【体験談から分かる】プロミスの審査に通る人・落ちる人:重要なのは「誠意ある回答」

【体験談から分かる】プロミスの審査に通る人・落ちる人:重要なのは「誠意ある回答」


「プロミスを使ってみたいけれど、クレジットカードの審査に落ちてしまうような自分でも通過できるか不安……。」

そんなあなたもご安心ください!……と断言することは、残念ながらできません。
と言うのもプロミス、同じような年収・信用情報を持っている方の申し込みであっても、審査結果が大きく分かれることは多いんです。
そして実際の利用者の声を聞くかぎり、分かった事実は「プロミスは<聞き取り調査>を重視している」ということ。

今回はそんなプロミスの「審査に通る人」「落ちてしまう人」の共通点や、よくある質問をまとめました。
読み終えていただければ、できる限り審査通過率を高めるための方法が分かりますよ。

信用情報とは……クレジットカードや各種ローン、携帯電話の本体代の分割払いなどの支払い履歴、いわゆる「クレヒス」のことを指します。

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

プロミスの審査に通っている・落ちているのはどんな人?


プロミスの審査に通っている方・そうでない方にはどんな共通点があるのでしょうか?
実際に寄せられた体験談からまとめてみました。

<事前にチェック!プロミスの申込条件>

審査通過の細かな条件を見ていく前に、あなたがプロミスの申し込み条件をクリアしているか確かめてみましょう。

といっても、最低限の申し込み条件は「20歳~69歳である」「安定した収入がある」の2つだけ。
ここに暗黙の了解として、「過去にプロミスに関連する場所で延滞などの迷惑を掛けたことがない」というものが加わります。
(※三井住友銀行グループの会社や、SMBCコンシューマーファイナンス社が保証業務を務める銀行カードローン)

このように申し込み条件自体は簡単なもの。かといってこの条件を満たす方全員が審査に通過できるわけではありません
以下で解説していくのは、「申し込み条件を満たしていることを前提とした」審査通過・非通過例となっていくことをご了承ください。

★「自分自身に」収入の無い場合(専業主婦含む)には、どうやってもプロミスの審査に通過することができません。

CHECK収入の有無別・無職や専業主婦のためのカードローン

①プロミスは「似たような属性でも、審査結果が分かれることが多い」

プロミスの審査結果報告を見ていると、「同じような属性なのに、片や通過・片や審査落ち」といったことがかなり多いんです。
(属性……収入、職業、借入件数といった申込者のステータスのこと)
それでは早速、具体的な例を見てみましょう。

【通過】20代女性/派遣社員/年収250万円
携帯電話の支払いの滞納で信用情報が悪く、実際に銀行やクレジットカードの審査にも落ちてしまった身ですが、10万円の枠で通していただけました。
【否決】20代男性/フリーター/年収240万円
このとき何の滞納をしただろうとか、言ってもないことを根掘り葉掘り聞かれて気分が悪かった。(1年以上前の支払い延滞)その上審査落ち。
【通過】20代男性/フリーター/年収200万円
カードローンの利用は初めてでしたが、対応の女性も「サラ金」というよりは銀行員のようで、とても好印象でした。希望額の15万円を借りられました。
【否決】20代女性/フリーター/年収350万円
水商売でも借りれたと友達に聞いたから申し込んだのに、いろいろ聞かれただけで落とされた。時給とか知らないと言ったときに食い下がられたからそのせいかもしれない。他の会社に借金もないのに納得いかない。
【通過】40代男性/会社員/年収500万円
任意整理後、残債はなくなったがブラック継続中の身で融資を受けられました。親身に相談にも乗ってくださり、感謝しています。
【否決】30代男性/会社員/年収600万円
ブラックのせいか即否決。その後他社で借りれた。

体験談の中でも特徴的なものを挙げさせていただきましたが、「なぜこの人は通ったのにこの人はだめだったんだろう?」という例は本当に珍しくありません。

②余裕で通過、という場合を除き収入や借入件数より「聞き取り」を重視の審査方法か

似たような条件でも、収入に勝る人が審査に落ち、そうでない方が通過する……といった例の珍しくないプロミスの審査。

実はこれ、消費者金融会社の審査ではよくあること。
単純な「収入」「返済能力」によって審査結果の決まりやすい銀行カードローンに比べると、プロミスをはじめとする消費者金融会社は「本当に支払いの意志があるか」を最重視していると思われます。
実際に、上記の体験談を見ても「根掘り葉掘り聞かれた」あるいは「親身に相談に乗ってくれた」といったものが目立ちますね。

プロミスへ申し込みを行うと、「申し込み確認」という名目であなたの携帯電話に電話が入ることが多いです。(インターネット申込みの場合。電話や来店での申し込みであれば、その場で聞き取り)
ここで「なぜお金が必要なのか?」といった「申し込みの理由」、現在の勤務状況や取引先、場合によっては生年月日や干支といった本人確認に至るまで、詳しい聞き取り調査が実施されます。
この結果、「この人は一時的な金欠に困っており、状況が改善すれば問題なく返済してくれるだろう」と認められたなら、プロミスの審査に通過できるというわけですね。
体験談を見る限り、個人信用情報に少しくらい問題があっても、支払いの意志さえあれば審査通過を狙える模様です。

一方で「勤務の内容や時給が答えられない」「今後、生活状況が改善する見込みがない」と思われてしまえば、属性に関係なく審査に落とされてしまう可能性あり。
少なくとも「現在の時給」や「週どれくらい働いているか」「年収/月収はいくらくらいか」といった情報くらいは、すらすら答えられる状態で申し込みを行いたいところです。

★インターネットからの「フル申し込み」を選択した場合、「十分な収入とクレヒス(信用情報)があり、余裕でプロミスの審査に通過できる」という状況であれば聞き取りが行われない可能性もあります。
ただし、審査に自信がないのであれば申し込み方法にかかわらず、かなり詳しい聞き取り調査が行われると思っておきましょう。

③結局、プロミスの審査に通るのはどんな人?

申込条件を踏まえてプロミスの審査に通過する方の条件をまとめると、以下のようになります。

毎月数千円程度の返済を今後確実にこなしていけるなら、審査通過に高い収入は必要ありません。年収200万円未満の方の審査通過例は多いです。

収入や信用情報よりも大事なのは「返済の意思があり、質問にきちんと答えられること」
「なんでそんなこと知ってるの?」といった過去の出来事を掘り出されても、干支や取引先など一見審査に関係ないことを尋ねられたとしても、イライラせず、真摯に答えるのが審査通過のコツと言えるでしょう。
事前に「毎月いくら返す」といった計画を立てておき、それを伝えるのも有効かと思います。

★詳しい契約の流れや必要書類については「プロミスの総まとめ」ページをご覧ください。

<ワケアリユーザーなら店頭申込みがおすすめ?>

★「確実な審査通過手段」ではないことを事前にお断りさせていただきます。

金融ブラックやそれに近い状況の方が大手消費者金融へ申し込みを行う際、「店頭窓口で申込を行うと通りやすい」といった噂があります。
もちろん信ぴょう性は100%ではないものの、実際に多重債務者の間で交わされている噂となるとさほど無下にもできません。
また、確かに「聞き取り」を重要視する消費者金融会社の審査において、「対面でお金が必要な理由と、こうなってしまった要因」を伝えるのは決して無駄ではないでしょう。

もしもあなたが信用情報に問題がある、など何かワケのある境遇に立っているのなら、噂を信じて店頭窓口に出向いてみるのもいいですね。

CHECKプロミス公式HP「店舗・ATM検索」

プロミスの審査に関するよくある質問と回答


ここからは、プロミスの審査に関するよくある質問にお答えしていきます!

①ブラックでも審査通過は狙えますか?

上の項目でも紹介した通り、ブラック入りの理由が個人再生・自己破産といったものではなく、確かに現在安定した支払い能力があるのなら、審査に通過できた例もゼロではないようです。

とは言え、これまでプロミスをはじめ三井住友銀行グループやSMBCコンシューマーファイナンスが保証業務を務めているカードローンで金融事故を起こしたことがあるのなら、審査通過はほぼ不可能。
また、仮に支払い能力が認められたとしても、事故情報(異動情報)が残っている理由や現在の生活状況を詳しく尋ねられることはまず避けられないでしょう。

確実にブラック状態であるのなら、素直に中小金融機関を使った方が有効かとは思います。

CHECKブラック対応の中小金融機関について

②水商売でも借りられますか?

利用条件を満たしているのなら、問題なく利用できます

ただしどうしても収入は不安定と見なされるため、同じ年収のOLさんなどに比べると借りられる金額はかなり少なくなりそうです。

③携帯電話料金や税金を滞納中でも借りられますか?

税金の滞納は信用情報に記載されないため、良し悪しは別としてバレることはないでしょう。

一方、携帯電話料金については「端末代を分割払い中かつ、数週間以上延滞が続いているのなら」その旨が信用情報に記載されている可能性があります。
どうしてもすぐに支払えない理由がある場合、もしくは滞納中の携帯料金をプロミスで借りて支払いたい、という場合には正直にその旨を伝えた方が良いでしょう。

★信用情報の記載には迷惑を掛けた先による&反映にはタイムラグがあるため、信用情報にキズが付いているかどうかは実際に開示してみるまで分かりません。

CHECK個人信用情報の開示と金融ブラック状態について

④会社に電話を掛けられるのは困るのですが……。

審査時に必要になる「在籍確認」は、原則「プロミスからあなたの勤務先に電話を掛ける」形で行われますが……。
相談次第で、その他の方法にも応じてもらえます。詳しくは「プロミスの在籍確認について」のページをご覧ください。

⑤審査通過後、利用限度額の増額は狙えますか?

目安として申し込み・契約の半年後くらいから、利用限度額の増額を狙えるようです。プロミスの場合は、他社に比べても増額成功報告が多いですね。

詳しくは「プロミスの利用限度額増額について」のページをご覧ください。

⑥多重債務者でも借りられますか?

支払い能力があれば通過の可能性はゼロではありませんが、「おまとめローン」を案内されることの方が多いようです。

CHECKおまとめローンについて

⑦銀行カードローンの審査に落ちても、プロミスの審査に通りますか?

「銀行カードローンの審査に落ちた」ことでプロミスの審査が不利になることはありません
これはプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が審査を行う(保証会社として付いている)銀行カードローンについても同様です。
つまり、三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまった後であっても、プロミスで通過できる可能性がある、というわけですね。銀行ローンの審査基準は、保証会社と特に関係ありません。

ただし、十分な収入があるのに銀行カードローンの審査に落ちてしまった、という場合には一度個人信用情報を確認しておくと良いでしょう。

CHECK個人信用情報の開示とその見方

⑧以前プロミスの審査に落ちたことがあります。再チャレンジしてもいいですか?

以前の申し込みから目安として6ヶ月以上が経っており、以前に比べ収入や勤続年数が伸びているなら再チャレンジしてみても良いでしょう。

★前回の否決から6ヶ月以内の申し込みだと、自動で申し込みをはじかれる(=即審査落ちとなる)可能性があります。

⑨申し込み時に保険証種別を尋ねられますが、健康保険に未加入だと申し込みはできないのでしょうか?

一応申し込み条件に健康保険証に関する項目はありませんが……。
いつ高額な医療費が発生して返済能力に差し障るか分からない、というのはプロミスにとって大きなリスク。審査落ちの可能性はかなり高くなるかと思います。

ちなみに金融ブラックの方を対象に融資を行っているような中小金融機関であっても、最低限の申込条件に「健康保険に加入していること」を設定していることがあります。

⑩勤続年数1年未満でも借りられますか?

勤続年数自体は短くても構いませんが、「同業の会社からスキルアップを目的に転職したばかり」という状況と「アルバイトを始めたり辞めたりしている」という状況では当然異なります。
前者は特に問題ありませんが、後者の場合にはせめて1ヶ月(できれば半年)以上働いた上で申し込みを行いたいものです。

まとめ

★プロミスの審査は「収入や信用情報よりも支払いの意志や対応の真摯さ、自分の勤務状況を把握しているかどうか」といった点が重視される。
これは消費者金融に共通する審査傾向となるため、収入に自信があるのなら銀行系を使った方が良い
かなり詳しい個人情報まで尋ねられることは多いものの、審査に通過したいだけの理由があるのならきちんと丁寧に答えよう。
★収入は高くなくてもいいけれど、「毎月きちんと返済ができる」能力は必須

「審査に通過できるか微妙なライン」の方ほど、聞き取りは詳しく実施されると考えられます。
それでもプロミスでお金を借りたいという事情があるのなら、勤務状況をはじめとする質問には正しく明快に答えられるよう簡単に準備をしておくことをおすすめします。

CHECKプロミスのメリット・デメリットと利用の流れ、ユーザーサービス
CHECKプロミス自動契約機の使い方について
CHECKプロミスで即日融資を受けるための方法とその選び方
CHECK消費者金融会社の徹底比較!


この記事でチェックしたカードローン情報

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

SNSでもご購読できます。