「ノンバンク」とは?わかりやすく解説&あなたに合った借入先の選び方

「ノンバンクとは」をわかりやすく解説&あなたに合った借入先の選び方

「キャッシングを利用してみたくて調べていると、よく見かける<ノンバンク>という言葉。
銀行ではない会社を指すみたいだけれど、それって利用者にとって重要なの?」

はい、「どのタイプの金融機関を選ぶか」という問題は借り手にとっても非常に重要です。
というのも「ノンバンク」とそうでない会社では適用される法律が違うため、あなたが借りれる金額や用意する書類なども変わってくるから。

今回はカードローン・住宅ローンなどをはじめとする融資商品を検討中のあなたのために、「ノンバンク」の概要と、あなたに合った借り入れ先タイプの選び方を詳しくまとめてみました。
読み終えていただければ、今のあなたに「ノンバンク」が合っているか、逆に申し込むべきでないのかが分かりますよ!

【管理人】山本
ちなみに、ノンバンクの代表格が消費者金融の「カードローン」です

あとから詳しく説明しますが……先に人気のカードローンを紹介しますね!



「ノンバンク」ってどういう意味?

「ノンバンク」ってどういう意味?

そもそも「ノンバンク」って?
確かに名前の通り「銀行ではない会社」のことを指すのですが、信用金庫やJAバンクといった銀行に近い組織や生命保険会社はどのような扱いになるのでしょう?
まずは「ノンバンク」の何たるかについて、詳しく説明して行きます!

①ノンバンクとは「お金を貸すことで運営している組織のうち、預金サービスのない会社」のこと

ノンバンクとは、一般に「お金を貸し、利息(サービス料)を徴収することで運営している」かつ「預金サービスを取り扱っていない」会社を指します。
というわけで、融資商品と預金サービスのどちらも提供している「信用金庫」「信用組合」「JA」といった組織はノンバンクには含まれないわけですね。

ノンバンクと呼ばれるのは、基本的に「信販会社(クレジットカード会社)」と「消費者金融会社」
消費者金融会社とはキャッシング専門の会社(アコムプロミスなど)のことで、いわゆる「サラ金」です。
実際のところ「ノンバンク」というと、消費者金融の「なんとなく悪いイメージ」を払しょくするために使われることが多いようですね。
クレジットカード会社が自身のことを「ノンバンク」と呼ぶことはめったにありません。

消費者金融会社「SMBCモビット」公式HPより。

▲消費者金融会社「SMBCモビット」公式HPより。

その他、中小企業などを対象に取引を行うリース会社もノンバンクに含まれます。
ノンバンクは営業を行うにあたり、都道府県や財務局の許可を取る必要があります。

プロミス公式HPにおける、財務局からの営業許可を表す記載
▲プロミス公式HPにおける、財務局からの営業許可を表す記載

②優良な会社も、そうでない会社もまとめて「ノンバンク」扱い

「ノンバンクで借りるのは危ないの?」といった不安はよく聞かれます。
結論から言うと、ノンバンクには良い会社もそうでない会社も存在するため、一概には言えません

とは言え、あなたが過去にクレジットカードを長期間滞納する・ローンを踏み倒したことがある、などの経歴を持っていなければ危ない橋を渡る必要はナシ。
基本的にあなたが名前を聞いたことのある、大手ノンバンクは安心して利用できると考えて良いでしょう。

特に「三井住友銀行グループ」(プロミスSMBCモビット)「三菱UFJ銀行グループ」(アコム)といった後ろ盾のある会社なら抵抗も少ないはずです。(単に、子会社が顧客トラブルを起こして親会社に迷惑を掛けるわけにもいかないという事情もあります)
また、これらの大手銀行グループに対抗しなければならない「アイフル」などの有名業者も、法律上のトラブルを起こすとは考えにくいですね。

一方、過去に金融トラブルを起こしたことのある「ワケアリ」利用者向けに融資を行う会社は、一般の方にはおすすめしづらいものとなっています。(もちろん優良業者も多数存在しますが……。)

★後述の貸金業法が改正される前は、現在の「大手」ノンバンクにおいても顧客トラブルが頻発していました。
ただし現在は大手銀行に買収されたり、業界間競争が激しくなったりという理由のもと、クリーンな取引が守られています。

③適用される法律は「貸金業法」で、銀行で借りる場合と少し勝手が変わる

「ノンバンク」について説明する上で、欠かせないのが「貸金業法」の存在。これはノンバンクにのみ適用される法律を言います。
……と言うより、「貸金業法が適用される会社のことをノンバンクと呼ぶ」と記載した方が正確でしょうか。

貸金業法は、ノンバンクの高金利・かつ多額の貸付が問題になっていたために改定された法律。
大手ノンバンクにトラブルが頻発したのは2006年頃ですが、新しい貸金業法が施行されたのは2010年となっています。
その内容の一部を、分かりやすく紹介しましょう。

CHECK「総量規制」とその例外
CHECK借り入れの際、必要になる書類

(1)「総量規制」とその例外

貸金業者(ノンバンク)から個人に貸し付けているお金の合計が、年収の3分の1を超えてはいけない。

こちらがノンバンクとそうでない金融機関(銀行など)で借りる上で、最も大きな違いとして挙げられやすい貸付制限。一般には「総量規制」と呼ばれます。
例えば年収300万円なら、ノンバンク全体での借入額合計が100万円を超えることはないわけですね。
同じ理由で、無職や専業主婦の方はノンバンクからお金を借りることはできません

この取り決めを守るため、ノンバンクは「個人信用情報機関」という、あなたの金融機関の利用履歴が保存された場所への加盟と、情報閲覧が義務付けられています。
というわけで、他社でお金を借りていることや借金を踏み倒した過去もすぐにバレてしまうわけですね。

CHECK個人信用情報の開示と閲覧方法について

★銀行や信用金庫など、貸金業法で縛られない金融機関の貸付額は、貸し手の判断に任されます。

★以下の場合は総量規制の対象外となり、ノンバンクからも年収の3分の1を超える借り入れが可能となります。

  • 不動産や住宅、自動車の取得に関する借り入れ
  • 不動産または有価証券を担保とした借り入れ
  • 不動産を売却して手に入れられるお金を見越した借り入れ
  • おまとめ、借り換えローン
  • 緊急を要する医療費
  • 事業性ローン
  • その他、「配偶者との年収の合算に総量規制が掛かる」(=夫婦の収入の3分の1まで借りられる)「配偶者貸付」という制度もありますが……。
    手続きが面倒なので、貸金業法に縛られない銀行カードローンなどで借りた方がよっぽど楽なものとなっています。

    (2)借り入れの際に必要となる書類

    こちらも「貸しすぎ」を防ぐため(あるいは偽の年収での申し込みを防ぐため)、借り入れの際に必要な書類も貸金業法で細かく定められています。

    ★ノンバンク(貸金業者)でお金を借りる場合の必要書類

    全利用者必須 本人確認書類
    (運転免許証、パスポートなど)
    借入額が50万円を超える場合
    貸金業者全体からの借入額が100万円を超える場合
    収入証明書類
    (源泉徴収票、確定申告書など)

    細かい規定は会社によりますが……。
    とりあえずノンバンクで50万円を超えるお金を借りる場合、収入証明書の提出は必須となります。
    (50万円以下でも会社の判断で書類提出を求められることは多々あります)

    反面、貸金業法に縛られない銀行は収入証明書なしで大金の貸付が可能。
    ただしこの姿勢は国会などから批判を浴びており、最近は銀行であってもノンバンクと同じ基準で収入証明書の提出を求めることが多いようですね。

    ただし小規模の地方銀行や信用金庫だと、いまだ「300万円まで収入証明書不要」といった形で貸付を行っていることは珍しくありません。

    利用者にとって身近な貸金業法の項目はこの2点くらいでしょうか。
    その他、貸金業法には「訪問取り立ての禁止」「借り手の自殺による保険金での返済禁止」など、利用者を守る規制が盛り込まれています。

    <ノンバンクで借りたお金を滞納したらどうなるの?>

    「サラ金」というと、「取り立てが怖い」というイメージが広く持たれています。
    実際、2006年前後には現在大手と呼ばれる企業も悪質な取り立てを行っていたようですが……。前述の通り、現在は訪問取り立てをはじめとする悪質な取り立ては全面禁止となっています。少なくとも大手業者が、一般的にイメージされる「金貸しの取り立て」を行うことはありません。

     

    とは言え、貸したお金を踏み倒されていては金融機関側も困ります。
    現在は貸したお金を返してもらえない場合、法律を順守する形で「丁寧な電話や手紙による催促」を行い、それが守られなかった場合「裁判(少額訴訟)を起こす」といった対応を取ることが多いようです。

     

    当然、契約に反しているのは借り手側。

    結局は分割払いなり差し押さえなりで借りたお金を返すことになります。(自己破産という方法もありますが)

     

    というわけで、ノンバンクから借りたお金を返さなかった場合には「直接危害を加えられることはないものの、借りたお金は確実に徴収される」ことになりますね。

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    ノンバンクと銀行、借りるならどちらがいい?

    ノンバンクと銀行、借りるならどちらがいい?

    「ノンバンク」の概要について説明してきましたが、利用者にとって大事なのは「結局、どこで借りればいいか」ですよね。
    ここではノンバンク(消費者金融)と銀行での借り入れを比較してみました。

    ノンバンクと銀行の傾向比較

    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」などの一部の例外を除き、基本的にノンバンクは銀行の同種ローンに比べて高金利
    というのも、ノンバンクは銀行のように多数の企業へ融資を行っていないため、会社を経営していく上でどうしても個人から利息を取る必要があるからです。

    同じ種類(使い道)のローンを比べた場合、「銀行の方が低金利」「ノンバンクの方が審査に通りやすい」という特徴を持っていることが多いです。
    どうしてもお金が必要な場面であれば、金利の低い銀行へ申し込んだ後、審査に落ちた後でノンバンクを検討するのが一般的な流れとなるでしょう。

    CHECK銀行の個人向け融資商品について:都市銀行・地方銀行・ネット銀行の総比較

    <ノンバンク系の住宅ローンについて>

    住宅ローンの借り入れ先として主流なのは各種銀行。
    ですが銀行の審査に通らなかった場合、「ノンバンク系の住宅ローン」という選択肢も存在します。

    取り扱うノンバンクは「セディナ」「トヨタファイナンス」などの信販会社から、他であまり名前を聞かないような業者に至るまでさまざま。
    不動産会社や生命保険会社が住宅ローンを取り扱っていることもありますが、こちらはノンバンクとは呼ばれません。

     

    ノンバンクで住宅ローンを組むことに関してですが、ちゃんと契約に内容に納得した上で借りるのなら何の問題もありません。
    特に「フラット35」は明確に金利が決まっていることからも利用しやすいでしょう。

     

    ただしフラット35の審査に通過できないとなると、ノンバンク独自の住宅ローンで非常に高い金利が提示される可能性も少なくありません。
    一般に、貸し倒れのリスクが高いと判断される場合ほど金利は高くなるのですが、「銀行の審査に落ちてしまった」という時点で低い金利を狙うことは難しくなってしまうんですね。

     

    原則、ノンバンク系の住宅ローンは「銀行の審査に通れない人の受け皿」となっています。
    フラット35を利用できるのならその限りでないものの、急いでローンを組まずに銀行の審査に通るための準備を整えるのも一考でしょう。

     

    ★住宅ローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1を超えるお金も借り入れ可能です。

    ★各種手数料(繰上返済手数料を含む)が高額に設定されている場合があります。必ず契約内容を確認してください。

    ②とは言え例外は多いため、一社ごとのサービス比較は必須

    基本的に、ノンバンクは「銀行に落ちた人のためのローン」を取り扱っていることが多いのですが……。

    金融庁発表によると、平成29年3月時点での貸金業者(ノンバンク)の数は1,865
    これらのすべてが個人向けに融資を行っているわけではないとしても、ここに銀行やその他の金融機関が参戦するとなると、業界間の競争が非常に激しいことは想像に難くありませんよね。

    というわけで、各金融機関はどこも、生き残りのために独自の「強み」を持っています。
    この「強み」があなたの需要に一致する場合、銀行よりもノンバンクの方がおトクにだったり、勝手が良いということは珍しくないんですね。

    分かりやすいところで言うと、大手消費者金融の「30日間無利息サービス」は30日以下で全額返済できるなら銀行よりもおトクです。
    その他、「家族や職場にバレる心配なく借りられる」「最短1時間で借りられる」など、金利自体は高くとも「痒い所に手が届く」サービスはノンバンク系の方が充実しているんですね。
    また、例外的に「アイフルファーストプレミアムカードローン」「三井住友カードゴールドローン」など、ノンバンクでありながら銀行よりも高難易度&低金利を実現させているローン商品も存在します。
    反対に、銀行ローンでありながら低難易度かつ高金利な商品も見受けられますね。

    ここまで説明してきた内容に反するようではありますが、「ノンバンクのローンは○○」「銀行のローンは××」と言い切ってしまうことはできません。単純に例外が多すぎるからです。

    そのため、あなたに合った借入先を探すためには「できるだけ低い金利で借りたい」「明日までに借りたい」といった<理想>をしっかり定めた上で、金融機関のタイプを問わず一社ずつのサービス内容を比較していくことをおすすめします。

    CHECKカードローンの比較とあなたに合った借入先の選び方
    CHECK目的ローンの種類と選び方
    CHECK審査難易度ごとのフリーローン(多目的ローン)一覧
    CHECK自動車ローンの徹底比較!低金利で借りるにはどうすれば良い?
    CHECKノンバンク系・即日融資対応の事業者向けローン(ビジネスローン)

    \ 絶対審査とおりたいならカードローン選びが重要です!/

    ノンバンクでの借り入れに関する、よくある質問と回答

    ノンバンクでの借り入れに関する、よくある質問と回答

    最後に、ノンバンクでの借り入れに関するよくある質問にお答えしていきます!

    ①「金利が高い」以外に、ノンバンクで借りるデメリットはありますか?

    特にはありません。強いて言えば「隠していた借り入れが周囲に知られたとき、良くない印象を与えがち」というくらいでしょうか……。
    各社の金利とその他のサービス内容を照らし合わせて、あなたに合った金融機関を選択しましょう。

    CHECK消費者金融徹底比較!融資スピードやバレにくさなどのポイントから借入先を選ぼう

    ②優良な会社とそうでない会社は、どうやって見分ければ良いですか?

    「名前を聞いたことのある」「大手銀行などの後ろ盾のある」会社を使えばまず問題ありません。

    どうしても大手を利用できない、という事情があるのなら、口コミなどをもとに優良業者を探すことになるでしょう。
    もちろん貸金業者として許可を取っていることは前提条件となりますが、正規の業者であっても「電話での取り立てが怖い」「情報が流出してる気がする」という声が寄せられていることもあります。

    CHECKブラック対応の中小消費者金融(街金)について

    ③「○○銀行グループ」と書いてある会社はノンバンクですか?

    「グループ」という記載があるのなら、「銀行子会社のノンバンク(消費者金融)」でしょう。適用される法律は銀行法ではなく「貸金業法」となりますね。


    新生銀行グループの新生パーソナルローン株式会社が運営する「ノーローン」はノンバンクです。

    その他アコムプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、SMBCモビットなどが「銀行子会社のノンバンク」として挙げられます。

    ……とは言え、総量規制の制限を超える借り入れを狙うわけでもない限り、利用者にとって重要なのは「金融機関のタイプ」よりも「金利やサービス面」でしょう。

    CHECKカードローンの概要とあなたに合った借入先の選び方

    ④クレジットカード会社で借りるのと、サラ金で借りるのとではどう違いますか?

    法律の上では変わりませんが、以下のような傾向は見られます。

  • 利用者サービス(振込融資、無利息サービスなど)は消費者金融の方が充実している
  • 利用できるATMはクレジットカード会社の方が多い
  • 金利は同じくらい(18%程度)
  • 単に「おトクさ」で言うのなら、無利息サービスの有無などから「銀行>消費者金融>クレジットカード(キャッシング枠)」となることが多いですね。

    CHECKクレジットカードのキャッシング枠について

    ⑤身の回りの人に隠してノンバンクを利用できますか?

    利用する会社とローン商品によります。大手のカードローン商品であれば、どこも「バレない」借入方法が用意されていますね。
    特にプロミスは「来店なし+郵送物なし」の契約方法が充実しています。

    CHECK誰にもバレずにお金を借りる方法

    まとめ

    まとめ

    ノンバンクとは「お金を貸す会社のうち、預金サービスを取り扱わない会社」、具体的に言うと「貸金業法が適用される会社」のことを言う
    ★ノンバンクとそうでない会社における、最も大きな違いは「年収の3分の1を超えるお金を借りられるか」。ただし住宅ローンなど例外は多い
    ★銀行と比べると「高金利な代わりに審査難易度は低い」という特徴を持っていることが多い。
    ただし例外は多い(特にカードローン商品)ため、結局は一社ずつ比較していく必要がある

    金利は高く設定されていることが多いものの、銀行の審査に落ちたときの受け皿となってくれたり、独自のメリットを備えていたりするノンバンク系の金融機関。
    お金を借りたい人全員に勧められる、というわけではないものの、状況によっては銀行よりおトクに・便利に利用できることもありますよ。

    CHECK消費者金融徹底比較!融資スピードやバレにくさなどのポイントから借入先を選ぼう
    CHECKカードローンの概要とあなたに合った借入先の選び方
    CHECK【カードローン・フリーローン】あなたの町で最も低金利で借りる方法


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。