海外旅行の外貨準備はキャッシングがベスト!理由は?使い方は?

    海外旅行の外貨準備はキャッシングがベスト!理由は?使い方は?
    海外旅行の出発前に気になるのは、現地通貨を手に入れる方法。
    実は空港での両替は、多くの手数料を取られて損をしやすいとご存知ですか?

    今では国際キャッシュカードや金券ショップなど、いろいろな方法で外貨を手に入れられるようになりましたが、その中でもおトクで手軽な方法に「海外キャッシング」があります。

    今回は他のいろいろな現地通貨を手に入れる方法と、海外キャッシングの注意点をまとめてみました!

    海外旅行で現地通貨を手に入れるのはキャッシングがベスト

    海外旅行で現地通貨を手に入れるのはキャッシングがベスト
    海外旅行中に現地通貨を手に入れるためには、クレジットカードを使ったキャッシングがベスト!
    その理由とは、一体何なのでしょうか?

    ①外貨を手に入れる方法一覧と手数料比較

    ★外貨を手に入れる方法ごとの比較(日本円→アメリカドル)/レートは2016年9月28日のもので常時変動

    <
     5万円をアメリカドルに換算備考
    海外キャッシング
    (三井住友VISAカード)
    487.7ドル1ヶ月あたり739円の利息
    +ATM手数料216円(引き落とし)
    日本円を成田空港で両替486.1ドル参考:Travel Support
    GPA外貨両替専門店
    国際キャッシュカード(楽天)482.9ドルレート+3.024%が掛かる
    国際キャッシュカード(イオン銀行)487.3ドルレート+1.6%
    ATM手数料216円
    トラベラーズチェック
    (三菱UFJ銀行)
    483.7ドル現在販売レート
    1ドル103.35円

    見ての通り、手数料を込みで考えても海外キャッシングがいちばん多くのアメリカドルを手に入れられます。つまり、いちばんオトクなんです。

    すべてのクレジットカードに海外キャッシング機能が付いているわけではありません
    大手のカードであればほぼ確実に備え付けてあるものの、不安な方は今一度確認しておくと良いでしょう。
    「(カード名) 海外キャッシング」で検索すれば、海外キャッシング機能がある場合に限りヒットするはずです。

    ②海外キャッシングは換金率が良い上に安全で安心!

    キャッシング以外の換金方法だと為替レートに割合で手数料が掛かるのですが、海外キャッシングの場合外貨に直接手数料がかかりません。ATM手数料は必要ですが、こちらは日本円で後ほど引き落としとなります。

    利息を払うのも日本に帰ってからですし、換金率がよい海外キャッシングは現地通貨の調達に最適なんです。

    他にも必要最低限だけを引き出すことができるので比較的安全、というメリットもあなどれません。 

    クレジットカードを使った、海外キャッシングの利用方法

    クレジットカードを使った、海外キャッシングの利用方法
    それでは、実際の海外キャッシングの利用方法をお教えします!

    ①クレジットカードには「ショッピング枠」の他に「キャッシング枠」がある

    日本で発行されているクレジットカードのほとんどが、買い物に使える「ショッピング枠」と現金を引き出せる(借りられる)「キャッシング枠」の2つの利用枠を設けています。
    すでにキャッシング枠を持っている方なら、新しく審査を受ける必要なくお金を借りられるんですね。

    実はこのキャッシング枠、海外のATMで使えば現地の現金を手に入れられるのでとても頼りになるんです!
    必要な分だけお金を下せるので、盗難の心配も少なくおすすめですよ。

    キャッシング枠の有無はクレジットカードの会員サービスなどで確認できます。

    ②海外キャッシングの利用方法

    カードの種類によって、利用できるATMは異なります。

    MasterCard海外キャッシングの利用方法-MasterCard-1海外キャッシングの利用方法-MasterCard-2
    JCB海外キャッシングの利用方法-JCB-1海外キャッシングの利用方法-JCB-2
    Visa海外キャッシングの利用方法-Visa-1海外キャッシングの利用方法-Visa-2

    必ずお持ちのクレジットカードに対応したATMを確認の上、利用してくださいね。

    海外ATMでのキャッシング方法

    ドアがロックされている場合は、
    カードリーダーにカードを通して入室

    カードを挿入

    言語を選択
    (多くは「ENGLISH」を選ぶことに)

    暗証番号の入力

    「CREDIT CARD」を選択

    引き出したい金額を選択、
    もしくは「OTHER AMOUNT」を選び
    任意の金額を入力

    「PRESS IF CORRECT」
    (正しければ押してください)を選択

    現金と明細書の受け取り

    ATMによって少しずつ異なる場合がありますが、大きな流れは日本のATMと変わりません。
    主な引き出し上限額は10万円相当ですが、設置場所によってはより低額な場合もあります。

    ③現金が必要でないなら、ショッピング枠の一時増額→分割払いの方がベター

    手軽に借り入れが可能なクレジットカードのキャッシング枠ですが、どうしても現金が必要と言う状況でなければ、ショッピング枠の分割払いを使った方がベター。
    その場合は、クレジットカードの限度額を一時増額しておきましょう。

    ★三井住友VISAカードを使い、30万円を6回払いで支払う場合の利息

    ショッピング枠利用(金利13.75%)11,973円
    キャッシング枠利用(金利18%)14,257円
    差額2,284円

    ショッピング枠の分割手数料より、キャッシング枠の利息の方が高くなっていることが分かります。

    クレジットカードのキャッシング枠は、現金がどうしても必要な時に保険として使うのが良いでしょう。
    CHECKクレジットカードのキャッシング枠について

    海外キャッシングと国内キャッシングの違い

    海外キャッシングと国内キャッシングの違い
    海外でのキャッシングと、国内でのキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか?
    国を問わず利用できることが長所であるクレジットカードですが、もちろん小さな違いは存在するんです。

    ①日本よりも限られたATMでしか利用できない

    日本ではコンビニやスーパー、駅構内などさまざまな場所でお金を引き出せるものですが、海外でのATMは空港の前など、とくに治安の良い安全な場所にしかありません
    訪れる国や街にもよりますが、事前にATMの設置場所を確認しておくと良いですね。

    <英語圏でない国で、アメリカドルを引き出すことってできる?>

    日本のATMからは日本円しか出金できないように、どんなに大きな街であっても他国の通貨をキャッシングで引き出すことはできません
    例えば中国では人民元、アメリカではアメリカドルしか引き出すことができないんですね。

    <口座にあるお金を海外で引き出すことはできないの?>

    Q:海外旅行に出発した翌日に給料が入る予定なのですが、このお金を海外で引き出すことはできますか?
    A:デビットカードが必要です。デビットカードを利用するにしても、換金率は海外キャッシングの方が上なので基本的にはおすすめしません。
    ですが数週間以上の長期滞在であれば海外キャッシングの利息もかさんできますので、デビットカードの方がおトクになることもあります。
    滞在期間やレート率に合わせて決定しましょう。

    ②支払い方法を自由に選べない

    海外キャッシングの支払い方法は会社によって決まっており、国内での精算のように支払い方法を選ぶことができません

    例えば三井住友VISAカードは一括支払いのみですし、楽天カードの場合はリボ払いしか選べません。
    あなたが持っているカードの海外での支払い方法は、必ず事前に確認しておきましょう。

    <消費者金融や銀行のカードローンは、海外では利用できない>

    プロミス三菱UFJ銀行「バンクイック」などのカードローンは、海外で利用できません。
    海外でも使えるのは、あくまで「Master」や「VISA」など、国際的に普及しているカードだけ。国内のみを対象としているローンカードを、海外のATMは読み取ることができないんですね。

    例外として、アコムのクレジットカードはマスターカードとして利用可能です。

    国内でのクレジットカードのキャッシングについては『クレジットカードでのキャッシング』ページを読んでみてくださいね。

    海外キャッシングの注意点

    海外キャッシングの注意点
    もちろん海外でのキャッシングにも、注意点があります!
    「せっかく持ってきたカードが使えない……」なんてことにならないよう、対策しておきましょう。

    ①国内のカードローンに比べても、金利は高め

    現地通貨の入手方法の中で比べるとおトクな海外キャッシングですが、その金利の多くは18%と、法律で許される最高金利となります。

    そのため、カードローンなども選べる国内のキャッシング方法と比べると、おトクとは言いがたいんです。

    ★三井住友VISAカードを使い、30万円を翌月一括払いで支払う場合の利息

    ショッピング枠利用0円
    キャッシング枠利用(金利18%)4,438円

    金利が高い上、消費者金融のような無利息サービスもないため、長期間の利用はおすすめできません。
    できるだけ、帰国後すぐに完済しましょう。

    旅行に必要なお金を借りたいなら、フリーローンやトラベルローンが良いでしょう。

    <発行会社によって手数料やレートは違うの?>

    Q:友人と海外旅行に行くことになりました。
    私のカードは三井住友カード、友人のものは楽天カードでいずれもマスターカードなのですが、手数料やレートに違いは生まれるのでしょうか?
    A:基本的に手数料やレートに違いはありません。安心してご利用ください。
    ただし、日本に戻ってからもらえるポイントなどに差がつくことはありますし、ゴールドカードなど特別なカードであれば例外も存在します。

    ②利用限度額の上限は事前に引き上げておく!

    海外旅行前には、利用限度額を増額しておくと安心です。ショッピング枠の一時増額であれば、申し込み後すぐに実現することも多いです。

    ただし、キャッシング枠の利用限度額を増額するには1~2週間程度の時間が掛かるので気を付けてください。

    ③JCBカードは世界的にはマイナー

    JCBカードは、VISAやMasterに比べて世界的にマイナー
    韓国やハワイなど、日本人の多い国であれば使えることも多いものの、予備のVISAカードやMasterカードを持っていたほうが安心です。

    海外での現金の持ち運びには注意!保証は効きません……。

    海外での現金の持ち運びには注意!保証は効きません……。
    治安の良い日本で暮らしていると、想定しにくい海外でのトラブル。
    せっかくお金を借りて行ったのに、使う暇なく盗難に遭い、返済だけが残った……。なんてことにならないように、十分対策をしてください!

    ①基本的に買い物はクレジットカードの利用がおすすめ

    現金に保証は付きません

    治安の良い日本で暮らし、悪く言えば「平和ボケ」している日本人は、スリや置き引き、場合によっては強盗のターゲットになりがち必要以上の現金の持ち歩きは危険です。

    その点クレジットカードであれば盗まれてしまってもすぐに利用停止ができますし、再発行も可能。海外旅行には最適なんですね。

    ちなみに、キャッシングではない通常の買い物で利用するのは、クレジットカードの「ショッピング枠」となります。

    <クレジットカードを紛失したら、緊急発行サービスを利用しよう>

    クレジットカードを海外で紛失したり、盗難の被害に遭った場合は緊急カードサービスを受けることができます。
    現地の提携金融機関からすぐに臨時のカードを受け取ることのできるこのサービス、とても便利ですが、グレードの高いクレジットカードを除き、基本的には1万円程度の手数料が掛かるのでお気をつけください。
    どのクレジットカードも24時間・365日、SOSを受け付けていますよ。

    ②クレジットカードは「一時増額」しておくと安心

    海外旅行に行くのであれば、クレジットカードの利用限度額を「一時増額」しておくのがおすすめ。これにより、普段より大きなお金を使えるようになります

    一時増額を行うためには、ご利用のクレジットカードの会員ページや電話で手続きを取ってください。
    審査には数日掛かることもあります。余裕をもって申し込みをしましょう。

    もちろん利用した分、翌月の請求は重くなりますので注意!

    ③クレジットカードの引き落とし前にキャッシングするのもアリ

    一時増額で怖いのは、翌月の支払い請求ですよね。

    もちろんカードの分割払い(リボ払い含む)を利用しても良いのですが、旅行前ではなく帰国後にフリーローンを使う、と言うのもおすすめですよ!

    ★三井住友VISAカードの分割払いと、三井住友銀行フリーローンの比較(30万円を12ヶ月で返済)

    三井住友VISAカード
    ショッピング枠分割払い(13.5%)
    322,278円
    三井住友銀行フリーローン
    (5.975%)
    309,395円
    差額12,883円

    使用用途の分かる書類は必要ですが、分割払いよりずっとおトクに利用できるんですね。
    ちなみにカードローンの金利はショッピング枠の分割払いより高いことが多いため、事後払いには向いていません。

    国内で海外旅行費を用意するならフリーローンがおすすめ

    国内で海外旅行費を用意するならフリーローンがおすすめ
    海外で使うお金ではなく、旅行会社に事前に支払うお金そのものなどを用意したいのであれば、金利の低いフリーローンがおすすめです!

    ★基本情報で比較

     金利限度額審査難易度融資までの時間
    フリーローン
    (多目的ローン)
    5%前後300万円
    ~1000万円
    3営業日前後WR
    カードローン3%~20%
    初回利用時の多くは14%~18%
    500万円
    ~1000万円
    最短即日
    クレジットカード
    キャッシング枠
    18%前後多くは50万円以下審査なし1週間程度
    (新規契約の場合)

    ★ローンの選び方

     こんな方におすすめ!
    フリーローン
    (多目的ローン)
    • とにかくおトクに利用したい
    • 年収200万円以上、勤続年数1年以上の方
    • 急いでいない方
    カードローン
    • できるだけ早くお金を借りたい方
    • 審査に自信がない方
    • クレジットカードにキャッシング枠がない方
    • フリーローンに必要な書類の準備が面倒な方
    クレジットカード
    キャッシング枠
    • すでにキャッシング枠を持っている方
    • 現金が必要な方

    「旅行の2週間ほど前にフリーローンに申し込み→もしも審査落ちしたらカードローンを使う」
    「現地通貨が足りなくなったらクレジットカードのキャッシング枠を使う」というのが理想的な流れですね。

    審査に自信がない方や未成年の方は、『トラベルローン』を利用するのも良いでしょう。

    ただし、JTBやH.I.Sなどの旅行会社が提供しているトラベルローンは金利が10%程度と高くなりがちです。銀行のフリーローン・多目的ローンの場合、銀行によっては5%程度の金利のところもあるので、しっかり比較して決めましょう。

    旅行に使えるローンの比較ページもつくりましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

    まとめ

    まとめ

    ★海外旅行で現地通貨を手に入れるためには、クレジットカードを使った海外キャッシングがおすすめ!
    ★事前に旅行先のATMの設置場所と、海外キャッシングの支払い方法を確認しておこう
    ★買い物は基本的にクレジットカードを使おう。現金を持ち歩くのは最小限に!
    ★日本で払う旅行代を調達したいなら、フリーローントラベルローンを使おう

    海外旅行をめいっぱい楽しめるよう、お金の準備は欠かさずに!
    まずは利用中のクレジットカードの支払い方法や海外での利用方法を、よく確認しておきましょう。 

     [milliard]

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント