額が適用されたという報告多し
  • ただし高限度額時ほど他社に比べ高金利になりやすい
  • 三井住友銀行カードローン
  • 上限金利14.5%
  • 口座開設不要だが、引き落とし対応は三井住友銀行口座のみ
  • 来店契約時に限り、郵送物の回避可
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 上限金利14.6%、下限金利1.8%
  • 口座開設不要だが、引き落とし対応は三菱UFJ銀行口座のみ
  • 来店契約時に限り、郵送物の回避可(運転免許証必須)
  • 住信SBIネット銀行カードローン
    <スタンダードコース>

  • 上限金利14.79%
  • 口座開設必須
  • プレミアムコースが適用されなかった場合はこちらの条件で借入
  • 高限度額が適用されたという報告多し
  • 新生銀行スマートカードローンプラス
  • 上限金利14.8%
  • 任意の口座で返済可
  • 任意の口座へ原則24時間即時振込
  • セブン銀行カードローン
  • 上限金利15.0%
  • 上限限度額50万円
  • 口座開設必須
  • 在籍確認なし
  • auじぶん銀行カードローン
  • 上限金利17.5%
  • 口座開設不要だが、引き落とし対応はauじぶん銀行口座のみ
  • auユーザーが借り換え(おまとめ)を希望する場合のみ選択肢に
  • オリックス銀行カードローン
  • 上限金利17.8%
  • 任意の口座で返済可
  • 高限度額が適用されたという報告多し
  • 高限度額狙い&よほど新規口座を開設したくない場合に
  • プロミス
  • 上限金利17.8%
  • 任意の口座で返済可
  • 最短即日融資
  • 郵送物の回避が容易
  • 融資額は年収の3分の1まで
  • (実際のところ初回はほぼ50万円以下)

    ジャパンネット銀行ネットキャッシング
  • 上限金利18.0%
  • 30日間無利息
  • 申し込みを検討すべきは「条件問わず、少しでも高額を借りたい同行ユーザー」くらい
  • インターネット銀行、または流通系銀行カードローン
    来店不要の都市銀行カードローン
    貸金業者(消費者金融またはクレジットカード会社)のカードローン

    銀行カードローンの平均的な上限金利は14.5%くらい。これを上回るローンに関しては、正直なところ何かしらの強みや目的がないとほぼ申し込み先の候補に入りません

    ご覧の通り、インターネット銀行(あるいはそれに準ずる銀行)のカードローンの特性は、取扱金融機関によってバラバラです。
    また口座開設不要で使える優秀なローンもそれなりに存在しますので、特にあなたに一定の経済力があるのなら、「口座を持っているから」といった理由だけで申し込み先を選ぶのは避けたいところです。

    注意!インターネット銀行カードローンの場合、郵送物回避は「不可」または「口座必須」

    上の表の中で「郵送物の回避が容易」という記載があるのは「アイフル<ファーストプレミアムカードローン>」「プロミス」のみ。

    これを見ても分かる通り、「簡単に、郵送物なしで借りられるローン」はごく少数一部インターネット銀行は「すでに口座を持っていること」を条件に郵送物なしで契約できますが、これを満たさず、かつ自宅への郵送物を避けたいと考えているのなら、インターネット銀行の利用は諦める他ないでしょう。

    自宅への郵送物を避けられるローン
    該当申込先郵送物の回避条件
    住信SBIネット銀行
    ジャパンネット銀行
    すでに同行口座を開設済み
    プロミス
    レイクALSA
    アイフル
    来店契約
    またはインターネット契約でカード発行を希望しない
    三井住友銀行
    三菱UFJ銀行
    アコム
    来店契約
    新生銀行

    すでに同行口座を開設済み
    +インターネットバンキングから申し込み
    SMBCモビット「WEB完結」契約(諸条件あり)
    または事前相談により承諾を得ること
    その他の銀行カードローンは原則として郵送物の回避不可

    やはり「郵送物なし」での契約に強いのは消費者金融系ですね。
    「郵送物なし+低金利の両立」という意味では、アイフル「ファーストプレミアムカードローン」が最も優秀な申込先と言い切ってよいでしょう。

    CHECK【即日VS銀行】郵送物なしで借りれるカードローンはここだ!おすすめ3選と注意点
    CHECK【上限9.5%】郵送物なし&低金利カードローン3選とその選び方
    CHECK「郵送物なし」の銀行カードローンは原則2つだけ:家族に知られず契約する流れ&条件
    CHECK郵送物なしの「おまとめローン」5選とその選び方:11名の審査結果も

    まとめ

    まとめ

    メリット別のおすすめ申し込み先
    目的申込先候補
    低金利で借りたい住信SBIネット銀行カードローン
    セゾンマネーカードゴールド
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    JCB「FAITH」
    ソニー銀行カードローン
    イオン銀行カードローン
    新しく口座を開設せず借りたい楽天銀行スーパーローン
    イオン銀行カードローン
    新生銀行スマートカードローンプラス
    高限度額希望住信SBIネット銀行カードローン
    楽天銀行スーパーローン
    オリックス銀行カードローン

    一口に「インターネット銀行」「来店せず利用できるカードローン」といっても、その金利や利用条件、口座開設義務の有無は様々です。

    まずはローン選びで最も重視したいポイントを考えた上で、あなたに合った申込先を選択できると良いですね。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    各社それぞれに特徴があるので、じっくり検討してみて下さい。金利が低いところは審査が厳しめ。特に、楽天の審査は厳しいようですね。自分のケースと似ているケースがあれば是非、参考にしてみましょう。とはいえ、似ているからと言っても、審査の結果は人それぞれに違ってきます。気になる会社があれば相談をし、自分の場合はどうかを探ってみましょう。これだけの会社のデータが揃っているのですから複数の会社に問い合わせ、自分にあった1社を選びましょう。
    

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい