大手4社に聞いた!在籍確認の電話なし&即日融資を両立させる条件と契約の流れ

大手4社に聞いた!在籍確認の電話なし&即日融資を両立させる条件と契約の流れ

「何とかして今日中にお金を作りたいけれど、勤務先に電話が行くのは本当に困る……」
ご安心ください、いわゆる「即日融資」対応の大手キャッシング会社4社はいずれも勤務先への電話の回避に対応

★ 電話なし&即日融資対応カードローン(おすすめ順)

在籍確認
電話なし
即日
融資
選び方のポイント
レイクALSA 来店なしでの即日融資に強い
利用者サービスも充実しており、はじめての借入なら一番無難な選択肢
第三日曜日は営業時間を短縮するため注意
プロミス 来店なしでの即日融資に強い
お持ちの口座によってはレイクより便利&審査の柔軟性も高め
アイフル 以前から書類を使った在籍確認に積極的
100%電話を避けたいのならここが良い
アコム インターネット契約・取引関連のサービス導入に遅れが目立つ
近くに店舗がある、または楽天銀行口座をお持ちなら
SMBCモビット
(WEB完結)
即日融資の確実性は他社より低い
確実に今日中に借りたいなら不向き

★SMBCモビットは「WEB完結」選択時、原則電話での在籍確認が行われませんが……。
この会社は他4社に比べ即日融資の確実性が大きく劣るため、基本的な選択肢から除外します。
(参考SMBCモビットのメリット・デメリットについて)

健康保険証など勤務先を証明できる書類の提出こそ必要となりますが、これさえクリアできるのなら「職場への電話連絡なし&即日融資」を両立させることは全く難しくありません

今回は即日融資に向いた大手4社に電話取材を行った結果をもとに、「勤務先への電話なしで借りる」ための条件と申込み先の選び方から用意するもの、実際の手順までを徹底的にまとめました。

読み終えていただければ、あなたに合った会社を使って不安なく必要額を調達できるかと思います。

勤務先への電話を避けて契約を結ぶためには、原則として「現在の勤務先が発行した社会保険証または最新の給与明細書」の提出が必須となります(各社問い合わせによる)。
あらかじめご承知おきください。

★実際へ各社へ電話確認を行った際の記録については、以下のページをご覧ください。

CHECK【19年4月版】大手キャッシング会社5社に聞いた!在籍確認の電話なしで借りるには
CHECK【20時まで】大手5社に聞いた!来店なしで即日お金を借りる条件と借入の流れ
CHECK【2018年12月最新】即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関5社に即日融資のリミットを聞いた!(来店契約)

大手4社はどこも「在籍確認の電話回避&即日融資」に対応!選ぶべきはどの会社?

大手4社はどこも「在籍確認の電話回避&即日融資」に対応!選ぶべきはどの会社?

結論から言うと、「アコム」「プロミス」「アイフル」「レイクALSA」といった大手4社はいずれも「勤務先への電話の回避」「即日融資」の両立が可能(各社問い合わせ<<在籍確認なし キャッシング>>による)。
基本的には申込の前または後に電話で「勤務先への電話を避けたい」と伝えれば、申込者別に対応を取ってくれます。電話を避ける理由は「名指しで電話が掛かってくるのが不自然な職場だから」程度で構いません。

★プロミスの回答

【管理人】山本
勤務先への電話は必須なのでしょうか?
プロミスの回答
基本的には必要になるんですけれども、その際プロミスといった会社名や用件を名乗ることは致しません。何々さんお願いします、といったかんじになります。
【管理人】山本
名指しで電話が掛かってくるのがちょっと不自然な職場の場合、別の方法で確認を取ることはできませんか?
プロミスの回答
そうですね、そういった、お電話が難しい場合ですとご勤務先から発行されている社会保険証、または最新の給与明細書をご提出いただければ対応を取らせて頂きます。
「大手キャッシング会社5社に聞いた!在籍確認の電話なしで借りるには」より

こちらはプロミスへの問合せ結果ですが、他3社の回答も同様のものでした。
そのため「勤務先への電話なしで今日中に借りる」という目的を達成するためなら、別にどの会社を選んでも構わないのですが……。

どうせお金を借りるなら、あなたに合ったサービスを利用できるに越したことはありません。
そういうわけで、ここからは「在籍確認なし&即日融資」を両立できる4社それぞれの特色を簡単にまとめました。

★大手消費者金融の簡易比較(左ほど優先度高め)

レイクALSA プロミス アイフル アコム
即日契約のための申込期限
(来店なし)
20時
※第三日曜除く
19時~20時 20時
(スマホATM※1利用時)
口座等の条件による
(不向き)
即日契約のための申込期限
(来店あり)
21時
※第三日曜除く
21時 21時 21時半
時間外振込 ×
スマホATM※1 OK OK OK 不可
郵送物なしでの契約
(来店必須)
無利息サービス 180日間5万円以下
または30日間無利息
(契約日の翌日から)
30日間無利息
(初回借入日の翌日から)
30日間無利息
(契約日の翌日から)
30日間無利息
(契約日の翌日から)
ATM手数料 完全無料 原則有料 原則有料 原則有料
公式HPで確認できる最新の成約率※2 30.8%
(18年12月)
44.4%
(19年2月、モビットを含むので参考値)
45.0%
(19年2月)
45.2%
(19年2月)
※1 ローンカードの代わりにスマートフォンアプリを使い、セブン銀行ATMで借入・返済を行うサービス
※2 申込数に対する契約成立の割合。審査通過率の目安となる。出典は各社公式HPのIR情報。
(ただし申込後のキャンセル分を考えると、実際の審査通過率よりは低い数字が算出される。あくまで目安値)

★申込先はすでに決まっている、あるいは一秒でも早く借りたい、という場合にはこの後の「契約の流れ」についての項目をご覧ください。

①「レイクALSA」は少額借入向きの無利息期間他、利用者サービスの充実が嬉しい

借入を狙うのが「第三日曜日」でないのなら、一番広くおすすめしやすいのが「レイクALSA」

★レイクALSA(新生フィナンシャル株式会社)

金利 4.5%~18% 限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
即日融資のための申し込みリミット
(来店なし)
20時
(第三日曜日は18時まで)
※日曜に振込を希望する場合は17時まで
即日融資のための申し込みリミット
(来店あり)
21時
(第三日曜日は18時まで)
スマホATM OK
(手数料無料)
郵送物なし&来店なしの両立 OK
成約率 30.8%
(18年12月)
親会社 新生銀行
申込条件 満20歳~70歳までの安定した収入がある方
銀行振込での借入
  • 通常の銀行振込(平日9時~15時)
  • 約500の金融機関口座に対し、時間や曜日を問わない振込
  • ※ただしみずほ銀行など例外あり。詳細:公式HP
    毎週日曜日18:50~翌8:10は振込反映なし

    その他
  • 申込前または直後の相談で在籍確認の電話の回避可能
  • 「180日間5万円以下無利息サービス」「30日間無利息サービス」を選択可。前者は10万円以下の小口借入がおトクに
  • ATM手数料完全無料(スマホATM含む)
  • 第三日曜日は申込方法問わず、審査対応19時まで(契約後の借入には支障なし)
  • 他社と比べたメリットを簡単に挙げると、

  • 土日の夜でも安定した審査スピードを実現(参考レイクALSAで土日に即日融資を受ける流れ)
  • 「180日間5万円以下無利息サービス」は少額を長期間で返す時におトク
  • 時間や曜日を問わず、振込でお金を借りられる
  • ATMを利用する場合にも手数料が掛からない
  • といったかんじ。おそらく利用者サービスという点で言ったら「レイクALSA」が今のところトップであると言って間違いないでしょう。要は「どれを選んでよいか分からなかったら、とりあえずレイクに申し込んで間違いなし」というわけです。

    ただしその一方、

  • 第三日曜日の夜は審査・契約不可
  • 他社に比べると成約率(審査通過率の目安)が明らかに低く、審査の柔軟性に劣る
    (ただしはじめての借入ならほぼ気にしなくてよい)
  • といったデメリットが無いではありません。特に日曜日に契約を行う場合には、カレンダーをよく確認しておきましょう
    (とは言え19時までに契約が済めば、ATM等での借入は問題なく利用可能)

    また審査に不安があるのなら、より成約率の高いプロミス等他社を選ぶのが無難なのは確かです。

    CHECK【レイクALSA】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【レイクALSA】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程

    ②利用者サービスと柔軟な審査の両方に期待するなら「プロミス」がベスト

    レイクと同じく、多数の金融機関口座へ時間を問わない振込を行っているのが「プロミス」
    この会社への申し込みをおすすめしたいのは、

  • 振込時間などで優遇される「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」の口座を普段から利用している
  • レイクでインターネット返済のできない「みずほ銀行」の口座を普段から利用している
  • 他社借入がある、収入が不安定などの理由で審査通過に自信を持てない
  • といった条件に当てはまる場合ですね。

    ★プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)

    金利 4.5%~17.8% 限度額 1万円~500万円
    審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店なし)
    19時~20時
    ※日曜に振込を希望する場合に関しては明言なし(~16時か17時くらい?)
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店あり)
    21時
    スマホATM OK
    (手数料108円または216円)
    郵送物なし&来店なしの両立 OK
    成約率 44.4%
    (19年2月、モビットを含むので参考値)
    親会社 三井住友銀行
    申込条件 年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方
    銀行振込での借入
  • 通常の銀行振込(平日9時~15時)
  • 約500の金融機関口座に対し、時間や曜日を問わない振込
  • ※ただしみずほ銀行など例外あり。詳細:公式HP
    ※ただし日曜18時50分以降は振込予約のみ受け付け
    ┗例外として日曜でも三井住友銀行へは21時まで、ジャパンネット銀行へはメンテ時除き随時振込可

    その他
  • 申込前または直後の相談で在籍確認の電話の回避可能
  • 「初回借入日の翌日から」30日間無利息サービス
  • 三井住友銀行系列ということで、同行口座があれば何かと恩恵が多いです。
    (日曜の振込対応時間が長い、引き落とし日を選択できるなど。またプロミスカードを三井住友銀行ATMで使う場合、手数料無料)

    またレイクALSAに比べれば公式HP上で確認できる成約率もかなり高い(レイク30%前後に対し、プロミス44%前後)ため、「店舗に行かずにお金を借りたいけれど、審査が不安」という場合には最優先の申込先となることでしょう。

    ただし以前、同日に大手5社へ電話問合せを行ったところ、プロミスは他社に比べ「インターネット申込を行う場合、混雑時に審査が遅れやすい」ことが判明。
    夕方までに申し込みが可能ならさほど問題はありませんが、「土日祝日に、19時以降のネット申し込みで即日融資を狙う」場合にはちょっとリスキーかもしれません。

    CHECK【プロミス】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【プロミス】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK【プロミス】に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ③「アイフル」は書類を使った在籍確認に積極的&成約率(審査通過率)も高水準

    「レイクALSA」「プロミス」に比べると若干利用者サービスに劣る(時間外振込不可、インターネット返済不可)ものの……。
    「以前から書類を使った在籍確認に積極的」「成約率が安定して高い(=審査通過に期待しやすい)」といったメリットを持つのが「アイフル」

    ★アイフル「キャッシングローン」(株式会社アイフル)

    金利 3.0%~18% 限度額 1万円~800万円
    審査スピード 最短30分(本審査) 融資スピード 最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店なし)
    20時
    ※スマホATM(セブン銀行ATM)利用必須
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店あり)
    21時
    スマホATM OK
    (手数料108円または216円)
    郵送物なし&来店なしの両立 OK
    成約率 45.0%
    (19年2月)
    親会社 なし
    申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    銀行振込での借入 ・通常の銀行振込(平日9時~15時)
    即日着金のためには14:10分までの契約完了&振込申込が必要
    その他
  • 申込前または直後の相談で在籍確認の電話の回避可能
  • 30日間無利息サービス
  • 高難易度低金利ローンも取り扱いあり(アイフルファーストプレミアムカードローン、上限金利9.5%)
  • 最新の成約率では「アコム」に0.2%の僅差で負けてしまったものの、ここ半年の平均値においてはアイフルの方がやや高いです。
    (2018年9月~翌2月までの成約率平均はアコム44.35%に対しアイフル44.85%)
    すでに他社でお金を借りているなどの理由で審査に不安があるのなら、安定した成約率の高さも申し込みの理由となるでしょう。

    CHECK【アイフル】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【アイフル】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK【アイフル】に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ④「アコム」は店舗数最多&最新の成約率(審査通過率)では僅差でトップに

    2019年4月現在、唯一「スマホATM未対応」「カードレス契約不可」(=ネット契約と「郵送物なし」の両立ができない)と、正直時代に追いつけていない感じの否めない「アコム」
    ですが「無人店舗の設置数最多」「直近の成約率トップ」といった理由から、申込の選択肢に全く入らないわけではありません。

    ★アコム(株式会社アコム)

    金利 3.0%~18% 限度額 1万円~800万円
    審査スピード 最短30分 融資スピード 最短1時間程度
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店なし)
    20時
    (楽天銀行口座あり)
    平日17時頃
    (指定3行口座あり)
    明言なし
    (その他)
    即日融資のための申し込みリミット
    (来店あり
    21時半
    スマホATM 未対応 郵送物なし&来店なしの両立 未対応
    成約率 45.2%
    (19年2月)
    親会社 三菱UFJ銀行
    申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
    銀行振込での借入
  • 通常の銀行振込(平日9時~15時)
  • 「楽天銀行」口座に対してのみ時間・曜日を問わない銀行振込
  • 以下の3行に対しては「平日18時」まで振込可(土日祝日は未対応)
     ○三井住友銀行
     ○三菱UFJ銀行
     ○ゆうちょ銀行
  • その他
  • 申込前または直後の相談で在籍確認の電話の回避可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息サービス
  • 現状、アコムはインターネット上で契約を結んでも、限られた時間での「銀行振込」でしかお金を借りることができません。他社が「スマホATM」または「土日祝日を含む振込」を実現させている中、アコムはとにかくインターネット契約の利点を生かしきれない点が目立つと言えます。

    よって基本的に、この会社は「近所に店舗がある」または「楽天銀行口座を普段から使っている」という場合にのみ選択肢に入ることとなりますが……。
    無人店舗の設置数は業界トップですので、意外と「店舗が近い」という理由も馬鹿にならなかったりします。何気に来店申し込み時の即日融資リミットも、他社より30分遅いですしね。

    ちなみに来店契約でカードを受け取り、ATMでお金をやり取りするのなら、使い勝手の上で他社との違いはほぼありません。

    CHECKアコム公式HP「店舗・ATM案内」

    CHECK【アコム】のメリット・デメリット、契約~返済の流れの総まとめ
    CHECK曜日・契約方法別!【アコム】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK【アコム】に聞いた!在籍確認の基本仕様と電話の避け方

    ★アコムは三菱UFJ銀行のグループではありますが……。
    プロミスとは異なり親会社の口座を持っていても、特別便利に利用できるわけではないようです。
    (ゆうちょ、三井住友銀行と同じく平日18時まで借りられるというくらい)

    【4社共通】「勤務先への電話を避けながら即日融資を受ける」おおまかな流れ

    【4社共通】「勤務先への電話を避けながら即日融資を受ける」おおまかな流れ

    ここからは各金融機関で「勤務先への電話を防ぎながら、即日融資を受ける」流れについて解説していきます。
    上に紹介した4社であれば、特に契約の流れの上でそこまで大きな違いはありません。ご希望の契約方法をお選びください。

    CHECK来店不要のインターネット契約
    CHECK無人店舗に出向いて契約

    ①来店不要!インターネット契約(WEB完結)の場合

    来店不要!インターネット契約(WEB完結)の場合
    現在主流となってきているのが、来店不要のインターネット契約(WEB完結)。店舗に行かずに必要額を借りられるなら、これに越したことは無いでしょう。
    基本的な流れは以下の通りです。

    一般的な消費者金融会社との契約の流れ
    (インターネット契約)

    インターネットから申し込み
    (レイク・アイフルは20時まで、プロミスは19時まで)

    直後に申込先の会社へ電話を掛け、
    「在籍確認を避けたい」旨を申し出る

    その際に事情の聞き取りなど

    携帯電話などで撮影した
    本人確認書類(運転免許証など)、
    勤務先を確認できる書類(主に保険証または給与明細)等の
    アップロード提出

    メールや電話で本審査通過連絡

    インターネット上で契約手続き

    任意の方法(銀行振込またはスマホATM)で借入
    ※ここまで最短1時間程度

    ローンカードの郵送
    (1週間程度:原則希望者のみ送付、アコムは回避不可)

    ※申込先の金融機関によって、多少手続きの内容が前後する場合があります。

    電話を避けたいのなら、「インターネット申込後、すぐ申込先の会社に電話を掛けてその旨を伝える」のが基本です(プロミスなら「カンタン入力」を選んでプロミスからの連絡を待っても良い)。最初から電話で申し込みを行っても良いのですが、この場合は氏名や住所といった基本的な情報まで口頭で伝えることになるので少し面倒でしょう。
    消費者金融会社はどこも「勤務先への電話はやめてほしい」という相談に慣れていますので、これに関しては特に問題なく対応してくれるかと思います。
    (勤務先が発行した社会保険証、または最新の給与明細書の提出は必須となります)

    契約後の借入に関して言うと……。
    「レイクALSA」「プロミス」であれば時間や曜日を問わず振込でお金を借りられるため、インターネット契約であってもさほど不便を感じないかと思います。
    (ただし日曜18時50分~は原則振込不可/プロミスで三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座を用いる場合を除く。またみずほ銀行他、時間外振込に対応していない口座あり)

    また「レイクALSA」「プロミス」「アイフル」であれば「スマホATM」を利用できるため、仮に振込を使えなくともスマートフォンアプリとセブン銀行ATMさえあれば、滞りなくお金を借りることができるでしょう。

    申込先別の契約の流れや必要書類について詳しくは、以下の個別ページをご覧ください。

    CHECK「レイクALSA」で即日融資を受ける方法>インターネット契約の場合(20時まで)
    CHECK「プロミス」で即日融資を受ける方法>インターネット契約の場合(19時まで)
    CHECK「アイフル」で即日融資を受ける方法>インターネット契約の場合(20時まで)
    CHECK「アコム」で即日融資を受ける方法>インターネット契約の場合(楽天銀行ユーザー以外非推奨)

    ②無人店舗を利用する場合

    無人店舗を利用する場合
    各金融機関の設置する無人店舗(無人契約機/街中で見かける看板は大体コレ)を利用する場合、契約の流れは以下のようになります。

    レイクALSA
    契約の流れ
    (店頭契約の場合)

    必要書類(主に本人確認書類+勤務先を確認できる書類)を持って
    お近くの無人店舗へ
    (アコムは21時半、他3社は21時までに入店)

    オペレーターに繋がる電話が設置されているので
    これを使い、在籍確認の電話を避けたい旨を伝える


    案内に従い無人店舗内で申し込み手続き、事情の聞き取り
    必要書類の提出等

    審査
    (30分程度)

    直通オペレーターから審査結果連絡

    契約書へのサイン
    暗証番号の設定など

    カード発行
    併設のATM等を使って借り入れ
    (ここまで1時間程度)

    ※申込先の金融機関によって、多少手続きの内容が前後する場合があります。

    契約の流れとは言いますが、実際のところは自動音声や直通オペレーターさんの指示に従って行動すればそれでOKです。

    この方法を用いる場合、重要なのはとにかく「忘れ物をしない」こと。必要になりそうな書類は多めに持っていけると良いですね。
    収入証明書を提出することで大きなお金を借りられることもあるようですので、可能ならこれも用意しておきましょう。

    スポイラーのタイトル

    ★レイクALSAの必要書類






    本人確認書類(全利用者必須)
    いずれか一点
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 来店契約、かつ本人確認書類に健康保険証を用いる際には、公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑登録証明書のいずれかを追加で提出すること

    在籍確認書類 在籍確認書類(電話を避けたいとき)
    いずれか一点
    現在の勤務先が発行した保険証または給与明細
    (その他の書類を使いたい場合には要事前相談)
    該当者は提出必須 本人確認書類と現住所が異なる場合、上記の書類に追加する形でいずれか一点提出
  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • (いずれも発行から6ヶ月以内のもの)

    収入証明書類
    (契約額が50万円を超える場合
    または契約額と貸金業者※からの借入額合計が100万円を超える場合)
    いずれか一点
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得証明書(課税証明書)
  • 確定申告書の控え

  • 以上のものを用意できない場合

  • 3ヶ月以内、連続2ヶ月分の給与明細
  • ※主に消費者金融会社、クレジットカード会社のキャッシング枠

    ★レイクALSAは第三日曜日に限り、19時で営業を終了しますのでお気を付けください。

    ★以前は「インターネット申込+無人店舗でカード受け取り」という契約方法も一般的でしたが、時間外振込やスマホATMを利用できるようになり、ローンカードの重要性が減った今、審査時間も手間もかかるこの方法を選ぶ意味はほぼありません

    審査状況や業種によっては、限度額にかかわらず収入証明書類の提出を求められる場合があります
    可能ならばこれを用意した上で店舗に向かいましょう。

    まとめ

    まとめ

    「レイクALSA」「プロミス」「アイフル」「アコム」はいずれも「在籍確認の電話なしでの即日融資」に対応。よって申込先は各サービス内容(即日融資の申し込みリミット含む)で選んで差し支えない
    ちなみにインターネットを通したユーザーサービスが優秀なのは「レイクALSA」「プロミス」
    ★契約方法を問わず、勤務先への電話を避けたいのならとにかく「申し込みの前または直後に、電話でオペレーターさんにその旨を伝える」のが基本。金融機関側も慣れているので、適宜書類提出などの案内をしてくれるはず

    大手消費者金融会社において、「即日融資を受けること」「在籍確認の電話を避けること」、そしてそれを両立することは決して難しくありません
    まずは勤務先を証明できる書類を用意した上、便利に使えそうな申込先を選んでみましょう。

    CHECK【19年4月版】大手キャッシング会社5社に聞いた!在籍確認の電話なしで借りるには
    CHECK【20時まで】大手4社に聞いた!来店なしで即日お金を借りる条件と借入の流れ
    CHECK【2018年12月最新】即日キャッシングのできる時間は何時まで?大手金融機関5社に即日融資のリミットを聞いた!(来店契約)

    CHECK曜日・契約方法別!【レイクALSA】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK曜日・契約方法別!【プロミス】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK曜日・契約方法別!【アイフル】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程
    CHECK曜日・契約方法別!【アコム】で即日融資を受けるためのタイムリミットとその過程

    CHECK在籍確認とは?担当者の個人名で電話を掛けるってどういうこと?大手カードローン会社に実際の会話例を聞いた!
    CHECK【2019年最新】オペレーターへ直撃!在籍確認なし&低金利のカードローンの総まとめ(銀行カードローン含む)
    CHECK消費者金融5社を7つの視点で徹底比較!最も早く・簡単に・バレずに借りるには


    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。