【証拠あり】プロミスはブラックでも審査に通った!延滞&任意整理後の体験談

    【証拠あり】プロミスはブラックでも審査に通った!延滞&任意整理後の体験談
    「自分はどう考えてもブラック状態。
    クレジットカードを作れない状況でも、お金を借りられるところはないかな?」

    結論から言うと、ブラックの方を相手に貸し付けを行っている金融業者はたくさんありますが……。
    どうせ利用するのなら、ユーザーサービスが充実しており、安心して借りられる大手業者を選びたいところ。その面において「プロミス」はぴったりの存在となるでしょう。
    「大手業者はブラックだと通過できない」とはよく聞かれるものの、これは誤りです。

    今回は何らかの理由でブラック状態に陥ってしまったあなたのため、個人信用情報の開示結果に基づく「ブラックでもプロミスから借りられた」実例の紹介、そして不利な状況から審査に通過するためにできることを簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、あなたがこれから取るべき行動が分かります。

    ★30秒でチェック!このページの概要

  • 長期延滞&任意整理によるブラック情報がJICC、CICに残っている中、プロミスで審査通過(限度額10万円)できた実例を確認
  • 信用情報に問題があると審査の過程で多くの質問を受けやすいが、これに真摯に答えることが通過のカギとなる
  • ★「個人信用情報って何?」「自分がブラックか分からない」といった場合には、先に以下のページをご覧ください。

    CHECK個人信用情報の概要・見方と開示先(JICC、CIC、KSC)の選び方
    CHECK金融事故(ブラック情報)の概要とその掲載期間について

    ★プロミスの貸付条件や契約の流れ、その他サービス内容については以下のページをご覧ください。

    CHECKプロミスの総まとめ:他の消費者金融会社と比べたメリットと気になる点、即日融資の流れ

    個人信用情報開示で確定!プロミスはブラックでも通過可能性あり

    個人信用情報開示で確定!プロミスはブラックでも通過可能性あり

    以前、多重債務+任意整理の経験者として貴重なお話を聞かせてくださった中村さん(仮名)
    このインタビュー過程で、「任意整理から5年経たずにプロミスで借りた」という話が出たことから、その真相を確かめるべく、実際に中村さんに個人信用情報を開示して頂きました。
    その結果……。

    JICC開示結果

    ▲▼中村さんの「アコム」関連の個人信用情報開示結果。(上:JICC、下:CIC)
    ブラック情報を示す「債務整理」「異動」の文字がはっきり見られます。

    CIC開示結果

    ▼こちらは「オリコ」に関するCIC開示結果。
    同じく異動情報が見られますが、中村さんが債務整理の相談に行った日(平成26年2月)よりも「異動発生日」の方が早いため、これは単に長期延滞によるものでしょう。

    「オリコ」に関するCIC開示結果

    というわけで、中村さんは正真正銘のJICC・CICブラックでした。が……。

    SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)と契約を結べている

    この状況にもかかわらず、中村さんは平成29年7月にSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)と契約を結べていることが、上の開示結果から確認できます。
    中村さんの債務整理情報が記録されたのは平成26年ですから、長期延滞&任意整理によるブラック真っただ中での契約ですね。

    というわけで、「プロミスはブラックでも審査に通過できることがある」のは確定です。

    ……とは言え実は「アコム」「アイフル」といった大手他社でもしばしばブラックでの通過報告は聞かれますね。
    「大手=ブラックNG」と言われることは多いですが、実際はそこまで厳密でもないようです。

    ちなみに中村さんの場合、プロミスでの適用限度額は10万円でした。

    参考【検証】ブラックでもアコムに通った!は本当か? 実際に個人信用情報を開示してみた
    参考アコムの審査に重要なのは「収入」ではない!ブラックのパート主婦が通過できた実例も

    <ただしさすがに「破産者」や「他社ローン延滞中」は厳しそう>

    とりあえず今回、CICへの「異動」情報2つ、JICCへの「債務整理」情報1つでも「プロミス」の審査に通過できることが分かりましたが……。
    実は「任意整理」「過去の延滞情報」というのは金融事故情報の中でも比較的軽視されやすいようで、中小消費者金融会社まで含めれば本当に多くの業者による審査通過例が確認されています。

    そして逆に、ブラック対応の中小業者まで含めても、対応されにくいのが「破産者」「他社ローン延滞中(3ヶ月以上)」といった重度ブラック状態。
    報告が確認されていないだけで審査に通過できる可能性が無いとまでは言えませんが、中小業者でも限られるとなれば、流石に大手の利用は難しいでしょう。

    CHECK【重度ブラック】自己破産5年以内でも審査に通るカードローンは?喪明け後の対応も

    ちなみに重度ブラックと見なされやすいのはあくまで他社「ローン」の延滞であり、携帯電話料金やクレジットカードの踏み倒し中であれば審査に通過できることもあるようです。
    (アコムにてNTTドコモ踏み倒し中での審査通過を確認済み)

    ブラックでの通過を狙うなら、「尋ねられたことに真摯に答える」ことが重要

    ブラックでの通過を狙うなら、「尋ねられたことに真摯に答える」ことが重要

    あなたがいわゆる「金融ブラック」状態に陥っていても、プロミスをはじめとする一部業者であれば借入が可能。それは事実です。
    しかし消費者金融会社との契約は、「情報を入力し、審査結果が出るのを待つだけ」…とはとても言えません

    もしもこれまで消費者金融会社を利用されたことがあるのならご存知とは思いますが……。
    こういった業者を利用する場合、審査の過程で担当者から「なぜお金が必要なのか」「現在の仕事や経済状況」といったかなり個人的なことを尋ねられやすいです。これは消費者金融各社が、収入や経済能力にかかわらない柔軟な審査を行うからですね。
    (=収入など、数字以外の面で「貸したお金を返してくれそうか」を探っている)

    で、申込者がブラック状態であれば、この質問がより具体的になっていくことは想像に難くありません。「なぜ、どういった過程で債務整理や延滞を行うに至ったのか」という質問はほぼ必須となるのではないでしょうか。
    (金融機関側は審査の際に個人信用情報を必ずチェックしますので、こちらから話さずともブラック情報はバレます)

    金融ブラックはじめ、何かしらの審査上の弱みのある申込者が心掛けるべきことは、とにかく「質問に真摯に、正直に答えること」です。
    経済状況に不安があっても、現在の状況、どうしてもお金が必要な理由、今後返済を行っていくという意思を真摯に伝えれば、融通を利かせてくれることは少なくないでしょう。

    ちなみに過去の契約や勤務先情報などはすべて個人信用情報に掲載されていますし、質問はどこまでも具体的になり得ますから(取引先を尋ねられたといった報告も)、嘘をつくリスクは非常に高いです。
    不安があったとしても、結局のところ現状を正直に伝えるのが一番でしょう。
    限度額についてもその金額が必要な理由を明確に示し、必要最低限だけを借り入れたいことをアピールしておくと良いですね。不明瞭な借入が無いに越したことはありません。
    (家族の緊急入院のため1週間分の入院代××円が必要、電気が止められそうで××円が必要、など)

    CHECK【嘘、盛り、サバ読み】カードローン審査にコツはある?低収入でも通過するには

    また、どんなに個人的な質問や審査に関係ないような質問が飛んできてもイライラしないように。
    (本人確認のために干支や家族構成などを尋ねられることは多々あります)
    たまに「個人情報収集のために要らない情報を集めている!」と主張する(主に審査に落ちてしまった)人もいますが、事前に示される同意事項あるいは個人情報保護法上認められた目的以外に、プロミスが情報を集めたり、それをバラまいたりすることはありません。
    中小業者ならいざしらず、三井住友銀行グループの会社がそんなリスクを冒せないことは想像に難くないでしょう。
    このあたりの「企業としての安心感」も、大手消費者金融会社を選択するメリットとなりそうです。

    CHECK【体験談から分かる】プロミスの審査に通る人・落ちる人:重要なのは「誠意ある回答」

    「借りたお金を返せる人しか審査に通過できない」のは大前提です。
    また、プロミスへの申し込みが可能なのは「20歳以上の、安定した収入のある人」に限られます。ご承知おきください。

    ★一部利用者の間では、「有人店舗窓口で申し込めば審査に通りやすい」という噂が囁かれています。
    あくまで噂レベルの話ではありますが、機械を通さず審査を行うと仮定すれば、柔軟性はその他の申込み方法より高い…かもしれません。
    もしもお近くに有人店舗窓口があるのなら、こちらを頼ってみても良いでしょう。

    CHECKプロミス公式HP「お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申し込み」

    まとめ

    まとめ

    長期延滞&任意整理経験者である中村さんの個人信用情報開示結果により、「プロミスへならブラック状態でも審査に通過しうる」ことを確認。大手=ブラックNGは誤り
    ブラック状態という弱みがある状況で審査通過を狙うのなら、重要となるのは「真摯さ」
    信用情報に問題がある場合、かなり突っ込んだ質問が飛んでくることも予想されるが、イライラしたり嘘をついたりせず、正直に現状を伝えることで審査通過可能性は上がる

    あなたが過去に何らかの問題を起こしたことがあるのなら、審査が不利に進むことは致し方ありません。
    とは言えプロミスの場合、あなたの経済状況や返済の意思によっては柔軟な対応を取ってくれる可能性は十分にあります。どうしてもお金が必要な事情があるのなら、こちらを頼ってみるのもアリでしょう。

    ★プロミスの契約の流れや使い方等については、以下の特設ページをご覧ください。

    CHECKプロミスに聞く!即日融資の条件と申込みタイムリミット【来店あり/なし】
    CHECK【プロミスに電話取材】土日祝日に即日融資を受ける条件と注意点【来店は21時まで】
    CHECKプロミスのメリット&デメリット徹底仮説!プロミス取材他、確かな情報に基づく審査や即日融資の条件も
    CHECK【体験談から分かる】プロミスの審査に通る人・落ちる人:重要なのは「誠意ある回答」

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント