キャッシング利用者や審査経験者に直撃取材&統計データを分析!

プロミスの便利な借り入れ方法とキャッシングトラブルの対処法

    promise-borrow

    プロミスは大手消費者金融の中でも、アコムと並んで借り入れ方法が充実しています。

    ですが、各借り入れ方法には、手数料の掛かるもの掛からないもの、便利なものそうでないもの、といった違いがあります。
    例えばコンビニATMでの借り入れは便利ですが手数料が掛かるので、急ぎでなければ他の方法を使った方が良い、といった具合に状況にあった方法をその都度選択しなければならないんですね。

    今回はそんなシチュエーションごとのプロミスの借り入れ方法に加え、契約後の利用限度額の引き上げ突然借り入れができなくなった場合の対処法についてお話していきます!

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    プロミスの借り入れ方法一覧

    まずはプロミスの借り入れ方法にはどんなものがあるのか、見ていきましょう!

    ①プロミスの借り入れ方法一覧

    ★プロミスの借り入れ方法一覧
    受付時間手数料その他
    振り込みキャッシング
    (インターネット・電話)
    24時間 無料
  • 三井住友銀行ジャパンネット銀行をはじめとした全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込が可能
  • プロミスATM7:00~24:00など
    店舗によって異なる
  • 店舗・ATM検索
  • 提携ATM設置店舗による借り入れ額1万円以下
    ……108
    借り入れ額1万円超過
    ……216
    ※三井住友銀行ATMのみ無料
  • 唯一手数料が必要
  • 大手コンビニすべてに対応
  • 店頭窓口平日10:00~18:00無料
  • 土日祝日は休業
  • 店舗・ATM検索
  • プロミスの借り入れ方法は上の4種類。時と場合に合わせて、好きなものを選ぶことができます。

    ②手数料を掛けたくないなら、提携ATMを避けよう

    表を見ても分かる通り、最も一般的で便利な提携ATMでの借り入れには手数料が掛かります

    108円または216円という金額は少額なようですが、約8000円または約15000円程度を一ヶ月借りた場合の利息額に相当します。そう考えると、お金を借りてもいないのに手数料を払うのも変な気がしてきますよね。

    よほど急いで現金を手に入れなければならないときを除いて、基本的には提携ATM以外の借り入れ方法をおすすめします。

    ※例外としてプロミスの親会社である三井住友銀行のATMは、常に手数料無料で利用できます。

    ③借り入れや返済について相談したいなら、店頭窓口を利用しよう

    プロミスでの借り入れや返済について、面と向かって相談がしたい……。という方は、店頭窓口(お客様サービスプラザ)の利用をおすすめします。
    ここでは自動契約機やプロミスATMといった無人店舗と違い、銀行や郵便局のように職員さんが応対してくれるんですね。

    はじめてキャッシングを利用する方や、ローンに不安のある方には良い方法なのですが、営業時間が平日10:00~18:00のみと限られている点には注意してください。

    また、電話(プロミスコール:0120-24-0365)でも相談を受け付けています。

    →プロミス公式HP:店舗・ATM検索

    ATMを使ったキャッシング:1000円単位で借りられるのは一部だけ!

    手数料が掛かることは多いものの、急な出費に頼りになるのはやはりATM。
    便利なATMはどこで利用できるのか、紹介していきます!

    ①プロミスの借り入れができるATM一覧

    ★借り入れ可能ATM一覧

    設置場所ATM利用できない時間手数料
    プロミス店舗などプロミスATM原則24:00~7:00無料
    三井住友銀行三井住友銀行ATM設置場所による
    ゆうちょ銀行ゆうちょ銀行ATM設置場所による取引額
    1万円以下
    ……108円

    1万円以上
    ……216円
    セブンイレブンセブン銀行23:50〜翌0:10
    ファミリーマート
    サークルKサンクス
    ミニストップ
    スリーエフ 他多数
    イーネット3:00~5:00の間
    15分ほど、
    不定期に利用不可
    ローソンローソンATM3:00~4:00の間
    15分ほど、
    不定期に利用不可
    ※famiポート、Loppiは返済のみ可能
    <その他の提携金融機関>

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 横浜銀行
  • 第三銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行(借り入れのみ)
  • 広島銀行(借り入れのみ)
  • 八十二銀行(借り入れのみ)
  • クレディセゾン
  • プロミスは大手消費者金融らしく、多くのコンビニ・金融機関と提携しています。
    提携先の地方銀行は、主にプロミスの運営会社であるSMBCコンシューマーファイナンスカードローンの保証業務を担っているものとなっています。

    街中で提携ATMに困ることはまずないでしょう!

    ②1000円単位で借りられるATMは限られている

    多くのコンビニ・金融機関と提携しているプロミスですが、1000円単位で借りられるのは以下のATMだけ

    ★1000円単位での借り入れが可能なATM

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • その他のATMを使った場合、借り入れは最低でも1万円となってしまいます……。
    余計なお金を借りすぎてしまわないよう、1000円単位でお金を借りたい場合には上のATMのどれか、もしくは振り込みキャッシングなど、他の借り入れ方法を利用しましょう。

    振り込みキャッシングは振り込み反映時間に注意!

    手数料無料で利用できる振り込みキャッシングは、夜間や土日の借り入れには向いていないかも……。
    でも、指定された銀行口座を持っていればそのデメリットを大きく減らすことができますよ。

    ①振り込みキャッシングの利用方法

    振り込みキャッシングは、あなたの銀行口座にプロミスがお金を振り込んでくれる借り入れ方法。
    手数料無料で利用できるので、現金ではなく口座にお金が欲しいときであればとても便利です。

    申し込み方法は基本的に「インターネット」「電話」の2種類。加えて、2016年の9月から三井住友VISAプリペイドへのチャージも可能となりました。
    詳細:プロミス公式HP「プロミス×三井住友VISAプリペイド」

    インターネットであればプロミスのインターネット会員サービスを、電話であればプロミスコール(0120-24-0365)を通して申し込みが可能です。

    ちなみに、契約方法に「Web完結」を選んだ場合、借り入れ方法は振り込みキャッシングのみとなります。

    ②振り込みが反映されるのは平日9:00~15:00だけ

    ただし、振り込みキャッシングには大きな欠点があります。
    銀行振り込みを通して行うこのキャッシング方法だと、銀行営業時間である平日9:00~15:00の間だけしか入金が反映されないんです。
    つまり、土曜日に入金してもらっても実際にあなたのもとにお金が届くのは次の平日の朝となってしまうわけですね。ゴールデンウィークなど、祝日続きだと着金はさらに遅くなります。

    プロミスはインターネットを通した振り込みキャッシングの場合、申し込み完了から10秒程度で振り込みを行ってくれます(瞬フリ)が、振り込みキャッシングで土日や夜間・早朝にお金を借りることは、原則できないんです。

    ③三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込が可能!

    ただし、例外として三井住友銀行ジャパンネット銀行をはじめとした全国約200の金融機関で、24時間365日土日・夜間でも振込が可能です!
    ※三井住友銀行の場合、毎週日曜日21時~翌7:00、ジャパンネット銀行の場合、毎週月曜日0:00~7:00利用不可

    対応している金融機関の内1つでも口座を持っていれば、振り込みキャッシングのデメリットを大きく抑えられるため、とくにWeb完結を選んだ方は口座を開設しておくと良いですね。もちろん、キャッシングの手数料が無料であることに違いはありません。

    三井住友銀行の口座であれば、お近くの銀行窓口に向かうことで早ければ30分程度で開設できますよ。

    まだプロミスと契約をしていなくても、20時までなら即日融資の可能性アリ

    ここまではプロミスと契約済みの方を対象にお話してきましたが、毎日20時までなら未契約の状態から即日融資を受けられる可能性がありますよ!
    プロミスを利用できるのは20歳~69歳の定期的な収入のある方となります。パート・アルバイトでも問題ありません。

    プロミスの申し込み方法は借り入れ方法と同じくいくつかの種類がありますが、おすすめはインターネット申し込み審査は最短30分で終了しますが、混みあっていると時間が掛かるため余裕を見て申し込みをすると良いですね。とくに土日祝日は時間が掛かりやすくなります。
    どうしても今日中にお金が必要!という場合は、申し込み後に電話(0120-24-0365)に電話をかけて希望を伝えてみましょう。

    その後はプロミスからの指示に従ってカード受け取り・借り入れと進みますが、借り入れまでは最短1時間程度。とてもスピーディにお金を借りることができるんです。

    プロミスの申し込みについて詳しくは『プロミスの申し込み』ページで、審査については『プロミスの審査』ページで説明しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    追加借り入れ、追加融資ってできる?

    すでにプロミスを利用しているけれど、限度額が足りない……。
    そんなときには利用限度額の増額申請をしてみましょう。

    ①借入限度額を増やしてもらうには?

    プロミスを利用し続けて6ヶ月以上が経過しており、一度の返済遅れもないのであれば、利用限度額を引き上げてもらうことができるかも!

    利用限度額を増額するためには新たな「増額審査」が必要となります。
    初回契約時の審査と大きな違いはなく、最短即日で増額可能です。

    ②利用限度額増額のためには何が必要?

  • 希望限度額が50万円を超える場合
  • 希望限度額+他社借入が100万円を超える場合
  • 上のどちらかに当てはまった場合には、収入証明書を提出しなければなりません。
    プロミスが認める収入証明書については『プロミス公式HP:収入証明書類ご提出のお願い』に記載されています。

    その他、自動契約機で増額申請を行う場合には免許証などの本人確認書類が必要ですが、電話で申し込み場合に必要な物はとくにありません

    利用限度額の引き上げについて、詳しくは『プロミスの増額』ページを読んでみてくださいね。

    借り入れができなくなる理由:利用停止を解除するには?

    突然プロミスでの借り入れができなくなった……。その理由と対策をお教えします。

    ①他社借入額が増えて総量規制に抵触していない?

    プロミスを含む消費者金融会社には「貸金業法」という法律が適用されます。
    「総量規制」とは、この貸金業法の一項目。その内容は個人に年収の3分の1を超える融資を禁止するというものです。

    また、同時に貸金業法が適用される金融機関には10万円以上の借り入れを行っている利用者について、3ヶ月に1度、総量規制に違反していないかチェックする義務があります。
    このとき、年収の3分の1を超えるお金を借りていたらそこで利用停止となってしまうんですね。

    ②返済遅れは1日からNG

    1日でも返済が遅れてしまうと、当月分を返済するまで新しくお金を借りることはできません

    返済後はすぐに再利用できるようになることが
    多いのですが……。
    今までに何度も返済が遅れていた場合など、プロミスの判断によっては返済後であっても、しばらく追加借り入れができなくなることもあります。

    思い当たる理由がないのに利用停止処分にあってしまった、という方はプロミスのコールセンターで質問してみるのがベストでしょう。

    プロミスコール:0120-24-0365(毎日9:00~21:00)

    ③収入証明書を提出すれば、追加で借り入れできることも

    収入証明書を提出し、返済能力があることを証明することで、利用停止処分を解除できる可能性があります。とくに収入が申し込み時より増えているときに有効ですね。

    まずはコールセンターで質問後、収入証明書の提出によって問題が解決しそうであれば、インターネット会員サービスを使ってアップロードするのがおすすめです。

    参考:『プロミス公式HP:収入証明書類ご提出のお願い』

    まとめ

    プロミスでは、コンビニなど提携ATMを利用すると手数料が必要となる!できるだけその他の方法を利選択しよう
    ★振り込みキャッシングの反映時間は原則平日9:00~15:00のみ
    ただし三井住友銀行ジャパンネット銀行をはじめとした全国約200の金融機関で、24時間365日土日・夜間でも振込が可能
    ★未契約の方であってもプロミスなら最短1時間で融資可能。申し込み条件をよく確認した上で利用を検討してみよう
    半年以上プロミスを問題なく利用している方は、利用限度額の引き上げができるかも!
    ★返済遅れでもないのに借り入れができなくなった場合は、コールセンターに問い合わせてみるのがベスト!

    プロミスユーザーの方に人気な借入方法はやはり便利に素早く利用できるコンビニATMですが、おすすめはスマートフォンやパソコンで必要事項を入力するだけで、手数料無料でお金を借りられる振り込みキャッシング。
    指定銀行口座も上手に利用して、賢くお金を借りましょう!


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円最短30分最短1時間程度
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしている
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    

    SNSでもご購読できます。

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい