プロミスの30日間無利息サービス:何度でも使えるって本当?!

promise-interest-rate-0


プロミスをはじめて利用する方に限り「30日間無利息キャッシングサービス」を利用することができます。
名前の通り30日間利息が発生しないというこのサービス、実はある方法を使えば「何度でも」無利息にできデメリットはなく単純におトクなので利用しない手はありません。

今回はこの30日間無利息キャッシングサービスでどれくらい利息をカットできるのか、そもそも無利息サービスを利用するためには何が必要なのか?という点について解説していきます!

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!

無利息サービスを使うと、借り入れ額10万円あたり約1500円おトクに

無利息サービスを使うと、借り入れ額10万円あたり約1500円おトクに
実はプロミス以外の大手消費者金融も無利息サービスを提供しています。

でも、そもそも「無利息サービス」って何なのでしょうか?
さまざまなカードローンが提供している無利息サービスの中で、プロミスの無利息サービスのメリットとはどのようなものなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

①無利息キャッシングサービスって何? 期間は?

プロミスをはじめ、アコムアイフルなどの金融機関が提供している「初回30日間無利息キャッシングサービス」
名前の通り、はじめて各社を利用する方に限り、30日間完全に利息が発生しないというサービスです。

以前プロミスでは期間限定のキャンペーンとして実施していましたが、現在では「無利息サービス」として、ずっと提供されています。

「なんで、はじめての人だけ無利息で借りれるの?」と思うかもしれませんが、これはカードローン会社が新しいお客さんを獲得するため。美容院の初回割引と同じようなものです。

体験しないと、わからないことってありますよね?

カードローン会社の作戦と思うと、ちょっと気になるかもしれませんが、新しいお客さんを優遇するためのサービスですので、利用する上でのデメリットは一切ありません

もちろん31日目から利息が発生しますが、最初の30日分のカットされた分の利息を、31日目以降に請求されることもないので、安心して利用できますよ。

②30日間無利息=借り入れ額10万円あたり約1500円分の利息をカットできる

プロミスの金利は4.5%~17.8%。ですが、初回契約の場合にはほぼ確実に17.8%という金利が適用されます。まだ金融機関との信頼関係が築かれていないためですね。

金利17.8%のとき、借り入れ額10万円あたりに30日間で発生する利息は約1463円。1ヶ月の間、この利息がまるまる発生しないことになります。

借り入れ額が20万円なら2926円、30万円なら4389円……という風に、借り入れ額が増えるほどカットされる利息も大きくなるのが特徴ですね。

そのため借り入れ金額が大きくなるほど、無利息サービスの恩恵も大きくなります。

★10万円を借りたときの支払い総額比較

借り入れ期間30日 借入期間6ヶ月
無利息サービスあり 100,000円 103,666円
無利息サービスなし 101,483円 105,149円

無利息サービスの概要について、詳しくは『消費者金融と無利息サービス』ページを読んでみてください。

③無利息期間を利用した返済シミュレーション:7ヶ月以内の利用なら銀行カードローンよりもおトクに!

借り入れ額に関わらず、返済に掛かる期間が7ヶ月以下であれば一般的な銀行カードローンよりもプロミスのほうがおトクになります。

「え?! 消費者金融って金利が高いんでしょ? 銀行よりもオトクってホント?」

無利息=金利が0%ということ。
返済期間が短いほど、無利息期間の割合が増えるので、結果的に銀行よりもトータルで支払う金額は安くなるんです。

意外ですよね。

具体的に見ていきましょう。この下の表は、20万円借り入れて、○ヶ月で返した場合の支払い総額の一覧です。

★借り入れ額ごとの支払い総額(借り入れ額20万円)

  3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
プロミス(30日間無利息)
金利17.8%
202,980円 207,333円 216,127円
ソニー銀行
金利13.8%
204,589円 207,894円 214,420円

20万円を借りて、3ヶ月、6ヶ月で返すなら、プロミスのほうが支払い額が少ないのがわかりますよね。

12ヶ月で返す場合は銀行のほうが安くなりますが、その差は約2000円程度。

これをどう考えるかは、あなた次第ですが・・・・・・、プロミスは銀行カードローンよりも会員サービスなどの点で優れています。
そのため、すぐに返済できそうな借り入れであれば、プロミスを使うほうが個人的にはおすすめです。

無利息サービスのある消費者金融は短期借り入れに、低金利の銀行カードローンは長期借り入れに向いている、というわけです。

④30日以内に全額返済できれば、利息はゼロ円のまま解約もできる

もちろん30日以内に借りたお金をすべて返すことができれば、利息は一切支払う必要がありません!
10万円借りたら10万円だけを返済すればそれでOK。もちろんそのまま解約も可能です。

プロミスとの契約を打ち切る手順については『プロミスの解約』ページを読んでみてください。

<プロミスの審査って甘い? 厳しい?>

プロミスの審査は、条件さえ満たしていればさほど厳しいものではありません。
ただし、プロミスの審査通過率は約42%(月間消費者信用誌)と数字だけ見ればかなり難しそう……。

審査通過率がこんなに低いのは、プロミスの申し込み条件を満たさずに申し込みを行う人がとても多いから。プロミスに限らず、金融機関へ申し込みを行う際には申し込み条件の確認が必須なんです。

プロミスに申し込む最低限の条件は「成人している」「毎月安定した収入がある」「一定期間内に債務整理を行っていない」「返済能力がある」というようなもの。
「サラ金は誰でも借りられるんだろ?」と軽い気持ちで申し込んで、お断りされてしまう方は結構多いんですよ。

詳しくは『プロミスの審査』ページを読んでみてください。

利用条件はとても簡単!インターネットから申し込みをすれば安心

利用条件はとても簡単!インターネットから申し込みをすれば安心
はじめてプロミスと契約する方であれば、少し申し込みに気を付けるだけで無利息サービスを利用出来ちゃいます。

①無利息サービスを利用する条件:Web明細利用、メールアドレス登録、はじめての契約 

  • プロミスとはじめて契約する
  • メールアドレスを登録する
  • 「web明細」を利用する

プロミスにおける無利息サービスの利用条件は上の3つ。

この内メールアドレスについては、インターネットで申し込む場合は必須項目なので、あまり気にする必要はありません。
しかし、その他の方法で申し込みをするときには、記入忘れや記入ミスがないよう気をつけてください!
またweb明細とは、利用明細をインターネットで受け取るサービスのことで、主に家族にローンを隠したい方向けのサービスです。
紙の明細表が欲しい、という方であっても途中から明細タイプは変更可能なので最初の1ヶ月間だけはweb明細を利用することをおすすめします。

web明細を設定しておけば、ローンカードを郵送で受け取る設定にした場合やプロミスの返済が遅れた場合を除き、自宅に郵送物が届くことはありません。

もしもウッカリ別の方法を選んでしまった方は、

  • 会員サービスにログイン
  • 「書面受け取り方法登録・変更」を選択
  • 「Web明細を確認」を選択

で登録完了です!

②インターネットから申し込みをすれば、すべての条件をクリアできる

インターネットから申し込みをすれば、すべての条件をクリアできる
インターネットから申し込みを行えば、メールアドレス・web明細ともに申し込み時に登録可能です。
プロミスとの契約さえはじめてであれば簡単に無利息サービスの利用条件を満たせるんですね。

ここから特に、無利息サービスの利用手続きを踏む必要はありません。初回借り入れ日の翌日から自動的に適用となります。

プロミスの申し込み手順について、詳しくは『プロミスの申し込み』ページで解説しています。

<無人契約機で申し込んでしまった場合は無利息サービスを使えないの?>

無人契約機など、インターネット以外の方法で申し込みを行った場合であっても、「メールアドレス」欄にきちんと記入を行い、書類の受け取り方法に「Web明細」を選択すれば無利息サービスを受けられますよ。
不安な方は、無人契約機に備え付けてあるオペレーターとの直通電話やフリーコール(0120-24-0365)で問い合わせてみると良いでしょう。

ちないに、書類の受け取り方法はインターネット会員サービスから変更可能です。

他社の無利息サービスとの比較

他社の無利息サービスとの比較
プロミス以外にも無利息サービスを取り扱っている会社はいくつかありますが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか?

①無利息サービスを行っている会社の中ではプロミスが最も低金利

30日間の無利息サービスを行っている主な金融機関は以下の通り。

★各社の無利息サービス比較

上限金利 無利息期間 特徴
プロミス 17.8% 初回借入の翌日から30日
  • ・表中最も低利息
  • 唯一「初回借り入れの翌日」から無利息期間開始
  • 条件あり
アコム 18% 契約日翌日から30日
アイフル 18% 契約日翌日から30日
  • 条件「初回利用」のみ
ノーローン 18% 借入日翌日から7日
  • 何度でも利用可

※その他ジャパンネット銀行(上限金利18%)・アイシーローンも、無利息サービスを提供

実は、上に挙げた金融機関はプロミス以外、軒並み上限金利が18%
一方でプロミスの上限金利は17.8%となっているため、プロミスは無利息サービスを取り扱っている会社の中で最も低金利ということになります。

30日以内の利用であればどっちにしろ利息が発生しないので関係ありませんが、利用が長引くのであれば他社よりプロミスの方がおトクになるんですね。
とはいえ、その差額は10万円/30日あたり16円と大きいものではありません。

② 初回「借入日」の翌日から無利息:「契約日」じゃない!

上の表にもありますが、実は上に挙げた無利息サービスの中で、唯一「初回借入日の翌日から無利息サービス開始」としているのがプロミスの特徴!

一体どういうことかと言うと……。

★4月1日に契約、4月15日に初回借り入れをした場合……

プロミス 無利息期間は5月15日まで
アコム、アイフル 無利息期間は5月1日まで

このように、プロミスは契約と借り入れの間が開いてしまっても、無利息サービスをムダなく利用できるんですね!
転職を予定しているなど、とりあえず時間があるときに契約しておこう、という方にはプロミスが一番おトクなんです。

プロミスは何度でも無利息サービスを利用できる?ポイントサービスを上手に使おう

プロミスは何度でも無利息サービスを利用できる?ポイントサービスを上手に使おう
プロミスの無利息サービスは一度きりではありません。これは他の金融機関にない、プロミス独自の特徴。
……とはいえ、もちろん誰でもすぐに何度でも、というわけにはいきません。

プロミスで2度目以降の無利息サービスを受けるためには、プロミスのポイントを貯める必要があります。
インターネット会員サービスを通して得られるポイントを貯めることで、7日・14日・30日の無利息サービスと引き換えてもらうことができるんです。
ちなみにこのポイントサービスは消費者金融で唯一プロミスのみが行っています。

★プロミスのポイントをもらえる条件

ポイントサービスに登録 100ポイント
インターネットサービス
にログイン
月に10ポイント
ポイントが獲得できる「プロミスからのお知らせ」
をチェック
5~20ポイント
収入証明書の提出 160ポイント
ご返済日お知らせ
メールを受け取り
1ポイント
取引確認メール
web明細の受け取り

★ポイント交換表

7日間無利息 250ポイント
15日間無利息 400ポイント
30日間無利息 700ポイント

プロミスを長く利用し続けていくことによって少しずつポイントが貯まり、他の消費者金融と差を付けられるわけですね!
ちなみに、7日間の無利息サービスであればポイントサービスに登録し、収入証明書を提出するだけですぐに利用可能です。

一方で、700ポイントを貯めるのはかなり大変そう……。プロミスを利用する計画に合わせて、ポイントの使い道を決めましょう。
また、借り入れ残高が高いほど無利息サービスの恩恵は大きくなるため、大きな借り入れを行う時に適用できると良いですね。

ポイントを使って無利息にする方法は、インターネット会員サービスにログインしたら、
プロミスは何度でも無利息サービスを利用できる?ポイントサービスを上手に使おう-2
「ポイント交換はコチラ」を選択、ポイント数に応じた適用サービスを選べばOKです!

無利息期間は即日反映。ボタンを押した瞬間に適用スタート、というわけですね。

このポイントを使った無利息サービスがどのくらいおトクか、消費者金融のライバル・アコムと比べてみましょう!

前述の通りアコムにも初回の無利息サービスはありますが、プロミスのようなポイントサービスはありません。
今回は、ポイントを無利息期間と交換したプロミスと、通常通り利用した場合のアコムの利息を計算してみました。

30万円を借りて、毎月2万円ずつ返済する場合の支払い総額比較

金利 支払い総額
プロミス(15日間無利息適用) 17.8% 339,650円
アコム(無利息サービス非適用) 18% 342,404円
差額 2,462円

50万円を借りて、毎月4万円ずつ返済する場合の支払い総額比較

金利 支払い総額
プロミス(30日間無利息適用) 17.8% 549,709円
アコム(無利息サービス非適用) 18% 557,856円
差額 8,147円

借り入れ額が大きくなるほど、無利息期間が長くなるほど、プロミスの方がおトクになることがわかりますね!

プロミスのポイントサービスについてさらに詳しくは、『プロミスのポイントサービス:利用の方法と賢い使い方』のページへどうぞ!

プロミスがオススメなのは、こんな人!

  • 銀行カードローンの審査に通る自信はないけど、おトクに利用したい方
  • 契約日から借入日まで、間が開きそうな方
  • 何度も無利息サービスを利用したい方

銀行カードローンには劣りますが、大手消費者金融の中ではもっとも低金利なのがプロミスの特徴です!

まとめ

まとめ

プロミスの無利息サービスでは、デメリットなく利息をカットできる!初回契約なら絶対に利用したほうがおトク
★無利息サービスを利用するためには、インターネットから申し込みを行い「web明細」を選択すればOK
★プロミスは唯一、「初回借入日の翌日」から無利息期間スタート
★プロミスはポイントサービスを利用することで、唯一何度でも無利息サービスを受けられる!

30日間まるまる利息が発生しないプロミスの「初回30日間無利息キャッシングサービス」
上手に使えば銀行カードローンよりも利息を抑えられます。できるだけ短い期間で完済できるよう、計画的に返済していきましょう! 


この記事でチェックしたカードローン情報

プロミス (基本情報)
実質年利 4.5%~17.8% 限度額 1〜500万円
保証料 なし 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 借入判断 3秒お試し診断(審査)
備考
  • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
  • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、
    深夜早朝でも振込みキャッシングOK

プロミスの公式サイトで詳細をチェックする!



カードローン診断ツール

「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
 
そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
 
匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
 

【Q】今日・明日中に借りたい

アンケートにご協力お願いします

カード名*
審査結果*
性別
年齢
職業
コメント

SNSでもご購読できます。