キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

夜の仕事って実際どうなの?時給や注意点をまとめました!

    夜の仕事って実際どうなの?時給や注意点をまとめました!

    夜の世界について、あなたはどんな印象を持っていますか?
    華やか、聞き上手、そして高いお給料……。お金に困っている人が水商売へ、ということは実際に多いです。

    一方で、セクハラやストーカーの被害に合ったり、水商売をしていた過去から結婚に反対されてしまったり、と言った危険性が大きいのも事実。

    今回はそんな夜の世界について本当のところを、経験者の方に聞いてみました!

    

    女性の「夜の仕事」って、どんな種類があるの?

    女子の「夜の仕事」って、どんな種類があるの?
    華やかなイメージの「夜の仕事」。今回はいわゆる水商売に絞って、解説して行きます!

    ①ガールズバー

    はじめて夜の世界に入る方が選びやすいのが「ガールズバー」
    カウンター越しの接客となるため、キャバクラなどに比べ比較的セクハラも少なく、ハードルが低いと言う理由からです。
    とは言え、胸元の開いたシャツやミニスカートが制服として指定されていることがほとんどなので注意。

    時給は水商売の中では低く1500円~2000円程度。
    ですが指名やアフターなどの制度もないため、比較的気軽に働きやすいようです。
    未経験歓迎のお店も多いですね。

    <ガールズバーバイトの体験談>

    水商売のアルバイトは初めてだったので、お客さんの隣に座らなくてもいいと聞いたガールズバーに、求人サイトから応募しました。
    時給は最低1500円で、人気があったりすると上がっていく方式です。
    接客はカウンター越しなのでキャバクラなどに比べるとまだセクハラも少ないのですが、(決してゼロではありません)その分ずっと立ちっぱなしで、足が痛いのが辛かった……。ハイヒールが指定なんですよ。
    働く内容と給与が見合わない気がして、短期で辞めてキャバクラに移りました。
    良かったところとしては、シフト制だったので都合の良い日にだけ働けたことです。あと、私のお店は給料が週払いでした。

    ②キャバクラ

    キャバクラ
    水商売の中で最も知名度が高いキャバクラ。「キャバレークラブ」の略称です。

    お客さんの横に腰掛けてお話をしたり、お酒を作ったりするのが主なお仕事ですが、

    ・お客さんと一緒に出勤する「同伴」
    ・閉店後にお客さんとディナーなどに行く「アフター」
    ・その他、営業メールなど

    と言った面倒が多いのも事実。

    その反面、時給は2500円~8000円程度とかなり高額で、指名やお酒の注文をたくさん取れるようになれば月100万円の収入も不可能ではありません。
    人気が出れば出るほど、お酒をたくさん注文してもらえるほど(ドリンクバック)、収入は上がっていきます。 

    労働環境はお店によって大きく異なります。気軽に働けるところもあれば、壮絶なイジメやセクハラがまかり通っているところも多数。
     
    キャバクラに限らず水商売で稼いでいくためには、良いお店を見つけられる強運、またはライバルの中、ときに狡猾にのしあがっていく力が重要になるんですね。

    <キャバクラバイトの体験談>

    大学2年生のとき、単純に好奇心からお水のアルバイトをしました。
    元々容姿には自信がありましたが、様々な幸運も重なり、入店から短い時間で私はナンバーワン嬢になれました。
    しかしそれを良く思っていなかった先輩嬢が、お客様に私についての真っ赤な嘘を流したり、私の財布からお金を抜いたり、私物のドレスにわざと濃い色のワインをこぼすなどの行動に出たため、わずらわしくなって辞めてしまいました。
    その後入った店ではそのようなことは無かったので、やはり店の環境は大事ですね。

    ③スナック

    スナック
    キャバクラに近い業態ですが、住宅街に店舗を構えていることも多く指名制度がありません
    どちらかと言うと、カウンター越しでないガールズバー、と言ったところでしょうか。
    お店が住宅街にある場合は、近所に住んでいる男性が主な客層となります。カラオケが盛んなところも多いですね。

    小規模な個人経営店が多いので、ママ(店主)の人格や営業方針によって大きく労働環境が変わってきます。
    時給は1500円~3000円程度と比較的低めです。

    ④ラウンジ

    ラウンジ廉価版キャバクラ、と言ったところ。
    そのため時給も1200円~2000円と低めですが、ノルマがない店が多くキャバクラよりは気軽に働けることが多いようです。

    ラウンジに限りませんが、時給が低い店ほど悪質なお客さんが増える代わりに、面接に通りやすい傾向があります。

    ⑤高級クラブ

    高級クラブ
    高級クラブはラウンジとは反対に、キャバクラの上位版と言ったところ。勤務地も銀座や六本木など、いわゆるセレブ街となり、グランドピアノなどが設置してあることも多いです。

    高級クラブの多くが紹介制で、一晩に掛かるお金も高額。大企業の役員など、所得の高い方が主な客層となります。
    そのため、ホステスにも十分な教養とトークスキル、そして容姿が必要と水商売の中では最もハードルの高いお仕事。
    このように求められるものが多い反面、時給換算だと1万円を超えることも。

    ちなみに高級ホステスの場合は、売り上げによって変化する日給制であることが多いです。
    いわゆる「ノルマ」をこなせなければ日給が下がる反面、上手く売り上げを出せれば日給は上がります。 

    誰でもできる仕事ではありませんが、クラブで学んだ経験を今後に活かせることも多いようです。

    <高級クラブホステスの体験談>

    私の日給は4万円ほどで、週3度の出勤でも生活に困りませんでした。
    その反面で、お仕事がお休みの日もお客様と食事に行くなど、お店の外でするべきことが多いのは確か。
    お客様全員にメールを返すことだけでも一苦労でした。
    ですが、お見えになるお客様はこの仕事をしていない限り到底出会えないような方々ばかり。
    いわゆるコミュニケーション能力や礼儀作法を始め、勉強になったことも沢山あります

    ⑥派遣ホステス

    欠員が出たキャバクラなどに、臨時・単発で向かうホステスのことを言います。
    派遣元が仲介手数料を取るために、時給は2000円程度のことが多く、一つのお店で働くよりワリは良くありませんが……。

    一番のメリットは、ずっと同じお店にいないためにイジメや人間関係の心配が必要ないこと。
    また、同伴やアフターなどの手間もありません。

    キャバクラやクラブで働きたいけれど、お店の外での仕事は面倒……。という方にはピッタリです。

    夜の仕事のメリット

    夜の仕事のメリット

    ①時給が高い

    夜の仕事を選ぶ方のほとんどが、お給料の高さを理由としているでしょう。
    コンビニのアルバイトなどと比べると、何倍もの時給をもらえることになります。人気嬢や高級ホステスともなると、時給8000円なんてことも。

    ただ、ラウンジなど格安店の場合は、時給1200円程度と深夜のコンビニバイトとあまり変わらないこともあります。
    時給が低い店ほど、客層が良くない傾向にあるので注意してください。
    (時給が高ければ100%良いお客さんしかいない、というわけではありませんが……。)

    ②交友関係が広がる

    夜の仕事は当然接客業。
    お客さんのプライベートに立ち入りやすい仕事となるので、夜の仕事を通して思わぬツテができることもあります

    元お客さんに資金を出してもらうことで自分のお店を出すに至った方や、お客さんと結婚した方も多数いらっしゃいます。
    普段の生活では絶対に出会えないような人と、関わり合いになれるのが水商売の大きなメリットなんです。

    夜の仕事のデメリット

    夜の仕事のデメリット

    ①必要経費が高い

    美しいドレス、あるいは着物にヘアセットと、高級店になるほど必要経費は高くなります
    基本的にこれらに必要な経費は自腹
    また、お店によっては無料でドレスを貸し出してくれるところもありますが、少数派です。

    ヘアメイク代はお店によって変わってきますが、1000円~3000円程度。
    この金額が毎日の給料から引かれるわけですから、一日の勤務時間が短いほど、時給は少なくなることになります。

    ②勤務時間以外にもやることが多い

    派遣ホステスを除き、どのお店でもメール営業は必須
    また、キャバクラやクラブなどでは同伴・アフターの手間が掛かることも多いので、実際の勤務時間以上に労力を使います。昼間も気を抜けません。

    ただ、同伴やアフターをいくつも取れる人気嬢であるほど、お給料が上がるのも確かです。

    ③体調を崩しやすい

    体調を崩しやすい
    夜の世界で生きていると、どうしても昼夜逆転の生活になりがちなので、体調を崩しやすくなります。
    もちろん毎日、大量のアルコールを飲むことが多いのでそれも悪影響。早朝から夕方にかけてのの二日酔いはもちろん、急性アルコール中毒で救急車に……なんて危険性も高いですね。

    夜の仕事をしながら、健康を維持するのは思ったよりも大変なことなんです。

    ④壮絶なイジメのあるお店も多い

    夜の仕事の労働環境は、お店によってとても大きな違いがあります。
    とくに繁華街のキャバクラとなると、壮絶なイジメや窃盗、お客さんに根も葉もない噂を流されて退店せざるを得なくなった……。という体験談も多く、この中で生きていくのは至難の業

    水商売の仕事を続けるためには、良いお店を見つける運も必要なんですね。

    ⑤結婚のとき、悪影響があることも……。

    水商売というお仕事は、思わぬところで悪影響を及ぼすことがあります。

    <水商売経験者の体験談>

    大学生の頃、3年間ほどキャバクラに勤めていました。
    卒業後は地元の銀行に就職、その5年後職場で知り合った男性と結婚、という流れになったのですが、相手の両親による調査の結果、私がキャバクラに勤めていたことがバレてしまいました。おそらく興信所を使ったのでしょう。
    相手は潔癖のきらいのある男性でしたから、結果として婚約は破棄されてしまいました。
    今でも悔いが残ります。

    出会いを生むことも多い夜のお仕事なんですが、一方でこんなリスクを背負うことにもなるんですね。

    男性にも夜のアルバイトはある!

    男性にも夜のアルバイトはある!

    男性にも夜のアルバイトは存在します!

    その業務内容は、ホストクラブのキャストやキャバクラの男性ホールスタッフ、専属のバーテンダーやドライバーなど。
    水商売のお店で働く男性を「黒服」「ボーイ」と呼ぶこともあります。

    ホストクラブの場合は、女性の水商売に比べルックスよりもトークスキルが重視される様子。
    売れっ子になれば時給換算で1万円以上も狙えますが、お店や売り上げ内容によってはコンビニバイト以下の給料、ということもあります。

    キャバクラなどの男性スタッフの時給は主に1500円程度。
    ただし月給制のお店が多いので、短い時間で稼ぎたい!という方には不向きかもしれません。

    収入の目処があるなら、カードローンでその場しのぎも

    収入のめどがあるなら、カードローンでその場しのぎも

    収入源はあるけれど近いうちにお金が必要、そのために日払い制の水商売の仕事がしたい……。
    そう考えている方は、カードローンの方がベターな可能性も。

    ①カードローンを選ぶときは、月々の返済額に注意

    ★10万円を借りたときの各社の最低返済額

    プロミス4000円
    アコム5000円
    三井住友銀行10,000円

    同じ金額を借りても、月々の最低返済額は会社によって大きく変わります

    カードローンの返済を延滞し続けると、今後クレジットカードが作れなくなるなどの悪影響が生まれるので、無理なく返済できる会社を選びましょう。

    

    まとめ

    まとめ

    ★一口に「夜の仕事」「水商売」と言っても、キャバクラや高級クラブなどいくつかの種類に分けられる!
     水商売の中でも向き不向きがあるので、よく考えて応募しよう
    ★同伴やアフター、メールでの営業などの手間や必要経費を考えると、雇用条件ほどの時給ではない
    ★収入手段がある場合の限り、カードローンでの一時しのぎも可能

    収入の高い夜の仕事、とは言え誰もが夜の仕事で稼いでいけるわけではありません
    アルバイトを検討している方は、水商売のメリット・デメリットを把握し、納得の上で応募してくださいね。

    

    コメントを残す

    • この記事のご感想や、あなたのカードローンレビューを聞かせてください。
    • コメント欄に書きづらいことがありましたらメールフォームにお送りください。


    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい