アンケートから分析!おまとめローンの審査落ち理由は4つだけ:審査に通る申込先も

    アンケートから分析!おまとめローンの審査落ち理由は4つだけ:審査に通る申込先も
    「立て続けにおまとめローンの審査に落ちてしまった。
    次の申込先を探すにしても、審査落ちの理由が知りたい…」

    「はじめから大口契約を狙う」という仕様上、普通のカードローンに比べても難易度が高い「おまとめローン」。
    実際、おまとめローン申込者にアンケートを取ってみても審査落ちの割合はかなり高いのですが…。
    その情報をよく見てみると、審査落ちの理由は大きく4つに絞られることが分かります。

    そこで今回は、そうやって分かった「おまとめローン」審査落ちの理由や、審査通過率の高い申込先を大公開。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    1分でチェック!アンケート調査に基づく「おまとめローン審査落ち」4つの理由

    1分でチェック!アンケート調査に基づく「おまとめローン審査落ち」4つの理由
    実際にアンケート調査を行い分かった、「おまとめローンの審査に落ちる」主な理由は以下の通りです。

    1分でチェック!おまとめローン審査落ちの理由
    1. 年収に対する債務額が、目安として年収の2分の1前後に達している
      ┗低年収、アルバイト、自営業者等だとこの基準はより厳しくなる
    2. 既存借入先が、目安として4件以上である
      ┗同上
    3. 信用情報(各後払いサービスの利用・申込履歴)に問題がある
    4. 単に申込先が悪かった
      ┗初回からの高額融資に慎重な申込先だった等

    結論から言うと、「1」「2」に該当してしまっている方が、これから新しく「おまとめ」先を探すのは困難

    可能性がないとまでは言えませんが、正直なところ任意整理を選んだ方が現実的、という方も多いだろうと思います。

    一方、審査落ち理由が「4」だったならば、別のローンの審査を受けることで現状を改善できる可能性が高いでしょう。

    それでは、ここからは各条件について詳しく説明させていただきます。

    理由1:年収に対する債務額が、目安として年収の2分の1前後に達している

    理由1:年収に対する債務額が、目安として年収の2分の1前後に達している
    これまで実施したアンケート調査結果を見る限り、年収の2分の1に近い債務を抱えた方の審査通過例はかなり稀です。

    ★実際の審査落ち報告より
    三井住友銀行カードローン審査落ち
    • 年収250万円
    • 会社員(2年)
    • 債務2件、計120万円
    東京スター銀行おまとめローン審査落ち
    • 年収250万円
    • 会社員(2年)
    • 債務2件、計120万円
    アイフル「おまとめMAX」審査落ち
    • 年収320万円
    • 会社員(2年)
    • 債務3件、計175万円
    楽天銀行スーパーローン審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(19年)
    • 債務2件、計181万円
    住信SBIネット銀行240万円、5.99%
    • 年収510万円
    • 会社員(3年)
    • 債務2件、計240万円
    • 申込者の返済能力が高い
    • 「住信SBIネット銀行」のような高限度額に定評のある申込先を選ぶ

    という条件が異なれば、上の例外に当たる方のように、審査通過を狙えることもありますが…。

    実際問題、新規申込者として、それも複数の他社借入を抱えている状況で、年収の2分の1に達するような契約を結ぶことは難しいでしょう。

    また「年収の2分の1」というのはあくまで安定収入のある正規雇用者についての話であり、

    • パート、アルバイト
    • 勤続1年未満
    • 年収が低い
    • 自営業者、個人事業主(国保加入者)
    • 60代以上、または定年間近

    といった審査が不利に進みやすい状況の場合、審査落ちの基準はより厳しくなります

    ★審査が不利に進みやすい方の審査落ち例
    三井住友銀行カードローン審査落ち
    • 年収250万円
    • 派遣社員(0年)
    • 債務3件、計118万円
    PayPay銀行カードローン審査落ち
    • 年収260万円
    • 自営業(2年)
    • 債務3件、計80万円
    楽天銀行スーパーローン審査落ち
    • 年収300万円
    • 自営業(2年)
    • 債務2件、計80万円

