【月1.5%弱】初心者でもすぐ分かる!プロミスの金利・利息と返済ルール

    【月1.5%弱】初心者でもすぐ分かる!プロミスの金利・利息と返済ルール

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。
    「はじめてプロミスのカードローンを利用したいけれど、実際どれくらいの利息を取られるのか、公式情報を見てもよく分からない…」

    プロミスの金利は「年4.5%~17.8%」…と言ってもピンとこない方が多いでしょう。
    とは言え実際の利息(サービス料)は「1ヶ月あたり、借入額の1.5%弱」と考えれば、いくらか分かりやすいだろうと思います。

    今回はキャッシング初心者のあなたのため、プロミスの金利や利息、返済に関する基本ルールを簡潔にまとめました。
    読み進めて頂ければ、プロミスの借入の仕組みを知った上で、申込みを行うかどうか決定できるかと思います。

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    1分で分かる!プロミスの基本の金利・利息と返済のルール

    1分で分かる!プロミスの基本の金利・利息と返済のルール
    プロミスの金利、利息と返済のルールをはじめにまとめてしまうと、以下のようになります。

    ★プロミスの金利・利息と返済ルール
    ▶月あたりの利息(サービス料)は「借入額の1.483%」程度が目安
    ▶月1.483%の利息を極力発生させないためには「必要最低限を借りて、できる限り早く返す」ことが一番重要
    ▶借入中に金利を下げることはあまり現実的でないので、もっと低金利で借りたいなら最初から銀行等と契約を結ぶか「借り換え」を狙うのが基本

    要は「月1.483%」の金利を受け入れられないようなら、プロミスではなく他社から借りた方が無難、ということですね。

    ここからはプロミスの金利システムや「借り換え」について、より詳しく解説させて頂きます。

    プロミスの利息(サービス料)は「1ヶ月あたり、借入額の約1.483%」が目安

    プロミスの利息(サービス料)は「1ヶ月あたり、借入額の約1.483%」が目安
    それでは基本の「プロミス」の利息(手数料/サービス料)仕様について見ていきましょう。

    ①初回契約時の適用金利はほぼ確実に「年17.8%」と考えてよい

    プロミスが掲げる金利は「年4.5%~17.8%」
    …とは言うものの、これまで寄せられたアンケート調査を見る限り、初回契約者の適用金利はほぼ100%の確率で「17.8%」になると考えて頂いて差し支えありません。

    この数字は消費者金融会社の中では標準的なものの、銀行カードローン(上限14.5%程度が一般的)に比べると高めの数字。

    「金利の低さ」を最重視するなら、最初から他社を選んだ方が良いだろうと思います。

    CHECK4.低金利で借りたいのなら他社カードローンの選択または借り換えが現実的

    ②1ヶ月あたりに直すと「借入額の1.483%」が利息の目安となる

    さて、そうは言っても「年17.8%」という数字がピンと来る方は少ないでしょう。

    この数字が表すのは「1年間、お金を借りっぱなしだった場合、借入額に対しどれだけの利息が発生するのか」ですが…。
    実際のところ、毎月の返済や追加借入により「1年間、借入額が変わらない」ことは考えにくいです。

    そこでおすすめなのが、この金利(年利)を12で割り、1ヶ月あたりの金利としてしまう方法。

    17.8%を12で割った結果は約1.483%…ということで、あなたが1ヶ月間プロミスを利用すると、借入額に対し1.483%前後の利息が発生する計算となります。

    この数字を受け入れられるかどうかは、プロミスへの申込みを決める大事な要素となることでしょう。

    例:プロミスで10万円を1ヶ月間借りた場合、月あたりの利息は1,483円程度
    例:プロミスで10万円を1ヶ月間借りた場合、月あたりの利息は1,483円程度

    ★実際の利息は日割りで計算されます。
    そのためこちらの方法で確認できるのはあくまで目安額ですのであらかじめご承知おきください。

    ★ちなみに借入額が100万円を超える場合には、利息制限法の制約により、適用金利は「年15%以下(月1.25%以下)」となるのですが…。
    そもそもプロミスにおいて、初回契約時に50万円超の限度額を獲得できる方はごく稀
    はじめから高額の契約を狙いたい場合には、そもそも「プロミス」の選択を避けた方が良いでしょう。

    CHECKパート・アルバイトが50万円借りるには?高限度額カードローン情報とFAQ

    無利息期間中の金利は0%

    あなたがはじめてプロミスと契約を結ぶ場合、「初回借入日の翌日から30日間」利息が発生しません。つまりこの期間中、金利は0%となるわけですね。

    一応「メールアドレスを登録する」「Web明細を利用する」という適用条件はあるものの、これらの条件はインターネット申し込みを使えばほぼ自然にクリア可能となっています。

