【月1.5%弱】オリックス銀行カードローンの金利は高い…それでも申込むべき人は?

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    【月1.5%弱】オリックス銀行カードローンの金利は高い…それでも申込むべき人は?

    「広告でもよく見かけるオリックス銀行のカードローンが気になる。
    とは言え見たところ、銀行にしては高金利なようだけれど…」

    結論から言うと、カードローンを選ぶ上で「低金利」を重視したい方に、オリックス銀行への申込みはおすすめできません
    理由は簡単で、オリックス銀行よりほぼ確実に、低い金利で借りられるカードローンは他に多く存在するからですね。
    …とは言えそれにもかかわらず、このカードローンが一部の方の人気を集めているのも確かです。

    今回はそんなオリックス銀行のカードローンに関連して、

    • 実際の金利、利息(手数料)はどれくらいなのか
    • 高金利覚悟で申し込むべきはどんな人か
    • もっと良い条件で借りられる他社カードローン情報
    • すでにオリックス銀行と契約を結んでいる方のための、金利引き下げ方法

    などを詳しくまとめました。
    読み進めて頂ければ、今のあなたが取るべき行動が分かります。

    オリックス銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.7%~17.8%10万〜800万円-数営業日~
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~68歳
    • 安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権がある
    • 不可

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 比較的大きな限度額を獲得しやすい(最大で年収の2分の1程度)
    • ガン保障特約付きの団体信用生命保険に加入可

    1分でチェック!オリックス銀行カードローンの「金利」基本仕様

    1分でチェック!オリックス銀行カードローンの「金利」基本仕様

    「オリックス銀行カードローン」の金利に関するポイントをまとめると、以下のようになります。

    オリックス銀行カードローン、金利に関する最重要ポイント

    • 上限金利は消費者金融「プロミス」と同値(17.8%)。
      ローン選びで金利を重視したいならほぼ選択肢に入らないと言って良い
    • ただし「高限度額」「団体信用生命保険への加入」に魅力を感じるなら十分申込み先候補にはなる
      ┗団信へ加入できるのは限度額100万円~
    • 実際の利息(手数料)は借入額に対し、最高で「月1.483%」くらい
    • すでにオリックス銀行から借りているなら「増額」または「借り換え」で金利引き下げを狙えるか

    と言うことでであなたが現在「オリックス銀行カードローン」への新規申し込みを検討している段階なら、

    • 100万円以上の限度額を狙える属性か
      (目安として年収300万円~の正規雇用者か)
    • 金利よりも「高限度額」「団信への加入」を重視したいか

    に応じて、申込み先を決めると良いでしょう。

    特に上の2つの条件に該当しないようなら、あえてオリックス銀行を選ぶ意味はありません。
    素直にもっと低金利な、あるいはユーザーサービスに優れたカードローンを選んだ方が良いだろうと思います。

    CHECK6.オリックス銀行カードローンより、ほぼ確実に低金利で借りられる他社カードローンについて

    オリックス銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.7%~17.8%10万〜800万円-数営業日~
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~68歳
    • 安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権がある
    • 不可

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 比較的大きな限度額を獲得しやすい(最大で年収の2分の1程度)
    • ガン保障特約付きの団体信用生命保険に加入可

    オリックス銀行カードローンの上限金利は「プロミス」と同じ…結局利息(手数料)はどれくらい?

    オリックス銀行カードローンの上限金利は「プロミス」と同じ…結局利息(手数料)はどれくらい?

    ここからは「オリックス銀行」への申込みを前向きに検討している(あるいはすでに契約中の)あなたのため、同行カードローンにおける「実際の金利負担はどれくらいか」についてお話しさせて頂きます。

    ①上限金利は年17.8%、月当たりの金利はおよそ「借入額の1.483%」と考えておこう

    基本的に、金利負担は高めに見積もっておくに越したことはありません。

    そして「オリックス銀行カードローン」における提示金利は「年1.7%~17.8%」
    やたら幅がありますが、後掲のアンケート回答などを見ても上限金利に当たる「17.8%」を想定し考えておくのが無難でしょう。

    ちなみにこの数字は消費者金融会社「プロミス」と同値であり、銀行カードローンにしてはかなり高いです。
    (一般的な銀行カードローンの上限金利は14.5%程度)

    …とは言え「年17.8%」の金利と聞いてもなかなかピンと来るものではありませんよね。

    そこで年17.8%という金利を12で割り、月当たりの金利に直して計算すると、その数字は「1.483%」程度となります。

    このことから、オリックス銀行カードローンを利用した際の利息(手数料)負担は「借入額に対し、月1.483%前後」と考えておくと良いでしょう。

    決して他社より低い数字ではありませんが、この利息を受け入れられるのなら「オリックス銀行」への申込みも特に問題ないだろうと思います。

    例:10万円を1ヶ月借りた場合の利息は1,483円前後(実際には誤差あり)

    オリックス銀行と他社の金利比較
    上限金利
    (年率)
    月当たり金利
    目安
    オリックス銀行
    (限度額100万円未満)
    17.8%約1.483%
    オリックス銀行
    (限度額100万円※)
    14.8%1.233%
    一般銀行カードローン
    (三井住友銀行等)
    14.5%1.208%
    ※団体信用生命に加入できるのは限度額100万円~

    CHECK6.オリックス銀行カードローンより、ほぼ確実に低金利で借りられる他社カードローンについて

    ②ちなみにプロミスと比べると、負担額の面では一長一短

    上限金利が17.8%となると、気になるのはやはり数値を同じくする「プロミス」の存在。
    そちらの会社と総支払額の面で比べると、オリックス銀行は、

    • 無利息サービスが無い
    • 提携ATMを無料で使える

    といった意味で一長一短と言えます。

    …とは言えこの2社は金利以外の方向性が全く異なりますので、実際のところあまり比較対象にはならないかもしれませんね。

    オリックス銀行とプロミスの比較
    オリックス銀行プロミス
    上限金利17.8%
    限度額最大で年収の2分の1程度初回は10万円~50万円が一般的
    融資スピード1~2週間最短1時間
    無利息特典なし30日間
    自宅郵送物回避不可回避可
    団体信用生命保険あり
    (限度額100万円~)
    なし
    その他
    • プロミスよりは金利優遇を受けやすい
    • 提携ATMの手数料無料
    • 24時間振込
    • 審査難易度低め

    CHECK【2021年最新】プロミスに聞いた!即日融資&審査の条件と申込みタイムリミット【来店あり/なし】

    高金利を覚悟で「オリックス銀行カードローン」へ申し込むべきはどんな人?

    高金利を覚悟で「オリックス銀行カードローン」へ申し込むべきはどんな人?

    銀行カードローンでありながら、消費者金融並みの高金利を設定している「オリックス銀行カードローン」。

    それを踏まえた上で、このカードローンへ申し込むべきは、基本的に「100万円以上の限度額を狙える人」となります。
    というのもオリックス銀行カードローンには、

    • 初回から比較的大きな限度額を獲得しやすい
    • 限度額100万円以上の契約を結べた場合、カードローンには珍しいガン保障付きの団体信用生命保険に加入できる(=契約者死亡時、またはガンと診断されたとき、借入が帳消しになる:詳細公式HP

    という利点があるため。要は限度額100万円を獲得してやっと、他の銀行カードローンとの差別化ができるわけですね。

    限度額100万円~を狙えるのは、目安として「年収300万円以上の正規雇用者」でしょうか。

    逆に言うと限度額100万円未満だと、他の銀行より高金利なだけのカードローンにもなりかねませんから、審査に自信がないようであればこの銀行への申込みはおすすめしかねます。

    参考:オリックス銀行カードローンユーザーへのアンケート調査より
    属性契約内容
    • 年収510万円
    • 会社員
    • 金利不明
      (上限12.8%)
    • 限度額200万円
    参考:口座開設なしで使える3つのネット銀行カードローンの比較
    オリ銀楽天銀行新生銀行
    金利
    (限50万円)
    12.0%
    ~17.8%
    14.5%14.8%
    金利
    (限100万円)
    6.0%
    ~14.8%
    12.0%
    金利
    (限200万円)
    5.0%
    ~12.8%
    9.0%
    金利
    (限300万円)
    12.5%7.0%
    団信加入可(100万円~)不可不可
    24時間振込JN銀行※ユーザーのみ楽天銀行ユーザーのみ全ユーザー対応
    ※ジャパンネット銀行

    ★ちなみに団信なしのカードローンの場合、契約者死亡の際にはカードローン債務も相続の対象となります。

    オリックス銀行カードローンで金利優遇を受ける条件

    オリックス銀行カードローンで金利優遇を受ける条件

    オリックス銀行には金利以外のメリットがある…とは言え、やはり借入金利が低いに越したことはありません。

    ここからは、オリックス銀行カードローンにおいて「極力良い条件で借りる」方法をお話しします。

    ①1番確実なのは「100万円以上の限度額を獲得」すること

    オリックス銀行カードローンにおける、最も確実な金利引き下げ方法は「高限度額を獲得する」こと。

    と言うのもオリックス銀行のカードローン金利は、以下のように適用限度額に応じて決定するからです。

    オリックス銀行のカードローンの適用金利
    限度額適用金利
    10万円~90万円12.0%
    ~17.8%
    100万円
    150万円
    6.0%
    ~14.8%
    200万円
    300万円
    5.0%
    ~12.8%
    400万円
    500万円
    4.5%
    ~8.8%
    ※具体的な適用金利は審査結果に応じ決定

    団信加入条件でもある「限度額100万円」を獲得できれば、必ず14.8%、あるいはそれ以下の金利で借りられるというわけですね。

    …とは言えこれを前提としても、他の銀行カードローンに比べると低金利とは言えません
    (参考:限度額100万円の場合の「みずほ銀行カードローン」金利は12%)

    ②「審査結果による優遇」可能性もあるが、こちらはアテにしない方が良さそう

    上の金利表をご覧になっても分かる通り、オリックス銀行では「審査結果に応じ」金利優遇を受けられる可能性があります。

    実際、これまで実施したアンケート調査においても金利優遇を受けられた方はいらっしゃいましたが…。

    アンケート回答者2名の属性と契約内容
    属性契約内容
    • 年収200万円
    • 自営業(4年)
    • 金利14.8%
    • 限度額50万円
    • 年収320万円
    • 会社員(5年)
    • 金利17.8%
    • 限度額50万円
      ※その後100万円に増額
    ※いずれも他社借入、信用情報問題なし

    見たところ、属性が高いのは明らかに「年収320万円・会社員」の方の方。
    にもかかわらず金利優遇を受けられたのは「年収200万円・自営業」の方のみと、かなり不思議な結果が出ています。

    もちろんアンケートに回答して下さった方が知らないところで、審査結果に影響を及ぼすような違いが生じていたのかもしれませんが…。

    上の例を見る限り、「オリックス銀行の裁量による金利引き下げ」にはあまり期待しない方が良さそうです。

    CHECK「オリックス銀行カードローン」審査経験者の口コミ・体験談

    オリックス銀行カードローン、借入後の返済システムと利息の支払い方

    オリックス銀行カードローン、借入後の返済システムと利息の支払い方

    ここからは金利についての関連情報として、オリックス銀行カードローンの返済システム、そして利息の支払い方についてお話しさせて頂きます。

    ①毎月の返済は「任意の金融機関口座からの自動引き落とし」推奨

    オリックス銀行カードローンにおける毎月の返済方法は、

    • 任意の金融機関口座からの自動引き落とし
    • ATMまたは振込を使った手動の返済

    からの選択となります。
    が、特に理由がない限りは、返済忘れを防げる「自動引き落とし」を選んだ方が良いでしょう。

    引き落とし日は「毎月10日」または「毎月末日」から選択可能。
    また、毎月の最低返済額は以下のように借入残高に応じ決定します。

    オリックス銀行カードローンの最低返済額(引き落とし額)
    借入残高最低返済額
    (引き落とし額)
    10万円以下3,000円
    10万円超
    ~30万円
    6,000円
    30万円超
    ~50万円
    9,000円
    50万円超
    ~100万円
    15,000円
    100万円超
    ~150万円
    20,000円
    150万円超
    ~200万円
    25,000円
    200万円超
    ~250万円
    30,000円
    250万円超
    ~300万円
    35,000円
    ※300万円超の借入については公式HP参照
    ※2020年3月23日以前に申し込まれた方は返済額が異なりますのでご注意ください。

    2020年3月の改定以降、毎月の返済額は銀行カードローンの中でも比較的軽いものとなっています。

    ★ジャパンネット銀行を除くインターネット銀行、その他外資系銀行等は返済用口座に登録できません。ご承知おきください。

    ②利息は毎月の支払い額の中から自動的に徴収される

    さて、オリックス銀行における毎月の返済額は上に挙げた通り、最低3,000円~となっていますが…。

    ここで重要なのは、毎月の返済額の中から自動的に利息(手数料)が徴収されるということ。

    オリックス銀行における1ヶ月あたりの利息目安は以下の通りです。

    オリックス銀行の月当たり目安利息
    適用金利月あたり目安利息
    金利17.8%借入残高の
    1.483%前後
    金利14.8%借入残高の
    1.233%前後
    金利12.8%借入残高の
    1.066%前後

    例えば金利14.8%、借入額100万円という場合には、12,330円前後の利息が発生する計算に。

    そしてこのときの最低返済額(=引き落とし額)は15,000円。
    つまり15,000円の中から自動的に12,330円が徴収されるわけですから、借入残高はその差額にあたる2,670円しか減らない計算となってしまいます。

    他行より高金利、にもかかわらず毎月の返済額が軽めなオリックス銀行カードローンにおいては、「返済額の8割以上が利息として持っていかれる」こともさほど珍しくはありません。

    ③無駄な利息を支払わないためには「出来る限り早く返す」ことを徹底したい

    半ば悪質と言われても仕方ないようなオリックス銀行の基本返済システム。

    …ではありますが、この問題はカードローン利用者が、自主的に追加返済を行うことである程度解消可能です。
    要は出来る限り早く返済することで、「月1.233%」(限度額100万円~の場合)の利息を出来る限り抑える、ということですね。

    オリックス銀行は毎月の引き落としに加え、

    • インターネット会員サービス
    • 各ATM

    を使った追加返済に対応(いずれも手数料無料)。

    余裕があるときに積極的に借入残高を減らしていければ、「知らないうちに多額の利息ばかりを支払わされている」という状況を回避できることでしょう。

    …ただ、「金利が高く、早期返済が求められる」という特性と「団体信用生命保険に加入できる」という利点の相性があまり良くないことは確かです。

    金利14.8%で100万円を借りる場合の支払い総額
    最低返済額
    (1.5万円
    →9千円
    →6千円
    →3千円)
    のみで返済
    2,403,239円
    (250回/20年10ヶ月)
    月4万円を返済1,203,175円
    (31回/2年7ヶ月)
    差額1,200,064円

    ★毎月の引き落とし額自体を引き上げることはできません。
    返済管理に自信がないのであれば、もともと最低返済額を高めに設定しているカードローン(JCB「FAITH」など)を選択するのが無難でしょう。

    オリックス銀行カードローンより、ほぼ確実に低金利で借りられる他社カードローンについて

    オリックス銀行カードローンより、ほぼ確実に低金利で借りられる他社カードローンについて

    ほとんどの銀行カードローンは「オリックス銀行」より低い金利を設定しているのですが…。
    特に好条件で借りやすいカードローンをまとめると、大体以下のようになります。

    主な高難易度・低金利キャッシングサービス
    住信SBIネット銀行カードローン
    • 上限14.79%
      ただし「プレミアムコース」適用なら7.99%
      ┗目安年収400万円~
    • 住信SBIネット銀行の口座開設とそれを使った引き落とし返済が必須
    • 返済管理の重要性が高い
    セゾン「MONEY CARD GOLD」
    • 上限8.47%
    • 要年収400万円~
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    • 上限9.5%
    • ┗初回は30日間0%

    • 要年収300万円~
    • 即日融資対応
    • 郵送物なし、ローンカードなしで契約可
    • 在籍確認原則なし
    JCB「FAITH」
    • 上限12.5%
    • 自営業者、アルバイト不可
    • 一回払い対応、重めの返済負担が特徴
      ┗リボ払いに抵抗があっても利用しやすい
    イオン銀行カードローン
    • 上限13.8%
    • 任意の口座で返済可
    • アルバイト可
    三井住友銀行カードローン
    • 上限14.5%
    • 口座開設不要(ただし引き落とし対応は同行口座のみ)
    • 来店契約時、郵送物なし(運転免許証が必要)
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    ※50万円超の利用限度額をご希望の場合は収入証明書をお持ちください。
    • 上限14.6%
      ※金利(年1.8%~14.6%)
    • 口座開設不要(ただし引き落とし対応は同行口座のみ)
    • 来店契約時、郵送物なし(運転免許証が必要)
    • 金利は普通だが、他の銀行より審査に通りやすい
    ※いずれも団信なし
    銀行カードローン
    貸金業者(年収の3分の1を超える契約不可)

    やはり好条件なカードローンほど審査難易度が高い傾向はありますが、属性に自信があるのなら「高難易度・低金利」な商品にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

    また上に挙げたカードローンの他にも、「普段から口座を使っている金融機関のカードローン」はじめとする申込み先候補は多く存在します。

    オリックス銀行のように団体信用生命保険が付いているカードローンは非常にまれではありますが…。
    団信よりも契約条件を重視したいのであれば、他社カードローンへの申込みも併せて検討したいところです。

    CHECK【上限10%未満】おすすめ低金利カードローンランキングの決定版!【口座不要】
    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう

    住信SBIネット銀行「カードローン」
    住信SBIネット銀行「MR.カードローン」
    金利
    (プレミアム)
    金利
    (スタンダード)
    限度額融資
    スピード
    0.99%~7.99%8.99%~14.79%10万〜1200万円一週間以上
    (口座がないとき)
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~65歳
    • 安定継続した収入がある
    • 外国籍の場合、永住者である
    • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している(同時申込可)
    • すでに同行口座を開設済みの場合のみ可

    ポイント

    • 適用限度額が高い(目安年収の2分の1くらいまで)
    • 住信SBIネット銀行の口座開設&同口座を使った毎月の引き落とし返済必須
    • 審査結果に応じコースが決定される

    オリックス銀行カードローンユーザーが金利を下げる方法1:利用限度額を増額する(審査あり)

    オリックス銀行カードローンユーザーが金利を下げる方法1:利用限度額を増額する(審査あり)

    あなたが既にオリックス銀行と契約を結んでおり、借入金利の引き下げを希望しているのであれば…。

    最も無難かつ有力な方法は、「増額審査を受けてみる」こと。
    「オリックス銀行」は限度額ごとに適用金利を決めているため、限度額を増額できればそれと一緒に金利も改定される可能性があるわけですね。

    オリックス銀行のカードローンの適用金利
    限度額適用金利
    10万円~90万円12.0%
    ~17.8%
    100万円
    150万円
    6.0%
    ~14.8%
    200万円
    300万円
    5.0%
    ~12.8%
    400万円
    500万円
    4.5%
    ~8.8%

    実際、これまで「オリックス銀行」に関するアンケート調査に協力して下さった方の中には、限度額50万円→100万円の増額に成功された方もいらっしゃいました。

    カードローンの増額申込みをしたい場合には、オリックス銀行会員専用デスクに電話を掛け、増額審査を受けることとなります。

    増額に成功すれば必ず金利が下がる…というわけではありませんが、試してみる価値はあるでしょう。
    大幅増額は難しくても、銀行の裁量により金利引き下げを受けられるかもしれませんしね。

    オリックス銀行カードデスク:0120-890-699
    (平日9時~18時)

    ★ただし増額可能性がある方にはあらかじめオリックス銀行側から案内が入っている可能性が高いです。
    特に案内が届いていない場合、申込みは半ばダメ元となるかもしれません。あらかじめご承知おきください。

    オリックス銀行カードローンユーザーが金利を下げる方法2:低金利他社カードローンへの借り換え

    オリックス銀行での増額が難しい、あるいは確実に金利を下げたいという場合には、もともと低い金利を設定している他行ローンへ乗り換えるという方法の方が現実的かもしれません。

    申込み先候補となるのは主に、

    あたりでしょうか。

    借り換えの申込みそのものに大きなデメリットはありませんので、試しに1、2行の審査を受けてみるのも良いだろうと思います。

    CHECKカードローン/リボの「借り換え」に伴うデメリットとおすすめ申込み先候補

    オリックス銀行カードローンの金利に関するまとめ

    まとめ

    ポイント
    • オリックス銀行カードローンにおける上限金利は「年17.8%」(月あたり1.483%前後)。他の銀行カードローンに比べると明らかに高い
    • それでも「高限度額を狙いやすい」「団体信用生命保険に加入できる」という差別化点はある。

      このメリットを活かせる「限度額100万円」を獲得できそうなら申込みを検討してOK

    • 金利が高いわりに毎月の返済額が軽いため、引き落とし額の8割超を利息として徴収される可能性も…。
      追加返済と返済管理は必須と言って良い
    • 契約後に金利引き下げを狙うなら「増額」または「借り換え」が基本

    高金利という分かりやすいデメリットに加え、「毎月の返済管理の重要性が高い」という注意点も否めないオリックス銀行カードローン。
    とは言え「団体信用生命保険に加入できる」というメリットは、他社ローンと比べた際の大きな差別化点となります。

    良くも悪くも特徴的なローンで人を選ぶのは確かですが…。
    もし「オリックス銀行」を借入先に選ぶのであれば、「借りたお金は極力早く、計画的に返済する」ことを心掛けていけると良いですね。

    CHECK【高限度額&団信】オリックス銀行カードローン徹底解説!審査口コミ&在籍確認仕様も

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    オリックス銀行を利用すべき人は、自分に万一のことがあったときに家族に債務を残したくない、迷惑をかけたくないと言う人です。その理由は、100万円以上の借り入れで団信に加入することができるからです。
    反対に、他に資産があるから債務は気にならない、そもそも100万円も借りる必要がないのなら、オリックス銀行から借りるメリットはありません。
    できるだけ低金利で借りたいなら、他行からの借り入れを。利用中であれば、「増額」または「借り換え」をし、支払手数料を抑えることを目指しましょう。


    この記事でチェックしたカードローン情報

    オリックス銀行カードローン

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    1.7%~17.8%10万〜800万円-数営業日~
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~68歳
    • 安定収入がある
    • 国内在住で、日本国籍または永住権がある
    • 不可

    ポイント

    • 口座開設不要
    • 任意の金融機関口座を使った引き落とし返済可
    • 比較的大きな限度額を獲得しやすい(最大で年収の2分の1程度)
    • ガン保障特約付きの団体信用生命保険に加入可


    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい