三菱UFJニコスのカードローン(ローンカード)は在籍確認なし!ただし融資には2週間以上が必要

三菱UFJニコスのカードローン(ローンカード)は在籍確認なし!ただし融資には2週間以上が必要
名前の通り、三菱UFJ銀行グループの信販会社(クレジットカード会社)である「三菱UFJニコス株式会社」
この会社が取り扱うローンカード(キャッシングサービス専用カード)は、残念ながら親会社の三菱UFJ銀行が取り扱うカードローン「バンクイック」に比べ、金利が高く審査も厳しめ。さらにローンカードを受け取るまでには2~3週間程度の日数が必要となり、「手早くお金を借りたい」という場合には向いていません。

とは言え、一般的な消費者金融会社に比べて独自のメリットも見られる「三菱UFJニコスローンカード」
今回はこのカードを利用するメリット・デメリットや契約の流れを詳しく解説していきます!

<三菱UFJニコスのローンは向いてなさそうだな」と思ったらこちらをチェック!>
CHECK!審査難易度が低めの銀行カードローンまとめ
CHECK!即日融資におすすめなカードローンランキング
CHECK!金利・審査難易度・融資を総一覧!銀行カードローンまとめ

「三菱UFJニコスローンカード」ってどんなカード?基本情報と利用上のメリット

「三菱UFJニコスローンカード」ってどんなカード?基本情報と利用上のメリット
まずは、「三菱UFJニコス」のローンカードとは一体どのような商品なのか、詳しく見ていきましょう!

①上限金利は17.6%と、消費者金融よりやや低めながら銀行よりは金利が高い

「三菱UFJニコスローンカード」の基本情報は以下のようになります。

★三菱UFJニコスローンカード

金利(実質年率) 6.0%~17.6% 限度額
(最大利用可能枠)
500万円
審査スピード 数日以上 融資スピード 2週間~
その他
  • ・郵送でのやり取り必須
  • ・無利息サービスなし
  • 初回契約時、もっとも適用されやすいのは上限金利。つまり、各金融機関が定める最も高い金利ですね。
    三菱UFJニコスローンカードの場合には「17.6%」が上限金利となります。

    この数字は「アコム」「アイフル」の「18.0%」に比べるとほんの少し低いものの……。
    一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%前後となっており、決して低いとは言えません

    CHECK3.「三菱UFJニコス」と三菱UFJ銀行「バンクイック」他、他社ローンとの比較

    ★三菱UFJニコスとみずほ銀行の金利比較

      三菱UFJニコス みずほ銀行
    限度額100万円未満 14.95%~17.6% ※年14.0%
    限度額200万円未満 13.2% ※年12.0%
    限度額300万円未満 9.9% ※年9.0%
    限度額400万円未満 7.0% ※年7.0%
    限度額500万円未満 6.5% ※年6.0%
    限度額500万円 6.0% ※年5.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

    ちなみに、100万円以上の利用限度額をもらうことで比較的金利が下がりやすい「三菱UFJニコス」ではありますが……。
    同じくらいの審査難易度だと思われる「みずほ銀行」に比べると、同じ限度額での設定金利はすべて高くなっていてこちらもおトクとは言えない結果となってしまいます。

    ②一番のメリットは「在籍確認がない」こと!ただし同じメリットを持つ他社ローンも……。

    「三菱UFJニコス」における最も大きなメリットは、「在籍確認を行っていない」こと。(三菱UFJニコスへの問い合わせによる)
    在籍確認とは、金融機関があなたの勤務先に電話を掛ける、審査の一過程のことを指します。
    そのため、「絶対に職場に電話を掛けられるのは困る!」といった場合、「三菱UFJニコス」は強い味方となりますが……。

    実は他社ローンでも、より低金利ながら在籍確認を行っていない、もしくは「書類を使った代用が可能」なものがあるんです。詳しく見てみましょう。

    ★電話での在籍確認の回避が可能な銀行カードローン

      上限金利 在籍確認について
    三井住友銀行 14.5% 相談次第で書類などにより確認を行う場合がある
    セブン銀行 15.0% 行っていない
    りそな銀行「クイックカードローン」 12.475% 行っていない
    参考:三菱UFJニコス
    ローンカード
    17.6% 行っていない

    どう見ても金利の面では他社ローンに負けており、「りそな銀行」にいたっては年5%以上の差を付けられてしまっています。

    ★50万円を借りて年1万5000円を返済する場合の支払い総額比較

    三菱UFJニコス(17.6%) 691,414円
    りそな銀行(12.475%) 617,052円
    差額 74,362円

    いずれのローンとの間にも、大きな審査難易度の差はない(むしろUFJニコスの方が厳しいかも……。)ことから、「在籍確認がない」というだけでこのローンを選ぶ理由にはならないでしょう。

    ③信販会社らしく、地方銀行を含めた多くのATMを利用可能

    UFJニコスのもう一つのメリットとして「利用できるATMが多い」といったものが挙げられます。
    大手コンビニや大手銀行のATMを利用できるのはアコムなど消費者金融も同じですが、全国各地の地方銀行ATMを利用できるのは大手信販会社(もしくは地銀カードローン)を利用するメリットの一つと言えるでしょう。
    ちなみに、全国105の地方銀行ATMはすべてキャッシングに利用できますよ。

    とは言え、「コンビニや都市銀行のATMを利用できれば十分」という場合にはあまり大きなメリットとはなりません。
    また、同じく多くのATMを利用できる「オリコCREST」は、インターネット申し込みによりUFJニコスよりも低い「16%」という金利で借り入れが可能です。

    CHECK三菱UFJニコスのキャッシングに利用できるATM

    「三菱UFJニコスローンカード」を利用する上での注意点・デメリット

    「三菱UFJニコスローンカード」を利用する上での注意点・デメリット
    独自のメリットを持つ「三菱UFJニコスローンカード」ではありますが、冒頭にお話しした通り、あまり使い勝手が良いとは言えません。
    その理由を解説していきます。

    ①カードを受け取るまでには2週間以上の時間と、郵送物返送の手間が必要……。

    最短即日での借り入れが可能なカードローンも増えてきた中で、UFJニコスのローンカードは受け取りまでに最短でも2週間ほどの時間が掛かります。
    というのも、UFJニコスは契約までに郵送を使った本人確認書類のやりとりが必須となるんですね。(2017年7月現在)

    プロミスなどのように、インターネットを通した書類提出に対応してほしいところではありますが……。
    今のところは、この融資スピードを受け入れられる方でないとこのカードを利用できません。

    CHECK三菱UFJニコスに聞いた、カード発行までの流れ

    ②審査難易度は銀行カードローンと比較しても高め

    さらに、残念ながら「三菱UFJニコスローンカード」の審査難易度は、一般的な銀行カードローンと比べても高めだと推測されます。

    実は、最低引き落とし額が高いローンほど、毎月の負担が重い=審査が厳しい傾向にあります。
    三菱UFJニコスカードの毎月の最低引き落とし額は1万円
    親会社である三菱UFJ銀行「バンクイック」の最低返済額は2,000円ですから、その違いがよく分かりますね。

    最近は各銀行も最低返済額を引き下げる(審査難易度を下げる)傾向にありますから、1万円という引き落とし額は業界の中でもかなり高いもの。

    加えて、審査難易度が比較的低めに設定されているローンによくある、「パート・アルバイトOK」といった文字も、三菱UFJニコスのHPには見ることができません。
    「パート・アルバイトの申し込みは不可」……とは言いませんが、少なくとも大歓迎、というわけではなさそうです。

    「最低返済額1万円」という点は「みずほ銀行カードローン」と共通しています。
    おそらく、「三菱UFJニコス」も「みずほ銀行」とさほど遠くない審査難易度を設定していることでしょう。

    みずほ銀行は、銀行カードローンの中でも比較的高い審査難易度を設定しております。
    その融資対象は、主に「会社員、公務員」「年収200万円以上の方」
    また、「三菱UFJニコス」の場合は主婦の方への案内も見受けられないため、配偶者に安定した収入があってもパートの方が通過するのはやや難しいと思われます。
    総量規制の制限とUFJニコスの規定により、専業主婦の方の申し込みはできません。)

    このことから、「信販会社なら、銀行よりは通りやすいのでは?」という目的でこのローンへ申し込むことはおすすめできません。

    CHECKみずほ銀行カードローンの審査難易度分析

    三菱UFJニコスをおすすめしたいのは、「在籍確認を避けたい方」かつ「地銀のATMを積極的に利用したい方」と非常に限定的。
    とくにこの両方の点にこだわりがないのであれば、より金利や審査難易度の低い他社ローンを検討した方が良いでしょう。

    三菱UFJ銀行<バンクイック>他、他社ローンとの比較

    三菱UFJ銀行<バンクイック>他、他社ローンとの比較
    「それなら、一体どんなローンを選べばいい?」というあなたのために、全国から申し込みのできる主なローンをまとめてみました。

    ★三菱UFJニコスと主な他社ローンの比較

      上限金利 限度額 融資スピード
    三菱UFJニコス 17.6% 500万円 2週間~
    三菱UFJ銀行「バンクイック」 14.6% 500万円
    三井住友銀行 14.5% 800万円 公式HP参照
    みずほ銀行 ※年14.0%
    ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
    最大ご利用限度額 800万円
    楽天銀行 14.5% 800万円 最短即日~数日
    イオン銀行 13.8% 800万円 5日~
    三井住友カードゴールドローン
    ※年収400万円~
    9.8% 700万円 1週間~
    ※ゴールドローンを除き、いずれも審査難易度は三菱UFJニコス以下

    主な銀行カードローンと並べてみると、やはり三菱UFJニコスの金利は高め。また、融資スピードも目に見えて遅くなっています。

    「利用できるATMが多い」といった、UFJニコス独自のメリットにさほど魅力を感じないのであれば、わざわざ金利が高く不便なこのローンを選択する必要はありません
    特にUFJニコスの審査に通過できる方であれば、より条件の良い銀行カードローンを利用できるため、より広い視野をもってあなたに合ったローンを探してみると良いでしょう。

    CHECK!金利・審査難易度・融資を総一覧!銀行カードローンまとめ
    CHECK!年収400万円以上の方向けハイクラス・カードローンのまとめ

    「三菱UFJニコスローンカード」申し込みから融資までの流れ

    「三菱UFJニコスローンカード」申し込みから融資までの流れ
    「それでも三菱UFJニコスへ申し込みをしたい!」あるいは「すでに申し込んだけれど、この後どうすればいいのかわからない……。」といったあなたのために、ここからは三菱UFJニコスの具体的な利用の流れについて解説していきます。

    ①ニコスに聞いた、カード発行までの流れ

    公式HPを見ても、結局借り入れまで何日ほどの日数が必要なのかわかりにくいこのローン。
    そこで実際に、三菱UFJニコスのコールセンターに問い合わせてみました。

    【管理人】山本
    申し込みからカード発行までにかかる時間はどれくらいですか?

    三菱UFJニコスの回答
    通常、インターネットでのお申し込みであれば1週間~10日程度
    ただしお申し込みの際の書類の不備などあった場合には延びてしまうため、お日にちのお約束はできかねてしまいます。

    【管理人】山本
    カード発行の流れについて教えてください。

    三菱UFJニコスの回答
    インターネットでお申し込みを頂きまして、とくに不備がなければカードをお送りする前に、本人確認の資料、あとは口座振込みの依頼書を書面にていただきます。
    その上で私どものところに到着いたしましたらカード発行、という流れになります。

    【管理人】山本
    審査結果も書面で頂くことになるのでしょうか?

    三菱UFJニコスの回答
    いえ、審査結果に関しましてはメールでお送りしております。

    【管理人】山本
    審査後、結果をメールでいただいたあと、本人確認書類の提出を求める手紙が自宅に届き、それに記入して返送……。といった形でよろしいでしょうか?

    三菱UFJニコスの回答
    はい、そのように対応させて頂いております。

    【管理人】山本
    勤務先への電話連絡はありますか?

    三菱UFJニコスの回答
    そういったことはございませんので安心してご利用くださいませ。

    オペレーターさんは「カード発送までに掛かる時間は1週間~10日程度」とおっしゃっていたものの、これはあくまで「三菱UFJニコスがカード発送に踏み切るまでの時間」。
    ローンカード発送から到着までには10日ほどの時間が掛かる(公式HPより)ため、結局申し込みから借り入れまでには2週間以上の日数が必要となります。

    三菱UFJニコスローンカード
    契約の流れ

    インターネットから申し込み

    携帯電話への申し込み確認
    (行われないこともある)

    審査
    (数日程度)
    ※在籍確認なし

    メールで審査結果連絡

    本人確認書類などの提出を求める
    書類が自宅へ届く

    必要書類を添えて返送

    ローンカードの発送
    (ここまで2週間~)

    来店などの必要はないものの、書類を通したやり取りは必須となるため、手軽な契約が可能とは言えません。

    CHECKインターネットでの契約が可能なカードローンのまとめ

    ②契約を結ぶために必要な書類のまとめ:インターネット提出は不可

    契約に必要な書類は以下のようになります。

    ★三菱UFJニコスローンカードの必要書類

    全利用者提出 以下のいずれか一点のコピー

  • ・運転免許証
  • ・運転経歴証明書
  • ・パスポート
  • ・在留カード
  • ・特別永住者証明書
  • ・マイナンバーカード
  • ・健康保険証
  • 利用限度額が50万円を超える場合、もしくは他社※と合わせた借り入れ合計が100万円を超える場合のみ提出
  • ・収入証明書類のコピー
    (源泉徴収票、給与明細2ヶ月分、その他所得証明書)
  • ※消費者金融、クレジットカード会社からの借り入れのみをカウント

    インターネットでの書類提出が可能な地方銀行も増えてきた中、「書類のコピーを取って」「必要事項に記入して返送」というのはちょっと面倒ですね……。
    とは言え、現在この方法以外に必要書類を提出する術はありません。

    ③在籍確認は一切行っていない!延滞さえしなければ、会社にバレる心配はなし

    三菱UFJニコスは、審査の際在籍確認を行っていません。(三菱UFJニコスへの問い合わせによる)
    そのため、「会社に電話を掛けられるのは何としても避けたい!」という方にとっても利用しやすくなっています。

    ★職場の電話番号を記入する欄自体は存在するため、あなたが支払いを延滞し続けた場合、職場へ連絡が入る可能性はあります。(第三者にあなたの借り入れが伝えられることはありません。)

    CHECKカードローンの返済を延滞するとどうなるの?

    ローンカード到着後の借り入れ方法

    ローンカード到着後の借り入れ方法
    半月ほどの時間をかけてカードが届いたら、ようやくキャッシングが可能となります。
    それでは、その方法を見ていきましょう。

    ①基本的な借り入れ方法はATM:信販会社らしく、多くのATMを利用できる

    三菱UFJニコスローンカードの基本的な借り入れ方法は「ATM」
    大手信販会社らしく、多くのATMと提携を結んでいるのが嬉しいところです。

    ★三菱UFJニコスのキャッシングの提携ATM

    • セブン銀行
    • ローソン
    • E-net(ファミリーマートなど)
    • 三菱UFJ銀行
    • 三井住友銀行
    • みずほ銀行
    • りそな銀行
    • ゆうちょ銀行
    • イオン銀行
    • すべての地方銀行ATM
    • 信用金庫ATM(一部非対応あり)
    • ①基本的な借り入れ方法はATM:信販会社らしく、多くのATMを利用できる左のロゴのある信用組合ATM

    ちなみに利用手数料は利用時間やATM種別に関わらず以下の通り。

    ★三菱UFJニコスローンカード、ATM利用手数料

    取引金額1万円以下 108円
    取引金額1万円超過 216円

    ATMを利用する場合、手数料を節約することができないため、極力利用回数を抑えられると良いですね。

    ②インターネットでの振込キャッシング申し込みも可能ながら、反映には時間が掛かる

    また、三菱UFJニコスは多くの信販会社カードローンと同じく、あなたの口座への振り込みキャッシングにも対応していますが……。

    振り込み申し込みの当日にお金を受け取るためには、「平日13:00」までに手続きを済ませなければなりません。
    夜間・土日祝日でも即時反映が可能な三井住友銀行などに比べると、ちょっと不便ですね。

    さらに、毎月の引き落とし先の口座を「ゆうちょ銀行」に指定した場合、振り込みの反映には3日以上が必要になるためお気を付けください。
    ②インターネットでの振込キャッシング申し込みも可能ながら、反映には時間が掛かる
    ▲三菱UFJニコス公式HPより

    ちなみに、振り込みキャッシングを利用する上で手数料は必要ありません

    三菱UFJニコス公式HP「ローンカードWEBサービスログイン」

    ★ネットキャッシングの利用には会員登録(無料)が必要です。

    三菱UFJニコス:カードローンの返済方法

    三菱UFJニコス:カードローンの返済方法
    最後に、三菱UFJニコスから借りたお金の返済方法について解説していきます。

    ①毎月の返済金額は1万円からと高め

    三菱UFJニコスローンカードの毎月の返済額は以下のようになります。

    ★三菱UFJニコスカードローンの毎月の返済額(借入時残高スライドリボルビング方式)

    最後に借り入れを行ったときの借入残高 引き落とし額
    20万円以下 10,000円
    20万円超過~50万円以下 15,000円
    50万円超過~100万円以下 25,000円
    100万円超過~150万円以下 35,000円
    150万円超過~200万円以下 45,000円
    ※詳細:三菱UFJニコス公式HP「ご融資について」

    審査に関する項目でも言った通り、三菱UFJニコスの返済金額は他社に比べても高め。
    少なくとも毎月1万円以上の引き落としを問題なくこなせなければ、このローンを利用することはできません。

    CHECK毎月の返済額が軽めの銀行カードローン

    ★引き落とし額は「引き落とし時の借入残高」ではなく、「最後に借り入れを行った時点での借入残高」となりますのでお気を付けください。
    例:30万円を借り、直後に15万円を返済した場合であっても、引き落とし額は15,000円

    <三菱UFJニコスの返済方式は「定額リボルビング方式」への変更も可能>

    三菱UFJニコスの返済方式は、基本的には上で紹介した「借入時残高スライドリボルビング方式」
    ですが、電話問い合わせにより限度額(キャッシング利用枠)に合わせて定額を支払う「定額リボルビング方式」への変更も可能です。

    「定額リボルビング方式」へ変更した場合、仮に限度額が30万円の場合、毎月の引落とし額は借入金額に関わらず「15,000円」となります。
    同様に、限度額が100万円であれば利用残高が10万円だろうと、毎月 「25,000円」が引き落とされるわけですね。

    後述の通りATMを使った随時返済も可能ですので、わざわざ返済方式を変える意味はさほどありませんが……。
    「毎月の返済を計画通り、同じ金額ずつ行いたい」という場合には、返済方式の変更を検討しても良いでしょう。

    詳細三菱UFJニコス公式HP「お支払い方式の変更」

    ②毎月27日の自動引落としに加え、ATMでの随時返済も可能

    三菱UFJニコスの返済は、一般的なクレジットカードと同じく1ヶ月に一度、毎月27日の自動引落としで行われます。(27日が土日祝日の場合、返済日は次の平日に持ち越し)
    こちらに加え、各ATMを使った随時返済(繰上返済)も可能ですが……。

    キャッシングに利用できるATMと比べると、随時返済に利用できるATMは少なくなります
    特に地銀ATMを頻繁に利用される場合にはお気を付けください。

    詳細三菱UFJニコス公式HP「ATM・CDネットワーク」

    まとめ

    まとめ

    三菱UFJニコスのローンカードは、消費者金融系ローンに比べるとやや低金利ながら銀行に比べると高金利審査難易度が高めなこともあり、あまり積極的にはおすすめできない
    ★独自の強みは「利用可能ATMが多い」「在籍確認がない」こと。特にATMに関しては全地銀ATM+一部の信用金庫や信用組合ATMをキャッシングに利用できる
    融資には2週間以上の時間と、必要書類のコピー・返送の手間が掛かり、あまり手軽とは言えない

    独自の魅力はあるものの、あまり広い層におすすめはできない三菱UFJニコスのローンカード。
    申込を行う際には、時間に十分な余裕を持てると良いですね。


    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。