    無利息特典を利用することにデメリットはありませんので、ありがたく頂戴しておきましょう。

    プロミス基本の返済ルール:損をしないために重要なのは「できる限り早く返す」こと

    プロミス基本の返済ルール:損をしないために重要なのは「できる限り早く返す」こと
    プロミスの利息額が大体いくらか確認したところで、ここからはその支払い方法について解説していきます。

    ①プロミスでは毎月の支払い額の中から、月1.483%程度の利息が自動的に徴収される

    先述の通り、プロミスの利息額は「借入額に対し、月1.483%前後」が目安となります。
    そしてこの利息は、毎月の返済額の中から自動的に支払われます(元利方式)。

    例:プロミスで10万円を借りる場合
    例:プロミスで10万円を借りる場合

  • 月あたりの利息は1,483円前後
  • 月当たりの最低返済額は4,000円
  • →4,000円を支払うと、1,483円前後が自動的に徴収される
    →あなたの借入額の清算に充てられるのは、差額の2,517円前後

    要はこの場合、4,000円支払ったのに借入額は2,517円前後しか減らない、ということですね。

    最低返済額の6割程度を利息として徴収する銀行カードローンに比べればまだマシですが、「返済額の分だけ借入が減るわけではない」ことは確認しておきましょう。

    参考プロミスにおける毎月の最低返済額
    最終借入時の借入残高最低返済額
    (引き落とし額)
    5万円2,000円
    10万円4,000円
    15万円6,000円
    20万円8,000円
    30万円11,000円
    40万円
    50万円13,000円
    ※厳密な決定方法については公式HP参照

    ②早く返せばそれだけ利息も安く済む

    利息が「毎月1.483%」程度取られるプロミス。
    それならどうすれば無駄な利息を抑えられるかというと、答えは簡単で「借入額を極力減らす」「借入期間を極力短くする」ことが何より重要となります。

    借入額の方については、状況によっては調整することが難しいかもしれませんが…。
    「できる限り早く返す」ことを徹底できれば、それだけ月1.483%前後の利息を抑えられることは明らかでしょう。

    上に挙げた、プロミスの最低返済額はあくまで「最低」返済額。この金額以上であれば、毎月いくら返済したって構いません。
    自動車ローン等のような繰上返済手数料も掛かりませんので、極論を挙げるなら借りたその日に全額返済してもOKです。

    参考プロミスで30万円を借りる場合の返済総額比較
    最低返済額(月1.1万円)のみを返済380,110円
    (35回/2年11ヶ月)
    月3万円を返済315,596円
    (8回)
    差額64,514円
    ※30日間無利息サービス適用時、かつ金利17.8%の場合の目安値
    プロミス…というよりどのローンにおいても賢く利用するために大切なことは、「必要最小限を借りて、できる限り早く返す」こととなります。

    ★繰上返済手数料は掛かりませんが、返済方法によってはATM利用手数料や振込返済手数料が掛かる場合があります。

    参考プロミスの返済方法
    自動引き落とし
    • 多くの金融機関口座に対応
    • 手数料無料
    • 引き落とし自体の増額はできないので注意
      ┗追加返済には以下の任意の方法を使う必要あり
    インターネット返済
    • インターネットバンキングを使い都度返済
    • 手数料無料
    ATM入金
    銀行振込
    • 振込先は会員ページで確認可
    • 振込手数料は利用者負担

    低金利で借りたいのなら他社カードローンの選択または借り換えが現実的

    低金利で借りたいのなら他社カードローンの選択または借り換えが現実的
    さて、実際のところプロミスの「年17.8%」(月1.483%前後)という金利は、業界全体で見て決して低い方ではありません

    一応「アコム」「アイフル」等のライバル大手に比べれば年0.2%だけ低金利ではあるものの、プロミスより金利の低いカードローンを探すことはまったく難しくないのが事実です。

    ということで、もしもあなたが「もっと低金利で借りたい」とお考えなら、

    • 最初から金利の低い銀行などで借りる
    • すでにプロミスと契約を結んでいるなら、銀行等への「借り換え」を行う

    のが現実的だと言えるでしょう。
    ここでは参考情報として、主な低金利カードローンをいくつか挙げさせて頂きますね。

    ★主な低金利カードローン
    住信SBIネット銀行カードローン「プレミアムコース」
    • 上限金利7.99%
      ┗月あたり0.665%前後
      ┗ただし「プレミアムコース」適用時に限る(適用目安は年収400~500万円以上
    • 年収の2分の1程度までの高限度額に定評あり
    • 口座開設必須で他行ユーザーからの使い勝手は悪い
    アイフル「ファーストプレミアムカードローン」
    • 上限金利9.5%
      ┗月あたり0.791%前後
    • 限度額100万円~800万円
      ※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります
      ※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
    • 年収300万円以上必須
    • 来店なし+郵送物なしの両立可
    • 初めての方最大30日間無利息
    JCB「FAITH」
    • 上限金利12.5%
      ┗月あたり1.04%前後
    • 上の2つほどではないが、少し高難易度(アルバイト不可)
    三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • 上限金利14.6%
      ┗月あたり1.216%前後
    • 意外とおまとめ・借り換え成功報告が多い
    • 条件はあるが「郵送物なし」で契約可
    • 口座開設不要
      ┗ただし口座があった方が便利
    口座を持っている地銀などのカードローン
    • 上限金利は14.5%程度が多い
      ┗月あたり1.208%前後
      ┗ただし金利優遇を受けられた報告も多い
    • 申込み先によっては融資に時間が掛かったり、来店契約を求められたりするので注意
    銀行カードローン
    貸金業系のカードローン(年収の3分の1超の借入不可)
    カードローンを利用するのがはじめてなら
      使い勝手の良い

    • アイフルファーストプレミアムカードローン
    • JCB「FAITH」
    • 普段口座を使っている銀行のカードローン 等
    プロミスからの「借り換え」を狙うのなら
      おまとめ・借り換え実績の多い

    • 住信SBIネット銀行カードローン(ただし使い勝手の悪さに注意)
    • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
    • その他、普段口座を使っている銀行のカードローン 等

    を選ぶことをおすすめします。

    各低金利カードローンについて詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECK全112の銀行カードローン特性一覧:申込み先選びは「いつもの銀行」から始めよう
    CHECK忖‌度‌な‌し!‌お‌す‌す‌め‌低‌金‌利‌お‌ま‌と‌め‌ロー‌ン‌ラ‌ン‌キ‌ン‌グ‌:‌審‌査‌結‌果‌&‌金‌利‌10%‌未‌満‌の‌成‌功‌例‌も‌

    ★ただし銀行カードローンは、プロミス等の貸金業者に比べると毎月の最低返済額が低く、最低返済額のみで支払いを続けると半額以上を利息として徴収されることも珍しくありません。
    (2,000円支払って、利息として約1,200円を取られる等)
    返済管理に自信がないのなら、銀行系は避けておくのが無難でしょう。

    もしくは銀行取り扱いであっても、回数分割払い型(24回払い等)で支払期間が分かりやすい、「フリーローン」を選択できると良いですね。

    CHECK【全国おすすめフリーローン】使い道自由な3種のローンの違いと選び方
    CHECK【カードローン返済の仕組みがよく分かる】毎月の返済金額・方法&返済遅れデメリット

    FAQ:プロミスでは契約後に金利が引き下げられることがあると聞いたのですが。

    FAQ:プロミスでは契約後に金利が引き下げられることがあると聞いたのですが。
    プロミスにおける、初回金利はほぼ確実に「17.8%」。
    …ですが同社と契約を続け、「良いお客さん」だと認めてもらえれば、利用限度額増額のタイミングなどで金利を引き下げてもらえることがあります。

    …が、このあたりは完全にプロミスの裁量ですし、契約直後の限度額増額は困難。また、長く契約を続けても金利引き下げを受けられない方も多くいらっしゃいます。

    あなたが現在プロミスユーザーであるのなら、金利引き下げ交渉を行うという手もナシではありませんが…。

    正直なところ多くの方にとってはあまり現実的な方法ではないため、低金利で借りたいのなら、素直に「他社で借りる」ことをおすすめしたいところです。

    FAQ:プロミスでは2度目の無利息サービスを受けられることがあると聞いたのですが。

    プロミス独自のポイントサービスにより、条件を満たせば2度目・3度目の無利息サービスが適用されます。

    これを使えたからと言って、「毎月同じ額を返済した場合の」低金利銀行カードローンより総負担額が安くなる、といったことはありませんが…。

    あなたがプロミスユーザーであるのなら、ポイント獲得量をチェックしてみて損はないでしょう。

    CHECKプロミスの30日間無利息サービス:何度でも使えるって本当?!

    FAQ:金利の高さを承知で「プロミス」を選ぶ理由は何ですか?

    プロミスは、より金利の低い銀行カードローンに比べると、

    • 融資スピードが速い
      (銀行は1週間~が一般的であるのに対し、プロミスは曜日問わず最短1時間
    • 自宅への郵送物なしで借りやすい
    • 審査難易度が低い
      (年収100万円未満での審査通過例多数)
    • 「ほぼ24時間振込」対応など、契約後の使い勝手が良い

    といった利点を持ちます。
    上のメリットに魅力を感じるのなら、銀行よりも「プロミス」への申込みが優先されることでしょう。

    CHECK「プロミス」申込み~審査・借入までの流れ

    プロミスの金利と利息、返済に関するまとめ

    プロミスの金利と利息、返済に関するまとめ

    ★プロミスの金利・利息と返済ルール(再掲)
    ▶月あたりの利息(サービス料)は「借入額の1.483%」程度が目安
    ▶月1.483%の利息を極力発生させないためには「必要最低限を借りて、できる限り早く返す」ことが一番重要
    ▶金利を下げることはあまり現実的でないので、もっと低金利で借りたいなら最初から銀行等と契約を結ぶか「借り換え」を狙うのが基本

    一見複雑なカードローンの仕組みですが、「できる限り早く返す」ことさえ徹底できれば大きな問題は発生しません。

    一方でだらだらと借入・返済を続ける形になると多額の利息を取られることはもちろん、「借りグセ」が付くことにも繋がります。
    借入中には常に「返さなければならないお金を抱えていること」を忘れないよう、心がけられると良いですね。

    CHECKプロミスに聞いた!営業時間と即日融資のタイムリミットは違います:申込方法別の条件一覧
    CHECK【初心者向け】プロミスの審査は「借入が初めてなら」決して厳しくない

    CHECK部門別・おすすめカードローンランキングの決定版!低金利、在籍確認なし、審査甘い他
    CHECK忖‌度‌な‌し!‌お‌す‌す‌め‌低‌金‌利‌お‌ま‌と‌め‌ロー‌ン‌ラ‌ン‌キ‌ン‌グ‌:‌審‌査‌結‌果‌&‌金‌利‌10%‌未‌満‌の‌成‌功‌例‌も‌

    ★プロミス
    金利4.5%
    ~17.8%
    (月1.483%程度)
    限度額1万円~500万円
    ※上限は年収の3分の1
    ※初回は50万円までが一般的
    初回特典初回借入日の翌日から30日間無利息(金利0%)
    自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
    (1)来店契約時
    (2)ネット契約+口座登録
    (3)ネット契約+アプリで本人確認
     ┗運転免許証または在留カードが必要
    勤務先への電話
    (在籍確認)
    原則あり(担当者個人名)
    事前相談で回避可
    申込み~融資の所要時間最短1時間程度
    即日融資リミット目安来店なし:
    19時頃までに申込み
    来店あり:
    20時頃までに申込み
    詳細当該ページ
    借入方法
    • ほぼ24時間振込
      詳細公式HP
    • ATM出金
      スマホATM対応(セブンイレブン、ローソン)
    返済方法
    • 自動引き落とし
    • インターネット返済
    • ATM入金
      ┗スマホATM対応
    • 銀行振込
    • 借入額10万円のとき、月の返済額4,000円~
      詳細公式HP
    申込み条件
    ▶20歳~69歳
    ▶働いて収入を得ている
    (アルバイト、自営業可/専業主婦、無職不可)
    審査傾向
    他社借入さえ無ければ寛容、年収100万円未満でも通過可
    ┗ここで言う他社借入とはカードローン等の用途自由な借入のみを指す
    2社以上の他社借入/他社債務については厳しめ
    その他・備考
    • 三井住友銀行グループ
    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスで50万円以下で借り入れたときの金利は、年17.8%。1月あたりに換算すると、約1.483%です。
    消費者金融のなかでは低金利なのですが、もっと低い金利で借りたいなら、銀行系を狙うのがお勧め。ただし、銀行系は審査に時間がかかる、無料利用期間がない、審査に通りにくいなどの特性があります。
    金利よりもスピード重視なら、即日融資が可能なプロミスがいいでしょう。また、ポイントサービスの条件を満たせれば、再度、無利息サービスが受けられるのは見逃せません。

    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス(三井住友銀行グループ)

    実質年利限度額審査
    スピード
    融資
    スピード
    4.5%~17.8%1万〜500万円
    総量規制対象
    スマホなら
    最短15秒事前審査(※1)(※2
    最短30分
    申込条件郵送物回避条件
    • 20歳~69歳
    • 仕事をしており、安定した収入のある方(※3)
    • 来店契約
    • インターネットカードレス契約(Web完結)

    ポイント

    • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2
    • 土日祝日対応
    • 24時間振込対応(一部例外あり)
    • 郵送物の回避が容易
    • 初回30日間無利息(金利0%)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    ※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
    ※2)新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
    (※3)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    SNSでもご購読できます。