派遣社員のためのプロミス:他社借入ありでの審査通過例、問合せに基づく在籍確認他

    この記事の監修者
    飯田道子先生/ファイナンシャルプランナー (CFP認定者・1級FP技能士)
    Financial Planning Office Paradise Wave代表。著書『貯める!儲ける!お金が集まる94の方法 』(ローカス)他多数。

    「必要なお金を調達するために<プロミス>を使いたいけれど、決して状況の良くない派遣社員でも審査に通るのかな?」

    もちろんすべての派遣社員の申込者が「プロミス」の審査に通過できるとは言えませんが……。
    今回実施したアンケート調査では、「勤続2ヶ月」「他社借入あり(50万円)」といった状況に置かれた派遣社員の審査通過を確認済み。
    また、アルバイトや契約社員といったその他の非正規従業者の方の回答まで含めれば、いわゆる「ブラック状態」での通過可能性も見えてきます。
    (さすがに他社延滞中や自己破産歴ありだと厳しいようですが)

    今回は審査に不安を抱える派遣社員のあなたのため、実際の派遣社員による審査体験談問い合わせに基づく在籍確認仕様などを簡単にまとめました。
    読み終えていただければ、今のあなたが「プロミス」の審査結果にどれくらい期待できるか分かります。

    注意
    既に貸金業者(消費者金融会社、クレジットカードキャッシング枠)からの借入合計が年収の3分の1に達している場合、プロミスでの審査通過はできませんのでご注意ください(総量規制/緊急時医療費などの例外あり)。

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    プロミスの審査に通っている&落ちている派遣社員はどんな人?実際のアンケート結果を紹介

    それでは早速、実際のアンケート調査結果を見ていきましょう。
    ここで紹介するのは「2015年以降のプロミス申込経験者」を対象とした調査のうち、派遣社員の回答のみをピックアップしたものとなります。

    ★情報の信憑性確保のため、会員ページのスクリーンショットを提出頂いています。

    ①勤続2ヶ月で審査に通過できたAさんの場合

    まず紹介するのは、(見込み)収入こそ審査通過に十分ながらも「勤続2ヶ月」というマイナスポイトを抱えるAさん。

    ▲▼プロミスユーザーAさんの会員ページ&詳細口コミ

    申込時期2019年4月申込方法インターネット
    年代20代職業派遣社員
    申告年収320万円勤続年数2ヶ月
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担58000
    審査に掛かった時間半日申込~借入までにかかった時間まだ借りてないが、アプリを使えば即日可能とのことでした。
    適用金利17.8%適用限度額10万円
    他社借入なし
    信用情報関連普段からクレジットカードで決済をしていた(延滞などの問題なし)
    申告外所得、家族による生活費支出など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    借入が必要だった理由体調が悪かったため、念のために申し込みだけした。
    プロミスを選んだ理由有名でレスポンスが早そうだったため。
    申込確認電話について住所や電話番号などを尋ねられる程度
    在籍確認電話について実施された。私の不在時の連絡だったため内容は不明。
    プロミスへの感想審査のスピードがとにかくはやく、即日入金やATMでの引き出しができるので困ったときのための命綱として持っておくのは良いと思う。
    備考念のため、楽天カードローンへの申し込みもし、審査に通った。

    プロミスではこれまで「年収270万円・アルバイト・他社借入2件66万円」という属性ながら、14年という勤続年数を有していたことで総量規制(法律で許される貸付上限)ギリギリの借入(限度額24万円、後に39万円に増額)に成功できた方が確認されています(詳細はこちら)。
    プロミスの場合、普通のアルバイトの方の限度額は他社借入が無くても10万円程度ですから、この会社が審査の上で勤続年数を重視しているのはまず間違いないでしょう。

    前置きが長くなりましたが、要は勤続2ヶ月のAさんが、収入のわりに不利な状況に置かれていたことは間違いないわけですね。

    勤続年数以外に問題は見当たりませんので、おそらく「10万円」という低めの限度額が適用されてしまったのもこれが原因でしょう。
    とは言えこのAさんの例からは、「その派遣会社で働き始めてから日が浅くても、審査通過自体は問題なく可能」と判断することができます。

    ②50万円の他社借入あり&債務整理歴ありで借入に成功できたBさんの場合

    次に紹介するのは、Aさんとは別方面でのマイナスポイント「他社借入」を抱えていたBさんの回答。

    ▲▼プロミスユーザーBさんの会員ページ&詳細口コミ

    申込時期2019年5月申込方法インターネット
    年代30代職業派遣社員
    申告年収290万円勤続年数1年
    家族構成単身、親と別居家賃または住宅ローン負担4万5千円
    審査に掛かった時間1日(夜間申込)申込~借入までにかかった時間1日
    適用金利17.8%適用限度額10万円
    他社借入50万(借入先不明)
    信用情報関連
    • クレジットカードを持っていた
    • 5年以上前に任意整理
    申告外所得、家族による生活費支出など自分で働いて得たお金以外の所得は無かった。
    借入が必要だった理由生活の資金が足りなかった為、アパート代金を払いたかった。
    プロミスを選んだ理由審査が甘いとの記事を見て
    申込確認電話について翌日の9時に電話がかかってきました。
    在籍確認電話について祝日の為、されていない。
    (※おそらく書類を使った在籍確認の実施)
    プロミスへの感想1度債務整理をしたのにも関わらず、また借りてしまったという罪悪感があります。ローンの使い方がカードが無くてもキャッシング出来るのが凄いと思いました。
    備考プロミスの審査と同時にレイクALSAを申し込み。こちらの限度額は30万円と返事があり、契約出来ました。

    まず気になるのは任意整理歴だと思いますが、プロミス以前の申込先で50万円の借入に成功、かつレイクALSAの審査にも通過されているということで、ブラック状態は既に脱出済みと思われます。

    ということでこのBさんは、現在「特に信用情報※に問題のない、普通の派遣社員」と見て構いません。
    この方の回答からは、「相応の返済能力さえあれば、他社借入を抱えている派遣社員であっても審査に通れる」と判断できることでしょう。

    信用情報…クレジットカード、各種ローン、分割払い(携帯電話端末含む)等、各種「審査の必要な後払いサービス」の利用履歴のこと。すべての情報は個人信用情報機関というところに保存され、審査のたびに閲覧される。

    ★とは言えプロミスは「モビット」「アイフル」といった金融機関に比べ、「多額の他社借入を抱えていても審査に通過できた」という報告が少ないです。
    2社以上からそれなりの金額の(目安として年収の20%超の)お金を借りているなら、プロミス以外の金融機関を選ぶのが無難かもしれません。

    CHECKプロミスの審査は甘いって本当?>多重債務者について

    ③審査に落ちてしまった3名は重い信用情報問題&他社借入あり

    ここまで紹介してきたのは「何らかのマイナスポイントを抱えながら、審査に通過できた派遣社員」の方々でしたが……。
    もちろん全ての申込者がプロミスの審査に通過できるわけではありません。以下は実際に「審査落ちだった」と回答された3名の概要となります。
    (参考になりそうだったので、契約社員の方の例も一つ掲載させて頂きました)

    ★プロミスの審査に落ちてしまった派遣社員(と契約社員)のアンケート回答
    赤太字で記載しているのが、審査落ちの直接的な理由と思われる箇所です。

    申告年収他社借入備考
    20代、派遣社員300万円30万円
    (アコム)
    ・勤続3ヶ月
    ・クレジットカードや携帯電話料金を2ヶ月以上延滞「中」
    40代、派遣社員300万円なし・5年超~10年以内に自己破産
    30代、契約社員350万円
    ショッピングリボ50万円
    銀行カードローン50万円
    • 勤続6ヶ月
    • プロミスでの審査落ち後、アコムで通過(50万円)

    まず前提として、プロミスはいわゆる「ブラック状態」でもそれなりの数の通過報告が挙がっているのですが……。
    さすがに「他社の支払い義務を、現在進行形で踏み倒し中」というのは印象が悪いようで、これに該当した方は審査落ちとなっていますね。勤続3ヶ月、アコムでの債務ありという悪条件が重なっていることも、結果に影響しているかもしれません。

    また上に紹介したBさんは「5年以上前に任意整理」を行いながら審査に通過されていましたが……。
    さすがに自己破産ともなるとそうもいかないようで、これに該当した方は審査落ちとなっています。この他に問題が見られないことから、プロミスが官報に掲載の破産者情報をチェックしていることは間違いないでしょう。
    (プロミスの個人情報に関する同意事項では、官報情報を閲覧するとの記載を確認可)

    その他、契約社員の方については「2社100万円の他社債務」に加え、「勤続6ヶ月」という信用の低さが審査落ちを招いたのだろうと推測されます。

    月々一定の収入を得ている派遣社員であれば、「勤続期間が短い」「他社借入あり」という状況でも審査に通過できる「プロミス」。ただし

    1. 他社を長期延滞「中」
    2. 自己破産歴あり
    3. 多額の他社借入あり(または他社借入あり+その他問題点あり)

    といった状況だと、審査通過は難しくなります。あらかじめご承知おきください。

    ★プロミスでは「アルバイトかつ金融ブラック状態で審査通過」という例が複数報告されていることから、「過去の延滞」「強制解約」等によるブラック入り「だけ」が審査落ちの理由となることは少ないと思われます。(ただし勤続が短い、他社借入あり等の要素と絡むと厳しい)

    参考プロミスの審査に通過できた「金融ブラック」の方たち

    申告年収他社借入備考
    20代、アルバイト90万円なし
    • 勤続6ヶ月
    • 5年以内の強制解約処分
    30代、アルバイト不明なし(任意整理の残債あり)
    • 5年以内の任意整理
    40代、派遣社員171万円なし
    • 5年以内の任意整理
    30代、会社員300万円なし
    • 10年前からクレジットカード未払い(踏み倒し)

    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準

    ★官報に掲載されるのは、債務整理のうち「個人再生」「自己破産」を経験された方となります。任意整理はこれに該当しないどころか、上の通りブラック状態が消えないうちの審査通過も確認されていますね。「任意整理」と「個人再生」「自己破産」の扱いはかなり異なると言って良いでしょう。
    官報の情報は個人信用情報と異なり、時間が経過しても消えません。ご承知おきください。
    (ただしモビット元職員へのインタビューによると、住所や免許証番号の変化などにより官報情報と申込者が同一人物と断定できない場合には審査に通過できる可能性もあるとのこと)

    <おまけ:派遣社員の増額審査結果>

    プロミスの増額(契約後の利用限度額アップ)審査を受けられた方を対象にしたアンケート調査にも派遣社員の方の回答が見られましたので、おまけ程度に紹介させて頂きます。

    属性(入会時)入会~増額審査までの期間入会~増額審査までの属性の変化など
    否決20代、派遣社員
    年収250万円
    限度額30万円
    1ヶ月未満
    1. 特になし
    2. 一貫して他社借入なし
    可決30代、派遣社員
    年収300万円
    1年2ヶ月
    1. 限度額10万円→50万円
    2. 一貫して他社借入なし

    派遣社員でないために掲載していませんが、「契約7ヶ月で増額成功」「契約3ヶ月で増額審査落ち」といった例を見るに、増額審査結果に期待を抱けるのは通説通り「契約後6ヶ月」後くらいからでしょうか。
    上の可決例からはプロミスと一定以上取引を続けることで、非正規であっても増額審査の結果に期待できると分かりますね。

    CHECKプロミス増額審査経験者12名に聞いた!限度額引き上げ成功&失敗の条件と属性詳細

    プロミスに聞いた!派遣社員の「在籍確認」先と電話の回避について

    あなたがプロミスでの審査結果に期待を抱けそうなら、ここからは具体的な契約の進め方について見ていきましょう。

    ①在籍確認の実施先は原則として「派遣元」、ただし応相談

    キャッシングを利用する上で懸念されやすいのが「在籍確認(勤務先確認)」
    これは金融機関(この場合はプロミス)が虚偽申告やなりすましを防ぐため、申込者の記入した「勤務先」内容が正しいことを確認することで、プロミスの場合は原則「電話」を使って行われます。要はあなたの勤務先にプロミスから電話が掛かってくるわけですが……。

    派遣社員の場合、気になるのが「電話は派遣元・派遣先のどちらに掛かってくるのか」という点。
    これについて、実際にプロミスに問い合わせてみました。

    (2019年7月問い合わせ分)

    【管理人】山本
    派遣社員の在籍確認はどのように行われますか?
    オペレーターの回答
    お申込みの段階では「派遣元」を記入して頂くことになっておりますので、原則としては派遣会社さんの方にお電話をさせていただく形となります。
    ただ、もし決まった派遣先があるということでしたらそちらでの対応であっても結構です。
    【管理人】山本
    在籍確認先を指定できる機会があるのでしょうか?
    オペレーターの回答
    そうですね、申込み方法はインターネットをご希望でしょうか?
    【管理人】山本
    はい。
    オペレーターの回答
    でしたらお申込みの後、すぐにメールが届くかと思います。そのメールに記載の電話番号にすぐにお電話いただき、派遣先への電話が良いという希望を仰って頂ければ

    というわけでプロミスの場合は原則「派遣元」に在籍確認の電話が掛かってくるようですね。ただし何か不都合があれば、相談次第で「派遣先」への確認も可能です。

    また電話自体を避けたいという場合は、「勤務先を確認できる書類」の提出をもってこれに応じてもらえます。
    派遣元・派遣先、どちらに電話を掛けられるのも困る!という場合には、こちらの対応も検討してみてください。

    【管理人】山本
    電話での在籍確認が無ければ、契約は結べないのでしょうか?
    オペレーターの回答
    何か不都合なご事情がおありでしょうか?
    【管理人】山本
    まだ今の職場で働き始めたばかりで、名指しで電話が掛かってくるのはちょっとアレなんです。
    オペレーターの回答
    ご事情がございましたら勤務先の確認できる保険証、あるいは最新のお給与明細書をもっての在籍の確認も可能ではあります
    【管理人】山本
    分かりました。それを希望する場合は、いつお伝えすれば良いでしょう?
    オペレーターの回答
    インターネットでのお申込みを希望であれば、今私がお客様の氏名と生年月日と控えておいて、すり合わせることが出来るかと思います。
    【管理人】山本
    申込み後に電話相談じゃ遅いですかね?
    オペレーターの回答
    そうですね、その場合は本当に(申込の)直後じゃないと、電話が行ってしまうかもしれないので……。

    (2019年7月問い合わせ分)
    ★電話を使った在籍確認が実施される場合であっても、電話を受けた第三者にプロミスの社名や用件が伝えられることはありません。
    電話は「○○と申しますが、××△△さんはいらっしゃいますか?」といったように担当者の個人名を用いて知り合いを装うように掛かってきます。仮に身元を尋ねられても「知り合いの者ですが、携帯に掛けても繋がらなかったので以前聞いた勤務先に掛けてみました」といったように上手く切り抜けてくれることでしょう。

    在籍確認の電話を、申込者本人が受ける必要はありません。
    「その職場に勤めている」ことさえ確かめられれば問題ありませんので、第三者による「○○は本日お休みです」「席を外しています」といった回答でも在籍確認は完了します。

    在籍確認について詳しくは、以下のページをご覧ください。

    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を

    ②「プロミス」基本的な契約の流れと必要書類

    今主流の「インターネット契約」を行う場合の契約の流れは以下の通りです

    プロミス「インターネット契約(Web完結)」の流れ

    インターネットから申し込み
    即日融資を狙うなら21時までに申し込み完了
    在籍確認について何か希望がある場合には
    自動返信メールに記載の電話番号へ相談

    (派遣先への電話、電話自体の回避等)
    ここから携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    一次審査結果メール
    メールの案内に従い、
    インターネット上、もしくはスマートフォンアプリで
    必要書類の写真を提出
    前後する形で勤務先への在籍確認電話
    (相談次第で回避可)
    本審査通過メール
    (ここまで申し込みから最短30分)
    メールに添付のURLからネット上で契約手続き
    カード発行希望の選択など
    ここまで携帯電話へ連絡が入る可能性あり
    (毎日9時~22時)
    契約完了
    振込融資(夜間OK)または「スマホATM」での
    借入が可能に
    (ここまで最短1時間程度)
    ローンカードの郵送(希望者のみ)
    プロミスの契約に必要な書類を見る(クリック/タップで開きます)

    ★プロミスとの契約に必要な書類

    提出が必要な方該当する書類
    本人確認書類全利用者運転免許証
    無ければパスポートまたは健康保険証※来店契約の場合に限り、顔写真なしの書類には補助書類の提出が必要
    ※マイナンバーカード等の書類もOKとのこと
    住所確認書類・本人確認書類に記載の住所と現住所に相違のある場合

    ・来店契約時、写真付きの本人確認書類を用意できない場合

    以下のいずれか1点(発行日から6ヶ月以内のものに限る)
    ・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
    ・社会保険料の領収書
    ・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    ・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
    ※現住所を確認できる、二点目の本人確認書類を提出してもOK
    収入証明書類・限度額50万円超の場合

    ・プロミスとの契約額+他の貸金業者※1からの借入額が100万円を超える場合

    以下のいずれか1点
    ・源泉徴収票(最新のもの)
    ・確定申告書(最新のもの)
    ・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
    ※その他、住民税決定通知書などの公的書類もOK
    勤務先確認書類(在籍確認書類)勤務先への電話を避けてほしい場合
    勤務先の休業中に審査を受けたい場合
    現在確認されている書類は以下の通り
    ・社会保険証(組合保険証)
    ・最新分の給与明細書
    ・最新分の源泉徴収票
    ・社員証
    他、応相談
    その他外国籍の場合在留カードまたは特別永住者証明書
    ※1 主に消費者金融会社、クレジットカードのキャッシング枠
    ★より詳しい契約の流れ(来店契約時の流れ含む)については以下のページをご覧ください。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!

    まとめ

    ポイント
    • プロミスでは多少の問題(勤続年数が短い、年収の20%以下の他社借入あり)を抱える派遣社員の審査通過を確認済み。マイナスポイントがあると限度額は抑えられやすいが、審査通過自体は問題ない
    • ただし「他社延滞中」「自己破産歴あり」「多額の他社借入あり」といった状況になってくると、派遣社員に限らず審査通過は難しい
      (ちなみに過去の延滞や任意整理によるブラック状態については、他に問題が無い場合に限り審査通過を十分狙える)
    • 派遣社員の場合、在籍確認先は原則として「派遣元」。ただし申込直後(または直前)に連絡を入れれば「派遣先」への電話、または電話自体の回避が可能

    プロミスの場合、非正規であっても「多額の他社借入」や「大きな信用情報問題」(あるいは他社借入+他のマイナスポイント等)が無いのなら、審査結果を不安に思う必要も無いでしょう。
    勤務先や家族に知られず借りるための体制も十分に整っていますから、はじめてのキャッシングにしろそうでないにしろ、安心して申し込みやすい金融機関と言って良いかと思います。

    監修者からのコメント
    飯田道子先生 飯田道子先生
    /ファイナンシャルプランナー (CFP認定・1級)

    プロミスでは派遣社員と言う理由だけで、審査が通らないということはありません。審査で不利になるのは、他社の借り入れや信用情報での問題の有無です。また審査では電話による在籍確認が行われるのですが、申し込む際には派遣元の電話番号の記入を。とはいえ派遣会社へ登録している人は多く、自分の存在を確認するまでに時間がかかる、分からない等のリスクが考えられます。既に働いているのなら派遣先の電話番号をできるだけ早く伝え、スムーズに確認できるよう準備しましょう。

    CHECK【プロミス】即日審査の流れ&職場や家族に知られず借りる条件を徹底解説!
    CHECKプロミス申込者15名に聞く審査所要時間:結果が遅い・来ないとき&土日の対応も
    CHECK【プロミスの審査・契約】本人確認書類じゃ足りない?問合せに基づく本当に必要なモノ
    CHECKプロミスに直撃!在籍確認の基本仕様:会社への電話回避なら審査開始前後に相談を
    CHECK【プロミス】夜中に申込んだときの審査~借入の流れ:電話が掛かってくるのはいつ?
    CHECK【プロミス】携帯&勤務先に電話が入るタイミングとその回避:体験談による会話内容も

    CHECKプロミスの審査は甘い?アンケート調査から見る審査傾向:年収70万の通過例も
    CHECKプロミスの審査が不安なあなたへ:低収入&ブラックでの可決例から見る通過条件
    CHECK【プロミス】ブラックリスト入りでも借りれた3例&審査落ち4例から探る審査基準
    CHECKアルバイトのプロミス申込者4名に聞いた!審査時の年収、限度額、在籍確認他


    この記事でチェックしたカードローン情報

    プロミス (基本情報)
    実質年利4.5%~17.8%限度額1〜500万円
    保証料なし審査時間最短30分
    融資スピード最短即日借入判断3秒お試し診断(審査)
    備考
    • 大手消費者金融の中では、いちばん低金利(上限:17.8%)
    • 30日間無利息サービスあり(初回利用から30日間)
      ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 「Web完結」申込も可能! 200行以上の提携銀行あり
    • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行などの口座を持っていれば、
      深夜早朝でも振込みキャッシングOK

    

    カードローン診断ツール

    「もしも、カードローンを使うなら、自分にはどれがいいんだろう……?」
     
    そんな疑問に答えるカードローン診断ツールを作りました!
     
    匿名&無料で使えるので、ぜひ試してみてください!
     

    【Q】今日・明日中に借りたい

    アンケートにご協力お願いします

    カード名*
    審査結果*
    コメント