沖縄海邦銀行、7つのカードローンの違いは何?電話問合せに基づく契約の流れも

銀行カードローンでは即日融資不可となりました。
もしも、今日のうちにお金を受け取りたいと考えてカードローンをお探しでしたら「今日借りる方法2018」記事をご確認ください。

沖縄海邦銀行、7つのカードローンの違いは何?電話問合せに基づく契約の流れも

「これからどんどんお金が必要になりそうで、生活が心配。
普段使っている銀行が力になってくれればいいんだけど……」

そんなときあなたに最低限(月5千円または1万円)のお金を返済していく力があるのなら、沖縄海邦銀行のカードローンが力となってくれるはず。
同行の取り扱い商品は「琉球銀行」「沖縄銀行」らに比べても若干ながら低金利で借りやすいこともり、比較的申込みやすいと言えるでしょう。
またもしもあなたが公務員、その他一部の特定職業に就いていらっしゃるのなら、非常に良い条件での借入も狙えます。

今回はそんな「沖縄海邦銀行」のカードローンについて、申込先の選び方や実際の契約に基づく契約の流れ、その他借入・返済の基本仕様などを簡単にまとめました。
読み終えていただいた後には、あなたに合ったローン商品を、あなたに合った方法で使っていけることでしょう。



沖縄海邦銀行、7つの無担保カードローンの基本情報と選び方

沖縄海邦銀行、7つの無担保カードローンの基本情報と選び方

まずは沖縄海邦銀行がどういったカードローン商品を取り扱っているのか見てみましょう。

★用途の限られる「教育カードローン」、利用可能層の限られる有担保商品である「軍用地カードローン」は除外しています。

★沖縄海邦銀行が取り扱う無担保かつ用途自由なカードローン(記載順は公式HPに基づく)
金利 備考
ハッピーカードローンSmart 7.5%
13.5%
パート・アルバイト、専業主婦OK
毎月の返済額5,000円~
ハッピーカードローンPremium 3.8%
~6.0%
1530万円以上の年収必須
カードローン200 11.0%
13.5%
1年以上の勤続年数必須
毎月の返済額1万円~
カードローンS 14.6% 上限限度額30万円
専業主婦OK、自営NG
カードローンナイン 14.6% パート・アルバイト、専業主婦OK
公務員カードローン 5.0% 公務員、軍雇用員など特定職業の方専用
アイカードくじらくん 14.6% パート・アルバイト、専業主婦OK
※以上すべてのカードローン商品において、

基本的な契約や借入、返済の方法はどのカードローンも同じです。

……となると、申込先選びの基準となるのは「金利」と「申込条件・審査難易度」、あるいは「毎月の引き落とし額」あたりですね。
この視点から見ると、ほとんどの利用者にとっては他のローンより若干金利が低くパート・アルバイトでも利用できる「ハッピーカードローンSmart」を選ぶに越したことは無いでしょう。

その他申込条件はやや厳しいものの、堅実に返済を進めて行きたいなら「カードローン200」も候補に挙がります。
またもちろん利用条件を満たしているのなら、「公務員カードローン」のチェックは欠かせません。また逆に、「カードローンナイン」などその他のローン商品はほぼ申し込み先の候補に入らないと言って良いでしょう。

というわけで、ここからは「ハッピーカードローンSmart」「カードローン200」または「公務員カードローン」への申し込みを前提に、解説を進めて行きます。

★1530万円の年収を得ているのなら「ハッピーカードローンPremium」も候補に入らないではないですが、これだけ年収があれば「J.Score」その他の高難易度カードローンでずっと良い条件で契約を結べるかと思います。

①基本的には若干金利の低い「ハッピーカードローンSmart」を選べばOK

多くのカードローンを取り扱っている沖縄海邦銀行ですが、ほとんどの申込者はとりあえず「ハッピーカードローンSmart」を選んでおけばそれでOKです。
理由は簡単で、他のローンより金利・審査難易度ともに低めに設定されているからですね。