    理由2:既存借入先が、目安として4件以上である

    理由2:既存借入先が、目安として4件以上である
    これまで50名以上の方を対象に、「おまとめローン」についてのアンケート調査を実施してきましたが…。

    今のところ、既存借入先が4件以上という方が、「おまとめ」審査に通過できたという報告はありません

    もちろん例外が生じる可能性は否めないものの、意外と「借入先数」は審査に大きく影響します。

    例えば以下の例だと、アイフル「おまとめMAX」「東京スター銀行」へ申し込まれた方は、既存借入先数が1,2件少なければ審査に通過できていそうですね。

    ★他社借入4件以上での否決例
    北海道銀行「ラピッド」審査落ち
    • 年収220万円
    • アルバイト(1年)
    • 債務4件、計120万円
    新生銀行スマートカードローンプラス審査落ち
    • 年収220万円
    • アルバイト(1年)
    • 債務4件、計120万円
      (上の方と同一人物)
    アイフル「おまとめMAX」審査落ち
    • 年収400万円
    • 公務員(4年)
    • 債務5件、計115万円
    東京スター銀行審査落ち
    • 年収950万円
    • 会社員(22年)
    • 債務4件、計310万円

    おまとめローンへ申し込む前には、可能であれば既存借入先数を3件(できれば2件)以下に減らしたいところです。

    ★ここで言う他社借入とは、

    • カードローン
    • フリーローン
    • ショッピングリボ
    • キャッシングリボ

    といった、目的を問わない債務に限ります。

    自動車ローンや住宅ローン、奨学金などの目的ローンは、審査に大きく影響しません

    理由3:信用情報(各後払いサービスの利用・申込履歴)に問題がある

    理由3:信用情報(各後払いサービスの利用・申込履歴)に問題がある
    あなたが申込先に、一般的な銀行等を選ぶのであれば…。

    信用情報、つまりこれまでのカードローンやクレジットカード、分割払い等の利用履歴も審査結果に大きく影響します。

    審査に影響しうる信用情報問題
    • いわゆるブラック状態(下表参照)
    • 直近6ヶ月の間に、立て続けにローン審査を受けている
    • 2年以内に何度も一定日数以上、各後払いサービスの支払いを延滞した
    • 現在他社ローンなどを延滞中である
    ブラック状態と数えられる主な要因
    1. 5年以内に何らかの後払いサービス(クレジットカード、各種ローン、分割払いなど)を2ヶ月以上延滞し、その解消・解約から5年が経過していない
    2. 5年以内に何らかの後払いサービスで強制解約処分を受けた
    3. 5年以内に債務整理をした
      ┗任意整理の場合、「残債の清算から」5年間ブラック状態となる場合あり

    ただでさえ高額契約が前提となるおまとめローン。
    金融機関からの信用を得にくいブラックやそれに近い状態で、高額契約を結ぶことは困難と言って差し支えないでしょう。

    ★ただし「スペース」など、ブラックの方向けに融資を行う中小消費者金融会社を選ぶ場合等はその限りではありません。

    CHECK【おまとめの神】キャッシング「スペース」の審査通過例と注意点【最長2ヶ月】
    ※「スペース」でおまとめ対応が可能なのは、貸金業者からの借入のみとなります。
    (=銀行ローンやショッピングリボはおまとめ不可)

    理由4:単に申込先が悪かった

    理由4:単に申込先が悪かった
    実際のアンケート結果を見ていると、以下のような事態は意外と珍しくありません。

    ★実際のアンケート結果より
    プロミスおまとめローン58万円、17.8%
    • 年収200万円
    • アルバイト(2年)
    • 債務1件、計58万円
    楽天銀行スーパーローン審査落ち
    • 年収240万円
    • アルバイト(3年)
    • 債務1件、30万円
    ★実際のアンケート結果より
    三菱UFJ銀行「バンクイック」143万円、14.6%
    • 年収400万円
    • 会社員(7年)
    • 債務2件、計143万円
    イオン銀行カードローン審査落ち
    • 年収400万円
    • 会社員(1年)
    • 債務1件、60万円
    • 審査落ち理由不明

    どちらの例を見ても、審査に通った方より落ちてしまった方の方が高属性ですね。

    それなら明暗を分けたのは何かというと、おそらく最も大きな要素は「申込先の審査基準」です。

    一口に「おまとめに使えるローン」といっても、その審査基準は申込先によってさまざま。

    例えば「楽天銀行」ではアルバイターや自営業者への明らかな冷遇が見られますが…。

    反対に「三菱UFJ銀行バンクイック」あたりでは、他社債務を抱えたアルバイトの方の審査通過報告も多いです。

    そのためあなたがここまで挙げた3つの「審査落ち」条件に該当しておらず、十分な返済能力をお持ちであるのなら、「申込先を変える」ことで良い結果を得られるかもしれませんね。

    アンケート調査から分かった、おまとめ審査通過率の高いローン7選

    アンケート調査から分かった、おまとめ審査通過率の高いローン7選
    実際にアンケート調査を行った結果、特に「おまとめ」審査通過報告が多かった申込先は以下の通りです。

    ★おまとめ審査通過率の高い申込先7選
    住信SBIネット銀行
    • プレミアムコース適用なら上限金利7.99%
      ┗スタンダードコースなら上限14.79%
      ※コースは審査により決定
    • 口座開設必須
    • 高限度額に定評あり
    みずほ銀行カードローン
    • 上限金利14.0%
    • 口座開設必須
    • 低めの属性の方の審査通過が多い
    三菱UFJ銀行バンクイック(カードローン)
    • 上限金利14.6%
    • 口座開設不要
    • 低めの属性の方の審査通過が多い
    • 来店カード受取時、郵送物なし
      ┗要運転免許証
    三井住友銀行
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要
    • 来店カード受取時、郵送物なし
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要
    • 審査は意外と属性重視。明暗が分かれやすい印象
      ┗ただし十分な属性があれば高限度額を狙える
    地銀や信金のフリーローン
    カードローン
    • 上限金利14.5%程度が多い
    • 口座開設必須であることが多い
    • 低めの属性の方の審査通過が多い
    プロミスおまとめローン
    • 上限金利17.8%
    • 即日融資対応
    • まとめられるのは消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング枠のみ

    契約条件(金利の低さ、限度額の高さ)最優先なら「住信SBIネット銀行」
    審査通過率の高さと「口座不要」を両立させたいなら「三菱UFJ銀行バンクイック」あたりが有力候補となるでしょうか。

    また意外と、地方銀行等のカードローン・フリーローンを使ったおまとめ成功報告も多いです。
    特に普段からそういった金融機関の口座を利用されているのなら、申し込みを行う価値は十分でしょう。

    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補
    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他

    参考各社の審査通過例
    住信SBIネット銀行240万円、5.99%
    • 年収510万円
    • 会社員(3年)
    • 債務2件、計240万円
    みずほ銀行カードローン30万円、14.0%
    • 年収130万円
    • パート(2年)
    • 債務3件、計30万円
    • 安定収入ある配偶者あり
    三菱UFJ銀行「バンクイック」143万円、14.6%
    • 年収400万円
    • 会社員(7年)
    • 債務2件、計143万円
    三井住友銀行カードローン230万円、8%台
    • 年収500万円
    • 会社員(11年)
    • 債務1件、50万円
    楽天銀行スーパーローン200万円、14.5%
    • 年収450万円
    • 会社員(15年)
    • 債務2件、130万円
    筑波銀行フリーローン70万円、金利不明
    • 年収300万円
    • 会社員(3年)
    • 債務2件、計70万円
    プロミスおまとめローン58万円、17.8%
    • 年収200万円
    • アルバイト(2年)
    • 債務1件、計58万円

    絶対に審査に通れない人は少なくない…そのときは「債務整理」の検討も

    絶対に審査に通れない人は少なくない…そのときは「債務整理」の検討も

    • 借入総額が、目安として年収の2分の1に達している
    • アルバイトかつ多重債務者など、「おまとめ」が難しい状況にある
    • すでにローンを滞納中である

    という状況だと、現実問題としてどこのローンの審査にも通れないということが起こり得ます。

    この場合、「現状維持」が可能ならそれでももちろん問題はないのですが…。

    「現状維持」の返済が難しい、あるいは毎月の利息額に不満を持っているという場合には、債務整理を検討した方が良いかもしれません。

    債務整理にはいくつか種類がありますが、カードローンやショッピングリボ等の問題でよく用いられるのは「任意整理」という方法。

    これは簡単に言うと、

    1. 司法書士等の専門家に、借入先との「和解」を依頼
    2. 一定期間(3~5年が多い)での返済を約束する代わり、今後の金利を0%にしてもらう

    という手段ですね。

    金利が0%になれば返済した分だけ借入残高が減っていきますので、現状の改善にはうってつけだと言えるでしょう。

    デメリットとして最低5年間(実際は完済後5年間が多い)のブラック状態入りは避けられませんが…。

    司法書士等への依頼料は、「今後支払わずに済む利息」より安くつくのが一般的。

    • おまとめローンの審査に通れない
    • デメリットを覚悟で、今後の金利を0%にしたい

    という場合には、お近くの司法書士事務所などをチェックしたいところです。

    CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報

    ★毎月の返済が難しい場合には、より重い債務整理手段である「自己破産」等が選択される場合もあります。
    このあたりは実際に、専門家の方と相談し決定していく形となりますね。

    FAQ:専業主婦でもおまとめできるローンはありますか?

    FAQ:専業主婦でもおまとめできるローンはありますか?

    では、専業主婦やパートの方のおまとめ成功報告が散見されます。
    まずは上の申込先を優先的にチェックしてみると良いでしょう。

    参考楽天銀行での審査通過例
    楽天銀行スーパーローン50万円、14.5%
    • 年収0万円
    • 専業主婦
    • 複数のクレジットリボ(詳細不明)
    • 安定収入ある配偶者あり

    FAQ:家族に知られず(郵送物なしで)まとめられるローンはありますか?

    審査通過報告が多いところだと、

    の3つが郵送物なしでの契約に対応しています。

    ただし「三井住友銀行カードローン」「三菱UFJ銀行バンクイック」は、来店でのカード受け取りが前提条件となりますのでご注意ください。

    FAQ:自営業者・個人事業主でも審査に通るおまとめローンはありますか?

    「他社債務を抱えた事業所得者」の審査通過報告が多いのは、圧倒的に都市銀行や地方銀行のローンです。

    反対に、「楽天銀行」「PayPay銀行」はじめとする一部のネット銀行は、明らかに自営業者を冷遇していますので申し込みは避けた方が良いでしょう。

    CHECK自営業者のためのキャッシングガイド:個人事業主に甘い・厳しいカードローンの違いとは

    ★自営業者に厳しい2行の審査アンケートより
    PayPay銀行カードローン審査落ち
    • 年収260万円
    • 自営業(2年)
    • 債務3件、計80万円
    楽天銀行スーパーローン審査落ち
    • 年収260万円
    • 自営業(2年)
    • 債務3件、計80万円
      (上の方と同一人物)
    楽天銀行スーパーローン審査落ち
    • 年収400万円
    • 自営業(7年)
    • 債務2件、計100万円
    PayPay銀行カードローン審査落ち
    • 年収400万円
    • 自営業(5年)
    • 債務2件、計100万円

    おまとめローンとその審査落ち理由についてのまとめ

    おまとめローンとその審査落ち理由についてのまとめ

    主な「おまとめ」審査落ち要件
    1:年収に対する債務額が、目安として年収の2分の1前後に達している
    ┗低年収、アルバイト、自営業者等だとこの基準はより厳しくなる
    2:既存借入先が、目安として4件以上である
    ┗同上
    3:信用情報(各後払いサービスの利用・申込履歴)に問題がある
    4:単に申込先が悪かった
    ┗初回からの高額融資に慎重な申込先だった等
    審査通過報告が多い申込先
    住信SBIネット銀行
    • プレミアムコース適用なら上限金利7.99%
      ┗スタンダードコースなら上限14.79%
      ※コースは審査により決定
    • 口座開設必須
    • 高限度額に定評あり
    みずほ銀行カードローン
    • 上限金利14.0%
    • 口座開設必須
    • 低めの属性の方の審査通過が多い
    三菱UFJ銀行バンクイック(カードローン)
    • 上限金利14.6%
    • 口座開設不要
    • 低めの属性の方の審査通過が多い
    • 来店カード受取時、郵送物なし
      ┗要運転免許証
    三井住友銀行
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要
    • 来店カード受取時、郵送物なし
    楽天銀行スーパーローン
    • 上限金利14.5%
    • 口座開設不要
    • 審査は意外と属性重視。明暗が分かれやすい印象
      ┗ただし十分な属性があれば高限度額を狙える
    地銀や信金のフリーローン
    カードローン
    • 上限金利14.5%程度が多い
    • 口座開設必須であることが多い
    • 低めの属性の方の審査通過が多い
    プロミスおまとめローン
    • 上限金利17.8%
    • 即日融資対応
    • まとめられるのは消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング枠のみ

    「おまとめローン」の審査通過は決して簡単ではありません。が、申込先を変えるだけでまったく違う結果が出ることが多いのも確か。

    まずはあなたの審査落ち条件を分析し、

    • 審査通過率の高いおまとめ先へ申し込む
    • 現状維持による借入削減に徹する
    • 債務整理の相談をする

    といった手段の中から、あなたに合った対応を選びたいところです。

    CHECK48名にアンケート!審査が甘いおまとめローンと属性別・おすすめ申込み先候補
    CHECK【全国110銀行カードローン一覧】いつもの銀行&厳選候補を簡単比較!金利、審査他
    CHECK【2社を任意整理した体験談】掛かった費用と手続きの流れ、その後の信用情報

    ★三菱UFJ銀行「バンクイック」
    金利1.8%
    ~14.6%
    (~月1.216%程度)
    限度額10万円~500万円
    口座開設不要
    自宅への郵送物テレビ窓口※1 を使ったカード受取時のみなし
    ┗要運転免許証
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    銀行判断で実施
    (三菱UFJ銀行名)
    事前相談により回避可
    申込み~融資の所要時間
    • 最短2営業日
      ┗テレビ窓口※1 を使う場合
      ┗要運転免許証
    • 1週間~
      ┗郵送でカードを受け取る場合
    借入方法
    • ATM出金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      ┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
      (平日日中のみ対応)
    返済方法
    • ATM入金(コンビニ可)
    • 銀行振込
      ┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
    • 自動引き落とし
      ┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
    申込み条件(公式HPより)
    • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
    • 原則安定した収入があるお客さま。
    • 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります
    審査傾向
    • 年収200万円未満でも通過可能性あり
    • 他の銀行より属性低めの方の審査通過報告が多い(アルバイト+他社借入ありなど)
    その他・備考
    • 来店不要
      ┗ただし郵送物回避には「テレビ窓口」※1 での手続きが必要
    • 「テレビ窓口」での手続きには運転免許証必須
    • おまとめ、借り換えとしても利用可
    • 専業主婦は利用不可(問い合わせにより確認)
    ※1 テレビ窓口…三菱UFJ銀行店舗内に設置してある、各手続き用端末

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。