★沖縄海邦銀行「ハッピーカードローンSmart」
金利 7.5%
~13.5%
※さらに取引状況により最高2%優遇あり
限度額 10万円
~500万円
前年度年収の1/3まで年収の3分の1以上の~
審査日数 最短1営業日 申込~借入までの日数 10日~2週間程度
申込条件
(公式HPより)
次の条件をすべて満たされる方

  • お申し込み時の年齢が満20歳以上満70歳以下の方
  • 安定・継続した収入が得られる方
  • 当行の営業区域内に居住または勤務される方
  • 保証会社(九州総合信用株式会社)の保証が受けられる方
    ※パート・アルバイト・年金受給者・専業主婦の方もお申込みいただけます。
★「ハッピーカードローンSmart」の金利適用条件
極度額(多くはイコール限度額) 適用金利
10万円~100万円 13.5%
110万円~200万円 12.0%
210万円~300万円 10.0%
310万円~500万円 7.5%
沖縄海邦銀行との取引状況によって、上記金利より最高2%引き下げ。詳細は公式HP参照

どうせ審査に落ちてしまう人を申し込ませるメリットは銀行側にありませんので、「パート・アルバイト・年金受給者・専業主婦OK」は文字通りに受け取ってよいでしょう。少なくとも審査通過に社会的ステータスが求められることは無さそうです。

というわけで、沖縄海邦銀行のカードローン内で最も広い層にお勧めしたいのがこの商品なのですが……。
なぜかこのカードローン、パソコンから公式サイト・申込口を見つけにくいためご注意ください。(スマホ版なら問題ないのですが)

パソコン版公式HPから「ハッピーカードローンSmart(またはPremium)」を見つけるためには、

  • まず適当なカードローン商品のページを開く
  • ページ右面のメニューから当該商品のリンクをたどる
  • という過程を踏む必要があります。

    ▲個別商品ページ内、右手メニューからであれば「ハッピーカードローン」シリーズの取り扱いを確認できます。
    ちなみに一応沖縄海邦銀行に確認を取ったところ、「ハッピーカードローンSmart」は現在(2019年2月)も申し込みを受け付けているということでしたのでご安心ください。

    CHECK沖縄海邦銀行公式HP「ハッピーカードローンSmart」

    審査について不安がある場合には、以下のページも参考にしてみてくださいね。

    CHECK職業・勤務先はカードローン審査でどう使われる?掛け持ち時の記入、在籍確認他
    CHECK【嘘、盛り、サバ読み】カードローン審査にコツはある?低収入でも通過するには

    ②利用条件を満たしており、堅実に返済を行っていきたいなら「カードローン200」も候補に

    「ハッピーカードローン」と同じく、上限13.5%という低めの金利を設定しているのが「カードローン200」です。

    ★沖縄海邦銀行「カードローン200」
    金利 11%~13.5%
    (審査結果による)
    取引状況により最高2%優遇あり
    限度額 20万円
    ~200万円
    ※前年度年収の1/3まで
    審査日数 最短1営業日 申込~借入までの日数 10日~2週間程度
    申込条件
    (公式HPより)
    次の条件をすべて満たされる方

    • お申し込み時の年齢が満20歳以上満60歳未満の方
    • 前年度税込年収100万円以上(自営業者は150万円以上)の方で、安定継続した収入が得られる方
    • 勤続(営業)年数が1年以上の方
    • 当行の営業区域内に居住または勤務される方
    • 保証会社(九州総合信用株式会社)の保証が受けられる方

    勤続年数制限が設けられていること、パート・アルバイトへの案内が無いことから、審査難易度は「ハッピーカードローンSmart」に比べ若干高いと見てよいでしょう。
    とは言え年収制限はかなりゆるいため、そこまで気を張る必要はありません。

    「ハッピーカードローンSmart」と比べたこの「カードローン200」のメリットは、返済負担がやや重いこと。
    一見するとこれはデメリットですが、「毎月の返済を自動引き落としに任せておいても損をしづらい」という点で、お金の管理に自信がない場合には打ってつけと言えます。
    まあこれに関しては、具体例を見て頂くのが一番早いでしょう。

    ★沖縄海邦銀行で30万円を借りた場合の支払い総額比較(追加返済無し)
    カードローン200
    ※金利13.5%
    ※毎月の返済額1万円
    368,085円
    (37回/4年1ヶ月)
    ハッピーカードローンSmart
    ※金利13.5%
    ※毎月の返済額5千円
    502,219円
    (101回/8年5ヶ月)
    差額 134,134円
    ※いずれのローンも、ATMを使った追加返済が可能です。これを利用した場合、借入期間や支払い総額は軽減されます。

    ご覧の通り同じ金利でお金を借りる場合、借入期間が短いほど=毎月の負担が重いほど、総支払額は安く済みます
    よって月最低1万円の返済が可能、かつ利用条件を満たしているのであれば、「カードローン200」を選ぶのが無難とも言えるでしょう。

    ★「カードローン200」は「ハッピーカードローンSmart」とは異なり、極度額(契約額。多くはイコール限度額)に応じて毎月の引き落とし額が決まります。
    あまり大きな金額で契約を結ぶと毎月の引き落としが大変になりますので、極度額ごとの引き落とし額を確認した上で申し込みを行うことを強くおすすめします。

    CHECK沖縄海邦銀行カードローン、毎月の返済と引き落としについて

    ③公務員、その他特定の職業に就いているなら「公務員カードローン」一択

    公務員他、特定の職業に就いている方を対象としているのが「公務員カードローン」

    ★沖縄海邦銀行「公務員カードローン」
    金利 5.0%
    取引状況により最高2%優遇あり
    限度額 10万円
    ~500万円
    ※前年度年収の1/3まで
    審査日数 最短1営業日 申込~借入までの日数 10日~2週間程度
    申込条件
    (公式HPより)

    次の条件をすべて満たされる方
    次のいずれかに該当する方
    1.公務員(一般公務員、特別職公務員、公社・公団職員)の方
    2.沖縄美ら島財団・琉球大学・名桜大学及び自治体を母体とする社会福祉協議会の正職員の方
    3.NTT・JT・郵便事業会社・沖縄電力(株)及びそのグループ会社の正職員の方
    4.軍雇用員の方

    ・申込時満20歳以上満60歳以下の方
    ・前年度税込年収150万円以上の方
    勤続年数1年以上の方
    ・当行の営業区域内に居住または勤務される方
    保証会社(九州総合信用株式会社)の保証が受けられる方
    ※いずれも臨時・嘱託・パート職員の方は対象外です。

    職業制限を満たすだけで、年収1530万円を必要とする「ハッピーカードローンPremium」を下回る超低金利(5%)で借りられるというのはちょっと皮肉なものかもしれませんね。

    とは言え使えるものを使うに越したことはありません。
    「ハッピーカードローンSmart」等に比べ特に不便な点なども見受けられませんので、利用条件さえ満たしているのなら申込先はこのローンに決めてしまって良いでしょう。

    <年収の3分の1を超える借入が必要なら「フリーローン」の選択を>

    沖縄海邦銀行のカードローンはすべて、適用限度額の上限を年収の3分の1と規定しています。例えば年収300万円であれば、どうやっても100万円を超える契約を結ぶことはできないわけですね。このあたりの制限がゆるい銀行(特に第二地銀)が多い中、ここまで明確かつ厳しい制限を設けているのは珍しいです。

    そのためあなたが年収の3分の1を超える借入を希望するのなら他行カードローン、もしくは沖縄海邦銀行の「フリーローン」商品を選ぶのが良いでしょう。
    フリーローンとは用途自由ながら「一度借りたら分割で返済のみを行う」タイプのローンのこと。
    繰り返し利用できない分カードローンとは使い勝手が異なりますが、こちらの種類であれば沖縄海邦銀行の商品であっても年収の2分の1にあたる金額まで借入が可能です。

    ★沖縄海邦銀行の取り扱いフリーローン商品
    金利 融資額
    フリーローンエクセレント 4.9%
    ~14.0%
    10万円~500万円
    スーパーシンプルローン 7.5%
    ~14.0%
    フリーローンナイン 14.6%
    目的プランローン
    ※資金使途を確認できる書類が必要
    6.5% 10万円~300万円
    新型給振ローンエクセレント
    ※沖縄海邦銀行で給与を受け取っている方専用
    4.4%
    ~13.5%
    10万円~500万円
    公務員ローン
    ※申し込める職業は公務員カードローンと共通
    5.0%
    (変動金利選択時)
    ベストライフローン
    ※沖縄海邦銀行の住宅ローンユーザー専用
    7.5%
    ※いずれも融資上限額は前年度年収の2分の1
    ※その他、有担保の「大型フリーローン」「軍用地主ローン」の取り扱いあり

    「公務員ローン」を利用不可、かつ資金使途確認書類(請求書、パンフレットなど)を提出できるのであれば、「目的プランローン」への申し込みが有力でしょう。
    ただし既存ローンの借り換えには対応していないため、こちらをご希望なら金利13%~のローン商品を選ぶ必要があります。

    CHECK沖縄県から申し込めるカードローンの金利・審査難易度比較
    CHECKフリーローン・多目的ローンとは
    CHECK全国から申し込めるフリーローン・多目的ローンの審査難易度別比較

    沖縄海邦銀行に聞いた!カードローン契約の流れ

    沖縄海邦銀行に聞いた!カードローン契約の流れ

    申込先のローン商品を決めたところで、ここからは沖縄海邦銀行とカードローン契約を結ぶ流れについて見ていきましょう。
    まずは公式HPに記載の無かった借入までの必要日数について、実際に問い合わせを行った結果をご覧ください。

    【管理人】山本
    どのローンへ申し込んだかによって、申込み~借入までの日数は変わりますか?
    オペレーターの回答
    いや、特にこれといった違いは無いです。

    審査結果が出るのが早くて明日…か明後日、そこからいつごろご来店して頂けるかにもよるんですけれど、早ければ数日で実行(銀行側の手続き完了)ができるかと思います。そこからローンカードと通帳をお送りするので、全部で10日から2週間くらいでしょうか。

    【管理人】山本
    土日に契約を結べる店舗はありますか?

    オペレーターの回答
    はい、2店舗しかないんですけれどローンプラザはご利用いただけます。

    というわけで、申し込みから借入までの必要日数は10日~2週間程度。第二地銀内で比べると平均~やや早い、といったところです。
    契約時の来店を避けることはできませんが、土日でも対応してくれるのは嬉しいですね。

    ①おおまかな契約の流れ(全カードローン商品共通)

    沖縄海邦銀行におけるカードローン契約の流れは以下の通り。全商品共通です。

    沖縄海邦銀行カードローン
    契約の流れ

    インターネット等から申し込み

    審査
    (最短1営業日)
    ※申込確認の電話が入る可能性あり
    在籍確認の可能性あり

    電話で審査結果連絡
    契約日時の取り決め

    お近くの沖縄海邦銀行窓口
    またはローンプラザにて契約手続き

    ローンカードの郵送
    (ここまで10日~2週間)

    契約の流れは非常にスタンダードなもので、特に言うべきこともありません。
    土日も営業のローンプラザ設置場所については、以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK沖縄海邦銀行公式HP「お客さま相談プラザ 大湾」
    CHECK沖縄海邦銀行公式HP「南風原ローンプラザ」

    ★自宅への郵送物を絶対に避けたい、という場合にはそれに対応した金融機関(主に大手消費者金融系)をご利用ください。

    CHECK誰にも知られずお金を借りる方法

    ②沖縄海邦銀行との契約に必要な書類

    沖縄海邦銀行カードローンの必要書類は以下の通り。こちらも全商品共通です。

     

    ★沖縄海邦銀行カードローンの必要書類
    本人確認書類
    (全利用者必須)
    原則、顔写真付きの本人確認書類
    (運転免許証など。お持ちでない場合はお取引店に事前確認推奨)
    収入証明書類
    (契約限度額50万円超の場合のみ)
    源泉徴収票、所得証明書など
    ※その他お届け印などが必要

    公式HPには記載がありませんが、「公務員カードローン」だと勤務先を確認するための保険証などが必要になるかもしれません。詳細については審査結果連絡時に伝えられますので、そちらの指示に従ってください。

    収入証明書類について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK金融機関との契約に使える「収入証明書類」の種類と入手・再入手方法

    ③個人名による在籍確認はほぼ必須か

    カードローンの審査を受ける上で、どうしても気になるのが在籍確認
    これは虚偽申告やなりすましを防ぐため、金融機関や保証会社が申込者の勤務を確認する過程のことで、主に電話を使って行われます。要は審査中、あなたの勤務先に電話が掛かってくることを言うわけですが……。
    これについて沖縄海邦銀行に問い合わせを行ったところ、以下の回答を頂くことができました。

    【管理人】山本
    勤務先に電話が掛かってくることはありますか?

    オペレーターの回答
    在籍の確認は取らせて頂いております。銀行ということを名乗ることはないと思うんですけれども。

    というわけで、在籍確認の電話はほぼ必須となるようですね。
    銀行名を名乗らないことから、この電話は「○○と申しますが××さんはいらっしゃいますか?」と、知り合いを装うような形で掛けられるのでしょう。

    第三者に用件が伝えられないこともあり、この電話のせいで職場に借入が知られることはほぼありませんが……。
    もしも絶対に連絡を避けたいといった事情があるのなら、それに対応した金融機関を選ぶことをおすすめします。

    在籍確認について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK大手金融機関に聞いた!在籍確認の基本仕様と会話例、よくある質問

    沖縄海邦銀行カードローン、契約後の借入方法

    沖縄海邦銀行カードローン、契約後の借入方法

    ここからは沖縄海邦銀行と契約を結び、ローンカードを受け取った後の借入方法について簡単に解説していきます。

    ★借入方法は全カードローン商品共通です。

    ①基本の借入は各ATMからの出金で

    沖縄海邦銀行カードローンにおける、基本の借入方法は「ATM出金」
    使えるATMは、沖縄海邦銀行のキャッシュカードと変わりありません。

    ★沖縄海邦銀行のローンカード・キャッシュカードを使えるATM

    • 沖縄海邦銀行ATM
    • セブン銀行ATM
    • ローソン銀行ATM
    • E-netATM(ファミリーマート等)
    • イオン銀行ATM
    • ゆうちょ銀行ATM
    • その他全国の都市銀行、地方銀行、信用金庫等のATM

    提携ATMの数はかなり多いですね。街中にいる限り、借入場所に困ることは無いかと思います。
    主なATMの利用手数料は以下の通り。

    ★沖縄海邦銀行ATMの出金手数料(画像は公式HPより)

    沖縄海邦銀行ATMの出金手数料(画像は公式HPより)

    ★セブン銀行、ローソン銀行、E-netATMの出金手数料(画像は公式HPより)

    セブン銀行、ローソン銀行、E-netATMの出金手数料(画像は公式HPより)

    その他のATMの利用手数料については以下の公式HP、またはATM設置元金融機関の公式HPをご覧ください。

    CHECK沖縄海邦銀行公式HP「提携機関一覧」

    ★沖縄海邦銀行のポイントサービス特典により、利用手数料が軽減されることがあります。詳しくは以下の公式HPをご覧ください。

    CHECK沖縄海邦銀行公式HP「ポイントサービス」

    ②全カードローンで「自動融資」の機能も使える

    沖縄海邦銀行は、全カードローンに「自動融資」の機能を与えています。

    これは簡単に言うと、自動引き落としの失敗を防ぐためのサービス。
    クレジットカードや公共料金の引き落としが本来失敗してしまう場面において、この機能が付いていれば差額が自動的に借り入れられ、滞りなく引き落としを成功させられるんですね。

    例:5万円が入金されている沖縄海邦銀行口座へ8万円の引き落としが生じた場合、3万円を自動融資

    積極的に利用するような機能ではありませんが、何らかの引き落としの失敗経験があるのなら心強いサービスとなってくれそうです。

    ★毎月の返済(後述)による引き落としは、自動融資の対象外です。

    自動融資により、知らないうちに借入が増えてしまう可能性があります。預金の管理には十分お気を付けください。

    沖縄海邦銀行カードローンの返済方法とその金額

    沖縄海邦銀行カードローンの返済方法とその金額

    沖縄海邦銀行から借りたお金は「毎月12日、沖縄海邦銀行口座からの自動引き落とし」にて返済していくこととなります(12日が土日祝日の場合は翌平日に持ち越し)。
    これ自体は全カードローン共通ですが、毎月の引き落とし額やその決定方法は契約したローン商品によって若干異なります。

    ★「ハッピーカードローンSmart」の引き落とし額
    引き落とし前日の借入残高 引き落とし額
    30万円以下 5,000円
    30万円超~50万円 10,000円
    50万円超~100万円 15,000円
    100万円超~150万円 20,000円
    150万円超~200万円 25,000円
    以後、借入残高+100万円ごとに引き落とし額+1万円
    ★「カードローン200」の引き落とし額
    極度額(契約額。多くはイコール限度額) 引き落とし額
    20万円、30万円、50万円 10,000円
    100万円 20,000円
    200万円 30,000円
    ★「公務員カードローン」の引き落とし額
    極度額 引き落とし額
    30万円 5,000円
    50万円 10,000円
    100万円 20,000円
    以後、極度額+100万円ごとに引き落とし額+1万円

    「ハッピーカードローンSmart」は「引き落とし前日の借入残高」によって返済額が決まる都合上、引き落とし額が上下しやすいためお気を付けください。
    (その他のローンでは借入残高にかかわらず、極度額に応じ引き落とし)

    またいずれのローンにおいても引き落としに前後して、1ヶ月分の利息が借入残高として組み込まれます
    1ヶ月あたりの利息目安は以下の通り。

    ★沖縄海邦銀行カードローン、1ヶ月ごとの利息額目安(実際は誤差あり)
    1ヶ月あたりの利息目安 10万円/1ヶ月借入時の利息目安
    金利13.5%
    (Smart、200)
    借入残高の1.125%前後 1,125円前後
    金利12.5%
    (Smart、200/1%優遇時)
    借入残高の1.041%前後 1,041円前後
    金利11.5%
    (Smart、200/2%優遇時)
    借入残高の0.958%前後 958円前後
    金利5.0%
    (公務員カードローン)
    借入残高の0.416%前後 416円前後

    例えば金利13.5%で30万円を借りたなら、
    300,000×0.0125=3,750円ほどの利息が発生するわけですね。

    この場合、契約したのが「ハッピーカードローンSmart」だと引き落とし額が5,000円ですから、差し引きすると1,250円の借入しか減らない結果となってしまいます。こんな調子じゃ、借入はなかなか減りません。

    こういった場面のため、沖縄海邦銀行は各ATMを使った追加返済(任意返済)を可能としています。
    特に返済負担の軽い「ハッピーカードローンSmart」を利用する場合には、意識して積極的な返済を行いたいところです。

    CHECKカードローンの金利・利息と返済の仕組み、追加返済の重要性について

    まとめ

    まとめ

    ★沖縄海邦銀行カードローンのまとめ
    ハッピーカードローンSmart カードローン200 公務員カードローン
    金利 7.5%
    ~13.5%
    利用状況による引下げあり
    11.0%
    ~13.5%
    ※同左
    5.0%
    ※同左
    限度額 10万円~500万円 20万円~200万円 30万円~500万円
    ローンタイプ 専用ローンカードの発行
    審査スピード 最短1営業日
    申込みから借入までの日数目安 10日~2週間
    契約の流れ ネット等で申し込み→審査→連絡→窓口で契約→カード送付
    借入方法 ATM出金、自動融資
    返済方法 毎月12日、沖縄海邦銀行口座からの自動引き落とし
    ローン概要 審査難易度、金利ともに低め
    パート・アルバイトならこれ
    毎月の返済負担がSmartに比べるとやや重い
    堅実な返済を狙うならこれ
    利用条件を満たしているならほぼこれ一択

    7種類もの似たようなカードローンを取り扱っている沖縄海邦銀行ですが、実際の申込先の選択肢はそこまで多くありません。
    毎月の返済負担や申込条件を考慮した上で、あなたに合ったローン商品を選んでみてくださいね。

    

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    性別
    年齢
    職業
    コメント

    SNSでもご購読できます。